伊藤 詩織 山口。 伊藤詩織

伊藤詩織さんの美貌はなにを意味するのか

伊藤 詩織 山口

Contents• 山口敬之の現在は? Facebookで潔白を証明 山口氏はジャーナリストであり、TBS報道局ワシントン支局長まで務めたエリートでした。 しかし、昨年5月に退社しています。 山口氏はジャーナリストと兼業でアメリカ系シンクタンク研究員に転身した事を自身のFacebookで公表しています。 com この件について山口氏は否定し続けています。 自身のFacebookを更新し、身の潔白を訴えています。 そして最新の投稿がこちらです。 出典 facebook. com 内容は今回の件について検察審査会時は「不起訴処分が妥当である」と議決を出したということです。 これによりこの案件は完全に終結し、不起訴が確定したと綴られています。 これを投稿したのが9月23日で現在でコメントが1784件と多くの人の関心を得ています。 今回の件であまり世間に出てきていませんが最後には「今後少しずつ、情報を公開しながら、皆様と検証・学習を進めていきたいと考えています。 」と書かれていました。 ハーフではないか?• 在日ではないか?• ハニートラップだった。 ジャーナリストではない。 など様々です。 そして自らの被害をつづった手記『Black Box』を10月18日に発刊しました。 世界中で活躍するジャーナリストとして、日本の女性の地位や影響力、権力がいかに他の国より低いのかを感じたようです。 伊藤詩織さんはこの本を出版するに至った経緯について、 しかし、私は2年以上この件と向き合ってきた中で、警察や検察そのものにもたくさんのブラックボックスが存在していることに気づきました。 ブラックボックスにいかに光をあて、箱を開くのか。 そのきっかけに少しでもなればと思い、今回この本を出版させていただきました。 引用 logmi. jp と話しています。 結果として不起訴になってしまった今回の件は、「どちらが本当のことを言っているのか」の真実は二人にしか分からないのですよね、正直な話。 そのため私たちにはいろいろな疑問が出てきてしまい、被害者であるはずの詩織さんの正体は?と思ってしまったいるのだと思います。 jp どことなく似ていますよね! またこの撮影場所が例のホテルだという確証もないそうです。 インスタには「ルブタン」と書かれていて別の写真にはルブタンの靴の写真が載っていたので全く関係のない写真でしょう。 この女性があまりにも詩織さんに似ているのでこの噂が出たようですね! まとめ 山口敬之の現在と詩織さんの正体は?グラビア撮影をしていた真相は?をまとめますと・・・• 山口氏は現在例の件は不起訴となったことをFacebookで公開していた。 詩織さんに対して様々な噂が出ているが、全て確証はない。 手記を出し日本の女性の地位や影響力権力の低さを訴えている。 自身のインスタに例のホテルでのグラビア撮影をしたと噂されているが、モデルの女性は詩織さんではない。 また例のホテルだという確証もなく噂である。 詩織さんの出版した手記を早速読んでいる方も多くいるようですね! 本当の真実は何なのか?はっきりしませんが、ぜひ読んで見たいと思います!.

