アルツハイマー。 アルツハイマー病

世界アルツハイマーデー及び月間について |厚生労働省

アルツハイマー

アルツハイマー病とはどんな病気ですか? アルツハイマー病は、不可逆的な進行性の脳疾患で、記憶や思考能力がゆっくりと障害され、最終的には日常生活の最も単純な作業を行う能力さえも失われる病気です。 ほとんどのアルツハイマー病の患者では、60歳以降に初めて症状が現れます。 アルツハイマー病は、高齢者における認知症の最も一般的な原因です。 この疾患は、アロイス・アルツハイマー博士の名前にちなんで命名されています。 1906年、アルツハイマー博士は、よく見られるものとは異なる精神疾患が原因で死亡した女性の脳組織の変化に気づきました。 この患者の症状には、記憶障害、言語障害、予測不可能な行動がありました。 患者の死後、博士は患者の脳を調べ、多数の異常な凝集体(現在では、アミロイド斑あるいは老人斑と呼ばれています)と、線維のもつれ(現在では、神経原線維変化と呼ばれています)を発見しました。 脳内のアミロイド斑と神経原線維変化の2つは、アルツハイマー病の主な特徴です。 3つめの特徴は、脳内の神経細胞(ニューロン)間の連結の消失です。 人によっては、治療によりアルツハイマー病の症状の悪化を抑えることができる場合もありますが、現在のところ、この深刻な疾患に対する治療法はありません。 アルツハイマー病の人の脳にはどんなことが起こっていますか? アルツハイマー病がどのように始まるのかは、まだわかっていませんが、脳の障害は、症状が出現する10年以上も前に始まっているとみられます。 症状のない、発症前の段階においても、脳の中では害のある変化が起こっています。 蛋白の異常な沈着により、脳のいたるところにアミロイド斑とタウ蛋白からなる神経原線維変化が生じ、もともとは健康であったニューロンが、効率よく機能しなくなってきます。 時間の経過とともに、ニューロンは、相互に機能して連絡し合う能力を失い、最終的には死滅します。 やがて病変は、脳内で記憶を形成するのに必要不可欠な、海馬と呼ばれる構造体に広がります。 ニューロンがさらに死滅するにつれて、影響を受けた脳領域は萎縮し始めます。 アルツハイマー病の後期までに障害は広範囲に及び、脳組織は著しく萎縮します。 アルツハイマー病にかかっているアメリカ人は何人いますか? 様々な推計がありますが、専門家は510万人ものアメリカ人がアルツハイマー病に罹患していると示唆しています。 アルツハイマー病を効果的に治療、あるいは予防することができなければ、現在の人口動向が続いた場合、患者数は著しく増加することになるでしょう。 なぜなら、アルツハイマー病のリスクは年齢とともに上昇するものであり、アメリカ人の高齢化が進んでいるためです。 アルツハイマー病患者の数は、65歳を超えると5歳ごとに倍増します。 アルツハイマー病になってからどの位生きることができますか? アルツハイマー病はゆっくりと進行する病気です。 症状が認められない早期あるいは発症前の段階、軽度認知障害(MCI)という中期の段階、そしてアルツハイマー病による認知症という3つの病期で進行します。 アルツハイマー病と診断されてから死亡するまでの期間は様々です。 診断時に患者が80歳を超えている場合、その期間はわずか3、4年であり、80歳以下の場合は10年以上にもなります。 認知症とは何ですか? 認知症とは、認知機能(思考力、記憶力、論理的推理力)や行動能力が、日常の生活や活動を妨げる程度にまで失われる状態を指します。 認知症の重症度は、その人の機能に影響が及びはじめる最も軽度の段階から、日常生活の基本的な活動について完全に他人に依存しなければならない最も重度の段階まで様々です。 認知症は、様々な病態や疾患が原因で生じます。 高齢者における認知症の原因の上位2つは、アルツハイマー病と、数回にわたる脳卒中または脳への血液供給の変化によって生じる、血管性認知症です。 その他、記憶障害や認知症を引き起こす可能性のある病態には、以下のものが挙げられます。 薬剤の副作用• 慢性アルコール依存症• 脳腫瘍または脳の感染症• 脳内の血栓• ビタミンB12欠乏症• 甲状腺、腎臓または肝臓の疾患の一部 これらの病態の多くは一時的で可逆的ですが、重篤となる可能性もあり、できるだけ早く医師の治療を受けるべきです。 ストレス、不安またはうつ病などの感情面の問題によって、もの忘れがひどくなり、認知症に間違えられることがあります。 たとえば、最近定年退職したばかりの人、あるいは配偶者の死に直面している人は、悲しい、孤独だ、心配だ、うんざりだと感じるかもしれません。 そして、このような生活の変化に対処しようとして、混乱したり忘れっぽくなったりする人がいます。 感情面の問題は、友人や家族の支援によって緩和される可能性がありますが、このような感情が長期間続く場合、医師またはカウンセラーの助けを得ることが重要です。

