サスケ 左腕。 七代目火影になったナルトの右手 包帯の下はどうなっているのだろう

うちはサスケ (うちはさすけ)とは【ピクシブ百科事典】

サスケ 左腕

元俳優のさん(34)が引退時にした発言に対し、ラーのさん(47)がブログで怒りを露わにしている。 「何があったのか」と、ネット上で波紋が広がっている。 「引退する成宮さんへ その幕の引き方じゃぁ我々家族は逆に許しませんよ」 「我々家族は逆に許しませんよ」 ザ・グレート・サスケさんは2016年12月11日、いきなりブログをこんな書き出しで始めた。 引退を報じるスポーツ紙1面の写真をアップしており、続いて、こう明かした。 「10年程前に 愚息があなたから受けたハラスメントが真実だったって認める事になっちゃうじゃないですか?」 サスケさんには、20代の長男がおり、長男が成宮さんから何らかのハラスメントを受けたという意味らしい。 そして、「いつか『全て冗談に決まってるでしょ』って言ってくれればそれで良いと思って許してたのに」と書いている。 ブログにあるのは、これだけだ。 この内容がスポーツ紙などに報じられると、ネットニュースのコメント欄などでは、「何されたんだろう?気になる」と驚きが広がった。 「これだけじゃ分からんw」「泣き寝入りした過去があったのかな? 」と困惑する声も上がった。 一方で、「息子さん迷惑だと思うよ」「今わざわざそんなことをブログで書く必要ある?」「今更許しませんは無いだろう」といった疑問や批判も相次いだ。 サスケさんの売名ではないかという、うがった見方さえ出ている。 サスケさんは、成宮さんの幕引きの仕方がハラスメントを認める形になったというが、一体どのようなことなのだろうか。 フライデーの薬物報道後、成宮さんは、12月9日に引退を発表したとき、セクシャリティの部分がクローズアップされて耐えられないことを理由に挙げていた。 サスケ所属事務所「知っているが、言えることではない」 フライデーの記事では、告発した友人の男性が成宮さんは体をすり寄せてきたと告白したとし、その後、テレビなどでその性的趣向にも焦点が当てられてきた。 成宮さんは、結果として、こうした側面を認めた形だが、サスケさんの長男が成宮さんから10代のときに受けたというのは、性的なハラスメントだったのだろうか。 この点について、J-CASTニュースがサスケさんの所属事務所アルファ・ジャパンプロモーションに取材すると、担当マネージャーが「そうだと思います」と認めた。 しかし、その内容については、「知っていますが、言えることではありません。 サスケ本人も、あれ以上は話さないでしょうね」と言う。 ただ、次のように、その後のことを話した。 「当時は、事実確認が難しく、どうしようもありませんでした。 息子さんは、ファッションモデルの仕事をしていましたが、それ以来、精神的なショックを受け、一般社会に復帰できないでいます。 サスケ本人は、よっぽど怒っているのではないですか」 サスケさんの長男は現在、母親の母国メキシコにおり、母親と長女が付きっきりで長男の面倒を見ている状態だという。 サスケさんも、メキシコと日本を行ったり来たりする生活をしているそうだ。 成宮さんの元所属事務所トップコートでは、ハラスメントがあったのかの事実関係について、「まったくこちらでは分からないです。 この件については、取材でお答えしていません」と答えた。 外部サイト.

