三井情報 選考。 三井情報のクチコミ(面接・選考内容・事業内容)

三井住友海上あいおい生命保険株式会社の年収・インターン・選考・採用情報│企業研究記事

三井情報 選考

Contents• 就活で感じた三井情報(MKI)の特徴 事業内容や特徴 三井物産のシステム会社なため、主な取引は三井物産です。 しかし、意外にも内販は2割ほどで、外販が8割と外販重視の会社です。 コンサルティングから設計・構築、運用・保守サービスと、上流工程から下流工程まで関わることができます。 説明会での話を聞く限り、保守サービスに強みを持っているようであった。 下記のように事業は3分野に分けることができます。 システムインテグレーション• プラットフォームインテグレーション• データセンター&クラウドサービス インフラ部門に関わると24時間の監視が必要であるが、こちらは協力会社が行っている。 年に数回夜間に障害が発生し、出社することもあるようです。 勤務地や福利厚生 システムエンジニアは基本的に東中野のオフィスのようです。 入社してからの教育制度は充実しており、3年目までは毎年のように研修制度があり、OJTトレーナーによるサポートがあります。 また、近年ではフリーアドレス席で、その日の気分によって席を変えられます。 また、様々な経験を積むため、2年で必ず異動が強制的にあるようです。 平均残業時間は40時間ほどで、システムのリリース直後は80時間を超えることもあるようです。 また、有給休暇は基本的には取得しやすい雰囲気です。 かなりの割合で消化しているようです。 もちろん、人や部署によって異なります。 ただし、月に一度の有給休暇取得が症例されているようですので、それなりに取りやすい雰囲気は整っているのかと思われます。 福利厚生は関東ITソフトウェア保険組合に加入しているため、この保険組合の手厚い制度を利用できます。 この保険組合があるためか、会社独自の福利厚生は限りなく少ないようです。 三井物産系のため、経営は安定していて倒産の可能性は非常に低い。 三井物産の完全小会社であることもあり、一通りの福利厚生はしっかりと整っている。 ヒアリングを行い上流から下流までの作業でベストな形で分担している。 フレックス制度もあり、プライベートとの両立がしやすくなった。 安定したプロジェクトに配属されれば、それほど多くの残業はない。 定時で帰宅する社員も多くいる。 給料は同業他社と比較すると中の上程度。 管理職層(4級職)で800万前後。 室長(課長クラス)で1000万前後。 年度ごとの昇給とは別に、職級という制度があり、上がることで基本給が増える。 新卒社員であれば最大3万円(家賃半額まで、実家の距離が2時間以上離れている、入社三年までなどの条件はあるが)の住宅手当が出る。 スポーツジムや地方の温泉宿などの施設を安く使える福利厚生がある。 ディズニーランドの優待チケットは人気なため、毎回抽選になっている。 上長は取得するように促してくるため、有給取得率は高く、取得しやすい環境。 産休、育休を取得後に復職される女性が多く、働きやすい環境。 子供が小さいうちは時短勤務も可能。 新人研修はIT基礎や社会人マナーに関する内容の研修が3ヶ月間ある。 三井物産グループでもあるため、安定した基盤を抱えていると感じている社員は多いです。 また、有給休暇も取得しやすく、定時で帰るような社員も多いため、ワークライフバランスが取りやすいと思われます。 悪い口コミ・評判• 大きな赤字部門があるが、今までの経緯から切ることが出来ず、負担になっている。 不採算部門では長時間の残業、休日出勤が常態化となっている。 大抵の部署では裁量や提案といった余裕自体がありません。 毎年1回、管理職登用試験が行われるが、なかなか合格できず、それが理由で辞める人もいる。 中途入社の方で辞めていく方が少なくありません。 三井物産からの出向社員に時々困った人がいて、社内が振り回される。 東中野オフィスは元々データセンターだったため、エアコン等が寒すぎて集中できない。 人によっては業務が集中し、36協定ギリギリの残業をしている人が何人かいる。 