節約ご飯。 サンキュ!食費節約大賞受賞

節約料理 人気ブログランキングとブログ検索

節約ご飯

「節約」という言葉、一人暮らしの人はよく耳にするワードではないでしょうか。 節約と言われてパッと思い浮かぶのは食費だと思います。 そもそも、 食費は一ヶ月でどのくらいかかっているのでしょうか。 どうすれば、食費を減らすことができるのでしょうか。 一人暮らしの人が抱いている素朴な疑問を解決したいと思います! 一人暮らしの食費ってどのくらいかかる? 一人暮らしを始めると、節約をせざるをえなくなる時が必ずと言って良いほど来ます。 収入と比べて支出が増えてしまうことが多いからでしょう。 節約を始めるとなったときに、削減しようと思うのは「食費」だと思います。 そもそも、一人暮らしの食費の平均っていくらくらいなのでしょうか。 節約するコツはあるのでしょうか。 社会人は職場がビジネス街にあることが多く、どうしても 昼食にお金がかかります。 また、立場の問題からあまり質素な食事にすることも現実的でなく、学生よりも多額になります。 営業職では仕事上の飲み会もあり、実質的にどのくらいかかっているかを把握しにくいところではあります。 学生の場合 およそ 2万円と言われています。 食べる量は社会人よりも多いですが、賄いがあるアルバイトをしていたり、実家から食材や缶詰などが送られてくるケースが少なからずあることから、平均値が低くなります。 いわゆるタダでもらえるものを除いた金額を計算すれば、平均値は大きく変化するでしょう。 また社会人ほどストレスが溜まる立場ではないことから、飲酒をすることも少ないですし、食事の面で無理をしてもダメージがあまり大きくない特徴があります。 食費の目安ってどれくらい? 食べることに関する 費用を収入で割った数値をエンゲル係数と呼びます。 この数字は生活に余裕がある人ほど低くなります。 理想は15~18%ですが、無理にその数値に近づけなくても問題はありません。 あくまでも健康に留意した上で 節約するコツは、自炊を行うことです。 特に社会人の方は時間がなくて難しいですが、手間もかからず、手っ取り早く効果が出る方法があります。 それは ご飯を炊き、お茶を沸かすことです。 まずはこれだけで構いません。 この2つだけを徹底すれば、夜中にコンビニや自動販売機で高い飲み物を買うことがなくなり、自炊をしていなくても買うのはおかずだけになります。 これだけで簡単に1ヶ月 1万円近く変わるでしょう。 料理に使う食材を安くすませればいいというわけではありません。 もちろんそれも一つの手段ですが、 料理を作る前にできる節約術があるのです。 一週間単位で予算を決める 効率的に自炊を行うには、 一度に作るロットを大きくするのがポイントです。 一週間に使う具体的な金額を決めることよりも、予算を決めることで一週間の食事の内容が決まることに意義があります。 例えばカレーや煮物を一度に大量に作り、それを順番に食べていけばかかるお金は少なくて済みますし、毎週メニューを変えれば栄養の偏りもありません。 まずは 予算に基づいたメニューを立案してみましょう。 近くのスーパーを下調べ 都会に住んでいる方は、家の近所にスーパーがいくつもあるはずです。 いつも一番近いところではなく、 様々なスーパーで買い物をしてみましょう。 各々のスーパーには特色があり、生鮮食品の鮮度が良いところ、とにかく安いところなど違った魅力があります。 その中でメインとなるスーパーが決まれば、次は 安売りのタイミングを把握します。 チェーンにより安売りをする曜日は異なり、毎回安いタイミングで食材を購入できれば、 1年も経つと大きな差になります。 腐らせない量を考える せっかく作ったものを腐らせるのは自炊をする上で最大の愚行です。 作ったものが腐るタイミングがわからないうちは、 冷蔵庫のスイッチを強にしましょう。 