産業医紹介センター。 産業医の紹介

宮城県の産業医紹介サービス・業界事情を徹底リサーチ!

産業医紹介センター

産業医情報• 産業医をお探しの方へ はじめに 産業医をお探しの方へ はじめに 会社にとって、従業員が心身ともに健康で、元気に働いてくれることは本当に大切なことです。 病気で休む従業員が出れば、それを誰かがカバーしなくてはなりませんし、その人にしかできない仕事があれば顧客に迷惑をかけ、会社の信用にも関わります。 また、近年、高脂血症、高血圧などの基礎疾患を抱えた方が長時間の残業を続けた後に急死する、いわゆる「過労死」も社会問題化しています。 もし従業員がこのようなことになったりすると、有為な人材を失うのみならず、遺族から損害賠償等の訴訟を起こされることがあるかもしれません。 従業員の健康管理の基本は、健康診断の実施ですが、会社の規模が小さくなるにつれて実施率が下がる傾向があります。 一方、健康診断の結果、何らかの異常な所見のあった従業員の割合は、会社の規模が小さくなるにつれ高くなっています。 (労働福祉事業団 東京産業保健推進センター「小規模企業の経営者のための産業保健マニュアル」より抜粋) 産業医とは 産業医とは、職場で活躍する医師のことで、その役割とは、職場で働く人々の健康を守ることです。 科学技術の進歩や産業の発展により職場の環境が様々に変化してきましたが、その変化が働く人に及ぼす影響を調べ、さらに予防や治療について研究し、より快適な職場環境をつくることを目的としています。 また、最近は従来の人間関係などによるストレスに加え、IT化によるテクノストレスなどといった新たな原因のものもあり、それらを解決することによって、「働く人の健康をこころとからだの両面から支えていくこと」が産業医の使命で、病院や診療所の医師とは役割にだいぶ違いがあります。 具体的には健康診断や健康相談を行う、職場に問題となるところがないか定期的に見て回る、各職場の代表と話し合いをする、などです。 1,000人以上の人が働く職場では常勤産業医を、50人以上が働く職場では非常勤の産業医を置くことが義務づけられています。 (東京都医師会「元気がいいね」より抜粋) 産業医をお探しの際は 東京都医師会では産業医の紹介は行っておりません。 区や市の地区医師会において産業医の養成、資質の向上に熱心に取り組んでおり、その地域の産業医を紹介しております。 規模等事業所のあり方も様々で、産業医を契約する際の条件もそれぞれ異なっております。 産業医をお探しの際は事業所所在地の地区医師会までご連絡、ご相談いただけますようお願いします。

