たけのこ あく 抜き 失敗。 筍のあく抜きに失敗したら?エグミを消す料理は?煮物がえぐい時は?

たけのこは冷凍保存できる! 失敗しない冷凍方法&アク抜き方法

たけのこ あく 抜き 失敗

この記事に書いていること• わらびのあく抜きのやり直し方法 春になると登場するわらびは、山菜の代表格と言っても過言ではない美味しい食材ですよね。 しかしこのわらびは、食用に適している期間も限定されており、それどころかアク抜きをしないと食べられない曲者。 では、そんなアク抜きに失敗してしまったわらびはどうしたら良いでしょうか。 苦味が少し残った状態なら 多少苦みが残っている状態なら、水に1日つけておくとアクが抜けます。 同じ水に浸けておくのではなく、何度か水を交換するとうまくアクが抜けるでしょう。 全く苦味が抜けなかったら 全然アクが抜けていない!という残念な状態の場合は、もう一度最初からアク抜きをやり直す方法をオススメします。 沸騰させたお湯に重曹を入れて、そこへ再度わらびを入れましょう。 しかし、そのまま放置しておくとわらびは柔らかくなって食感を損ないます。 心配される「ワラビが溶けてしまう」状態ですね。 それを防止するためには、水温を下げる必要があるんです。 ワラビが溶けるのを防ぐには 重曹入りの水ごとジップロックに移し、冷蔵庫や氷水に漬けて一気に冷やしてしまいましょう。 そうすることで、わらびの食感を損なうことなくアク抜きのやり直しができますよ。 わらびのあく抜き失敗の原因は? わらびのアク抜きと言えば重曹を使う方法が一般的でしょう。 沸騰した重曹入りのお湯にわらびを一晩浸けておく方法です。 そして、重曹を使ったアク抜きで注意しなければならないのが• 重曹の量• お湯の温度 この2点が、アク抜きの失敗の原因の殆どじゃないでしょうか。 重曹を入れすぎたり、お湯が熱すぎるとわらびが溶けてしまい、せっかくの食感を損ねてしまうんです。 だからといって、重曹が少なかったり、お湯の温度が低すぎたりすると苦みが残ってしまいアク抜き失敗になってしまいます。 多過ぎず、少なすぎず、熱過ぎず、冷たすぎず、適度な状態にする必要があるということですね。 では一体、適度な量と適度な温度とはどれくらいなんでしょうか? アク抜きに必要な重曹の量は? アク抜きするときの重曹の量は、お湯の量の0. お湯が1リットルなら1キロ(1,000グラム)なので、重曹は5~10グラムということになります。 小さじ摺り切り一杯が5グラムなので、小さじ1杯から2杯以下が適量と言えます。 お湯はワラビの重量の約2倍以上用意したいところなので、お湯の量を目安に重曹の量を決めるといいですね。 アク抜きのお湯の温度は? お湯を沸かしたら重曹(タンサン)を入れて溶かし、火を止めてからワラビを入れます。 ぶくぶく煮立ってるところに入れると熱過ぎて失敗の確率が上がるので、火を止めてから入れるといいでしょう。 スポンサーリンク アク抜きの成功と失敗の見分け方 わらびのアク抜きが成功したかどうかは「ぬめり」と「ねばり」で判断ができます。 上手にアク抜きできたわらびは、切ってみると切り口にねばりがあります。 色は青々として、身にぬめりがあり、切り口がねばねばとしていればアク抜き成功です。 重曹以外のアク抜き方法 わらびのアク抜きは重曹以外でも出来るんです。 実はわらびのアク抜きにいちばん適しているのは藁灰(わらばい)。 藁灰とは、その名の通り藁を燃やした後の灰のこと。 なかなか手に入るものではない藁灰ですが、この藁灰を使ったアク抜きがわらびを一番美味しくしてくれると言われています。 しかし、手にはいらなければ仕方ありません そこで、どのご家庭にもある「小麦粉」と「塩」を使うと簡単にアク抜きをご紹介します。 小麦粉と塩を使った即効アク抜き方法 方法はとても簡単です。 約1リットルの水に小麦粉大さ4と塩小さじ1を入れて沸騰させ、わらびを入れて弱火で4分程茹でます。 茹でたわらびを冷水に移し、10分程度浸せばアク抜き完了です。 重曹と違って一晩浸けておく必要がないので、すぐに食べたい!アク抜きする時間が無い!という時にも困りません。 わらびの苦味をごまかすレシピ アク抜きをやり直したけど、それでもまだ苦い、、、 そんなときには、苦みをごまかす調理方法でおいしく変身させましょう。 苦みが残ってしまったわらびは、天ぷらや醤油漬けにすると苦みがごまかせます。 油揚げや鶏皮などの油っぽいものと一緒に炒めても美味しいです。 そしておすすめなのは「わらびの土佐酢漬け」です。 土佐酢とは、三杯酢にカツオ出汁を加えたもの。 ご家庭で作る場合には水、砂糖、酢、醤油、みりん、鰹節があれば簡単に作れます。 わらびの土佐酢漬けレシピ ・水…150㏄ ・砂糖・・・大さじ1 ・酢・・・大さじ3 ・醤油・・・大さじ2 ・みりん・・・大さじ2 ・鰹節・・・10g 作り方 1、水、砂糖、酢、醤油、みりんを鍋に入れてひと煮たちさせる 2、そこへ鰹節を投入。 1分程浸けたらザルで鰹節を濾す。 3、2へアク抜きしたわらびを漬けて1晩寝かせてできあがり 鰹節の香りと、酢のさっぱり感が絶妙なわらびの土佐漬け。 アク抜きに失敗したわらびも美味しくいただけます。 少しだけ苦いかな?というときは、 らっきょう酢に漬けても美味しいです。 サッパリとした味わいで、ご飯が進みますよ。 まとめ スーパーなどでもすでにアク抜きをしてあるわらびが売られていますが、自宅でアク抜きをしたわらびと比べると、圧倒的に自宅で処理したわらびの方が美味しいんです。 上手にアク抜きできれば、春の味覚を堪能することができますね。 少し手間ではありますが、おいしいく仕上がったわらびを食べるひとときは感動的。 ご飯のおともにも酒のつまみにもなるわらびを楽しんでくださいね。

