生理 早まる。 あれ?今月生理が早いかも!その原因と改善のポイント

生理周期が早い!短いと頻発月経なの?原因と治療法は?

生理 早まる

生理周期は、人それぞれ違います。 個人差があるのが当たり前のものですし、また人と比較する機会もあまりないので、異常があっても気づかれにくいのが現状です。 では、あなたは、正常な生理周期が何日くらいなのかわかりますか? 成人している女性の場合、正常な生理周期は25日から38日です。 ということは、この周期に当てはまっていなければ、何らかの異常がある可能性があると言えます。 生理周期が24日より短い場合を頻発月経と呼ぶのですが、考えられる原因として、卵胞期短縮症と黄体機能不全という2つの病気が挙げられます。 では、それぞれがどのような病気なのか、詳しく見ていきましょう。 生理周期には卵胞期と黄体期がある!2つの時期と頻発月経の関係 卵胞期短縮症と黄体機能不全という2つの病気には、生理の周期が関係しています。 そこで、まずは生理の周期について見ていきたいと思います。 生理の周期 ご存知の方も多いかと思いますが、生理の周期には下記の3つがあります。 月経期 卵胞期(または増殖期) 黄体期(または分泌期) 子宮内膜がはがれて血液と共に体外に出る時期 子宮内膜が厚くなる時期 子宮内膜が柔らかくなる時期 体が妊娠の準備をしたのに妊娠が成立しなかった時に、必要がなくなった子宮内膜を体外に出す働きが、月経です。 月経が終わると、また次の妊娠に備えて、体が準備を始めるわけですね。 最初の準備として、子宮内膜を厚くして妊娠に備えるのが卵胞期です。 そして、排卵が起こった後、厚くなった子宮内膜に受精卵が着床しやすくするために、子宮内膜が柔らかくなります。 それが黄体期です。 このような準備をしたのに妊娠が成立しなかったら、再び月経が起こるという流れになっています。 月経に関わる女性ホルモンとして、エストロゲンやプロゲステロンという名前をご存知の方もいらっしゃることと思います。 それらがどう関わっているのか、もう少し詳しく月経の仕組みについて確認してみましょう。 月経の仕組み 1、卵胞刺激ホルモンの働きで、卵胞(卵子とそれを包んでいる細胞のこと)が成長する。 2、成長した卵胞からエストロゲンが分泌され、子宮内膜が厚くなる。 3、エストロゲンの分泌量がピークになると、黄体化ホルモンが分泌される。 4、黄体化ホルモンに刺激されて、卵子が飛び出して排卵が起こる。 5、卵子が出た後の卵胞は黄体に変化し、黄体からプロゲステロンが分泌され、子宮内膜が柔らかくなる。 6、受精が成立しなかった場合、エストロゲン・プロゲステロンの分泌量が減り、月経が起こる。 この流れが、女性ホルモンの働きによって周期的に起きているということですね。 ちなみに、エストロゲンは卵胞ホルモン、プロゲステロンは黄体ホルモンとも呼ばれていることは、みなさんご存知のことと思います。 それを図で表すと、下記のようになります。 これを見ていただけたら、排卵を境に卵胞期から黄体期に変わり、卵胞期も黄体期もだいたい同じくらいの期間続いていることがわかりますね。 月経周期に個人差があるため、卵胞期や黄体期が続く期間にも個人差はありますが、目安としてそれぞれの期間がだいたい14日ずつです。 月経期は卵胞期と重なっていて、月経が始まった頃から次の妊娠に向けての準備が始められていることがわかります。 それから、もう一つ注目していただきたいことがあります。 それは、基礎体温です。 基礎体温は、普段私達が使っている体温計よりも目盛りが細かい基礎体温計を使用して正確に測る体温のことですが、卵胞期は低温、黄体期は高温になっています。 排卵期を境に低温期と高温期に分かれているので、基礎体温表を見ることで今自分がどちらの時期にあるのかがわかるということですね。 卵胞期短縮症と黄体機能不全はどんな病気? それでは、卵胞期短縮症と黄体機能不全について確認しましょう。 先ほど見た月経周期の中に、卵胞期と黄体期がありましたよね。 実は、卵胞期が短くなる病気を卵胞期短縮症、黄体期が短くなる病気を黄体機能不全と言います。 卵胞期(低温期)が短い…卵胞期短縮症• 黄体期(高温期)が短い…黄体機能不全 それぞれの時期の名前がついているので、わかりやすいのではないでしょうか。 卵胞期・黄体期のどちらかが短くなると、それに合わせて月経周期も短くなってしまいます。 それで、どちらの病気の場合も、月経周期が24日以下になるという症状が出てくるのです。 先ほど基礎体温にも注目してほしいと言いましたが、基礎体温をつけている女性の方なら、グラフを見ることでこれらの異常に自分で気づくこともできるんですよ。 卵胞期に関しては、卵胞期が何日未満なら卵胞期短縮症と判断するかは決まっていません。 また、黄体機能不全に関しても、黄体期が9日以内としている病院もあれば、11日以内で黄体機能不全と判断するとしている場合もあり、基準がはっきり確立されていないのが現状です。 