小藪 一豊。 小籔千豊の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と経歴

小籔千豊が『ざっくりハイタッチ』でブチギレ批判した「芸能界を引退してほしい人」は、不仲で有名な辻本茂雄か!?

小藪 一豊

今年は中国やタイ、マレーシアなど海外公演も行う 東京と大阪を往復して十数本のバラエティ番組に出演するかたわら、俳優やドラマーとしても活躍。 今年60周年を迎える『吉本新喜劇』の座長としてワールドツアーも行うなど、小籔千豊 こやぶかずとよ 45 の勢いが止まらない。 「188㎝と身長が高く、あのコワモテでしかも毒舌……一見、とっつきにくそうですが、素の小籔は腰が低く、仕事に対してストイック。 「解散にあたって、相方から『このまま一緒にやっていても、売れる気がせえへん』と三行半 みくだりはん を突きつけられたそうです。 相方はツッコミの名手として知られた人物で、解散後に放送作家に転身し、売れっ子になりました。 一方、小籔のほうは新喜劇に入ってからもしばらく、不遇の時代が続いた。 若いころに『俺はおもろないんや』と思い知らされたからこそ、小籔は仕事に真面目で、一生懸命。 打ち合わせには真剣に参加するし、スタッフの意向を汲んで番組を進行してくれるんです」(放送作家) 義理人情にも厚い。 「相手が先輩だろうと仁義に反すれば食ってかかる」と前出の放送作家は証言する。 「ある番組で、後輩の芸人が番組の企画にあわせてシモネタを披露していたら、共演していた有名タレントに『不快だからやめろ』と叱責されたことがありました。 シモネタ中心の企画であることは出演オファーの段階でわかっていて、台本にも明記されていたのに、です。 本番中は笑いに変えて進行した小籔でしたが、カメラが止まった後、『後輩は企画通りにやっただけ。 怒るほうがおかしいやろ!』と激怒しました。 「MCの坂上忍の振る舞いにガマンならなかったみたいですね。 名司会者と呼ばれていますが、あくまでも俳優。 当意即妙の返しはできないので、『バイキング』での発言はほぼ台本に沿ったものなんです。 たまに共演者の発言に坂上がムッとする場面がありますが、あれは意見の違いが原因なのではなく、台本にないことを言われたからでしょう。 この点、小籔も『(坂上への)対応に心が折れそうになるときがあった』と漏らしています。 座長として『新喜劇』の看板を背負っている小籔としては、坂上が相手であっても発言は曲げられなかったんでしょう」 吉本の関係者によれば、「売れっ子になっても『すべては新喜劇のため』というスタンスは変わらない」という。 「小籔がモデルや音楽フェスなど他ジャンルの仕事に挑戦するのは、少しでも多くの人に新喜劇を知ってほしいから。 売れない芸人だった自分を座長に押し上げてくれた新喜劇への恩返しです。 吉本で彼のことを悪く言う人は皆無ですわ」 同僚やスタッフから支持されている小籔。 黄金期はしばらく続きそうだ。

次の

小籔千豊の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と経歴

小藪 一豊

小籔 ( こやぶ ) 千豊 ( かずとよ ) Kazutoyo Koyabu 本名 小籔 千豊 生年月日 1973-09-11 (46歳) 出身地 (現・) 血液型 身長 188 言語 日本語 最終学歴 近畿大学付属高校 出身 (NSC)第12期 コンビ名 (1993年 - 2001年) トリオ名 グループ名 吉本新喜劇ィズ 相方 芸風 事務所 (東京本社) 活動時期 - 同期 浜本広晃() 現在の代表番組 など 過去の代表番組 など 他の活動 、 配偶者 既婚 受賞歴 「NHK上方漫才コンテスト」第28回(1997年)優秀賞(ビリジアンとして) 「上方お笑い大賞」第35回(2006年)話題賞 「BGO上方笑演芸大賞」第2回(2006年)脚本賞 小籔 千豊 (こやぶ かずとよ、(昭和48年) - )は、日本の、、。 の座長。 バンド・吉本新喜劇ィズ、のメンバー(また過去にはチャットモンチー大阪支部)。 ()所属。 (現・)出身。 大阪市在住。 略歴 [ ] 1993年、山田知一(現在はの名で構成作家として活動)と漫才コンビ「 」を結成する。 のメンバーに編成されるなどするも、相方の山田が構成作家を志し、見捨てられるようなかたちで2001年に解散。 小籔はこの時、「俺はおもろない、売れない」と思っていたという。 小籔は二つの夢を持っており、一つは芸人の世界で成功すること、もう一つは幸せな家庭を築くことであった。 だが小籔は芸人として売れる夢は潰えたと考え、芸人を辞め もしくは普通の にし、交際中の女性と結婚し、幸せな家庭を築こうと考えたが 、芸人仲間のの、のこいで 、、 らに「絶対売れる」と慰留され 、こんなに気のいい人たちばかりの職場は無いと感動。 交際中の女性に「一年だけ」と約束し、芸人を続けることとなる。 なおこの時、映画監督であるの助監督から、お笑いが駄目なら役者になれば絶対食える、ではスラッっとしていたら男前は普通だが、スラッとしてブサイクと言う小籔には絶対に需要があり、食っていけると助言されていたと言う。 解散と同じ2001年中に、に入団した。 