志 らく 酒井 莉加。 4年前に不倫した弟子Aは誰?立川志らくの嫁酒井莉加はなぜ弟子と次々不倫するの?

立川志らくの妻・酒井莉加に不倫スキャンダル。弟子・立川うおるたーと車中キス、わいせつ行為を週刊文春報道…画像あり

志 らく 酒井 莉加

酒井莉加さんと立川うおるたーさんの不倫報道 立川うおるたーとは? 本名:中桐 峻 職業:落語家、俳優 生年月日:1993年3月5日(27歳) 出身:山梨県南アルプス市 最終学歴:成蹊大学 立川うおるたーさんは2014年10月に立川志らく一門に入門しました。 師匠の好きなドラマ「ブレイキング・バッド」の主人公ウォルターからとって名付けられたそうです。 志らくが地方公演で不在の自宅で一夜を共にした 志らくさんが地方公演で不在であった2月7日の夜、2人はスーパーへ食料を買い出しに行き、そのまま志らくさんと莉加さんが住む家で一晩を過ごしたとの目撃情報があるそうです。 4年前の不倫騒動 莉加さんは 4年前に別の弟子と不倫関係に陥り、その弟子を志らくさんが破門しました。 破門された弟子はその後精神を病み、消息不明になったとの事、、、 莉加さんは美人ですし、相当魅力的な女性なのかもしれませんね。 不倫騒動後の立川志らくの言動に世間が注目 志らくさんが3月 5日、自身が司会を務める生放送番組「グッとラック!」の番組冒頭で、不倫騒動について約2分ほど語られました。 「志らくごときのことで誠に申し訳ございませんが、一言だけお時間をいただきます。 実は私のプライベートのことでちょっとゴタゴタが起きまして、某週刊誌に私の妻と元弟子との不貞関係というのが掲載されました。 それに関しては私の妻のことを信じておりますので、このことで夫婦の絆が壊れることもございません。 離婚することも1億%ございません。 私が何故そんなことが言えるかというと、家族だから。 この程度の絆が崩れることはない。 あとは私の妻を、かけがえのない妻を世間の目から守る。 命懸けで守る。 それだけでございます。 ということで大切な時間を割かせていただきました。 」 志らくさんはこのように言及しました。 莉加さんとうおるたーさんの不倫疑惑が残る中「妻を命懸けで守る」と語られた志らくさんのお言葉、とても力強かったです。 恐らく番組を見ていただろう妻の莉加さんにも、志らくさんが抱く莉加さんへの想いが少しでも伝わっていたらいいですね。 弟子と嫁が不倫した立川志らく可哀想。 八十年くらいテレビ休ませてあげて欲しい。 😢 別れた方がいいと思う。 — 茅ヶ崎の寅 Q5CsQIzxcywpMqU ここからは、立川志らくさんと妻の酒井莉加さんの馴れ初め、酒井莉加さんの数々の噂(タトゥー、坊主、韓国人とのハーフ、元アイドル)についてみていきましょう。 Sponsored Link 立川志らくと酒井莉加の出会い&馴れ初めは? 落語家、映画監督、映画評論家、タレントなど、さまざまなジャンルで活躍する立川志らくさんですが、奥さんの酒井莉加さんとはいったいどんな出会いで結婚に至ったのでしょうか? 志らくさんと莉加さんが結婚したのは2006年、志らくさんが43歳、莉加さんが25歳のときでした。 結婚当時の莉加さんのプロフィールには、 「志らく依存症」とまで自身で書いているほど、仲が良かったようです。 ただ今回の不倫騒動によって、志らく依存症ではないと判明してしまいましたが…18歳の年の差結婚で、莉加さんにとっては父親くらいの年の人とけ結婚しことになりますね! 出会いのきっかけは、莉加さんが阿智川志らくさんの主催する舞台で、女優として活動したことだそうです。 