ですが、いずれにしてもそれぞれの期間はだいたい14日ずつなので、それよりも極端に短い場合は注意が必要だとわかります。 基礎体温をつけている方は、ご自分の体温の変化を見て、このような症状が無いかをチェックしてみましょう。 黄体機能不全の場合、月経の2週間前くらいに異常出血がある場合もありますので、それも一つの目安となります。 簡単にまとめれば、卵胞期短縮症は卵胞期が短くなる病気、黄体機能不全は黄体期が短くなる病気です。 月経周期には卵胞期と黄体期がありますが、それらのうち卵胞期が短い病気を卵胞期短縮症、黄体期が短い病気を黄体機能不全と言います。 短くなる時期と病気の名前とが一致していますから、覚えやすいのではないでしょうか。 異常があるかどうかは基礎体温をつけていればわかりやすいので、ご自身の月経について知るためにも、基礎体温表をつけてみるといいですね。 卵胞期短縮症は卵巣機能の低下が原因!その検査・治療法を知ろう 先ほど確認したように、卵胞期短縮症は卵胞期が短くなるという特徴を持つ病気です。 それでは、どのような原因で卵胞期が短くなるのか、どんな検査でわかるのかなど、卵胞期短縮症について詳しく見ていきましょう。 原因 卵胞期短縮症の原因は、卵巣機能が低下することです。 加齢によって卵巣の機能が低下し、脳にうまく指令が行き届かなくなって、卵胞刺激ホルモンが必要以上に分泌されるようになることが原因なんですね。 加齢が原因なので、年齢が高い女性に起こることが多いのは確かですが、年齢の高い人にだけ起こる症状だというわけでもありません。 若い人でも、年齢を重ねていくうちに卵巣の機能が衰えてしまうと、かかることがある病気です。 最初に月経の周期の部分で確認しましたが、卵胞刺激ホルモンは卵胞を成長させるホルモンです。 そのため、卵胞刺激ホルモンの分泌量が増えると、卵胞が早く成長して排卵も早くなるんですね。 排卵が早くなれば、その分だけ卵胞期も短くなるというわけです。 症状 卵胞期短縮症は、月経周期が24日以内と短いこと、基礎体温を測ると卵胞期が短いこと以外には、わかりやすい症状はありません。 特に、基礎体温をつけていない場合、気づかないままになることもあるのです。 しかし、下記のような症状を伴うこともありますので、月経周期が短い人は、基礎体温をつけて卵胞期短縮症ではないかチェックすることをお勧めします。 不妊の原因になる• 貧血になりやすくなる 卵胞が早く成長して排卵が度々起こるのなら問題は無く、むしろ妊娠しやすいのではないかという気もしますよね。 しかし、そうではありません。 卵胞期短縮症の場合、実は、卵子が成熟しきれないまま排卵される可能性があります。 排卵が起こっても、卵子が成熟しきれていないため、受精できなかったり受精できても流産したりしてしまうのです。 そのため、不妊の原因になると言われています。 それから、月経の回数が多いので、血液が足りず貧血になりやすくなります。 検査法 卵胞期短縮症は、自覚症状があまりなくても、これから妊娠したいという人には問題の症状です。 そこで、月経周期が短いことが気になったときは、検査を受ける方法もあります。 卵胞期短縮症かどうかを調べるには、下記のような検査法があります。 基礎体温を測る• 血液検査をする 基礎体温については、最初に確認したように通常14日程度あるはずの卵胞期(低温期)が短い場合、卵胞期短縮症ではないかと考えることができます。 また、血液検査をして卵胞刺激ホルモンの濃度を測る方法もあります。 卵胞期短縮症は卵巣機能が衰えて卵胞刺激ホルモンの量が増えるものですから、血液中の卵胞刺激ホルモンの濃度が濃くなっていることでわかるというわけです。 治療法 卵胞期短縮症の治療法ですが、実は妊娠を希望しない人なら、特に治療をしなくても構いません。 実際に自分では気づかないこともある病気ですので、貧血になるなど困ることが無い場合は、そのままにしていても大丈夫です。 問題なのは、妊娠したい場合です。 先ほども確認したように、卵胞期短縮症は不妊の原因になりますので、妊娠を望む場合は治療が必要になります。 治療法は、主に下記の3つです。 内服薬• 注射薬• 点鼻薬 内服薬や注射薬としては、排卵を起こすための排卵誘発剤が使われます。 この薬は、ホルモンのバランスを整える目的でも使われるものです。 不妊の治療に点鼻薬と言われると何だか不思議な気もしますが、濃度が濃くなっている卵胞ホルモンの働きを抑えるための薬は、点鼻薬となっています。 これらの方法で、短くなった卵胞期を正常な期間に戻す治療が行われます。 卵胞期が短くなるのは、加齢によって卵巣機能が低下するからなんですね。 とはいえ、年齢が若いから卵巣機能が衰えていないとも言い切れないので注意が必要です。 単純に月経期間が短くなるだけではなく不妊の原因になったり貧血になりやすくなったりもしますので、特に妊娠を望む人はきちんと治療を受けることが大切なんですよ。 