アッシュ アームズ wiki。 アッシュアームズ攻略wiki

アッシュアームズ(アシュア)攻略有志Wiki

アッシュ アームズ wiki

廃都再建難易度NORMALに挑戦 廃都再建ノーマルの難易度は通常ステージBNと同じくらいです。 改造や性能突破をしっかりしていったほうが良いです。 部隊編成 こちらは出撃する探索部隊。 あとは普段からお世話になっているエースDOLLS達。 I-16-5は偵察型で激流のフレームを付けてバフを行ったり、ハリケーンを制空型、ワイルドキャットは空戦型に分けて適応力を持たせています。 出撃するとDOLLSの詳細を変更することができないのでしっかり準備しましょう。 こちらは討伐部隊。 活性化に注意して探索を続けていけば討伐部隊を出撃することなくクリアできます。 ノーマルのマップは道が分岐していて広い ノーマルはスタート地点から行き先が分岐しています。 無暗にマスを開けてしまうと活性化の影響を複数のマスから受けることになります。 道が分岐している場合はマスのアイコンを確認しましょう。

次の

アッシュアームズ(アシュア)攻略有志Wiki

アッシュ アームズ wiki

周回での4つのポイント 僕の思うところですが、周回での疑問点はおおむね4つに分類されると思います。 それが以下の4ポイントです。 Lv1: なぜ周回する必要があるのか。 1番から順序良くお話していきます。 「必要なところだけを見たい!」といった方は目次も活用していただければと思います。 なぜアッシュアームズで周回する必要があるのか(一章) これはゲームをある程度進めた方ならわかることですが、アッシュアームズは後半に行くほど敵が強くなります。 「そんなの当たり前じゃん」って感じですが、 後半に行くほど敵が強くなるだけでなく、 機体数が増えていくんですね。 しかしB面から敵が化けます。 (ハードにまで行けばなおさらです) その敵の強化(機体数の増加)に追いつくため、 こちらも性能突破をする必要があります。 結果、 敵の数と同じくらいの機体数にでき、 B面以降にもついていけるということなんです。 で、その 性能突破に必要なものが、 周回で手に入る 情報構成体と呼ばれるものなんですね。 これが30個単位必要なので、皆頑張って周回しているわけなんです。 その他、 機体改造に必要な素材を集める意味や、ボス面で手に入る インテリフレームの入手等も周回の目的となります。 ただそれらは副産物的になることも多く、基本は 「キャラの情報構成体をゲットするために、周回する」というのが答えとなります。 詳しいことは上記の記事を見ていただければわかりますが、丸投げというわけにもいかないので、 周回のオススメキャラの傾向をここではお話します。 アシュアでほぼ確実に育てた方が良いキャラが 2つありまして、それが 「軽戦闘機」と 「中爆撃機」です。 もちろん、ホイシュレッケや機動盾となる二号戦車なども優先的に育てたいキャラですが、 上記二つの兵種を育てないのはアシュアでは 超致命的です。 じゃあなんで? というお話になるんですが、まず軽戦闘機ですが、こいつは 空の主要戦力です。 航空ユニットには、軽戦闘機、重戦闘機、軽攻撃機……といますが、この中で 白刃攻撃を使えるのは戦闘機のみです。 したがって、 戦闘機系のキャラは(攻略用編成に)まず 確実に一人入るのですが、 重戦闘機は機体数が少なく、性能突破もしにくいことから、序盤の運用は難しいです。 もし軽戦闘機と中爆撃機以外を育てたいとなった場合、中爆撃機は周回を効率的に回す存在になることが多く、 いるといないとでは 効率性に大差が出てしまうんですね。 