広島お好み焼きいっちゃん。 いっちゃん (【旧店名】みっちゃん)

市居馨(お好み焼き職人)の店【いっちゃん】場所はどこ?【NHKプロフェッショナル】

広島お好み焼きいっちゃん

広島にある、お好み焼きの「みっちゃん総本店」。 言うまでもなく広島のお好み焼きを最初に焼いたお店です。 そういうことから、このお店のお好み焼きは広島のお好み焼きの中でも、最もクラッシックでスタンダードだと思うんですね。 でもご紹介しているとおり、広島のお好み焼き店は、みっちゃんによく似た焼き方ではじめられ、ここからアレンジして独特の焼き方をされたりしているお店が多いんです。 ちなみに、この「みっちゃん」ですが、整理すると5系統になるようです。 「総本店」系(5店舗)、新天地みっちゃん(単独店)、みっちゃんいせや系(3店舗)、橋本町みっちゃん大田屋、それと、「みっちゃん横川」系ですね。 これらの「みっちゃん」は、創業者の暖簾分けだったり、ご家族の方が嫁ぎ先で始められたお店なんですね。 それだけ、「みっちゃん」は、広島のお好み焼きに大きな影響を与えたお店でもあります。 このほかに、広島にはみっちゃん総本店の創業者まで遡っても、まったく関係のない「みっちゃん」という名前のお店もあるんですね。 「みっちゃん」の文字の形(ロゴ)も違うので、見ればすぐに分かります。 ある方法で調べましたところ、総本店とは全く関係のない「みっちゃん」というお好み焼き店は、広島市内に2~3軒、県内では6~7軒みつかりました。 みっちゃんのお好み焼きを食べる 観光客の方がよく、広島にはたくさんのお好み焼き屋があるんだけど、結局どこに行けばいいかという質問をされることがあります。 まぁ、はあるのですが、それは別にして、 広島のお好み焼きの事をよく知りたい方には、みっちゃんか、またはそのお弟子さんなどが経営されているお好み焼き店に行かれることをオススメします。 最近は、みっちゃんにならんで人気のある「八昌」というお店や、新しい焼き方を研究されている「電光石火」というお店もあります。 けれども、広島のお好み焼きがどんなものか知るためには、この、クラッシックでスタンダード、またはそれに近い広島のお好み焼きを食べるのが良いと思うんですね。 ところで、「みっちゃん」はが有名です。 しかし、わたしが具体的にどこかのお店をオススメする場合、この八丁堀の総本店ではなく、総本店ならか地蔵通り店、または新天地みっちゃんをオススメします。 その理由は、はあまりにも有名なために、お店のキャパに対してお客さんが完全にオーバーフローしているんですね。 入店できるまでの待ち時間が、すごく長いいんです。 それに加え、このお店は鉄板ではなくお皿でお好み焼きを提供しているので、広島の人から見ると物足りないお好み焼きなんですね。 その点で、地蔵通り店と新天地みっちゃんは大きな鉄板があって、原則として鉄板での食事が可能な造りになっています。 雅店はそごう内にあるテナント店なので待ち時間がある場合でもその間に色々なことができたり予約することも可能です。 食事は、鉄板または鉄板皿で可能です。 また、歴史あるみっちゃんですから、過去にこのお店で修行されていたりするお弟子さんも多くいらっしゃいます。 そんなお好み焼き店では多少の違いはあれ、みっちゃんのお好み焼きとよく似た焼き方をされています。 その中でも、さん、さん、さん、さんなどはオススメです。 中には広島に2泊以上して、お好み焼き店に数店舗行きたいから、何軒か教えてくれと言われるような方もいらっしゃるんですね。 そういう気合の入った方こそ、まず最初に行ってほしいのが、このみっちゃん系です。 その上で、最近流行の八昌系や電光石火などに行けば、広島に昔からあるクラッシックなお好み焼きとの違いや、広島のお好み焼きの進化のようなものを感じることができると思います。 当サイトで人気のある記事.

