クイズ番組 英語。 子供も夢中!英語で3ヒントクイズを作ろう!|【公式】「ディズニー英語システム」(DWE)|子供・幼児英語教材|ワールド・ファミリー

『クイズ・ショウ(1994)』|英会話|アルク

クイズ番組 英語

Vol. 212 『クイズ・ショウ(1994)』 1950年代に実際にあった、アメリカNBC局のテレビ番組スキャンダルの映画化。 超人気クイズ番組「21(トウェンティワン)」は、視聴率の伸び悩みによりスポンサーにテコ入れを要請されていた。 そこでプロデューサーは、それまで勝ち続けていた庶民派のクイズ王ハービーを降板させ、若くてハンサムな大学講師のチャーリーを担ぎ出すが……。 エンライト:じゃ、 楽しみにしてますよ。 白羽の矢を立てたチャーリーが、番組への出演を承諾した。 プロデューサーのエンライトは、打ち合わせの後、満足げにチャーリー言葉を掛ける。 look forward to は、受験英語としてもよく紹介される熟語で、「期待している」、「心待ちにしている」という意味がある。 to には名詞や代名詞、また、例えば「君に会うのが楽しみだ」なら seeing youのように動名詞を続ける。 このフレーズは現在進行形で使うことも多く、主語はしばしば省略される。 look forward to は『卒業』(67)、『ハンニバル』(01)、『プリティ・ウーマン』(90)、『スター・ウォーズ』(77)、『ハリー・ポッターと賢者の石』(01)ほか、かなりの作品で見つけることができる。 また、『JUNO/ジュノ』(07)では疑問形、『タイタニック』(97)では否定形のセリフを聞ける。 Mia: Yes, looking forward to it. A lot. (ミア:ええ、 期待してるわ、すごく) 『ラブ・アクチュアリー』 03 より 大胆な「やらせ」が発覚した、このクイズ番組「21」のスポンサーは Geritol。 ビタミンとミネラルが入った強壮薬の商標です。 現在はGlaxoSmithKline社が扱っており、入手が可能です。 ちなみにGeritol のネーミングは「geriatric(老人医学)」からきていて、購買ターゲットは高齢者。 「シルバー世代」を Geritol generation とまで言わせるほどの影響力がある商品です。 これに対し、若者層を表す商標は Pepsi です。 ラブリーボーン(2009)•

次の

バラエティー番組って英語でなんて言うの?

クイズ番組 英語

近年は,殆どテレビを見なくなったのだが,新型コロナの影響で自宅いることが多くなり,必然的にテレビを見る機会が多くなっています。 優先度で言えば,1位:テレビを見ない(本を読んだり,ネット見たり),2位:見るならアマゾンプライムやネットフリックス,3位:NHK,4位:民放,という順になっています。 しかし,テレビの入力切替途中や家族が見る関係でつい民放を見てしまうことがあります。 そして,最近見たのが,クイズ番組です。 そういえば,「昔は楽しんで見ていたなぁ」と懐かしんで観はじめたものの,とてもつまらない。。 テレビ関連ではこちらの記事もあります。 特に自分を含め忙しいアラフォー世代がテレビを見なくなったことについて焦点をあてました。 クイズ番組がつまらない なぜつまらないのか考えてみると,内容が,知っている/知らないだけの知識や漢字クイズばかりだからです。 それも重箱の隙を突くよう問題ばかり。 そのような問題を解く出演者を「すごいっ!!」と番組の中では賞賛しているが,こちらは「すごいけど,ただの暗記では…」と白けてしまうのです。 そしてときどき,視聴者を喜ばせるような簡単な問題も出しながら,基本的には主役のクイズ王の圧倒的な知識量に感嘆させて,視聴者を引き付ける番組のシナリオが透けて見えます。 日本のクイズ番組の変遷 別に圧倒的なクイズ王がいること自体はいいのです。 むしろ,勉強になり内容によっては目標にすらなるかもしれません。 しかし,問題はその内容です。 昔は,平成教育委員会のように,考える問題,頭を使う問題を出すクイズ番組も多くありました。 一時期までの,『マジカル頭脳パワー』もとても面白かったです。 CM中に考え込んでしまうような問題もたくさんありました。 しかし,今のクイズ番組は即答型の知識問題ばかりです。 つまり,クイズ番組はいつの時代もあり続けてきましたが,近年ますます知識偏重になってきているようです。 さらには,芸能人の中だけでやればいいものを,世間的に「アタマいい」代表格と思われている,東大など現役学生を出演させて,知識問題を回答できる=「アタマいい」という図式に説得力を持たせようとしているように感じられるのです。 今の時代に求められる能力 今の時代、言うまでもなく,簡単な情報処理能力や記憶はコンピュータの方が得意です。 近い将来,単純労働はA. を搭載したコンピュータやロボットが置き換えられてしまうのでは,と言われています。 そして,人間ならではの創造力や思考力が今以上に重要になると言われています。 というよりは,人間がコンピュータやロボットに対して差別化できるのはそこだけになっていきます。 さらに別の見方をするなら,A. を搭載したコンピュータやロボットは,どこの国でも資金さえあれば導入できるため,国力を左右するのも,人間が差別化できる創造力や思考力です。 国際競争力への悪影響 にも拘わらず,日本の一般社会では,情報処理能力や記憶力などがいまだに賢さの代表的な能力だと捉えられているのではないかと思うのです。 その例として,クイズ番組の歴史を見ていると,むしろ本来あるべき方向に逆行しているようにすら見えるのです。 確かに,記憶して答えるというのは,頭を良く見せる手っ取り早い方法ではあると思います。 しかし,こういった概念を流布すると,全体の利益を損なることになるのででないか,ということを危惧しています。 その賢さについての誤った価値観が,日本の競争力低下の原因あるいは低下の結果を反映したものになっているように思えてなりません。 さらに,今後到来が確実視されているデジタル社会に対して,日本がますます遅れをとり,世界から取り残されるのではないかと心配になってしまうのです。 まとめ 今回の記事では,最近のクイズ番組の安直な内容から,未だに過去の成功体験から抜け出せていない知識偏重の日本社会の現状について問題提起して,さらに今後のデジタル化による社会の変容で日本の国際社会での地位がさらに低下するのではないかという懸念を指摘させて頂きました。 現在のクイズ番組はバラエティとしてはいいのかもしれないのですが,もうバラエティは十分過ぎるほどあるわけなので,社会全体の影響を考えるともっと知的な内容であって欲しいと思います。 おすすめ記事 本ブログでは,アフィリエイト以外の人生そのものを賢く生きる『ライフハック』についても記事を多く書いています。 これらの記事は特におすすめの記事です。 是非ご覧ください。 gigabeat07.

