ウクレレ コード譜。 白紙コード譜無料ダウンロード(ピアノ・ウクレレ・ギター)

ウクレレの無料楽譜サイトはタブ譜でコードがわかる U

ウクレレ コード譜

ウクレレは、ハワイの民族楽器として有名ですね。 ハワイ、いいですよね。 忙しく厳しいストレス社会と無縁なような気がしてしまいます。 ハワイでウクレレを買った方もいらっしゃるでしょうね。 ウクレレは、19世紀にポルトガルからの移民によってハワイに持ち込まれた「ブラギーニア」という楽器から発展したと言われています。 ウクレレは、小さくて可愛くて、親しみの持てる姿をしています。 弾くとその暖かい音色に自分も癒されますが、周りも和やかな空気に変えてしまいます。 外でウクレレを持っていると、威圧感がないせいか、時々声をかけられますよ。 そこから、会話が生まれたりします。 不思議な楽器ですね。 世界で一番易しい弦楽器と言われていますが、やればやるほど奥が深いのは、どんな楽器も一緒ですよね。 私は、ウクレレを市内の楽器店の音楽教室で習っています。 人前で披露できるほどの腕前では、ありませんが、自分で弾いて、口ずさむことが、癒しになっています。 私は、忙しく日々を送る主婦をしています。 高齢の両親と暮らしていて、介護問題に直面している状況です。 娘たちの家族が、近くに住んでいますので、よく遊びに来ていて、元気いっぱいの孫たちが、明るいムードを作ってくれます。 私は、4世代の家族の用事で、毎日走り回っています。 住んでいる土地が、太平洋が近く、冬でも温暖で室内や車内が、ぽかぽかしています。 県民性も、明るくおっとりしていて、人懐っこいのです。 ハワイとは、ほど遠いですが、太平洋の明るさとのんびりした雰囲気の土地は、ほんの少しだけ似ているので、ハワイに惹かれるのだと思います。 私が、子どもの頃、音楽好きな両親が、よくレコードをかけていました。 映画音楽やシャンソンやクラシックなど。 ハワイアンもかかっていました。 子ども心に「気持ちいい音楽だな」と感じた記憶が、あります。 なんとなく覚えているレコードのジャケットで、ハワイアンだったな、と思っています。 音楽は、いつも身近にありました。 私を支えてくれています。 音楽との付き合い方は、聴くこと、歌うこと、演奏することです。 台所、自室、車内で一日中、音楽をかけています。 元気にしてもらったり、楽しくしてもらったりで、ありがたいです。 歌は、車内とカラオケで、ドリカム、山下達郎、ミーシャをよく歌います。 歌は、健康的にストレス発散できて、いいですよね。 楽器の演奏は、5歳のときにオルガン教室に入り、初めて楽譜と音符に出会いました。 それから、10年ヤマハエレクトーンを習いました。 たくさんの和音とリズムとメロディーを習いました。 あっという間に時が経ち、子育ても終わったころ、再び、楽器を習いたいな、と思い、それならば、経験のない弦楽器を習おうと決めました。 以前から気になっていた、お洒落で可愛いウクレレにしようと思い、市内の楽器店の無料体験レッスンを受け、先生と専門スタッフが、話しやすく丁寧な対応でしたので、入会し現在マンツーマンレッスンで、楽しく習っています。 では、ウクレレで弾くハワイアンとハワイアンの楽譜について、ご紹介しますね! 目次• ウクレレで弾くハワイアンソングの楽譜は、ありますか? ハワイアンミュージックの中でも、伝統的な曲であったり、とても有名な曲、いわゆる「ハワイアンミュージックの定番ソング」のことをハワイアンソングといいます。 