だが、入団後9ヵ月ほどはずっと「お客さんの役」をやらされ、辞めようかとも思ったほどであると言うが 、「大きな声を出すとあばら骨が折れる」虚弱なチンピラ役や のちに座長の一人となると組んでの芸が人気を集める。 なお当時、小籔と川畑はくすぶっている者同士非常に仲が良かった。 酒の席での大見得をきっかけに、小籔と川畑で作ったプロットを新喜劇の台本作家・壇上茂に見せてみたところ、壇上はこれを評価し、脚本化した。 その舞台が好評であったため、定期的に小籔・川畑のコンビが見られるようになったと言った次第である。 小藪は実は生活の安定を志し、の勧めもあり 新喜劇に入団したのであるが、吉本の社員には「新喜劇は芸人再生工場じゃない、辞めろ」などと言われ 、さらに新人である小籔の月収は平均2万円程度に過ぎず、男が食わせていくものだと思っていた小籔にとっては相当に辛い状態であったが、でのとのかけもち、および妻の、そして趣味であった漫画とカメラを一時辞めることで不遇の新婚生活を乗りきったという。 2004年ごろからは、座長不在時に代役を務めるなどの役目を任されるようになる。 時期は不明ながら、も「お偉いさん」の前で、「これからは小籔や!」と発言したという。 そのためか、小籔も次の舞台では話の中心となる役が回ってき、さらにその次は一番出番の多い役が回ってきたという。 また同年秋からは『』のレギュラーに抜擢され、が演じる主人公若葉の先輩職人・杉本康博役を演じた。 またこの時、が体調を崩しており、その代役をきっかけとして新喜劇以外の仕事も増えていく。 2005年3月には「吉本新喜劇 川畑泰史・小籔千豊公演 がんばろっカナ! 〜キャンペーン」をにて開催。 2005年8月ごろに座長就任要請があり 、2006年1月31日に座長就任が発表された。 その後2月28日に襲名御披露目を行い、その後1週間は「小籔祭り」として名実共に初の座長公演が行われた。 初回の襲名口上には、内場と辻本、の3座長とが脇を固めた。 この期間は、小籔より名前が大きい「オオヤブ」姓の人 、身長188センチの小籔より背が高い人(女性の場合はハイヒール着用も可) 、「千」より大きい名前(万田さん、千一さんなど) の人は入場無料扱いになった。 小籔の座長就任は、以来で約7年ぶりであった。 新喜劇入団以来、約4年と言う異例の早さでの大抜擢であった。 これには、小籔本人も非常に驚いたと言う。 小籔は、「平社員が社長になった感じ」、「奇をてらったことはしない」、「伝統8割、新しいこと2割で行きたい」、「一子相伝の技を受け継いでいきたい」などと抱負を語った。 その後2011年、プライベートでは子供が産まれたばかりで好ましいタイミングではなく、乗り気でもなかったが「東京にも新喜劇を広めたい」との思いから、東京吉本へ移籍を決断する。 なお現在、小籔は東京移籍もありタレントとしても成功しているが、新喜劇を離れるつもりは全く無く 、先輩方が50年間培ってきた新喜劇をより大きくして後輩に渡すのが自身の役目であると語り 、現在新喜劇は名古屋以東に名が轟いていない、聞いたことはあるが実際に見たことのある若い人は少ないとして、新たな顧客を確保すべく新喜劇の本格的な東京進出を計画。 2014年には吉本が所有していない「アウェー」の劇場での公演が決定し、普段ルミネに足を運んでくれている「吉本ファン」以外にも笑ってもらえるように内容を工夫するなど、「新喜劇を古典にする気はない」などと、精力的に活動している。 新喜劇外の活動としては、2006年の話題賞を受賞したほか 、2003年1月16日には同じく新喜劇を主戦場とする(と)とのユニット「」を結成。 小籔は、より多くの人にビッグポルノを見せたいという思いからなどの野外に出演を希望したが、全て断られたため 、それなら隣でコヤソニやって潰したろか!と ボケたのがきっかけとなり 、小籔の顔の広さもあってイベントが実現。 自らお笑いと音楽を融合させた野外イベントを企画し、最初は1回だけの予定だったが 、2008年から「」として毎年規模を拡大させながら開催してきたが 、2014年にビッグポルノが解散することをうけ、同年で終了した。 しかし、2017年に小籔が結成した5人組バンド「吉本新喜劇ィズ」を率いて3年ぶりに復活させた。 また、と「」というコンビを組み、2005年のM-1にも挑戦した [ ]。 翌2006年は「」とコンビ名を改め出場した [ ]。 また、翌2007年は川畑ととして出場し、準決勝進出(敗者復活は辞退した。 また、座長座長として『』にも出場し、2008年には準決勝進出。 2008年2月20日に、亡くなった小籔の母親への後悔の思いを歌った「プリン」を発売し、歌手デビューも果たした(後述)。 タレントとしても多くの番組に出演し、『』などにも出演しているが、これについてはあくまで新喜劇の広告塔として出演していると小藪は語っている。 人物 [ ] この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2017年8月)• 身長188cmの長身であるが、体重は63kgと痩身。 趣味はダーツ、ビリヤード、麻雀、将棋、写真、水泳 、読書、映画鑑賞、フォートナイトなどで、将棋についてはを顧問とする吉本新喜劇将棋部に所属している。 