タッチパッド 二本指スクロール できない。 ノートPCのタッチパッドでスクロールもらくらく。ChiralScroll

タッチパットでスクロール出来ない

タッチパッド 二本指スクロール できない

このような操作方法を知っておくことで便利にWindows10を使うことができます。 主に使用するボタン:左or右 通常左になっているため、右クリックを押すとメニューが開きますが、右をメインにすると左を押すとメニューが表示されるようになります。 左利きの人が変更すると便利だと思います。 マウスホイールでスクロールする量:複数行ずつか一画面ずつ 複数行ずつに比べ一画面ずつの方がスクロールする量が大きくなりますが、一画面ずつの場合一画面ごとにスクロールされるのでスクロールするたびにカクカクしてしまいます。 こちらは好みで設定するようにしてください。 ホバーしたときに非アクティブウィンドウをスクロールする 「ホバーしたとき」というのがあまり聞き慣れないですが、これまでは2つの画面を同時に表示している場合、上の方に表示されているアプリ(アクティブになっているもの)しかスクロールできませんでしたが(特定のアプリをインストールした場合を除く)後ろに表示されているアプリでもスクロールすることができるようになります。 下の画面では設定が最前面になっているのでアクティブになっています。 そしてその後ろには非アクティブの状態になっているブラウザが開いていますが、非アクティブになっているブラウザの方にマウスを合わせ、マウスホイールをくるくる回すとブラウザの方もスクロールできるようになっています。 タッチパッドの設定と便利な操作方法 それでは次にタッチパッドの設定です。 マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない マウスを接続したときにタッチパッドを使えないようにするかどうかです。 オン:マウスを接続しているときもタッチパッドが使える オフ:マウスを接続するとタッチパッドが使えなくなる スクロールを逆にする 2本指でタッチパッドを上下になぞるとスクロールができるようになっていますが、その方向を変える場合に設定します。 入力中に誤ってカーソルを動かさないように… 文字入力中にタッチパッドに触ってしまって文字が確定してしまった。 ということはWindowsXPの時代にはよくありました。 タッチパッドに厚紙を乗せて効かないようにしている人もいたくらいです。 この待ち時間を長くすると文字入力をしてしばらく経たないとタッチパッドが動かなくなるため入力中にタッチパッドに触ってしまって誤作動してしまうということが無くなります。 ・待ち時間なし ・待ち時間を短くする ・待ち時間を中程度にする ・待ち時間を長くする 以上の項目の中から選択できますので、使いながら試してみてください。 カーソルの速度を変更する カーソル(矢印)の動く速度を速くしたり遅くすることができます。 右へ動かすと早くなります。 2本指のタップを右クリックとして扱う これをオンにしておくと、2本指でタッチパッドをポンと押すと右クリックのメニューが表示されます。 3本指のタップで実行する操作を選択する 今度は2本ではなく3本指です、タッチパッドを3本指でポンと押すとできることを設定しますが、現在選択できるのは以下の2つのうちどちらかです。 Cortanaで検索 パソコンの中を検索したり、Webの検索ができるウィンドウが開きます 2. アクションセンターを開く 通常右下のノートのようなアイコン「新しい通知」をくりくすると右側からアクションセンターが開きますが、3本指でタップしても開くようになります。 3本指のドラッグとスライドで使用対象を選択する こちらは「アプリの切り替え」か「なし」を選択します。 3本指でスライドするとアプリを切り替えたり、デスクトップを表示したりすることができます。 現在開いているアプリの切り替えをするには通常タスクバーに開いているアプリをクリックします。 右にスライドさせると右回り、左にスライドさせると左回りになります。 【下スライド】でデスクトップ表示 アプリを開いている状態でデスクトップを表示したい場合は通常右上の最小化「-」をクリックします。 詳しくは… ・ このようにWindows10ではタッチパッドでできることが増えていたり、設定を変更することでタッチパッドを自分好みに設定することができます。 ただし、タッチパッドのON・OFFについてはパソコンの機種によって違うため、この方法が表示されていないパソコンもあります。 その場合、タッチパッドにタッチパッドON・OFFのボタンがあったり、キーボードのキーでF1・F2・F3…というのがありますが、それのどれかがタッチパッドをオフにするボタンということもあります。 (マークでタッチパッドの絵がかかれています) もし「F3」がタッチパッドオフのボタンだった場合、キーボードの「Fn」(左下にあります)を押しながら「F3」を押してみて下さい。 もしわからない場合は日本製のパソコンの場合は説明書にタッチパッドのON・OFFが記載されていると思いますので、そちらをご覧になってみてはどうでしょうか?• カテゴリー• 103• 114• 732• 129• 190• 135• 122• アーカイブ アーカイブ•

次の

【PC】タッチパッドでタップなどが反応しない時の対処方法

タッチパッド 二本指スクロール できない

必要な機能にチェックを付ける タッチパッドジェスチャー一覧 一般的なタッチパッドジェスチャーの一覧を紹介します 操作 目的 タッチパッドを1本の指でなぞる• マウスカーソルの移動 タッチパッド上の任意の場所を 1 本の指でタップする• 項目の選択をする• マウスの左クリックと同様 タッチパッド上の任意の場所を 2 本の指でタップする• アプリ コマンドや、デスクトップ アプリのコンテキスト メニューを開く• マウスの右クリックと同様 3 本の指をタッチパッド上で横にスワイプする• 起動中のアプリ一覧が表示され、アプリの切り替えができる 3 本の指をタッチパッドの上から下に向かってスワイプする• デスクトップを表示する• 起動中のアプリをすべてアイコン状態とする 3 本の指をタッチパッドの下から上に向かってスワイプする• 仮想デスクトップを表示する• タスク一覧 起動中のソフト一覧 を表示する 左タッチパッド ボタンを押したまま、任意の方向に指をスライドさせる• 項目の移動またはテキストの選択• 左ボタンを押したままでのマウスの移動と同様 タップした直後に長押ししてドラッグ• 項目の移動またはテキストの選択• 左ボタンを押したままでのマウスの移動と同様 2 本の指を水平または垂直にスライドさせる• 画面またはドキュメントのスクロール• 画面上でのスクロール ボタンのドラッグや、マウスでのスクロール ホイールの使用と同様 画面上で 2 本の指をつまむように同時に近付けるか ピンチ 、遠ざける ストレッチ• 拡大または縮小•

次の

Windows10でタッチパッドスクロールの方向を逆に変更する

タッチパッド 二本指スクロール できない

解決方法• cpl」と入力して「Enter」キーを押します。 「マウスのプロパティ」ウィンドウが開いたら、右端にあるタッチパッドの「タブ」をクリック。 (タブ名は使用している PC やデバイスにより異なります)• 「設定」をクリック。 この手順以降、操作は使用デバイスにより異なります。 注意して下さい。 「スクロール」タブをクリック。 「2本指スクロール」「1本指エッジ スクロール」が無効になっています。 タッチパッドでスクロールできない原因はこれでした。 チェックを入れました。 「1本指エッジ スクロール」のタッチパッド有効範囲も調整。 「OK」をクリックしてウィンドウを閉じます。 これで、ノートPC のタッチパッドによるスクロールが復活! 原因は、Windows を「7」から「10」にアップグレードした時に これらの設定が変更されてしまったことのようです。 ドライバー等の不具合でなくてよかったです。

次の