黄体機能不全はホルモン異常などが原因!その検査・治療法とは? 次に、黄体期が短くなるという特徴を持つ黄体機能不全について見ていきたいと思います。 どのような原因で黄体期が短くなるのか、どんな検査でわかるのかなど、詳しく確認しましょう。 原因 黄体機能不全になる原因は、実ははっきり解明されているわけではないのですが、いくつかの原因が考えられています。 脳や卵巣に何らかの異常があって、プロゲステロンが十分に分泌されない状態のことを黄体機能不全と言います。 プロゲステロンは、妊娠を継続させるために役立つホルモンで、体温を上昇させる働きも持っています。 そのため、プロゲステロンの分泌が十分でないと、体温を維持できず、黄体期(高温期)が短くなったり、高温期が安定しなくなったりしてしまうんですね。 基礎体温をつけると、下記のような特徴のグラフになります。 黄体期(高温期)が短い• 低温期と高温期の基礎体温の差が0. 高温期の体温に凹凸がある 最初にも少し触れたように、高温期が短いという定義ははっきりと決められていないため、9日以内・11日以内などの説がありますが、いずれにしても標準の14日程度より短いことが目安になります。 低温期と高温期の基礎体温の差が0. そのため、基礎体温のグラフがこのパターンの人は、排卵があるかどうかもチェックする必要があります。 場合によっては、無排卵月経の可能性もあるからです。 症状 黄体機能不全の場合、月経周期が24日以内と短い、基礎体温を測ると黄体期が短いという症状が現れます。 さらに、下記のような症状を伴うこともありますので、卵胞短縮症の場合と同じく、月経周期が短い人は、基礎体温をつけて黄体機能不全ではないかチェックすることをお勧めします。 不妊の原因になる• 異常出血を起こすことがある 先ほど確認したように、黄体機能不全になると妊娠を継続させるためのホルモンであるプロゲステロンが十分に分泌されません。 ということは、妊娠を継続させられないことになるので、不妊の原因になります。 また、黄体期になると異常出血が起こることもあります。 黄体期は通常月経の14日前くらいに始まりますので、その時期から月経が始まるまでの間に出血する可能性があるということです。 検査法 黄体機能不全かどうかを調べるには、次のような検査法があります。 基礎体温を測る• 血液検査をする• 子宮内膜の組織を調べる• 超音波検査をする 基礎体温については確認したので、ここでは省略します。 血液検査の場合、排卵から1週間後くらいに血液中のプロゲステロンの値を調べ、基準値に達しているかどうかを確認します。 黄体機能不全になるとプロゲステロンの分泌量が減るので、この検査をすることで黄体機能不全かどうかがわかるということですね。 子宮内膜の組織を調べる場合、排卵から1週間後くらいに子宮内膜を採取して、受精卵が着床しやすい状態になっているかどうかを調べます。 着床しやすい状態になっていなければ、プロゲステロンが正常に働いていないと判断することができます。 超音波検査の場合、膣から超音波検査用の器具を入れて、子宮内膜の厚さや卵胞の大きさを調べます。 子宮内膜の厚さは高温期には8mm以上になりますし、卵胞は排卵が近づくと20mm程度になります。 それと比較して、卵黄機能不全かどうかを調べます。 治療法 黄体機能不全の治療も、卵胞期短縮症の場合と同じように、妊娠を希望しない人なら、特に治療をしなくても構いません。 ただし、黄体期に異常出血がある場合は、妊娠の希望があるかどうかに関わらず、病院にかかることが大切です。 黄体機能不全も不妊の原因になりますので、妊娠を望む場合は治療が必要になります。 治療法は、考えられる原因によって違ってきますが、主に下記のような方法で行われます。 内服薬(排卵を誘発するためのもの)• 内服薬(プロゲステロンを補うためのもの)• 注射薬(プロゲステロン補うためのもの)• 注射薬(性腺刺激ホルモンを補うためのもの) 主な治療法には、排卵誘発剤を利用する・プロゲステロンを補う・性腺刺激ホルモンを補うという3つのタイプがあるということですね。 排卵誘発剤は、卵胞が正常に発育できるようにすることを目的として使われます。 黄体機能不全ではプロゲステロンが足りないのですから、それを補う治療も行われます。 また、性腺刺激ホルモンは、黄体を形成したり維持したりするのに役立ちますので、それを補うことで黄体がきちんと形成され、維持されることを目指します。 原因と思われる症状に合わせて、どの方法で治療を行うかが決められるんですね。 ただし、ここで知っておいていただきたいのは、卵胞期短縮症と黄体機能不全はどちらも月経周期が短くなる病気であるのに対して、ここでご紹介する原因は月経周期が短くなることもあれば長くなることもあるというように、月経周期を乱すものであるということです。 