飛 蚊 症 目薬 サンテ。 飛蚊症はサプリメントで治るか?

【飛蚊症の治し方】サプリ?目薬?今一番選ばれているのがコレ!

飛 蚊 症 目薬 サンテ

実際にはない黒いゴミのようなものが、チラチラと視界に見えてしまう飛蚊症。 原因は硝子体の濁りです。 効果的な治療法の有無について解説します 「飛蚊症を何とか治せないか」。 多くの飛蚊症患者さんがこのような悩みをお持ちです。 私自身にも飛蚊症がありますが、確かにうっとうしいものです。 中には飛蚊症によるストレスで深刻なノイローゼになり、自殺を考えるまでになってしまったケースもあり、ご家族に連れられて患者さんが来院されることもあります。 これは本当にあることなのです。 私も過去にそういった患者さんを3人は診察しましたから……。 おそらく飛蚊症を苦にした末に命を絶ってしまった方も、世の中的にはいらっしゃるのだと思います。 飛蚊症の治療方法として多くの人が考えるのは、目薬で治らないか、サプリメントや内服薬で治らないか、レーザー治療で治らないか、手術で治らないか、というところでしょう。 それぞれについて詳しく解説します。 目薬・点眼薬による飛蚊症治療・改善は可能か 一言でいうと、今のところ、目薬(点眼薬)で飛蚊症は治りません。 理由は、そのような目薬が現時点ではないからです。 では、そのような目薬を早く開発すればよいのに、と思われるかもしれませんね……。 それが非常に難しい理由を解説させてください。 そもそも飛蚊症の原因は、硝子体の濁りです。 硝子体の濁りを解消するためには、その濁りを化学的に溶かすか、物理的に除去するしかない、ということはおわかりいただけるかと思います。 点眼薬で除去するということは、当然化学的に溶かすという作戦を取ることになります。 硝子体は特別な組織ではなく、体内に普通に存在するコラーゲンとヒアルロン酸が主体です。 特に硝子体の濁りは、コラーゲンが主体と思われます。 コラーゲンは体中に存在するので、「硝子体の濁りを溶かす目薬」があるとしたら、それは体の他の部分も溶かしてしまう目薬ということになります。 さらに、もともと点眼薬は硝子体内まではほとんど移行しません。 ということは、硝子体内で効果を発揮してくれるような濃度にするためには、ものすごく濃度の高い目薬を作ってさす必要があります。 ここを読んでくださっているような医学に明るいみなさんならもうお分かりですよね。 そんな目薬をさしたら、影響は硝子体だけは済みません。 目の周りはぼろぼろになってしまうでしょうし、目の内部の大切な網膜なども決して無事では済まないでしょう。 ですので、目薬で飛蚊症を治療することは永久に無理なことだと思います。 飛蚊症に効く目薬を作り、眼内に直接注射すればよいのでは? 上記のように、目薬では周りの組織まで傷つけてしまうなら、飛蚊症の原因である硝子体の混濁、すなわちコラーゲンを溶かす目薬を作って、それを眼内に直接注射で入れたらどうだろう? と、眼科医としては考えてしまうところです。 「目に直接注射?」と思わるかもしれませんが、眼科領域では治療法が日々ものすごく進歩しています。 今は本当に網膜や硝子体にお薬を効かしたい場合、角膜の脇の白目から注射で直接硝子体内に注入しています。 こうご説明すると、死ぬほど怖い治療だと思われそうですが、驚くほど痛みも少なく、受けた方はみなさん次回から平気で受けられています。 これと同じ方法で、コラーゲンを溶かす薬を硝子体に直接注入することは、技術的には可能でしょう。 ただし、網膜にもコラーゲンが存在しますから、網膜がぼろぼろになってもいいならば試してみてください、という話になってしまいます。 少なくとも私自身は嫌です……。 ですが、これが実は一番期待できる治療法かもしれません。 網膜がぼろぼろにならず、かつ硝子体の濁りが溶ける濃度で注入できれば……。 しかし何度も言いますが、現時点でこの治療法を試すことは、自分の目には勘弁してもらいたいです。 では「点眼で飛蚊症が改善した」という体験談は嘘? しかし、たまに「目薬で飛蚊症がよくなった」という話を聞くことがあります。 これについてですが、硝子体の濁りは自然に溶けてくれることがありますし、自然に移動して目立たないところに行ってくれることもあります。 目薬が医学的に考えても、原理として飛蚊症治療に有効でないということは上記で解説したとおりですので、そういった体験を持っている方は、目薬の使用に関係なく、たまたまよくなったのだと思われます。 ま、目薬で治ったというせっかくの幸福感を全否定してしまうのも野暮な話なんですが……。 では、サプリメントや内服薬で飛蚊症が治るのかを解説します。

