ナルト イビキ。 NARUTO

【NARUTO

ナルト イビキ

Anitubeなどの海外動画サイトを利用すると ウイルスに感染する危険性があります。 Anitubeから誤ってウイルスもらったぁ... 慌ててお店行ったら「ウィルスに感染したから初期化しかないですね」って ToT ウィルスソフト意味なし。 — yayoi togashi1206 最近ネット環境がよろしくない・・・ワイファイつなげてると動画途切れるしPCはウイルス?変な警告出される。 第201話『多重トラップ 崩壊のカウントダウン』 生きていたゲンノウと対峙するナルト。 一方、シカマルはゲンノウの行動から一つの結論を導き出していた。 これまで全てのトラップは一つ残らず陽動、顔岩の崩壊が引き起こす里の滅亡が本当の狙い……。 第203話『紅の決断 とり残された第八班』 里外れの山荘で不思議な絵を描く少女・八雲 やくも と出会ったナルト。 しかし突然現れた暗部と医療班が彼女を連れ去ってしまう。 一方、里ではある騒動が持ち上がっていた。 なんと紅がキバ達第八班の担当上忍を外れると言い出したのだ。 サクラによると、今回の紅の行動と八雲の間には何か関係があるらしいのだが……。 第204話『狙われた八雲 封印された能力』 医療班に眠らされたナルトは奇妙な夢を見る。 それは忍になりたいと懇願する八雲に、紅が力の封印を宣言するというものだった。 ナルトの問いかけに、紅は教え子だった八雲の力を封印しその夢を奪ったのは自分だと告げる。 一方、八雲の山荘では突如現れた謎の忍者達が襲撃を開始しようとしていた。 果たして、その目的とは?• 第205話『紅の極秘任務~三代目との約束~』 襲撃者の正体は八雲と同門の、鞍馬 くらま 一族であった。 幻術使いの名門として知られる一族を相手に、紅は壮絶な幻術合戦を繰り広げる。 八雲を庇い苦境に立たされた紅の前に駆けつけたガイ、第八班、ナルトとサクラ。 八雲は「木ノ葉は里ぐるみで自分を抹殺しようとしている」と、過去の恐るべき出来事をナルトに語る。 第206話『幻術か現実か 五感を制するもの』 紅、八雲の治療の為に里に戻る一同を待っていたのは、無人の廃墟と化した木ノ葉隠れの里だった。 驚愕しつつも木ノ葉病院に辿り付いたナルトの前に、里見ヶ丘の山荘を襲った忍者・雲海 うんかい が現れる。 「今は争っている時ではない」と身構えるナルトを制する雲海。 雲海はナルトにある信じがたい事実を告げる。 第207話『封じられたはずの能力』 ナルトが八雲のアトリエに乗り込んでいくと、そこには八雲によって絶体絶命の危機にさらされている紅がいた。 紅の制止を振り切り八雲に語りかけるナルト。 その言葉に苦しみだす八雲の傍らで、一枚の絵画に異変が起こり始める。 次第に解き明かされていく鞍馬邸炎上の秘密……紅に任務を託した三代目の真意が明らかになる。 第208話『名器 花鳥風月の重さ』 今回の任務は「小国が買えるほどの値打ちを持つ国宝級のお宝茶碗を展覧会場まで届ける」というもの。 キバと共に茶碗の警護に赴くナルトは、お調子者の依頼人・進衛門と出会う。 茶碗に訪れる危機をナルトやキバを犠牲にする事で次々と回避しようとする進衛門に怒り心頭のナルトとキバだがこれも任務とぐっとこらえる。 第209話『敵は「不忍」』 抜け忍で構成される悪名高き強盗団「不忍 しのばず 」。 そのメンバー、丸鉄 がんてつ の護送任務にあたるナルト、サクラ、リーは早速、不忍による丸鉄奪還を警戒する警護部隊と合流するが、隊長のトドロキは「犯人を守るのは自分たちだけで十分」と言い放つ。 どうやらトドロキは丸鉄と何か関係がありそうなのだが……。 第210話『迷いの森』 不忍の襲撃で本隊からはぐれてしまったナルト、丸鉄、トドロキ。 森を突っ切って都を目指そうとする三人だが、この森は人間の方向感覚を狂わせる「迷いの森」だった。 