木立 性 ベゴニア。 ベゴニアの育て方|植え替えの時期や増やし方は?耐寒性はある?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

ベゴニアの正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

木立 性 ベゴニア

〔基本情報〕多汁質の常緑多年草。 地下に塊茎や球根はつくりません。 直立茎をもちます。 比較的大形の葉をつけます。 葉は互生する単葉で、左右非相称となります。 花は集散花序につき、雄花と雌花があります。 雄花はふつう花弁状の2個の萼片とそれより小さい2個の花弁からなり、雌花は花弁状の2個の萼片と3個の花弁からなりますが、花弁がないものもあります。 また、八重咲きの品種もあります。 〔栽培〕通気性に富んで水はけがよく、適度な保水力のある土壌を好みます。 秋から春にかけては日当たりのよい場所、夏は強い日射しが当たると葉焼けをおこすので半日陰の涼しい場所で管理します。 風通しの良い場所を好みます。 霜が当たらないようにし、5度以上を保てば冬越しできます。 夜温が10度以上あればに冬でも開花します。 増殖は挿木によります。 葉芽のある節を選んで挿穂をつくります。 病害虫としては灰色かび病、うどんこ病、斑点細菌病、アブラムシ、ハマキムシなどがみられます。 〔備考〕茎の性状によって、矢竹型、叢生型、多肉茎型、つる性型の4タイプに分けることがあります。 名前 木立性ベゴニア 花咲く季節? 4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月 生活型? 多年草 常緑・落葉? 常緑 生活様式? 地生 植え付け(または播種)季節? 4月、5月、6月、9月、10月 形状? 直立 葉の形? 単葉(不分裂葉) 葉の生え方? 互生 花のつき方? 集散花序 花の色? 赤、橙、黄、白、桃、複色 葉の色? 赤、緑、紫、複色、その他 種苗の入手難易度? 低 種苗の入手形態? 苗 繁殖方法? 挿木 日照条件? 半日陰 水分の必要性? 普通 土の必要性? 必要 耐候性? 非耐寒性 用途適性? 鉢植、コンテナ 病害? 灰色かび病、うどんこ病、斑点細菌病 虫害? アブラムシ、ハマキムシ 日本花き取引コード? 29125 検索サイトの検索キー? 概要 気候や環境への耐久性を表しています。 耐寒性 寒さに耐える性質• 耐暑性 暑さに耐える性質• 耐積雪性 積雪に耐える性質• 非耐暑性 暑さに弱い性質• 耐雨性 多すぎる雨に耐える性質• 耐乾性 乾燥に耐える性質• 耐湿性 多すぎる湿気に耐える性質• 耐風性 強い風に耐える性質• 耐石灰岩地 石灰岩質の土地でも育つ性質• 耐砂性 砂ばかりの土地でも育つ性質• 耐礫性 小石ばかりの土地でも育つ性質• 耐強光性 強い光に耐える性質• 耐陰性 日陰に耐える性質• 耐潮性 潮風に耐える性質• 耐排ガス性 排気ガスに耐える性質• 耐病性 病気に耐える性質• 耐霜性 霜に耐える性質• 耐塩性 土に含まれる塩分に耐える性質• 非耐寒性 寒さに弱い性質 概要 その植物に向いている使い道を示しています。 グラウンドカバー よく枝分かれして伸び、地面を覆うのに適している• ロックガーデン 岩場を再現する庭づくりに適している• ハイドロカルチャー 水栽培に適している• トピアリー 樹木で、刈り込んだりしてさまざまな形を造形するのに適している• 公園・庭園• 街路樹• 法面緑化 土地を削ったり盛ったりしてできた斜面に植えるのに適している• 壁面緑化• 屋上緑化• 水辺緑化• 水質浄化• 水田緑化 田んぼのあぜ道を覆うのに適している• コンテナ• ベランダ• ハンギングバスケット• アクアリウム 淡水魚を飼育する水槽で水中に植え付けるのに適している• アクアテラリウム カエルなどを飼育する水と陸地のある水槽で、水辺などに植えるのに適している• 砂漠緑化• 苔玉 概要 植物を大まかな形や繁殖方法で分類したものです。 