これは軽戦闘機に至っても同じことで、 周回の基本は軽戦闘機と中爆撃機によるものが多いのです。 だから周回の基本となる軽戦闘機と中爆撃機ができていないと、他のキャラ(兵種)の周回もしんどくなる可能性が高いのです。 もちろん、 他のキャラガン無視で育てる必要まではありませんが、アシュアを長期的に遊ぶならば、 早い段階でそろえておきたいことは確かな存在です。 なお、おすすめの軽戦闘機としては「ハリケーン」「ワイルドキャット」「I-16」 中爆撃機は「He111」か「Ju88A-4」を育てることになります。 特に軽戦闘機の三体はポケモンでいう御三家に近く、 ほぼ確実にどれか一体は性能突破していくことになるでしょう。 ここからは 各キャラのドロップ場所(AN面のみ)を記載していきます。 また、全体的に早い段階で回っておきたいところ(あくまで候補)は、 赤字。 (赤字ほどではないが)優先的に回っても良いかなという部分は 下線で記していきます。 周回面をどのように回ったら効率的か(四章) さて今回の本題かつ最後です。 ここでは 僕が以前に書いた各面ごとの周回記事をまとめ、また 優先的に回っておきたい場所のピックアップをしていきます。 なお、 今回の周回(編成)ですが、以下の条件のもと作成しています。 理由としまして最も簡単、すなわち基本となるA面周回を、 わざわざ手動で回すのはプレイヤーへの重負担になると考えたからです。 (3-10のようなボスにおいても同様です) ・ 最低消費合金は 30未満としました。 そのため、押し上げ用の重戦車を、機体数1の軽戦車などにして、消費値を抑えるといった工夫ができる場合があります。 ・ 周回時間は2分未満を目指し、もちろん 極力短くなるようにしています。 (ただし カブトムシの鉄壁はランダム発生のため、それは考慮しないものとします) ・ キャラ数は(用意する負担を下げるため)、基本は少なく回れるものとしました。 必要強化:50レベル弱ぐらいまでレベルを上げ、 機体改造として火力系と貫通系はほぼ終わらせておくと回せるラインです。 (性能突破や形態切り替えは最悪しなくてもOK) ただ重爆撃機の命中が低いので、それを補うために人格拡張等が必要。 お勧めは幸運の星で緑円盤装着。 命中を上げながらも、確率でダメージを半減させるオマケをもらっておく。 倒し方としては、まず戦闘機が前衛の敵空軍を倒します。 最初のターンで倒すには迎撃(または制空)型の通常攻撃しかなく、というのも 他のポジションだと、低空形態時の初期技が対地攻撃だったりする場合が多いので、空の敵をたたけないのです。 でもって敵のターンにわたると、一度後方の脅威度が高い爆撃機に攻撃が飛び、地上の石英3体がちょうど爆撃機の真下あたりにきます。 これを仕留めるため、空軍は後衛の敵空軍に攻撃。 重爆撃機は 戦略編隊の絨毯爆撃でこれを仕留めることができます。 石英にも攻撃するので、人格拡張で命中を上げておくと良い。 必要強化:同じく50レベル弱ぐらいまでレベルを上げ、 機体改造として火力系と貫通系を終わらせておくのが最低限欲しいラインです。 (それでも命中と回避に難があるので、キャラぞれぞれに人格拡張を付けておきたいです。 という方は、 軽戦車と軽戦闘機一体ずつで、合金消費を抑えて回ることもできます。 合金量が苦しい方は、こちらの方が消費少ないのでオススメです。 まぁその分 時間がかかり、1時間当たりに獲得できる量は少ないですが、軽戦闘機と軽戦車なら必ず全員持っているので、ひとまずはこれが誰でもできるオート周回方法です。 そういった場合は、キャラを三体(戦闘機+1)などにして、2ターン周回してみるのも良いでしょう。 (最低合金消費18。 周回時間:約1分25秒) 必要な戦闘機二体をそろえるのがちょっと面倒ですが、軽戦車と軽戦闘機一体ずつよりかは早く周回可能です。 (例:He111。 Ju188。 必要強化:50レベ以上(可能なら)にし、 形態切り替え。 火力系の改造 を3個以上終わらせておけば、おおむね安定します。 4ターンかかりますが、キャラが一体で攻撃時の様子もほぼ見る必要がないので、 90秒もあれば一周できる計算です。 敵には対空の手段がなく、それ故にノーダメで回ることが可能です。 必要な強化が足りていない場合は、 追加の中爆撃機や、戦闘機などを編成に加えて、補強してもいいでしょう。 (対して、地上は捕捉されると狙撃種が白刃で突っ込んでくる可能性があり、 地上補強はあまりお勧めできません(ゲーム始めて日が浅いなら特に)) 基本的には後方の中戦車役を倒しきれれば命中、火力的に問題ないので、人格拡張で補強するなどしても良いでしょう。 (例:Ju88A。 He111 H-3 など) 必要強化:他のA面同様、40レべくらいまで上げ、形態切り替え前の機体改造を終わらせておくと倒せるラインだと思います。 ただ実際は 敵空軍の攻撃を6回も食らうため、 補充分がのしかかってきます。 ~~~~~~~~~~~ 陸の敵は2ターン目で一掃、3ターン目に空の敵を迎撃で一掃してくれるのが今回のオート周回です。 うまくいけば消費合金8で回れますが、2つほど問題があります。 一つは、 形態切り替え後のHe111 H-20などにしないと、命中率(および火力)の面などで安定しないことです。 人格拡張などで補うこともできますが、まぁ、そこは持っている円盤と基盤にもよるので各プレイヤー様ごとにお任せ。 でもってもう一個、こっちの方が重大なんですが、この周回では 爆撃機が6回も攻撃を受けなければいけません。 それにより、爆撃機キャラが傷つきやすく、 補充をこまめにしないといけないこと。 加えて1分40秒程、一周にかかってしまうことも問題点として浮上します。 A面の前半ごときで100秒以上も使うのは、一時間当たりで落とせる数が下がってしまうので、それが嫌だという方は次の第二案を参考にしてください。 (例:ハリケーン。 Ju88A) 必要強化:同様に40レべ以上が最低ラインでほしいところ。 戦闘機は形態切り替えの必要はなく、制空型ならしっかり敵を倒してくれます。 (もちろん機体改造をしっかり終わらせれば) 中爆撃機は先ほど同様、火力と命中不足故に倒しきれない場合があるので、切り替え後で多少強化しておくことを推奨です。 ~~~~~~~~~~~ 1案より合金消費は多少多いですが、 30秒ほど一周の時間が短縮できます。 倒す段取りとしては1ターン目で空の敵を一体倒し、2ターン目で残った空の敵を、そして地上を一掃するといったオート周回です。 先ほどはかなりの回数敵の攻撃を見なければいけなかったため、時間もかかってしまいましたが、今回は敵の攻撃が一回のみ。 当然、 体力的な消費はグッと抑えられているので、僕的にはこちらの方がオススメです。 (合金消費も言うほど重たくはないのでね) なお、もう一体制空型の戦闘機を編成に入れれば、理論上ノーダメオート周回も可能です。 1m40s MC. 200 2-8周回記事:未作成。 1m15s Ju88a-4 3-6周回記事: 未作成。 3-8周回記事: 未作成。 1m20s バレンタイン 4-6周回記事: 未作成。 4-8周回記事: 未作成。 これらの情報が、アシュア周回でのお役に立てるのであれば幸いです。 といったところで、今回はここまで。 ご一読ありがとうございました。