そのため、単純に月経周期を短くする原因であるとは言えませんが、考えられる可能性ではあるということですね。 では、それを確認した上で、考えられる原因をまとめてご紹介したいと思います。 無排卵月経が月経周期を短くしている場合も! 生理周期が短くなる病気としては、無排卵月経がよく知られているので、無排卵月経の場合はどうなんだろうと思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。 確かに、無排卵月経も頻発月経の原因になるので、月経周期が24日よりも短い場合、無排卵月経であることも考えられます。 ですが、無排卵月経の場合、月経周期が短くなるだけではなく、月経周期が39日以上の稀発月経になることもあります。 そのため、月経周期が短いことだけで無排卵月経と判断することはできません。 無排卵月経の場合、基礎体温をつければすぐにわかりますので、気になる方は試してみてください。 無排卵月経の場合、低温期と高温期の基礎体温の差が0. 無排卵月経の治療法としては、女性ホルモンを補充したり排卵誘発剤を投与して排卵を促したりする方法があります。 ストレスによる月経周期の乱れも考えられる! ストレスは、体のあちこちに悪影響を与えますが、実は月経周期にも影響を与えることが知られています。 月経には女性ホルモンが関わっていることを最初に確認しましたが、女性ホルモンは脳の視床下部や下垂体、神経からの指令を受けて分泌されるものです。 ですが、ストレスを感じると脳にまで負担がかかるため、脳や神経が上手く働けず、女性ホルモンの分泌量の調節ができず、ホルモンバランスが乱れてしまいます。 ホルモンバランスが乱れると、以下のような月経不順が起こります。 頻発月経• 過少月経(経血の量が少なく月経自体も2日以内で終わること)• 過多月経(出血が8日以上続くこと)• 無月経(妊娠していないのに3カ月以上月経がこないこと) ストレスが原因で月経不順が起こっている場合、ストレス自体を取り除く試みも大切ですが、それが難しいこともありますよね。 そんな時には、ピルを服用することでホルモンバランスを整える治療を行うことも可能です。 ピルにはエストロゲンもプロゲステロンもどちらも含まれているので、ピルを服用することでホルモン分泌が正常に行われるよう助けることができるんですよ。 婦人科に基礎体温表を持って行くことでホルモンバランスのチェックもできますので、それを生かす方法もあります。 ただし、過多月経の場合は子宮筋腫や子宮内膜症といった病気が隠れていることもありますので、ストレスのせいだと決めつけず気になることがあれば婦人科を受診した方が安心です。 更年期障害も月経不順の原因に! それから、月経不順を起こす原因としては、更年期障害も考えられます。 更年期は閉経前後の5年間と言われていて、個人差があるものではあるのですが、日本人の平均的な閉経年齢である49. 5歳前後を元にして考えると、45歳~55歳くらいの間だと言えます。 更年期になると、卵巣機能が低下し始めるため、それに伴ってエストロゲンの分泌量が減少します。 その影響で、月経の周期が短くなったり逆に長くなったりします。 また、定期的に来ていた月経が不定期になることもあります。 更年期障害は、月経以外も含めて体に以下のような様々な症状を引き起こします。 月経不順• ほてり• 性交痛• 息切れ・動悸• 肩凝り・腰痛・頭痛• 皮膚や外陰部の乾燥• 疲労・倦怠感• 不安感・イライラ・意欲の低下 ほかにもありますが、いくつか例を挙げてみました。 このように更年期障害は多くの不調を招きます。 酷い時には日常生活にまで悪影響ですので、婦人科で女性ホルモンを補う治療を受けるなどの方法を検討することも必要です。 ただし、この治療には副作用として不正出血や胸の張り、痛みなどが報告されていることも知っておきましょう。 また、海外のデータを元に乳がんとの関係も指摘されてはいるのですが、定期的な健診を受けることでそのリスクを減らすことが可能です。 若い年代の人はそれだけで月経周期が安定しないことも! 特に未成年に多いのですが、月経が始まったばかりの頃にはホルモンバランスが未熟なので、月経周期が安定しないことがあります。 この場合は成長するに従って安定してくるものなのですが、実はストレスなどの別の原因が隠れていることもあります。 そのため、早めに婦人科を受診しておくと対処が可能です。 しかし、妊娠を希望する人にとっては、いずれの場合も不妊に関わるため、きちんと治療しなければいけません。 卵胞期と黄体期、どちらが短くなっているのかによって治療法も変わってきますから、どちらなのかを確認しておく必要があります。 基礎体温をつければ、病院にかかる前にどちらが原因かがわかりますので、月経周期が24日よりも短い人は、まず基礎体温をきちんとつけてみましょう。 繰り返しになりますが、どちらが短いかによってどの病気かがわかります。 さらに、基礎体温をきちんとつけていれば医師も状況を把握しやすいので、診察を受ける時にも役立ちます。 同じ月経周期が短いという症状が出ていても、原因も治療法も違いますので、自分がどのタイプなのかをきちんと知って、適切な治療を受けることが大切なんですね。