莉加さんが志らくさんを積極的に食事などに誘っていて、そこから交際が始まり、4年間の同棲の跡、晴れて結婚。 結婚の際はプロポーズなどはなく、志らくさんが玄関に婚姻届けを貼り付けてあるのを莉加さんが見つけ、提出して結婚となったんだとか。 そんな素敵なエピソードがあり、仲が良かった立川志らくさんと酒井莉加さん。 それにも関わらず、何故弟子の立川うおるたーさんとの不倫関係に陥ってしまったのでしょうか?恋は盲目とはまさにこのことですね… 立川志らくと酒井莉加のプロフィールをチェック! 立川志らくのプロフィール• 名前: 立川 志らく(たてかわ しらく)• 本名: 新間 一弘〈しんま かずひろ• 生年月日:1963年8月16日• 年齢:55歳• 出身地:東京都世田谷区 志らくさんの 本名は「新間 一弘」。 現在20人もの弟子をかかえる大御所落語家で、そのほかにも、映画家督、映画評論家、タレントなどとして活躍しています。 1985年に立川談志に入門し1995年に真打昇進、その後、2010年には、国落語大賞を見事受賞しました。 立川志らくの嫁:酒井莉加のプロフィール! 志らくさんは莉加さんとの結婚前に一度離婚しており、 再婚として莉加さんと結婚しました。 莉加さんは、舞台女優として主に活躍していますが、 デビューは、 アイドルとしてでした。 2001年に「Rink rink rink」というアキバ系アイドルの一員としてデビューしましたが、当時は「モーニング娘。 」ブームであまり売れず、わずか3年で脱退します。 その後は出会いのきっかけとなった志らくさんの劇団、 「下町ダニーローズ」で舞台女優として現在まで結同を続けています。 立川志らくの嫁:酒井莉加 タトゥーが凄い!? 実は、志らくさんの奥さんで、舞台女優の莉加さんにはタトゥーがはいっています! それも小さいものではなく、足の甲から足首を超えるほどの大きさで、結構派手なものです。 このタトゥーは志らくさんとの結婚後に入れており、 志らくさんはこのタトゥーをあまりよく思っていないみたいです。 莉加さんはこのタトゥーを隠すことなく自分から公表していて、志らくさんはそこも気に入っていません。 娘さんが2人いらっしゃるので、娘さんへの影響なども考えているのかもしれませんね…。 韓国人とのハーフ!? 酒井莉加さんは2010年11月27日に自身のブログで突如、 『韓国人とのハーフ』である事を公表しました。 私、実はハーフなんです。 戸籍を見て初めて知ったの。 よくハーフでしょ。 と言われるが日本人だよ。 と適当に答えてた。 結婚する時初めて知った、私の秘密。 引用元:酒井莉加さんのブログ 父親が韓国人で母親が日本人、酒井莉加さんの韓国名は『キム・リカ』だそうです。 キレやすい性格だったり辛いものに強かったりする自身の特徴に、韓国人の血を感じるとご自分でおっしゃっています。 坊主頭になりたかった!? 酒井莉加さん、ガチで坊主にした姿を自身のインスタグラムにアップしていました。 ですが、現在酒井莉加さんのインスタグラムアカウントは非公開となっております。 不倫報道前なので、反省のために坊主にしたわけではなく、坊主にしたくてしたようです。 坊主になって良かった事。 髪の毛洗うのめちゃくちゃらく。 帽子のサイズがワンサイズ減る。 変な男の人に怖い目でみられる。 修行僧の様な気分になれる。 — 酒井莉加 rika2626 酒井莉加さんは坊主やタトゥーなど、やりたいと思ったらなんでもやってしまう人なのかもしれません。 でも、不倫はダメですよ!!.

