インスタ メッセージ リクエストとは。 しつこい人を撃退!だけど大丈夫?dm(ダイレクトメッセージ)拒否のやり方

インスタでDMを拒否する方法!知らない人がDMを送れないようにする設定も紹介|アプリ村

インスタ メッセージ リクエストとは

【完全保存版】インスタ初心者向け!インスタグラムの使い方完全攻略 October 17, 2017 そもそもダイレクトメッセージって? ダイレクトメッセージとは、その名の通り 特定の人に直接メッセージを送ることができる機能のことです。 インスタグラムでは投稿にコメントをつけることができますが、コメントだと投稿者本人だけじゃなくて、ほかのユーザーも自由に見ることができてしまいますよね。 インスタグラム上で知り合った友達と、個人的にやり取りしたいときに便利ですよね。 まだ知り合って間もない友達には、メールアドレスなど他の連絡先を教えることに不安を感じる方も少なくないと思います。 そういうときにも、ダイレクトメッセージならインスタグラムのアカウントだけで相手とやり取りできるので、安心です。 テキストだけじゃない!写真も送れる ダイレクトメッセージで送れるのは、テキストだけではありません。 写真や動画も自由に貼り付けることができて、「普段はスタンプで顔を隠して投稿してるけど、この人には顔を見せても大丈夫かな」なんていうときにもぴったり。 フォローしていなくても送れる インスタグラムのダイレクトメッセージは、 フォローしていない相手にも送ることができます。 逆に自分がフォローしていない人からメッセージが届いた場合、フィード上での新着通知はありませんが、メッセージのリクエスト一覧に含まれる状態になります。 ここから受け取りの可否を選択できます。 この「知らない人からいきなり届く」状態は、 ブロックをしてその相手からのメッセージは届かなくすることでも解決できます。 相手がメッセージを送る際、そもそも宛先にあなたを指定できなくなるのです。 プロフィール画面の右上(設定メニュー)ではなくて、 タイムラインがある画面の右上なので、間違えないようにしてくださいね。 開いた画面の1番下にある「+新しいメッセージ」をタップすると、次のような画面に移ります。 ここで宛先を検索してください。 検索ボックスの下には、デフォルトで現在のフォロワーが表示されるので、その一覧から選択してもOKです。 今回はお互いにフォローし合っているtestさんに送信することにします。 「テストですよー」というテキストを送ってみます。 送信後の画面です。 受信したtestさん側はどうなるかというと… testさん側では、ホーム画面の右上に「1」という通知が出ています。 ここをタップすると、先ほどの「テストですよー」というメッセージを読むことができるのですが、もし仮にtestさんが今メッセージを送ってくれた人をフォローしていなかった場合は、どうなるのでしょうか。 メッセージを受信したタイミングで、testさんのインスタグラムにはこのような通知が表示されます。 この通知をタップするか、testさんが自分のダイレクトメッセージの画面を開くと… このように、 リクエストが届いているメッセージの一覧画面に移ります。 ここで1番下の「すべて承認しない」をタップするとすべてのメッセージの受信が拒否されますし、「テストですよー」の送信者をタップすると、個別に承認するか拒否するかを選択できます。 ここで「許可する」をタップすると、 フォロワーでなくてもダイレクトメッセージを送り合えるようになります。 ちなみにtestさんが許可してメッセージを読んでくれると、メッセージを送った人の画面では 既読マークがつきます。 過去にダイレクトメッセージでやりとりしたことのある人ともう一度やりとりしたい時は履歴は残っていますので、ホーム画面の右上の紙飛行機マークをタップして過去の過去のチャット履歴から再びダイレクトメッセージでやりとりできます。 相手のプロフィール画面から送ることもできる ダイレクトメッセージは、 送りたい相手のプロフィール画面から送ることもできます。 testさんのプロフィール画面を表示して、右上の「…」をタップしましょう。 表示されたメニューから、1番下の「メッセージを送信」を選びます。 これで相手とのダイレクトメッセージ画面に直接移動することができます。 気を付けたいポイントは? 基本の使い方が分かったところで、ここからはダイレクトメッセージを利用するときに気を付けたいポイントをご紹介します。 「既読」はバレる! 先ほどもお話したように、インスタグラムのダイレクトメッセージには 既読マークがつきます。 LINEで話題になった、読んでいるのに何も返信しない「既読無視」が、ダイレクトメッセージでも発生してしまうということですね。 相手との関係をギクシャクさせないためにも、ダイレクトメッセージは読んだら なるべく早めに返信しましょう。 間違えたらDMを削除できる 違う相手に送ってしまったり、違う画像を貼り付けてしまったりなど、「今のナシ!」と叫びたいことってありますよね。 ダイレクトメッセージでは、 送信したテキストや画像の取り消しができるので、既読がつく前に取り消しできれば、本当になかったことにできるんです。 やり方は簡単!取り消したいメッセージを長押しして、出てきた「送信を取り消し」をタップします。 確認のダイアログボックスが表示されるので、 「送信を取り消し」を選択します。 これで取り消し完了です! 間違ったときだけでなく、「ちょっと言いすぎちゃったかな」というときや、考えが変わったときにも便利なこの取り消し。 ただ、相手がすでに読んでしまったタイミングで取り消しても、「取り消すくらいなら送らないでよ」と逆に怒りを買ってしまう可能性があるので、要注意です! DM(ダイレクトメッセージ)の通知設定 インスタグラムのダイレクトメッセージの通知は自分で設定からオンにしたりオフにしたりすることができます。 今からその設定方法について説明していきます。 まずは自分のプロフィール画面に行きます。 右上の方に歯車のマークがあるのでそこをタップしてください。 少し下の方にスワイプすると設定カテゴリーが出てくるので、その中の 「プッシュ通知の設定」をタップします。 少し下の方にスワイプすると「Instagram Direct」と「Instagram Direct」があり、その中に 「オフ」と「全員」があるので「オフ」に設定すると通知がオフになり「全員」に設定するとすべてのユーザーからの通知を受け取ることができます。 以上でインスタグラムにおけるダイレクトメッセージの通知の設定は終了です。 その他ダイレクトメッセージの機能 その他インスタグラムの機能を使う時に ダイレクトメッセージが関わってくる機能をご紹介いたします。 まず1つがストーリーでコメントを送ると ダイレクトメッセージに反映されてしまうことです。 ストーリーを見てコメントを送るとコメントを受け取った人はダイレクトメッセージにその内容が反映されます。 2つ目がストーリーにユーザー名を載せると ダイレクトメッセージに反映されてしまうことです。 ストーリーでユーザー名を載せると相手のダイレクトメッセージに「ストーリーズであなたについて書きました」と反映されてしまいます。 しっかりとこのことも覚えておきましょう! ダイレクトメッセージは個人的なやり取りに便利! 1対1のやり取りはもちろん、仲間内だけでわいわいお喋りしたいときにも、ダイレクトメッセージはとっても便利。 ちょっと前までは写真共有SNSらしく、画像とセットでないとテキストを送れなかったのですが、今は画像や動画なしでもテキストだけで送信することができます(2017年2月15日現在)。 また、相手が一度閲覧すると消える写真やいいね(ハート)を送ることもできます。 友達の投稿にコメントするとき、入力ボックスの左端にある紙飛行機のアイコンをタップすると、投稿に対して プライベートなコメントをすることもできます。 既読がつくことなど気を付けたいポイントはありますが、それさえ押さえておけば色々なシーンで活用できるのではないでしょうか。 今回ご紹介した使い方を参考に、ぜひみなさんも利用してみてくださいね。