カメラについては、 、レンズは を所有しており(いずれも2012年12月頃現在)、2013年2月14日放送の「 カメラかじっている芸人」(テレビ朝日・朝日放送系)に出演したことがあり 、インタビューでは知らん内にはまっていた、それが故に長続きしている、と答えており、結婚前にベトナム旅行に行った時には1000枚ほども撮影してしまい、より帰国後の現像費の方が高く付いたと言うほどである。 また子供時代にエレクトーン、習字、クラシックギター、高校生時代にテコンドーを習っている。 現在は、コヤブソニックで役立てようとドラマーのに師事している 、ドラムの練習を重ね実際にステージで披露しているほか、新喜劇の英語版DVDを作成し幼稚園などに配ろうと、新喜劇を知ってもらう為の窓口と社会貢献を兼ねて、多忙な中、英語を勉強している。 将来的には小説の執筆にも意欲を持つ。 [ ]。 性格は内向的であるとのこと。 高校生時代はかなりモテていたといい 、また学生時代はの場で女性を笑わせ、話芸を磨いていた。 妻とは高校卒業後偶然知り合ったが、彼女は小籔にとってこれまで出会った女性の中で三本の指に入るくらい「おもしろい」女性であった。 その後、二人は交際を始め、約9年後「ビリジアン」解散直後に結婚に至っている。 子供は一男一女(2013年時点)。 結婚して子供が産まれた時はお笑い芸人としての自分より家庭を大切に考え、インタビューに対して 『「俺のこと面白いと思わなくていいから、金だけくれ!」って思っていました。 日本中の人が僕のことを嫌いになったとしても、嫁さんと子どもたちがご飯が食べられて、子どもたちが大学を卒業するまで育て上げられればいいと。 』 2013-6-19のママプレスのインタビューより引用 と答えており、自身の芸人としての「好感度」にも頓着せず、家族の健康が1割、後の9割は家族の為に頑張って働く、とも語っている。 また家には仕事を持ち帰らず、仕事で嫌なことが有った時でも近所のバーで酒と煙草で発散し、子供たちが寝てから帰宅するようにし、「怒りのオーラ」を家庭に持ち込まないようにしている。 また、自身がそうであったように、自身の子供たちにも多くの習い事をさせている。 妻とは20年以上一緒にいるが、一度も喧嘩した事がない(香港旅行の時に一度だけ、妻に怒られたことがある)。 座長となった後は社会貢献や新喜劇の行く末、そして人と人との繋がりにも思いを馳せるようになる。 前述の吉本新喜劇英語版DVDの他に、「小籔でも読んでいるのだから、俺も読んでみよう」と言う若者が一人でも増えてくれたら、と言う思いから、読書は元々の趣味ながらも 、現在は政治の本を読み、それをテレビで語ると言ったことも行っている。 また、「大阪を元気にしたい」とも語っており(8割は本気、2割はボケとのことであるが)、すなわち大阪の子供は新喜劇を見て育つとし、小籔自身がスターとなり、友達を大事にしろ、親孝行をしろなどと子供にメッセージを送れば、子供はいい子に育つだろう、そしてそういったことを後輩が続けていけば、100年後には大阪はよりよい街となるだろうと語り、自身も実際に子供たちの目を気にしていると言う。 また、座長就任の際には周囲に「イエスマンにだけはなるな」と言い含められた。 現在では2ヵ月に1週、と言うペースで座長公演を行いつつ、「新喜劇への恩返し」を考えていると言う。 また同時に一時期はテレビの仕事を増やすことは新喜劇への恩返しと言う考えに反するかもしれないと悩んだこともあったが、企業が利益を生めば幸せになる人が増えると言うことで、小籔の中では落着したとのことである。 座長という仕事は激務であるのだが、あの世で新喜劇の先輩達と再会した時に、 「上から見てたけど、オマエが座長で新喜劇ようなったわ」と言われたく思い、仕事をこなしていると言う。 後述するように自分は芸人としては一度死んだ人間である、との思いから、「新喜劇のためならなんでもします!」と意気込みを語る。 新喜劇の将来については、座長として大事なのはベテランではなく若手と語っている。 現在のベテラン勢はスター軍団であるが、いずれ彼らがいなくなった時に誰が新喜劇を見に来てくれるのか?と、後輩達に大きな期待をかけている。 だが反面、や、特にの代わりなどは出て来ないだろう、ともしている。 なお、「これからは小籔や!」と言ってくれた内場のほか、チャンスをくれた、およびプライベートでずっとアドバイスしてくれていたに感謝しているという。 またにも 「あんたはいつか座長になると思うからがんばりや」(『吉本新喜劇の凄い話』p. 179より引用)と励まされており、座長となった時には妻やお客さんやスタッフなどにも思いを巡らし、選手がメダルを取った時に「周りの皆さんのおかげです」と言う言葉は本当だったんだと考えを改め、小籔も「坊さんみたいなこと」ばかり言うようになったという。 2013年5月には司会として出演していた「」で、小籔の新喜劇での後輩にあたるとが優勝したことに思わず落涙した。 新喜劇にはなかなか自身よりおもしろい奴が出て来なかったが、後継者ができた。 すっちーが座長になること決定でしょ、などと語った。 