声優オーディション。 声優オーディション|オーディションプラス

声優アワード新人発掘オーディションの課題や歴代合格者は?

声優オーディション

声優オーディション書類審査・2次審査で気を付けるポイントをご紹介! 実は審査員はこんなところを見ています。 まず初めに私(筆者)の紹介ですが、大手(と一応言われている)声優事務所で、 実際に声優オーディションの審査員を何年もやっておりました。 メイン担当でもあったので、ある程度の決定権もあり、実際に何人もの声優を発掘してきました。 実際に何千人、何万人をオーディションで見てきて、実際のオーディションの書類審査や2次審査で通す通さないの判断をしてきた経験を元に、みなさんが実力をちゃんとした形で魅せることができるようにオーディション対策をみなさんに発信しています。 大分リアルな話なので、正直ショックを受ける方もいると思いますが、 現実的にこんなことを見られているよ、というのを分かってもらえたら嬉しいです。 多くの人が自分の見せ方を分かってなくて、それを審査員として気づけずに落ちていった方もいると思います。 実際に自分が良いと思っても他の審査員の評価が全く良くないとさすがに落とさざるを得ません。 そんな中で、実際書類審査・2次審査でどんなところを見ているのかをご紹介したいと思います。 自分がなりたい声優像 そのために入りたい声優事務所 その事務所にはどのような声優がいるか 事務所に入るためにはどういうルートがベストか 良くありがちな話ですが、まずは目標がどこにあるのか最終的なポイントを明確にしてください。 その中で、逆算していって今自分が何をやらなきゃいけないのかを見出していきましょう。 例えば、アイマス声優になって歌も踊りもやってみたい!ということだったら少なくともアイマス声優がいる事務所を選んだ方が良いです。 なぜなら、絶対ではありませんが、 アイマス声優のいない事務所にはアイマスのオーディションが来ていない可能性があるからです。 他の作品でもそうです。 逆に、好きなアニメの音響制作会社を探して、そこに出ている声優の所属している事務所にはその音響制作が関わっているオーディションは来ていると思ってよいと思います。 そして、事務所を選ぶポイントは 、決してピンポイントでなくてもよいと思っています。 例え内田真礼さんに憧れていても、アイムを目指さなければいけない理由はないと思いませんか? 内田真礼さんと仕事したいなら、アニメの仕事を獲得して共演する方がはるかに可能性は高いと思います。 同じ事務所のライバルになるくらいだったら、その枠がいない別の事務所に行った方がはるかに効率が良いです。 養成所でこの講師に教えてもらいたい!ここじゃないと嫌だ!という理由がない限り、ある程度広く声優事務所を探してみるのは良いと思います。 今一度、なんで声優になりたいのかを考えてからオーディションに臨んでください。 広く、ということで考えると声優専門学校の先生は色々な声優事務所をかかわりがあるので、仲良くなっておくといいと思います。 アミューズメントメディア総合学院は4月19日に説明会開催するようです。 どんな事務所とつながっているかなど確認するには良いチャンスだと思いますよ! 声優オーディションを受ける前に 行きたい事務所をある程度まで絞ったら、その事務所にはどうやったら入れるのかということを考えます。 基本的に 養成所を持っている事務所は、養成所生から取ることが多いです。 なぜなら、別で見つけて来た声優を急に所属させたら養成所生から不満が上がりますよね。 その不満が事務所の雰囲気を悪くしてしまうので、その バランスをしっかり考えている事務所は移籍を受け入れることは少ないですね。 もちろん養成所がない事務所には当てはまりませんが。。 声優という職業は移籍も激しく、4月1日にも色々移籍の発表があったように、移籍してくることがない話ではありません。 それには色々な理由と大人の事情があるのでしょうね・・・(あまり良いとは思っていない) 今年はマウスプロモーションやケンユウオフィスに入る移籍組が多かったりしましたね。 マウスにも立派な養成所があるのに・・・とも個人的には思いました。 下記、記事で所属オーディションを紹介していますので、ご参考までに見ていただけたら幸いです。 そして、そこに残らない限り事務所所属も養成所特待生合格も勝ち取れないのです。 目の前の審査も重要ですが、最初に説明したどんな声優になりたいのかというところを忘れずに先を見据えて準備しましょう。 あわよくば、書類審査で書いたことが2次審査も生きるようにすることがベストです。 エントリーシートの注意点はこちらの記事からどうぞ! まず、審査員は2次審査に呼ぶ前に書類審査でまず「会って見たい」という候補者を残していきます。 (最初はハードル低めに残す) その中で、 2割~3割くらいに集めて評価の高い順にもう一度見ていきます。 (そのエントリーシートひとつひとつひ何となくのイメージをコメントしておき、後でわかりやすいようにしておきます) その中から 年齢、地域、性別などのバランスを見ながら、どうしても会いたいと思う方を残します。 それが、 エントリー数の約1割といったところです。 何が言いたいかというと、 審査員は書類審査を通した時点で何となく「この子のここが見たい」というのはイメージしているんです。 声優オーディション2次審査で審査員が見ているポイント【重要】 そして、大事なのは2次審査です。 実際に「会って見たい」と思われている方々を集めているので、当然 審査員の目も厳しくなります。 厳しくしよう!と思っているわけではありませんが、スイッチが入るので書類審査では良いと思ってた方が会って見ると全然イメージが違ったなどの事も良くあります。 その中で、自分が見ていたポイントをご紹介します。 オーディションで審査員が見てるのは、意外にもこれ。 やはり、オーディションとはいえ仕事につながっていく現場なので、見えないところでの態度は大事だと思っています。 待ち方は人それぞれなので何をしていても良いのですが、緊張しているときほど人間性が見えるので、良くも悪くもどんな性格かが分かったりもします。 大きな声であいさつするのはいいのですが、「やらされてる感」のある挨拶が多いなという印象です。 形式的な感じ。 やはり光るものも感じられないから、先生には挨拶がしっかりしてると褒めるしかなくなる。 結果、それが事務所受けがいいと思って生徒に伝える。 の悪循環。 その中で目立つのが、 「待っている時の姿勢が悪い」方なんです。 場合によっては結構待たされることも多いので、ダレてしまうのもわかります。 ただ、そういう態度は審査員のポジションからは見えやすいので、気を付けてください。 特に、審査している人の真裏とその横にいる方はすぐに見えますね。 審査が始まると、まずは自己紹介をすることが多いです。 その最初の一言で、1次審査でついていたイメージからの流れで印象が決まります。 無理に笑顔を作ったり、演技をしている場合は、こちらにはバレバレなので、取り繕わずに自然に話してほしいです。 逆に一生懸命になってあたふたしているくらいの方が人間的に共感はしますね。 とはいえ自己紹介で合否は決まるわけではないので、ちょっとのプラスのイメージで行きたいところですね。 声優を目指している方の 「声の表現力」と「表情」を見ています。 なので、歌に自信がない方もあまり気にすることはありません。 個人的には歌=演技でもあると思っているので、そこを軸に観ています。 「あー、この方歌に自信がないからおどおど歌ってるなあ・・・」とか「この歌い方は演技にも生かせるかも」とか考えますね。 あとは、自由に曲を選んでよい場合、「歌唱曲」はかなり大事なポイントかなと。 これはラブライブオーディションの対策の際にも書かせていただきましたが、 「自分の音域に合った歌」を選んでいただきたいです。 選んでほしくない曲は ・声質 ・音域(歌も参考にしつつ) ・活舌 ・演技から見る性格 このくらいのポイントは見ますかね。 決定的に舌足らずで練習しても治らないだろうな、などのところは当然判断しています。 最後の性格に関しては、一番大事かもしれません。 課題台詞があったとして、その演技が設定とはかけ離れて「個性」を出そうとして演技をしてしまっている場合、入った後にその「価値観」から変えなければいけないかな。 と思います。 声優の演技には出そうと思う「個性」はいりません。 個性は、基礎が固まった上で勝手に出てくるものなのです。 そういう意味で、演技で性格を見ているというところはありますね。 実は、ここでは楽しく話せることは楽しく話して、悲しいことは悲しく話す、くらいの意識で良いと思います。 大事なのは、この質疑応答で「何を質問させるか」なのです。 なので、この時に気を付けることはあまりなく、「書類審査」と「2次審査のアンケート」で何を書いて興味を引くかで決定します。 2次審査の戦いは、書類審査の書くことで決まってくるので、そこだけは気を付けてください!! さいごに つらつらと偉そうに語ってしまってすみません。。。 ただ、審査員側も「命を懸けて」声優を発掘しています。 個人的にはアニメも声優も大好きなオタクでもあるので、少しでも多くのいい声優が見つかってほしいと思って発掘をしています。 声優志望の皆さんも、是非自分が最大限に出せるように準備を対策をしてほしいと思います! 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