慣れてくると少しづつわかってきますので、食べる量を計算して作ることができるようになります。 また、 ドアポケットは非常に腐りやすい位置ですので、作ったものは小さくても 冷蔵庫の奥に入れましょう。 冷凍保存を活用しまくる 冷凍保存をすると、基本的に 腐敗が進行しません。 極端な話では作ってから数ヶ月経ったものでも食べられます。 しかし味や栄養の面から、 やり過ぎは好ましくありません。 しばらく忙しくなるようなときに活用しましょう。 マメ知識として、特に ご飯を冷凍するときはラップで完全密封すると、解凍したときに食感が落ちません。 炭水化物ですので、ご飯と同じように何でも合いますし、チルドのそばやうどんは 茹でなくても食べられるものがあります。 お腹いっぱい食べても100円もかかりません。 非常に便利な食材ですが、 麺類に偏らないように心がける必要があります。 収入を上げることが大事ですが、健康に気を付けながら無駄な支出を減らし、有意義なお金の使い方をしましょう。 きっと世界が広がります。 一人暮らしで美味しくてお安い、オススメな食材7選! 一人暮らしのとき、必ず出て行く出費の一つに「食費」があります。 食べるものについての出費はとても重要なものなのですが、節約をしたいという人ならば工夫して安くできる出費でもありますよね。 でも 健康やカロリーを考えると、そう簡単に安くばかりもできないものです。 そんな一人暮らしの食事では、食材などで工夫すると出費も減らせます。 食材選びを中心に、レシピなども工夫してみていきましょう。 主食はお米 まず、基本となるのは「 お米をメインとした食事にする」ということです。 普通のご飯もできますし、雑炊やおかゆなどアレンジが豊富で、冷凍保存もできます。 パスタやパンも冷凍保存できますが、ご飯にすると量を調整しやすくなり、コストも安くなるためです。 また、冷蔵庫の中身が空でも、最悪でも塩や味噌などの調味料だけでも十分美味しく食べることができます。 いざという時ならば、塩おにぎりだけでも空腹はしのげます。 肉なら鶏胸肉 お肉は牛肉や豚肉も美味しいのですが、 メインとなるのはやはり鶏肉、それも安い鶏胸肉です。 鶏胸肉はそのまま普通に調理するとパサパサした食感があり、なかなか苦手な人も多いお肉です。 ですが、工夫すれば美味しく食べられますし、レシピ次第ではゴージャスなメニューにすることもできます。 また、分けて冷凍したり、焼いた状態でほぐして冷凍するなど、 たくさんの保存方法もあります。 そのままでも十分美味しくなるのですが、味をつけるなど工夫すれば安くて良い料理になるでしょう。 栄養も取れる豆腐・納豆 また、豆腐や納豆などの大豆加工品もかなり重要です。 大豆加工品となる豆腐や納豆はタンパク質が多く、 タンパク質不足で体の調子が悪いときにも向いています。 それぞれ 小分けになっているので分割して使いやすく、醤油やタレをかけるだけで簡単に食べられるのでおかずを簡単に増やしたいときにもいいでしょう。 日持ちはそれなりですが、調理をすれば更に長持ちできます。 卵は常備 卵は 値段が安く、たくさん用途があるというのがメリットです。 買ってきて数日ならシンプルに卵をかけてたまごかけごはんにしてもいいですし、ゆで卵にして保管してもいいですね。 賞味期限が過ぎてもしっかり加熱すれば食べられる事が多いので、いつも冷蔵庫に常備しておきたい食材です。 卵に関しては特に特売の安い日を狙ったり、もとも安いお店を狙うと安く購入できるでしょう。 果物はバナナ 果物はビタミン豊富でデザートや間食にもなりますね。 基本的にはバナナがおすすめです。 バナナはいつの季節にもあり、 値段も安く、購入しやすくなっています。 そのまま食べてもいいですし、 ミキサーで牛乳と一緒にジュースにする方法もあります。 