ドラマ 視聴率。 韓国ドラマ視聴率ランキング

大河ドラマ視聴率ランキングと人気役

ドラマ 視聴率

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 月9『』 11. 1 8. 6 6. 3 6. 6 5. 2 12. 8 水9『』 14. 2 13. 9 13. 9 13. 9 15. 0 13. 8 13. 5 13. 2 12. 7 水10『』 14. 2 11. 9 11. 9 12. 7 13. 1 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 木8『』 13. 3 13. 8 13. 9 14. 5 14. 2 13. 7 14. 3 12. 6 12. 5 12. 9 木9『』 17. 0 14. 8 14. 4 14. 4 14. 4 木10『』 10. 2 金8『』 延期 金10『』 13. 1 11. 5 10. 2 9. 0 8. 「半沢」「ハケン」「BG」「スーツ」など続編が多いのが特徴ですね。 新作では、キャストとスタッフから 『MIU404』が期待大! ズレによって、阿部寛さん主演の『』や日本テレビ系土曜ドラマ『』が延期へ。 秋にズレるかもしれませんが、2作とも受験ものなので、学生が休みの来年の夏季休暇を狙うかもしれません。 また、2クール(夏・秋)放送予定の月9『朝顔』も期間が縮小されることでしょう。 元々、東京オリンピック(7月23日から8月8日)パラリンピック(8月24日から9月5日)のために、月9の放送を伸ばしたり、全5話の連ドラ(カンテレ系)を用意していたのですが、ここまで混乱するとは! 春からの延期ではない 新作・夏ドラマのおすすめは、福田雄一(「今日から俺は!! 」「銀魂」)が手掛ける『親バカ青春白書』。 ムロツヨシ・永野芽郁のメインキャストのほか、ガッキーこと新垣結衣さんの母親役も話題を集めそうです。

次の

週間高世帯視聴率番組10

ドラマ 視聴率

歴代ドラマ視聴率ランキング 順位 年 ドラマ名 最高視聴率 局 1983年 45. 3 TBS 1979年 43. 7 TBS 2013年 42. 2 TBS 2000年 41. 3 TBS 1979年 40. 0 日本テレビ 1979年 40. 0 日本テレビ 2011年 40. 0 日本テレビ 1980年 39. 9 TBS 1993年 37. 8 フジテレビ 2003年 37. 6 TBS 11 1977年 37. 2 TBS 11 1994年 37. 2 日本テレビ 13 2001年 36. 8 フジテレビ 14 1979年 36. 7 TBS 14 1991年 36. 7 フジテレビ 14 1996年 36. 7 フジテレビ 17 1987年 36. 6 TBS 18 1998年 35. 7 フジテレビ 19 1981年 34. 8 TBS 20 1997年 34. 2 TBS 20 2000年 34. 2 フジテレビ 22 1980年 34. 1 日本テレビ 22 1997年 34. 1 フジテレビ 22 1992年 34. 1 TBS 25 1993年 33. 7 TBS 26 1993年 33. 0 TBS 27 1992年 32. 6 フジテレビ 28 1997年 32. 5 フジテレビ 28 2005年 32. 5 日本テレビ 30 1991年 32. 3 フジテレビ 31 1978年 32. 2 TBS 31 1979年 32. 2 日本テレビ 33 2003年 32. 1 フジテレビ 34 1992年 31. 9 フジテレビ 34 1993年 31. 9 フジテレビ 36 1986年 31. 7 TBS 37 1978年 31. 6 TBS 37 1980年 31. 6 日本テレビ 39 1989年 31. 0 フジテレビ 40 1998年 30. 8 フジテレビ 41 1993年 30. 7 TBS 42 1994年 30. 7 フジテレビ 43 2007年 30. 4 TBS 44 1981年 29. 9 日本テレビ 44 1995年 29. 9 日本テレビ 46 1978年 29. 6 TBS 47 1999年 29. 5 TBS 48 2006年 29. 2 フジテレビ 49 2001年 29. 0 日本テレビ 50 1981年 28. 9 日本テレビ 50 1994年 28. 9 TBS 52 2004年 28. 8 フジテレビ 53 1987年 28. 6 TBS 54 1998年 28. 5 フジテレビ 55 1997年 28. 3 フジテレビ 55 1998年 28. 3 フジテレビ 55 1999年 28. 3 フジテレビ 58 1995年 28. 1 TBS 58 1996年 28. 1 フジテレビ 60 2000年 28. 0 TBS 61 1984年 27. 9 TBS 62 1996年 27. 8 日本テレビ 62 1996年 27. 8 フジテレビ 64 2007年 27. 6 TBS 65 1979年 27. 4 日本テレビ 65 1984年 27. 4 テレビ朝日 65 2008年 27. 4 フジテレビ 68 1979年 27. 3 日本テレビ 68 1988年 27. 3 TBS 68 1997年 27. 3 日本テレビ 71 2004年 27. 1 フジテレビ 72 1994年 26. 9 フジテレビ 72 1994年 26. 9 TBS 72 2013年 26. 9 テレビ朝日 75 1983年 26. 8 TBS 75 1984年 26. 8 テレビ朝日 75 1989年 26. 8 TBS 78 1984年 26. 7 テレビ朝日 79 1989年 26. 6 フジテレビ 80 1997年 26. 5 フジテレビ 81 2014年 26. 5 フジテレビ 82 1988年 26. 4 日本テレビ 83 1996年 26. 4 日本テレビ 84 2008年 26. 4 日本テレビ 85 1991年 26. 3 フジテレビ 85 2004年 26. 3 TBS 87 1985年 26. 2 TBS 88 2011年 26. 1 TBS 88 2000年 26. 1 日本テレビ 90 1990年 26. 0 フジテレビ 90 1994年 26. 0 フジテレビ 90 2007年 26. 0 日本テレビ.