次の

アッシュアームズ(アシュア)攻略有志Wiki

アッシュ アームズ wiki

周回での4つのポイント 僕の思うところですが、周回での疑問点はおおむね4つに分類されると思います。 それが以下の4ポイントです。 Lv1: なぜ周回する必要があるのか。 1番から順序良くお話していきます。 「必要なところだけを見たい!」といった方は目次も活用していただければと思います。 なぜアッシュアームズで周回する必要があるのか(一章) これはゲームをある程度進めた方ならわかることですが、アッシュアームズは後半に行くほど敵が強くなります。 「そんなの当たり前じゃん」って感じですが、 後半に行くほど敵が強くなるだけでなく、 機体数が増えていくんですね。 しかしB面から敵が化けます。 (ハードにまで行けばなおさらです) その敵の強化(機体数の増加)に追いつくため、 こちらも性能突破をする必要があります。 結果、 敵の数と同じくらいの機体数にでき、 B面以降にもついていけるということなんです。 で、その 性能突破に必要なものが、 周回で手に入る 情報構成体と呼ばれるものなんですね。 これが30個単位必要なので、皆頑張って周回しているわけなんです。 その他、 機体改造に必要な素材を集める意味や、ボス面で手に入る インテリフレームの入手等も周回の目的となります。 ただそれらは副産物的になることも多く、基本は 「キャラの情報構成体をゲットするために、周回する」というのが答えとなります。 詳しいことは上記の記事を見ていただければわかりますが、丸投げというわけにもいかないので、 周回のオススメキャラの傾向をここではお話します。 アシュアでほぼ確実に育てた方が良いキャラが 2つありまして、それが 「軽戦闘機」と 「中爆撃機」です。 もちろん、ホイシュレッケや機動盾となる二号戦車なども優先的に育てたいキャラですが、 上記二つの兵種を育てないのはアシュアでは 超致命的です。 じゃあなんで? というお話になるんですが、まず軽戦闘機ですが、こいつは 空の主要戦力です。 航空ユニットには、軽戦闘機、重戦闘機、軽攻撃機……といますが、この中で 白刃攻撃を使えるのは戦闘機のみです。 したがって、 戦闘機系のキャラは(攻略用編成に)まず 確実に一人入るのですが、 重戦闘機は機体数が少なく、性能突破もしにくいことから、序盤の運用は難しいです。 もし軽戦闘機と中爆撃機以外を育てたいとなった場合、中爆撃機は周回を効率的に回す存在になることが多く、 いるといないとでは 効率性に大差が出てしまうんですね。 これは軽戦闘機に至っても同じことで、 周回の基本は軽戦闘機と中爆撃機によるものが多いのです。 だから周回の基本となる軽戦闘機と中爆撃機ができていないと、他のキャラ(兵種)の周回もしんどくなる可能性が高いのです。 もちろん、 他のキャラガン無視で育てる必要まではありませんが、アシュアを長期的に遊ぶならば、 早い段階でそろえておきたいことは確かな存在です。 なお、おすすめの軽戦闘機としては「ハリケーン」「ワイルドキャット」「I-16」 中爆撃機は「He111」か「Ju88A-4」を育てることになります。 特に軽戦闘機の三体はポケモンでいう御三家に近く、 ほぼ確実にどれか一体は性能突破していくことになるでしょう。 ここからは 各キャラのドロップ場所(AN面のみ)を記載していきます。 また、全体的に早い段階で回っておきたいところ(あくまで候補)は、 赤字。 (赤字ほどではないが)優先的に回っても良いかなという部分は 下線で記していきます。 周回面をどのように回ったら効率的か(四章) さて今回の本題かつ最後です。 ここでは 僕が以前に書いた各面ごとの周回記事をまとめ、また 優先的に回っておきたい場所のピックアップをしていきます。 なお、 今回の周回(編成)ですが、以下の条件のもと作成しています。 理由としまして最も簡単、すなわち基本となるA面周回を、 わざわざ手動で回すのはプレイヤーへの重負担になると考えたからです。 (3-10のようなボスにおいても同様です) ・ 最低消費合金は 30未満としました。 そのため、押し上げ用の重戦車を、機体数1の軽戦車などにして、消費値を抑えるといった工夫ができる場合があります。 ・ 周回時間は2分未満を目指し、もちろん 極力短くなるようにしています。 (ただし カブトムシの鉄壁はランダム発生のため、それは考慮しないものとします) ・ キャラ数は(用意する負担を下げるため)、基本は少なく回れるものとしました。 必要強化:50レベル弱ぐらいまでレベルを上げ、 機体改造として火力系と貫通系はほぼ終わらせておくと回せるラインです。 (性能突破や形態切り替えは最悪しなくてもOK) ただ重爆撃機の命中が低いので、それを補うために人格拡張等が必要。 お勧めは幸運の星で緑円盤装着。 命中を上げながらも、確率でダメージを半減させるオマケをもらっておく。 倒し方としては、まず戦闘機が前衛の敵空軍を倒します。 