結婚 式 親族 のみ。 【親族のみの結婚式】どこまで呼ぶ?招待する人の決め方など

少人数結婚式で私が行った演出内容や流れ、司会無しで進行するアイデア

結婚 式 親族 のみ

身内だけの結婚式!予算の相場はどれくらい? 結婚式の金額は、会場のランクや招待人数、 料理や衣装など内容のグレードによって かなり大きく変わってきます。 ここでは、ごく一般的な内容の 親族のみの結婚式を挙げた場合の 費用相場を人数別でご紹介しますね。 ちなみにわたし達の場合は、 人数が20名で合計80万円くらいの 支払いになりました(^^) 10人の場合 ごく小規模で、新郎新婦+両家両親 +両家兄弟(+既婚ならその家族)くらいの 一番近い身内だけの結婚式の場合、 10名程度で費用は20~50万円くらいに なることが一般的には多いようです。 より 詳しく費用相場の平均を 知りたい方には、こちらの記事がおすすめです。 30人の場合 両家の家族以外にも、祖父母や親戚関係、 一番の親友など少し呼ぶ範囲を広げた 30名程度の結婚式の場合は、 80~120万円くらいが相場です。 人数が増えると= お料理や引き出物も 人数分プラスになるので、 その分が加算されるのですね。 親族のみの結婚式!費用の内容とその金額とは? 全体の平均費用の中でも、新郎新婦のふたりが 「お金をかけてでも力を入れたい内容」 「できれば削って節約したい内容」など、 こだわりはそれぞれです。 ここでは費用の内訳を解説していきます。 まず、親族のみの結婚式に 必要な項目はこのような内容です。 衣装 洋装/和装、着付け、ヘアメイク、 アクセサリー、ブーケ• 食事 料理、飲み物、ケーキ• 引出物 メイン、引菓子、縁起物、プチギフト、 両親への記念品プレゼントなど• 会場装飾 テーブルクロス、ナフキン、装花、 席札、メニュー表、配席表など• 演出 ムービー上映、BGM、イベントなど• 記録 プロカメラマンによる写真や ムービーの撮影、その残し方• 会場利用料 挙式料・会場や控室の使用料など、 基本プランに含まれていることが多い• ゲストへの配慮 遠方ゲストのお車代、宿泊手配、 列席者衣装やヘアメイク 次に重要な部分をピックアップしていきます! 食事 お料理のコースは大体 1万円~2万円程度のコースから 選択できることが多く、 1万5千円程度のコースを 選ぶ人が一般的には多いようです。 それに加えて、 フリードリンクで3千円~5千円程度、 ケーキでゲスト一人あたり 1,000~1,500円程度のものが 用意されている会場が多数。 引き出物 引き出物の考え方は ゲスト一人に一セットではなく、 一世帯(一家族)につき一セットと考えます。 内容は、 メインになるもの3,000円程度 +引菓子1,000円程度 +縁起物1,000円程度(縁起物の有無は地域による) が基本になります。 但し、 ご祝儀を多くいただく場合は、 メインの引き出物を5,000~1万円程度まで 調整する必要があります。 衣装 衣装代は本当にピンキリですが、一般的には タキシード+ドレスで大体10~30万円くらい、 お色直しをするなら+10~20万円くらい、 和装はすこし割高と考えておいて 問題ないでしょう。 また、衣装に関連する 着付けや ヘアメイク、小物、クリーニング代など どこまでカバーされているのかも 確認が必要です。 その他 演出やペーパーアイテムなど 親族だけの結婚式での 演出やイベントは、 あってもなくてもどちらでもOKです! 演出系を一切入れないなら レストランなどで食事をする感覚ですし、 結婚式感を出したいなら キャンドルサービスやムービー上映、 ケーキ入刀、手紙や花束贈呈を 入れることも可能です。 お車代は準備するべき? 意外と見落としがちなのが、 ゲストに関する費用です。 例えば遠方から来てくれるゲストへの お車代や、宿泊が必要ならその手配。 両親のモーニング・留袖、 他の女性ゲストの衣装やヘアセット などがあります。 「身内なんだから水くさいこと 言わないで、そんなの気にしないで!」 と言ってくれる方もいるでしょうが、 今後長ーく続く親戚付き合いの中で 「 きちんとしている印象」は あって悪いものではありません。 