次の

危険な飛蚊症の見分け方!症状から見る4つのチェックポイント

飛 蚊 症 目薬 サンテ

飛蚊症改善サプリ:現在選ばれている方法 サプリメントというと 「そんなのホントに効果あるの?」 と感じてもおかしくないと思います。 実際に筆者も最初は疑心暗鬼でした。 ただ「厚生労働省」がおすすめしている「目に良い栄養素」を効率的に摂取するためには、実はサプリメントが一番良いという結果に至り、試してみた結果… 筆者の場合は断続的に続いていた飛蚊症の「出現頻度」が下がりました! それではまず飛蚊症を改善するためのサプリメントに含まれる成分の説明から。 ルテイン:飛蚊症が緩和、軽減した成分 ルテインは眼球の水晶体と黄斑部という組織に存在する成分。 ただ様々な原因によりその量が減少してしまいます。 アルコール• ストレス など ルテインが減少すると飛蚊症以外にも黄斑変性症という目の病気にかかる恐れがあります。 そのため、普段の食事などから「意識して摂取」する必要があるのですが、手に入りやすいブロッコリーだと100gあたり1mgのルテインと比較的少ないのが現実。 当サイトで紹介している「ルテインサプリランキング」では一回で厚生労働省が推奨している最低でも摂取したいルテインの量として「6mg」は超える量(10mg以上など)が摂取できるため、非常に効率的と言えます。 ルテインに期待される効果 ルテインは強力な「抗酸化作用」があります。 そのため加齢による体の不具合の調整だけではなく、紫外線やパソコン、スマホなどからのブルーライトから目を保護してくれる効果が期待できます。 抗酸化作用には血流を促進する働きもあるため、滞っている目の周辺の血流が改善するだけでも、目の不調の改善には役立つ成分です。 アスタキサンチン:ピント調節機能の向上 年齢を重ねていくと近くのものや遠くのものが見えにくくなったり、ぼやけてしまう場合があります。 その上「飛蚊症」が重なってしまうとイライラしてしまい、無用なストレスがたまってしまいますよね。 アスタキサンチンにも強力な抗酸化作用が認められており、毛様体筋や網膜への血流促進を促し眼精疲労など現代人につきまとう「慢性的な目の疲れ」に効果が期待できます。 また長時間スマホやパソコンのモニターを見ることで起こる目の筋肉疲労の改善にアスタキサンチンは有用です。 毛様体筋の緊張を緩和してくれるため、ものを見るための「ピント調節機能」をサポートしてくれます。 ゼアキサンチン:目の老化の予防 ゼアキサンチンは「ルテイン」と同様、網膜の黄斑部に多く存在する成分。 黄斑部という組織は「ものを見る機能」として非常に重要な組織。 「色」に敏感な「錐体細胞」が密度高く集まっているため視力や色覚など「ものを見る機能」の重要な部分を担っています。 ゼアキサンチンは紫外線やパソコン、スマホなどからのブルーライトをブロックしてくれるため目を無用な光の刺激から守ってくれます。 またゼアキサンチンにも抗酸化作用があるため、活性酵素により、目の老化を防いでくれます。 クロセチン:早い吸収力 クロセチンも「ルテイン」「アスタキサンチン」と同様に高い抗酸化作用があります。 またそれらの成分との相性も良いため、飛蚊症予防のためのルテインサプリにはクロセチンを含めた3種の成分が配合されていることが多いです。 クロセチンは眼精疲労、睡眠障害などにも効果が期待でき、お肌の健康にも役立てられています。 ルテインなどに比べて「分子」の大きさが小さいので体内に吸収されやすく、ルテインが体内に吸収されるまで1日程度かかるのに対し、クロセチンの場合はおよそ4時間程度で吸収されます。 そのため、ルテインが吸収されるまでの間はクロセチンが活躍してくれることになります。 アントシアニン:「見る機能」を高める アントシアニンもルテイン同様、紫外線やパソコンやスマホなどからのブルーライトといった光の刺激から目を守ってくれます。 こちらも高い抗酸化作用があり、白内障や緑内障、加齢による飛蚊症の予防も期待されるところです。 目から入ってきた光を感じると脳に情報を伝達する働きがあります。 ビタミン:各ビタミンが目の機能をサポート ビタミン群は体全体の健康だけではなく、目の健康面でも非常に重要な栄養素です。 