豆腐 ハンバーグ つなぎ。 豆腐ハンバーグを作ると柔らかすぎると言われます

高野豆腐をハンバーグのつなぎにしてダイエット

豆腐 ハンバーグ つなぎ

一般的なハンバーグのつなぎの代用食材 ハンバーグを作るにあたっては、タネの他に「つなぎ」となる材料が欠かせません。 つなぎには主にパン粉が使われることが多いですが、それ以外の食材にもつなぎの役割を果たしてくれるものがあります。 一体どんなものが使えるのでしょうか。 いくつか紹介してみます。 食パン 食パンはフードプロセッサーで細かくする、または凍らせたあとにおろし器ですりおろすことで文字通りパン粉に変わります。 フランスパンのような表面が固いものでも問題なく使用できるので覚えておきましょう。 片栗粉 片栗粉は、唐揚げや餡を作る際に用いられるものとして認識されていますが、ハンバーグのつなぎとしても代用することができます。 片栗粉を加えると、なめらかでやわらかい食感のハンバーグに仕上がるので、ふわふわで肉汁たっぷりのハンバーグを作りたい時には特におすすめの材料です。 お麩 お麩はお味噌汁など主に和食の材料として活用できるので、自宅に常備しているという家庭も多いでしょう。 お麩もパン粉の代わりに小さくちぎって入れるだけで、ハンバーグのつなぎとしての役割も果たしてくれます。 肉汁を逃さず閉じ込めてくれるので、とてもジューシーなハンバーグに仕上がりますよ。 食パンと同じようにフードプロセッサーで砕いたりおろし器で細かくしたりすれば、より具材に馴染ませることができるので試してみましょう。 高野豆腐 乾燥した高野豆腐を細かくして使うのも、つなぎに有効です。 そのまま使うと白く濁った水分が肉汁に混ざってしまうので、一度水で戻したものを絞り細かくカットして混ぜるようにしましょう。 高野豆腐は栄養価が高く、ヘルシーなハンバーグを作ることが出来ます。 健康志向の高い方は是非取り入れてみてください。 意外な食材でハンバーグのつなぎに代用 上記で紹介した食材の他にも、意外なものがつなぎとして活用できます。 つなぎの代わりになるだけでなく、ハンバーグの美味しさをさらに引き立てることもできるのでぜひ参考にしてください。 玉ねぎ 玉ねぎはハンバーグの具材として普段から使用しているというご家庭も多いですが、パン粉のようにすりおろして混ぜ合わせれば、つなぎの役割も果たしてくれるのでおすすめです。 すりおろすことによって甘みが増し、ハンバーグのタネをきれいにまとめてくれる効果もあるので一度試してみてください。 れんこん れんこんもハンバーグのつなぎとして使える意外な食材のひとつです。 れんこんは、みじん切りにして加えるとほどよい食感を残すことができ、またビタミンCや食物繊維も豊富なので栄養を補うこともできます。 大根おろしのソースをかけるなどして和風のハンバーグに仕上げるとより一層風味が増すでしょう。 豆腐 豆腐は栄養価も高く、いろんな料理に使えるので非常に重宝される食材ですが、ハンバーグのつなぎとして代用できるとてもオールマイティな食材です。 豆腐を代用することで、お肉のかさ増しになって節約になるので食費を抑えたいときには大活躍してくれます。 また豆腐は高タンパク低カロリーなので、満腹感を得ながらダイエットしたい人にはぴったりです。 ご飯 実は私たちがいつも主食としているお米も、ハンバーグのつなぎとして代用できる食材のひとつです。 お米の粒が肉汁を吸ってもっちりとしたふわふわなハンバーグになるので、ぜひお試しください。 パン粉をうっかり切らしていたときには必ず役に立つ方法なので、頭の片隅に入れておくといいでしょう。 ご飯を使うときのポイントとして、一度冷ました状態で混ぜ合わせることを意識してください。 パン粉を使わずにできるハンバーグレシピ お肉の量を減らして他の材料を用いれば、パン粉を使わずにハンバーグを作ることが可能です。 ハンバーグは人気の高いメニューですが、お肉はなるべく一度に全部使い切るのではなく、別の献立にも使いたいですよね。 またパン粉はカロリーも高いので、健康面に気を配っている人の中には、あまり使いたくないという人もいるでしょう。 パン粉を使わないレシピを覚えておけば、食費も抑えることができ、ダイエットしている人でも満足感の高い食事が可能になるので、いくつか紹介しておきます。 豆腐ハンバーグ 豆腐はつなぎの材料としても紹介しましたが、混ぜる割合を増やすことでそのまま豆腐ハンバーグが出来上がります。 つなぎも不要で作ることができ、野菜を食べないお子さんにも食べてもらえるのでおすすめのレシピとなっています。 また、お弁当入れると喜ばれるメニューでもあるので小分けに作って冷凍しておくといいでしょう。 おからハンバーグ パン粉要らずのハンバーグとして他に人気なのが、おからハンバーグです。 パン粉の代わりにおからを使えば、カロリーが低くボリューム満点のハンバーグを作ることができるので、健康面を気遣いながら満足感を得ることができます。 メタボに悩む旦那さんなどに出してあげるといいでしょう。 少々厚みのある形に成形するとお皿に盛り付けた際の見た目もよくなるので試してみてください。 お麩ハンバーグ お麩もつなぎの役割をすることを述べましたが、たくさんのお麩を使うことでお肉の量が少なくても食べ応え抜群なハンバーグを作ることができます。 ぜひレパートリーのひとつに入れておいてください。 食感も軽くダイエット中の方や食事のカロリーを気にしている方には特におすすめできるメニューです。 ハンバーグのつなぎのパン粉の役割とは ハンバーグのつなぎとしてパン粉が使われるのには理由があります。 いくつか紹介すると、まずパン粉は余分な肉汁を吸ってくれるので、タネに混ぜ合わせることでジューシーなハンバーグに仕上げることができます。 またタネをまとめやすくしてくれるので、崩れてしまいやすい成形の工程が楽になり、焼く際の型くずれも防いでくれます。 これらの役割を担ってくれる材料は限られており、パン粉はつなぎの材料として重宝されるものですが、すでに述べている通り、他にも十分にその役割を果たしてくれる食材があります。 ここで述べたことをしっかり覚えておけば、うっかりパン粉を切らしてしまった時でも安心です。 また、献立のレパートリーも増えるので、今後の食事作りに必ず役立たせることができるでしょう。