一年草 発芽して成長し、開花結実して枯れるまでが1年以内の草• 二年草 発芽して成長し、開花結実して枯れるまでが1年から2年の草• 越年草 一年草のうち、秋に発芽して年を越し翌春に開花結実して枯れるもの• 多年草 2年以上生き続ける草• 亜低木 低木の中で、開花結実後に枝の大半が枯れて、根元だけで冬越しするもの• 低木 たくさんの幹がある木で、高さが2m以下のもの• 小高木 幹が1本から数本はっきりある木で、高さが2〜8mのもの• 高木 幹が1本から数本はっきりある木で、高さが8〜30mのもの• つる性草本 自立せずに他のものを支えに成長する草• つる性木本 自立せずに他のものを支えに成長する木• 菌従属栄養植物 菌類に寄生して成長する植物 概要 日本の様々な行事やお祝い事などのうち、その植物に関わりのあるものを示しています。 選択肢:年中行事 人日、年中行事 小正月、年中行事 初午、年中行事 桃の節句、年中行事 端午の節句、年中行事 七夕、年中行事 お盆、年中行事 重陽の節句、年中行事 十五夜、年中行事 十三夜、年中行事 七五三、年中行事 事始め、雑節 土用、雑節 節分、雑節 彼岸、雑節 八十八夜、雑節 入梅、雑節 半夏生、雑節 二百十日、出産・子供 帯祝い、出産・子供 お七夜、出産・子供 お宮参り、出産・子供 お食い初め、出産・子供 初節句、出産・子供 初誕生、出産・子供 七五三、出産・子供 十三参り、出産・子供 入園・入学、出産・子供 成人式、長寿 還暦、長寿 古希、長寿 喜寿、長寿 傘寿、長寿 半寿、長寿 米寿、長寿 卒寿、長寿 白寿、長寿 上寿。 概要 葉の形を示しています。 1枚の葉がすべてつながっている「単葉」と、深く裂けていくつかの部分(小葉)に分かれる「複葉」の2大グループがあります。 単葉(不分裂葉) 葉が切れ込まず1つの面になっている• 分裂葉(ぶんれつよう) 葉が1つの面になっているが、切れ込みが入る• 掌状複葉(しょうじょうふくよう) 柄の部分から手のひらのように複数の小葉がつく• 奇数羽状複葉(きすううじょうふくよう) 葉の中心軸に奇数枚の小葉がつく• 偶数羽状複葉(ぐうすううじょうふくよう) 葉の中心軸に偶数枚の小葉がつく• 鱗状葉(りんじょうよう) うろこ状で枝に密着した葉がつく• 針状葉(しんじょうよう) 細長く厚みがあり、先端が尖っている• 線形 細長く厚みがなく、先端が尖っている• 3出複葉(さんしゅつふくよう) 小葉が左右1枚、先端1枚のもの• 特殊 上記にない特殊な形をしている 概要 植物の寒さへの耐久性を表したランク付け。 数字が小さいほど寒さに耐えられることを示しています。 ランク付けは10〜15年間でそれぞれの年でもっとも気温が低い月の平均気温を元に行なっています。 1b -48. 2a -45. 2b -42. 3a -40. 3b -37. 4a -34. 4b -31. 5a -28. 5b -26. 6a -23. 6b -20. 7a - 17. 7b -15. 8a -12. 8b -9. 9a -6. 9b -3. 10a -1. 10b 1. 11a 4. 11b 7. 12a 10. 12b 12. 13a 15. 13b 18. 花の並び方と、花のついた枝全体を花序(かじょ)と呼びます。 単生(たんせい) 茎に単独で花をつける• 総状花序(そうじょうかじょ) 花序の軸に柄のついた花がつく。 