ここでは各ビタミンの「目の健康に作用する内容」について解説していきます。 ビタミンA 網膜や粘膜の保護。 目の乾燥防止。 抗酸化作用により目の新陳代謝をよくする。 ビタミンB群 視力低下防止。 眼精疲労の回復。 充血予防。 ビタミンB1 脳への神経伝達機能の正常化。 視神経の活発化。 ビタミンB2 目の細胞の再生。 充血予防。 眼精疲労の回復。 視神経の活発化。 ビタミンC 水晶体の酸化防止。 白内障の予防。 ビタミンE 眼精疲労の回復。 老眼の予防。 飛蚊症サプリメントの実際の効果 実は当サイトで紹介させていただいている飛蚊症への効果が期待できる「ルテインサプリ」の多くは「健康食品」もしくは「機能性表示食品」です。 現在「薬機法(薬事法)」の関係で、効果効能を表現する方法が限られています。 飛蚊症などの「効果」を明記するためには医薬品であったり、医薬部外品でないと難しいんですね。 そのため、各ルテインサプリのホームページ上では 「飛蚊症に効果がありますよ!」 と、大々的に表現できないんです。 ただ、ルテインサプリに配合されているそれぞれの成分自体は目のため、飛蚊症のために「厚生労働省」でも摂取がすすめられています。 ここでは、厚生労働省を含む飛蚊症についての有識者の「目にいい成分(飛蚊症にいい成分)を摂取した方が良い根拠」を探っていきます。 目薬は飛蚊症の対処法となるのか 結論:目薬は直接飛蚊症を治すものではないと考える。 筆者の経験上ですが、市販の目薬はあくまでも目の充血や疲れを和らげるための「サポート」として使用するもので、飛蚊症の対処法としては「直接的なもの」ではないと考えています。 筆者の愛用品として「アイボン」などの目を洗浄する感覚で使用する目薬や、比較的他の目薬と比べて高価だけども「スースーするだけじゃない効果」を実感できる「Vロートプレミアム」などがありますが、こちらも眼精疲労予防とか家に帰って目の疲れを癒すために使用しています。 おそらく飛蚊症に悩まれている方の中で「飛蚊症 目薬」と検索してみるパターンも少ないと思います。 そこで表示される検索結果としては 「眼科医で瞳孔(もしくはまぶた)を開くために使用する目薬」 がヒットしたのではないでしょうか。 眼科医の先生の中にも「目薬では飛蚊症は治らない」としている方もいらっしゃいますので、受診することは大切ですが、市販の目薬で予防対策しようとは思わない方が良いのかもしれません。 漢方薬は飛蚊症改善に良い? 結論:目に必要な成分を摂取することは可能。 漢方薬の世界では症状を聞いてすぐに処方というより、その人に合わせた形で調剤する方法がとられています。 そのため、飛蚊症の原因をカウンセリングして、喫煙しているとかストレスを感じているとか、老化によるものだろうということで漢方薬をブレンドしていく流れです。 こちらも効果を実感するためには時間がかかりますが、目に必要な成分を漢方薬をチョイスする人がわかっていれば問題ないと思います。 ただ、こちらも筆者の経験上ですが、漢方薬の場合、その人の経験や知識によって選択される漢方はまちまちになる可能性があります。 最初からパッケージ販売されているような漢方薬店であれば「目に良いもの」を選べばOKですが、相談してから調剤するタイプの漢方薬店だと「喫煙」と「精神」の浄化みたいなちょっと離れたところからの改善をはかる場合もあるので、疑問が残る可能性もあります。 実はルテインサプリの中にも「漢方」に通ずる成分があり、「クロセチン」はクチナシの実「山梔子(さんしし)」という漢方。 お茶として飲まれる場合があります。 漢方もある一定の効果を期待できますが、当サイトとしては一番効率よく飛蚊症に良い成分を摂取できるルテインサプリをおすすめしています。 補足:飲み薬 飛蚊症には種類があり、先天性のものや加齢によるものなど、実際には病院での治療が不要(気ならなければ)というものもあります。 ただこれが網膜剥離によるもので手術が必要だとか、眼底出血などがある場合には飲み薬、目薬、場合によっては手術などが必要になります。 気になったらまずは眼科で受診。 