心癒されるハワイアンソング。 おおらかで、ゆったりとしたテンポに、青い海を思わせる透き通ったメロディーで大好きです。 私と同世代の方なら、ハワイアンソングと聞くと、なんとなくイメージが出来て、有名な曲が、いくつか浮かぶと思います。 若い方は、多分ハワイアンソングと言われてもピンとこないのでは、ないかなと思います。 私が通う教室がある楽器店内の楽譜本が、あるコーナーで、ハワイアンソングを探したら、一冊もありませんでした。 たまたまだったのか、それが時代の移り変わりを表しているのかは、私にはわかりませんでしたが、ハワイの民族楽器であるウクレレの魅力を一番表現できるのが、ハワイアンソングだと思っています。 私が、先生から渡されたヤマハの楽譜本は、人気曲が29曲載っています。 そのうち、3曲がハワイアンソングです。 それでは、有名なハワイアンソングの代表曲を模範演奏と解説付きの動画をご紹介しますね! カイマナヒラは一番初めに教わったハワイアントラディショナル 1916年ごろに発表され、フラソングとして定番中の定番。 ハワイアンの曲で、イントロ、間奏、エンディングなどに使われるフレーズ「ハワイアンバンプ」の解説が、あります。 カイマナヒラは簡単にアレンジされているコード 私のヤマハの教本のカイマナヒラでは、5つの押さえやすいコードが、使われています。 指1本は、CとC7、指2本は、D7とF、指3本で覚えるのに少し時間がかかったG7です。 コードを見ながら、弾き語りしたり、タブ譜を見て、メロディーを弾いてます。 タブ譜もまだ複雑なものでは、ないため簡単に弾けます。 タブ譜とは タブ譜とは、ピアノなどで使う五線譜ではなく、弦楽器専用の楽譜です。 タブ譜(タブラチュア譜)とは、もともとはギター用の譜面で、どの弦の何フレットを押さえればよいのかが、すべて数字で書かれています。 4本の線が、ウクレレの各弦に対応しています。 「おたまじゃくし」が、苦手という人でも、とてもわかりやすく短時間で曲が、弾けるようになるのが、特徴な表記法です。 ウクレレ練習曲「アロハ・オエ」 女性の模範演奏です。 ご本人の歌声でしょうか。 とても優しい声で、お上手ですよ。 ダイヤグラム表示が、あるので、何弦の何フレットを押さえればいいのかわかって便利です。 ウクレレ初心者が弾きやすいハワイアンの楽譜は、ありますか? ウクレレと言ったらハワイアンと思っている私は、自分が通っている楽器店の楽譜本コーナーに行きましたが、残念ながら、一冊もありませんでした。 自分が、持っているウクレレの教本や楽譜本を見返してみたら、だいたい2~3曲載っていました。 お手持ちの教本や楽譜本に、ハワイアンの楽譜が、あると思いますので、見てみましょう。 他には、楽器店や書店で、実際に楽譜を見て選ぶことをお勧めします。 ネット通販は、とても便利ですが、表紙と謳い文句しか頼りにする情報がない点が、迷うところですよね。 ヤマハの教本にあった「真珠貝の歌」が、初心者でも弾きやすいようにアレンジされていました。 音符の数とコード数が、少ない楽譜が、初心者の練習用にお勧めです。 一見、「スカスカ」な感じの楽譜です。 難易度が高くなると、複雑な楽譜になってくるので、易しい楽譜を探して、「弾けた!」「できた!」という自信をつけることが、ウクレレ初心者には、大切なことだと思います。 せっかくウクレレを購入し、習おうと決めたのに、挫折したくありませんよね。 