オカメインコ 画像。 オカメインコの種類と価格、画像、特徴まとめ

オカメインコの色の種類|顔、体、羽のカラーや模様の写真

オカメインコ 画像

スポンサーリンク シルバー 出典: 全身が光沢のある銀色です。 ノーマルよりも明るい色になります。 遺伝子によりドミナントシルバー、レセッシヴシルバーと分けて呼ぶこともあります。 レセッシヴシルバーは赤目でピンクの嘴です。 羽色はノーマルと似た濃いグレーから淡いグレーまでさまざまです。 ドミナントシルバーは黒目で嘴、脚はグレーです。 後頭部が濃いグレーなのも特徴です。 ドミナントシルバーはさらに、シルバー遺伝子の数によりシングルファクター、ダブルファクターと分けられます。 シングルファクターの中でも色の薄い子をプラチナと呼びます。 しかし専門店でない限り、ドミナントシルバーとレセッシヴシルバーを区別せずにシルバーとして販売していることが多いです。 シナモン 出典: 灰色に赤灰色が混ざったような、パープルグレーの温かみのある色です。 幼鳥はブドウ色の目ですが、成鳥になると黒目になります。 イザベラ、イザベル、チョコレートとも呼ばれます。 ファロー 出典: シナモンの色を淡くしたような体の色です。 赤目の品種です。 成鳥になっても赤目のままです。 ファローとは「くすんだ淡い黄色」という意味です。 スポンサーリンク オリーブ 出典: 黄色味がかった淡い灰色です。 全身にはっきりしない濃淡があります。 エメラルドとも呼ばれます。 オカメインコの飼い方や餌、飼育用品!臆病な性格でパニックも ルチノー 出典: 全身が黄色味がかったクリーム色で、赤目の品種です。 成鳥になると目の色は黒味がかり、ブドウのような色になります。 冠羽の下の頭頂部に羽がないまたは薄い子がほとんどです。 遺伝によるものなのであり、脱毛ではないので心配はいりません。 しかし大量繁殖させられた子程頭頂部の羽が薄いと言われていますので、丈夫な子をお迎えするためにはなるべく頭頂部の羽が生えている子を選んだ方が良いでしょう。 一般的には白オカメインコと呼ばれています。 一番人気の品種で、ノーマルよりも一般的かも知れません。 このルチノーが作られてからオカメインコの人気は急上昇しました。 イエロー 出典: 全身が黄色の非常に珍しい品種です。 バターカップとも呼ばれます。 ルチノーが肝臓疾患によりイエローのように全身が黄色くなることがありますので注意が必要です。 イエローをお迎えする場合、しっかり血統の管理された専門店でないと、肝臓疾患のルチノーである可能性があるのです。 スポンサーリンク アルビノ 出典: 全身白色で赤目の品種です。 頬の丸い斑紋もありません。 ホワイトフェイスルチノーとも呼ばれます。 