「ダメな旦那」「できない嫁」のレッテルを 貼られてしまっては取り返しがつかないので、 できれば用意した方が無難でしょう。 親族のみの結婚式でもらえるご祝儀金額の目安はいくら? かかる金額についてご紹介しましたが、 新郎新婦が全額を支払わなければならない わけではありません。 結婚式ではほとんどの場合でご祝儀を いただけるので、費用の多くは それでまかなうことが可能です。 ただ、友人や会社関係のように ご祝儀=一人3万円と一概に固定 できないのが親族からいただくご祝儀の 考え方が難しい点です。 今まで親族間で自分たちまたは親たちが お互いにいくらずつ包んできたかという ルールによって、金額はかなり差があります。 一応基本の考え方としてまず親族は 夫婦または家族単位で招くことが多く、 ご祝儀は家族単位で準備されます。 自分たちと同世代の 若い夫婦・家族なら3~5万円、 親世代主体の親戚家族で5~8万円、 祖父母が夫婦でくるなら5~10万円、 友人や知人を呼ぶなら一人3万円、 そこが夫婦や家族なら5万円というのが 大体の相場になります。 そして一番大きいのが、 両親からの援助額です。 結婚資金として100万円もの高額を 援助してくれる親もいれば、 ここまで育ててきたからあとは自分たちで やりなさいという方針でご祝儀なしの 場合もあります。 親族のみの結婚式は赤字?黒字? 結婚式の収支が最終的に赤字になるか 黒字になるかはご祝儀の額によりますが、 親族からいただくご祝儀額は不確定です。 ただ、 結局は親の大きな援助があって 黒字になるケースが多いようです。 黒字にするために節約したい場合の アドバイスとしては、 自分たちのこだわりを削ってでも、 ゲストへの配慮や還元は減らさないことが ポイントです。 親族のみの結婚式は「身内の祝福」と同時に 「相手側の見極め」もされている場。 今後親戚付き合いをしていくにあたり• 料理をケチった• 引出物がすくなかった• お車代がでなかった というのは、 悪い印象としてずっと残ります。 そうなると修復するのはとても大変なので、 費用を節約したい場合はできるだけ• 手作りできるものは手作りして持込む• 演出をお金をかからないものにする• お色直しをなくす• 衣装のグレードを下げる という方法での 節約がおすすめです。 親族のみの結婚式の理由は?両親の本音は寂しい? 最近は親族のみの結婚式が増えてきましたが、 理由は様々です。 わたし達が親族のみの結婚式をした理由は、 主人が 極度のあがり症だったためです。 両家の両親それぞれに 結婚式の形式を伝えた時、 主人の両親は「今はそんな方法があるのか~。 お前たちが決めたことなら賛成する。 」と 理解を示してくれました。 ですが、 わたし側の両親が猛反対! 「娘の晴れ舞台での夢や楽しみをブチ壊すな!」 と 父が激怒。 母は「今まであなたがお世話になった たくさんの人たちに囲まれて、 きれいな衣装を着て祝福されている晴れ姿が 見たかった」と 寂しそうな様子でした。 このように、 ひとつのカップルの結婚式でも 様々な意見や見解があります。 結局わたし達は時間をかけて説得し なかば強引に強行突破しましたが、 これから考えている人にはアドバイスを。 内容としては、両家の親族20人程で 教会で挙式を挙げた後、集合写真を撮影し、 その後食事会を楽しみました。 食事会の中では ケーキカットと両親への手紙、 新郎の挨拶はしましたが、 余興やスピーチは一切しませんでした。 食事会の後はそのまま解散です。 身内だけの結婚式は 新郎新婦とゲストが気軽に 話をできる距離でアットホームな雰囲気なので、 ゆっくりと時間を共有することができました。 両家の親族関係が一同に集まることなんて 滅多にあるものではないですし、 お互いの家族のことを知る機会になりました。 準備だってシンプルで簡単だし 費用も抑えられるので、 結婚式よりも指輪やハネムーン、新居など 別のことに力を入れたいカップルには ぴったりの形式ですね。 結婚式はこれから夫婦になるふたりが 協力しあって行う、まさに初めての共同作業。