次の

女医が教える生理を早める薬「プラノバール」服用のコツ

生理 早まる

生理予定日よりも生理が早く来てしまい、焦ったり、不安になったりしたことはありませんか?生理が予定日よりも早く来るのは、なにか体に問題があるからでしょうか? どんなに健康な方であっても、生理周期に多少のずれが生じるのは当たり前。 女性の体はデリケート。 とくに生理周期や生理中の症状には、精神的ストレスや疲労などが大きく関わっているとされています。 生理が予定日よりも早く来るのは、生理不順の一種ですが、生理周期が2、3日ずれるのは問題ないとされています。 ただし一月に2回生理が来たり、生理周期が23日未満の場合、生理周期は不規則という場合は、一度産婦人科で診察を受けたほうがいいとされています。 生理が予定日よりも早いときに知っておきたいさまざまな情報を幅広くご紹介していきます。 生理周期や女性ホルモンについての正しい知識を備えることこそ、生理周期の乱れを改善する早道です。 生理周期とは? 生理の予定日は生理周期によって算定されます。 通常、女性の生理周期は28日間とされていますが、これはあくまでも標準的なもので、もっと短い場合もあれば、長い場合もあります。 女性ホルモンの分泌が適正に行われている場合には、生理周期は規則的ですが、なんらかの理由により女性ホルモンの分泌に乱れが生じると、生理が予定日よりも早く始まったり、反対に遅く始まったりと、生理周期にずれが起きます。 正常な生理周期とは? 生理周期にずれが生じているかどうかを把握するには、まず自分の生理周期についての確かな知識が要されます。 生理周期や生理が続く日数には個人差がありますので、他の女性と比較して考えても意味がありません。 正常な範囲内の生理周期は25日間から38日間。 生理周期が24日間以内、あるいは39日間以上の方は、他にとくに問題がなくても、一度専門医の診断を仰いだほうが安心です。 生理周期が23日以内のものを頻発月経、反対に39日以上と長いものを稀発月経と呼んでいます。 6日間以内のずれは許容範囲 正常な生理周期というのは、あくまでも基本的な周期であって、体調不良や病気、怪我、薬の服用、精神的なストレス、過労などにより、生理周期に一時的に乱れが生じることがあります。 前回は正常範囲内であったにも関わらず、今回は生理が早く来たという場合、前回の生理周期とのずれをカウントしましょう。 ずれが6日間以内であれば、とりあえずは心配いりません。 次回の生理周期が基本の生理周期に戻ったら、ずれは一時的なものだったことが分かります。 しかしずれが数ヶ月にわたって何度も続く場合には、生理不順が疑われます。 生理が続く期間とは? 生理周期に正常・異常があると同様、生理が続く期間にも正常なものと異常なものがあります。 正常な生理期間は3日間から7日間。 生理が続く日数がこの範囲内であれば問題ないとされています。 生理期間が3日以内のものは過短月経、8日間以上続くものは過長月経と呼ばれています。 経血の量について 生理の際の経血の量については、なかなか自分で把握することは難しいのですが、以下に挙げるポイントが目安になります。 経血量が多い兆候は、レバーのような塊が出る、ナプキンを一時間ごとに取り替える必要がある、3日目以降も経血の量が減らない、生理のときは外出を控えるなど。 反対に経血の量が少なすぎる場合、ナプキンに微量の出血が付く程度で、生理の続く日数も1日、2日と非常に短いことが特徴です。 経血の量が多い生理は「過多月経」、反対に経血の量が少ない生理は「過少月経」と呼ばれています。 生理周期の正しい数え方とは? 生理周期の正しい数え方は生理開始日から始めること。 生理周期は生理開始日に始まり、次の生理が来るまでの間を1サイクルと捉えます。 排卵日の予測や妊娠しやすい日・妊娠しにくい日などの特定は、すべてこの生理周期を基本に考えますので、自分の生理についての記録をつけておくことが大切です。 生理周期管理アプリの利用 自分の生理周期について把握していなければ、生理が予定よりも早いか・遅いかについて、曖昧な判断しか出来ません。 面倒と思わずに、毎日基礎体温を付け、生理開始・終了を記録するようにしましょう。 基礎体温の測定や生理開始・終了の記録には、生理周期管理アプリが便利です。 測定・記録だけでなく、生理日予測、生理周期や体調管理に加えて、体重管理なども出来ますので、体に関する事柄を総合的にまとめられます。 生理周期の分け方 生理周期はそれぞれの特徴に応じて四つの段階に分けられています。 