すき家 コロナ。 新型コロナウイルス感染症予防の取り組みについて

従業員の新型コロナウイルス感染について

すき家 コロナ

大手牛丼チェーンの松屋とすき家にはどんな影響が出たのか? 4月1日、運営会社の松屋フーズホールディングスとゼンショーホールディングスが、3月の売上高、客数、客単価の速報値をそれぞれ公表した。 すき家の既存店売上高は92. 2%(対前年同月比)、客数は91. 4%(同)、客単価は100. 8%(同)となった。 すき家の既存店売上高や客数は2019年4月以降、毎月のように前年同月を上回っていたので、3月だけ大きく落ち込んだ形となった。 広報担当者によると、マイナス要因は外出自粛要請によるイートインの売り上げ減と、曜日配列だという。 19年3月の土・日・祝日は11日だったのに対し、20年3月の土・日・祝日は10日だった。 すき家の場合、家族が利用する郊外型店舗が多く、休日の減少が響いたようだ。 一方、2月から大きなマイナスの影響を受けた外食チェーンもあるので「何とか持ちこたえた」という見方もできる。 3月のプラス要因はどこにあるのか。 広報担当者によると、イートインの売り上げが減る一方で、テークアウトの売り上げが増えたという。 また、「NY(ニューヨーク)ポーク丼」や「牛すき焼き丼」といったヒット商品にも恵まれた。 当初、休校措置を受けて従業員の確保が難しくなることから、一部店舗で「牛丼のみの販売」もしくは「店舗の営業時間短縮または休業」を行うとしていた。 子どもの世話をするために休まざるを得なかった従業員は確かにいたが、他の従業員がカバーした結果「営業時間を短縮したり、メニュー数を絞ったりといったことはあまりなかった」(広報担当者)という。 7%(対前年同月比)、客数は91. 5%(同)、客単価は103. 6%(同)だった。 すき家と同様に19年4月から毎月のように既存店売上高や客数が前年同月を上回っていたが、3月は大きく落ち込んだ。 広報担当者によると、外出自粛要請を受けて客数が減ったことが大きく響いたという。 テークアウトの需要は増えたが、マイナスを補えるほどではなかった。 ただ、総じて「想定よりは悪くない」(広報担当者)という印象のようだ。 松屋は3月に「カチャトーラ定食」と「ガリたま牛めし」を相次いで投入した。 また、「カルビ焼肉定食」と「豚肩ロースの生姜焼定食」を持ち帰り限定で500円(税込)で提供した。 こういった施策はプラス要因に働いたようだ。 総じて日常的に利用される大手牛丼チェーンは、居酒屋チェーンなどと比べると大きな影響は受けていないようだ。 今後公開される吉野家の実績に注目が集まる。

次の

すき家でコロナ

すき家 コロナ

すき家と松屋にはどんな影響が? すき家の既存店売上高は92. 2%(対前年同月比)、客数は91. 4%(同)、客単価は100. 8%(同)となった。 すき家の既存店売上高や客数は2019年4月以降、毎月のように前年同月を上回っていたので、3月だけ大きく落ち込んだ形となった。 広報担当者によると、マイナス要因は外出自粛要請によるイートインの売り上げ減と、曜日配列だという。 19年3月の土・日・祝日は11日だったのに対し、20年3月の土・日・祝日は10日だった。 すき家の場合、家族が利用する郊外型店舗が多く、休日の減少が響いたようだ。 一方、2月から大きなマイナスの影響を受けた外食チェーンもあるので「何とか持ちこたえた」という見方もできる。 3月のプラス要因はどこにあるのか。 広報担当者によると、イートインの売り上げが減る一方で、テークアウトの売り上げが増えたという。 また、「NY(ニューヨーク)ポーク丼」や「牛すき焼き丼」といったヒット商品にも恵まれた。 関連記事• 大手牛丼チェーン3社のうち券売機を導入しているのは松屋だけだ。 生産性向上の切り札である券売機を吉野家とすき家は導入していない。 各社に見解を聞いてみた。 新型コロナウイルスの感染が広がる。 外食チェーンへの影響はどうなっているのか。 各社の最新動向を探った。 大手回転寿司チェーンのスシローとくら寿司。 標準的な寿司の重さはほぼ一緒。 しかし、価格とシャリの違いから戦略の違いが見えてきた。 「生ビール1杯190円」という看板を見かける。 安さでお客を引き寄せる戦略だが、実は隠されたメリットもある。 どんな狙いがあるのか。 「隣接する商業施設からテナントが撤退」「水筒の持ち込み禁止」などのニュースで注目を浴びているレゴランド。 ネット上では酷評する声もあるが、実際はどうなのだろうか。 記者が家族を連れて遊びに行ってみた。

次の

すき家と松屋は3月のコロナショックに耐えられたのか? 速報値が公開

すき家 コロナ

新型コロナウイルス感染症予防の取り組みについて すき家ではお客様と従業員の安全のために、対策チームを設置し感染症対策の強化に取り組んでいます。 今後も政府や各自治体の方針やガイドラインに基づき、日々変化する状況に応じて、必要な取り組みを随時行ってまいります。 2020年3月6日時点で、全国の店舗で行っている取り組みについて、以下の通りお知らせいたします。 従業員の健康管理の徹底 勤務前に体調不良(発熱・咳・嘔吐・下痢等)がある際は、担当社員・部署に報告を行うフローを徹底し、 体調不良者は出勤をさせないようにしております。 また、勤務する際には体調確認を行い、記録を残すようにしております。 従業員の手洗い・消毒の徹底 1時間に1回の手洗いの実施、および手洗い後の消毒液の噴霧を指導しております。 また、勤務時だけでなく、自宅での手洗いも指導しております。 マスク着用の推奨 感染症予防・咳エチケットの一環として、本部よりマスク着用を推奨しております。 店内および厨房の消毒実施 店舗出入口の取っ手、トイレ、手洗い設備について、定期的に消毒を実施しております。 また、厨房の機器類の取っ手等に関しましても、定期的に消毒を行っております。 消毒液の設置 店舗入口に、お客様にお使いいただける消毒液を設置しており、店内放送でもお客様にお知らせし、消毒にご協力いただいております。

次の