スノーホワイト 出典: 全身白色で黒目の品種です。 アルビノと似ていますが、掛け合わせが違います。 パイドとホワイトフェイスの形質が合わさった、珍しい品種です。 オカメインコのお顔の色による種類 ノーマル 顔全体は黄色く、頬にオレンジ色の丸い斑紋があります。 オスは顔全体の黄色がはっきりし、頬のオレンジ色も鮮やかです。 メスや幼鳥は顔全体の黄色が非常に薄く、頬のオレンジ色もオスほど鮮やかではありません。 パステルフェイス 出典: 頬の丸い斑紋がノーマルより薄く、黄色味がかった色をしています。 イエローフェイス 出典: 頬の丸い斑紋が、顔全体の黄色よりも少しだけオレンジがかっている程度で、あまり目立ちません。 ホワイトフェイス 出典: 頬の丸い斑紋がない品種です。 顔全身の黄色もなく、全身の色も白とグレーのみです。 オスは顔全体が白ですが、メスや幼鳥は体の色と同じかわずかに薄い程度のグレー色です。 オカメインコの羽の模様による種類 ノーマル 羽の模様に変化がないものです。 パイド 全身が白とグレーのまだら模様になります。 色の現れ方は個体差が激しく、同じ模様の子は世界に一羽もいません。 パイドは模様の大きい順にライト、ミディアム、ヘビー、クリアと分かれます。 クリアパイドは、ほとんど模様が現れません。 パール 出典: 羽一枚一枚に、セキセイインコの背中のような細波状の模様が現れる品種です。 オスは成鳥になるとこのパール模様が消えてしまいます。 メスは成鳥になっても綺麗に模様が残ります。 オスは老鳥になると再びパール模様が現れることがあります。 パールパイド パールとパイド両方の遺伝子を持っています。 どちらの模様も現れます。 オカメインコの品種の呼び方 オカメインコの品種は、体の色、顔の色、羽の模様、この3つの特徴の組み合わせで、さまざまなものがあります。 品種の呼び方は、顔の色、体の色、羽の模様の順に組み合わせて呼びます。 例えば、顔の色がホワイトフェイス、体の色がノーマル、羽の模様がパールの場合「ホワイトフェイスパール」または「ホワイトフェイスノーマルパール」と呼ばれます。 ノーマルは省略されることが多いです。 顔の色がパステルフェイス、体の色がシナモン、羽の模様がパイドの場合「パステルフェイスシナモンパイド」となります。 パステルフェイスはPF、イエローフェイスはYF、ホワイトフェイスはWFと略して表記されることが多いので覚えておくとよいでしょう。 ちなみに、体の色、顔の色、羽の模様全てがノーマルのものが、野生と同じ色であり、最も基本となる品種です。 他のインコ類ほどカラフルではありませんが、模様との組み合わせでたくさんの品種がいるのがオカメインコの魅力なのです。