声優オーディションの内容ってどんな感じ?

声優オーディション

Contents• 一般公募のオーディションとは? そもそも一般公募のオーディションとはどんなものなのでしょうか? 声優のオーディションは2つのタイプがあります。 1つは、事務所に所属するためのオーディションで、もう1つは、作品に出演するためのオーディションです。 事務所所属のオーディションは、有名なところだと「シグマセブン」や「81プロデュース」、「声優アワード新人発掘オーディション」などがあり、大規模に開催されています。 作品に出演するためのオーディションは、主にアニメやゲームのオーディションになります。 一般公募は、審査員側が 良い新人がいるかをみている部分もあるため、専門学校や養成所に通っている人だけでなく、素人でも応募ができるようになっています。 ですが、あくまで 一般公募は「事務所に所属していない人でも応募できる」という意味です。 そのため、専門学校生や養成所に通っている人も当然応募しています。 初心者歓迎というわけではありませんので注意しましょう。 素人がオーディションに合格できる? 一般公募をしているなら、養成所や専門学校に通っていなくてもチャンスはある!と期待しますよね。 実際、素人や未経験者がオーディションに合格する可能性はあるのでしょうか? 結論からお伝えすると、 素人や未経験者が声優のオーディションに合格する可能性は 極めて低いです。 審査員側は、良い新人を探しているとはいえ、即戦力になる人を求めていることが多いです。 なので、 素人でも最低限の発声、活舌やキャラづくりができていないと合格することはありません。 周りはほとんど専門学校や養成所で経験を積んでいますからね。 専門学校や養成所で声優の技術を学んでいる人は当然、発声、活舌、キャラづくりはできるはずです。 そこに、何も経験がない素人が挑んでも、よほどの魅力がなければまず合格は難しいでしょう。 ごくまれに未経験でオーディションに受かる人がいますが、そういう人は周りに比べてとびぬけた才能がある人です。 簡単に声優の道が開けるわけではありません。 ですが、 合格は無理でも中には提携している養成所に特待生としてレッスンに参加できるケースもあります。 なので、素人がオーディションを受けても無駄、というわけではありません。 オーディションで専門学校や養成所に通っている人達の演技も見ることができるので、勉強にもなります。 すぐに専門学校や養成所に通えないという人は、一般公募のオーディションでうまい人の演技を見て勉強することも、声優になるための1つの手段になります。 オーディションに合格すればもちろんうれしいですが、 まずはオーディションで経験すること、場慣れすることを目的として参加するようにしましょう。 オーディションで自分が失敗することも考えられます。 ですが、失敗を恐れず、チャレンジ精神でオーディションに参加し、これからにつながる経験を積んでいきましょう。 素人にありがちなオーディション失敗例 素人でいきなり声優のオーディションに参加すると、失敗する人がほとんどです。 審査員のちょっとした仕草が気になって集中できない• 雰囲気に馴染めず、もしくは緊張して微妙なテンションになってしまう• 声優にあんまり役に立たない特技をアピールする• 審査員が真面目に見てくれなくて惨めな気分になる• 前の人の演技が上手く見えて、無意識に真似してしまう オーディションを受けるのが初めての人だと、大体の人がこうなります。 声優になりたいとはいえ、慣れていない場に出るのは大変緊張しますよね。 緊張して演技ができなくなってもふしぎではありません。 何度もオーディションを受けて、 場慣れしている人でも緊張はするものです。 そこで、いかに自分の実力を発揮できるかが大切なのです。 逆に言えば、 初めてでも上手い下手関係なく堂々と演技ができれば、審査員の目につくかもしれませんね。 こんなオーディションには気を付けて! 最近では声優を目指す人がどんどん増えてきています。 それに比例して、詐欺も増えてきているので、オーディションを受けて、こんなことがあったら怪しいので、気を付けましょう。 オーディションを受けると ほとんどが合格する• 事務所と契約し、レッスンを受ければ「必ずプロになれる」と言われる• プロフィール写真の撮影で高額な代金を請求される• アニメ作品に参加するために、参加料を払わされる• 自分が出演するドラマCDなどを大量に自分で買い取らせる契約をさせる• 合格を受け、「時間がほしい」「相談する」と言うと脅してくる さらにひどい場合は、契約するか、料金を払うまで帰らせてもらえなかったり、裁判で訴えると言われてしまい、無理やり契約させるか、料金を払わせようとすることもあります。 少しでも不安なことや、明らかに怪しいと思ったら両親や信頼できる人、消費者センター(消費生活センター)などで相談して、すぐに契約したり、料金を払うことがないようにしましょう。 養成所不要?一般公募オーディションで素人が声優になれる?まとめ 一般公募のオーディションで素人が声優になれるのかをご紹介しました。 やはり 演技未経験の素人がオーディションに合格することは難しいことがわかりました。 それでも、声優になるためにチャレンジすることは大切です。 これから 声優を目指すために、オーディションに参加して、自分の実力を知り、周りの実力を知ることも必要です。 声優になるために、オーディションは避けて通れない道です。 専門学校や養成所に通う前から、参加して場慣れしておくのもいいでしょう。 お財布の関係で、専門学校や養成所に通えない場合だってあります。 だからと言って夢をあきらめたくはないですよね。 声優を目指すために、今自分にできることから少しずつチャレンジしていきましょう!.