生理が起こる時期は月経期と呼ばれ、ここが生理周期の始まりになります。 生理終了後は女性にとってもっとも過ごしやすく、快適な時期である「卵胞期」。 卵胞期は増殖期とも呼ばれ、お肌の状態もベスト、精神状態も安定して、女性がもっとも輝いて見える時期になります。 その後に排卵が起こる「排卵期」が来て、最後にプロゲステロンの分泌がもっとも活発になる黄体期が訪れます。 排卵期について 生理周期が28日間の方の場合、排卵が起こるのはちょうど生理と生理の間の中間になります。 具体的には前回の生理開始から13日目から15日目が排卵期で、生理開始から排卵が起こるまでの期間は基礎体温グラフの低温期になります。 排卵日の前を境に女性ホルモンの分泌に変化が起こり、それまで分泌量が優勢だったエストロゲンに代わり、プロゲステロンの分泌量が急激に増加し、基礎体温は高温期へと移行していきます。 黄体期について 黄体期の特徴は基礎体温が高温期にあること。 プロゲステロンという女性ホルモンの分泌が盛んになり、受精卵の着床や妊娠を促します。 この時期は生理周期の後半に当たり、生理が始まるまでずっと基礎体温は高温期を維持します。 イライラや憂鬱感といった精神的な不調に加えて、眠気やおなかの張り、頭痛、肌荒れ、むくみといった生理前の症状があらわれるのもこの時期。 生理周期全体を通じて、もっとも体調と精神状態が悪化する時期といえるでしょう。 生理が予定日よりも早く始まる理由とは? 生理周期について詳しく述べてきましたが、では生理が予定よりも早く始まる原因は何でしょうか?生理が早く来る理由は大きく分けて二つ。 一つは体調不良やストレスなどにより、ホルモンバランスが乱れてしまう場合。 もう一つは女性ホルモンの分泌に異常が生じている場合。 女性ホルモンの分泌異常には、さらにいくつかのパターンがあります。 生理が早い理由について詳しく見ていきましょう! ストレスや過労が原因 女性の生理機能はストレスや過労による影響を受けやすいといわれています。 残業が続いた、対人関係に悩んでいる、引越しや転職など環境に変化があった、無理なダイエットを行っている、寝不足や夜更かしをすることが多い、生活のリズムが不規則だ、栄養に偏りのある食事をしている。 このような場合には、女性ホルモンのバランスが崩れやすく、これにより生理が早くなることがあります。 不規則な生活は生理の周期を早めるだけでなく、月経前症候群の症状を重くしたり、女性ホルモンの分泌過少につながる恐れもあります。 生理周期の乱れを正すには、ストレスや疲労の緩和に努めなければなりません。 痩せている女性は生理が早くくる? 生理に関する噂の中に、痩せている女性は生理が早くくる、というものがあります。 これは痩せている=ダイエットをしているとの連想から、このような話が出回っているのではないかと思われますが、実際には体重と生理周期には関連はありません。 ただし、体に負担のかかるダイエットを慢性的に行っている方や、極端な栄養不足に陥っている方は、女性ホルモンの分泌異常を招きやすくなります。 生理が継続して早くくる方は、まず生活習慣・食習慣をあらため、規則正しい生活を目指すようにしましょう。 女性ホルモンの分泌異常 エストロゲンとプロゲステロンの分泌量に異常が生じると、生理周期が崩れてしまい、生理が早くなります。 エストロゲンとプロゲステロンの分泌は、多すぎるのも少なすぎるのもどちらも問題。 二つの女性ホルモンの分泌量の異常は、生理周期を乱す原因になるだけでなく、そのままにしておくと不妊につながる恐れもありますので、生理周期に一つでも異常があれば、出来るだけ早期に産婦人科で詳しく診察してもらうようにしましょう。 頻発性月経の原因について 生理周期が23日以内と短い生理は頻発性月経と呼ばれています。 生理が予定よりも早いのは、この頻発性月経の症状のあらわれといえます。 以下にこれら三つについて詳しく見ていきましょう。 黄体機能不全型頻発月経とは? 黄体機能不全とは、黄体ホルモン プロゲステロン の分泌量が不十分な状態を指します。 黄体ホルモンは本来は、排卵日以降に分泌量がぐっと増え、そのまま維持されますが、なんらかの理由により分泌量が不十分になると、着床・妊娠を助けるという機能が果たされなくなります。 黄体ホルモンの不足 黄体ホルモンの分泌量が不足すると、子宮内膜の厚みが着床に相応しい状態に整えられず、妊娠しにくい状態が続きます。 また黄体ホルモンは、着床・妊娠を可能にするだけでなく、妊娠の成立以降は妊娠状態の継続に重要な役目を果たします。 このはたらきにより、黄体ホルモンの分泌が十分でないと、流産が起きやすいといわれています。 黄体ホルモンの分泌量と生理周期の関係 黄体ホルモンの分泌量が不足すると、子宮内膜の厚みを十分な日数維持することが出来なくなります。 このため子宮内膜が早く剥がれ落ちてきてしまい、予定よりも早く生理になります。 