次の

オカメインコ(ホワイトフェイス シナモン)生態 画像まとめました

オカメインコ 画像

オカメインコの種類と特徴 オカメインコは穏やかで優しく、ほっぺの赤丸が特徴の中型インコです。 主にその色合いでさまざまな種類(カラー)があります。 特徴であるほっぺの赤みの濃淡や、全体の羽の色まで多種多様です。 種類によって値段は大きくかわりますが、性別はあまり関係がない傾向にあります(雌雄の判別が難しい種類もいます)。 性格はどの種類もほとんど変わらず、おだやかでおっとりしています。 ですので、オカメインコを選ぶ基準は主にカラー(種類)であることが多いようです。 穏やかで優しい性格と繁殖環境が確立して、レアカラーでも比較的に安定した入荷がされるようになり、1990年過ぎから急速に普及した今や初心者向けのインコです。 オカメインコ・ノーマル ノーマル種はオカメインコの原種です。 ショップでは並オカメインコとも言われます。 雌雄の判別も容易で、雛のときはオスメスともに顔はグレーですが、オスは顔が黄色くなり、メスは雛のときと変わらずグレーのままです。 頬の赤丸もメスはぼやけたようになります。 生後5ヶ月~から始まる大人への換羽の時に、オスは顔が黄色くなります。 確実にオスが欲しい、メスが欲しいという人は、手乗りになった生後5ヶ月以降の若鳥を探すと良いでしょう。 【お迎え価格】14. 000円~19. 白オカメインコとも言われます。 頭の冠羽の裏におハゲがあるのがチャームポイントです(病気ではありません)。 体の色は、クリーム色から黄色味が濃い子など個体差があります。 【お迎え価格】18. 000円~24. 000円~15. 000円(ブリーダー) ホワイトフェイス(WF) WF(White Face)と略されることが多い品種です。 ほっぺの赤丸がなく、白い顔と全身の白さが特徴です。 神聖さと気品が漂い、非常に人気があります。 お迎え価格はノーマルやルチノーなどに比べ、高めの傾向にあります。 【お迎え価格】27. 000円~38. 000円~28. 000円(ブリーダー) シナモン ノーマルと見分けがちょっと難しい種類です。 ノーマルの黒色部分が茶色(薄いグレー)に変化した色変りです。 まれにノーマルとして売られている場合もあります(逆の場合も極稀にあります)。 【お迎え価格】16. 000円~24. 000円~19. 000円(ブリーダー) パイド 羽根の中に白の大きな模様があるのが特徴です。 模様は個体差によって様々です。 ショップによってはこの模様によって価格に差が生じる場合があります。 この個体差が魅力という、飼い主さんも多く、 「オンリーワンの子」を欲しいという人はパイドのお迎えをおすすめします。 【お迎え価格】23. 000円~27. 000円~20. 000円(ブリーダー) パール 羽全体が白か黄色の細かい斑点模様になっている種類です。 パイドとの違いは模様の大きさが大きいか、鱗状に細かいかという感じです。 パイドと同じく、模様によって価格に差が生じる場合があります。 パステルフェイス ほっぺの色が薄い種類を指します。 あまり生産されておらず、見かけるのは稀です。 予約して雛が生まれるまで、数ヶ月待つこともあります。 【お迎え価格】23. 000円~31. 000円~24. 000円(ブリーダー) アルビノ(WFルチノー) かなり珍しい種類です。 真っ白で目も赤いのが特徴です。 気品と優雅さで人気がありますが、お迎え価格はかなり高めです。 やや体質的に弱い面があるので、遊び過ぎや日光浴のしすぎ、ストレスには注意しましょう。 【お迎え価格】34. 000円~45. 000円~30. 000円(ブリーダー) オカメインコのその他の種類 オカメインコは他にも色々な種類があります。 これらの種類はショップやブリーダーによって名称が違ったり、品種固定がしっかりされていないのもいます。 そのため、 値段も相場がほとんどなく、そのショップやブリーダーの時価に近いところがあります。 エメラルド(オリーブ) シナモンをさらに薄くしたような色で、緑がかっているとも言われます。 000円~59. 000円(ブリーダー) ファロー シナモンをさらに淡く、その上黄色味少しある種類です。 また、目の色がヒナの時から赤いです。 遺伝的に作出が難しく、一説によっては8万円以上するとも言われています。 種類が多岐にわたるため、見分けも難しいものが多く、専門ブリーダーさんでも難しい個体もいます。 基本的にオカメインコは 「顔の色」「模様」「体の色」で総合的に品種の判断がされていると考えて良いでしょう。 新しい種類が愛好家の間で作出されていますので、より魅力的なオカメインコが今後誕生するのも魅力のひとつです。 オカメインコの値段は上昇傾向 2015年以降、オカメインコの値段は上昇傾向にあります。 2010年台はノーマルが10000円以下で買えることも珍しくありませんでしたが、2019年現在では1. 