次の

産業医紹介センター

産業医紹介センター

産業医紹介センターが貴社のご要望に合った産業医を紹介します 産業医を探したいけど探し方がわからない、メンタルヘルスケアに強い産業医を探したいなど、産業医を探すときには様々な問題が出てきます。 そんなときに役に立つのが産業医紹介センターの優秀な人材です。 下記のようなお悩みをお持ちの方はぜひご相談ください。 ・産業医が見つからない 企業の健康管理において重要な役割を担うのが産業医です。 様々な契約方法があり、人材探しにお困りの方も多いと思います。 弊社は産業医グループと連携しており、幅広く対応しています。 長崎県で産業医探しにお困りの方に優秀な医師のご紹介が可能です。 ・メンタルヘルスに力を入れたい 特定の分野に力を入れたいとお考えの方も多いでしょう。 近年社員のストレス環境も変化してきました。 そのため状況や症状に臨機応変に対応できる医師が必要です。 産業医紹介センターには、豊富な医師が登録されています。 必要な状況を詳しくお伝えいただければ、必要な分野に特化した長崎県の産業医をご紹介することができます。 ・会社と産業医の方針が合わない 専属産業医は、永続的に企業に従事します。 そのため一般社員と同じように福利厚生や規定を遵守してもらう必要があります。 長崎県で産業医と企業間で合わすに苦労している方も多いと思います。 弊社ではお客様の要望に沿ったプランを提案します。 長崎県で後任の医師の紹介ができる場合もございます。 質の高い人材の中から、より優秀な人材を厳選し、企業の方針に合致した人材を見つけることが可能です。 ・退職・休職への対応を強化したい 産業医は、社員の健康診断や管理以外にも重要な役割を担っています。 精神面が不安定な社員を休職、または退職させるべきかを判断します。 復職時期のタイミングを、的確に見極めることができる優秀な長崎県の産業医をお探しかと思います。 細かいご要望などは、募集条件として掲載します。 全国にネットワークを持つ弊社に登録している優秀な医師をご紹介可能です。 ご契約時の細かい要望や調整も弊社で行いますのでご安心ください。 【産業医紹介センター3つの強み】 ・ストレスチェックに対応 平成27年12月より、産業医によるストレスチェックが義務化されています。 これからの企業には分野に特化した産業医を選出することが必須となります。 現在の医師では専門知識が足りず、効率の良い業務が望めないときは弊社をご利用ください。 ストレスチェックを実施できるのは法令で定められた有資格者のみです。 また、個人情報を取り扱うため技術だけでなく、信頼性も必要です。 弊社ではストレスチェックについて、試験段階から携わっていた長崎県の産業医が揃っています。 専門的知識、経験も豊富な医師の紹介が可能です。 ・女性産業医も紹介できます 女性ならではの悩みは、同性の医師に解決してもらいたいとお考えの方が多いと思います。 出産、結婚を控えた悩みは、女性医師の方が解決しやすいでしょう。 従業員が抵抗なく接することができる女性医師を長崎県で探すのは困難です。 そのようなお悩みがある場合でも弊社の紹介サービスをご利用ください。 第一線で活躍する優秀な長崎県の産業医のご紹介が可能です。 ・産業医グループと連携 フリーランスで活躍する優秀な産業医は豊富に存在します。 しかし、団体で情報を共有し、常にお互いを高め合う人材は、さらに高い技術を持っています。 お互いの経験を持ち寄るため、成長スピードが早く、高水準の医師が揃いやすい環境と言えます。 弊社は、産業医グループと連携しています。 常にお客様のご希望に応えることが可能な、高レベルの医師をご紹介することが可能です。 長崎県で産業医をお探しの方へ 産業医紹介センターでは、産業医グループと連携し産業医の紹介をしています。 近年メンタルヘルスケアの注目度も高まり産業医の選任を検討されている企業も多いでしょう。 また、産業医の選任とストレスチェックの義務化に伴い慌てて産業医をお探しの企業も多いと思います。 しかし、産業医をどんな基準で選ぶのかわからない、条件に合う産業医が見つからないなどの問題で頭を抱えている方も少なくありません。 長崎県の産業医選任でお困りのときにはぜひご相談ください。 貴社の要望に合った産業医をご紹介します。 そのため、遠方からのご相談にも対応できます。 募集条件を踏まえ、貴社で働くことを希望している医師を長崎県で複数名紹介することが可能です。 ・各種医療機関もご紹介できます 産業医紹介センターが行っているのは、医師の紹介だけではありません。 健康診断に必要な設備が揃った、優良な長崎県の医療機関のご紹介も行っています。 精密な検査が可能な病院、クリニックに関するご相談も気軽にご連絡ください。 ・訪問日や業務内容の管理 スポット形式を利用していただければ、その都度医師を探す必要はありません。 訪問日の予約、分野に特化した医師も弊社が管理しています。 ご連絡いただければすぐに対応しますので、いつでもご相談ください。 ・面倒な費用計算も代行 顧問契約プランでは、弊社がお客様と医師の間に入ってやりとりをします。 報酬の支払い、請求書の発行なども弊社で行います。 労力がかかることもなく、金融トラブルも回避できます。 産業医は企業に在中、または依頼により訪問し、社員それぞれが抱える精神状態を把握します。 精神状態改善のアドバイス、カウンセリングなども行います。 外傷などを治す医師とは違い、内面のケアを行うことに特化した医師と言えます。 ・人事のサポート 従業員の健康管理は、人事や経営計画に基づくものです。 管理体制を強化、改善するためのサポートも産業医の役割です。 定期的な診断結果から、現状を分析し改善点を提案することができます。 企業の健康管理戦略に対し、的確に助言できる産業医こそが優秀な医師と言えます。 ・職場環境の改善 精神状態が酷い場合は、休職を勧めるなど就労に対するアドバイスをします。 改善に向かっている従業員の復職の判断も行います。 また、有能な医師は、人事部へ相談し環境改善の具体案を提示することができます。 具体的な設置条件や人数は以下のようになります。 ・条件と人数 常時500人以上~1,000人以上の労働者を従事する企業では、事業所に専属産業医を1人選出する必要があります。 また、常に3,000人以上が従事している場合は、2人以上の産業医を選出することが義務付けられています。 従業員数と業務内容によって変わりますが、基本的には産業医を選出することが必須となっています。 労働安全衛生法13条第1項により、労働者の健康管理を行わなければならないと定められています。 違反した場合は50万円以下の罰金に処するといった規定があり、企業に必ず必要な存在となりました。

