護衛艦 い ず も 現在地。 護衛艦

艦番号一覧表|装備品|海上自衛隊 〔JMSDF〕 オフィシャルサイト

護衛艦 い ず も 現在地

MarineTraffic(マリントラフィック) 船舶の位置を知るには? 目の前の船の詳細を知りたい! 豪華客船はどこにいる? 色々な目的で船舶の位置を知りたい時があると思います。 世界の船舶の位置や詳細を知ることができるサービス。 MarineTraffic(マリントラフィック) 写真を楽しむブログ 撮影地撮影方法紹介の写真ブログにようこそ! 世界の海では現在も沢山の船舶が往来しています。 貿易のためのタンカーや世界一周の旅をする豪華客船… 平和を守る自衛官や戦艦(護衛艦)… そして日本の海域を守る海上保安船など。 プレジャーボートや釣り船などさまざまな船舶が今も行き来していますね。 東京湾に停泊している船舶やタンカー… 海岸で撮影している時にあの船はどこの国の船だろう? あの護衛艦の名前は何という名前なのだろうか? 少し遠くて船名が見えなかったり… 知人が乗っている豪華客船が今どこの海を旅しているのだろう? リアルタイムに世界中の船舶の位置を確認することができる 「MarineTraffic(マリントラフィック)」というものがあります。 今回は「MarineTraffic(マリントラフィック)」をご紹介します。 マリントラフィック 「MarineTraffic(マリントラフィック)」は パソコンだけでなくスマホやタブレットでも 使用できるアプリが提供されています。 「MarineTraffic(マリントラフィック)」の機能としては 船舶の位置情報だけでなく指定船舶の追跡も可能です。 その船舶がどのくらいのスピードで進んでいるのか?もわかります。 MarineTraffic(マリントラフィック)のアプリの説明になります。 マリントラフィック詳細 MarineTraffic(マリントラフィック)の公式の詳細をご覧ください。 MarineTraffic(マリントラフィック) MarineTraffic(マリントラフィック) 国内のアプリではないので日本語翻訳が少しおかしいようですが… 大まかな説明としては参考になるかと思います。 Marine Trafficは世界中の船舶やヨットのリアルタイム位置 近くに表示されます。 最大のAISレシーバーネットワークに接続されているこのアプリは、 ほとんどの主要な港湾と配送ルートをカバーしています。 ライブマップで船を見て、船、ボート、 港を探して近くのものを見てください!• 1日あたり17,000以上の船舶は、MarineTraffic AIS経由で ポジションを報告します。 地図上にライブ風と48時間の風向きを表示します。 船の軌跡をアニメーションで表示します。 4,000以上の港湾とマリーナ、船舶と船舶の到着予定時刻。 船舶のリスト(「MY FLEET」)を管理し、すべての機器とMarineTraffic. comで共有します。 船舶の2. 5 百万の写真を閲覧し、港や灯台などがあります。 あなたのデバイスから直接MarineTrafficに写真を アップロードすることもできます。 クルーズモード:あなたの位置、速度、コース、およびあなたの周辺の船の位置を追跡します。 予想されるコース、近くの船舶からの距離などをご覧ください。 AUGMENTED REALITYツール(アプリ内購入)で あなたの周りの船を一目で把握することができます。 デバイスのカメラを地平線に向けるだけで、 あなたのエリアの船舶、港湾、灯台について、名前、旗、速度、 あなたからの距離ともっと多くの。 ROUTE PLANNERツールを使用して、地図上のルートを計画し、 距離を測定し、ETA(アプリ内購入) MarineTraffic(マリントラフィック) MarineTraffic(マリントラフィック)を実際に使用している画像をご覧ください。 最近(執筆時)の海上での出来事として… アメリカの原子力空母「カール・ビンソン」が対馬沖を航行したとのニュース。 海上自衛隊の護衛艦「いずも」が「米艦防護」を実施、 東京湾の南でアメリカ海軍の補給艦と合流し、四国沖まで護衛。 北朝鮮を警戒中の空母「カール・ビンソン」を中心とした艦隊に補給を行う可能性。 原子力空母「カール・ビンソン」に関しては、 その日MarineTraffic(マリントラフィック)を見ていなかったので 表示されていたのか?はわかりません。 恐らく表示はされていなかったのでは?と思いますが… というわけで、今回の例は海上自衛隊の護衛艦「いずも」が「米艦防護」のため、 四国沖まで向かう途中までを追ってみたいと思います。 東京湾内までという事で… MarineTraffic(マリントラフィック) Check! iphene・ipad用 Android用 マリントラフィック まとめ 今回はたまたまこの記事のアップとのタイミング。 原子力空母「カール・ビンソン」や海上自衛隊の護衛艦「いずも」を例にとってご紹介しました。 このような使い方もありますが… 自分が乗船したフェリーや観光船なども船上で位置確認が出来ます。 あくまでも電波が届いていれば…になりますが。 例えば知人や家族が豪華客船で旅をしている時も? MarineTrafficでその位置をリアルタイムで表示してくれますのでとても身近な存在になりますね。 私がこのMarineTraffic(マリントラフィック)を使用するのは主に帆船の位置などの確認などで使用します。 例えば、現在「日本丸」や「海王丸」はどこにいるのか? と言った具合です。 近くなら撮影に行こう!という感じです。