そして2014年6月11日、すっちーは5人目(当時)の新喜劇座長に就任し、お披露目公演を行っている。 芸風としては、タレントとしては毒舌キャラクターであり 、タレントとしての「好感度」を全く気にしていないことを公言している。 これは2013年にラジオ番組で語ったもので、大阪で立ち寄ったの女性がそのきっかけである。 その女性は関西を中心に活動していたタレント・歌手でもあるの芸風を「大嫌い」だと語ったのだが、たかじんを嫌うと同時に、嫌いながらもたかじんの番組を全部見ていたのだと言う。 それを聞いた小籔は、顔も悪く性格も曲がっている自分が顔も良く爽やかなタレントと好感度で勝負をしようとするのは愚策であり、例え視聴者に嫌われていようが番組さえ見続けてもらえれば、仕事を失うことはない、と考えた。 お笑い評論家の評するに、このエピソードをテレビタレントが全員視聴者に好かれている必要は無いと言う真理をたかじんから学んだ小籔は、嫌われるのも辞さない本音剥き出しのトークなどで、現在、東京でも大いに仕事を増やしていると言う。 なお毒舌である一方で、番組が「CMに入った瞬間、謝るスピードが一番早い」と、()に言われたことがあったという。 小籔はまた、ビリジアンの解散時に「芸人として一度死んでいる」とし、「今、芸人をしている感覚がない」とも言っている。 芸人としての自我や欲望はその時捨て去り、現在はほとんど無いとのことである。 だが2009年に語ったところによれば、先輩の前でスベる(ギャグが受けないなど)時や、スベることを想定してスベることは全然構わないが、全力で受けを狙いに行った時にスベるようになってしまったら、多分その時が引退を考える時であるとの旨を語っている。 その他 [ ]• 父親、妹ともに顔がそっくりであるとのこと。 2011年7月から2012年にのに在籍していたはクラブのスタッフに爆笑されるほど小籔に風貌が似ており、神戸入団早々「コヤブ」「ザチョウ」という渾名がつけられた。 「夢は叶う」という内容のある歌に対し「夢は叶わない。 やりたくないことをやるのが社会や」と反論したことがある。 かつて『』でテレビ慣れしない小籔のトークをうまく包んでくれたとして、を恩人としている。 芸人などは異常者の集まりであり、世間の常識などを当てはめるべきではなく、浮気などはそんなに悪いことではない、言ったスタンスである。 自身も妻帯者で子供もいるにもかかわらず、やに行くこともあると言う。 子供の頃は「は1日2リットル飲め」と言われ、を食べ、毎日を飲まされていた。 が食べられないが、一方でが大好物で、自分なりのルールがあり、ピザ屋ではピザ窯に一礼するなどマナーにはうるさい一面がある。 石田靖に珍しくに誘われた時、石田が非常に高価なピンクのと言う酒を注文した。 「もできないような女に・・・」と遠慮する小籔に、石田は「お前が座長になったからや」と気前よく奢ってくれたという。 小籔は自身が女であったなら、抱かれてもいいなと思ったとのことである。 小籔の母親は、小籔が座長に就任する前に死去している。 小籔は、あまり母親に愛されているとは思っていなかったが、で意識が朦朧とする中で小籔たちが子供だった時の想い出を語る母親を見て考えを改めた。 母親は亡くなる4時間程度前に、「が食べたい」と言いだしたので、小籔は大急ぎで(関西では)有名人であることを生かして閉店準備中ので「プリン」を購入し、病院へ戻ったが、その時には母親はもう「プリン」を食べられる状況になかった。 小籔は母親がプリンが大好きだと言うことを知っていたのに、それまで一回も買ってこなかったことを、後悔した。 それ以来、小籔は後輩芸人に「親は明日死ぬかもしれへん」と、小さなことでもいいから親孝行をするように勧めているという。 またラジオの企画で一連の話を歌にしてみたらどうかと言う企画があり、最初は恥ずかしいからと断っていた小籔であったが、「訴えたいことがあるんでしょう?」と説得され、自らの味わった後悔の念を想い、自身のように後悔しないようにとの想いを多くの人に伝えたいと、「プリン」の作詞を行い、CDが発売された。 その後は小学校などで講演を行い、家族の大切を訴えているという。 また小藪自身も、周囲の大切な人間には、相手が明日死ぬかもしれないとのつもりで、後悔の無いように接していると語る。 この話は2013年7月4日、テレビ番組「」でも語られ、の涙を誘った。 なお、「プリン」のCDや売り上げなどについてはを参照。 にて、のファンであることを公言している。 ギャグとキャラクター [ ] 殺人、強盗、強姦…(以下凶悪犯罪が続く)以外はやってきとんねや! と言った後に、「じゃあ、他に何も残ってへんやん! 」とツッコまれる。 その後小籔が「水道の水出しっ放しとかがあるやろ」「つまみ食い」などとかぶせる。 ギャグの誕生のきっかけは、吉田ヒロのイベント時。 小籔は川畑泰史らと3人のヤクザのトリオを組んでいたが、開始5分前に川畑が、ツッコむから何かネタを言ってくれと打診してきた。 そこで小籔が急遽このネタとツッコミを考え、後は適当に被せますとした。 開始後小籔の出番まで1時間ほどの時間があったので、その間に悪いことをリストアップし、なんとかギャグを仕上げた。 