もやし 保存 方法。 もやしを美味しく保存する方法!長持ちさせるコツと保存期間の目安!

もやしの長持ち保存方法と保存期間!【冷凍・冷蔵・常温】全て解説

もやし 保存 方法

com もやしはさまざまな料理に使え、しかも手軽に手に入るため、食事や家計の強い味方です。 しかし、もやしは長く日持ちする野菜ではないため、「食べ切れなかったもやしを残しておいたら、食感や風味が落ちてしまった!」という経験もあるのではないでしょうか。 もやしは一度封を開けてしまうと、空気に触れてしんなりとしてしまい、風味の低下が進みます。 もやしを開封した際は、できるだけ一度で使い切ってしまいたいところですが、使い切れずに残してしまう場合は、冷蔵保存をしておきましょう。 開封後にもやしを冷蔵保存しておく場合は、2~3日ほどが保存期間の目安です。 おいしく食べるためにも、なるべく早く使い切るようにしてください。 com もやしを冷蔵庫に入れておくだけでは、2~3日しか保存できませんが、冷蔵保存するときにひと手間かけることで、さらに長持ちさせることができるのをご存知でしょうか?「もやしを水に浸す」という工程を踏むことで3~7日ほど持ちがよくなります。 簡単な方法ですが、このひと手間だけで保存期間を倍以上に延ばすことができます。 開封済みのもやしの場合 冷蔵保存するときは、蓋付きの保存容器を用意し、中にもやしを入れます。 その後もやしがひたひたになるくらいまで水を注ぎ入れ、冷蔵庫に入れます。 2日に1回、水を取り替えながら保存をしましょう。 この方法で、最長1週間も保存ができ、さらにもやしのシャキシャキとした食感までも保つことができます。 もやしの保存に際してはとても有効なおすすめの方法です。 袋の中の水分が気になる場合 未開封のもやしでも、袋の中に発生する水分が気になるという方もいらっしゃるでしょう。 その場合は、一度袋から出して水につけて保存をしましょう。 もやしがしんなりするのを防ぐことができます。 ただし、水につけておくとビタミンCをはじめとした水溶性の栄養分が流れ出てしまうので、なるべく早く使い切るのがおすすめです。 com もやしの保存期間をさらに延ばしたい場合は、冷凍保存の必要があります。 開封前のもやしの場合 未開封のもやしなら、買ってきた袋のまま冷凍庫に入れるだけで冷凍保存することができます。 開封済みのもやしの場合 袋を開けてしまった場合は、もやしをざるに入れて水洗いをします。 その後、もやしの水気をよく切ってから、チャック付きの保存袋に入れて保存しましょう。 このとき、空気を抜くのを忘れないでください。 冷凍保存したもやしの保存期間は、2週間から1ヶ月ほどです。 冷凍したもやしは、調理前に冷蔵庫などで解凍すると食感が失われてしまうので、凍ったまま調理に使うことをおすすめします。 冷凍保存したもやしはどんな調理に合う? 冷凍保存したもやしは、以下のような調理方法が最適です。 ・炒め物 ・汁物 ・茹でてから和え物にする また冷凍庫から出して、袋の上から軽く揉むと、パラパラとほぐれて必要な分量だけ取り出すことができるので、一度に使い切らなくても問題ありません。 少量ずつもやしを使いたい、という方はぜひ冷凍保存をお試しください。 新鮮なもやしの見分け方 もやしの栄養を余すことなく摂取できるメニューで満腹に!おいしいもやしレシピを紹介します。 4g/糖質28. 9%OFF(本品以外のやきとり缶を使用した場合のレシピとの比較) 作り方 1豆もやしはひげ根をとり、しいたけは石づきをとって薄切りにします。 2耐熱容器に1のしいたけ、豆もやしの順に入れ、やきとり缶をたれごと加えて混ぜ、ふんわりとラップをかけて電子レンジ(500W)で3分ほど加熱し、混ぜ合わせます。 もやしとしいたけの下ごしらえをしたら、あとは電子レンジでチンするだけのお手軽な一品です。 好みや気分に合わせて具材を変えてもおいしくいただけます。 <出典>焼き鳥としいたけ、豆もやしの蒸し煮 まとめ もやしの冷蔵保存と冷凍保存についてご紹介しました。 もやしは開封した袋のまま冷蔵保存した場合2~3日、水につけて冷蔵保存した場合3~7日、冷凍保存した場合は2週間~1ヶ月保存することができます。 また少しでももやしを長持ちさせるためには、新鮮なもやしを選ぶことが大切です。 根や豆の色が悪くなっていないか、茎が固くしっかりしているか、袋の中に水分が溜まっていないかをチェックし、新鮮なもやしを手に入れましょう。