間接業務が非常に多く無駄が多い。 建前が多く、本音でのコミュニケーションが少ないように感じる。 成果主義ではあるものの、個人が特定できる功績を上げられることはほとんどない。 毎年一定数の減給や降格なども行っているようです。 降格もそこそこ行われており、職給を下げられると生活が困難になるレベルで収入が下がる。 口コミや評判はネット上の噂に過ぎません。 百聞は一見に如かず。 口コミサイトで調べるのも良いですが、時間があればOB訪問も積極的に行いましょう。 特に志望度が高い企業であれば尚更です。 ビズリーチ・キャンパスならば自宅からOB訪問を申し込めます。 わざわざ大学のキャリアセンターに出向く必要がありませんので時間短縮の面でもおすすめです。 説明会• ES&テストセンター• グループディスカッション• 1次面接• 最終面接 ESの内容 かなり項目が多いです。 自分のセールスポイント• 所属していた研究室、ゼミの説明• 学生時代に力を注いだこと• 業界の志望理由• MKIの志望動機• 入社後の目指す姿 1次面接 面接は学生1人に対し面接官2人の記憶です。 質問内容はオーソドックスでした。 学生時代頑張ったことは何か• 学生時代の勉強してきたことは何か• 志望動機は何か• 入社後どのようなことをやりたいか 少し詰まった時には、特に手助けもなく淡々と過ぎて行きました。 圧迫などはありませんが、あまり良い印象を受けませんでした。 <スポンサーリンク> 三井情報システム(MKI)就活生の学歴 全然話していないので、今回ばかりは見当がつきません。 しかし、他社の説明会で『三井情報の選考いましたよね?』と言われたことがあります。 その就活生は上智だったため、結構レベルの高い方もいるのではないのでしょうか。 高学歴が目立ちますが、幅広い大学から採用されています。 他の就活生(内定者)が使用していた三井情報の志望動機を紹介 箇条書きでSCSKの志望動機を紹介していきます。 志望理由に正解はありませんので、自分の言葉で伝えられるようにしましょう。 運用から保守まで一貫しているので質の高いサービスをユーザーに提供できる• 三井物産の安定感もありつつ、違い幅広い分野に事業を拡大している• 三井物産のグローバルネットワークを用いて積極的な海外展開をしていく• 東南アジアを拠点として、ビジネス伸ばしている点• 外販多めで幅広い分野に着手しているため、安定もしながら挑戦もできる• バイオマスサイエンスなどの特徴的な事業内容に惹かれた• 親会社が商社であり、グローバルな仕事ができる• 様々なICT商材を用いて幅広い事業に携わることができる• 世界中にネットワークがあるため様々な業界との技術開発が可能• 老舗でありながらも最新技術を積極的に取り入れている• 合併を繰り返しているため様々な技術者がいて、多くの知識を身につけられる• 実際に働いている社員と話す機会があり、印象が良かった• インターンシップや選考でお会いした社員が向上心があり、人柄も尊敬• 選考中毎回先輩社員と座談会を設けてミスマッチを防ぐ姿勢に共感• インターンや人事の方の印象がとても良かった• 常に勉強できる環境 多くの方が志望動機にしているキーワードは2つありました。 『三井物産の安定とグローバル化』と『先輩社員の印象』です。 三井物産という安定したバックボーンがあること• 自分が成長できる環境にあること まず多くの方が利用している『三井物産が親会社であること』です。 日本を代表するような大企業であり、このような企業をIT面から支えることで、より多くの人々を支えることが出来ると考えています。 もう一つは『自分が成長できる環境にあること』です。 教育制度やジョブローテーションが魅力的であり、多彩なスキルや知識を付けられると考えています。 また、三井物産向けのみならず、外販にも力を入れているので、企業としての成長性を感じました。 会社としてもあまり魅力的に映らず、面接官の印象も良くなかったので、辞退しました。 個人的には商社系のユーザー系SIerはSCSKが好きですね。 その次にCTC(伊藤忠テクノソリューションズ)や三井情報のイメージです。