次の

アルツハイマー型認知症の症状と原因

アルツハイマー

それに伴って神経伝達物質が減少し、認知機能に障害が起こると考えられているのです。 ある事柄が覚えられなくなったり、通い慣れた道で迷ったりするなどの症状がみられたときには、すでに多くのゴミたんぱく質が溜まっている場合があります。 その場合は根本的な治療が難しいとされていますが、早い段階で治療できれば進行が穏やかになる可能性があります。 つまり、 アルツハイマー病は早期発見が特に重要なのです。 また、認知症は高齢者の病というイメージがありますが、40~50代などの若い世代が発症する可能性もあります。 65歳未満に発症する認知症のことを総じて「若年性認知症」と呼びますが、その多くはアルツハイマー病と脳血管性認知症で占められています。 若年性認知症を発症する平均年齢は、51歳前後。 若い世代が発症する認知症は家系内にアルツハイマー病を患った方がいるなど、 遺伝的な要素が大きいと考えられています。 若年性認知症の症状は基本的に高齢者の認知症と同じですが、物忘れがひどくても「仕事が忙しいから」「疲れているから」といって片づけてしまうことが少なくありません。 しかし、早期発見ができることで、症状の進行を遅らせることができる場合があります。 そのため、家族にアルツハイマー病の方がいたり、物忘れなどの疑いがあったりする場合は早めの受診を心がけましょう。 特に若い世代の場合は、若い分だけ長く認知症と付き合っていくことになります。 早期発見ができれば、それだけ長く、これまで通りの生活を継続することができる可能性があるのです。 BPSD(行動・心理症状)とは 認知症の症状には前述の記憶障害や見当識障害といった中核症状のほかに、「BPSD(行動・心理症状)」という症状があります。 中核症状と違い、 BPSDは認知症になったとしても必ずしも発症するとは限りません。 BPSDは、家族や介護者など、周りの人との関わりのなかで起きてくる症状で、その発症には本人の性格や生い立ち、生活環境などが複雑に絡み合っています。 人それぞれ現れ方も違い、具体的な症状は暴言や暴力、妄想、徘徊、弄便、失禁、不眠など多岐にわたります。 アルツハイマー病の代表的なBPSDは、自分で置き忘れた物を家族や介護者に盗られたと思い込む「物盗られ妄想」です。 また、突然家からいなくなったり、通い慣れた場所から帰れなくなって歩き続ける「徘徊」、ご飯を食べたりお風呂に入ったりすることを拒む「介護拒否」も特徴的な症状。 BPSDは環境や家族の接し方を変えることで症状が軽くなったり、逆に重い症状が現れたりすることもあります。 決して簡単ではありませんが、本人の気持ちを確認しながら少しずつ変えていけば、次第に症状を軽減させることが期待できますよ。 それでは、具体的な環境と接し方の変え方について見ていきましょう。 環境の整備 「認知症なんだからきっとよくわからないだろう」 そう考え、本人に黙って家具の配置を変えたり、介護リフォームをしたりするケースがあります。 ご家族にとっては良かれと思ってしたことですが、その変化が症状を悪化させる原因になることも少なくないのです。 アルツハイマー病の方が過ごしやすい環境を整えるにあたって大切なのは、押し付けではなく、本人と一緒に考えること。 家族からすればどうしても「安全に過ごす」ことばかりを重視しがちですが、大切なのは本人がどう感じるかです。 なので、本人が納得したうえで、機能面が考慮された環境にしなくていけません。 物の配置や手すりの位置、段差の解消など、できるだけ本人に確認しながら「使いやすい」「動きやすい」と思えるように変えていきましょう。 本人への接し方 アルツハイマー病の方と接するときは「否定をしない」ことが基本です。 物忘れがひどくなって食事をしたことを忘れてしまっても「さっき食べたでしょ」などとは言わないよう注意してください。 そのため、 頭ごなしに否定されると理解できずに混乱し、不安やストレスを感じて症状が強くなることもあります。 食事をしたことを忘れる場合は、旬の食材を使うなど、できるだけ印象に残る献立にしてあげられると良いですね。 また、「財布を誰かに盗られた」などの妄想がみられる場合は「盗られていない」と否定するのではなく、まずはその事実に共感し、その後、一緒に探すようにしてください。 