小籔自身は大してウケるものではないと思っていた上に、客もまだ小籔を知らないような状態であったが、反応はなかなかよいものであったという。 シスター小籔 の格好で登場し、突然倒れてお店に転がりこむ、元シスター、ヨハネ小籔。 単に騒動を起こすだけでなく、の名を借りてやりたい放題を行ったりもする。 小籔千豊子 シスター小藪を含め女方で出てくる場合に名乗る。 千豊子が出てくる場合シスター小藪の他に演出家の先生や女優役で出てくることがある オタク小籔 とのコンビの場合が多い。 メガネにチェックのシャツ、腰まである過剰な長髪(すっちーは腰どころか股下まで届く長さ。 )と、を過剰にデフォルメしたキャラクター。 アイドルオタクという設定で、奇妙な楽曲(既存の曲の替え歌。 作詞は小藪が担当している。 )を歌うアイドルのファンである場合が多い。 ホームステイに来る3人組 座員である、と共にホームステイにやってくる。 いちじまが芸人引退後は祐代朗功に変わっている。 その他怒られている最中に「すみませんでした」と謝るや否や顔をあげるなり「さ、ということで」と話題を変えようとして川畑や清水けんじなどから「仕切るな」と突っ込まれる。 のものまね 細身の長身を活かしたものまね。 コンビ時代から新喜劇初期頃までは時折使用していた。 その後はほぼ見られなくなり、本人も番組などでは「僕、 持ちネタに ものまねないですもん」と話すほどである。 小籔軍団 [ ] メンバー [ ] いわゆる。 ・岩部彰• ・ユースケ• 上田コレクション• なお上記のメンバーは2009年の文献によるものであるが、2013年にはお笑いコンビの市川が小籔軍団の世話になっていたことや、また今別府が既に別の軍団の長となっていることも語っている。 受賞歴 [ ]• 「NHK上方漫才コンテスト」第28回(1997)優秀賞(ビリジアンとして)• 「上方お笑い大賞」第35回(2006)話題賞• 「BGO上方笑演芸大賞」第2回(2006)脚本賞• 「」(2014)大衆芸能部門 舞台出演 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年7月) 等に不定期出演中。 うめだ花月では、小籔や、・、などのメンバーが連夜実力派若手芸人とコントや新喜劇を繰り広げていた。 また、最近ではにて、新喜劇のほかと一緒にスペシャルコントに出演することもしばしばある。 笑う門には、大大阪(2012年7月)- 主演・ 役 出演 [ ] テレビ [ ] 現在の出演番組 [ ]• () - レギュラー• (、2011年10月 - ) - MC• (、2012年4月 - ) - 火曜日ゲスト(隔週出演)• (、2013年11月 - ) - MC(月1放送)• (テレビ朝日) - 不定期出演• (、2015年4月15日 - )• (フジテレビONE、2015年7月4日 - )• (フジテレビONE、2017年1月2日 - )• (、2017年10月7日 - ) - MC• (テレビ朝日、2019年2月1日 - ) - MC• (、2015年 - )• (テレビ東京、特番、2017年 - )MC• 小籔千豊の将棋道場小破り(、2019年3月15日 - )MC• (、2019年4月16日 - )MC• (毎日放送、2019年10月10日 - )• (毎日放送)- 隔週金曜日出演 過去の出演番組 [ ]• (毎日放送、2008年1月 - 2019年3月)• (毎日放送、2012年10月 - 2013年3月15日) - 金曜パートナー• () - 水曜パネラー• (読売テレビ)- 7人のナビゲーターの一人として。 MUSIC UPDATE火曜日()• (朝日放送) - 父・邦博と共演• 、2011年10月 - 2013年9月 - 解説。 ビッグポルノとしての出演も。 (毎日放送、2011年4月 - 9月)• (関西テレビ)• (朝日放送テレビ、2011年4月 - 2012年4月)• (、2012年4月 - 2013年3月) - 水曜ゲストコメンテーター• (、2012年4月 - 2013年3月)• (フジテレビ)• (毎日放送、2013年1月 - 2013年5月、及び2014年) - 司会• (フジテレビ、2013年4月 - 2013年9月) - 司会• (朝日放送、2013年5月 - 2014年9月) - 司会• (TBSテレビ、2013年9月 - 2015年3月)• (、2014年10月 - 2015年9月) - レギュラー• (TBS、2015年7月 - 9月) - レギュラー• (朝日放送、2015年1月 - 2016年3月) - MC• (朝日放送、2016年4月 - 9月)• (テレビ東京、2011年10月 - 2016年3月)• 週末の本音タイム 金曜日くらい褒められたい(、2016年11月4日 - 2018年3月30日) - MC• (フジテレビ、2014年4月 - 2018年9月25日) - 火曜レギュラー• (2019年4月15日 - 2020年3月23日、) - MC• (2006年 - 2020年、読売テレビ)- 準レギュラー 出演番組 [ ]• (2019年2月18日、NHK)「笑わせたい男の、笑えない日々」 ドラマ [ ]• (・、2004年10月 - 2005年3月)• (、2010年10月11日) - 再現ドラマ主演・刑務官 役• (・連続テレビ小説、2013年6月20日・26日) - テレビ番組「君でもスターだよ! 