黄体機能不全になると、必然的に高温期が短くなり、生理周期の短い「頻発月経」になる可能性が高まります。 基礎体温にみる黄体機能不全の兆候 高温期が10日間以内と短い、基礎体温の低温期と高温期の差が少ない、高温期の途中で基礎体温が下降する、基礎体温グラフが不規則でジグザク模様を描く。 基礎体温グラフがこのような曲線を示したら、黄体機能不全が疑われます。 ただしこれはあくまでもその可能性を示しているだけですので、気になる方は必ず産婦人科で黄体ホルモンの検査を受けるようにしてください。 排卵のない場合 生理周期が短く、排卵が起こっていない生理は、無排卵性頻発月経と呼ばれています。 生理はくるにも関わらず、排卵がありませんので、妊娠の可能性はありません。 無排卵の原因としていちばんに挙げられるのは、卵巣機能低下。 他にもホルモンの分泌を促す脳下垂体の機能障害などが挙げられます。 無排卵症の場合、生理が早まるだけでなく、遅れることもよくあります。 また生理と生理の間の間隔が長くなったり、症状が進むと生理がこなくなる「無月経」になることもあります。 卵胞期の短い卵胞期短縮症 卵胞期短縮症とは卵胞期の日数が短い状態を指します。 卵胞期が短いためには生理が早まり、基礎体温の低温期が短くなります。 卵胞期が短いため、受精に適した卵子がうまく育たないことが多く、排卵はあるにも関わらず妊娠しやすい状態に陥ります。 基礎体温グラフの低温期が短いだけでなく、高温期も長続きせず、生理周期自体が短くなることが特徴です。 着床出血の可能性 生理が早くきたと思っていたら、実はその後妊娠していることが判明した。 このような場合、生理だと思っていたのは実は着床出血だったということになります。 着床出血とは受精卵が子宮内膜に着床する際に起る微量の出血で、生理のときの出血と変わらないこともあれば、おりものに血が混じることもあります 着床出血の量は微量とされていますので、出血の量がひどく、おなかの痛みを伴う場合には不正出血の可能性もあります。 不正出血はそのままにしておくと、命にかかわる重大な結果を招くことがあります。 不正出血の原因はさまざま。 子宮外妊娠や切迫流産に加えて、子宮内膜ポリープなどの病気にかかっているおそれもあるます。 いつもの生理と少しでも違う兆候を感じたら、念のため診察を受けるようにしたほうが安心です。 まとめ 生理が予定よりも早いときに知っておきたい情報をご紹介しました。。 生理が早いのは生理不順の一種。 生理不順をそのままにしておくと、健康に重大な支障を来たすだけでなく、不妊につながる恐れもあります。 生理は女性の健康のバロメーター。 生理周期や排卵などについての知識を備え、生理周期の乱れをなおすように努力しましょう。 女性ホルモンの乱れのそもそもの原因は、生活習慣や食習慣の乱れにあります。 生理不順に対して無頓着な態度を取るのはやめ、おかしいなと思うことがあれば、出来るだけ早く産婦人科で診察を受けるようにしましょう。

次の

生理が早まる理由とは?

生理 早まる

普通に生理だと思います。 着床出血だと時期が合わないですし、 生理なみにドバドバでることはないです。 逆に、それが生理ではないとしたら、 大量の不正出血なので、すぐに受診してください。 生理周期はだいたい定まっていますか? カレンダーの日数は、毎月同じとは限らないので、 日にちがずれるのは普通です。 生理開始日を1日目として、次の生理の前日まで (前日も含める)の日数を数えてください。 次の生理が来たら、また1日目から新たにスタートします。 それを半年分くらい数えてみて、 自分の生理周期はだいたい何日なのか知っておくとよいです。 正常な生理周期は、25日周期から38日周期です。 この範囲内でも、毎月のバラつきが大きければ生理不順です。 4日間なら、ずれても許容範囲だと思います。 よく現れる生理周期から、 前後2日間くらいの幅で来るのが理想的ですが、 暑すぎたり、季節の変わり目は、狂っても気にしないでください。 本当に着床出血に関する質問が多いですね!? 女性は一体どこで、どうやって着床出血という言葉を憶えるのでしょうか・・・? 着床出血に関しては、何度も同じ回答をしています。 以下、 妊娠可能な時期の女性(15歳~49歳ぐらい)は、その周期に妊娠していなければ、月経が始る2日前になると次の卵胞を育て始めます。 そして生理が終わる頃になると、次の子宮内膜も作り始めます。 子宮内膜は排卵する頃には最も厚くできあがり、子宮の裏側全体に厚さ1センチも作られます。 子宮内膜とは言いますが、その成分の殆どは血液です。 そして、次の月経により子宮の裏側に出来上がった子宮内膜が全て剥がれ落ちて体外に排出されます。 着床出血の原因はまだ明確には解明されていませんが、受精卵の組織融解説が有力です。 受精卵の組織融解説とは、受精卵が子宮に着床するときに子宮内膜に接触します。 その際に子宮内膜を「溶かして」深く侵入して着床をします。 