コロナ 熱。 富川悠太アナのガラガラの声【動画】コロナは熱が出てから一度下がる? | 毎日が新しい日

発熱したのですが新型コロナかインフルエンザかその他の風邪かわかりま

コロナ 熱

発熱したのですが新型コロナかインフルエンザかその他の風邪かわかりません。 昨日、仕事中に頭痛と悪寒がしまして、家に帰って熱を測ると37. 6度ありました。 急いで寝る準備をして、深夜に何度か起きては熱を測り、37. 3度〜37. 8度でした。 夜の間はひたすら悪寒がしており、他は特にありませんでした。 喉が痛かったですがおそらく花粉による鼻詰まりからの口呼吸のせいだと思います。 そして今は熱が36. 8度まで下がってます。 悪寒もありません。 インフルエンザの予防接種もしております。 鼻水と喉のいがいがはありますが。 今朝も熱があるなら病院に行こうと思いましたが、熱が下がってますので無闇に病院にいくのもどうかと思ってます。 この場合どうするのが最善だと思いますか? 熱が下がっているのであれば、行かなくても良いかと思います。 人は、ウィルスを口や鼻などから入りますと、風邪をひいたりします。 風邪の原因の90%は ウィルスです。 鼻の奥に入り込みますとそれを出そうと鼻水が出たりします。 喉のイガイガという炎症も起こります。 後は肺に入り込みますと、炎症起こり、酸素と二酸化炭素交換のしんどさが出ますので、 肺炎とかもあります。 一般的には、「風邪ひいたなあ~」 という症状が続いき熱があるのが4日以上続いた場合、 あるいは基礎疾患の病気のある人は2日間続いた場合には、下記の相談先に連絡して相談します。 一般論として4日間風邪で熱があるのが続くと異常ですし、基礎疾患の病気ある人は体弱いので 早めの2日間で判断します。 ちなみに福岡市での感染者第一号の人は海外渡航歴とか最近はないそうです。 感染した経路が まったくわからないらしくて、出かけるのも控えていた60代無職男性でした。 最初に2月13日に熱があるということで病院に行き、20日には、熱が下がらないということで 再度病院に行き血液検査で陽性となったそうです。 そのように、最初に病院に行くと、そこからは自宅療養となり、その症状が続くということが 起きた時に相談センターに相談するという流れとなり、再来したりする。 風邪のウィルスにもともとコロナウィルスがあるのですが、今回新型コロナウィルスと呼んで いるようにその種類の1つと考えられていますので、風邪の症状と酷似しています。 風邪は、初期対処が適切でない時に弱った体に細菌が入り込み細菌による二次感染が起こり、 よく「かぜをこじらせてしまった」 と言ったりします。 痰に黄色いみ、鼻水に黄色み帯びてくるとか変化あります。 今回の新型ウィルスは、極端に体がしんどいという虚脱感でしょうか。 後は息苦しさがあります。 あとは、胃の方に反応して食欲がないとか下痢とかもあるみたいです。 肺炎は、健康な10代でもひどい場合、息苦しさが出ます。 まあ、総合病院に入院して肺炎治療として酸素マスクつけて高熱では食事できないので点滴して 寝て過ごす感じです。 ウィルスが肺とかまで入り込み、たかが知れている感じもあるのですが、弱った体に細菌による 二次感染起こるのも想定範囲となり、細菌はウィルスと違い血管内を自由に行き来しますので、 高齢者等、内蔵をやられるとかあり得ます。 このため、総合病院等のきちんとした肺炎治療設備のある衛生面でも綺麗な病室に隔離された 方が安心な治療となります。 指定感染症ですのでたぶん治療費要らないので、早めに確実に救急車で搬送されるとかの 方が確実になります。 細菌による二次感染想定されますので、普段どこの病院に通ってそこにカルテがあるとは、 きちんと救急車搬送時とかに伝えることもされた方が良いです。 アレルギーであったり、飲んだ薬の種類や量とかわかる方が良いですし。 わからない時、困った時は、専用コールセンターに電話して相談することが重要で、 何でも病院に行くというのはあまり良くない。 どうしても病気の人ばかりが病院に集まるので、感染してしまうリスクもありますからね。

次の

夫が熱を出した!家族がコロナ?