多くの場合は置き忘れているだけですぐに見つかると思いますが、本人が見つけるように誘導してあげると自信につながります。 アルツハイマー病の場合、「自分はできる」「必要とされている」と思える接し方を意識すると、進行を抑えられる可能性が高まるのです。 以下は、認知症の方の対応方法における、適切な対応とNGな対応の具体例になります。 内容 適切な対応例 共感する 本人の言っていることに合わせる NGな対応例 責める、怒る、否定する 間違っていることを訂正する 予防方法の基本は「生活習慣の改善」「運動」「睡眠」 生活習慣を改善する アルツハイマー型認知症の根本的な治療方法は、まだ確立されていません。 しかし、米国のフロリダアトランティック大学の研究で、 「アルツハイマー病のうち30%は、生活スタイルを改善して、糖尿病や高血圧などの9項目が予防できれば、発症を遅らせることができる」という結果が出ています。 つまり、発症する前から健康的な生活を送ることが、最大の認知症予防になり得るということです。 長期的に認知症予防に取り組むという意味では、生活習慣病と毎日の食事が大きなカギを握ります。 糖尿病や高血圧の原因となる糖質・塩分を控えめにすることが、認知症を予防するのです。 また、1日3食きちんと食べていても、麺類やパンなどの主食が多い食事では、肉や魚などのタンパク質を含めた栄養素がバランス良く摂取できず、低タンパク質や低栄養の状態になってしまいます。 この状態は認知症に限らず、多くの疾患の引き金となります。 新鮮な野菜やフルーツ、白い砂糖や小麦粉などの精製されていない全粒穀物を中心に、脂身の少ない良質なタンパク質を摂取することに気をつけてください。 適度に運動する アルツハイマー病の予防には運動が効果的だということが近年の研究でわかってきました。 これらのたんぱく質が運動をすることによって分解され、溜まりにくくなるのです。 また、 運動は筋肉細胞から分泌されるホルモンが脳の細胞死を抑える活動を助け、記憶を司る海馬を活性化させることもわかっています。 特に、有酸素運動は血液の循環を良くするので、細胞を活性化させる効果が期待できます。 具体的には、水泳やジョギングなどの有酸素運動が効果的です。 しかし、これまであまり運動をしてこなかった人はつらいと感じるかもしれません。 そんな方には 自宅周辺で手軽に始められる散歩がおすすめです。 散歩といってもただのんびり歩くのではなく、大きめの歩幅で早めに歩くことがポイント。 毎日歩くのが大変な場合は、週3~5日を目安に、1日30分程度歩くことから始めましょう。 十分な睡眠をとる 運動と並んで症状の予防に効果的と言われているのが睡眠です。 睡眠時は脳も休んでいると思われがちですが、実は、必要な栄養を取り込んだり、不要な記憶を整理したりするなど、さまざまな活動が行われていることがわかっています。 JAMA Neurology誌によると、アメリカのワシントン大学で行われた研究では、睡眠が少ない人は最大で5倍以上もアルツハイマー病になる可能性が高いという結果が出ています。 また、夜の睡眠に限らず、30分程度の昼寝をすることも効果的。 こちらは国立精神・神経センターの研究データで、昼寝の習慣はアルツハイマー病の発症リスクを5分の1に下げることが報告されています。 ただし、昼寝は30分以上になると逆効果というデータも。 そのため、昼寝をする場合は、会社のお昼休みに仮眠をとるぐらいがちょうど良いでしょう。 最近は会社の取り組みとして昼寝を推進している企業もあります。 昼休みなどを利用してうまく昼寝をする時間を作り、アルツハイマー病の予防に注意してみてください。 また、高齢になると睡眠の質は低下すると言われており、睡眠障害になる方が多くみられます。 日中に運動をして身体を動かし、良い睡眠をとれるよう心がけましょう。 認知機能検査と脳画像検査で診断 もしも大切な家族にアルツハイマー病の症状がみられた場合、いったいどうすれば良いのかと戸惑ってしまいますよね。 ここで重要なのは、 アルツハイマー病は早期発見・早期治療を行うことで、進行を緩やかにできる可能性があるということ。 なので、少しでもその兆候があった場合は、できるだけ早めに専門医の診断を仰ぎましょう。 専門医はかかりつけ医の紹介のほか、もの忘れ外来やもの忘れセンターなどを通じて探すことができます。 医師に診断してもらうための検査は、主に2つです。 