次の

「三井住友海上(総合職(全域))」の面接・選考情報!志望動機や企業研究のやり方なども

三井情報 選考

三井住友海上火災保険のインターン概要 三井住友海上では、損害保険のビジネスを体験できる最大15日間のインターンシップを実施しています。 インターンの日程は最大15日ですが、都合に合わせて最短1日からの参加が可能。 5日間のコースも用意されます。 【MSインターンシップ1DAY】 学校や部活動で5日間以上の参加が難しい学生に向けた内容です。 【MSインターンシップ5DAYS(必須参加)】 三井住友海上のコアバリューを体感するプログラム。 グループワークを通して、課題解決や新たなビジネス創造に挑戦します。 以下のようなプログラムが実施される予定です。 ・未来を切り拓く損害保険ビジネス講座 ・プロフェッショナルを目指す社会人基礎力ワーク ・挑戦を支えるリスクマネジメントワーク ・経営を支える経営サポートワーク ・再起の力になる損害サポートワーク ・ニーズをカタチにする営業体感ロープレ ・リアルを感じる営業社員とのロープレ、懇談 ・仲間と共に未来を描く新しいビジネス創造に挑む ・5日間の成果新ビジネスプレゼンテーション大会 ・自己成長体感成長し続けるために次へ挑む 【アクチュアリーインターンシップ(必須参加)】 商品開発部門、リスク管理部門、資産運用部門、経理部門などでアクチュアリーの仕事に触れるインターンンシップ。 以下のようなプログラムが実施される予定です。 ・未来を切り拓く損害保険ビジネス講座 ・プロフェッショナルを目指す社会人基礎力ワーク ・数理を駆使し活躍し続ける損保アクチュアリー ・新たな商品を生み出す商品開発部門 ・会社を支え市場に挑む経理・財務・資産運用部門 ・リスクを分析リスク管理、再保険部門 ・グローバルに活躍する損保アクチュアリーへの期待 ・仲間と共に未来を描く新しいビジネス創造に挑む ・5日間の成果新ビジネスプレゼンテーション大会 ・自己成長体感成長し続けるために次へ挑む 【MSインターンシップPremium(任意参加)】 職場受け入れ型のインターンシップで、2つのコースにわかれます。 ・総合コース お客様のニーズに答える「営業部門」と、事故解決で安心を届ける「損害サポート部門」で社員とともに仕事をし、プロの使命を実感します。 ・グローバルコース 三井住友海上の海外にかかわる部門で、海外展開や世界に通じる品質追求を体感します。 【アクチュアリーインターンシップPlus(任意参加)】 数理のプロフェッショナルとして活躍する社員と交流し、損保アクチュアリーの魅力を感じるプログラムです。 【MSインターンシップPlus(任意参加)】 用意されるコースは「感動品質体感ワーク」と「自己成長分析ワーク」の2つ。 実際のプロジェクトを題材としたワークを通して、損害保険の社会的意義について学びます。 【MSビジネスコンテスト(任意参加)】 1泊2日の宿泊型インターンで、1日目の内容は開幕式とチーム決め、課題発表、リサーチ、中間フィードバック。 2日目はプレゼン大会を行う予定です。 インターン中は社員と関わる機会が多く、内定者に就活のアドバイスをもらえたという学生もいたようです。 同社のインターンはコースが多様であるため、自分の都合や興味分野を考えた上で、参加先を決めると良いでしょう。 明確な目的意識が伝わるよう、インターンに何を期待するのか、どんな成果を得たいのかなど、なるべく具体的な言葉で説明できると良いでしょう。 乗り越えた経験については、どんな困難があったのか、それに対してどのように思考し行動したのかがわかるようにエピソードを書き込んでください。 【WEBテスト】 一般的な言語・非言語の問題、性格検査があるようです。 SPIなどの問題集で対策しておくと、試験の要領が掴めるのではないでしょうか。 【グループディスカッション】 グループディスカッションは社員1人に対して学生6~10名程度で行われるようです。 最初に人事社員による会社説明会や学生同士の自己紹介があり、その後テーマを与えられてディスカッションに入るのが流れ。 最後は社員によるフィードバックが行われます。 グループの人数が多い場合は、積極的に発言して存在感を示すことが大切です。 また、自分の意見を発信しつつも、相手の意見を真正面から否定しない、発言が少ない人を促すなど、協調性をアピールすることも意識しましょう。 過去には以下のようなテーマがあったようです。 ・就活のミスマッチをなくすにはどうしたら良いか ・マンションと戸建てどちらが良いか ・動物園にいる動物は幸せか ・東京の次のオリンピックの開催地はどこが良いか ・参加してみたいインターンはどのようなものか ・子供にさせたい習い事は何か ・AIを書類選考に使うべきか否か ・企業はサマータイムを導入すべきか否か ・日本の労働時間を減らすための方法は何か 【面接】 過去の面接では、ESの内容を深堀りする質問がありました。 志望動機や学生時代の経験については、記載した内容プラスアルファの説明ができるように準備しておきましょう。 学生時代の経験への問いかけには、「将来の成長性を確かめる意図があるように思った」という感想があるので、入社後に活かせる強みを盛り込むのがベストです。 そのほか、「日本企業の新卒を重視する傾向をどう思うか」という質問があったようで、自分の考えを言えるかどうかが試されます。 また、「同業他社とインターシップの日程がかぶった場合はどうするか」などの志望度をはかる質問もあるようです。 集団面接は社員1人に対して学生4人ほどの人数になりますが、話が長すぎると協調性がないとマイナス印象になるため、要点を絞った簡潔な回答を心がけるのがポイント。 過去の面接では最後に1人ずつ逆質問を求められたケースもあるので、事前に用意しておくと良いでしょう。 今までに参加した学生によると、面接は穏やかな雰囲気だったそうなので、堅くなりすぎず自然な会話を意識すると良いでしょう。 面接官は若手社員、年次の高い社員とばらつきがあるようですが、学生の感想からは親しみやすい人が多いと推測できます。 面接によっては雑談も多いようで、何気ないコミュニケーションから人柄を判断する意図があるのかもしれません。