次の

もやしはどれくらい日持ちする?保存方法ごとの日持ちの目安?【管理栄養士監修】

もやし 保存 方法

もやしの保存方法や保存期間について考えたことありますでしょうか? もやしはなんと言ってもその安さが魅力で、癖がないことから使い道が広く、さらには低カロリーであるというありがたい食材ですが、保存期間は非常に短いもの。 その日に使うにしても常温でおいて置くなら、美味しく食べる為水が出てしまわないように袋開ける必要もありますし、冷蔵庫や冷凍庫にただ入れたらいいのかと言うとそうでもありません。 そこで今回は、そうした保存方法ごとの保存期間についての他にも「ひげがついている状態のほうが長持ちするのか?」とか「冷凍したものは電子レンジで解凍して良いのか?」などの疑問に答えるために 『もやしの長持ち保存方法と保存期間!【冷凍・冷蔵・常温】全て解説』と言う記事を書かせていただきました。 少々長めの記事になりますが、その分色々なことまでしっかりと解説させていただきますので是非御覧下さい。 【スポンサーリンク】 もやしの主な保存方法と保存期間 まずはもやしの主な保存方法と保存期間をご紹介します。 もやしの主な保存方法と保存期間• 常温は持って当日限り• 冷蔵で袋開ける前なら2日、最大5日• 冷凍で2週間 ざっとこんな感じで、見ていただいたら分かるように保存期間は平均的に短く、長期保存には向きませんので出来れば纏め買いはしないことをオススメします。 どうしても一袋買っただけでもあまると言う場合は冷凍庫、あるいは冷蔵庫にしっかりと処理をしての保管をオススメします。 続いてそれぞれの保管方法についてより詳しいことを説明します。 【常温保存する場合】 もやしは「もやしっ子」と言う例えがあるように非常に弱い植物であり、常温での保存は持って一日が限度、夏場は数時間で痛み始め未開封の袋の中に汁が出始める事もよくあります。 その為常温保存すると言う考えは最初から持たないほうがいいでしょう。 【スポンサーリンク】 【冷蔵庫で保管する場合】 常温保存よりは多少持ちますが、冷蔵庫で保存する場合でも袋のまま入れていたら持って2日と言うところです。 しかし悪くならないようにするための方法を取れば最大で5日はいけるようになります。 その保存方法とはボールやタッパーにもやしを入れて、水をひたひたになるくらいまで入れて空気が入らないように、ラップや蓋をして、その水を毎日替えるというもの。 これで最大で約5日は持たせることができるようになります。 ただしこの方法はもやしの数少ない栄養であるビタミンやミネラルなどの栄養が水に流れ出てしまうことになりますので、美味しく食べられると言う定義からは多少外れてしまうところはなくはないです。 【冷凍庫で保管する場合】 冷凍する場合が一番長く持たせられますが、前述したとおりもやしは冷気にも弱い植物なので、若干味や色が変化する場合がありますし、シャキシャキした食感が一度水分が凝固してしまった後であるために損なわれやすくなります。 基本的にこの場合は袋開けることをせず、そのまま買ってきた状態で入れてしまえばいいので楽なのですが、どうしてもと言う場合以外は栄養素からしても味からしても、使える調理幅からしても避けたほうが無難です。 また冷凍した後に電子レンジでの解凍のみならず、自然解凍もオススメしません。 殆どが水分で出来ているために熱にも弱く、電子レンジで解凍するまで温めると確実にべちゃべちゃしたカスだけが残る形になりますし、自然解凍したとしても水分と一緒に栄養素が抜け、もやしの細胞体を冷凍により破壊してしまっている状態なので、食感もなく栄養素もない物が出来上がるからです。 その為どのみち食感は諦めるとしてもせめて味と栄養素を守るため、冷凍したもやしはせめて冷凍したまま使えるみそ汁やスープの具にしたりするのがオススメ。 もやしから食感をなくすと言うだけならば和え物にも使えなくはないのですが、解凍せずに使えば出来上がったときに大量の水が出ますし、解凍したものを使う場合は水気を取ったら切り干し大根の大根のようなものを使うことになってしまいますので普通のもやしの和え物のようには出来ません。 