丸鉄からこの森に不忍のアジトが隠されていると聞き、驚愕するナルト。 森の案内を申し出る丸鉄だが、その言葉ははたして信用できるのか?• 第211話『炎の記憶』 弟の仇である丸鉄を前に、ついに怒りを押さえきれなくなるトドロキ。 丸鉄に切りかかるトドロキと揉み合いになるナルトだが、その隙に乗じ、不忍の文殊 もんじゅ が丸鉄を攫っていってしまう。 一方、バンダナの少年を追うサクラとリーは「丸鉄を返せ」と迫る謎の少年少女に取り囲まれていた。 第212話『それぞれの道』 文殊を追い詰めるナルトだが、乱入した修羅 しゅら にバンダナの少年を奪われてしまう。 この少年こそ、死んだとされていたトドロキの弟、アキオだった。 丸鉄は不忍一味に身を置きながらも、密かに襲われた家の子供達をかくまっていたのだ。 アキオを取り戻すため、ナルト達はアジトに乗り込む。 第213話『失われた記憶』 任務帰りに幻のメンマの材料である麻竹を取りに行ったナルトは、怪我を負った記憶喪失の少年を発見し木ノ葉へと連れ帰る。 素性のわからない者を里に置くことに懸念を示す綱手達。 しかしナルトは「自分が保証人になる」と少年の滞在許可をもぎとる。 「メンマ」と名づけられた少年はナルトの部屋に居候する事になるが……。 第214話『取り戻した現実』 鳩笛を使った忍術でナルトを救ったメンマに、綱手はメンマが音隠れの関係者ではないかと推測する。 メンマの記憶を探るため田の国へ出発したナルト達は道中で盗賊団に襲撃された村に到着する。 盗賊退治を提案するナルトだが、メンマを信用しきれないネジとテンテンの猛反対にあい、チームは真っ二つに分裂してしまう。 第215話『消し去りたい過去』 メンマの正体が村を襲った盗賊団の一員だった事を知り、村人達はそれまでの態度を一変させ、メンマへ怒りをぶつける。 その時、恐れていた盗賊団の襲撃がふたたび始まってしまう。 盗賊の頭領に「裏切り者」と呼ばれたメンマが起こしたある事件とは? 戦いの混乱の中、メンマは隠してきた最大の秘密を告白する。 第216話『消えた匠 狙われた守鶴』 「四天象人 してんしょうにん 」と名乗る謎の敵の侵入により、砂隠れの里の忍者候補生・マツリが攫われた。 マツリ奪還の為、彼らを追う砂の三姉弟。 木ノ葉では砂からの援軍要請を受けた綱手がシカマルに三姉弟援護の命を下す。 「今こそサスケ奪還任務の恩を返す時」とシカマル隊長の元、木ノ葉の下忍たちが再び召集される。 第217話『砂の同盟国 木ノ葉の忍』 シノ、ヒナタ、ネジらに敵の探索を任せ、万端の準備で攻撃の時を待つシカマル隊。 一方、砂の三姉弟は、一忍一殺の戦法で向かってくる四天象人たちと次々と戦いに突入していく。 四天象人の狙いは我愛羅ただ一人。 はじめは優位に見えた砂の三姉弟だが、四天象人の武器に隠された思わぬ仕掛けにより次第に追い詰められていく。 第218話『封じられた砂 水虎の反撃』 テマリ、カンクロウを援護するシカマルといの、キバとチョウジ。 四天象人の特異な武器に即席のスリーマンセルで挑むが、呼吸が合わず苦戦を強いられる。 一方、四天象人の罠は確実に我愛羅を追い詰め、ついに秘術「逆ウロコの陣」が発動。 砂を封じられ、窮地に立たされた我愛羅……そのピンチにナルトとリーが駆けつける!• 第219話『よみがえった究極兵器』 四天象人最後の一人・宝亀は、四天象人の正体が忍び五大国に蔑ろにされつづけた「匠の里」の忍である事を明かす。 彼らの真の目的とは我愛羅の中に封じられた守鶴のチャクラを奪い、五大国へ対抗する力を得る事だったのだ。 宝亀はナルトを庇う我愛羅の隙を突いてチャクラを奪い、遂に究極兵器「セイメイ」を完成させる。 第220話(最終回)『旅立ち』 復活したセイメイにチャクラを奪い尽くされ、守鶴と化す我愛羅だが、自らの意思で守鶴の力を押さえ込み、見事セイメイに勝利する。 今回の任務を通し、ある者は新たな道を見出し、またある者は更なる精進を誓う結果となった。