次の

三原地域産業保健センター

産業医紹介センター

地域によりますが、地元の会員産業医を企業に紹介している医師会があります。 地域の産業医の紹介や推薦をしている医師会もあれば、医師会ウェブサイトに会員名簿を公開していて、各事業場が直接問い合わせをするように案内している医師会もあります。 しかし、 中には産業医の紹介はしていない医師会もありますので、まずは事業場のある都道府県や郡市区医師会のウェブサイトを見たり、事前の問い合で確認しましょう。 ちなみに、日本医師会では産業医の紹介は行っていません。 医師会で産業医を探す場合、以下のメリットとデメリットが考えられます。 ・地域の産業医リストに基づく紹介のため、地方でも探しやすい。 ・ほかの地域の事業場でも産業医を選任することになった場合、相談する医師会が異なる。 ・医師会紹介の場合の産業医報酬額を統一している地域もあるが、医師会は開業医の組織のため、報酬が割高になる傾向がある。 健診機関には産業医や保健師などの産業保健スタッフが所属しているため、産業医の契約や紹介を行っている場合があります。 健診機関で産業医を探す場合、以下のメリットとデメリットが考えられます。 ・健康診断を受けた労働者に異常所見があった場合の医師の意見聴取も合わせて依頼できる。 ・健診とセットで依頼するため、トータルのコストが割安になる傾向にある。 自社(事業場)の特徴やニーズに合わせて、紹介会社に登録されている産業医が紹介されます。 例えば「せっかく産業医を選任するなら、メンタルヘルスケアを強化したい」というニーズがある場合には、精神科専門の産業医を希望することもできるようです。 また、紹介会社によっては、 紹介・選任をするだけでなく、選任後の産業保健活動をサポートするサービスを展開している紹介会社もあります。 人事にとって大きな負担となっている各種の行政手続などを簡略化(サポート)するプランが用意されてたり、情報をクラウド共有できるシステムがあったりと、近年注目が集まっています。 もう一つは「WEBで気軽に相談できる」という点が大きいです。 会社によっては、サービスの内容を細かく紹介しているサイトも多いため、自社に合ったサービスを選ぶことができます。 「とりあえず情報収集…」という方は、エムステージのサービス案内のパンフレットが分かりやすくまとまっています。 まずは1社を調べてみて、他の紹介会社とも比較してみましょう。 ・支社や拠点が全国にある企業でも、一括で紹介と選任を依頼できる場合がある。 ・嘱託産業医の月1回の訪問の場合、料金が明確に示される場合が多い。 ・専属産業医の場合、紹介会社が産業医と事業場の間に入ることが多く、給与額など雇用条件の交渉を任せられる。 ・選任後のサポートサービスがある場合は、選任後も産業医との調整を任せられるため、産業医への要望を伝えやすく、産業保健活動の業務負担も減る。 ・都市部の産業医紹介会社は多いが、地方は少ない。 ・産業医との直接契約に比べて、紹介料やサービス料などの手数料がかかる。 産業医を選任していない事業場で産業医が必要になった場合は、地域産業保健センターを活用するといいでしょう。 ただし、サービスを利用する際には、地域産業保健センターへの事前登録が必要です。 地域産業保健センターで産業医を探す場合、以下のメリットとデメリットが考えられます。 ・利用できる回数や人数などが制限されている場合がある。 ・企業規模で従業員50人未満の小規模事業場が優先されるため、大企業の支社などは本社選任の産業医の協力を得るように求められることがある。 ・毎回同じ産業医が担当するとは限らない。 ・ ・ ・ 産業医を紹介してもらう4つの方法について、確認できましたか? それぞれの特長を上手に活用して、自社に合った産業医を紹介してもらいましょう。

次の