積み上げ折れ線。 エクセル 積み上げグラフの作り方

100%積み上げグラフにパーセンテージを表示

積み上げ折れ線

積み上げ縦棒グラフと折れ線グラフの作成:エクセル2010基本講座• 積み上げ縦棒グラフと折れ線グラフの作成 スポンサードリンク テータリストの作成• 下表のようなデータを例に積み上げ縦棒グラフと折れ線グラフの複合グラフを作成してみます。 データリスト内の1つのセルをアクティブにします。 Excelがデータ範囲を自動で認識できるときは、データリスト内の1つのセルがアクティブであればよい。 自動で認識できないケース、リストの周囲のセルが使用されているようなときは、グラフ化する範囲を選択しておきます。 「グラフの挿入」ダイアログボックスを表示してグラフの種類を選択することもできます。 [挿入]タブのグラフグループにある「ダイアログボックスアクセスランチャー」をクリックします。 「グラフの挿入」ダイアログが表示されますので、[縦棒]の[積み上げ縦棒]を選択し[OK]ボタンをクリックします。 積み上げ縦棒が作成されました。 合計は不要なので削除します。 系列「合計」を選択して、[Delete]キーで削除します。 前年度比を折れ線グラフに変更します。 系列「前年度比」はグラフでは非常に小さいのでクリックして選択できないので、リボンから操作します。 グラフツール リボンの[レイアウト]タブで[系列"前年度比"]を選択します。 グラフツール リボンの[デザイン]タブで[グラフの種類の変更]を実行します。 「マーカー付き折れ線」を選択して[OK]ボタンをクリックします。 前年度比の値は非常に小さいので、横軸に張り付いてしまいました。 第二軸を利用します。 グラフツール リボンの[レイアウト]タブで[系列"前年度比"]を選択します。 [選択対象の書式設定]を実行します。 系列のオプションで「第2軸」にチェックを入れて[閉じる]ボタンをクリックします。 積み上げ縦棒グラフと折れ線グラフの複合グラフができました。 デザインを変更して下図のようになりました。 スポンサードリンク |||積み上げ縦棒グラフと折れ線グラフの作成.