5~2倍近い値段になっています。 主な原因としては2010年台にあった手乗り インコブームが沈静化し、供給が落ち着いたことと、 輸送事情の変化で輸送コストが引き上げられ、そのコストが個体価格に反映されていることです。 2018年06月現在の値段で落ち着いているようですが、レアカラーのオカメインコについては値段が高騰する可能性が高いです。 オカメインコの購入はブリーダーが良い? ショップの中間経費がないため、 ブリーダー経由での購入はペットショップよりも安い価格で入手することができます。 ノーマルで9000円前後、ルチノーで10000円前後で購入することができます。 しかし、 法律改正により25年9月から生体は直接対面販売が義務付けられ、個人への生体の通販ができなくなりました(動物取り扱い登録者のみ可能)。 そのためブリーダーから直接購入する機会は減少してしまいました。 ブリーダーから購入する場合は、直接ブリーダーに対面し、説明をきいた上で購入する必要があるため、ブリーダーの元へいく往復の経費、時間なども踏まえて直接購入が可能か検討しなければいけません。 ただそれらを差し引いても プロであるブリーダーから直接購入するメリットは高いといえます。 オカメインコを里親から迎えることについて オカメインコは、その人気から多くの人に飼育されている半面、里親に出されていることも多いインコです。 理由は様々ですが 「引越しで飼えなくなった」「鳴き声で周囲とトラブルになった」「他の鳥との相性が合わない」といった理由が多いようです。 オカメインコは環境の変化に大きなストレスを感じやすい鳥なので、里親から引き取る場合は、環境変化についていけず弱ってしまったり、早死にしてしまうことも考慮しなければいけません。 里親からのお迎えは無料で入手が可能ですが、飼育費用、維持費用、医療費など多岐に渡ってお金がかかる動物であることをしっかり考えたうえで迎えるようにしてください。 安いから、というだけの安易な引き取りは絶対にやめましょう。 ・オカメインコの寿命は20年近くあります。 その間インコ優先の生活ができますか? ・インコの飼育には用具や餌代、病院代などお金がかかります。 ・意外と声が大きい鳥です。 防音対策はできますか? ・インコは自分で掃除や食事を用意することができません。 毎日敷き紙の交換や餌や水の交換ができますか? ・インコのしつけは犬に比べて時間がかかります。 途中で投げ出さずインコのペースでしつけることができますか? インコを飼うと毎日がとても楽しく、新しい発見でいっぱいになります。 その反面、旅行にいけなくなったり、病院に連れて行ったりしなければならないことが出てくるでしょう。 知能が高い鳥ですので、反抗して噛み付いたり、不機嫌で思うような反応をしてくれないときもあります。 折角迎えたオカメインコが、万が一あなたに懐いてくれなくても、愛情をこめて接することができますか? インコは一人で餌を買いにいけません、ケージが汚れてきても自分で掃除ができません。 一日でも餌やりをおこたると死んでしまいます。 あなたに一生をゆだねているといっても過言ではないのです。 かわいい、飼ってみたい!だけでなく、今一度 「本当にオカメインコの一生を責任もって飼育できるのか」を考えてみてください。 どの種類のオカメインコを飼うか迷ったら 「色変わりがほしいけど、ノーマルのほうが丈夫ときくのでノーマルのほうが良いの?」「ノーマルが良いけどショップの人は色変わりを薦めるんですが・・」など、どの種類をお迎えするかとても迷うと思います。 結論から言うと、 あなたが望む色のインコをお迎えしてほしいと思います。 20年以上一緒に暮らす大切な家族です。 どこかで妥協してお迎えするよりも、好きになった子、ほれ込んだ子をお迎えして生涯愛してあげてほしいのです。 色にこだわらず、気に入った子をお迎えして、その子のカラーの可愛さを知ることもあります。 オカメインコはどの子も可愛いです。 模様、顔の色、体の色で総合的に品種名がついています。 色が薄い種類が人気で、お迎え価格も高めです。 健康面はノーマルがやや丈夫ですが、ほとんど差はありません。 輸送コストや生産事情でオカメインコの値段は上昇傾向にあります。 オカメインコを終生責任をもって飼育できるか、飼育を決める前に家族でよく話し合いましょう。 オカメインコは本当に沢山の種類があります。 ここに書いたのはほんの一部です。 オカメインコの色違いは奥が深いです。 実はオカメインコの寿命は20年~と長く、鳴き声や毎日のお世話など、大変なことも多く、実際に飼育するとお金もかなりかかります。 興味本位、安易な飼育は絶対にしてはいけません。 本当に終生飼育できるのか、オカメインコ中心の生活ができ、自分の時間やお金を費やせるのかをしっかり確認してください。 オカメインコは本当にかわいらしく癒されます。 天使そのものですよ。