医師による認知機能を測る検査(神経心理学検査)• 血液検査・脳画像検査 それぞれの検査について、詳しく見ていきましょう。 医師による認知機能を測る検査(神経心理学検査) 認知症の診断では、まず医師によって認知機能の状態を細かく測る検査が行われます。 この検査を神経心理学検査と言います。 多くの場合、簡単な質問に答える、指示された文言を書く、道具を操作する、といったことを行います。 血液検査、脳画像検査 神経心理学検査に続いて、血液検査、脳画像検査が行われます。 脳画像検査には頭部CTスキャンやMRIといった「脳の形をみる検査」と、脳SPECT(スペクト)など、「脳の働きをみる検査」の2種類があり、双方の結果を診断の手掛かりにします。 神経心理学検査で一定の基準を下回り、脳画像検査によって脳の萎縮や血流の低下などが見られた場合、アルツハイマー病と診断されます。 不安に思ったらセカンドオピニオンをしてみよう アルツハイマー病は、記憶や思考能力にかかわる複雑なものなので、検査をしても診断が難しい場合があります。 そのため、診断の結果によってはセカンドオピニオンを希望したくなる場合もあるでしょう。 「先生に申し訳ない」という気持ちになるかもしれませんが、多くの医師はセカンドオピニオンの必要性を理解しているため、快く診療記録を提供してくれます。 医師によっては別の病院を紹介してくれることもあるので、まずは相談をしてみましょう。 アルツハイマー病の疑いがある場合、早期診断・早期治療を行うメリットは進行を穏やかにすることだけではありません。 認知症は本人だけの問題ではなく、家族にも影響を与えるからです。 早期に診断されればそれだけ将来の計画についての余裕が生まれ、生活環境を整えたり、第三者に協力をお願いしたりする時間ができます。 また、 場合によってはアルツハイマー病の臨床試験に参加する機会が増えるかもしれません。 臨床試験というのは、開発された治療法や薬の安全性、副作用、有効性などを検証するために行われる調査・研究のこと。 臨床試験に参加することでさらに進行を抑えられたり、現在は難しいとされている完治に向けての希望が持てたりするようになるかもしれません。 ドネペジル、ガランタミン、リバスチグミンの3剤はコリンエステラーゼ阻害薬(そがいやく)と呼ばれ、アルツハイマー病の発症によって生じる神経伝達物質の減少を抑える作用があります。 結果として、記憶障害や認知障害の改善を促し、病気の進行を抑える可能性が高まるのです。 ただし、 副作用にも注意しなくてはいけません。 食欲不振や嘔吐、下痢などのほか、まれに徘徊や幻覚、暴力といったBPSD(行動・心理症状)を発症する場合があります。 また、心臓に大きな負担がかかる場合がありますので、必ず医師とよく相談をして服用することが大切です。 ドネぺジルとガランタミンは内服薬ですが、 リバスチグミンは貼り薬のため、服用に伴う吐き気などの副作用が少なく、認知症の影響で薬が飲めなくなった人にも使うことができます。 3剤とも脳の異なる部分に働きかけるなど、それぞれに特徴があるので、人によって効果がある場合もそうでない場合もあります。 そのため、治療はそれぞれの方にとって一番効果的な薬を見つけることから始まります。 いずれも 長期間にわたって服用すると次第に効果が薄れることがわかっていますが、本人の意欲が向上したり、気持ちが前向きになったりする効果もあるので、継続しての服用がすすめられます。 NMDA受容体拮抗薬(きっこうやく)であるメマンチンは、日常生活に活気が出たり、イライラや不安を少なくしたりする効果に期待できます。 ほかの3剤と違い、症状が中等度以上まで進んだ人に処方されます。 また、アルツハイマー病によって低下した認知機能の改善にもつながります。 副作用は、飲みはじめにめまいの症状が現れること。 めまいによって転倒し、骨折をしてしまうと寝たきりになる可能性もあるので、服用時には十分に注意する必要があります。 いずれの薬も、様子を見ながら効果が出る適正な投与量まで少しずつ増やしていきます。 また、 4剤のうち、メマンチンとそのほかのどれか1剤との併用はできますが、コリンエステラーゼ阻害薬同士の併用は認められていません。 この規定も踏まえ、薬の管理は医師や薬剤師による指導のもと、認知症を発症している本人ではなく、家族がしっかりと行うようにしてください。

