コットン パール。 (JCPA)日本コットンパール協会〜コットンパールアクセサリー認定講座

コットンパールでピアスなどのアクセサリーを手作り!作り方を紹介!

コットン パール

コットンパールとは綿=コットンを丸め圧縮して作られた球体にパール塗装を施した日本発のイミテーションパール=模造真珠のことです。 本真珠ではその重さで肩が凝ってしまうようなデザインのアクセサリーでも、コットンパールでなら気負いせずに楽しむことができることから、もはや定番になったコットンパールのロングネックレスや、何連にも重ねたゴージャスなパーティー仕様のアクセサリー作りにと、デザイン性に富んだアクセサリーに使われることの多い素材となりました。 コットンパールには戦後頃より日本国内で製造されるようになり、高度成長期の頃には一時ブームにもなった歴史がありますが、より安く量産できるプラスチックパールの登場で人気が衰退してしまい、忘れられた存在となっていましたが、当時コットンパールを製造していたメーカーが倉庫に眠っていたコットンパールを発見し、デッドストックとしてアクセサリー業者に販売していたところ好評だったことから、2009年にコットンパールの再製造がはじまり、2010年頃にはアクセサリー業界で徐々に人気が広がりはじめ、再び脚光を浴びるようになりました。 こちらの画像はコットンパールを2つに割ったものです。 コットンパールは全て綿でできているのがご確認いただけると思います。 綿といってもフワフワではなく、圧縮されていてとても固いので、強く押しても潰れてしまうようなことはありません。 しかしながら、綿でできていることから水に弱いので、雨の日や海などでの使用には不向きになりますので、この点だけ注意が必要です。 コットンパールの核となっている綿球体の表面には、綿の繊維による細かな凹凸があり、このテクスチャーが生む温かみのある質感と、真球ではない一つ一つ異なる少し歪 いびつ な形状がコットンパールの魅力となり、その人気の最大の理由となっています。 コットンパールの色の比較 左がホワイト、右がキスカ。 弊社では人気の高いキスカとホワイトの二色を販売しております。 キスカもホワイトもアンティーク調の深みのある優しい色合いで、本物のヴィンテージビーズのような魅力に溢れています。 人気もちょうど半分半分といったところで、キスカは温かみのあるクリーム色、ホワイトはスタイリッシュな印象のパールホワイトになっています。 弊社の運営するオンラインショップでは、大人気のコットンパール関連商品、材料売り【ビーズパーツ】と【完成品のアクセサリー】を卸売価格にて販売いたしております。 材料売り【ビーズパーツ】は【一粒売り】から【業務用大袋・最大3000個入り】までサイズも入数の種類も豊富に取り扱いしております。 業務用大袋は業者様用に卸売り価格となっておりますので、卸売価格につきましては弊社オンラインショップにてご確認下さいますようお願い致します。 コットンパール関連商品のご案内 【コットンパールのビーズパーツ】【コットンパールのアクセサリー】は、弊社オンラインショップのアクセサリーパーツ卸売り通販店【ネイチャーガイダンス・グリーン店】と【アートソース】にて販売中です。 詳細につきましては、以下のリンクより弊社オンラインショップの商品ページをご確認いただけますと幸いです。

次の

(JCPA)日本コットンパール協会〜コットンパールアクセサリー認定講座

コットン パール

コットンパールとは綿=コットンを丸め圧縮して作られた球体にパール塗装を施した日本発のイミテーションパール=模造真珠のことです。 本真珠ではその重さで肩が凝ってしまうようなデザインのアクセサリーでも、コットンパールでなら気負いせずに楽しむことができることから、もはや定番になったコットンパールのロングネックレスや、何連にも重ねたゴージャスなパーティー仕様のアクセサリー作りにと、デザイン性に富んだアクセサリーに使われることの多い素材となりました。 コットンパールには戦後頃より日本国内で製造されるようになり、高度成長期の頃には一時ブームにもなった歴史がありますが、より安く量産できるプラスチックパールの登場で人気が衰退してしまい、忘れられた存在となっていましたが、当時コットンパールを製造していたメーカーが倉庫に眠っていたコットンパールを発見し、デッドストックとしてアクセサリー業者に販売していたところ好評だったことから、2009年にコットンパールの再製造がはじまり、2010年頃にはアクセサリー業界で徐々に人気が広がりはじめ、再び脚光を浴びるようになりました。 こちらの画像はコットンパールを2つに割ったものです。 コットンパールは全て綿でできているのがご確認いただけると思います。 綿といってもフワフワではなく、圧縮されていてとても固いので、強く押しても潰れてしまうようなことはありません。 しかしながら、綿でできていることから水に弱いので、雨の日や海などでの使用には不向きになりますので、この点だけ注意が必要です。 コットンパールの核となっている綿球体の表面には、綿の繊維による細かな凹凸があり、このテクスチャーが生む温かみのある質感と、真球ではない一つ一つ異なる少し歪 いびつ な形状がコットンパールの魅力となり、その人気の最大の理由となっています。 コットンパールの色の比較 左がホワイト、右がキスカ。 弊社では人気の高いキスカとホワイトの二色を販売しております。 キスカもホワイトもアンティーク調の深みのある優しい色合いで、本物のヴィンテージビーズのような魅力に溢れています。 人気もちょうど半分半分といったところで、キスカは温かみのあるクリーム色、ホワイトはスタイリッシュな印象のパールホワイトになっています。 弊社の運営するオンラインショップでは、大人気のコットンパール関連商品、材料売り【ビーズパーツ】と【完成品のアクセサリー】を卸売価格にて販売いたしております。 材料売り【ビーズパーツ】は【一粒売り】から【業務用大袋・最大3000個入り】までサイズも入数の種類も豊富に取り扱いしております。 業務用大袋は業者様用に卸売り価格となっておりますので、卸売価格につきましては弊社オンラインショップにてご確認下さいますようお願い致します。 コットンパール関連商品のご案内 【コットンパールのビーズパーツ】【コットンパールのアクセサリー】は、弊社オンラインショップのアクセサリーパーツ卸売り通販店【ネイチャーガイダンス・グリーン店】と【アートソース】にて販売中です。 詳細につきましては、以下のリンクより弊社オンラインショップの商品ページをご確認いただけますと幸いです。