次の

三井化学の新卒志望者必見!採用情報&選考対策マニュアル

三井情報 選考

「受託者精神とは受け身の言葉にあらず」• 「時代の流れをつかみ、社会に貢献」 この2つの方針を軸として、社員は業務に当たっています。 三井住友信託銀行が信頼を扱い信頼を届ける企業として、創業以来企業努力を重ねて成長してきたことが分かります。 時代に沿って資産の形が移り変わっていくことからも、今後もまますます成長が期待できる企業であることは明白です。 三井住友信託銀行の事業内容 三井住友信託銀行の事業は大きく分けて7種類に分類されます。 具体的に見ていきましょう。 RM(リレーションシップマネージャー) 法人顧客の課題やニーズを掘り起こし、社内の専門部署で働くプロフェッショナルを束ねる役割• プロダクト担当者 専門家として競争力のあるファイナンスをアレンジ この両者が連携し「預金・決済」「ファイナンス」「M&Aアドバイザリー」「不動産」「証券代行」「年金」などのソリューションを総合的にアレンジし、顧客の経営課題解決に向き合います。 法人顧客に対しては経営戦略に沿った不動産活用方法の提案、運用管理のサポート、投資機会の提案を行っています。 個人の顧客に対してはライフステージやライフイベントに応じた不動産情報を提供することで資産形成のサポートを行っています。 年金関連業務:企業が保有する年金制度について、運用によって安定的に資産を増やしたいという企業のニーズに応じてプランニングを行います。 資産運用業務:年金基金や機関投資家のニーズに応じて運用コンサルティングを行い、運用商品を世界中から探し、選定して提案します。 資産管理業務:運用会社、年金基金や機関投資家から受託した資産の保管・決済や、取引・残高データの管理、日々の資産状況の報告を行います。 企業がIPO(新規上場)を目指すための実践的なサポートも行います。 未来創造活動 三井住友信託銀行では、7つの事業とは別に全社をあげた新事業・新業務の創出に取り組んでおり、2018年より「未来創造活動」として実施しています。 経営企画部未来創造推進室が舵を切り、ボトムアップで事業を生み出すための仕組みを整えています。 ビジネスプラン・コンテスト「未来フェス」 年齢も業務も雇用形態も関係なく、自由な発想でプランを競い合うコンテストです。 合格者が専任として自ら事業化に挑戦 この未来創造活動のポイントは、合格者が自ら事業化のために挑戦できるという点です。 プロジェクトには企画・財務・法務などのスペシャリストが「未来クルー」として、外部の経営コンサルタントが「未来ガイド」としてサポートします。 仕組み化しオープンイノベーション促進 アイディアをそのまま終わらせず、未来創造推進室が事業化サポートを行います。 部署や業務の垣根を超え、社内専門家とのディスカッションも後押しします。 三井住友信託銀行の求める人物像・新卒募集職種 三井住友信託銀行が求める人物像や新卒募集するコースについて見てみましょう。 三井住友信託銀行の求める人物像 三井住友信託銀行は、日本で最も「信頼」を集める企業として、社員一人ひとりが顧客や社会の様々なニーズに応えたいという意志を持ち、新たな可能性のために挑戦しています。 果たすべき使命を担いたいという意欲を持った学生が、三井住友信託銀行では求められています。 新卒募集コース 新卒で募集されているのは、2つのコースです。 大学時代に最も力を入れて取り組んだこと• 新たなことを始めたときや環境の変化が起こった際に、苦労したことや乗り越えた方法• 周囲と協力して活動した際にやりがいを感じた経験• 他に志望している企業 リクルーター 三井住友信託銀行の新卒選考では、リクルーター面談が実施される場合があります。 リクルーターに複数回会って面談をする場合もあれば、リクルーター面談が一度も実施されない場合もあります。 中にはリクルーターに何度も会って、実際の仕事内容を詳しく聞くことができ、企業研究や面接選考に役立てられた例もあります。 面接 三井住友信託思考の新卒採用の面接は、人によって回数が異なります。 実際の面接回数も公表されていないため、何回面接が実施されてもいいように、様々な質問に対する回答を事前に組み立てておく必要があります。 過去の面接での質問は以下です。 