皮ごと持ち歩いてお弁当のデザートにもいいですね。 かさ増しにも使えるもやし もやしも 価格が安く、いろいろな用途に使えます。 炒め物や煮物、焼き物などにアレンジできますし、味噌汁の具などにもできます。 かさ増しなら ラーメンの具やハンバーグにすると満足感も増えるでしょう。 お茶は家で作る ペットボトルで購入すれば手軽なお茶も、家で作れば驚くほど 安くなります。 水道代と茶葉の代金さえあれば大量に作れますし、ペットボトルを買うのよりもだいぶ節約になります。 徹底的に節約したいときは、ボトルにお茶を詰めると出先でドリンクを買わなくていいですね。 いろんなレシピがあり、節約食材を使ったレシピも多くなっています。 クックパッドの節約レシピ クックパッドはレシピサイトの中でも最大規模のサイトで、いろいろな節約レシピがあります。 レシピ数が多く、人気のレシピならば美味しい料理ができますよ。 いろいろなレシピがありますので、食材名などで探すと節約レシピがヒットします。 NAVERまとめの節約レシピ NAVERまとめは様々な情報をまとめたサイトで、いろいろなサイトに掲載されている節約レシピをまとめたものが多くなっています。 ある食材を今 日はどう調理しようと迷うときや、食材での料理のレパートリーを増やしたいときなどにおすすめです。 楽天レシピ 楽天レシピは プロから一般の主婦まで、 様々なレシピがあり 、もちろん節約レシピも多くあります。 楽天系列なので、いろいろな商品とのコラボやキャンペーンも積極的に行われているようです。 まとめ 「自炊」の節約術いかがでしたか? 料理を作る過程から意識をして節約をしておけば、意外としっかりとした美味しいご飯を食べることができますよ。 自分にピッタリ合って、お得感のある節約術をぜひ実践してみてください。

次の

サンキュ!食費節約大賞受賞

節約ご飯

「節約」という言葉、一人暮らしの人はよく耳にするワードではないでしょうか。 節約と言われてパッと思い浮かぶのは食費だと思います。 そもそも、 食費は一ヶ月でどのくらいかかっているのでしょうか。 どうすれば、食費を減らすことができるのでしょうか。 一人暮らしの人が抱いている素朴な疑問を解決したいと思います! 一人暮らしの食費ってどのくらいかかる? 一人暮らしを始めると、節約をせざるをえなくなる時が必ずと言って良いほど来ます。 収入と比べて支出が増えてしまうことが多いからでしょう。 節約を始めるとなったときに、削減しようと思うのは「食費」だと思います。 そもそも、一人暮らしの食費の平均っていくらくらいなのでしょうか。 節約するコツはあるのでしょうか。 社会人は職場がビジネス街にあることが多く、どうしても 昼食にお金がかかります。 また、立場の問題からあまり質素な食事にすることも現実的でなく、学生よりも多額になります。 営業職では仕事上の飲み会もあり、実質的にどのくらいかかっているかを把握しにくいところではあります。 学生の場合 およそ 2万円と言われています。 食べる量は社会人よりも多いですが、賄いがあるアルバイトをしていたり、実家から食材や缶詰などが送られてくるケースが少なからずあることから、平均値が低くなります。 いわゆるタダでもらえるものを除いた金額を計算すれば、平均値は大きく変化するでしょう。 また社会人ほどストレスが溜まる立場ではないことから、飲酒をすることも少ないですし、食事の面で無理をしてもダメージがあまり大きくない特徴があります。 食費の目安ってどれくらい? 食べることに関する 費用を収入で割った数値をエンゲル係数と呼びます。 この数字は生活に余裕がある人ほど低くなります。 理想は15~18%ですが、無理にその数値に近づけなくても問題はありません。 あくまでも健康に留意した上で 節約するコツは、自炊を行うことです。 