柄の長さはどれも同じくらい• 穂状花序(すいじょうかじょ) 花序の軸に柄のない花がつく• 散房花序(さんぼうかじょ) 花序の軸に柄のついた花がつき、花の位置が同じ面で並ぶ• 散形花序(さんけいかじょ) 花序の軸の同じところから柄が出てその先に花がついて傘のようになる• 複散形花序(ふくさんけいかじょ) 散形花序がさらに枝分かれして先端に散形花序で複数の花がつく• 円錐花序(えんすいかじょ) 総状花序がさらに枝分かれして先端に総状花序で複数の花がつく• 岐散花序(二出集散花序)(きさんかじょ) 花序の軸が3つに枝分かれし、左右がさらに3つに枝分かれして先端に花がつく• 集散花序(しゅうさんかじょ) 花序の軸の先端に花がついて成長が止まり、その後その下に花がつくことを繰り返すものの総称• さそり型花序 花序の軸の先端に花がつき、その後その下で左右相互に直角に花がつくもの• かたつむり型花序 花序の軸の先端に花がつき、その後その下で同じ方向に直角に花がついていき立体的な渦巻きになるもの• 巻散花序(かんさんかじょ) 花序の軸の先端に花がつき、その後その下で同じ方向に花がついていき平面的な渦巻きになるもの• 扇状花序(せんじょうかじょ) 左右に平面的に枝分かれしていくもの• 尾状花序(びじょうかじょ) 花序の軸に柄のない花がつき、垂れ下がる• 毬状花序(きゅうじょうかじょ) 鞠のように丸く密集してつく• 頭状花序(とうじょうかじょ) 軸の先端の同じ面に複数の花が密集する• 肉穂花序(にくすいかじょ) 花序の軸に柄のない花がつき、軸が肉厚になる• 隠頭花序(いんとうかじょ) イチジクのように軸の先端が大きな壺型になり、内側にたくさんの花がある• 杯状花序(はいじょうかじょ) 軸の先端に柄のある複数の花がつき、お椀のような葉(総苞)で包まれる• 多出集散花序(たしゅつしゅうさんかじょ) 花序の軸が3つ以上に枝分かれし、それを数回繰り返し先端に花がつく• 団散花序(だんさんかじょ) 短い軸に柄のない花が密集していて、中心から外側に順に咲くもの• 小穂(しょうすい) 複数の花が瓦のように折り重なったもの• 偽総状花序(ぎそうじょうかじょ) 見かけ上花序の軸に見える軸の枝に、柄のついた花がつく• 複散房花序(ふくさんぼうかじょ) 花序の軸が複数回枝分かれして、先端の花が同じ平面に並ぶ• 複集散花序(ふくしゅうさんかじょ) 集散花序がさらに枝分かれして先端に集散花序で複数の花がつく• 輪散花序(りんさんかじょ) 葉のわきに柄の伸びない集散花序がつき、茎に対して車輪のように花が並ぶ• 束生(そくせい) 節が非常に短い枝の先に集まって、束のようになる 概要 二十四節気、七十二候のうち、その植物に関わりのあるものを示しています。 選択肢:立春、雨水、啓蟄、春分、清明、穀雨、立夏、小満、芒種、夏至、小暑、大暑、立秋、処暑、白露、秋分、寒露、霜降、立冬、小雪、大雪、冬至、小寒、大寒、立春 初候、立春 次候、立春 末候、雨水 初候、雨水 次候、雨水 末候、啓蟄 初候、啓蟄 次候、啓蟄 末候、春分 初候、春分 次候、春分 末候、清明 初候、清明 次候、清明 末候、穀雨 初候、穀雨 次候、穀雨 末候、立夏 初候、立夏 次候、立夏 末候、小満 初候、小満 次候、小満 末候、芒種 初候、芒種 次候、芒種 末候、夏至 初候、夏至 次候、夏至 末候、小暑 初候、小暑 次候、小暑 末候、大暑 初候、大暑 次候、大暑 末候、立秋 初候、立秋 次候、立秋 末候、処暑 初候、処暑 次候、処暑 末候、白露 初候、白露 次候、白露 末候、秋分 初候、秋分 次候、秋分 末候、寒露 初候、寒露 次候、寒露 末候、霜降 初候、霜降 次候、霜降 末候、立冬 初候、立冬 次候、立冬 末候、小雪 初候、小雪 次候、小雪 末候、大雪 初候、大雪 次候、大雪 末候、冬至 初候、冬至 次候、冬至 末候、小寒 初候、小寒 次候、小寒 末候、大寒 初候、大寒 次候、大寒 末候。