次の

立川志らく、妻が不倫の衝撃も「ワイドショーが黙殺する」2つの理由

志 らく 酒井 莉加

落語家の立川志らく(55)が、「M-1グランプリ2018」で審査員を務めた自身に対する批判的なコメントを、妻で女優の酒井莉加(37)のSNSに書き込む一部ユーザーに怒りをあらわにした。 酒井は5日、ツイッターで「インスタのコメントに何故か私宛に出演者はみんな面白かったが志らくは審査員の資格があるのだろうか?とコメントが。 しかも次女の写真の所に。 申し訳ないですが即削除させてもらいました」と報告。 「えー。 なんか悲しい インスタってめちゃくちゃ平和なSNSだと思ってたのに」とつづった。 妻の報告を受けた志らくは同日、ツイッターで「そういう奴は許さない。 人間もどき。 心がない。 天罰が下る」と激怒。 「許せないのは妻のアカウントに私の文句を入れる奴。 それも娘の写真に。 人間じゃない。 こういう奴がいるから世の中悪くなる」と収まらない怒りをぶちまけ、「多分そういう奴は人間の心がないのだからいくら言っても脳みそもないから理解出来ないし反省もしない。 でもいつかそういう輩には天誅が下る。 SNSは何でも言って良い場所じゃない。 見かけたら通報する。 アカウントを凍結させます」と警告した。

次の

立川志らくの嫁はタトゥー入り!意味や場所、離婚歴や子供たちは?

志 らく 酒井 莉加

下世話な話に飛びつく芸能ウォッチャーにとって、これほど興味をそそられる記事があっただろうか。 立川志らくの妻である酒井莉加が25歳の志らくの弟子と不貞を働いていると、『週刊文春』(3月12日号)が報じている。 この報道の特筆すべきところは、志らく本人のスキャンダルではなく、その妻の話であること。 またその妻は元アイドルで現在は志らくや彼女が主催する劇団の女優ではあるが、その名前と顔を知る人は少ないということ。 酒井莉加って誰? ってところだろう。 落語界では公然の秘密ということだったらしいのだが、情報番組のMCを務めるほどになった落語家・志らくの妻でなければ、報じられることはなかった話といえる。 これまで芸能界の歴史のなかで、有名人が結婚した一般人妻(夫)のスキャンダルが報じられることはたびたびあった。 最近では小倉優子の最初の夫の不倫や飯島直子の夫の不倫が挙げられよう。 小倉の夫のお相手は小倉の所属している事務所の元タレント、飯島の夫が写真を撮られた女性も劇団員と、一応は芸能人ではある。 それでも広く名前が知られている存在ではなかった。 そのため、報道されて一時的には騒ぎにはなるが、興味を持つ人はそれほど多くないため、収束は早く後追いするところは少なかった。 それでは、今回の志らくの一件はどうか。 上記のふたつのニュースとは違い、読者を引きつけるには十分すぎる内容となっている。 岡田准一、雛形あきこの場合 記事を読むと、文春の記者が時間をかけて張り込み、綿密な取材をしていることがわかる。 さぞかし、ワイドショーでも大いに取り上げられそうなものだが……。 雛形あきこは'01年11月に年下マネージャーとの不倫疑惑を『FRIDAY』写真誌に報じられたのだが、当時の記事によれば、深夜の仕事帰りに雛形を乗せたワンボックスカーは自宅マンション付近の公園の脇に一時停止。 すると、運転手を兼務するマネージャーは、カーテンで仕切られた後部座席にいる雛形のもとへと車内を移動し、30分ほど運転席には戻らなかったようだ。 内部での様子は不明だったが、車は微妙に振動していたという。 もうひとつ。 こちらは不倫ではないが、'99年にV6の岡田准一と優香の車中デートの詳細が同じく『FRIDAY』で報じられた。 記事によれば当初は1時間ほど親しげに話す程度であったが、 盛り上がった ふたりは2回3回とキスや抱擁を繰り返し、さらにはシートを倒して2人が重なるように倒れこんだり……。 後部座席で二人が寄り添う様子の写真も掲載されている。 芸能記者の間では今でも語り継がれる報道なのだが、テレビでは控えめな扱いだったと記憶している。 毒にも薬にもならない話ではあるが、これぞ週刊誌の面目躍如といったところだろうか。 現在も週刊誌などで取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

次の