特に社会人の方は時間がなくて難しいですが、手間もかからず、手っ取り早く効果が出る方法があります。 それは ご飯を炊き、お茶を沸かすことです。 まずはこれだけで構いません。 この2つだけを徹底すれば、夜中にコンビニや自動販売機で高い飲み物を買うことがなくなり、自炊をしていなくても買うのはおかずだけになります。 これだけで簡単に1ヶ月 1万円近く変わるでしょう。 料理に使う食材を安くすませればいいというわけではありません。 もちろんそれも一つの手段ですが、 料理を作る前にできる節約術があるのです。 一週間単位で予算を決める 効率的に自炊を行うには、 一度に作るロットを大きくするのがポイントです。 一週間に使う具体的な金額を決めることよりも、予算を決めることで一週間の食事の内容が決まることに意義があります。 例えばカレーや煮物を一度に大量に作り、それを順番に食べていけばかかるお金は少なくて済みますし、毎週メニューを変えれば栄養の偏りもありません。 まずは 予算に基づいたメニューを立案してみましょう。 近くのスーパーを下調べ 都会に住んでいる方は、家の近所にスーパーがいくつもあるはずです。 いつも一番近いところではなく、 様々なスーパーで買い物をしてみましょう。 各々のスーパーには特色があり、生鮮食品の鮮度が良いところ、とにかく安いところなど違った魅力があります。 その中でメインとなるスーパーが決まれば、次は 安売りのタイミングを把握します。 チェーンにより安売りをする曜日は異なり、毎回安いタイミングで食材を購入できれば、 1年も経つと大きな差になります。 腐らせない量を考える せっかく作ったものを腐らせるのは自炊をする上で最大の愚行です。 作ったものが腐るタイミングがわからないうちは、 冷蔵庫のスイッチを強にしましょう。 慣れてくると少しづつわかってきますので、食べる量を計算して作ることができるようになります。 また、 ドアポケットは非常に腐りやすい位置ですので、作ったものは小さくても 冷蔵庫の奥に入れましょう。 冷凍保存を活用しまくる 冷凍保存をすると、基本的に 腐敗が進行しません。 極端な話では作ってから数ヶ月経ったものでも食べられます。 しかし味や栄養の面から、 やり過ぎは好ましくありません。 しばらく忙しくなるようなときに活用しましょう。 マメ知識として、特に ご飯を冷凍するときはラップで完全密封すると、解凍したときに食感が落ちません。 炭水化物ですので、ご飯と同じように何でも合いますし、チルドのそばやうどんは 茹でなくても食べられるものがあります。 お腹いっぱい食べても100円もかかりません。 非常に便利な食材ですが、 麺類に偏らないように心がける必要があります。 収入を上げることが大事ですが、健康に気を付けながら無駄な支出を減らし、有意義なお金の使い方をしましょう。 きっと世界が広がります。 一人暮らしで美味しくてお安い、オススメな食材7選! 一人暮らしのとき、必ず出て行く出費の一つに「食費」があります。 食べるものについての出費はとても重要なものなのですが、節約をしたいという人ならば工夫して安くできる出費でもありますよね。 でも 健康やカロリーを考えると、そう簡単に安くばかりもできないものです。 そんな一人暮らしの食事では、食材などで工夫すると出費も減らせます。 食材選びを中心に、レシピなども工夫してみていきましょう。 主食はお米 まず、基本となるのは「 お米をメインとした食事にする」ということです。 普通のご飯もできますし、雑炊やおかゆなどアレンジが豊富で、冷凍保存もできます。 パスタやパンも冷凍保存できますが、ご飯にすると量を調整しやすくなり、コストも安くなるためです。 また、冷蔵庫の中身が空でも、最悪でも塩や味噌などの調味料だけでも十分美味しく食べることができます。 