もこう 創価学会。 退会しても「統監票」に一生残る

彼女が創価学会らしいんやけどどないしよ…

もこう 創価学会

未来部 希望ネット 〜未来部担当者ホームページ〜 1965年(昭和40年)1月15日——。 東京、大阪をはじめ、全国34の本部に別れて「中等部」が結成。 この日の前日、池田名誉会長(当時・会長)は、次のように語られました。 「明日は、未来への新しい出発となる極めて重要な日だよ。 (中略)中等部も、この日の結成式に参加したメンバーを一期生としては、どうかと思う。 そうすれば、みんなの自覚が深まるからね」(新・人間革命「鳳雛」の章) さらに、全国各地の中等部員が目指すものとして、5つの指針を作ってくださったのです。 一、 勤行をしっかりしましょう。 二、 勉強をしっかりしましょう。 三、 学校にきちんと行きましょう。 四、 親に心配をかけないようにしましょう。 五、 正しく、強く、明るく毎日を送りましょう。 また、名誉会長は未来部の結成に対する思いを、こうも語られました。 「私は、21世紀のことを真剣に考えている。 その時に誰が広宣流布を、世界の平 和を、担っていくのか。 誰が21世紀に本当の学会の精神を伝えていくのか。 それは、今の高等部、中等部のメンバーに頼むしかないじゃないか。 だから、一人ひとりにしっかりと成長していってもらうしかない。 大人材、大指導者に育ってもらうしかない」 「では、どうすればよいのか。 何もしなければ人は育たない。 大切なのは触発だ。 その触発をもたらすには、日々、命を削る思いで成長を祈ることだ。 強き一念が智慧となり、それが、さまざまな発想となる。 責任感とは、その一念の強さのことだ」(同上) それから5年後の8月、第1回「中等部総会」が開催。 席上、名誉会長は、「責任ある人に成長してほしい」「主体性のある正義の人に育ってほしい」と激励し、中等部の原点ともいうべき句——「生涯の 誓いを結ぶ 君とぼく」を贈ってくださいました。 また、同年11月には、「中学生文化新聞」主催の第1回「作文コンクール」の表彰式が開催。 そして、結成10年目の9月には、第1回「英語弁論大会」が——。 そうした一つ一つの歴史があったればこそ、現在の「世界一の中等部」が、高く高くそびえ立っているのです。 Copyright c Soka Gakkai JAPAN All Right Reserved.

次の

公明党と創価学会ってどういう関係なの?(テレ東で池上彰がF票を話題に)

もこう 創価学会

活動の際の組織は地域別に細分化されている ただし、実際の活動は地域単位でおこなわれている。 中心にあるのが東京都新宿区の信濃町に本拠を構える「学会本部」である。 その下に14の「方面」がある。 方面は、一般に言われる地方と重なる部分が多い。 ただし、沖縄が九州方面に含まれず独立しているほか、関東周辺はかなり違う。 関東は次のようになっている。 「東京」東京23区、山梨県 「第二総東京」多摩地域 「関東」千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県 「東海道」神奈川県、静岡県 「信越」新潟県、長野県 方面の下は、かなり複雑である。 創価学会本部がホームページで公表している組織図では、「方面長」の下に「方面運営会議」があり、その下に「県長」、さらにその下に「県運営会議」と続いていく。 その下は、「分県」、「圏」、「本部」、「支部」、「地区」、「ブロック」と続いていき、ブロックが最小の単位である。 この組織図を見ると、創価学会の組織はピラミッド型の構造をしているように思える。 ところが、同じ東北地方でも、宮城県となると、全体は宮城総県ではなく「総宮城」と呼ばれる。 総宮城の下には、「第一宮城総県」、「第二宮城総県」、「第三宮城総県」と3つの総県がある。 第一宮城総県は仙台市のことである。 その下には5つの総区があり、それは仙台市の区と重なる。 「青総区」や「宮城野総区」などである。 第二宮城総県は、仙台市よりも北の地域をさし、その下に、「石巻躍進県」、「宮城新世紀県」、「宮城太陽県」がある。 石巻躍進県は石巻市、宮城新世紀県は気仙沼市、宮城太陽県は多賀城市などが中心である。 石巻躍進県の下には、「石巻牧口圏」、「石巻戸田圏」、「石巻池田圏」などがあり、さらにその下には本部や地区がある。 第三宮城総県は、仙台市より南の地域で、その下には名取市を中心とした「宮城勇舞県」がある。

次の

創価学会員を確かめる方法や特徴10選

もこう 創価学会

未来部 希望ネット 〜未来部担当者ホームページ〜 1965年(昭和40年)1月15日——。 東京、大阪をはじめ、全国34の本部に別れて「中等部」が結成。 この日の前日、池田名誉会長(当時・会長)は、次のように語られました。 「明日は、未来への新しい出発となる極めて重要な日だよ。 (中略)中等部も、この日の結成式に参加したメンバーを一期生としては、どうかと思う。 そうすれば、みんなの自覚が深まるからね」(新・人間革命「鳳雛」の章) さらに、全国各地の中等部員が目指すものとして、5つの指針を作ってくださったのです。 一、 勤行をしっかりしましょう。 二、 勉強をしっかりしましょう。 三、 学校にきちんと行きましょう。 四、 親に心配をかけないようにしましょう。 五、 正しく、強く、明るく毎日を送りましょう。 また、名誉会長は未来部の結成に対する思いを、こうも語られました。 「私は、21世紀のことを真剣に考えている。 その時に誰が広宣流布を、世界の平 和を、担っていくのか。 誰が21世紀に本当の学会の精神を伝えていくのか。 それは、今の高等部、中等部のメンバーに頼むしかないじゃないか。 だから、一人ひとりにしっかりと成長していってもらうしかない。 大人材、大指導者に育ってもらうしかない」 「では、どうすればよいのか。 何もしなければ人は育たない。 大切なのは触発だ。 その触発をもたらすには、日々、命を削る思いで成長を祈ることだ。 強き一念が智慧となり、それが、さまざまな発想となる。 責任感とは、その一念の強さのことだ」(同上) それから5年後の8月、第1回「中等部総会」が開催。 席上、名誉会長は、「責任ある人に成長してほしい」「主体性のある正義の人に育ってほしい」と激励し、中等部の原点ともいうべき句——「生涯の 誓いを結ぶ 君とぼく」を贈ってくださいました。 また、同年11月には、「中学生文化新聞」主催の第1回「作文コンクール」の表彰式が開催。 そして、結成10年目の9月には、第1回「英語弁論大会」が——。 そうした一つ一つの歴史があったればこそ、現在の「世界一の中等部」が、高く高くそびえ立っているのです。 Copyright c Soka Gakkai JAPAN All Right Reserved.

次の