私が、ネット通販で「ジャケ買い」したハワイアンの教本です。 届いてから、よく見たら模範演奏があのキヨシ小林さんでした! 内容も細やかで、豊富でしたから「大当たり!」と、嬉しかったです。 その中の練習曲「ブルーハワイ」の楽譜です。 コードは、7つ。 「D7aug」という初めてのコードと出会いましたが、ダイヤグラムを見て、押さえることが出来ました。 便利だな、と実感しますね。 わからなかったことは、レッスンで使う教本以外のことでも、先生に質問すると答えて下さるので、助かっています。 表紙に惹かれて買った本と「ブルーハワイ」の楽譜の一部です。 ウクレレで弾くハワイアン・ウエディング・ソングの楽譜は、コード数が少ない? ハワイの結婚式では、必ずといってよいほど演奏されることの多い曲ということで、たいていの楽譜本にのっている「ハワイアン・ウエディング・ソング」を練習しました。 私の先生やウクレレ上級者たちの話によると、ハワイアンの伴奏は、3コードが4コードぐらいで回すことが多いので、歌ってないと全部同じ曲に聞えるくらい簡単だから楽しみましょうね、というお話しでした。 ハワイアンには、たった3つのコードで構成されている曲が、たくさんあるそうです。 ウクレレという楽器は、シンプルで簡単、そして音楽は楽しむものだから、というハワイの人たちの考え方だそうです。 いいですね。 ウクレレの無料レッスン動画で、とても人気のある「ガズレレさん」が、自分で楽譜の中のコードをノートなどに書き出すと理解できていいよ、と教えて下さっているので、実行しています。 まだあやふやなコードもありますので、「この曲は、どんなコードが、あるかな?何個あるかな?」と書き出しています。 そこで、初めて出会うコードもあり、ダイヤグラムを見ながら、コードを押さえています。 知らないコードというのは、どんな和音なのか、音を出さなければ、わからないので、とても楽しいです。 今回、B7を弾いたとき「お洒落な音だな」と、思いました。 なんと言ってもこの曲は、ゆったりとロマンチックで美しいメロディーなので、英語の歌詞を口ずさみながら練習していますが、気持ちよくなりますよ。 練習していても飽きないです。 ハワイアン・ウエディング・ソングの楽譜です。 私が好きなお洒落な音の「B7」は、セーハで弦を押さえます。 セーハとは、一本の指で、2本以上の弦を押さえるテクニックのことです。 いくつかのコードでは、このセーハを駆使して押さえることが、必須となってきます。 たくさんの人にウクレレの楽しさを伝いたいという熱意が、溢れるガズレレさんの簡単に弾けるように作曲したハワイアンをご紹介しますね! ウクレレ初心者ハワイアン「青い梅とヤシの木」コード&レッスン!GAZZLELE 「ハワイアン・ウエディング・ソング」ソロウクレレバージョンです。 模範演奏の音色が、美しくて、「これ、弾けるようになりたい!」という目下の目標です。 是非!見て頂きたい私のおススメ「ハワイアン・ウエディング・ソング」高木ブーさん 高木ブーさんのアタミアロハフェスティバルのライブ「ハワイアン・ウエディング・ソング」 長い間ミュージシャンであり、ウクレレ奏者であった高木ブーさんの余計な力が入っていない演奏。 歌声もとても素敵な方ですよ。 ウクレレのハワイアンの無料の楽譜は、ありますか? Amazonでウクレレのハワイアンの本CD付を見るとだいたい2千円から3千円です。 私は、ハワイアン教本は、一冊だけ持っていますが、無料の楽譜は、あるのか調べてみました。 