いざという時ならば、塩おにぎりだけでも空腹はしのげます。 肉なら鶏胸肉 お肉は牛肉や豚肉も美味しいのですが、 メインとなるのはやはり鶏肉、それも安い鶏胸肉です。 鶏胸肉はそのまま普通に調理するとパサパサした食感があり、なかなか苦手な人も多いお肉です。 ですが、工夫すれば美味しく食べられますし、レシピ次第ではゴージャスなメニューにすることもできます。 また、分けて冷凍したり、焼いた状態でほぐして冷凍するなど、 たくさんの保存方法もあります。 そのままでも十分美味しくなるのですが、味をつけるなど工夫すれば安くて良い料理になるでしょう。 栄養も取れる豆腐・納豆 また、豆腐や納豆などの大豆加工品もかなり重要です。 大豆加工品となる豆腐や納豆はタンパク質が多く、 タンパク質不足で体の調子が悪いときにも向いています。 それぞれ 小分けになっているので分割して使いやすく、醤油やタレをかけるだけで簡単に食べられるのでおかずを簡単に増やしたいときにもいいでしょう。 日持ちはそれなりですが、調理をすれば更に長持ちできます。 卵は常備 卵は 値段が安く、たくさん用途があるというのがメリットです。 買ってきて数日ならシンプルに卵をかけてたまごかけごはんにしてもいいですし、ゆで卵にして保管してもいいですね。 賞味期限が過ぎてもしっかり加熱すれば食べられる事が多いので、いつも冷蔵庫に常備しておきたい食材です。 卵に関しては特に特売の安い日を狙ったり、もとも安いお店を狙うと安く購入できるでしょう。 果物はバナナ 果物はビタミン豊富でデザートや間食にもなりますね。 基本的にはバナナがおすすめです。 バナナはいつの季節にもあり、 値段も安く、購入しやすくなっています。 そのまま食べてもいいですし、 ミキサーで牛乳と一緒にジュースにする方法もあります。 皮ごと持ち歩いてお弁当のデザートにもいいですね。 かさ増しにも使えるもやし もやしも 価格が安く、いろいろな用途に使えます。 炒め物や煮物、焼き物などにアレンジできますし、味噌汁の具などにもできます。 かさ増しなら ラーメンの具やハンバーグにすると満足感も増えるでしょう。 お茶は家で作る ペットボトルで購入すれば手軽なお茶も、家で作れば驚くほど 安くなります。 水道代と茶葉の代金さえあれば大量に作れますし、ペットボトルを買うのよりもだいぶ節約になります。 徹底的に節約したいときは、ボトルにお茶を詰めると出先でドリンクを買わなくていいですね。 いろんなレシピがあり、節約食材を使ったレシピも多くなっています。 クックパッドの節約レシピ クックパッドはレシピサイトの中でも最大規模のサイトで、いろいろな節約レシピがあります。 レシピ数が多く、人気のレシピならば美味しい料理ができますよ。 いろいろなレシピがありますので、食材名などで探すと節約レシピがヒットします。 NAVERまとめの節約レシピ NAVERまとめは様々な情報をまとめたサイトで、いろいろなサイトに掲載されている節約レシピをまとめたものが多くなっています。 ある食材を今 日はどう調理しようと迷うときや、食材での料理のレパートリーを増やしたいときなどにおすすめです。 楽天レシピ 楽天レシピは プロから一般の主婦まで、 様々なレシピがあり 、もちろん節約レシピも多くあります。 楽天系列なので、いろいろな商品とのコラボやキャンペーンも積極的に行われているようです。 まとめ 「自炊」の節約術いかがでしたか? 料理を作る過程から意識をして節約をしておけば、意外としっかりとした美味しいご飯を食べることができますよ。 自分にピッタリ合って、お得感のある節約術をぜひ実践してみてください。

次の

節約ご飯もガッツリと!美味しく食べて節約しよう!|【enepi

節約ご飯