」司会者 役• (、2014年1月 - 3月) - 井上信光 役• 第2話(NHK、2014年4月26日) - 瀬々 役• (読売テレビ・日本テレビ、2016年1月 - 3月)主演・竹内茂 役(とW主演)• (2017年10月 - 12月、TBS) - 佐山淳司 役• 第9話・最終話(2020年3月15日・22日、TBS) - 馬淵 役 日曜笑劇場(朝日放送) [ ]• (2009年4月 - 2010年3月)• (シーズン2、2010年4月 - 2011年4月) ラジオ [ ] 現在 [ ]• 小籔・笑い飯の土020( 2018年4月 - ) 過去 [ ]• 水曜日(MBSラジオ 2006年3月終了)• (MBSラジオ)• ( 2010年4月 - 2011年10月30日)• (ABCラジオ 2010年4月 - 2016年9月)• 小籔・にゃんたのラジオ歴史堂(ABCラジオ 2013年10月 - 2014年3月27日)• ( 2016年4月 - 2017年9月)• こやぶとみちょぱのとりしらベイビー( 2019年4月 - 2020年3月)• (TOKYO FM 2019年5月4日 - 2020年3月28日) 映画 [ ] 監督の作品に多数出演している。 (1996年)• (1996年)• (1997年)• (2006年)• (2007年)• (2011年) - 主演• (2019年、キグー) - ルドルフ3世 役・声の出演 インターネット番組 [ ]• (2016年4月 - 、) - 隔週火曜レギュラー 広告 [ ]• フロムエー (1997年5月4日-)• (2010年、と共演) [ ]• ナレーション• チョコレート 「Hello New Friend! 大阪」篇(2007年4月24日 - 、と共演) [ ]• よしもと新喜劇花月食堂弁当(2010年5月、関西地区限定) [ ]• DIY生命• (2010年、大阪府広報隊長)• DAIWA CYCLE (2011年 -)• 吉本新喜劇 なんばグランド花月 (2012年、ラジオCM) [ ]• 湘南美容外科クリニック(2012年9月18日 -、と共演) [ ]• 「クーリッシュ」(2014年5月 - 、・と共演)• 「フィーナオーブ ブラシひと塗りシャドウN」(2018年)• 「制服」編、「ラジオブース」編(2019年、と共演) PV [ ]• 「サクラサク」(2010年) - と出演 CD [ ]• プリン(アーティスト名は「こやぶかずとよ」、2008年2月20日発売• プリン(2008年4月23日、日本コロムビアより全国発売) インディーズで4000枚のヒットとなり 、オリコンのインディーズチャートでも6位にランクイン。 2008年4月にメジャーリリース がなされると、オリコン最高位95位 を記録した。 作詞はこやぶかずとよ、作曲はの 2014年現在高知県在住、2002年頃から四国での活動実績がある。 シモネタヒップホップユニット『』の作品は、当該項目を参照。 DVD [ ]• (YOSHIMOTO WORKS)• 緊急特別DVD 追悼ケンドーコバヤシさん(YOSHIMOTO WORKS)• (YOSHIMOTO WORKS)• ()2005年、劇団ヨーロッパ企画とのコラボレーション「ジェントルメン・クラブ」による公演を収録。 YOSHIMOTO WORKS 出版物 [ ]• 『なんば花月 芸人読本』 [ ]• 『フルーツ大統領の笑王国』(1996年、、)- 著者ではないが、言及がされている?• 『ゴチャゴチャ言わんと誰が一番おもろいんか決めたらええんや』(2003年、、)- 著者ではないが、言及がされている?• 『よしもと魂 :よしもと劇場オフィシャル・ガイドブック』(2004年、、) - 著者ではないが、言及がされている? 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 小籔の『やぶ』は藪や薮ではなく、正しくは 籔である。 すなわち小籔によればコンビ解散当時、芸能界の引退以外に新喜劇、ピンで東京、ピンで大阪、新しくコンビを組んで大阪、コンビで東京、映画俳優、と言う6つの選択肢があった。 小籔によれば、新喜劇はお笑い界の中で恐らく一番「チャンス」が無いところで、台本や芝居の進行通りに動くしか無く、若手が自己主張を行うことが難しい環境であった。 小籔はそのお陰で今の僕があると思っている、としている。 それ以前のプロフィールでは身長は185cmとなっていた。 小籔は5年ほど前から所属する吉本に公演を打診していた。 2014年現在、小籔が東京のテレビ番組にも出演するようになったことから吉本からOKが出た。 小籔は、自身が東京に移籍した時点で目標の半分は達成されたとしている。 当時は新喜劇であまり人気が出ず、同じ時期に新喜劇に在籍し同じ境遇にいたレイザーラモンと意気投合し、結成されたものである。 漫画『』に影響されを習いたかったのだが、道場の館長に騙された、と語っている。 