ということは心がけておきましょう。 飛蚊症をレーザー治療で治したいという場合、その症状に合わせた術式を選んでもらう必要があります。 網膜光凝固術• 虹彩光凝固術• 隅角光凝固術 これらは保険適用され3割負担の場合であれば5万円前後プラス検査、診察料などがかかります。 一般的には全部で10万円から、と考えておいた方が良さそうです。 筆者の場合、小さい黒い粒が見える時、見えない時がある飛蚊症だったので、レーザー治療を受けるほどではないのかな、と思い実際には試していません。 ただ、この小さい粒の数が増えたり、大きさが出てきた時には考える必要がある方法かな。 と思いました。 現在こちらをご覧いただいているあなたもご自身の飛蚊症の「程度」をよく確認してからレーザー治療が必要かどうか検討してみてください。 飛蚊症予防になる民間療法 筆者のような眼科受診済みで「病的な飛蚊症」ではなく、比較的軽度な飛蚊症の場合、目を温めて軽減するような方法もおすすめです。 ただこちらに関しては「過度の期待」は禁物。 ダメ元でやってみてちょっとでも軽減したら儲けもの。 という感覚で試してみると良いですよ。 目を温める:蒸しタオル、ホットアイマスク 現在「蒸気でホットアイマスク」のような「目をあたためる」グッズもありますよね。 ご家庭では「蒸しタオル」などでも対策ができますが、この方法、夜寝る前などに行うと「目のピント調節機能」を改善するのに役立ちます。 実際には目を温めることによって「目の疲れ」を取り「低下していた目の機能を改善する」というのが正解。 現代人の多くはパソコンのモニターを見ながらデスクワークすることが多く、また寝る直前まで至近距離でスマホをいじるなど「ピントが固定化されているので目の筋肉が疲れている状態」です。 これを和らげるためにはホットアイマスクや蒸しタオルなどで目を温め、目の筋肉の緊張をほぐし、翌日の「目の活動」に備えることが大切です。 飛蚊症の場合はストレスも原因になります。 ホットアイマスクや蒸しタオルで目を温めるのは目に良いだけではなく、精神的なリラックス効果も高いです。 筆者の場合、上記でホットアイマスクを付けたまま朝になっていることが多いですw 経験からは前日に目を温めている場合と、そうでない場合、飛蚊症の出現率が若干少ないのが「温めた場合」な気がします。 【視力を回復させる方法】蒸しタオルで目を温める 過矯正は眼精疲労の原因 目のトレーニングを行う 目のトレーニングには様々な方法がありますが、筆者がいろいろ試してみて良かった方法を2つご紹介。 こちらは飛蚊症に直接的な効果があるわけではありませんが、日常的に疲れがちな目を正常に保つためのトレーニングだと思ってください。 結果的に目の状態が「良くない状態」であれば、飛蚊症の悪化の予防などにつながるかもしれません。 遠近ストレッチ 動画を見ていただくと一目瞭然ですが、遠くを見る、近くを見る。 これだけで大変有効なトレーニングになります。 遠近法の良いところはその場でも時間をかけずできる点。 この方法に気が付くだけでも、普段パソコンのモニターを見すぎたな、ちょっと他に目をやる。 とか電車の中でずっとスマホを見てしまったな、ちょっと窓の外の風景を。 という感じでピントの固定化を防ぐことができるんです。 ステレオグラムでトレーニング ステレオグラムとはひととき流行った「3D絵画」のように、同じ画像が二つならんでいる真ん中を見るようにして焦点をずらし、立体的に見ようとするもの。 YouTube動画で紹介されているのは2つの点を「平行法」で焦点をずらしてトレーニングする方法です。 平行法は今回の動画で言うと、右目で画面左側の点を見て、左目で画面右側の点を見るイメージで行います。 はっきりとした視界でなく、ぼんやりと焦点がずれてくるのが正解。 筆者もなかなか3つの点になりませんでしたw またちょっと気持ち悪くなった場合にはすぐにやめておいてください。 眼科でも治らないと言われた「視野の黒い斑点」が耳のツボ刺激で消えた! こちらのサイトを確認していただけるとわかるのですが、「耳尖(じせん)」というツボへの刺激で飛蚊症が改善(実際には完治…)したという報告が。 