最初のターンで倒すには迎撃(または制空)型の通常攻撃しかなく、というのも 他のポジションだと、低空形態時の初期技が対地攻撃だったりする場合が多いので、空の敵をたたけないのです。 でもって敵のターンにわたると、一度後方の脅威度が高い爆撃機に攻撃が飛び、地上の石英3体がちょうど爆撃機の真下あたりにきます。 これを仕留めるため、空軍は後衛の敵空軍に攻撃。 重爆撃機は 戦略編隊の絨毯爆撃でこれを仕留めることができます。 石英にも攻撃するので、人格拡張で命中を上げておくと良い。 必要強化:同じく50レベル弱ぐらいまでレベルを上げ、 機体改造として火力系と貫通系を終わらせておくのが最低限欲しいラインです。 (それでも命中と回避に難があるので、キャラぞれぞれに人格拡張を付けておきたいです。 という方は、 軽戦車と軽戦闘機一体ずつで、合金消費を抑えて回ることもできます。 合金量が苦しい方は、こちらの方が消費少ないのでオススメです。 まぁその分 時間がかかり、1時間当たりに獲得できる量は少ないですが、軽戦闘機と軽戦車なら必ず全員持っているので、ひとまずはこれが誰でもできるオート周回方法です。 そういった場合は、キャラを三体(戦闘機+1)などにして、2ターン周回してみるのも良いでしょう。 (最低合金消費18。 周回時間:約1分25秒) 必要な戦闘機二体をそろえるのがちょっと面倒ですが、軽戦車と軽戦闘機一体ずつよりかは早く周回可能です。 (例:He111。 Ju188。 必要強化:50レベ以上(可能なら)にし、 形態切り替え。 火力系の改造 を3個以上終わらせておけば、おおむね安定します。 4ターンかかりますが、キャラが一体で攻撃時の様子もほぼ見る必要がないので、 90秒もあれば一周できる計算です。 敵には対空の手段がなく、それ故にノーダメで回ることが可能です。 必要な強化が足りていない場合は、 追加の中爆撃機や、戦闘機などを編成に加えて、補強してもいいでしょう。 (対して、地上は捕捉されると狙撃種が白刃で突っ込んでくる可能性があり、 地上補強はあまりお勧めできません(ゲーム始めて日が浅いなら特に)) 基本的には後方の中戦車役を倒しきれれば命中、火力的に問題ないので、人格拡張で補強するなどしても良いでしょう。 (例:Ju88A。 He111 H-3 など) 必要強化:他のA面同様、40レべくらいまで上げ、形態切り替え前の機体改造を終わらせておくと倒せるラインだと思います。 ただ実際は 敵空軍の攻撃を6回も食らうため、 補充分がのしかかってきます。 ~~~~~~~~~~~ 陸の敵は2ターン目で一掃、3ターン目に空の敵を迎撃で一掃してくれるのが今回のオート周回です。 うまくいけば消費合金8で回れますが、2つほど問題があります。 一つは、 形態切り替え後のHe111 H-20などにしないと、命中率(および火力)の面などで安定しないことです。 人格拡張などで補うこともできますが、まぁ、そこは持っている円盤と基盤にもよるので各プレイヤー様ごとにお任せ。 でもってもう一個、こっちの方が重大なんですが、この周回では 爆撃機が6回も攻撃を受けなければいけません。 それにより、爆撃機キャラが傷つきやすく、 補充をこまめにしないといけないこと。 加えて1分40秒程、一周にかかってしまうことも問題点として浮上します。 A面の前半ごときで100秒以上も使うのは、一時間当たりで落とせる数が下がってしまうので、それが嫌だという方は次の第二案を参考にしてください。 (例:ハリケーン。 Ju88A) 必要強化:同様に40レべ以上が最低ラインでほしいところ。 戦闘機は形態切り替えの必要はなく、制空型ならしっかり敵を倒してくれます。 (もちろん機体改造をしっかり終わらせれば) 中爆撃機は先ほど同様、火力と命中不足故に倒しきれない場合があるので、切り替え後で多少強化しておくことを推奨です。 ~~~~~~~~~~~ 1案より合金消費は多少多いですが、 30秒ほど一周の時間が短縮できます。 倒す段取りとしては1ターン目で空の敵を一体倒し、2ターン目で残った空の敵を、そして地上を一掃するといったオート周回です。 先ほどはかなりの回数敵の攻撃を見なければいけなかったため、時間もかかってしまいましたが、今回は敵の攻撃が一回のみ。 当然、 体力的な消費はグッと抑えられているので、僕的にはこちらの方がオススメです。 (合金消費も言うほど重たくはないのでね) なお、もう一体制空型の戦闘機を編成に入れれば、理論上ノーダメオート周回も可能です。 1m40s MC. 200 2-8周回記事:未作成。 1m15s Ju88a-4 3-6周回記事: 未作成。 3-8周回記事: 未作成。 1m20s バレンタイン 4-6周回記事: 未作成。 4-8周回記事: 未作成。 これらの情報が、アシュア周回でのお役に立てるのであれば幸いです。 といったところで、今回はここまで。 ご一読ありがとうございました。

次の