次の

コットンパール 丸玉 ホワイト(6mm 20ヶ): パール 貴和製作所|手作りアクセサリーパーツ・ビーズの通販

コットン パール

結婚式にお呼ばれした時の定番、真珠のネックレス。 コットンパールは、プラスチックパールなどと比べると見た目も異なりますし、結婚式につけて良いのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 一般的には、結婚式には本物の真珠が好まれるようです。 ですが近年では結婚式そのものに対して、格調高さよりも自分たちらしさやゲストとの交流を重視する考え方も強くなってきています。 花嫁さん自身が、ボリューミーなデザインが華やかで、ずっと着けていても疲れないコットンパールのアクセサリーを選ぶことも。 そういった場では、本真珠をつけていると逆に気疲れしてしまうかもしれません。 花嫁さんの考えや、会場の雰囲気、花嫁さんとの間柄などによって、コットンパールのアクセサリーの方がしっくりくることもあるでしょう。 その場合も、花嫁さんが主役であること、お祝いの気持ちを忘れずに、控えめなデザインのものを選びたいですね。 コットンパールはその大部分が綿でできているため、水には弱いと言われています。 ですが、表面はコーティングされていますので、霧雨にあたったり、夏場にちょっと汗をかいたりした場合は、すぐに乾いた柔らかい布などで拭き取れば大丈夫。 特に濡れた感じがなくても、着用後は毎回軽く乾拭きすると安心です。 ですが、ネックレスやブレスレットなどで、糸を通すための穴が空いているコットンパールは、その穴から浸水すると内部のコットンが濡れてしまい、変形等の恐れがあります。 大雨の日や、海やプールなど、激しく濡れたり水に浸かったりする場所での着用は避けてください。 うっかり水につけてしまった場合は潰さないように持ち帰り、風通しの良い日陰で完全に乾かすようにしましょう。 また、尖ったもので引っ掻くと傷が付きやすいです。 他のアクセサリーと重ね付けする場合は、角のあるデザインのものは避けたほうが良いかもしれませんね。 コットンパールのアクセサリーが知られるようになったのはここ十数年ですが、コットンパールそのものの歴史はもう少し古く、その原型は19世紀のフランスで生まれたと言われています。 日本では高度経済成長期に、以前から模造真珠の生産が盛んだった大阪府和泉市一帯の工場でつくられていましたが、安価で量産できるプラスチックパールに押され、生産は一度途絶えてしまいます。 時は流れ2000年、かつてコットンパールを製造していた大阪府和泉市のある会社で、棚卸しの際に倉庫に眠っていたコットンパールが発見されました。 状態の良かった物をデッドストックとしてアクセサリーメーカーへ卸したところ、再生産を望む声が上がり、2009年に製造を再開、現在もその人気は広がり続けています。 新定番のコットンパール、カジュアルにもフォーマルにも自由に楽しんで。 アクセサリーに広く使われている日本産のコットンパールの品質、美しさは、国内外から非常に高く評価されています。 その製造技術は社外秘とされており、近年では海外産の「コットンパールの模造品」というものも出現しているそう。 コットンパールは模造真珠の一つというより、もはや「コットンパール」という独自の地位を築いているように思えます。 クリーマには、そんなコットンパールを使ったネックレス、ブレスレット、ピアスやイヤリングなどのアクセサリーがたくさん販売されています。 華やかなデザインから、普段使いしやすいシンプルなものまで、あなたに似合うコットンパールアクセサリーが見つかるはずです。 ぜひその軽さ、可愛さを体感してみてください。 この記事を読んだ方におすすめの記事・特集.

次の