次の

うちはサスケ (うちはさすけ)とは【ピクシブ百科事典】

サスケ 左腕

概要 CV: の里の長ので、の兄である。 雷影は代々「エー」の名を受け継ぐので、彼には本名が別にあると思われるが現時点では不明。 実父は、 『』世界における屈指の良識者&純粋な実力では最強のの一角に数えられる先代雷影その人であり、当代エーすら霞んで見えるほどの豪傑だった と似た位置にいる。 先代の・の・は従兄弟 なぜか、海外ではキラービーがエーの従兄弟に勘違いされている事も。 性格 見た目どおりので、夜月一族特有の肌色や髪色、長めの犬歯や黒めの唇なども特徴的。 部下やビーとの信頼は非常に厚い。 外出する時は扉を使わず、わざわざガラスや近くの壁を突き破って出る悪癖がある。 里を守るという義務感の強さゆえに、の中でも己の意思をより強く主張する。 しかし、軍備拡張のためにはなりふり構わぬ手段で他国の忍術を集めていたことで多くのトラブルを招いている。 かつてのを奪おうとして雲側の忍が命を落とした際には、条約を盾にした理不尽な取引で白眼を手に入れようとした(結局木ノ葉側の工作により失敗)。 後にこの一件が日向家のの宗家への確執を生む元凶となり、そういう意味ではネジの真の敵ともいうべき存在。 木ノ葉の忍であるとにその事実を指摘された際にも無視している。 仲間に対しては情が深すぎての領域だが、他の里からすれば非常に危険極まりないのそれである。 しかし一方、ビーの生存が確認できて以降はそれまでの荒々しさが消え、冷静で判断・実行力のある総大将としての風格を見せた。 これは、今よりは血の気が盛んな筈の彼の若かりし時にも良く見られており、自己の能力については比較的早くから謙虚である。 一見一辺倒にも思えるスタイルの超高速での戦闘中にも素早く的確な思考が出来るだけでなく、有事の際にも冷静に対応する他、実父から自分の代わりに 黒雷を受け継いだに嫉妬するどころか後の右腕に任命したり、直接の血縁ではなくやんちゃなビーを実の兄弟以上に愛情深く携わるが、同時に最悪の事態を常に想定し覚悟を決めるなど、青年の折からある程度の台頭や人間性を見せており、に対する戦闘中の配慮など後年でも冷静さや謙虚さ、懐の深さは変わっていない。 上記の通りに強行政策に走ったり冷静さに欠けていたのも、父の先代雷影や従兄弟のとその親族、の父など多数の同僚を亡くしてきた事により愛情深さ故に誰も失いたくないという気持ちの表れなのかもしれない。 また、四代目火影の息子で九尾の人柱力やのが直にの助命の嘆願に来た際も、相手のステータスに関係なく一人の男として雲隠れ伝統の教えを交えながら諭し、その後も気に掛け続けるなどの面も見せている。 とくに自里の者々は、下忍に至るまで個人個人を大切に扱っており、民衆からの支持も厚い事を考慮すると、忍世界における戦火がなければ、本来は優れた指導者であり人格者でもある事が窺える。 能力 日常的にバーベルを鉄アレイの様に使って腕を鍛えるなど日頃から鍛錬を欠かさず、をこよなく愛するため身体は非常に筋肉質である。 ではの就任以前に彼女と遭遇接触した際に力比べ をしており、いくら雷遁の鎧で強化済みとは言え、コントロールによってを成し得ている綱手にスピード含めて勝利するなど尋常ではないパワーを誇る。 彼の繰り出す「忍体術()」は著名であり、「魅せ」を多量に含んでいながら実用性も兼ね、他国に知れ渡っているのはそれだけエーの忍としての底の知れなさを表しているに他ならない。 デカくて重いのにと頭脳を兼ね揃えていることが如何にヤバいかを考えると、実力だけでなく血筋や自身の牽引力を含めても、実に里長に相応しい豪胆さを持つ存在である。 また、よくやの方が速いとされるが、彼らはの応用である「飛雷神」やを利用しているためであり、 純粋な「速度」ではやはりエーが上である。 なお、カリンが「尾獣並みのチャクラレベル」としたことやナルトの状況もあり、当初はの陰陽どちらかのの人柱力だと考察される場合もあった。 第二部 弟のがに一時加入していたの一行によって捕らえられたことで、を敵視するようになる。 抜け忍のサスケを木ノ葉が始末しなかったことが気に入らなかった為、サスケ討伐に同意を求める文書を用意させ他の五影を招集した。 会談の前にからサスケ抹殺撤回を陳情されるも、サスケの行いを見過ごす気はなく、全く意に反そうともせず一蹴した。 五影会談 五影会談に侵入した(の分身)を絞殺し、サスケ率いるのメンバーを発見し交戦する。 強大な力で鷹のメンバーとサスケを追い詰めていくが、天照の盾でガードしたサスケを盾もろとも攻撃したため、利き腕である左肘から先を切断しなければならなくなりとなる。 止めを刺す寸前にが戦闘を中断させた為、サスケの逃亡を許してしまう。 その後、()本人が、自分を含み火影候補のを除いた五影達の前に現れ、の捕獲に失敗している事実を聞かされた事で、ようやくビーが勝手に遊び呆けているのに気づく。 最終的に、会議で五影からの支持のもと忍連合軍の総大将に任命される。 会談後、と交戦中のをようやく発見し加勢。 戦闘直後にビーをアイアンクローで保護(捕獲)した。 第四次忍界大戦 開戦後は総大将として、やとともに本部で指揮をとっていたが、ナルトとビーが島亀から脱走した際に綱手と共に彼らを止めに行った。 どうしても戦場へ向かおうとするナルトを殺してでも止めようとしたが、ビーにの本当の強さを説かれ、ナルトが同様自分の最速の攻撃をかわしたことで、二人が戦場へ向かうことを許した。 そして、本物のが参戦したことで綱手と共にの「天送の術」で戦場に向かい、参戦するもマダラの返り討ちにあい瀕死の状態に陥る。 第四次忍界大戦終結後 最終回では、雷影の座を降りている(次期雷影はダルイ) 高齢で動けないオオノキを「えらく弱ったな」と言ったが、自らも歳をとっており頭が剥げている 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