次の

新郎が読むウェルカムスピーチは親族中心ならカジュアルに決めよう!

結婚 式 親族 のみ

親族だけの結婚式でも寂しくなんてない!その理由とは 親族だけを集めた少人数のパーティーが寂しくないと私が言い切る理由。 その理由はズバリお2人はもちろん、ゲストも みーんな自然体で楽しめるからです。 そこでこちらでは 人数が少ない結婚式だからこそ盛り上がるポイントを詳しく紹介していきますね。 だから 結婚式はみんなが集まるひとつのきっかけ。 しかもしばらくあっていなくても不思議と会えばそんなことを感じさせることなく昔話で盛り上がったり、得意な歌や踊りを披露したりと楽しく過ごすことができるんです。 たまに顔を合わせるのがお葬式ばっかりじゃ寂しいですからね。 披露宴だとあんまり親族同士がお酌に行ったりってあんまりないでしょ? 少人数だと会場もコンパクトになるので移動もしやすいし、来賓とかの目もないから歓談会食中にお酌に行きやすいんです。 一般的な結婚式って挨拶は主賓と言われる会社の社長や恩師がするし、余興は会社関係や友人がするから 親族の出番はほとんどありませんよね。 お互いに。 来賓がいなければそんな一芸も気兼ねなく披露してもらうことができます。 お互いの小さい頃のエピソード、初めて家に相手を連れてきた時のエピソード、また2人のなれそめエピソード…どれも 家族や親戚だからこそ知りたいことです。 また結婚相手のことでもこれからずっと長いお付き合いをしていく人がどんな人か、またどういう親族達にどんな風に見守られてきたのかなどもわかる良い機会になります。 相手のことも相手の親族のことも、ごく身内の結婚式なら聞いていても苦痛じゃないですからね。 もうそれだけでも盛り上がっちゃうんです。 親戚のおじさんなんか2人が近づくと「来た来た!」と言わんばかりに昔話をしたり、ちょっとお説教じみたことを言ったりして自然と周りに座っている人も加わってどんどん話の輪が広がります。 そうするともう何の心配もいりません。 挙式でのセレモニー フラワーシャワーをはじめ、バルーンリリースとかバブルシャワー(シャボン玉)とかの ちょっと華やかなセレモニーの時。 お友達や若めのゲストが多いと「わ~」とか「きゃ~」とか黄色い歓声も上がるんだけど、親族だけだと淡々と進むのでちょっと寂しく感じたことも。 カメラを撮る人がいない ケーキカットとか乾杯のシャッターチャンスで 誰も写真を撮らない時。 ケーキナイフを持ったままジーっとしてるのって間が持たないというか、どうしていいかわからず2人とも戸惑ってしまうことも。 でも逆にシャッターチャンスの時にみんなが写真を撮ってくれるとそれだけで盛り上がります。 話が切れた時のちょっと気まずい空気 特にお互いの家族だけだと、みんなの話がちょうどフーっと途絶えてしまう時があります。 すると「誰かしゃべってくれないかな」とか「なにを話そうかな?」みたいなちょっと気まずい空気が流れることもありました。 1:挙式でのセレモニーが人数が少なすぎて心配なら スタッフの参加をお願いしておく。 2:シャッターチャンスになったら「みなさんカメラを!」みたいに 促してもらうようにお願いしておく。 3:食事会での沈黙が不安なら会食を仕切るスタッフに会話が途切れていたら 料理説明やみんなにドリンクを聞いてもらうようにお願いをしておく。 みんなが久しぶりに集まってご飯を食べて楽しく会話する。 それだけで十分なおもてなしです。 披露宴には披露宴の良さがあるけど、少人数の会食会には会食会の良さがあってそれがなんとも微笑ましくてあったかいですから。 だから盛り上げなくちゃいけないとか淋しくならないようにするにはどうしたらいいかなんてあまり気にせずに、事前にゲスト1人1人のことを考えて準備すればみんなで楽しむことができますよ。

次の

結婚式が親族のみの食事会スタイル!食事会当日の流れや演出例7選

結婚 式 親族 のみ

メリット1:ご祝儀を渡すきっかけに まずひとつは、ご祝儀を受け取る機会をはっきり作れること。 受付がないと 「ご祝儀をいつ渡せばいいのだろう?」と思ってしまいます。 親族のみの場合は、気兼ねなく新郎新婦の親に聞く機会もあるので、なんとかなります。 でも少人数でも友人を招待した場合は、友人が困ってしまうことも。 メリット2:席次表などのペーパーアイテムを渡せる 親族のみ・少人数結婚式でも、席次表など一般的なペーパーアイテムを用意しているとき。 受付があれば、名前を書いてもらったときにペーパーアイテムを渡せます。 受付がないと、親やスタッフから渡してもらうことになりますが、 受付で渡せたほうがスマートです。 前もって、受付はないからと連絡しておくなどの配慮が必要かもしれません。 私は実際に、こうしました 私は親族のみのシンプルな結婚式でしたが、 受付はすることにして、兄弟にお願いしました。 決めるまでは、受付が必要かどうかすごく悩みました。 でも結局「ご祝儀を渡すきっかけ」が必要かと思い、することに決めました。 受付をするなら、兄弟姉妹にお願いしよう 親族のみ・少人数結婚式で受付をするなら、兄弟姉妹に受付をお願いするのがおすすめです。 もし式場スタッフにお願いできるなら、それでもOK! 結婚式が終わって、いま思うこと 兄弟に受付をお願いしたのですが、結婚式をいま振り返って思うこと。 それは必ずしも、受付は必要なかったかも?ということ。 書いてもらった芳名帳は親戚の名前ばかりで、もう捨ててしまいました。 少人数なので受付もすぐ終わるので、受付をしてくれた兄弟も暇そうでした。 ご祝儀も親戚ばかりだったので、そんなに気にする必要はなかったのかなと今は思います。 結婚式の準備をしているときは、粗相のないようにと形式張った準備をしていました。 彼の親族にはきちんとしないと・・・というような気を張っていたのです。 でも受付という形式は、そこまで重要ではなかったなと今思います。

次の