夜ご飯のおかずを節約したい、なるべくお金をかけずに作りたいという方は必見です。 この記事では、100円以下~300円以下で作れるメニューを10個厳選してご紹介します。 さらに、節約料理に役だつ食材もご紹介しますので金欠のときなどの参考にもなります。 どれも手間なく・簡単に作れるものを選びましたので、ズボラな人でも大丈夫です。 この機会に、節約レシピをマスターしましょう! 【100円以下】の節約夜ご飯メニュー まずは1食分が100円以下でできてしまう夜ご飯レシピをご紹介します。 100円以下で夜ご飯を作れるということは、金欠になったときでもご飯を食べられる可能性が高いのです。 もしも給料日前で金欠のときは、100円以下で作れるメニューを駆使して乗り切りましょう! 1. 外食した気分になれる!安いのに美味しいふわトロ天津飯 楽天レシピの「100円以下の節約料理」で1位のレシピです!外食して天津飯を食べると500円以上するのですが、自作すれば一人あたり100円以下で食べることがでるって驚きですよね。 また、材料も冷蔵庫の中にあるものだけで作れます!金欠状態になったときや、手軽に1品食べたいときに役立つレシピです。 材料は以下のとおりです。 内訳 2人分:調味料と米代は除く• ご飯茶碗:2杯分• 卵:4個(40円)• カニカマ 4本(120円)• 塩 少々• サラダ油 大さじ2• 冷凍グリーンピース 少量 甘酢あん• 水 200ml• 醤油 大さじ1• 砂糖 大さじ1• オイスターソース 小さじ1• 一人暮らしの強い味方!ナスだけ丼 一人暮らしの方だと、ナスが半端に余ってしまうことも多いですよね。 そんなとき、作って欲しいのがナスだけ丼です!ナスだけで丼ものが作れるなんて、このレシピは知っておいて損はないです。 もちろん一人暮らしの方だけでなく、二人暮らし以上の方にもおすすめです。 夏にナスを大量買いするときは、ぜひ作ってみてください。 簡単で、手間なく作れる1品料理です。 材料は以下のとおりです。 内訳 2人分:調味料と米代を除く• ナス:1本(50円)• 生姜スライス:2~3枚(20~30円)• 片栗粉:適量• みりん:大さじ4• 醤油:大さじ2• いりごま:適量• ネギの小口:切りお好みで• 卵:2個(20円)• オムキャベの中にもやしを入れることでかさ増しができ、節約料理だけど満腹感を得られる1品です。 ダイエット中でボリュームあるご飯を食べたいというときにもおすすめです。 おつまみにもなりますので、ぜひ覚えておきましょう! 材料は以下のとおりです。 内訳(2人分:調味料代を除く)• 塩コショウ:少々• 卵:2個(20円)• サラダ油:小さじ1• お好みソース:大さじ1• マヨネーズ:小さじ1• rakuten. 』で簡単!ピリ辛炒め 節約料理食材のもやしと合い挽き肉を使った、簡単でご飯がすすむおかずレシピです。 もやしを1袋使うので、ボリュームも満点です。 また、合挽き肉でも豚挽き肉でもOKとのことだったので使いやすいレシピです。 もやし料理や挽き肉料理のレシピを増やしたい方、炒め物でささっと料理を作りたい方におすすめです。 材料は以下のとおりです。 内訳 2人~3人分:調味料代を除く• もやし:1袋(30円)• 合挽き肉(牛でも豚でもOK):50g(50円)• 刻みネギ:2掴み• 醤油:大さじ1• 酒:大さじ1• みりん:大さじ1• 豆板醤:お好み量• 鶏ガラスープの素:少々• もやしのピリ辛炒め』 【200円以下】の節約夜ご飯メニュー こちらでは、1食200円以下の夜ご飯メニューをご紹介します。 1食100円も200円もあまり変わらないと思う方もいらっしゃるでしょう。 しかし、少し使えるお金が増えるだけで豪華なものが作れます。 以下のレシピでは、少し豪華でかつ簡単に作れるものをご紹介します。 豪華で美味しい!カルボナーラ 1食200円以下で豪華なカルボナーラを作ることができるんです!