次の

ジェパディ!

クイズ番組 英語

近年は,殆どテレビを見なくなったのだが,新型コロナの影響で自宅いることが多くなり,必然的にテレビを見る機会が多くなっています。 優先度で言えば,1位:テレビを見ない(本を読んだり,ネット見たり),2位:見るならアマゾンプライムやネットフリックス,3位:NHK,4位:民放,という順になっています。 しかし,テレビの入力切替途中や家族が見る関係でつい民放を見てしまうことがあります。 そして,最近見たのが,クイズ番組です。 そういえば,「昔は楽しんで見ていたなぁ」と懐かしんで観はじめたものの,とてもつまらない。。 テレビ関連ではこちらの記事もあります。 特に自分を含め忙しいアラフォー世代がテレビを見なくなったことについて焦点をあてました。 クイズ番組がつまらない なぜつまらないのか考えてみると,内容が,知っている/知らないだけの知識や漢字クイズばかりだからです。 それも重箱の隙を突くよう問題ばかり。 そのような問題を解く出演者を「すごいっ!!」と番組の中では賞賛しているが,こちらは「すごいけど,ただの暗記では…」と白けてしまうのです。 そしてときどき,視聴者を喜ばせるような簡単な問題も出しながら,基本的には主役のクイズ王の圧倒的な知識量に感嘆させて,視聴者を引き付ける番組のシナリオが透けて見えます。 日本のクイズ番組の変遷 別に圧倒的なクイズ王がいること自体はいいのです。 むしろ,勉強になり内容によっては目標にすらなるかもしれません。 しかし,問題はその内容です。 昔は,平成教育委員会のように,考える問題,頭を使う問題を出すクイズ番組も多くありました。 一時期までの,『マジカル頭脳パワー』もとても面白かったです。 CM中に考え込んでしまうような問題もたくさんありました。 しかし,今のクイズ番組は即答型の知識問題ばかりです。 つまり,クイズ番組はいつの時代もあり続けてきましたが,近年ますます知識偏重になってきているようです。 さらには,芸能人の中だけでやればいいものを,世間的に「アタマいい」代表格と思われている,東大など現役学生を出演させて,知識問題を回答できる=「アタマいい」という図式に説得力を持たせようとしているように感じられるのです。 今の時代に求められる能力 今の時代、言うまでもなく,簡単な情報処理能力や記憶はコンピュータの方が得意です。 近い将来,単純労働はA. を搭載したコンピュータやロボットが置き換えられてしまうのでは,と言われています。 そして,人間ならではの創造力や思考力が今以上に重要になると言われています。 というよりは,人間がコンピュータやロボットに対して差別化できるのはそこだけになっていきます。 さらに別の見方をするなら,A. を搭載したコンピュータやロボットは,どこの国でも資金さえあれば導入できるため,国力を左右するのも,人間が差別化できる創造力や思考力です。 国際競争力への悪影響 にも拘わらず,日本の一般社会では,情報処理能力や記憶力などがいまだに賢さの代表的な能力だと捉えられているのではないかと思うのです。 その例として,クイズ番組の歴史を見ていると,むしろ本来あるべき方向に逆行しているようにすら見えるのです。 確かに,記憶して答えるというのは,頭を良く見せる手っ取り早い方法ではあると思います。 しかし,こういった概念を流布すると,全体の利益を損なることになるのででないか,ということを危惧しています。 その賢さについての誤った価値観が,日本の競争力低下の原因あるいは低下の結果を反映したものになっているように思えてなりません。 さらに,今後到来が確実視されているデジタル社会に対して,日本がますます遅れをとり,世界から取り残されるのではないかと心配になってしまうのです。 まとめ 今回の記事では,最近のクイズ番組の安直な内容から,未だに過去の成功体験から抜け出せていない知識偏重の日本社会の現状について問題提起して,さらに今後のデジタル化による社会の変容で日本の国際社会での地位がさらに低下するのではないかという懸念を指摘させて頂きました。 現在のクイズ番組はバラエティとしてはいいのかもしれないのですが,もうバラエティは十分過ぎるほどあるわけなので,社会全体の影響を考えるともっと知的な内容であって欲しいと思います。 おすすめ記事 本ブログでは,アフィリエイト以外の人生そのものを賢く生きる『ライフハック』についても記事を多く書いています。 これらの記事は特におすすめの記事です。 是非ご覧ください。 gigabeat07.

次の