次の

ベゴニアの正しい剪定方法。時期やコツを知れば、初心者でも簡単にできます

木立 性 ベゴニア

ベゴニアの育成条件• 日当たり:半日蔭または日なた• 土壌酸度:中性から弱アルカリ性• 用途:地植え・鉢植え• 耐寒性:弱 耐暑性:中• 種が用意できたら、ベゴニアの品種にあう用土を箱やセルトレイに入れて種を撒きます。 種同士が重ならないようにすることがポイントです。 少量の種で育成する場合は、水を含ませたジフィーセブンを使用しましょう。 ベゴニアは、好光性種子なのでいずれの場合も、上から土をかぶせる必要はありません。 水を充分与えることが条件になりますが、種が表面に出ている状態なので、水やりは優しく種が流れてしまわないように注意しましょう。 光好性種子とは? 発芽する条件に 光が必要となる種のことです。 ベゴニアの他にも、トルコギキョウ、ペチュニア、キンギョソウなどがあります。 野菜では、カブやレタス、ニンジンが光好性種子の仲間です。 球根を植える場合 球根は、 凹んでいる面を上にして4月頃に浅植えをします。 早い時期に花を咲かせたい場合は、2月頃に日光の良くあたる室内で植え付けをしましょう。 ベゴニアの用土と肥料 【花ごころ さし芽種まきの土 2L 】 ベゴニアは充分な水分を必要とする植物ですが、その水分によって根腐れなどを起こしやすい植物でもあります。 そのため、 水はけの良い用土を使用することが上手に育てるポイントになります。 赤玉土小粒・腐葉土・日向土を5:3:2の割合で配合すると、通気性の良い用土ができ上がります。 用土を用意する時に元肥として、緩効性化成肥料を混ぜましょう。 成長な盛んな時期には、液体肥料を定期的に与えるようにします。 ベゴニアは養分があまりなくても、育てることが可能な植物です。 速効性ある肥料を与えると、肥料障害によりベゴニアに悪影響を及ぼす原因となることもあるので、 与えすぎには注意しましょう。 また、冬場の追肥も特に必要ではありません。 ベゴニアの水やり 育成期である 夏場は、 表面の土が乾いてきたら充分に水やりをしましょう。 湿度が高い状態での水やりは、根が枯れてしまう可能性が出てくるので、定期的に観察をしながら行って下さい。 夏場が過ぎ、地面に接している部分が枯れ始めてきたら 水やりの量を控え目にします。 冬になり、枯れて球根のみの状態になったら、水やりを行う必要はありません。 冬場でも、ビニールハウスなどの暖かい室内で育てている場合は、夏場と同じようにしっかり水を与えましょう。 ベゴニアの発芽後の管理 発芽後に 本葉が2~3枚出てきたあたりで、ポットに移します。 この時5~6㎝の大きさのポットがオススメです。 窓際のレースのカーテン越しで育てましょう。 直射日光や雨風に当たらないような暖かい場所が適しています。 ベゴニアの植え替えと増やし方 成長したベゴニアがポットの中で窮屈そうな状態になったり、根がポットの下からはみ出したりしている時が、植え替えの時期と判断してよいでしょう。 春から初夏が一番適しています。 植え替えの際に球根性のベゴニアは、凹んでいる部分を上に向けます。 また、スタンドタイプのものであれば、支柱を立てておきます。 根茎性や木立性の場合は、根についている土を半分ほど落とし、古くなっている根や弱っている根を切り取ってから、新しく用意した土が入っている 一回りサイズの大きな鉢へ移しましょう。 根を切り落とすことで、新しい根が出てきやすくなります。 ベゴニアの挿し木 ベゴニアは茎が細い丈夫な品種であれば、挿し木で増やすことが可能です。 根が茶色くなっていない良い茎を選び、 15㎝から20㎝くらいの長さで切ります。 30分ほど充分水を吸わせた後に、葉を2~3枚残して土に挿しておきましょう。 土は、新しく用意したバーミキュライトなどを使用するのがオススメです。 多めの水分を与えること、直射日光に当てないことに注意しながら管理を行うと、30日位経過したあたりで、根が出てきます。 ただし、ベゴニアのさし木は腐りやすく難易度が高いとされています。 ベゴニアの種類 2000種類以上の原種があるとも言われているベゴニアは、大きく3つのタイプに分類されます。 球根性ベゴニア 土の中に球根を作ります。 成長するにつれ上に伸びていくものをスタンドタイプと下へ垂れてくるハンギングタイプに分かれます。 豪華な花を咲かせることが特徴とされています。 木立性ベゴニア 土の中に根茎も球根も作らず、木立になります。 年を追うごとに茎が太くなることが特徴とされており、「矢竹型」「叢生型」「つる性型」「下垂性型」の4種類があります。 根茎性ベゴニア 太い茎を土の表面を這わせながら育ちます。 葉の形や厚み、模様などの種類が豊富なので、花だけでなく、観葉植物として葉を楽しむことができます。 スポンサーリンク ベゴニアがなりやすい病気 ホコリダニ 成長が早く、肉眼では見えないほど小さな害虫です。 ベゴニアの栄養分を吸収し、弱らせます。 殺虫剤の使用が効果的です。 うどんこ病.

