マイナ ポータル カード リーダー。 【マイナンバー】マイナポータルの使い方・エラー一覧

Windowsでマイナポータルの特別定額給付金の申請をしてみた

マイナ ポータル カード リーダー

動作環境について お持ちの端末を利用してマイナポータルでできることについては、 をご参照ください。 【重要】 マイナポータルをご利用いただくために推奨する環境は、以下の「OS」、「ブラウザ」をご確認ください。 動作環境についての詳細は、以下の表をご参照ください。 マイナポータルAPの準備 ご利用のブラウザに対応したマイナポータルAPの、利用可能バージョンがインストールされていること。 ・Microsoft Windows 8. 15以上 ・macOS Mojave バージョン10. 14以上 ・macOS High Sierra バージョン10. OS ・Android 6. 0~10. マイナポータルAPの準備 ご利用のブラウザに対応したマイナポータルAPの、利用可能バージョンがインストールされていること。 OS ・iOS 13. マイナポータルAPの準備 ご利用のブラウザに対応したマイナポータルAPの、利用可能バージョンがインストールされていること。

次の

【マイナンバー】カードリーダ「NTTコム」レビュー

マイナ ポータル カード リーダー

メーカー 機種名 タイプ Windows対応 Mac対応 参考価格 NTT コミュニケーションズ 接触型 対応 対応 2091円 Identive 接触型 対応 対応 2000円 サンワサプライ 接触型 対応 対応 2645円 ソニー 非接触型 対応 - 2891円 地方公共団体情報システム機構のサイトでマイナンバーカードに対応していると公表されているカードリーダーを抜粋しました。 個別のOSへの対応状況はAmazon購入ページなどで必ずご確認ください。 いずれも、USBでPCに接続して使います。 非接触型タイプを買えば、SuicaやEdyなどFelicaを搭載した電子マネーにも使えます(残高確認やネット通販での支払いなど) マイナンバーに対応しているのは? マイナンバーカード(個人番号カード)の読み取りに使えるのは、 公的個人認証サービスという規格に対応しているカードリーダーです。 購入時には必ずこの規格に対応しているか確認しましょう。 ちなみに、この規格に対応しているカードリーダーは、e-Taxでの税の申告にも使えます。 一部のスマホでも代用可能 AndroidスマホやiPhone(7以降)のNFCを利用して、マイナンバーカードを読み取ることも可能です。 対応機種かどうかは以下のリスト(PDF)を確認してください。 関連記事• お持ちのスマホが対応機種である場合は、カードリーダーが無くともスマホでの手続きが可能です。 スマホが対応していない場合や、PCの大きな画面で手続きしたい場合はカードリーダーを購入してください。 スマホから手続きする場合は、政府が提供している「マイナポータルAP」という 専用アプリのインストールが必要です。 以下から入手してください。 PCやスマホでマイナンバーカードを読み取ったり、申請を行う際は 適切なセキュリティ対策を行いましょう。 セキュリティソフトの導入(iPhoneでは不要)、あるいはOSを最新の状態にアップデートしておくなどの最低限の対策をしっかりと行ってください。 当サイトでは2007年からセキュリティ対策を初心者にも分かりやすく解説しているので、参考にしてください。 関連記事• 関連記事•

次の

iPhoneとマイナンバーカードで確定申告した。難しい

マイナ ポータル カード リーダー

マイナポータルを利用したり、eTaxを使うには、マイナンバーカードをPCとつなぐカードリーダが必要です。 今回「NTTコミュニケーションズ 接触型 USBタイプ ICカード リーダーライター ACR39-NTTCom」を利用してみたので以下レビューです。 [マイナンバー関連記事]• マイナンバー用カードリーダとは? マイナンバーは日本国民一人一人に個別の数字を付け、それによって行政サービスの利便化を図るものです。 マイナンバーではマイナンバーカードを交付してもらうことができます。 交付は無料で、発行後は個人のIDカードとして利用することが可能です。 またカードをカードリーダという装置でPCでつなぐことで、マイナンバーを使ったサービスへのログインができるようになります。 価格も安いものは安く、今回うちが購入した「NTTコミュニケーションズ ICカード リーダーライター ACR39-NTTCom」は2000円台でした。 マイナンバー用カードリーダのレビュー 箱はこんな感じ。 モノは非常にシンプルでチープです。 サイズは「72. 0mm 高さ 」。 重さは約57g。 軽量でスカスカです(いい意味で)。 インターフェースはUSB2. 0ですが、USB1. 1 USB3. 0でも動作するとのこと。 USB端子があれば、そこへさすだけ。 本体にはボタン等はありません。 中央に緑色のランプがあります。 カードリーダの不具合 認識がうまくいかない USBにカードリーダをさし、マイナンバーカードをさしても認識されない場合は以下お試しください。 ランプを確認 緑色のランプがあり点灯しない場合は、故障もしくはUSBポートから十分に電力が供給されていない可能性があります。 USBポートを違うところにさしてみるなどしてみましょう。 認識されない たぶんドライバなしでも行けるような気はしますが、念のためドライバをインストール、または再インストールしましょう。 以下ページ下のほうにドライバがあります。 カードの向きが逆 ランプが点滅していると、カード待機中をあらわします。 カードを入れても点滅のままだと、カードが認識されていない可能性があります。 うちでは最初、ICチップのあるほうを本体へいれたものの下向きに入れました。 そしたら認識されませんでした。 チップのあるところを上向きにして本体へさしたら無事認識されました。 Missing the package file for installation.? うちではドライバをダウンロードしたらこのようなエラーになりました。 対策ですが「x64」フォルダに入っているsetupのほうを起動したらインストールできました。 これはウィンドウズ64ビット用OSの場合だと思いますので、32ビットOSの場合は「x86」にあるセットアップを利用しましょう。 感想は? 今後eTax等で使うために導入しました。 本体はUSBとチップを読み取る部品だけなので、機器としてはシンプルです。 それだけのために2000円台は高い気もしますが仕方ありません。

次の