カルボナーラはお店で食べると、どんなに安くても500円程度はかかってしまいます。 しかし、自炊して作るカルボナーラは200円で食べられます。 豪華な見た目とは簡単にお手軽に作ることが可能で、おもてなし料理にもピッタリです。 ぜひメニューを覚えておきましょう! 材料は以下のとおりです。 内訳 2人分:調味料代を除く• パスタ:2束(10円)• 鮭:5切れ(100円)• コンソメ:1個• 牛乳:300cc(65円)• チーズ:200g(120円)• バター5g:(20円)• この中華風クッパは野菜がたっぷり入っているため、節約料理をしつつも健康的な食生活を可能にします。 このクッパにはもやしやニラ、しめじなどの野菜が含まれており、 野菜不足が気になる方や手軽で美味しい中華を食べたい方におすすめです! 材料は以下のとおりです。 内訳 1人分:調味料代を除く• ご飯:1号• ウェイパー:小さじ2• 水:400cc• 節約も健康的な食事もできる!ねばねばそば お蕎麦は、実はあまり知られていませんが役立つ超コスパの良い食材の1つです。 生めんだと1袋30円程度で売られており、乾麺だと300g当たり100円程度で売られています。 給料日前のお助け主食になるため、安売りのときに乾麺を購入しておくと良いでしょう。 さらにこのレシピではおくらや納豆といったねばねばしたものがたくさん含まれており、とても健康的です。 さっぱりしたものが食べたい方、夜ご飯は消化の良いものを食べたい方におすすめです。 材料は以下のとおりです。 内訳 1人分:調味料代を除く• そば:100g(35円)• おくら:半パック(50円)• 納豆:1パック(20円)• きゅうり:1本(40円)• のり:適量• 1食に300円のお金を使えるとなると、豪華な夜ご飯を作ることが可能になります。 自分へのご褒美や、友人などが来たときのおもてなし料理として出すのも良いでしょう! 1. ちょっと豪華な鶏むね肉のネギ塩焼き 鶏むね肉を1枚丸ごと使ったレシピです。 見た目がとても豪華で、パーティーなどのときに出せば喜ばれること間違いなしです。 また、調味料も家庭にあるものだけで作れるので、特に準備する物はありません。 簡単に美味しく作れるレシピですので、お家でパーティーなどをすることが多い方にはぜひ覚えてもらいたい1品です。 材料は以下のとおりです。 内訳 2人分:調味料代を除く• 鶏むね肉:1枚300g程度(220円)• 塩:少々• 酒:大さじ1• 片栗粉:大さじ1• 〇黒胡椒:少々• 長ネギ:細め2本• 作り置きできるから便利!タコとロックリーのガーリック炒め 300円以下で見た目も栄養価も抜群のレシピのご紹介です。 節約料理をしていると、魚介類などは高くて敬遠しがちですが、特売日などを狙って賢くゲットしてきましょう。 特にタコは、ビタミンEやビタミンB12、亜鉛などが含まれており、お肌の若返り効果や貧血予防、免疫力を高める効果があります。 よって、特売で安く売られていたら購入し、作り置きおかずにして、効率的に摂取しておきましょう。 材料は以下のとおりです。 内訳 5人分:調味料代を除く• ボイルタコ:足2本ほど(400円)• ブロッコリー:1株(150円)• あらびきガーリック:ひとふりほど• 岩塩:1~2ふりほど• ブラックペッパー:1~2ふりほど• オリーブオイル:大さじ1ほど• おかずにもおつまみにもなる!ピーマンの豚小間巻き 最後は、がっつりとしたものが食べたいときにおすすめのメニューです。 ピーマンにはベータカロチンやビタミンCが豊富です。 特にピーマンに含まれているビタミンCは過熱してもあまり壊れないため効果的に摂取することができます。 さらにチーズや豚肉も入り、たんぱく質も豊富ですので栄養満点!疲れがなかなか抜けないときなどに食べると良いでしょう! 