「音楽研究所」 調べた結果、ほとんどありませんでした。 首をかしげるサイトが、いくつかあった程度です。 私は、ハワイアン教本は、持っている教本と楽譜本にハワイアンソングが、何曲も入っているので、ハワイアンだけの教本は、今のところ一冊だけです。 評価の高い本は、内容が充実しているし、上達のエッセンスが入っています。 模範演奏のCDもついているので、ネットを探しているより、上達が早いと思います。 まとめ• スタンダードなハワイアン・ミュージックは、たいていの教本に数曲はいっています。 ハワイアンの楽譜だけの本もCD付で販売しています。 楽器店、書籍店、ネット通販で探してみましょう。 ウクレレ初心者は、易しい楽譜で、練習して自信をつけて、ステップアップしましょう。 ウクレレのハワイアンで使われるコードの数は、少ないと言われています。 ハワイの人たちは、シンプルに表現し音楽を楽しむのですね。 ウクレレのハワイアンの無料楽譜は、ありませんでした。 内容の良いCD付の本を買った方が、上達は早いと思いますよ。 ウクレレは、小さくて手軽な楽器ですが、歌の伴奏やソロ演奏など、幅の広い表現が出来る楽器です。 毎日少しずつ練習することにより、必ず弾けるようになります。 ハワイを感じながら、ゆったりウクレレと時を過ごしましょうね。 私はウクレレを毎日 10分の練習で楽しく弾けるようになりました。 ですが、 毎日 10分の練習で弾けるようになったと言うとなんだか嘘でしょうと思ってしまいますよね。 あなたには元々才能があったんじゃないの?とも言われます。 私は、5歳からエレクトーンを習ってきましたが、ギターやバイオリン、ましてやウクレレなどの弦楽器を触ったこともありませんでした。 そんな私でも自信を持つことができて、 10分の練習でウクレレを弾けるようになりました。 プライベートにもとても良い影響をもたらしています。 結局、慣れなんですよね。 どんな人でも弾けるし 学んでいけば誰でも自信を得て弾けることができます。 私「はらちゃん」がウクレレに慣れて、そしてウクレレを楽しく弾く過程などメルマガでお話していますので読んでもらえると、とっても嬉しく励みになります。 音楽が大好きで5歳から鍵盤楽器に親しみ5歳からビートルズのレコードを親にねだって買ってもらってきた私は、 いつか弦楽器を弾いてみたいとずっと思っていました。 のんびりゆったりしたボサノヴァやハワイアンが好きなので、子どもたちも自立したし、時間にも余裕ができたので 「ウクレレを習いに行こう!」と決め、無料体験レッスンをし教室に入り、現在マンツーマンレッスンで習っています。 女性の一日は、とにかく忙しいです。 年代それぞれに忙しく毎日を送っています。 そして、ストレスを抱えて日々を過ごしている方も多いと思います。 ストレスの逃がし方は、人それぞれ、私の場合は、音楽はもちろんですが、雑貨屋さんに行くことが、解消法の1つです。 単純なので、嫌なことがあっても雑貨屋さんに一歩足を踏み入れると、頭と心がパッと切り替わり、がらりと気分が変わり楽しくなります。 女性が、楽しく毎日を暮らすと家族や周りの人たちも、幸せになりますからね。 特に音楽が、必要不可欠です。 物欲は、あまりなく、音楽から受ける「感性」が、疲れた心身を元気にしてくれたり、癒してくれたり、喜びを与えてくれます。 癒しのウクレレの音色を奏でて、周りをハッピーにしましょう。 そんな私が ブログの中で語っているので見てください。