一通り見ていただいた方にはご理解いただけるかと思いますが、もやしは基本保存しないものと思ったほうがいいでしょう。 ではもやしの主な保存方法と保存期間のご紹介を終えたところで、次は「ひげがついている状態のほうが長持ちするのか?」や「調理したものはどうなのか?」などのことについてご紹介させていただきます。 【スポンサーリンク】 もやしの保存方法や保存期間についての影響するようなその他のこと 【もやしはひげがついている方が長持ちするのか?】 結論から言いますと、どちらでもあまり変わりません。 一応当然ですがもやしのひげももやしを構成する一部であり、植物からすると必要だからこそついているわけであり、それを取ったほうが長持ちするはずもありませんからあった方がいいのかもしれません。 しかしそもそも痛みやすい野菜であるためひげの有無なんて些細なことではあまり保存期間への影響がないのです。 その為あまり神経質になるほどのことではありませんので買う時は別にないものを選んでも変わらないと思ってください。 【袋は買ってきたら開けるべきか?】 基本的にもやしは環境変化全般に弱く、出来れば袋からは出してしまって水につけておいた方が、栄養素は失われますが1日以上の多少の延命は可能ですから開けてしまったほうがいいです。 しかし開けてしまった場合のデメリットは水につけた状態で保存することになるので、冷蔵庫に入れると場所をとること。 その為2日以内に絶対に使うと言うのならばそのまま野菜室に入れて置いたほうが効率的と言えるでしょう。 【火を通してしまったもやしはどのぐらい持つのか?】 基本的に茹でるにしても、炒めるにしてももやしを調理するならばさっと火を通す程度の場合が多いのですが、そのサッとでも余熱の通りやすさの関係でもやしは一気に保存が利かなくなってしまいますので、次の日まで冷蔵しようが冷凍しようが持たないと思ってください。 しかしせめて1日、2日持たせたいという場合は茹でる時にはほんの少量お酢をいれ、茹で上がったらすぐに水分をできるだけ取って使わない分だけタッパーに入れて空気が触れないようにラップや蓋をしっかりとして冷蔵庫で保存すればそれぐらいの延命は出来ます。 炒めた場合もほぼ同じですが、こちらはお酢を加えることが出来ませんので、火を加えた後水分を出来るだけ取り、タッパーと言わずフリーザーパックのような限りなく真空状態を作れるものに入れて冷蔵庫で保存しておけば1日ぐらいは持たせられます。 しかしどちらの場合でも味も食感も落ちますし、栄養もなくなるのでその辺はご了承ください。 最後にもやしがダメになったサインについて少し触れます。 もやしはどうなったら悪くなっているのか? 例えどれほどもやしをしっかりとした保存方法で保存しようともそもそもが弱いので思ったよりも悪くなるのが早いこともよくあります、そのため万が一に備えて悪くなってきたサインをしっかりと覚えておいて欲しいと思います。 悪くなったことが分かるポイント• カルキのような、塩素のような臭いがする• 水につけていないのに表面が湿っぽい• ひげの辺りが柔らかい• 酸っぱい様な臭いがする• 白いを超えて透明になってきた 腐った臭いやぬるぬるすると言う状態なら誰もが危険と分かると思いますが、もやしは一見するとまだ大丈夫そうに見えて結構危険な状態になっていることもあります。 まず大体の人が判断に迷う段階であるカルキのような、塩素のようなにおいがする状態。 大体この状態ですと水につけていないのに表面が湿っぽい感じになるのですが、これの段階で既に細胞組織の劣化が始まっており、栄養素は殆ど失われており、食べるのをオススメしない段階になっています。 その後ひげの辺りが柔らかくなっていると思うような状態を得て、本格的に腐ります。 なのでひげの辺りが柔らかくなってきたなら残念ですが、食べないほうがいいでしょう。