次の

集合積上げ縦棒+折れ線グラフ

積み上げ折れ線

グラフを使ってデータを見る(1) 2006年度経済情報処理 第7回 グラフを使ってデータを見る(1)• 人間は数値データをみつめて全体的な変動をとらえるのが苦手。 一度に意識できる数字の数は多くない• グラフには、データを人間が得意なパターン認識に持ち込む効果がある• ここでは、Excelの基本的なグラフを作りながら、データをいろんな方法で見ることを学ぶ 7. 1 データの変化を見る• Excelで同じ性質の物が時間や量などで変わっていくデータを視覚化する方法を学ぶ• 「折れ線グラフ」「積み上げ折れ線グラフ」の違いが分かり、適切に使い分けることができる 7. 1 折れ線グラフ 例題1. 携帯電話各社の契約台数はどのように変化しているかをグラフ化する 目的: 1996年〜2006年の間に、携帯キャリア(グループ)の契約台数がどのように変化したかの基礎データを示す データ: Step 1. mobile. xls の 合計 シートを開き、表2の「2006年10月現在の事業グループ」から合計以外の行を選択する Step 2. この画面でのポイントは• グラフの種類を選ぶ(縦棒・横棒・折れ線・円・散布図・面・ドーナツ・レーダー・等高線)• グラフの種類を選ぶと表示が変わる、グラフの種類に応じた形式を選ぶ の2点。 選んだグラフ種類と形式の組み合わせについての説明は、右下に表示される。 この例題では、マーカーつき折れ線グラフを作成したいので、下図のように選択して をクリックする() ()マーカーとは、折れ線グラフの中でデータが実際にある位置を示したマークのこと。 これがないと、線のどこに実際のデータがあって、どこが線で結んだ補間なのか分からなくなる。 逆に、分からなくしたい場合はマーカーなしにするとよい。 また、白黒でグラフを印刷する際には、線の色やパターンでは系列が見分けにくいことがあるので、マーカーを大きめにつけておくとわかりやすい。 Step 3. この画面でのポイントは• 小さく表示されているグラフの縦軸・横軸・データ系列名が希望通りか確認する• 横軸とデータ系列名がおかしい場合は、系列: 行 列 というラジオボタンで切り換えてみる• それでも駄目なら、「系列」タブ」をクリックして人手でグラフの元データを設定する の3点。 グラフウィザードは比較的賢く選択した範囲からグラフを作成してくれるが、データの中身を理解しているわけではないので時にはうまくいかないこともある。 そのようなときは、人手で指定した方が早い。 グラフの元データが正しく設定できていれば をクリック。 Step 4. グラフのオプションを指定する この画面でのポイントは• グラフタイトルを指定する。 ここに書いたタイトルは、グラフの上に表示される()• Excelでは横軸のことを X軸と呼んだり項目軸と呼んだりする。 ここに書いた内容は横軸の下に表示される• Excelでは縦軸のことを Y軸と呼んだり数値軸と呼んだりする。 これが指定されていないと、いったい何のグラフなのか誰にも理解できない。 理解できないグラフは無駄。 ()Excelのグラフを Wordなどに貼って、Word側の参照機能で図表番号を管理する場合はグラフの中にタイトルを書き込まない方がいいこともある。 最初にグラフを作ったときに付けてあった番号が、文章中での順序によって決まる参照番号と一致しないと非常に具合が悪い。 もちろん、Excelのグラフをそのまま印刷して使う場合はタイトルがないと訳がわからなくなる。 Step 5. グラフの作成場所を指定する 最後のグラフウィザード画面では、作成したグラフをどこに置くかを指定する。 新しいシートを指定すると、グラフ専用のシートが作成される。 オブジェクトを指定すると、現在のブックの中にあるシート名を選択できる。 下の図は合計シートの上に置いた例 7. 2 積み上げ折れ線グラフ• 1で学んだ折れ線グラフは、いくつかのデータ系列の量を比較するのに向いていたが、全契約数がどのように変化しているかは各年度で3本のグラフを読んで数値を足さないとわからないので直観的でなかった• 全体の変化を一目で分かるようにしつつ、構成要素の量も分かるようにするのが積み上げ折れ線グラフ• データ系列の指定方法などは折れ線グラフと同じ。 違うのはグラフ形式として「積み上げ折れ線グラフ」を選ぶだけ 例題2. 我が国の携帯電話契約台数の成長をグラフ化する 目的: 1996年〜2006年に我が国の携帯電話契約数がどの程度成長したかを示す。 単に選ぶグラフ形式が違うだけ データ: Step 1. mobile. xls の 合計 シートを開き、表2の「2006年10月現在の事業グループ」から合計以外の行を選択する Step 2. ツールバーのグラフウィザード をクリックする この例題では積み上げ折れ線グラフを作成したいので、下図のように選択してから をクリックする。 以下のステップ Step 3. データの系列を設定・確認する Step 4. グラフのオプションを指定する (グラフタイトルは「携帯電話契約総数の推移(3グループ累計)」とする) Step 5. グラフの作成場所を指定する は例題1と全く同じなので省略。 できあがりは下図のような感じ。 2000年に一旦ドコモの契約台数が低迷して、我が国携帯市場全体が伸び悩んだことがこのグラフから分かる。 練習問題1. 我が国の一般会計歳入 昭和30年〜平成18年)について以下のことを説明するときに適切なグラフを作成しなさい データ:• 我が国の一般会計歳入総額がどのように変化したかを示すグラフ。 ただし、歳入の区分ごとの金額も分かるようにすること• 我が国の一般会計歳入が収入区分ごとにどのように変化したかを示すグラフ。 