次の

ウクレレ初心者にコードや指の押さえ方、運指、弾き方を練習しよう! | 50代からのウクレレ

ウクレレ コード譜

ウクレレのチューニングの仕方 続いて演奏において欠かせないチューニングです。 チューニングとはウクレレの4本の弦をそれぞれ決められた音程に合わせていくことです。 それぞれの弦の音程は上図の通りで、チューナーが無い場合は動画を見ながらチューニングをしていきましょう。 チューニング時の注意点 購入したての新しいウクレレ、もしくは弦を張り替えて間もない状態のウクレレは、チューニングをしてピンと張っている状態に弦が馴染んでいません。 そのためそういったウクレレは演奏しているうちに弦のチカラで チューニングが崩れいってしまいやすいです。 使っていくうちに慣れてきますがもしなかなか直らない場合は、ヘッドの裏側にあるそれぞれの弦調整部の ネジを締めてみましょう。 より詳しいについてはこちらの記事で解説しています。 Fコード 人差し指と中指の二本で押さえる落ち着いたサウンドのコードですが、指の間隔が離れているので最初は少し苦戦するかもしれません。 それでも次に紹介するG7コードと指の位置・構えが似ているのでコード移行がしやすく、合わせて練習すると良いかもしれません。 G7コード 3本の指で押さえるため難しそうな印象を受けますが、それぞれの指が近いので比較的押さえやすいコードです。 単体で練習すると苦戦してしまいますが、先程紹介したFコードから移行しやすく、またこのコードから最初のCコードにも移行しやすい曲の中核となるコードです。 C7コード この4つのコードの中では頻出度としては低いですがCコード同様に人差し指一本で押さえられる簡単コードです。 明るくもどこか魅力的な落ち着いたサウンドで小説つなぎに持ってくる抑揚が付けられるコードです。 ウクレレ初心者におすすめのウクレレコードブック・教本 初心者の方が知っておくべきC,F,Gコードをご紹介しましたが、少し練習に煮詰まっている方、映像を見ながら練習したいという方にピッタリのウクレレ教本をご紹介します。 入門編の教本ですが、わかりやすく、ご紹介する教本をマスターすれば『脱・初心者』をすることができますよ。 できる ゼロからはじめるウクレレ超入門 (教則DVD付き) 様々な楽器で作られている『できるシリーズ』のウクレレ版です。 本を読む前に見るDVDがついており、まずウクレレの練習のイメージをつけることができます。 ウクレレは始める方の教本として『はじめの1冊』に適しています。 コードの押さえ方や注意点 初心者向けのコードをご紹介しましたが上手く鳴らすには少しばかりポイントがあります。 主にFコードや・G7コードなど複数の指を使うコードを押さえる上でのポイントとなりますのでチェックしていきましょう。 フレットの近くを押さえる コードが上手く鳴らない原因の一つは 弦を押さえるチカラが弱いため、弦が正しく鳴らせていないという点にあります。 今回は分かりやすくCコードを押さえておりますが、上手くコードが鳴らないときは上図のようにフレットの近くを押さえるようにしましょう。 フレットの近くを押さえることで深く弦を押さえなくてもフレットの出っ張りが弦に触れてくれるので少ないチカラでも綺麗に鳴らすことが出来ます。 Cコードのような複数の指を使わないコードではあまり留意しなくても大丈夫なポイントですので困った時に活用しましょう。 指を立てて弦を押さえる コードを弾くときは右図のように指を立てて弦を押さえる事を意識しましょう。 左図のように指を寝かせてしまうと図でいうところの3弦を押さえている中指が2弦に触れてしまい2弦がしっかり鳴ってくれませんので要注意です。 定番コードだけで弾けるおすすめの簡単な曲 飽きずに楽しく練習を進めるには、 知ってる曲で練習するのが一番だと思います。 早い段階でレパートリーが出来れば自信にも繋がります。 Aloha Oe(アロハ・オエ) 楽譜のダウンロードはこちら ハワイ!アロハ!と言えばこの曲という定番曲。 ゆっくりとしたリズムで初心者にも優しいですね。 慣れてきたらコードの位置感覚とスムーズなコード移行という点も意識しながら練習していきましょう。

次の

無料ギターコード譜|歌詞検索サイト!

ウクレレ コード譜

ウクレレコード表の印刷・ダウンロードをする ウクレレコード表は以下の3種類のファイル形式でダウンロードできます。 どれも 無料でダウンロードできるのでご自由にお使い下さい。 エクセルがない人は画像かPDFファイルを使ってください。 コード表を印刷しておけば弾き語りのときに便利ですよ~。 弾き語りをやるなら欠かせないアイテムですよね。 新しいコ-ドを追加ができるエクセルファイルが便利 パソコンにエクセルがインストールされている人は、 後でコードを追記できるエクセルファイルが便利ですよっ。 コード表には代表的なコードは網羅してありますが、普段あまり使わないコードは載せてないからです。 シックスとかナインスとかのコードが必要な人は列をコピーしてペーストし、自分で追加してみてくださいねっ。 エクセルファイルなので文字色やセルの色の変更も自由自在なので、好きなように変えちゃってください。 バレーコードはきれいに音を出すのが難しい Cm7やBm7なんかのマイナーセブン系のコードは人差し指1本で押えますが、このように 指1本で複数の弦を押さえるコードをバレーコードっていいます。 バレーコードはきれいに音を出すのが難しく、音がかすれてきちんと出なかったり、コードの音とは違う余計な音が入っちゃったりするんですよね。 ギターではFコードが有名なバレーコードですよね。 押さえるのが難しいためFコードが押さえられずにギターをやめていく人が多いです。 バレーコードは慣れないうちは音を出すのがとっても難しいので挫折しやすいポイントになります。 バレーコードについてはこちらの記事で紹介していますので参考にしてみてください。

次の