次の

声の仕事特別オーディション2020

声優オーディション

声の仕事特別オーディション2020がDeviewさんより応募できます。 概要 今注目の声優、アナウンサー、キャスター、ナレーターなど「声」の分野で活躍するタレントが多数所属するプロダクション13社が参加。 募集の年齢の幅も広く、大学生から社会人、すでにアナウンサー、キャスターなど芸能経験のある人の応募も可能な事務所の情報も多数掲載。 もちろん複数の事務所に同時に応募することもOK。 あなたの声を活かしてデビューのチャンスを掴もう。 【応募締切】 2020年 7月1日 【応募資格】 各事務所により異なります。 【応募方法】 Deviewさんの公式ホームページより登録を行い応募してください。 【Deviewさんの公式ホームページはこちらから】 まる太のコメント 声優、アナウンサーなど声の仕事を扱う13社の事務所さんがオーディションを開催します。 その中で声優を扱っている有名事務所は、アニモプロデュース、ジャストプロ、スペースクラフトになるでしょう。 これらの 事務所に入所したい声優志望者さんにとってはチャンスとなるオーディションかもしれません。 他にも有名アナウンサーが在籍しているセント・フォースなどもありますので、どんな事務所が参加しているのかチェックしてみるのも良いと思います。 【声優オーディションの宣材写真、ボイスサンプル作成の時に参考にしてほしい詳細記事】 ・ ・ ・ ・ 【声優学校ランキング】 ・ ・ ・•

次の