練習問題2. その後、公債依存度を下げる努力が行われているが、平成18年度予算では平成17年度決算水準より公債金収入の比率は上昇している。 」 練習問題3. 以下のデータをグラフにしなさい• 平成17年、平成12年、平成7年、平成2年、昭和60年、昭和55年の6時点について、全国、25〜29歳、女性 の配偶関係(未婚・有配偶・死別・離別)の変化が分かるグラフ。 平成12年、平成15年、平成17年の3時点について、「自宅におけるパソコンからのインターネット接続方法」を(DSL回線、ケーブルテレビ回線、電話回線(ダイヤルアップ)、ISDN、その他)の5種類に分け、接続方法の変化が分かるグラフを作成しなさい。 自宅におけるパソコンからのインターネット接続方法のデータは、総務省情報通信統計データベース()に収録されているので、各自調べること 7. 2 データを比較する• 棒グラフを使うと、データを比較することができる• 作り方自体は折れ線グラフとほとんどかわらない 7. 1 集合縦棒グラフ 例題3. 地域別の若年人口(0〜14歳)、生産年齢人口(15〜64歳)、老齢人口(65歳以上)の人数をグラフにして比較したい データ: Step 1. pop-by-age. xlsの 地域別 シートを開き、データ範囲を選択する。 項目軸ラベルに使う地域名と、データ系列名に使う年齢階級の両方が含まれるようにすること。 Step 2. ツールバーのグラフウィザード をクリックする ここでは集合縦棒グラフを作成したいので、下図のように選択してから をクリックする。 Step 3. グラフのデータが正しく入っているか確認する Step 4. このあたりは折れ線グラフと全く同じ Step 5. グラフを配置しておしまい。 下の図は 地域 シートの上に置いた例 例題4. 地域別の若年人口(0〜14歳)、生産年齢人口(15〜64歳)、老齢人口(65歳以上)の構成比がどのように違うかを、帯グラフにして比較する データ: Step 1. pop-by-age. xlsの 地域別 シートを開き、データ範囲を選択する。 項目軸ラベルに使う地域名と、データ系列名に使う年齢階級の両方が含まれるようにすること。 Step 2. Step3〜5は例題4とほぼ同じ Step 3. データの系列を設定・確認する Step 4. グラフの作成場所を指定する できあがりは下図のようになる。 0〜14歳については地域間の差はあまりないが、65歳以上人口については地域間の差が大きいことがわかる。 練習問題4. 25〜29歳の地域別就業状態のデータ()を使って以下のグラフを作成しなさい• 地域ごとに25〜29歳人口が何人いて、就業状態ごとの人数がどの程度かを説明するグラフ• 地域ごとに、25〜29歳人口の就業状態ごとの人数比を説明するグラフ• 人口が多い地域と少ない地域で就業状態に差があるか否かを示すグラフ 7. 3 データを分析して意思決定する 以下では、仮想的な音楽プロダクション「サンタ・ミュージック」の経営戦略を考える。 例題5. 重点販売曲を決める サンタ・ミュージックでは、売上を伸ばすために小売店での CD欠品をできる限り減らすことを今期の目標とした 現在、サンタ・ミュージックが発売している CDは music. xls の CD シートに入っている 11種類だけである 残念ながら、サンタ・ミュージックは貧乏会社なので、全てのCDを大量に在庫するわけにはいかない どの CDを重点的に在庫すればいいかをデータから決めたい このような条件のもとで、サンタ・ミュージックでは「売れ筋 CDを把握して、その CDだけは欠品しないように重点管理する」と考えた Step 1. 売れている CDをチェックする の CD シートに入っている商品は、商品の発売順に並んでいるので売上高順に並べ直す Step 2. 累積売上高と累積構成比を計算する• D列に、売上高が高いCDから順に売上高を足していった額(累積売上高)• 絶対参照をうまく使うと簡単 Step 3. ABC分析図を作る 経営会議用に、上の表をABC分析図と呼ばれるグラフに作っておくことにした。 大体こんな感じの図。 このグラフが今まであつかったグラフと違う点は以下の2つ• 縦軸が左右二つある• もし同じ縦軸を使ったら、累積構成比は横軸に張り付いた状態になって見えなくなってしまう。 縦棒と折れ線を組み合わせているのは、変化を見るための累積構成比は折れ線にしたいから。 Excelでこのようなタイプのグラフを作成する際は、グラフの種類で「ユーザー設定」-「2軸上の折れ線と縦棒」を選べばよい Step 4. 1 データを選択する ABC管理図に書き込むデータは、売上高、累積構成比。 横軸は CD名であるから、データを下図のように選択する。 2 グラフウィザードを起動し、グラフの種類を選択する ここで使うグラフは、「2軸上の折れ線と縦棒」という名前で Excelに組み込まれている。 ただし、「標準」ではなく「ユーザー設定」タブの方に有るので注意 Step 4. 3 グラフタイトルなどの設定 ここは今までとほとんど同じ。 ロングテール サンタ・ミュージックは新たな事業展開として曲データのインターネットダウンロード販売を始めることを検討している。 サンタ・ミュージックで管理している楽曲のリストと、同業他社での実績からみてコンサルタントが予想した売上高は の インターネット シートに入っているが、CD 1枚あたりの予想売上高はごくわずかである。 ただし、インターネットダウンロード販売では CDの管理コストがほとんどかからないので、少しでも売れればもうけが出ると考えてよい。 サンタ・ミュージックがインターネットダウンロード販売を開始することで、どの程度売上を増やすことができるかを予想しなさい。 暴力反対.