次の

市居馨(お好み焼き職人)の店【いっちゃん】場所はどこ?【NHKプロフェッショナル】

広島お好み焼きいっちゃん

オタフクソースのオリジナル。 生めん使用。 ビール、酎ハイ、日本酒あり。 【お好みStyle 】 だれにでも焼けて、だれにでもできないのがお好み焼き。 一枚一枚を大事に、一生懸命に仕上げて色々な人に食べてもらいたい。 広島の歴史と復興、初代の人達が地道に築き上げた汗と努力の結晶。 「たかがお好み焼き。 されどお好み焼き。 」そういう味を、想いを、みんなに味わってほしい。 お好み焼きは、生めんの形を整えながら、片面だけ焼いて、癖のないあっさり味に仕上げています。 キャベツは押さえず上手に甘味を閉じこめるがコツ。 北海道の人にも沖縄の人にも「おいしい」といってもらえるように、シンプルな味を追求しています。

次の

【いっちゃん 本店】広島・宮島・お好み焼き・鉄板焼・もんじゃ

広島お好み焼きいっちゃん

広島のお好み焼きと大坂のお好み焼きの違い お好み焼きというと、「大阪」と「広島」が有名ですが、その2つの地域はお互いにライバルと認識しているようで、大坂には14000件のお好み焼き専門店があり、広島には1500件以上の専門店があるそうです。 大坂のお好み焼きは生地に具を混ぜて焼く作り方であるのに対し、 広島のお好み焼きは生地に具や焼きそばや卵などを重ねて焼く作り方です。 大坂のお好み焼き通は「広島のお好み焼きは、だったら焼きそば食べたらよろいしやん」といいますが、広島は「野菜をたくさん使う重ね焼きは良きそばも入ってバランスが良い」と反論。 そもそも「広島風」と呼ぶのをやめてほしいといいます。 市居馨さんのお好み焼きは、もちろん広島のお好み焼きです。 人気メニューと値段 ・カキそば 1,296円(18周年記念セールのお値段) ・スペシャルそば入 1,080円 ・肉・玉子・そば・ねぎかけ 864円 ・肉・玉子・そば 702円 『カキそば』や『ねぎかけ』が人気メニューのようです。 こんなにふっくらしたカキが4つもついて1296円(現在変更されている可能性があります)というのはお安いですね。 オタフクソースとかきが絶妙に合うそうです! おいしそ~~!!! Sponsored Link 「キャベツ」がポイント 市居馨さんの「いっちゃん」のお好み焼きのポイントはキャベツにあります。 キャベツを 高温で焼いて甘みをだすそうなのですが、それを食べたことがある人は「キャベツってこんなに甘いんだっけ!?」と皆驚きます 焼き方の他にも市居馨さんはキャベツの場所(芯か葉か)や季節によって 切り方をかえているそうです。 そういう細やかな気遣いがお味に大きな変化をもたらすのですね。 市居馨さんがお好み焼きの世界に入ったきっかけ 市居馨さんは学校を卒業した後、普通の会社で働いていたそうです。 29歳で結婚。 「結婚」でお好み焼きへの道が始まりました。 奥様のお父さんがお好み焼きの名店「 みっちゃん」だったのです!!! 32歳のとき義理の父となった「みっちゃん」から「お好み焼きをやらないか」と誘われ、その道に入りました。 ところが、道は険しく何年たっても上手に焼けない。 簡単そうに見えたお好み焼きがこんなに難しかったなんて!! 師匠や兄弟子の手を見て技を盗んだつもりになってもうまくいかない。 そんな時師匠が声を掛けました 「今日は鉄板の修理が来るから、それをよく見ておけ」 鉄板の修理業者が来たとき、「みっちゃん」の鉄板は特注で、いろいろなところに工夫がこらされていることに気づきます。 その時から、市居馨さんのお好み焼きに対する「探求心」がより大きくなっていきました。 3年・・5年…10年・・ 48歳の時700万円を投じてご自身の店を開きました。 そしてそこでもお好み焼きを探求すること1年2年・・・10年・・・ 気が付くとお店は常連客でいっぱいになったそうです。 そしてお客様が口にするのは「キャベツが甘い!」 それは市居馨さんがお好み焼きと真摯に向き合って探求し続けている結果、ご自身で生み出した焼き方によるものです。 キャベツをふんわりと置いてキャベツとキャベツの間に隙間を作り、蒸気の通り道ができて短時間で中まで火が取りキャベツの甘みも引き出すことができます。

次の