材料は以下のとおりです。 内訳 2人~3人分:調味料代を除く• ピーマン:4個(100円)• プロセスチーズ:4つ(100円)• 豚コマ:100g(105円)• もしもお金が足りなくなったときは、下記の食材を有効活用しましょう! 栄養価などもご紹介するので、購入するときの参考にしていただければ幸いです。 もやしにはあまり栄養価がないと思われがちですが、実は違います。 もやしに含まれている栄養素は以下のとおりです。 カルシウム• カリウム• ビタミンB1• ビタミンC• 食物繊維• アスパラギン酸 もやしには、生活習慣病やスタミナの回復などの効果があるといわれています。 また、カロリーも少ないため、野菜不足を解消したい方やかさ増しをして満腹感を得たい方は積極的にもやしを食べるようにしましょう。 卵1個で摂れる栄養素はとても多く、「1日1個」食べると体に良いとされています。 そんな卵の栄養価は以下のとおりです。 タンパク質• ビタミンE• ビタミンB1• ビタミンB12• ビタミンA• ビタミンD• 和えん• マグネシウム• カルシウム 卵は、ひよこの骨格や細胞を作るための栄養素が全て卵1つに含まれているため「完全栄養食品」とも呼ばれています。 特に卵は豊富なたんぱく質が豊富で、免疫力アップや老廃物の排泄などに役立ちます。 お豆腐には以下のような栄養価があります。 タンパク質• レシチン• サポニン• イソフラボン• オリゴ糖• カルシウム お豆腐にはイソフラボンが豊富に含まれており、女性ホルモンと似たような働きをするため、女性の美しさや若々しさを助けてくれます。 さらに、髪の形成にも役立ちますので抜け毛や薄毛対策にも良いとされているので積極的に食べるようにしましょう。 そんな鶏むね肉の栄養価は以下のとおりです。 タンパク質• ビタミンB1• ビタミンB2• ビタミンE タンパク質を構成するアミノ酸には、体内で作ることができない「必須アミノ酸」と呼ばれるものがあります。 鶏肉には必須アミノ酸がバランスよく含まれており、さらにビタミンAやビタミンB群グンなどもあります。 アミノ酸を効率的に摂取するためには、ビタミンの働きが必要となりますので、鶏肉を摂取することは効率よくアミノ酸とビタミンを摂取することと同じといえます。 鶏肉と同じくらい食卓に並ぶ回数が多い食材でもあります。 そんな利用頻度の高い豚肉の栄養価は以下のとおりです。 タンパク質• ビタミンB1• ナイアシン• カリウム 豚肉は豊富なビタミンとミネラルが含まれている食材です。 ビタミンとミネラルは身体の機能を維持するための栄養素です。 代謝や筋肉、骨などを正常に機能させてくれます。 豚肉にはビタミンB群が豊富ですが、その中でも最も多いのがビタミンB1です。 ビタミンB1はエネルギーの代謝を促す働きのあるビタミンで、脳の働きに必要なブドウ糖を生成するのにも必要なものなのです。 普段か ら脳を使う仕事や勉強を行っている人は積極的に摂取しましょう。 まとめ 節約夜ご飯メニューをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。 100円以下~300円以下で作れるレシピがたくさんありました。 100円以下でも、十分い美味しいご飯が作れることがわかりましたね。 また、少し使うお金を増やすだけで豪華な食事を作れたり、意外と手間をかけずに見栄えの良い食事を作ることができることも判明しました。 節約夜ご飯メニューは、まだまだたくさんありますので、自分で検索するのも楽しいのでおすすめです。 様々なメニューがありますので、自分ができそうな料理やおもてなしができそうな料理にどんどん挑戦していきましょう。 そして、節約レシピをたくさん覚えて、お金をかけなくても美味しいご飯が作れるようになりましょう!.

次の