うちはサスケ (うちはさすけ)とは【ピクシブ百科事典】

サスケ 左腕

SS投稿掲示板 ナルトSS投稿掲示板 No. 砂塵で視界が奪われている時、守鶴が繰り出した一撃は『変わり身の術』で使用したと思われる丸太を貫いている。 ならば当の本人は何処に行ったのか?サスケの性格からして逃げ出す事は有り得ない。 「サスケ君は…サスケ君は何処行ったのよ?」 心配そうに眉を寄せ、サクラが中央の会場を見渡す。 しかし、今までの戦いからして生半可な攻撃は無駄骨に終わる。 「それも一撃必殺の大技で…」 木ノ葉の里で上位の実力を持つ父親と修行した成果か、いのは戦闘に関する知識が深い。 ナルトと同じ高みを目指すと決意してから、強くなる事に妥協は一切していないのだ。 家の書斎で見つけた人体に関する書物で急所の位置を把握した。 そこには蹲り、何やら青白い光を放っているサスケの姿。 しかも、下忍に有るまじき膨大なチャクラも感じられた。 「カカシ、本当に教えたんだな…あの術を」 「だから言ったでしょ。 オレと似たタイプだったからって」 カカシとガイが会話している最中、サクラが強引に割り込んだ。 「先生…さっきから言ってる『取って置き』とか『あの術』とかって何?」 「ん?ああ、悪かったな…簡単に言えば必殺技だ」 「…必殺技?」 全然答えになっておらず、サクラは更に疑問符を浮かべる。 その中でナルトだけは何か知っているようだが。 「必殺も必殺…『コピー忍者』と呼ばれたカカシが編み出した唯一のオリジナル技」 何故かガイが自慢気に話し始め、苦笑いを浮かべるカカシ。 「ガイ、お前が言うな…まあ、本当にただの『突き』なんだが…その速度が半端じゃない」 【それでサスケに体術を叩き込んだ訳か。 カカシ先生、アンタも無茶をさせるな】 呆れた表情でナルトはカカシを見上げ、軽い溜息を一つ。 ランクが高くなるほどチャクラの必要量や印の数、更には負担も強大。 本来ならば上忍レベルで習得する術を下忍で覚えさせた。 その事がどれだけ無茶な事なのか一目瞭然。 だからナルトは溜息を吐かざるを得なかったのだ。 本当は実際に見た事が在るんじゃないの?」 又もや疑惑の眼差しをナルトに向け、何かを探ろうとしているカカシ。 そんな彼を横目で見ていたガイが何やら様子が可笑しい事に気付く。 「どうした、カカシ?この子はお前の教え子だろう…そんな目で見るのは止せ」 「あ、悪い悪い。 ナルト、済まなかったな」 後頭部を掻きながら詫びるが、カカシの瞳は未だに真剣であった。 「カカシ先生ェ…話の続きをしてよ」 二人に取り残されていたサクラが抗議の声を上げる。 そう言えば、まだ説明の途中であった事に気付いた。 「……ガイ、よろしく」 「待て、カカシ…お前の術の説明だろうが」 「何だか自画自賛になりそうで嫌なんだよね」 「仕方が無いな、ったく」 やれやれ、と言った風にガイは溜息を吐いた。 しかし、頼まれた以上は説明せざるを得ないだろう。 「途中で話を折ってしまったので最初から説明した方が良いな」 咳をして、説明を待っているサクラ達の方を向いた。 「あの術は暗殺用の取って置きでな…その極意は突きの速度と、そして強大なチャクラを生む肉体大活性。 膨大なチャクラの突き手への一点集中、更にはその突きの凄まじい速度とあいまって威力は計り知れない。 その際、『チッチッチッチッ」と……千もの鳥の自泣きにも似た攻撃音を奏でる事からあの術はこう呼ばれる」 石壁の上で更にチャクラを高めるサスケ、左腕は既に一種のエネルギー体と化していた。 その凄まじい放電の余波によって、左腕が動いた軌跡を追って石壁が抉り取られている。 (準備は整った…後はコイツを奴に叩き込んでやるッ!!) サスケは下方に見える『守鶴』に狙いを定め、石壁を垂直落下。 いや、違う。 