次の

アク抜きや皮むきはどうする? 春野菜「たけのこ・そら豆・ふき」の下処理とごちそうレシピ

たけのこ あく 抜き 失敗

スポンサードリンク わらびのあく抜きを失敗して苦い場合の対処法 ワラビの苦味って 結構つらいものがありますよね。 はじめてのあく抜きだと さじ加減が難しくて失敗しやすいし 慣れれば慣れるほど 適当になってきて(笑) 失敗につながっちゃうんですよね。 わらびのあく抜きに失敗して 苦みが残っちゃう原因として 考えられることは、 ・重曹の量が少なかった ・お湯がぬるかった ・一晩冷ましていない ・水に浸していない などが考えられます。 重曹の分量とお湯の温度で 失敗している人が多いみたいです。 重曹の量、目分量になって いませんでしたか? お湯は沸騰する直前の 状態でしたか? 重曹は量が多すぎれば わらびが溶けちゃいますし 逆に少なすぎると 苦味が残ってしまうんです。 お湯の温度は高すぎると わらびが溶けちゃいますし 低すぎると 苦味が残ってしまうのです。 あとは茹で上がったあとに そのままお鍋の中でゆで汁ごと冷めるのを 待っていなかった場合も苦味が残る原因になります。 わらびのアクは、お湯の温度が 下がっていくときに抜けていくものなので 早々にゆで汁から出してしまうと アクが残って苦いがでちゃいます。 なんて偉そうなことを 言いましたが どんなに計量して きっちりあく抜きをしたとしても 抜けないアクは抜けないんです。 というのも、ワラビは 収穫してから日にちが経てばたつほど アクが増えて行っちゃうんです。 今日いただいたワラビなら たとえ明日食べるつもりであっても 今日あく抜きしないとダメなんですよね。 今日あく抜きしておけば 明日美味しく食べられるのに 明日あく抜きをしたら 本来美味しく食べれるはずの わらびそのものの苦味が強くなってしまいます。 多少の苦味程度であれば 保存するときに浸している水に お水を新しいものに替えながら 1日つけておくとアクが抜けます。 それでもうまくアクが 抜けずに苦味が残る場合には 調理方法で美味しいワラビに 変身させちゃいましょう。 私はワラビのお浸しが 大好きですが、 あく抜きに失敗したときには 油を多めに使って調理をしたり いつもより濃い味付けにして 食べるようにしています。 もし、すぐ食べたいわけじゃないなら 乾燥干しわらびにしてもいいと思います。 ちょっぴり時間が必要ですが わらびの水分を切ってネットがあれば ネットに入れて ネットがなければ ケーキクーラーのような網目のある ところに置いて2,3日乾燥させます。 干し野菜とかが流行っているように 干しわらびも栄養がギュッと閉じ込められて 風味もまして美味しくいただけますよ。 もちろんワラビの苦味も ほとんど感じませんよ。 わらびのあく抜きのやり直し方法 わらびのあく抜きは基本的に 1回こっきりで終わらせるべきですが 重曹の量が少なかったリ お湯の温度が低かくて苦味が残っている場合は もう一度あく抜きをしてもいいと思います。 お湯を沸騰直前までにして 重曹を入れてワラビを入れて火を止める。 重曹の量は、お湯の量の 0. 5%~1%が目安なので 2回目なので気持ち少な目の 0. ここまでは1回目と工程は 一緒なんですが2回目となると なんだかんだで、重曹のパワーと 余熱でわらびが柔らかくなってしまって 食感が悪くなっちゃいますよね。 そこで、漬けたお湯の温度を さげてあげる必要がでてくるわけです。 やけどに気を付けながらワラビと茹で汁を 耐熱のジップロックに入れて しっかり封をして冷蔵庫や氷水で冷やします。 あとは、小麦粉を使った あく抜き方法もあります。 1リットルのお水に 小さじ1の塩と大さじ4の小麦粉を 入れてよく混ぜます。 この小麦粉水をお鍋に入れて 沸騰させてからワラビを入れて 3分ほど茹でます。 冷水にとって10分ほど 浸しておけばあく抜き完了です。 2回目のあく抜きも 基本的に好きなやり方やっても 大丈夫です。 注意してほしいのが1度茹でてあるので 2回目で柔らかくなってしまう 可能性があることです。 美味しさを損なわないように お湯につかっている時間は 極力短いほうがいいと思うので 重曹のお湯の中にサッと浸して 茹で汁ごと氷水で冷やす方法のほうが 2回目のあく抜きのやり直しには 向いているんじゃないかと思います。 小麦粉を使うあくぬきの場合は 3分ほどお湯の中で煮なきゃいけないので 1回目のあく抜きで柔らかめに なっていた場合は、クタクタになってしまいます。