筆者も試してみましたが、不思議と右側の耳尖はとても痛く、左側はつねっても痛くないという結果に。 この記事を入力している現在は右目の下まぶたの血管がピクピク動いている状態。 疲れ目って感じだったのでなんらかの関係があるのかもしれません。 飛蚊症のツボ「耳尖」への刺激 図の赤い矢印の先が耳尖です。 ここを刺激するのですがつまんだり、耳全体をもみほぐしたりして1日5分程度行うと良いようです。 食事:飛蚊症対策のために 飛蚊症に限らず、目の健康のために「ルテイン」など人間のカラダで作ることができない成分は積極的に摂取する必要があります。 また当サイトでは一番効率的な摂取方法として「ルテインサプリ」をおすすめしていますが、実際の毎日の食事の中でも少しの「意識改革」で目に良い成分を取り入れることが可能です。 カロテノイド(厚生労働省説明ページ) カロテノイドというのは動植物にある「黄色」や「赤色」の色素の事で、「色素」と聞くと色だけのものととらえがちですが、それぞれに強い抗酸化作用を持ち、人間に必要な栄養素が含まれています。 カロテノイドの多い食品• 緑黄色野菜• マンゴー• パパイヤ• あんず• 柑橘類• すいか• とうもろこし• 赤唐辛子• わかめ• ひじき• 海藻類• 甲殻類• いくら• 卵黄 などなど 自然界には多くのカロテノイドを含む食材があります。 外食などの際にもちょっとだけ「カロテノイド」を意識してメニュー選びをすると今後のカラダと目のために良いと思います。 その他のグッズ ここまで飛蚊症の治し方としておすすめできる「ルテインサプリ」やご自宅で気軽にできる「民間療法」などについてお知らせしてきました。 当サイトへのお問い合わせでは「ピンホールメガネってどうなんですか?」とか「鍼灸(針治療やお灸)で飛蚊症軽減できますか?」といった少数派の方もいらっしゃいますので、それぞれ調査してみました。 ピンホールメガネ ピンホールメガネの場合は視力低下している状態で「ものが見えやすくなる」という効果があります。 また飛蚊症の場合には大きな視界の場合には見えていた黒い点や糸、煙のようなものが「見えにくくなる」ので、飛蚊症でイライラしている方にはある一定の「精神的」な効果はあるのかもしれません。 ただピンホールメガネ自体が飛蚊症の治し方につながるかというと疑問です。 お灸、針治療 眼科で受診した後、「飛蚊症は基本的に完治は不可能」というイメージを持った方が考える方法の一つが「飛蚊症の鍼灸(しんきゅう)治療」です。 漢方薬などの「中医学」の考え方として、目の不調は「肝(内臓)」からと考えられています。 そのためお灸での飛蚊症治療の場合、内臓、特に肝臓関連への間接的な効果を狙うものがあります。 また針治療では目に関連するツボなどへの刺激から飛蚊症改善を狙うものや、ツボ付近にたまった「汚い血」を外に出すことで改善する。 というものがあります。 いずれも料金はかかりますが、病院でレーザー治療をしても飛蚊症が再発してしまった場合やルテインサプリを3、4か月以上続けても効果を実感できなかった場合などに検討材料にしても良いかもしれません。 まとめ:まずは眼科での受診を ここまで「飛蚊症の治し方」についてルテインサプリをはじめ様々な方法をお知らせしてきました。 実際にはご自身で「飛蚊症かもしれない」状態の時には、一度は眼科での受診をおすすめします。 飛蚊症には種類があり、先天性のものや加齢やストレスによるもの。 網膜剥離の疑いがあるものや脳の疾患の恐れがあるものなど様々。 自己判断で適当な手段でごまかしていると「なぜか治らない」「改善しない」ため、段々と飛蚊症自体に慣れてしまい、治療しておこうという気が失せてしまいます。 ルテインサプリなど含め今回の記事で紹介した方法の多くは「病的な理由の飛蚊症」以外に有用な方法です。 特に筆者おすすめのルテインサプリに関しては、まずは3ヶ月続けてみることで、飛蚊症の出現率の低下だけではなく、目の調子が徐々に良くなってくる。 ということが実感できると思います。 現在お得なキャンペーンが開催されているサプリメーカーもありますので、まずはランキングをチェックしてみてください。 Check!