コロナ 熱

「風邪の症状、37. 5度以上の発熱が4日以上続く方、強いだるさや息苦しさ、呼吸困難がある方はセンターにご相談下さい」(加藤勝信厚労相) 厚労省は17日、新型コロナウイルスの相談・受診の目安について発表した。 「センター」とは各都道府県の保健所などに開設されている「帰国者・接触者相談センター」のことで、感染の疑いのある人を診療体制などが整った医療機関に確実につなぐための調整を行う。 高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患の基礎疾患や透析患者、免疫抑制剤や抗がん剤を使用している人など、重症化しやすい人は2日程度で、妊婦についても早めに相談することを呼びかけている。 今回示された判断基準について、渡航医学が専門の勝田吉彰・関西福祉大学教授は「武漢で最初に起こった、パニック状態になった人がわっと押しかけることによって病院機能が阻害されてしまう現象を防ぎたいということ、病院に行くことによって感染していなかった人まで感染してしまうということなどを抑えたいという理由もあると思う。 これまでのデータから、普通の風邪とは違って、発熱の症状が1週間くらい続くということが、一つの特徴として浮かび上がってきた。 そこから発熱が4日以上続いた場合は風邪ではないのかもしれない、ということで受診を勧めている。 絶対的な見分け方はないが、インフルエンザ場合、初期から熱が高くなり、明らかに病気だという感じになるが、新型コロナウイルスの場合はだらだらと続くし、重症化しない人は治っていくこともあるので、最初のフェーズの症状経過が違う」と説明する。 例えば30代会社員が37. 5度の発熱が続き、市販の解熱剤で1回熱が下がるも微熱が続く場合はどうすればいいのだろうか、という質問に対し、勝田医師は「この病気は現役世代であるかどうか、合併症を持っているかどうかで分けて考えた方が良い。 症状の経過によく注意し、肺炎のサインである、胸が苦しい呼吸困難感などがあればすぐに相談に行くという態勢を整えながら、経過を観察することだ。 そして症状がある場合、病院へ行かない方がいいというわけではないが、まずは帰国者・接触者相談センターに相談し、そこで実際に具体的な症状を言い、判断を委ねて欲しい」と話していた。 (AbemaTV/『AbemaPrime』より).