次の

豆腐ハンバーグのレシピ【14選】人気1位は殿堂入り!つくれぽ100

豆腐 ハンバーグ つなぎ

「つなぎ」とは、材料と材料を1つにまとまりやすくするために使う食材のこと。 ハンバーグ以外にも、挽き肉や魚のすり身、そぼろ状の豆腐やじゃがいもなど、それだけではぽろぽろくずれやすい食材をまとめて作る料理にはつなぎを入れることが多い。 日本で一般的に食べられているハンバーグには、卵などのたんぱく質のほか、パン粉や小麦粉、片栗粉などのでんぷん類がよく使われる。 1番一般的なのが、塩だ。 塩そのものはつなぎになるわけではないが、肉に塩を加えてよくねることで、肉同士が結着して崩れにくくなる。 つまり、塩だけでも十分崩れにくいハンバーグを作ることは可能であり、欧米のハンバーグに近い料理には、塩以外のつなぎらしいつなぎを加えないで作るものも多い。 肉と塩だけのハンバーグは、肉の結着がしっかりしていて固めの食感で、肉々しい味わいだ。 ハンバーグはもともと欧米で原型とされる料理が作られ、日本に渡ってから独自の進化を遂げたといわれている。 つなぎの役割も果たすようなほかの食材を加えることで、日本人の口に合うハンバーグに変化していったと考えられるのだ。 ちなみに、加える塩の量は、タネの材料の総量に対して0. あとからソースをかける場合には塩は薄めにしておこう。 意外に思われるかもしれないが、おいしく仕上がると人気のつなぎが「ごはん」である。 好みもあるが、肉と同量程度まで増やしてもおいしいという。 それでは、ごはんをつなぎにハンバーグを作る方法を紹介しよう。 1.挽き肉に塩を加えて粘りが出るまでよく混ぜる。 2.玉ねぎやにんじんなどの野菜をみじん切りにし、お好みで炒めたら粗熱をとる。 3.炊いたごはんを、ラップやオーブンシートなどで挟んで潰す。 (米粒が残るのが気になる場合はしっかりつぶそう。 フードプロセッサーなどでペースト状にしてもOK) 4.1、2、3を混ぜ、粘りが出るまでこねる。 好みの固さになるように氷水を加えて調節する。 かさ増しにもぴったりのつなぎごはんだが、ごはんは冷めると固くなる。 そのため、ごはんを多く加えたハンバーグは食感が固くなってしまう。 つまり、冷えたまま食すお弁当には不向きであるといえるだろう。 お弁当に入れる場合にはつなぎに使うごはんの量を少なくするなどの工夫が必要だ。 また、冷凍ごはんは冷えるとさらにボソボソの食感になりやすいため、冷めて食す場合には冷凍ごはんを使うのは避けた方がよいだろう。