学生時代に最も力を入れたこと• 志望動機(なぜ三井住友信託銀行でなければいけないのか)• 他企業の選考状況• 周囲からどのような人間だと思われているか• 自分の長所と短所• 両親の教えと自分の幼少期について• 配属希望の部署と、希望が叶わない場合についての所見• 志望度の高さを判断するための逆質問 選考全体への対策 三井住友信託銀行の新卒選考において、志望動機については様々な角度から深く問われる点が特徴です。 三井住友信託銀行でなければいけない理由を面接官が納得できるまで追求されるため、細やかに企業研究しておく必要があります。 金融業界は選考開始時期が他と比較すると遅い傾向があるため、他の企業の選考に参加することで事前に経験を積み対策を取っておくことができます。 三井住友信託銀行で働く人の声 三井住友信託銀行で実際に働く人の声をご紹介しましょう。 年収・給与(給料)・ボーナス(賞与) 一番辛い 業務量に対して給与が極めて安い 時期をなんとか乗り越えることができれば、自分なりに仕事をコントロールしながらそこそこ悪くない年収を得ることができるとは思う。 基本給も少しずつながら上がり、それに伴い賞与の土台部分も上がる。 流れに身を任せず、長く働ける部署がどこかを常に考え、自分で選んで身を置く場所を決めることが大事だと痛感している。 職種ごとに昇給のスピードが全く違うので、きちんと考え、必要に応じて変更しながら働くべき。 引用: 三井住友信託銀行の待遇や福利厚生・人事制度 ここからは三井住友信託銀行の新卒での気になる待遇や福利厚生、独自の制度についてご紹介します。 三井住友信託銀行での新卒の待遇・福利厚生 三井住友信託銀行での新卒の待遇・福利厚生は以下のように定められています。 給与:院卒月給 235,000円・大卒月給 210,000円(各コース共通)• 試用期間:なし• 昇給:年1回見直し• 賞与:年2回(2018年実績)• 諸手当:通勤交通費、時間外手当など• 社会保険:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険• 各種制度:社宅・独身寮制度、従業員持株制度、財形貯蓄制度など 三井住友信託銀行の人事制度 三井住友信託銀行では様々な人事制度が設けられています。 自己啓発支援制度 自己啓発支援制度として、3つの支援や支給がなされています。 特定図書支給 資格取得に向けた支援として、会社が推奨する一部の資格について会社指定の特定図書を支給。 受験料援助 会社が推奨する一部の資格について合格時に受験料を援助。 資格取得支援金 会社が推奨する一部の資格について積極的な取得を奨励し、その支援を目的として取得に際して必要な費用の一部を援助。 能力開発・人材育成制度 能力開発や人材育成を目的として、入社前・配属前・入社後の3段階でチャレンジ制度や資格取得制度が敷かれています。 選考時から業務にチャレンジできるのは三井住友信託銀行独自のスタイルであり、実際の業務内容や企業の社風についても詳しく知れることから、第一志望であれば是非参加したい制度です。 まとめ・三井住友信託銀行で未来を想像する仕事を! 三井住友信託銀行での新卒採用選考についてご紹介しました。 いかがでしたでしょうか。 簡単にポイントをまとめます。 穴埋めで自己PRがすぐ完成!?面接で無敵になれる100の質問集もプレゼント! 何をアピールすればいいかわからない…あなたの強みに気づけます! 自己PRがうまく作れない!という学生は数多くいます。 でも、実はコツさえ掴めば誰でも簡単に作成可能! 採用バンクは簡単な質問に答えたら穴埋め形式で作成できる 独自マニュアルを提供しています。 実際に選考で使われた例文でよりわかりやすく! 100の質問であなた自身を120%理解できる 自己分析と面接で活用できる100の質問も付属しています! すべての質問に答えた時、自分のことが今以上に理解できているはず。 自己PRがよりブラッシュアップできること間違いなし! LINEに登録するだけでスグに受け取れます! 採用バンクのコンテンツはLINEの友達登録をするだけですぐに受け取れます。 面倒なメルマガサービスと違って就活が終わったら解除も楽々できます。 さらに、コンテンツは随時追加されるのでお楽しみに!.

次の