次の

えっ!飛蚊症が目薬で治せる?その方法とは?

飛 蚊 症 目薬 サンテ

飛蚊症の原因はさまざま。 治療が必要な飛蚊症かどうかを見極めることが必要です 飛蚊症は比較的よくある目の病気ですが、ごく軽い症状で治療の必要がない生理的なものから、網膜裂孔などの治療が必要なものまで、原因はさまざまです。 飛蚊症で眼科に来られる方の原因として特に多い3つの原因を解説します。 後部硝子体剥離による飛蚊症 飛蚊症の原因で最も多いのは「後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)」という病気に伴って発生した硝子体(しょうしたい)の濁りが自分で見えてしまうものです。 例えば焼き魚を食べるときに、魚の目から透明のゼリー状の物が出てくるのを見たことはないでしょうか? これが硝子体で、目の中身のほとんどを占めています。 硝子体は「硝子体膜」というふくろに包まれた状態で目の中に入っていて、そのふくろは目の中で網膜(カメラでいうとフィルムにあたる部分)にへばりついています。 硝子体は年々収縮していき、ある年齢になると硝子体膜が網膜からはがれます。 これが後部硝子体剥離です。 人により若くしてなる人もいれば、歳をとってからなる人もいます。 このとき、後部硝子体膜、すなわち網膜に接している硝子体膜についてきた網膜の細胞が自分で見えることがあり、飛蚊症の原因で多いものの一つです。 網膜からふくろがはがれていくとき、網膜が刺激されてピカピカと光が見えることがあります。 暗いところでも光るのが特徴です。 不思議に感じられると思いますが、みなさんも目をぶつけたとき、ぴかっと光るように感じられたことがあるかもしれません。 私はサッカーをやっていましたが、サッカーボールが目にぶつかってものすごい光を感じたことがありました。 網膜はなんらかの衝撃を受けると信号を脳に送りますが、その信号が光を受けたときに送る信号と同様なので、脳が「光っている」と間違って判断してしまうためだろうと推定されます。 後部硝子体剥離と診断されたときの注意点 後部硝子体剥離に伴う生理的飛蚊症と診断された場合、以下の2つの症状に気をつけましょう。 もし同様の症状が現れた場合は眼科を受診してください。 後述の「網膜裂孔」が発生している可能性があります。 速やかに再受診をお薦めします。 後部硝子体剥離による飛蚊症の治療法については「」の最初の項目をご覧ください。 網膜裂孔(もうまくれっこう)による飛蚊症 飛蚊症の原因として2番目に多いのが、先述の「後部硝子体剥離」に伴って網膜裂孔(もうまくれっこう)」が起こっている場合。 後部硝子体剥離が起こる時に、網膜の一部と後部硝子体が強く癒着していると、その部分の網膜が強く引っ張られ網膜に裂け目ができてしまうことがあります。 これが「網膜裂孔」です。 網膜裂孔ができると、そこから眼内の水分が網膜の下にしみこんで行き、高い確率で網膜はく離を引き起こします。 網膜裂孔ができる時は、網膜が裂ける時に網膜の一部が粉のようになって眼内に飛び散ったり、裂け目からの出血が眼内に飛び散ったりするため、後部硝子体剥離のみの場合の飛蚊症よりも強い症状が出る場合が多いです。 網膜裂孔による飛蚊症の治療法については「」をご覧ください。 若年性・原因不明の飛蚊症 3番目に多いのが原因不明の飛蚊症。 最初に解説した、後部硝子体剥離による生理的飛蚊症は、早い人で30代半ば頃から発症しますが、全国から来られる患者さんと接しているうちに、それよりずっと若い10代、20代といった年齢でも飛蚊症に悩んでいる人がとても多くいらっしゃることがわかりました。 それらの患者さんの硝子体を詳細に観察したところ、高い確率で硝子体に混濁があることを発見し、硝子体の前部や中部にある場合が多いですが、おそらくこの濁りが自分で見えてしまっているのだと思います。 自分の飛蚊症の原因を正しく診断してもらった上で、治療をするかどうか、また、適切な治療法を選択する必要があります。 若年性・原因不明の飛蚊症の治療の考え方については「」の後半をご覧ください。

次の