次の

【鳥種図鑑】ほっぺのオレンジが印象的なのんびり屋さんのオカメインコ|anicom you(アニコムユー)

オカメインコ 画像

スポンサーリンク シルバー 出典: 全身が光沢のある銀色です。 ノーマルよりも明るい色になります。 遺伝子によりドミナントシルバー、レセッシヴシルバーと分けて呼ぶこともあります。 レセッシヴシルバーは赤目でピンクの嘴です。 羽色はノーマルと似た濃いグレーから淡いグレーまでさまざまです。 ドミナントシルバーは黒目で嘴、脚はグレーです。 後頭部が濃いグレーなのも特徴です。 ドミナントシルバーはさらに、シルバー遺伝子の数によりシングルファクター、ダブルファクターと分けられます。 シングルファクターの中でも色の薄い子をプラチナと呼びます。 しかし専門店でない限り、ドミナントシルバーとレセッシヴシルバーを区別せずにシルバーとして販売していることが多いです。 シナモン 出典: 灰色に赤灰色が混ざったような、パープルグレーの温かみのある色です。 幼鳥はブドウ色の目ですが、成鳥になると黒目になります。 イザベラ、イザベル、チョコレートとも呼ばれます。 ファロー 出典: シナモンの色を淡くしたような体の色です。 赤目の品種です。 成鳥になっても赤目のままです。 ファローとは「くすんだ淡い黄色」という意味です。 スポンサーリンク オリーブ 出典: 黄色味がかった淡い灰色です。 全身にはっきりしない濃淡があります。 エメラルドとも呼ばれます。 オカメインコの飼い方や餌、飼育用品!臆病な性格でパニックも ルチノー 出典: 全身が黄色味がかったクリーム色で、赤目の品種です。 成鳥になると目の色は黒味がかり、ブドウのような色になります。 冠羽の下の頭頂部に羽がないまたは薄い子がほとんどです。 遺伝によるものなのであり、脱毛ではないので心配はいりません。 しかし大量繁殖させられた子程頭頂部の羽が薄いと言われていますので、丈夫な子をお迎えするためにはなるべく頭頂部の羽が生えている子を選んだ方が良いでしょう。 一般的には白オカメインコと呼ばれています。 一番人気の品種で、ノーマルよりも一般的かも知れません。 このルチノーが作られてからオカメインコの人気は急上昇しました。 イエロー 出典: 全身が黄色の非常に珍しい品種です。 バターカップとも呼ばれます。 ルチノーが肝臓疾患によりイエローのように全身が黄色くなることがありますので注意が必要です。 イエローをお迎えする場合、しっかり血統の管理された専門店でないと、肝臓疾患のルチノーである可能性があるのです。 スポンサーリンク アルビノ 出典: 全身白色で赤目の品種です。 頬の丸い斑紋もありません。 ホワイトフェイスルチノーとも呼ばれます。 スノーホワイト 出典: 全身白色で黒目の品種です。 アルビノと似ていますが、掛け合わせが違います。 パイドとホワイトフェイスの形質が合わさった、珍しい品種です。 オカメインコのお顔の色による種類 ノーマル 顔全体は黄色く、頬にオレンジ色の丸い斑紋があります。 オスは顔全体の黄色がはっきりし、頬のオレンジ色も鮮やかです。 メスや幼鳥は顔全体の黄色が非常に薄く、頬のオレンジ色もオスほど鮮やかではありません。 パステルフェイス 出典: 頬の丸い斑紋がノーマルより薄く、黄色味がかった色をしています。 イエローフェイス 出典: 頬の丸い斑紋が、顔全体の黄色よりも少しだけオレンジがかっている程度で、あまり目立ちません。 ホワイトフェイス 出典: 頬の丸い斑紋がない品種です。 顔全身の黄色もなく、全身の色も白とグレーのみです。 オスは顔全体が白ですが、メスや幼鳥は体の色と同じかわずかに薄い程度のグレー色です。 オカメインコの羽の模様による種類 ノーマル 羽の模様に変化がないものです。 パイド 全身が白とグレーのまだら模様になります。 色の現れ方は個体差が激しく、同じ模様の子は世界に一羽もいません。 パイドは模様の大きい順にライト、ミディアム、ヘビー、クリアと分かれます。 クリアパイドは、ほとんど模様が現れません。 パール 出典: 羽一枚一枚に、セキセイインコの背中のような細波状の模様が現れる品種です。 オスは成鳥になるとこのパール模様が消えてしまいます。 メスは成鳥になっても綺麗に模様が残ります。 オスは老鳥になると再びパール模様が現れることがあります。 パールパイド パールとパイド両方の遺伝子を持っています。 どちらの模様も現れます。 オカメインコの品種の呼び方 オカメインコの品種は、体の色、顔の色、羽の模様、この3つの特徴の組み合わせで、さまざまなものがあります。 品種の呼び方は、顔の色、体の色、羽の模様の順に組み合わせて呼びます。 例えば、顔の色がホワイトフェイス、体の色がノーマル、羽の模様がパールの場合「ホワイトフェイスパール」または「ホワイトフェイスノーマルパール」と呼ばれます。 ノーマルは省略されることが多いです。 顔の色がパステルフェイス、体の色がシナモン、羽の模様がパイドの場合「パステルフェイスシナモンパイド」となります。 パステルフェイスはPF、イエローフェイスはYF、ホワイトフェイスはWFと略して表記されることが多いので覚えておくとよいでしょう。 ちなみに、体の色、顔の色、羽の模様全てがノーマルのものが、野生と同じ色であり、最も基本となる品種です。 他のインコ類ほどカラフルではありませんが、模様との組み合わせでたくさんの品種がいるのがオカメインコの魅力なのです。

次の