次の

山口敬之の今現在!嫁や息子・伊藤詩織ハニートラップ説のデマも総まとめ

伊藤 詩織 山口

先ほど東京地裁がジャーナリスト・伊藤詩織さんに対して元TBS記者・山口敬之氏から性暴力を受けたことを認定し、損害賠償330万円の支払いを命じました。 同時に山口氏が伊藤さんに起こした1億3000万円の名誉棄損訴訟は棄却されるなど、全面的に山口氏側の非が認められる格好となりましたが、どうしても見逃せないポイントがあります。 詳細は以下から。 まず見てもらいたいのが「月刊Hanada」2019年10月号。 小川榮太郎氏の「 【伊藤詩織氏を告発する! 】性被害者を侮辱した「伊藤詩織」の正体」という記事が掲載されました。 2019年11月号では「 【告発! 「伊藤詩織」事件の闇】「伊藤詩織」は性被害者なのか」という記事。 あくまで性被害者でない……と言わんばかりのタイトルです。 2020年1月号では「 【徹底追及『Blak Box』! 巨大ネットワークの正体】「伊藤詩織」に群がる面々」として、今度は伊藤さん周辺の人物をターゲットにしています。 別の月刊誌では対談記事を載せるなど、小川氏は山口氏を積極的に支援しています。 ちなみに山口氏に対する「月刊Hanada」のバックアップはこれらの記事だけでなく、編集長・花田紀凱氏が自らの番組に出演させることも。 つまり雑誌ぐるみで伊藤さんを攻撃していたわけです。 「 "伊藤詩織問題"。 山口氏の言い分を真に受けた視聴者から「山口さんがかわいそうだ。 こんな変な女に引っかかって」などのコメントが寄せられています。 性暴力が認定された今、これらの記事や動画は伊藤さんの名誉を毀損するものになるのでは……という気がしてなりません。 ・18:00追記 なお、山口氏を積極的に支援している小川榮太郎氏は「少数意見の偏重で国民は幸せになれるのか?」といったキャッチコピーが躍る本で対談するなど、杉田水脈議員と意見を共にすることでも知られています。 杉田議員の寄稿が炎上した後の「新潮45」ではLGBTを「性的嗜好(正しくは性的指向、性的嗜好はフェチなどを指す)」と断言した上で性犯罪と同列に並べて語るなどして、彼女をバックアップしていました。 そしてそんな杉田議員はをはじめ、各所で伊藤詩織さんを叩いていた人物。 さらに杉田議員の盟友・はすみとしこさんも強く侮辱するイラストをアップし、BBCで報じられた伊藤さんの泣き顔に「」とコメントするなど、むせ返るような悪意をぶつけています。 上記の例だけでも、伊藤詩織さんが保守を自称する人々から、どれだけ徹底的に蹂躙されてきたのか分かるのではないでしょうか。 ・次の記事.

次の

山口敬之の今現在!嫁や息子・伊藤詩織ハニートラップ説のデマも総まとめ

伊藤 詩織 山口

見ていると、〇〇さんが正しい!とか熱弁を振るっているタワケがいるが大丈夫か? ・・レイプに関しては、警察も逮捕に踏み切れなかったし、検察も起訴できなかった。 つまり、客観的な証拠から総合的に判断して、山口氏が「無実である可能性を排除できない」という結論に至ったということ。 これは、「レイプは無かった」事が証明されたわけでも無い。 乱暴な言い方をすると、レイプはあったか無かったか分からなかった。 有罪の確証が無いのに、山口氏を処分することは出来ないということ。 あとは、双方の意見が食い違っているので、どちらかが嘘をついているということだけが判る。 この、質問主さんのお題の出し方が意地悪なのである。 どちらが正しいのかは、当事者同士にか分からないことじゃね。。 ww 伊藤詩織さんが正しい。 理由として伊藤さんは、ほとんど意識のない状態でレイプされている。 山口さんは合意があったのだからレイプには当たらないと言っているが、意識のない女性が合意したとは考えられない。 伊藤さんはタクシーの中でなんんども駅で降ろしてほしいと言っている。 それを山口さんが半ば強引にホテルまで連れて言っている。 また、逮捕状まで出ているということは、警察も起訴できると考えての行動でしょう。 検察審査会で不起訴になったのは、有罪にできる証拠が揃わなかったからで、 レイプがなかったということではありません。 たとえホテルの廊下で泥酔していても、部屋の中での様子はわかりません。 伊藤さんはほとんど意識がないのですから、山口さんの言い分に反論できません。 最初の話と矛盾するかもしれませんが、合意などしていませんと言っても、 山口さんが「いいえ、ちゃんとホテルの部屋へ誘ったらハイと言ってついてきました、」といえば、意識のない伊藤さんは反論のしようがありません。 起訴されなかったから、山口さんはレイプをしていないということにはなりません。

次の