石壁に沿って一気に駆け下りて行った。 左腕から発せられる紫電も続き、瞬く間に地面まで到達。 その瞬間、猛々しい爆発音が響き渡り、サスケが一直線に走り抜ける。 《ぬおッ!?そんな所に居やがったかァ!!》 ようやくサスケの気配に気付いた『守鶴』は、丸太のような巨腕を左右に広げた。 そして、腹部から突き出した無数の手裏剣をサスケに向けて放つ。 『土遁 千影砂手裏剣の術ッ!!』 砂で形成された手裏剣がサスケに牙を向いて襲い掛かる。 しかし、『写輪眼』の先読み能力で手裏剣を避け、怯むどころか更に加速。 《結構やるじゃねェか…でもよ、これでどうだ!?》 巨腕を地面に突き立て、膨大なチャクラを送り込んだ。 すると地面が盛り上がり、サスケの行く手を遮る。 『土遁 土流壁の術ッ!!』 これがお前の墓標だと言わんばかりに幾つもの土壁が出現。 突きの速度で威力が決まるこの術、眼前に現れた障害物を避ければ間違いなく威力は半減。 「そんな物で行く道退いて…られるかッ!!」 だが、サスケは減速する所か更に加速して左腕を前方に突き出す。 放電現象が激しさを増して土壁に触れた瞬間、粉々に吹き飛んだ。 《大した威力だなァ…オイ!!》 巨大な腕を交差させ、防御の体勢を取った。 絶大な火力を誇る灼熱を防ぎ、殆どの打撃ダメージを通さない鉄壁の身体。 砂と鉱物を混ぜ合わせ、チャクラで圧縮した故の防御力。 サスケが破壊した土の壁とは強度の桁が違う。 『奥義 千鳥ッ!!』 雷光を纏ったサスケの一撃が絶対的防御を誇る『守鶴』と激突。 その刹那、双方を中心に凄まじい威力の余波が会場内を震わせ、地面に無数の亀裂が走った。 木の葉一のエリート、『はたけカカシ』に伝授された奥義と言えど『守鶴』の身体を用意には貫けない。 《良いぜ、良いぜェ!!こういうのをオレ様は待ってたァ!!》 喜々とした咆哮を響かせ、殺意を凝縮させた瞳でサスケを睨む。 負けじとサスケも睨むが、徐々に押し返され、左腕に収束させたチャクラの輝きが失われて行く。 うちは一族と言えどたかが下忍、相手は老僧の生霊が具現化した砂の化身。 サスケが勝てる道理など何処にも存在しない。 《思った通り、テメェは大した事ァ…ねェな!!》 「何…だとッ!?」 《弱ェんだよ!!本当の修羅場って奴を味わった事もねェ分際でオレ様を倒せると思ってんのか!?》 「修羅場なら味わった…絶望も後悔もだッ!!」 サスケの脳裏に浮かぶのは、実の兄が突如として巻き起こした大量虐殺。 母親に弁当を作って貰い、裏山で手裏剣術の修行を終えた通常と何ら変わりのない日。 だが、その変哲もない日に辺り一面は真っ赤な血に染まった。 『うちは』の血を受け継ぐ者達の死、一人や二人ではなく全てである。 自分の両親も例外ではなく、血に塗れて息絶えた。 《確かテメェの兄貴だったよな?身内を皆殺しにしたのは…『うちはイタチ』だったか?》 「何でお前が知ってるッ!?」 《殆どの奴は知ってるぜ。 一族を虐殺したが殺す価値のねェ弟だけは可哀そうだから見逃したってなァ!!》 耳元まで裂けた大きな口を限界まで開き、『守鶴』は狂ったように嘲笑う。 サスケは顔を俯かせ、左腕を突き出したまま全身を震わせる。 あの時の忌まわしき光景を思い出したのか、それとも格下と言われて悔しさの余りなのか。 「………と?」 俯いたサスケの口から何やら小さな呟きが聞こえる。 「………が…だと?」 その小さな呟きが段々と大きくなって行く。 「………が…いだと?」 それと比例して、サスケの左腕を覆っている輝きが光を失う。 しかし、サスケの身体は押される所か逆に押し返していた。 「誰が弱いだと…テメェ!!」 サスケの怒号が響くと同時に、その半身が禍々しい痣に覆われた。 首筋の後ろから全身に広がり、ドス黒いチャクラが際限なく膨れ上がる。 