次の

アルツハイマー病の原因-アルツハイマー病には3つの特徴がある

アルツハイマー

若年性認知症の発症人数 高齢者の認知症に比べ、専門家でも判断が難しいと言われる若年性の認知症ですが、厚生省の調べでは、 18歳から64歳までの患者は3~4万人と推定され、発症年齢は 平均51歳、女性よりも 男性の方が発症しやすいようです。 若年性認知症の基礎疾患の多い順としては、脳血管性認知症(39. 8%)、アルツハイマー病(25. 4%)、頭部外傷後遺症(7. 7%)、前頭側頭葉変性症(3. 7%)、アルコール性認知症(3. 5%)、レビー小体型認知症(3. 0%)になります。 引用: 初期では、突然人格が変わる、しなくてはいけないことが出来なくなる、反応が遅いなどの症状が現れ、それが突然起こったものかどうかが若年性アルツハイマー病であるかどうかの判断の基準になります。 若年性アルツハイマー症となる原因 若年性認知症は遺伝の確率が高い 若い人の中にも年齢に関係なく、最近物忘れが多いと不安に感じている人が少なくないようです。 若年性のアルツハイマーの原因は様々ですが、老年性のアルツハイマーとは異なり、どちらかと言えば遺伝性が強い脳疾患によるケースがあります。 血縁者に若年性認知症の人がいる人は遺伝により発症の確率が高くなるようで、働き盛りの男性に多く見られます。 しかし、遺伝子を持っているからといって100%の確率で発症するとは言い切れず、 すべての原因が遺伝だけという事ではないです。 その他の原因として、 生活習慣病と言われる脳卒中や高血圧、高脂質症、肥満などの疾患や事故などで強い衝撃を受けたことによる頭部の後遺症、食生活の乱れや過度のストレスを抱えている人は要注意です。 若年性アルツハイマーの初期症状とチェックすべき項目 若年性のアルツハイマー病を重症化させないためにも、出来るだけ早い段階から適切なケアをすることで進行を遅らせることが出来ます。 その為には、症状を見逃さない事が大切なポイントになります。 代表的な症状は 「頭痛」「不眠」「眩暈」などの体の不調や 「抑うつ状態」「自発性の低下」などが起こります。 しかし、働き盛りの40代や50代の男性であれば、仕事上のストレスや疲れだと変化に気付きにくく、女性であれば更年期障害と判断されることがあります。 若年性アルツハイマーの自己診断チェックシート 通常であれば、もの忘れをしたら忘れたことを思い出そうとしますが、認知症の症状が進むと忘れたこと自体忘れてしまいます。 経験したこと自体が「無」になるので、思い出すという行動には結びつかなくなります。 そうなる前に、気になったら自己診断が出来るチェックシートがありますので、早期発見や予防に努めましょう。 