次の

かが (護衛艦)

護衛艦 い ず も 現在地

軍艦といえば、かつては主砲で撃ち合っていた時代もあった。 特に、戦闘機など航空目標と戦う対空砲として、必要不可欠な存在だった。 だが、射程が100~200キロものミサイルが主流となった現在、軍艦における砲は必ずしも主たるものではなくなってしまった。 それでも、最終的な防御の手段として、今も軍艦には主砲が搭載されている。 海上自衛隊において、軍艦に当たるのが護衛艦だ。 すべての護衛艦には必ず主砲がついている。 ただし、ヘリコプター搭載型護衛艦の「いずも」型と「ひゅうが」型には、主砲はついていない。 海自においてスタンダードな砲といえば、イタリアのオットー・メラーラ社製の「62口径76ミリ速射砲」だ。 汎用(はんよう)護衛艦と呼ばれるマルチ戦闘艦から、掃海母艦、練習艦、訓練支援艦など護衛艦以外の一部艦艇でも採用している。 発射速度の平均は毎分約60発、最高で1分間に100発もの射撃が可能とされ、速射砲の名はそこから付けられた。 射程は約18キロ。 この砲の登場は、海自にとって画期的だった。 それまでの砲は、砲塔内に人を配置し、射撃するには人力で給弾をする必要があった。 だが、この砲からすべてオート化され、砲塔内の無人化に成功した。 実は、1960年代から世界では無人化砲塔の開発が進んでいたが、海自は導入どころか研究にも踏み込めなかった。 世界でオットー・メラーラ社製76ミリ砲を装備した艦艇が増えてきたため、70年に就役した護衛艦「むらくも」を改修し、78年に76ミリ砲へと換装して試験を実施した。

次の

海自護衛艦「たかなみ」が出航…中東海域で情報収集や不審船警戒 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン

護衛艦 い ず も 現在地

神奈川県の横須賀港に停泊中の護衛艦いずも。 左の建物は海上自衛隊横須賀地方総監部=3月13日 海自によると、今回の報道公開は各社から要望が相次いだので、まとめて実施したそうです。 なぜいずもがこんなに話題なのか、乗艦前におさらいしましょう。 専守防衛?で議論沸騰 それは、自衛隊の船で一番大きく、最新鋭で目立つから、というだけではありません。 「空母」になるのではないか、いやいやもうなっているのでは、と国会などで議論が尽きないからです。 空母とは航空母艦の略。 要は、航空基地を海に浮かべたものです。 旧日本軍が太平洋戦争で駆使し、米軍は今も世界に展開させていますが、戦後の自衛隊は持たないできました。 戦争への反省から生まれた憲法に基づき、他国を攻めない「専守防衛」になったのだから、戦闘機を積める空母で外へ出張っていく必要はないという考えからです。 ところが、長さ248m、幅38mの巨大ないずもが2015年に就役します。 艦橋などが片方に寄り、甲板は広くてまっすぐ見通せるので、いかにも戦闘機の滑走路に使えそうです。 きょう横須賀停泊中の護衛艦 に乗ってきました。 どうなる 化… — 藤田直央 naotakafujita いずもについて、政府は「周辺海域を哨戒するヘリコプターを中心に載せる、ヘリ搭載型の護衛艦 DDH だ」と説明してきました。 また、「多機能」の船であり、災害などの現場付近でヘリで情報を集めて指揮したり、広い甲板や格納庫を生かして陸自部隊などを運んだり、被災者の一時収容や治療を充実した艦内施設でこなしたりできると強調します。 確かにいずもは、護衛艦の特徴である火砲などの打撃力に関しては、他の護衛艦ほどすごくありません。 しかし、政府は去年の末に重い判断をしました。 2023年度までの中期防衛力整備計画で、海自の DDH 4隻のうち2隻ある大きめの「いずも型」護衛艦に、「短距離離陸・垂直着陸が可能な戦闘機」を載せるための改修を検討する、と閣議決定したのです。 つまり、いずもに戦闘機を載せようということです。 野党からは、いよいよ空母の本性を現した、「専守防衛」を超えると批判があります。 一方で政府は、いよいよ台頭する中国が空母を造って太平洋へ出てきた、いずもを含め自衛隊の装備強化が必要だという姿勢。 賛否がぶつかっています。 格納庫は体育館なみ では乗艦です。 ヘリ9機を積めるビルのような船体を仰ぎながら歩き、中央の車両乗降用ハッチへ。 さらに先に見える船外への大きな出っ張りは昇降機で、床が甲板まで上がっていました。 この昇降機に報道陣や乗員ら40人ほどが乗り、10m上の甲板まで30秒でした。 護衛艦 の動画をもう一つ。 この第一昇降機は30トンまでの航空機などを甲板へ運べます。 近く探検記をネットで。 — 藤田直央 naotakafujita 艦尾の方を見ると、左側に艦橋やレーダーのある高さ20数mの構造がそびえます。 やはり2年半前に見た、横須賀を母港とする米空母ロナルド・レーガンを思い出しました。 いずもはそれよりは小ぶりですが、ハッチから甲板への造りや広い甲板の雰囲気は似ています。 護衛艦いずも艦橋の艦長席。 戦闘機部隊を載せる空母は空の戦いのための兵器としての性格が強く、艦長には「船乗り」でなく元空自エースパイロットが抜てきされたという設定です。 いずもにもし、敵の戦闘機や船に対処するため遠くへ飛ぶ戦闘機ばかりが載り、本山艦長が語ったように対潜水艦戦で頼りになる哨戒ヘリがいなかったら、いずもをどうやって守ればいいのでしょう。 その辺の難しさも映画に描かれていました。 ちなみに防衛省によると、映画の制作者側から協力の可能性について打診されましたが、応じなかったそうです。 防衛省の内規により「広報に有意義」と判断すれば、ただで自衛隊が協力することもあるのですが、「今回の協力は妥当でないと判断しました。 原作の漫画が、実在する国の軍事組織が我が国に侵攻するという内容なので」(広報課)とのことでした。 空母運用の土台に? その辺の設定が映画で結局どうなったかは控えますが、リアルさということで言えば、戦闘シーンについては試写を見たOBを含む自衛隊関係者のいろんな声を聞きます。 ただ、海自が持つ4隻のヘリ搭載型護衛艦に乗る隊員らは、現実の日々で「海上の航空基地」を持つメリットを感じながら、航空機運用の技術を磨いていることでしょう。 それを今回いずもで目の当たりにしました。 長さ248m、幅38mのいずもの艦首。 地元の人が「今日は183が来てる」と艦番号で話していた。 以下同じ 出典:藤田直央撮影。 格納庫から10m上の甲板まで、ヘリなどを30トンまで持ち上げられる 護衛艦いずもの格納庫 艦内の狭い通路、急な階段はほかの護衛艦とそう変わらない 護衛艦いずもの甲板から艦首の方を望む 甲板で報道陣に説明する本山勝善艦長 艦橋。 これもほかの護衛艦とそう違わない 艦橋のモニター。 艦名にちなんで神社のスクリーンセーバー? 通路の「携帯電話等格納箱」。 乗員らが機密度の高い区画に入る際は、撮影や録音ができる機器を預けないといけない 部屋入り口のカーペット 自衛隊の船では最大級の医務区画。 ベッドが並ぶ 航空管制室。 海自の船ではいずものようなヘリ搭載型護衛艦にしかない。 飛行長の席から甲板を一望できる 黄色い装置はハンドラーと呼ばれ、ヘリの車輪を固定して移動することで、格納庫内でヘリが小回りに動ける。 コントローラーで操作する 報道陣を見送る本山艦長と乗員ら おすすめ記事(PR)•

次の