次の

ベゴニアの育て方・ベゴニアの種類と特徴・季節ごとの管理方法

木立 性 ベゴニア

C ジュメ 木立ベゴニアは剪定と植え替えをすると元気に育ちます 木立ベゴニアは原種が2000種類以上、 15000種類以上の園芸品種が存在する植物です。 原種は、オーストラリアを除く世界中の熱帯や亜熱帯に分布します。 特にブラジルからからメキシコにかけての中南米、 東南アジアから中国南部かけての地域に、多くの種類が存在します。 名前の通り、木のように育つことが特徴の一つです。 形状によって茎が長く伸び、あまり枝分かれしない『矢竹型』 茎葉が多肉質になった『多肉型』 よく枝が分かれしてこんもり茂る『叢生型』 茎がツル状に伸びて下垂する『つる性型』などに分類できます。 花色は赤、桃色、白、オレンジなどがあります。 花を観賞するだけではなく、観葉植物としても親しまれています。 木立ち性ベゴニアの特性を知る 品種にもよりますが、木立ち性ベゴニアは、 もともと茎の途中からあまり枝を出しません。 頂芽だけどんどん伸びるため、 3年ぐらいするとどうしても間伸びした草姿になります。 そのようにして下葉が落ちてしまうと、 そこから新芽が出ることはほとんどありません。 剪定方法のコツ そこでこのような株を再生するには、 まず枝や茎の頂点を少し切り戻します。 根が詰まっている場合もあるので、植え替えも一緒に行います。 しばらく時間をおくと、下の方の葉腋から新しい芽がでてきます。 わき芽が伸びるのを待ち、その場所まで短く切り詰めます。 茎が古くとなると根元が茶色く堅く変質します。 このような茎は思い切って根元から切ってしまいます。 植え替えと同時に行うと無駄がなく簡単に手入れができます。

次の