しかし、受精卵が子宮に着床する頃の大きさは僅か0. 2~0. 3ミリ程しかありません、そんな小さな物が溶かせる子宮内膜の量など、たかが知れているのです。 着床する分だけの少量の子宮内膜が剥がれ落ちるだけなので出血量が少ないのです。 血の色がどうだこうだとか言う人がいますが、その様な事は生理と同じ子宮内膜が剥がれ落ちているのですから全く判断基準にはなりません。 見分けるコツは出血量、出血期間以外にはないでしょう。 信頼できるサイトで、妊娠した人に着床出血があったかをアンケート調査しています。 参考URL(eにんしん 着床出血と呼ばれるものはありましたか?より) これに拠ると、 起きて無い76. 8% 茶色のおりものがあった10. 2% 少量の出血があった9. 5% 大量の出血があった0% と答えられています。 着床出血は月経並の出血などは起きないという事です。 着床出血と言う言葉を憶えるなら、その内容も理解していなければ何の意味もないでしょう。 以前、セックスをすると排卵が早まると回答した人がいましたが!? 女性の生理周期は、その周期に排卵すべく選ばれる主席卵胞の出現時期により決まります。 主席卵胞が現れると卵胞は急激に成長し数日で排卵が起きます。 自然排卵時の卵胞の大きさは排卵前には21. 6mm(18. 1mm~25. 3mm) になると言われています。 そして排卵すると、残った卵胞の殻の中にある果粒膜細胞と莢膜細胞と呼ばれる部分が黄体に変化し黄体ホルモンを分泌し始めます。 黄体ホルモンはセックスして出来た受精卵を子宮に着床し易く、着床したら維持し易くするために分泌します。 排卵する卵胞の大きさが、ある一定範囲で同じなのですから、その中に入っている果粒膜細胞も莢膜細胞の量も一定なのです。 女性の脳は絶えず血液の中を流れてくる女性ホルモン量を検出しています。 黄体ホルモンも検出されており、妊娠できず黄体ホルモンを消費し切り、その量が減ると脳は次の生理を起こす指示をするのです。 だから、排卵してから次の生理が起きるまでの期間が12日間~16日間と、全ての女性で一定なのです。 この期間の事を黄体期と言います。 この手の質問をする時は、何時頃セックスしたかが一番重要な情報になります。 >前回の生理が12日に来て、4日早い今日生理が来ました こんな曖昧な記述はしない事です。 1、前回の生理は9月12日に始まった? 2、次の生理予定日は10月4日だった? 3、10月5日にセックスした。 これだと、今回の貴女の生理周期は26日間になります。 記述から想像すると、貴女の普段よく訪れる生理周期は30日間になります? (何を根拠に貴女の生理周期が30日間で、次の生理予定日が10月4日と出て来たのか、甚だ疑問ですが??) 今回の生理周期が26日間なら、排卵時期は9月22日~26日頃になります。 女性は排卵時期にセックスしなければ、妊娠する可能性すら発生しません。 何故ならば、排卵された卵子の寿命は24時間しかなく、精子を迎え入れる受精能力は8~12時間しか無いからです。 そして精子が膣内以上に侵入できる時期が排卵前の4日間ほどしか無いからです。 セックスして出来た受精卵は7日~12日以内に着床を完了しないと着床は成立しません。 この期間の事を「着床窓」と言い、妊娠とは受精卵が子宮内膜に無事に着床できて、初めて成立します。 受精卵がこの期間より早く子宮に到着しても、遅く到着しても妊娠は成立しない事も解っています。 早く到着した場合受精卵は、子宮の中を漂っているそうです。 子宮内膜の状態が最適(フカフカのベッドの状態)になるまで着床を開始しないのです。 セックスして4日後なら受精卵はまだ卵管の中を子宮に向かって戻っているか、子宮に到着したばかりの時期になります。 要するに着床出血など起きようがないのです。 >生理についての正しい知識や、妊娠の正しいメカニズムを知っておきましょう。 とは、上述の科学的に判明している事実があるからです。 日本人女性の大半は、正しい妊娠の仕組みも、自身の正確な性周期も把握していません。 そんな状況で男の求めるまま身体を許していれば、貴女に限らず女性は、近い将来に、必ず望まない妊娠をしてしまいます。 毎月同じ日に来るという訳ではなく、前の生理から次の生理がくる前の日までが25日から38日なら正常範囲です。 生理が早まったのは行為の日にちを考えれば無関係です。 生理が早まるのは排卵が早まっただけの話です。 排卵から生理までの期間はほぼ一定だがらです。 5日の行為から3日で着床などおきません。 妊娠不安があるなら、避妊は確実にすべきですが、それ以前に生理についての正しい知識や、妊娠の正しいメカニズムを知っておきましょう。 望まぬ妊娠をしたくないなら、着床時出血より知っておくべき基本的な知識です。 ゴムを使わないなら、基礎体温くらい測りなさい。 無知のままそんなセックスをしていれば、いつかは妊娠しますよ。

次の