一度は輝きを失った左腕を、今度は漆黒の雷光が覆い纏う。 『奥義 千鳥ッ!!』 今まで劣勢を強いられて来たサスケが、一転して『守鶴』の両腕を削り始めた。 凄まじいチャクラの奔流が『守鶴』の身体を形成している砂の強度を越したのだ。 伝説の三忍の一人、大蛇丸がサスケの首筋に刻んだ『呪印』を発動。 かつて中忍選抜試験の予選で暴走しており、『赤堂ヨロイ』を殺している。 その結果、カカシが施した封印は解かれ、サスケの身体は『呪印』に蝕まれて行く。 与えられた仮初のチャクラに酔い痴れながら…… 大蛇丸に刻まれた『呪印』を開放し、サスケは禍々しいチャクラを『千鳥』に乗せて放った。 今まで戦って来た時と桁違いな絶対量のチャクラが全身を駆け巡る。 絶対的な自信が生み出す高揚感、際限なく溢れ出すチャクラ。 この時、サスケは間違いなく己の勝利を確信していた。 「喰らえッ!!」 チャクラを発している左腕が倍以上の輝きを見せ、守鶴の片腕を抉り取った。 片腕を失った守鶴が驚愕の余り双眸を見開き、残った片腕で防御。 だが、残った片腕もサスケの一撃で無残にも四散する。 「どうしたよ…お喋りは終わったのか?」 勝利を確信した笑みを浮かべ、サスケが皮肉を込めた口調で守鶴を嘲笑う。 両腕を失った守鶴は未だ余裕を見せており、体内に空気を送り込んで更に身体が巨大化。 『風遁 練空弾ッ!!』 凝縮された空気の塊が口から放たれ、サスケは咄嗟に両腕を交差させて防御。 しかし、凄まじい勢いの衝撃が全身を突き抜けて大きく吹き飛ばされた。 何とか体勢を整え、片手を地面に突けると受け身を取る。 壁に激突する事はなかったが喰らったダメージは軽くない。 《憑依体の初期段階とは言え、オレ様の両腕を吹き飛ばしてくれるなんてよ…嬉しくなっちまうぜ》 「全くだ。 これで少しは楽しめると言う物…続きを始めるぞ」 守鶴と我愛羅の声が聞こえ、失われた両腕に砂が集まり出した。 すると、無数の蟲が蠢く様に両腕を形成して、瞬時に再生する。 「ふん…何度でも潰してやる」 砂の化身を身に纏う我愛羅、『呪印』が暴走して侵食されて行くサスケ。 仕切り直しと言わんばかりに構え直す双方。 尋常ではない緊迫間が空気を張り詰めさせ、守鶴の身体が前のめりになった瞬間。 サスケと守鶴の間に審判員である不知火ゲンマが割って入った。 「うちはサスケ、悪いがこの試合…これにて終了する」 ゲンマが放った突然の試合終了。 何の脈絡もなく、そんな事を告げられても納得できる筈もない。 「どういう事だ!?オレはまだ戦えるッ!!」 「そんな事は見りゃ分かる。 けどな…火影様の命令だ」 「…何だと?」 「お前に刻まれた『呪印』が再発した時…強制的に隔離する」 大蛇丸の目的はサスケの身体を奪う為、刻んだ『呪印』で潜在能力を限界まで引き出す事。 木の葉を壊滅させると宣言している大蛇丸、そんな奴の企みは阻止しなければならない。 素直に言う事を聞かないのは百も承知、ゲンマは実力行使する為に近づいて行く。 「チッ!!」 その時、ゲンマの頭上に守鶴の剛腕が振り下ろされた。 直撃寸前で回避するが、自分が立っていた場所は粉々に砕かれている。 「我愛羅…何の真似だ?」 《折角、楽しくなって来たのに…邪魔すんじゃねェよ》 不機嫌を露にして、守鶴は荒々しい抗議を申し立てる。 だが、相手は一介の上忍であり、臆する事はなかった。 ゲンマは面倒臭そうに守鶴の方向へ向き直し、静かに歩みを進める。 観客席を含む会場全体を白い何かが降り注いでいるのだ。 それと同時に視界が歪み、意識が薄れて行く。 (何だ、意識が朦朧と…この羽根は………『幻術』かッ!?) 瞬時に胸の前で印を結び、『幻術返し』を行う。 幾らが意識が回復し、ゲンマは観客席に視線を向ける。 既に観客席の大半が項垂れており、深い眠りへ誘われていた。

次の