主題歌を担当したとは「コヤブソニック」をきっかけに知り合った。 出典 [ ]• 吉本興業. 2014年4月22日閲覧。 2008年2月24日時点のよりアーカイブ。 2014年4月28日閲覧。 - Internet Archive Machine• THE PAGE. 2014年5月18日閲覧。 よしもとアール・アンド・シー. 2014年4月22日閲覧。 吉本興業. 2014年4月22日閲覧。 R25 2012年6月21日. 2014年4月22日閲覧。 週プレNEWS 2012年2月22日. 2014年5月19日閲覧。 , p. 2014年5月26日閲覧。 オリコンスタイル 2014年5月17日. 2014年6月5日閲覧。 おとなの芸術村. 2014年5月28日閲覧。 スポニチアネックス 2006年2月1日. 2008年2月24日時点のよりアーカイブ。 2014年5月19日閲覧。 - archive. , p. 112. 吉本新喜劇 2006年2月10日. 2014年4月28日閲覧。 吉本興業. 2006年2月11日時点のよりアーカイブ。 2014年4月28日閲覧。 - Internet Archive Machine• デイリースポーツ 2014年5月9日. 2014年6月5日閲覧。 オリコンスタイル 2014年5月16日. 2014年6月5日閲覧。 ドカント. com. 2014年5月26日閲覧。 スポニチアネックス 2009年7月16日. 2014年6月12日閲覧。 マイナビニュース 2013年9月17日. 2013年9月17日閲覧。 KOYABU SONIC. 2014年5月26日閲覧。 2007年9月29日. 2015年12月5日閲覧。 2015年12月5日閲覧。 2008年8月25日. 2015年12月5日閲覧。 2016年8月23日. 2016年11月4日閲覧。 ママプレス 2013年6月19日. 2014年5月28日閲覧。 livedoorNEWS 2015年6月9日. 2015年12月5日閲覧。 2014年6月5日閲覧。 , p. 185-186. 小籔千豊、武田篤典 文 2012年6月12日. 2014年5月26日閲覧。 , p. 177-178. 179-180. スポニチアネックス 2013年5月19日. 2014年6月12日閲覧。 お笑いナタリー 2014年6月11日. 2014年6月12日閲覧。 ライブドアニュース 2013年7月3日. 2014年4月23日閲覧。 yahooニュース. 2014年6月2日閲覧。 , p. 2014年2月2日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年6月5日閲覧。 T-SITE NEWS 2015年10月6日. 2015年12月5日閲覧。 お笑いナタリー 2012年8月15日. 2015年12月5日閲覧。 , p. 114. livedoorNEWS 2013年7月6日. 2015年12月5日閲覧。 113-114. お笑いナタリー 2013年9月2日. 2014年7月7日閲覧。 2014年2月5日. 2015年12月4日閲覧。 2015年2月25日. 2015年12月4日閲覧。 2009年10月20日閲覧。 咲くやこの花賞 2018年8月27日. 2018年9月28日閲覧。 吉本興業. 2007年12月18日時点のよりアーカイブ。 2014年4月23日閲覧。 - 2014年4月現在番組の公式サイトには小籔の名は無いが、この報道では2013年9月時点で「レギュラー」であるとしている。 ORICON NEWS 2019年1月30日. 2019年2月1日閲覧。 スペースシャワーネットワーク 2009年4月6日. news2u. net. 2014年4月23日閲覧。 ナタリー 2009年6月22日. 2014年4月23日閲覧。 - ただし、父親には触れているものの、父親が出演していると明記はされていない。 ABC• お笑いナタリー 2015年7月2日. 2015年7月20日閲覧。 2015年12月5日. 2015年12月5日閲覧。 お笑いナタリー 2013年7月2日. 2013年9月20日閲覧。 サンタ・カンパニー公式HP. 2020年3月6日閲覧。 お笑いナタリー. 2016年3月24日. 2016年3月24日閲覧。 損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命保険 2010年9月7日. 2014年4月23日閲覧。 お笑いナタリー 2014年5月18日. 2014年5月18日閲覧。 umi. 2014年6月12日閲覧。 umi. 2014年6月12日閲覧。 参考文献 [ ]• 内場ら 2009 , 吉本新喜劇のすごい話, 吉本ブックス - 著者は 、、、、、、、小籔千豊、。 2009年時点での、座長を含む東西の現役座長9人によるもの。 ただしp. 209によれば、一部フィクションの可能性が有るとのこと。 イラスト・漫画は。 外部リンク [ ]• koyabukazutoyo -• - (2009年6月26日アーカイブ分)• 30345594409 -• - youtube• - チャンネル.