次の

【野菜の保存】もやしを保存するにはレンジでチン?水に浸す?茹でる?保存温度に気をつけて期限を延ばそう

もやし 保存 方法

もやしを長持ちさせる冷蔵保存方法 もやしは安くて美味しい野菜の代表ですが、傷みやすい野菜としても有名です。 そんなもやしを保存する方法としては冷蔵庫が一般的です。 では、長持ちさせるためには冷蔵庫の中でどのように保存すればよいのかみてみましょう。 野菜室ではなく、チルドルームに入れるのがおすすめです。 できるだけ低い温度で保管する方が、もやしの呼吸作用を抑え品質低下を遅らせることができます。 もやしは呼吸をしているので、袋に穴を開けないと次第に袋がパンパンになってしまいます。 必ず袋に穴を開けるようにしましょう。 一度湯通ししてから冷蔵庫で保存 袋から出したり、使い切れずに余ったりしたもやしは、一度湯通ししてからしっかり水を切り、冷蔵庫に保存します。 お湯に通すことで細菌の繁殖が抑えられ、劣化を防ぐことができます。 もやしを湯通しするときは、ぐつぐつ煮てシナシナになるまで煮る必要はなく、さっと湯通しする程度で大丈夫です。 また、湯通しするお湯に少量のお酢を加えると、殺菌作用が高まって保存できる期間が長くなります。 保存するときはキッチンペーパーで水気をしっかり切ること、なるべく空気が入らないようにタッパーに入れるか、保存用の袋に入れて保存すると長持ちします。 水につけた状態で冷蔵庫に保存 もやしは、生のまま水につけた状態で保存することも可能です。 もやしを袋から出して水洗いした後、プラスチック製の密閉容器に入れ、ひたひたになるぐらいの水を加え蓋をして保存します。 保存中は中の水を1日に1回交換しますが、シャキッとした食感を保つには水の温度に注意しましょう。 冷たい水を入れる方がシャキッとした食感を保つことができます。 夏場は水道水の温度が高くぬるいので、冷水を入れたほうがよいでしょう。 また、密閉容器はステンレス製だと日持ちしないので使用するのは禁物です。 プラスチック製の保存容器を選びましょう。 1つ注意すべきことは、水につけることでもやしの栄養分が水の中に溶けだしてしまうため、すぐに使わないとわかっている場合は、冷凍保存するのが無難です。 袋のままレンジで加熱して冷蔵庫に保存 もやしの袋を少し開け、レンジで15秒ほど加熱し、冷めたらクリップなどで袋の口を留めてそのまま冷蔵庫で保存します。 シャキッとした食感を長く保つことができ、湯通しするよりも簡単です。 ただ、加熱しすぎには注意しましょう。 もやしを調理してから冷蔵保存 もやしを調理して、ナムルやおひたしなどの和え物にしてからも保存できます。 調理済みのもやしを保存する場合には、空気が天敵になるのでタッパーや保存用の袋になるべく空気を抜いてから入れると良いでしょう。 もやしを長持ちさせる冷凍保存方法 もやしは冷蔵保存だけでなく、冷凍保存もできます。 では、どのように冷凍保存をすれば美味しくキープできるのかみてみましょう。 袋のまま冷凍する方法 もやしを購入した袋のまま冷凍する場合は、袋に数か所穴をあけ、なるべく平らな状態にしてから急速冷凍します。 使う時は、凍ったまま炒め物に入れたり、スープに入れたりしましょう。 ただ、いったん凍らせてしまうと生のもやしと比べてシャキシャキ感はなくなるため、サラダなどには向いていません。 加熱料理に使用するのがベターです。 また、冷凍することで変色してしまう場合もあります。 品質には問題ありませんが、留意してください。 茹でてから冷凍する方法 もやしを茹でてから冷凍する場合は、サッと湯通しした後にキッチンペーパーで念入りに水気をきった後、保存容器や保存袋に入れて急速冷凍します。 多少はシャキシャキ感が保て、味や色味もキープできます。 しかし、やはり生のもやしに比べると食感が落ちてしまうため、サラダなどには向いておらず、炒め物やスープなど加熱料理に入れるのがおすすめです。 平らにして保存しておくと、使いたい分だけ割って取り出すことができるので、簡単に使うことができます。 一回分のもやしを小分けに冷凍するのも使う時に便利ですよ。 もやしの解凍方法 冷凍していたもやしを解凍して使いたい!という時は、冷凍しているもやしをそのまま調理に使用して大丈夫です。 凍っているもやしを使う前に軽く揉んであげると、袋の中でもやし同士がバラバラになるので使いやすくなります。 また、冷凍したもやしは安全の為にも必ず加熱してから食べるようにしましょう。 もやしの保存期間の目安 冷蔵庫や冷凍庫で保存する場合、もやしはどれくらいの期間キープできるのか、それぞれの保存期間の目安をみてみましょう。 袋に入ったまま冷蔵庫で保存 袋に入ったままの状態で冷蔵庫で保存する場合、冷蔵庫に入れて1日から2日は保存できます。 チルドルームに保存すると、4日から5日は保存できるでしょう。 生で水に浸して冷蔵保存 生のもやしを水に浸して冷蔵保存する場合は、3日から1週間程度は保存が可能です。 