次の

ふきの下処理で失敗した時の対処法!

たけのこ あく 抜き 失敗

たけのこは傷みやすいので、冷蔵庫でも日持ちがしません。 そこで食べきれないときにオススメしたいのが冷凍保存。 美味しく冷凍保存するコツを野菜ソムリエプロの根本早苗先生に教えてもらいました。 茹で方(アク抜き)の方法もおさらいしましょう。 美味しく冷凍するポイントは「繊維を分断して薄く切る」「水分が外に逃げないように閉じ込める」の2つです。 これらのポイントをおさえたオススメの冷凍方法を紹介します。 水分を保持できて風味が抜けにくいので、この方法が最もおすすめです。 だし汁ではなく、コンソメスープや水に浸してもOKです。 1 たけのこを小さく切る アク抜き済みのたけのこを切る。 先端の数センチは輪切り。 その下は2つ割りか4つ割りにし、厚さ5mm以下の半月切りまたはいちょう切りにする。 炊き込みごはんなど、用途が決まっていればもっと小さく切ってもOK。 2 冷凍用保存袋にだし汁と一緒に入れ、冷凍する たけのこを冷凍用保存袋に入れ、だし汁を全体が浸かるくらい加え、袋の口を閉じる。 金属製バットに置き、上に保冷剤をのせて冷凍する。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 たけのこだけ使ってもよいが、だし汁もそのまま煮ればスープなどに使える。 解凍後はほとんど甘みを感じないのでどんな料理にも使えますが、気になる人は煮物などにしましょう。 1 たけのこを小さく切る 先端の数センチは輪切り。 その下は2つ割りか4つ割りにし、厚さ5mm以下の半月切りかいちょう切りにする。 炊き込みごはんなど、用途が決まっていればもっと小さく切ってもOK。 2 砂糖をまぶしてラップに包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍する 砂糖がたけのこの表面をうっすらと覆うように、両面にまんべんなくまぶす。 1回使用分ずつラップに包み、冷凍用保存袋に入れ、袋の口を閉じる。 金属製バットに置き、上に保冷剤をのせて冷凍する。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 たけのこの茹で方(アク抜き)の方法 たけのこを冷凍するときは、事前にアク抜きしておく必要があります。 ここでは米ぬかと赤唐辛子を使う方法を紹介します。 米ぬかはたけのこのえぐみを抜きながらやわらかくする役割、赤唐辛子はぬか臭さを和らげ、保存期間を長くする役割があります。 1 穂先と根元を切り落とし、切れ目を入れる 穂先5cm程度と根元のかたい部分を切り落とし、縦に深さ2cm程度の切れ目を入れる。 切れ目を入れることで、火が通りやすく、アクも抜けやすくなる。 また、茹でた後に皮をむきやすくなる効果もある。 たけのこの根元に紫色のイボがあればそぎ落とす。 2 鍋にたけのこ、米ぬか、赤唐辛子、水を入れる たけのこ2~3本に対して、米ぬか1カップと赤唐辛子2本が目安。 水はたけのこがかぶるまで入れる。 米ぬかの代わりに生米(たけのこ2〜3本に対して大さじ4杯)を入れてもよい。 3 落としぶたをして強火にかけ、沸騰したら弱火で1時間茹でる 落としぶたをするのは、たけのこが浮いて空気に触れると酸化して色が悪くなるため。 沸騰後は、吹きこぼれないように弱火にする。 4 鍋のまま冷ます たけのこの根元の太い部分に竹串を刺してみて、スッと通れば火が通っている。 鍋のまま徐々に冷ますことでアクが抜ける。 流水などで急激に冷やすとアクがきちんと抜けないので注意。 粗熱が取れたら料理に使用できるが、しっかり冷ますほうがよりアクが抜ける。 5 皮をむき、不要な先端を切り落とす たけのこを水で洗ってぬかを流し、切れ目から皮を5枚程度むく。 穂先部分はさらに数枚皮をむく。 穂先を切り落とす。 そのとき、先から包丁でトントンと叩いていき、刃先がスッと入った場所で切る。 落とした部分はかたい皮なので食べない。 やわらかい皮は食べられるので、すべて取り除く必要はない。 根元の粒が写真右のように黒や紫に変色している場合はそぎ落とす。 (写真左は変色していないのですべて食べられる).

次の