次の

小籔千豊

小藪 一豊

元々関西圏で人気が高く、2006年から吉本新喜劇の座長を務め、ここ最近全国放送のバラエティ番組にも数多く出演するようになったお笑い芸人の小籔千豊 40 さん。 その名前を聞いた千原ジュニアさんはの表情が引きつった笑顔だったため、かなりの大物芸人だと思われる。 それを物語るように、放送では「芸能界に波乱が巻き起こるおそれがあるため」とテロップが流れ、小藪さんがその人の名前をあげたところにはピー音が被せられました。 これにネットでは、 「もしフジモンのことだったら同意」 「本気で暴露したいならツイッターとかで言えばいい」 「キンコン西野かもな」 「ナイナイ岡村かも。 松本人志とか千原ジュニアとか昔はナイナイ嫌いだったし、早くに売れたから吉本の芸人から嫌われまくってたみたいだし」 「結局ピー音入れるんだったら、初めから暴露話をするな!スタジオだけで盛り上がるな!!」 などのコメントがありました。 ネットでは、小藪さんが痛烈に批判したタレントが誰なのかと話題になっており、アンタッチャブルの山崎弘也さん、FUJIWARAの藤本敏史さん、ナインティナインの岡村隆史さん、雨上がり決死隊の宮迫博之さん、吉元新喜劇の辻本茂雄さんなどの名前が上がっていましたね。 この中でも、特にナインティナインの岡村さんとコメントが多くありましたね。 確かにテレビ番組で他人のネタを使い、笑いに変えているのをよく観ますね。 それも志村けんさんが、岡村さんを2代目の志村けんとして認めているが故の発言なのですが、自分でもネタを作れと苦言を呈しています。 岡村さんはお笑い芸人から、ただのテレビタレントに成り下がってしまっていますからね。 これから多分お笑い界を牽引していく存在になるであろう岡村さんにはギャグも無く、志村さんは今の現状を見て、厳しいことを言ったのでしょうね。 そしてもう一人パクリ芸人として有力候補なのが、辻本茂雄さんです。 小藪さんと同じく新喜劇で活躍している辻本さんですが、他の芸人のギャグを平気で使う方らしく、小藪さんとの不仲も以前から噂されています。 そして、「先日も舞台で辻本のことを「平気で若手のネタをパクる、しかもそれをこすり倒す、 自分では全くネタを考えへん、若手が舞台で怪我しても気にもしない、金持ってるはずなのにケチで若手におごらない、いやおごったけどくそ暑い日に自分の好きな1000円の辛いラーメン食わしただけや。 あいつはほんまにありえへん。 我欲しかないカスや。 ほんもんの気違いや!」って猛烈に怒りくるってて、陣内に「いやあかんあかん、小籔落ち着け!」ってストップかけられてた。 そのやりとり自体ミニコント的に面白かったけど、小籔が辻本を嫌いなのは本気なんだろうなあと思ったよ…。 」との書き込みもありました。 番組内で周りのフットボールアワー、千原ジュニアさんのリアクションがそこまでオーバーでは無かったですし、小藪さんもかなり憎しみがこもったような言い方だったので、辻本さんの可能性が高そうですね。 ID:MTAwODkyNjc4 辻本は生活笑百科のような番組で笑福亭仁鶴などの大物司会者にコテコテに、いじりたおされると、面白いコメントを返すことのできる数少ない実力派一流お笑いタレントのような気がします。 そのため、明石家さんまやダウンタウンなどと絡むとかなり面白いトークを展開していくように思う。 パクリについては、明石家さんまも村上ショージから(醤油うこと)など、たくさんのギャグを自分の持ちギャグのように番組で披露している。 要は今のお笑いタレントは、漫才やコント・落語をメインにするタレントとMCやバラエティ番組の出演活動を中心にするタレントを売り出すときから、分けていくべきではないかと思う。 また、毒舌については、以前、上岡龍太郎がTBSの山城新伍の番組で、丹波哲郎の(霊の世界)を批判したあたりから、毒舌キャラとしてブレイクして、その後、名司会者になっていった。 そうしたこともあり, バラエティー番組で売り出すための方法は、誰もいいたがらないことのいえる、あえて嫌われ役を買うような毒舌キャラのように思う。 (どうでもいい芸人批判ばかりせず、各方面の実力者や天皇制批判などしてもよいと思うが)。 また岡村の番組はつまらないので、メスをいれていくべきである。 そうしないと岡村自身のためにもならず、勘違い芸人を増やしていくばかりのように思う。 また、小籔が吉本新喜劇のメインになったために、間寛平やチャーリー浜たち一流メンバーが退いていったことも忘れてはならない。 寛平は明石家さんまの番組ばかりに頼らず、もっと持ち味を生かした喜劇の座長として君臨してほしい。 そして、吉本新喜劇から、はじき出された芸人を救い上げて欲しいように思う。

次の