茹でて冷蔵庫で保存 もやしを茹でて冷蔵庫で保存する場合は、1日から2日は保存できます。 茹でるときはお湯が沸騰する前からもやしを入れるのは禁物で、沸騰してからもやしを投入し、30秒ほど茹でるのが正しい方法です。 長時間茹でるのも避けましょう。 袋のまま電子レンジで加熱して冷蔵庫で保存 電子レンジで加熱して冷蔵庫に保存する場合は、3日から4日保存可能です。 調理したもやしを冷蔵庫で保存 調理済みのもやしを冷蔵庫で保存する場合は、2日から3日保存可能です。 冷凍庫で保存 冷凍庫で保存する場合は、2週間から3週間ほど保存できます。 もやしが傷んでいるか腐っているかの判断基準 冷蔵庫や冷凍庫で正しく保存しても、もやしが傷んでしまうことがあります。 では、傷んだり腐ったりしているかの判断基準はどのようなポイントに注意するべきかみてみましょう。 匂いで確認 もやしは、傷んでくると酸っぱいような酸味のある匂いを放ち始めます。 見た目的には異常がなくても、異臭を感じたら食べないのが無難です。 しかし、匂いはするものの酸味のあるきつい匂いでない場合は、まだ食べられるもやしの可能性もあります。 少しでも不安を感じたらお酢を入れたお湯で茹でてから食べるとよいでしょう。 見た目で確認 もやし全体が黒っぽく変色していたり、芽の部分が茶色くなっていたりするものは、傷んでいるサインです。 食べるのは止めた方がよいでしょう。 芽の部分が数本変色していたり、ひげ根の部分が変色していたりする時は、その部分だけを取り除いて食べることができます。 茎がふにゃふにゃしていたり、溶けて液が出たりしていたりするものは腐っているので食べるのは控えましょう。 触って確認 もやしを触ったときにぬるぬるしていたり、糸をひいたりしているものは、傷みが進み腐っているサインです。 食べるのは控えたほうがよいでしょう。 もやしのひげ根は取った方がいいのか もやしのひげ根は、取ったほうがいいのか取らない方がいいのか意見が分かれる部分です。 では、ひげ根にはどのように対処すればよいのかみてみましょう。 料理に合わせて決める もやしのひげ根を取るのは、食感が悪い、見た目が悪い、臭みが出るというのが大きな理由です。 しかし、ひげ根にも栄養があるうえ、ひげ根を取るとそこからもやしの栄養分が流れ出てしまいます。 そのため、料理に合わせて決めるのが賢明といえるでしょう。 時間の無い時やスープなどはひげ根を取らずにそのまま使い、炒め物や和え物など、シャキシャキした食感を楽しむ料理の場合は、ひげ根を取るのがおすすめです。 ひげ根の取り方 ひげ根を取るときは、水を張ったボウルにもやしを入れ、絡まらないようにしてから始めると取りやすくなります。 ひげ根の部分だけでなく、もやし本体の下の方からポキっと折るようにして取ります。 かなり時間のかかる作業なので、一本ずつ行うのではなく、数本まとめて取る方が手早く終えることができるでしょう。 もやしの芽は取ったほうがよいのか? もやしの芽もひげ根と同じように取るか取らないかを迷う部分です。 しかし、もやしの芽にはたんぱく質、ビタミンC、食物繊維など、もやしの主な栄養素が含まれているため、栄養面を考えると取らない方がよいでしょう。 食感は取ったほうが格段に良くなるので、料理に合わせて決めるのが無難です。 美味しいもやしの見分け方 もやしは非常に足の早い野菜です。 なおさらスーパーなどで購入する時から新鮮なもやしを選びたいですよね。 新鮮なもやしを見分ける方法をご紹介します。 太さで見分ける もやしには色々な種類がありますが、日本で主に流通しているのは「緑豆もやし」と呼ばれる品種です。 美味しくて新鮮な緑豆もやしは茎が太くて短いのが特徴です。 また、見た目でハリとツヤがあるかどうかももやしが新鮮かどうかを見分けるポイントになります。 へなへなしていたり、袋の中に水が溜まっているものは避けるようにしましょう。 色で見分ける 新鮮なもやしは、白くて透明感のある色をしています。 逆に少し時間が経っているもやしは茶色く変色していくので、なるべく茶色くなっているもやしが少なく、白くて透明なもやしが多いものを選ぶようにしましょう。 硬さで見分ける 見た目で新鮮そうだと思ったもやしは実際に手にとってみて硬さをチェックしましょう。 新鮮なもやしは十分な硬さがありますが、時間が経ってきているもやしは次第に柔らかくなっていきます。 持ってみてしっかりと固ければ新鮮なもやしといって良いでしょう。 また、豆付きのもやしは、豆が閉じているものがオススメです。 まとめ もやしを美味しく保存する方法や長持ちさせるコツをご紹介しましたが、簡単にできる方法ばかりなのですぐに実践できそうですね。 長期保存するなら冷凍保存、すぐに使うなら冷蔵保存するのが正しい保存方法ということでした。 もやしは低カロリーでダイエットにも最適な食材なので、美味しく保存して毎日の食事に活用してみてはいかがでしょう。

次の