次の

【速報】2020年春・夏ドラマ視聴率ランキング&一覧【4月〜7月期】

ドラマ 視聴率

『HEAT』第6話が史上最低記録2. 0%でワーストの座に君臨していた。 今回の『モトカレマニア』第4話は、ワースト2位タイとなる。 「新木優子と高良健吾がダブル主演する『モトカレマニア』は、難波ユカリ氏の同名漫画を実写化した恋愛ドラマ。 過去の恋愛を引きずるヒロインが、そのモトカレと再会するところから物語がスタートします。 打ち切りが検討は、5%を割った段階。 放送回数を減らすことで、少しでも傷口を小さくする形で放送を終えるとみられる。 「当然この責任は、主演2人とプロデューサーが負うことになりますが、ダブル主演で責任が分散されたのは、新木、高良にとってはラッキーだったかもしれません。 優秀なプロデューサーではあるものの、準備期間の少なさもあってか、結果は悲惨なことに。 「主演のふたりが『実力派』で少々地味ではあるものの、ネット上でも序盤からストーリーが好評。 さらに『途中から見てもおもしろいドラマ』だったので視聴率回復のチャンスは何度もあったはずなんです」 そんな同作について『非常に悔やまれる出来事』がある。 「11月7日の第4回は前番組の『ボクシング 井上尚弥VSノニト・ドネア戦』が押して30分遅れの放送となったのですが、この時の『局の判断』が視聴者の反感を買うことになってしまったんです」 その判断とは。 「試合後、井上の勝利インタビューを中継せずに半ば強引な形でドラマをスタートさせてしまった。 当時、ネット上では『モトカレマニアは二度と見ない』といった声であふれかえっていましたね」 紙一重の判断ミスであったか。 「あまりに多忙な日々から、体調を崩してしまったのかもしれませんね。 しかし、翌日にはインスタグラムで『グータンヌーボ2』のロケに参加したこと、またその途中に『サンデー・ジャポン』の直撃を受けたことを、嬉々として報告。 アップされた動画では、ちゃっかり写真集の宣伝もしていました。 そうした背景から、一部関係者の間では『売れっ子は大爆死ドラマの打ち上げに時間を割けないのでは?』という嫌みも飛び交っています」 登場人物の優柔不断さやストーリーの粗さが批判されてきた本作。 ドラマファンが喜ぶポイントがあった。 「ユリカとマコチの引っ越しで、業者のダンボールに記されていた名前が『柿谷運送』。 16年に放送された、高良と有村架純主演 『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で、高良演じる練が働いていた引っ越し業者。 まさかのコラボに、 『ここでこんなプレゼントあるとは!懐かしい!』 『最後の最後で一番盛り上がれた!』 といった興奮の声が殺到。 「感想の多くは、批判の声。 ラブコメのはずが、途中からはコメディ要素はすっかり抜け落ち、さらに元カレを引きずっている女性が結局、元カレとやり直すというストーリーの凡庸っぷりに、 『初回と最終回だけ見れば十分なドラマ』 『なんでこれを毎週見続けてしまったのか、後悔』 数字が取りにくい枠ではあるものの、近年稀にみる低視聴率ドラマとなってしまいました」.

次の