次の

大豆ミートのハンバーグ(その1)

豆腐 ハンバーグ つなぎ

【材料 (4人分)】 ・合いびき肉 400g ・豆腐(木綿) 1丁(300g) ・ホウレンソウ 大1束(250g) ・大根 200g ・A[溶き卵1個分 塩小さじ1/2 コショウ少し] ・サラダ油 大さじ1 ・塩 小さじ1/4 ・コショウ 少し ・梅干し 小2個 ・ポン酢しょうゆ 大さじ1と1/2 【つくり方】 (1) 豆腐はペーパータオルで包んで耐熱皿にのせ、ラップをせずに電子レンジ(600W)で2分ほど加熱する。 取り出してそのまま冷まし、水気をきる。 ホウレンソウは5cm長さに切り、大根はすりおろして水気をきる。 (2) ボウルにひき肉、Aを入れる。 (1)の豆腐をちぎって加え、つぶしながら粘りがでるまで練り混ぜ、4等分にして小判形にまとめる。 (3) フライパンにサラダ油小さじ1を中火で熱する。 (1)のホウレンソウを入れてさっと炒め、塩、コショウをふって取り出す。 (4) (3)のフライパンにサラダ油小さじ2をたして中火で熱し、(2)を並べ入れる。 こんがりと色づくまで2~3分焼いて上下を返し、フタをして弱火にする。 6分ほど蒸し焼きにして器に盛り、(1)の大根おろしをのせて梅干しを半分にちぎってのせる。 (3)を添え、ポン酢しょうゆをかける。 しかも、糖質の高いパン粉に比べ、豆腐は糖質が低いので一石二鳥。 【材料 (4人分)】 ・鶏胸肉 小2枚(400g) ・コマツナ 大1束(250g) ・アボカド 1個 ・A[酒大さじ1 片栗粉小さじ1/2 塩小さじ1/4] ・B[オイスターソース、しょうゆ、水各大さじ1 カレー粉小さじ2 粗びきコショウ(黒)少し] ・サラダ油 大さじ1 【つくり方】 (1) 鶏肉は1cm幅の細切りにし、Aをもみ込む。 コマツナは5cm長さに切り、アボカドは種と皮を除いて1cm幅に切る。 Bは混ぜ合わせる。 (2) ボフライパンにサラダ油を中火で熱し、(1)の鶏肉を入れて肉の色が変わるまで炒める。 (1)のコマツナを茎、葉の順で加え、その都度さっと炒める。 Bを加えて炒め合わせ、(1)のアボカドを加えてひと混ぜする。 また、試してみて痛みや不調があるときは、すぐに中断してください。 <監修/牧田善二 料理/市瀬悦子 撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>.

次の