次の

複合グラフを作成する:エクセル2013基本講座

積み上げ折れ線

複合グラフを作成する:エクセル2013基本講座• 複合グラフを作成する• 集合縦棒グラフと折れ線グラフの2種類のグラフを一緒にした複合グラフを作成します。 複合グラフの作成方法にはいくつか考えられます。 ここでは3つの方法で複合グラフを作成してみます。 スポンサードリンク• Excel2013では[複合グラフの挿入]コマンドがリボンに表示されています。 グラフ化するデータ範囲を選択します。 縦棒と第2軸の折れ線の複合グラフが作成されました。 系列「鹿児島支店」が折れ線になっているので、縦棒へ修正します。 グラフツール リボンの[デザイン]タブを選択し、[グラフの種類の変更]を実行します。 系列「鹿児島支店」のグラフの種類を「集合縦棒」、第2軸のチェックボックスにチェックを入れます。 集合縦棒と折れ線の複合グラフが作成されました。 グラフ化するデータ範囲を選択します。 集合縦棒グラフが作成されました。 ここでは系列「合計」を選択しました。 グラフツール リボンの[デザイン]タブを選択し、[グラフの種類の変更]を実行します。 「すべてのグラフ」タブの「ユーザー設定の組み合わせ」が表示されました。 系列「合計」の「集合縦棒」を「マーカー付き折れ線」に変更します。 系列「合計」のグラフの種類が「マーカー付き折れ線」に変更されました。 第2軸のチェックボックスにチェックを入れてオンにします。 集合縦棒と折れ線の複合グラフが作成されました。 グラフ化するデータ範囲を選択します。 [挿入]タブの[おすすめグラフ]を実行します。 「組み合わせ」と「第2軸の折れ線」を選択してみました。 縦棒と折れ線の複合グラフが作成されましたが、1つの系列が意図したものと異なります。 折れ線を集合縦棒に変更し、第2軸のチェックを外しました。 第2軸を使った縦棒と折れ線の複合グラフが作成できました。 複合グラフに関連するページ• Excel2013での作成方法• Excel2010での作成方法• スポンサードリンク |||複合グラフを作成する.

次の