次の

コロナ感染の石田純一、症状は「熱だけ」一問一答

コロナ 熱

世間はコロナ一色となってきた感がありますね。 それでも、自分の身の回りにはそんな兆候もなく、なんとなく危機感も薄かったのですが・・・ 夫が熱を出しました。 結論を言えば、コロナではありませんでしたが、いつもと違う対応に大変だった6日間でした。 普段であれば、雨の中ぬれて帰ってきたので、風邪をひいたんだということになるところですが、このご時世。 それで片付けてもいいのか・・・? ちなみに私の仕事場は、病院。 それも平均年齢80才という高齢者が多い病院です。 前日にはコロナに関する対策の通達文書も回っていました。 普段のインフルエンザと違うのは、自分は熱がなくても、同居の家族が発熱していれば同様に自宅待機という部分です。 夫の熱の経過 1日目(日曜日) 朝から熱があり、咳もしていました。 熱は37. それでもしんどいという状況があることから、確実に風邪は引いている様子です。 夜には38. こんな時に、普段あまり風邪も引かない我が家には風邪薬もないという状況でした。 2日目(月曜日) まだ完全に治ったという状況ではないのに、夫は出勤していきました。 普通の風邪ならば、普通の対応だったと思います。 それを見て、私も出勤したのですが、途中で「やっぱり帰る」という連絡が入りました。 そうなると、私は出勤してもいいものか迷います。 まず、普通の風邪だろうと思いますが、万が一ということもあります。 私が出勤したことで、病院にコロナが流行りだしたら、何人かの方が亡くなるかもしれません。 看護部長に連絡して、自宅待機ということになりました。 この貴重な休みを利用して、リビングの大掃除を決行です。 夫は仕事先から帰宅する途中で近隣の診療所へ行って診察してもらうことになりました。 待合室で隔離されて待っていた様子です。 風邪薬と、咳どめ・解熱剤を出してもらいました。 3日目(火曜日) 朝になって、夫の熱は37. 微熱であるけれど熱があると考えるべきか・・・?熱よりは、倦怠感と咳が続いています。 ひとまず、判定はできない状況でした。 朝9時すぎになってから、夫がコロナの相談窓口(管轄の保健所)に問い合わせしてみました。 熱の経過や受診時にもらった薬などを話し、家族に医療従事者がいるので、院内感染予防のために検査してもらえないかと聞いてもらったのですが、現時点では無理とのお返事でした。 窓口の対応は、今のまま様子をみるようにし、熱が続くようなら受診した診療所で診てもらってくださいとのことでした。 (渡航歴があったり、高熱が続いているなどあれば又対応は違ってのかもしれませんが、夫は渡航歴はなく微熱程度でした) この時点で、コロナではないとの確信が得られなかったため、私も仕事は自宅待機となりました。 自分が熱が出て症状があるのならわかるのですが、家族が・・・というところがなんというか微妙です。 それでも、買い物にいかないと食べるものがありませんし、難しいところです。 自宅で様子を見るといっても、検査結果が陰性であれば何も問題はないのですが、検査せずに熱が下がるのを待つだけというのも何もできずにもどかしい物です。 逆に、もし陽性なら家族にも感染している確率はあがります。 でもそれまで家族に症状がなければ、買い物にもいきます。 不要不急の外出などしなくても、食料品の買い物には行かないとだれも用意してはくれません。 実際に自分の身近にこういった事例があると、慌てます。 2日目の夫の体調が悪い時のボソッと言った「俺死ぬんかな」という言葉が忘れられません。 患者本人が一番不安なんだろうと実感しました。 4日目 まだ微熱が続いています。 咳もひどいです。 朝診療所に電話して相談しますが、コロナの相談窓口で聞いてみてくださいとのことでした。 そこで、前回連絡した窓口へもう一度電話をしてみます。 ここでも、やはりコロナの検査をとはならず、診てもらっている診療所でインフルエンザの検査をしてみてもらってくださいとのことでした。 その返事を病院へ伝え、診察をしてもらいます。 レントゲンを実施し異常なしであることからコロナの可能性は低いだろう(ナシではない)とのことでした。 インフルエンザの検査は発症から12時間~48時間。 4日目(96時間)になっていたことも検査を実施しなかった要因かもしれません。 5日目 朝から熱は平熱に下がっています。 夫自身も自分で食べたいものを作ったりして動く気力がでてきています。 このまま夜になっても熱が上がらなければ完治となるでしょうか。 6日目 昨日は熱が夜になってもあがらず、体調も戻ってきたようです。 ただし、私の勤務先の規定で、熱が下がってからもう一日様子を見てからの出勤と決まっているため、もう一日お休みです。 同じ家で隔離は難しい 専用の施設でもない普通の家で、隔離というのは難しいです。 コロナの対策として、家族がかかった時にすることというサイトもあります。 でも、別の部屋があっても、いい年齢の大人でもずっと部屋でこもっていることって難しそうです。 寝室で夫は寝ているようにしていたのですが、テレビもなくずっと寝ていると腰が痛くなるといって、時々リビングに降りてきてしまっていました。 そうなると、家の中であっても私もマスク着用し、ダイニングに移動するしかありません。 こうなったら、一緒にいててもウィルスに負けない体を保つことの方が大事なように思います。 でも、同じ部屋で寝ない方がいいので、私はこたつで寝ていたので、気をぬくとここで風邪ひいてしまいそうですし・・・ 家庭内での対応 1 部屋を隔離 簡単なようで難しいのがこの隔離です。 大人でもじっと寝ているのに飽きてくる様子でした。 トイレも幸い2箇所あったのですが、なかなか1カ所だけでということも徹底できませんでした。 部屋から出ても、本人の不安な状況を察すればあまり強く言うこともできません。 2 マスク着用 家の中でも、確実に菌は浮遊しています。 夫はもちろんですが、症状の出ていない私自身もマスクを着用していました。 3 換気 咳の症状があったので、換気をするように気をつけました。 コロナでなくても、もしここで私自身が風邪を引いてしまったらさらに仕事場に迷惑をことになると思うと、対応は必須です。 4 アルコール除菌 部屋に留まっていない夫なので、夫の使用したドアノブやスイッチ、トイレなどを除菌ティッシュでふいていました。 でも、これはあまり本人の目の前でするのははばかられますね。 家族に感染する経路 家族に風邪などのウイルス性の患者がいる場合は、咳やくしゃみからうつる場合と、細菌がついた自分の手で目や鼻・口などを触ることで移る場合があります。 ここで、手洗いが大事になってくるわけですが、自分の目や口を触ることも注意が必要です。 夫の発熱によるお金のマイナス 今回夫の熱の発症から5日目で熱がやっとさがりました。 その間、家族も仕事へはいけず自宅待機となっていました。 大人3人の家族ですが、一日3回の食事を毎日作り続けるのも結構大変です。 そして、意外とお金も必要となりました。 病院受診代• お昼ごはんの冷凍食品代• ラーメンなどの保存用食品代(次に自分がかかった場合の対策)• 毎日のちょっとしたおやつ代 お金のことは二の次とはいっても、いつもより出費がかさんだのは事実ですね。 あまり食費を節約すると、よけいにストレスがたまるので、ここは手軽く利用出来る物を使いました。 振り返って思うこと 普通の風邪なら、1日か2日寝ればほぼ治るのが、3日目も熱が下がらない状況になると、不安になります。 今回、夫の発熱で我が家がとった行動を整理してみました。 ただし咳は残っている というように、何度も電話で問い合わせをすることになりました。 テレビのニュースなどでは、簡単にコロナの検査をしてくれるようなイメージですが、個人的な感想では、なかなか検査はしてくれないと感じてしまいます。 自分が元気でも、家族が熱を出すことはないとはいえません。 コロナが流行している今、患者本人だけでなく家族も同じ対応が求められると考えると、熱が出た時の対策は常に持っておくことが大事と痛感したできごとでした。 asaginodaiary.

次の