次の

畜生道(NARUTO疾風伝)

ナルト イビキ

暁での相方。 鬼鮫はリーダーのペインを除く他のメンバーのことは自分より年上の角都も含めて全員呼び捨てにしていたにも関わらず、イタチのことは「さん」付けで呼ぶなど敬意を払っていた。 イタチとはなんだかんだいいコンビだったようで、イタチの体調を何度か気遣ったりイタチ自身もビーが持つ鮫肌をみて鬼鮫が倒されたのを察して感慨深い様子だった。 実際イタチとは 自分よりも仲間を大事に思うが、自里という大多数のために自分の感情を殺してその仲間を始末してきたという点が共通しており、初対面時に自身が言っていたように似たもの同士だったようだ。 一方で、『月の眼計画』に初めて己の夢を見出し暁に尽くした鬼鮫に対して、イタチは暁のスパイとして最後まで里に尽くすというように目的は正反対であった。 コメント欄が長くなってきたのでリセットしました -- 名無しさん 2016-11-19 15:21:15• 霧隠れの里の水遁使いと一緒に戦えば更に恐ろしい人だよなぁ、何処でも有利な地形効果をつくれるってマジチート -- 名無しさん 2016-11-20 09:17:09• 再不斬といい、霧隠れはハードな忍の生き様を見せてくれる。 -- 名無しさん 2017-06-02 23:48:04• キャラの雰囲気や年齢で暁でも強キャラ扱いだけど、ピンポイントキャラ以外勝つ方法がない 初見殺しのサソリやデイダラに比べると明らかに弱い、勿論このどちらかと戦っても勝てない -- 名無しさん 2017-06-21 14:43:35• 人柱力やスサノオとかのチャクラ量で押すタイプには相性最悪だと思う。 鮫肌と本人のチャクラ性質で相手のチャクラを削りながら、人柱力並みの自前のチャクラで持久戦をしたらだいたい勝てそう。 尾獣玉とかをきちんと処理できるかが鍵とは思うが。 -- 名無しさん 2017-11-19 13:34:09• バテやすいイタチといいコンビだな -- 名無しさん 2017-12-10 01:58:53• デイダラは海月爆弾製造してたけど、製造自体は水中ではできなさそう。 -- 名無しさん 2018-02-16 17:25:45• 巨大な湖を作るほどの大爆水衝波にガイの六門すら発破する千食鮫を連発も可能なチャクラ量。 まともに戦えばチャクラそのものを吸収する大鮫弾に対抗できる忍びも限られるしオビトに最も信頼されてた辺り暁内でも普通に上位の強さだろ -- 名無しさん 2018-07-16 02:45:04• 水牢鮫踊りの術もあったな、この術の搦め手があれば雷遁と八尾で本来有利なビーも正面からだと負けてた事、四尾を手負わず捕獲したあたり作品内でも上位だよ鬼鮫は -- 名無しさん 2018-07-16 03:14:00• サブちゃん先生がいなかったら尾獣八巻で物理攻撃できてたとおも -- 名無しさん 2018-07-21 10:05:02• 今更だけど鬼鮫に元水影って呼ばれてた人物は本当にオビトだったのかな? -- 名無しさん 2018-08-20 20:36:42• デイダラに関しては粘土もチャクラでできてるから鮫肌一振りで効果をなくす -- 名無しさん 2019-05-30 18:51:46• どっちにしろ効果は無くなるのかもしれないけど -- 名無しさん 2019-05-30 19:17:22• 後に本当に「お体に触る」同姓の後輩が……というか「いちいち顔近付けねえと喋れねえのか」と言いたくなるほどやたら顔寄せて顔触ってくるのがまた…… -- 名無しさん 2019-06-26 00:18:32• ビーと戦っていた時は本来の3割のチャクラ量だしチャクラを用いらない飛び道具使うガイと当たったのは不運でしかない -- 名無しさん 2019-11-13 17:44:21• 水遁使いとして卑劣様と鬼鮫で考え方が全然違うのが二人の戦術の違いやら良く出てて本当に好きなんだ…… -- 名無しさん 2019-11-13 20:10:27• 最初の印象は「四天王なら最初に死ぬタイプ」だったが最後は敵ながら天晴な正統派実力者だった -- 名無しさん 2019-11-13 21:10:22• 後任は中尾隆聖さんとかよさそう -- 名無しさん 2020-02-23 09:56:18.

次の

干柿鬼鮫(NARUTO)

ナルト イビキ

出典:NARUTO-ナルト- 巻ノ七 94ページ 著者:岸本斉史 砂瀑送葬とは 砂瀑送葬は砂縛柩で捕えた敵を砂の圧力で潰すの術。 初めに登場したのは中忍試験死の森で雨隠れの忍と戦った時で、その圧倒的な威力で敵を木端微塵にした。 後にこの術の上位種と思われる砂瀑大葬、砂瀑層大葬が登場しており、守鶴を除けば砂を唯一の武器とする我愛羅にとって砂の圧力で潰すこれらの術が最も高い攻撃力を持っている。 威力 高い威力を誇りまともに食らえば雨隠れの忍同様原形をとどめてはいられないだろう。 この術を左半身に受けたロック・リーは八門遁甲の副作用もあるが忍としてやっていくことができないほどのダメージを受けた。 唯一この術を耐え抜いたのはで彼は皮膚のすぐ下に骨の幕を張ることでガードしたが、こんな芸当ができる忍は他にはいないだろう。 そもそも砂縛柩で相手に砂を纏わらせてから繰り出す術のため使用した時点でほぼ勝利が確定している。 応用力 我愛羅の砂それ自体の応用力は幅広いが、砂瀑送葬に限って言えば決定打用の術なので特に応用性はなくその必要もない。 暁のとの戦いを見る限り射程距離はかなり広く、これだけ遠距離で必殺と呼べる威力を誇る術は珍しく確実性も高い。 砂と影でやや性質は異なるが敵を捕らえるまでが勝負ののに近いかもしれない。 しかも捕えた後味方の補助がなければ決定打につなげづらい影真似の術と比べると、自力で決定打に結び付けられる我愛羅の術はかなり強力だろう。

次の