東京山手急行電鉄。 井の頭線、その数奇な運命 物語るは明大前のとある「遺構」

井の頭線、その数奇な運命 物語るは明大前のとある「遺構」

東京山手急行電鉄

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 東京山手急行電鉄 - Wikipediaはてなブックマーク - 東京山手急行電鉄 - Wikipedia プレビュー 東京山手急行電鉄 - Wikipediaはてなブックマーク - 東京山手急行電鉄 - Wikipedia 東京山手急行電鉄 - Wikipedia 電鉄(とうきょうやまのてきゅうこうでんてつ)は、かつて外周に約50 にわたる環状路... 概要を表示 電鉄(とうきょうやまのてきゅうこうでんてつ)は、かつて外周に約50 にわたる環状をしようとした。 の影響ではした。 後にと改称してのをし、()ににされた。 [を] では()にの環状が開始されていたが、のなる発展を見込み、によってその外周にもう一環状をすることが考え出された。 当時の(の綴)にものについてが行われた記録が残されている。 (15年)にがなされた。 し、での審議は反対派[1]派双方譲らずが出なかった。 この騒ぎに匡四郎がにりを開くことになった。 その矢先第1次がというが発生し.

次の

東京山手急行電鉄線の名残【駅ぶら01】小田急線42

東京山手急行電鉄

Meidai 明大前駅の謎 Imakita 東中神 いつもいつもお世話になっております。 を読ませていただきました。 それで思い出したのですが、それは、多分知っていらっしゃるとは思いますが、わが永遠の井の頭線?の「明大前駅の謎」についてです。 明大前の吉祥寺寄りの陸橋の桁の間隔が、どうも複線だけを考慮して作られたものでは異様に広く、物心ついたときから「あれは怪しい」と睨んでいました。 そこでいつものようにわが後輩(鉄マニア)に聞いたところ…。 「あ、あれはその昔、山手線の外側にもう一本環状線を作る計画があって、それが明大前で繋がるはずだったから広くなってんの」とのことでした。 そういえば、数年前に日本テレビの「追跡」という番組で井の頭線が特集されたときに、「明大前の謎と、その環状鉄道の計画について」確かに放送されていました。 しかもその環状鉄道計画のパンフレット?まで出ていました。 ビデオに撮ったのですが、今では2度の引っ越しのおかげで所在不明となっています…。 今日は久しぶりに何も無かったので、気まぐれに「井の頭線」を使って、学校まで行きました。 そこで早速、デジカメで明大前の橋げたをとってまいりましたが…、いつ落ちるのかわからないのと連射が効かないので…、非常にタイミングが合っていません…。 撮り急ぎ報告いたしました。 それでは失礼します! 情報ありがとうございました。 私もどこぞで聞いた事はあったんですが、調べてみると実際いくつかの会社が山手線の外側を環状に結ぶ計画を持っていた様です。 この付近については、以下の2社が該当すると思います。 渋谷急行電鉄:渋谷〜吉祥寺• 東京山手急行電鉄:大井町〜世田谷〜中野〜江東 実際の井の頭線は、この東京山手急行電鉄が東京郊外鉄道と名前を変え、渋谷急行電鉄と合併の後、その計画路線であった渋谷〜吉祥寺間を開通させたものだそうです。 開通後、社名を帝都電鉄と改称し通称帝都線と呼ばれる様になりますが、その後小田急と合併し小田急帝都線となります。 井の頭線という名称は、戦時中小田急が東急に吸収された際に出て来た様です。 戦後、京王電軌(新宿〜東八王子)と旧帝都線(渋谷〜吉祥寺)が東急から分離する際に一緒になり、京王帝都電鉄が誕生したわけです。 さりげなく走っている井の頭線にも、複雑な過去があったんですね。 さて問題の「明大前駅の謎」ですが、上記の東京山手急行電鉄が最初に計画していた路線の北半分(明大前〜中野〜?)が、次期開通区間として予定されていたという事なんでしょうかね。

次の

第6回 総力特集!東京山手急行電鉄や東京郊外鉄道って何?

東京山手急行電鉄

明大前駅付近の陸橋、線路4本ぶんの橋桁がある 橋の上は玉川上水のパイプが通っている 1925 大正14 年に山手線が環状運転を開始し、東京を放射状に伸びる各路線を結んだ。 これが便利だったため、山手線の外側にもう1つ環状路線をつくろうという計画が生まれた。 そのきっかけは、1921年に浮上した、東京の放射状路線を横断する鉄道路線構想に遡る。 同構想の発起人らが1926 大正15 年に「東京山手急行電鉄」を設立、免許申請を行った。 これが、日本の鉄道の歴史上でいう「第2山手線」である。 東京山手急行電鉄の計画は、大井町駅 JR京浜東北線 - 雪が谷大塚駅 東急池上線 付近 - 自由が丘駅 東急東横線 - 駒沢駅 東急田園都市線駒沢大学駅付近 - 梅ヶ丘駅 小田急線 - 明大前駅 京王本線・京王井の頭線 - 中野駅 JR中央線 - 新井薬師前駅 西武新宿線 - 江古田駅 西武池袋線 - 下板橋駅 東武東上線 - 板橋駅 赤羽線・埼京線 - 田端駅 JR山手線 - 北千住駅 東武伊勢崎線・常磐線など - 曳舟駅 東武伊勢崎線・京成本線 付近 - 大島駅 都営地下鉄新宿線 付近 - 南砂町駅 東京メトロ東西線 付近 - 東陽町駅 東京メトロ東西線 南側だった。 ちなみに終点付近は当時「洲崎町」という地名で、明治から昭和中期にかけては吉原と並ぶ歓楽街。 「洲崎パラダイス」とも呼ばれたという。 東京山手急行電鉄は、当時としては壮大過ぎた計画で、資金の目処がつかなかったらしい。 しかし、小田原急行電鉄社長の利光鶴丸が代表取締役となり、阪急電気鉄道社長の太田光熈も取締役に名を連ねて、実現に一歩近づいた。 ただし、両名とも自分の会社の路線建設と運営に苦心しており、東京山手急行電鉄まで手が回らなかったようだ。 その後、経由地を見直し、区間を駒込まで短縮するなどの変更案も出されたものの、関東大震災、世界恐慌、戦争の影響で開通できず、免許失効、計画は立ち消えとなってしまった。 線路のない橋桁部分は第2山手線のために作られた 第2山手線が実際に作られたとしたら、とても便利な路線になっただろう。 興味深いことに、その後、東急は大井町線を建設し、玉電は現在の世田谷線を作るなど、第2山手線構想に近い路線もできている。 また、環状7号線西側と環状8号線東側に沿った「メトロセブン」「エイトライナー」という路線の構想もある。 実際に作られた環状線としては、都営地下鉄大江戸線、JR武蔵野線などがある。 さらには東武野田線、JR川越線、八高線、南武線も環状線を形成しており、「放射状の路線を結ぶ」という第2山手線の構想が活かされているとも言えそうだ。 予めご了承ください。 連載一覧 第99回 第98回 第97回 第96回 第95回.

次の