日付・曜日、自分の住所や電話番号がわからない• 通いなれている道なのに迷ったり、やりなれたゲームのルールを忘れてしまう• 忘れ物が多くなり、探すことが増えた• 同じことを何度も繰り返して聞いたり話すようになった• 今日何を食べたのか覚えていない• レシピ通りに料理が出来なくなったり、鍋を焦がしてしまう• 意欲がなくなり普段していた趣味や日課をしなくなった• 集中力の低下や計算ミスが増え、簡単な計算が出来ない• 最近話したことや出来事を覚えていない• 親しい人の名前や顔がわからなくなったり、物の名前が出てこない、うまくしゃべれない• 季節にあった服装が出来ず、身なりを気にしない また、頑固になって自己中心な考え方をするようになり、他人への配慮に欠けるなど、以前と比べ性格が変わったようになる事もあります。 どれかひとつでも当てはまるものがあれば認知症を疑いますが、あくまでも目安と考え、何かおかしいと思ったら早めに受診し、専門医に相談しましょう。 若年性アルツハイマーのテストとは 若年性アルツハイマーは初期症状の兆候から進行が早く、重症化するまでの期間が短いのが特徴です。 この検査方法は手軽に行うことが出来ますが、今日の日付や今いる場所、簡単な引き算など通常の大人の人に対する質問ではない項目等も含まれるため、慎重に行うことが重要です。 検査の結果は、質問の項目の得点で判断しますが、その他に集中力や診察を受ける態度、発言、思考のスピード、記憶力などをチェックし見極めます。 暴飲暴食は控え、よく噛みヘルシーな食事を心がけるのがポイントです。 また、 エゴマ油、亜麻仁油は、スプーン一杯で、 イワシ二尾分、ほうれん草1.4キログラム分のDHAやEPAを摂ることができ、脳を活性化、発症の確率を下げることがわかっています。 生活習慣を見直してみる 規則正しい生活を送れるように、早寝早起きを心がけ、寝る前の入浴やストレッチも効果的です。 喫煙や深酒、寝る前のパソコンやスマホは控え、十分な睡眠も重要です。 また、ストレスが発症する確率を高めます。 嫉妬深い人はストレスが溜まりやすいので注意しましょう。 アロマオイルは脳と身体をリラックスさせて自律神経を整える効果がありますので、ストレスに効果的です。 また、「ワクチン療法」が注目されており、現在、日本を含む世界各国で治療研究が続けられています。 日本ではDNAワクチン、食物ワクチン、ホモシステイン酸ワクチンを開発中で、近い将来には若年性アルツハイマーに有効な治療として期待されています。 まとめ 年齢に関係なく20代、30代でも発症する可能性がある若年性アルツハイマー症、遺伝による発症の確率が高く、進行性の病気で平均寿命は発症後10~15年、別名「家族性アルツハイマー病」とも言われています。 症状は緩やかに進行し3つのステージ、初期・中期・後期と経過します。 記憶力の低下、被害妄想や徘徊が始まり介護が必要になります。 進行スピ度が早く5年くらいで寝たきりになる事もあり介護する家族の負担が増えます。 普段からの生活習慣の改善でかなりの確率で予防することが可能で、進行を遅らせることが出来ます。 神経質になり過ぎず、ストレスのない毎日を過ごしましょう。

次の