次の

Instagramでフォローリクエストを承認、または拒否する方法

インスタ メッセージ リクエストとは

【完全保存版】インスタ初心者向け!インスタグラムの使い方完全攻略 October 17, 2017 そもそもダイレクトメッセージって? ダイレクトメッセージとは、その名の通り 特定の人に直接メッセージを送ることができる機能のことです。 インスタグラムでは投稿にコメントをつけることができますが、コメントだと投稿者本人だけじゃなくて、ほかのユーザーも自由に見ることができてしまいますよね。 インスタグラム上で知り合った友達と、個人的にやり取りしたいときに便利ですよね。 まだ知り合って間もない友達には、メールアドレスなど他の連絡先を教えることに不安を感じる方も少なくないと思います。 そういうときにも、ダイレクトメッセージならインスタグラムのアカウントだけで相手とやり取りできるので、安心です。 テキストだけじゃない!写真も送れる ダイレクトメッセージで送れるのは、テキストだけではありません。 写真や動画も自由に貼り付けることができて、「普段はスタンプで顔を隠して投稿してるけど、この人には顔を見せても大丈夫かな」なんていうときにもぴったり。 フォローしていなくても送れる インスタグラムのダイレクトメッセージは、 フォローしていない相手にも送ることができます。 逆に自分がフォローしていない人からメッセージが届いた場合、フィード上での新着通知はありませんが、メッセージのリクエスト一覧に含まれる状態になります。 ここから受け取りの可否を選択できます。 この「知らない人からいきなり届く」状態は、 ブロックをしてその相手からのメッセージは届かなくすることでも解決できます。 相手がメッセージを送る際、そもそも宛先にあなたを指定できなくなるのです。 プロフィール画面の右上(設定メニュー)ではなくて、 タイムラインがある画面の右上なので、間違えないようにしてくださいね。 開いた画面の1番下にある「+新しいメッセージ」をタップすると、次のような画面に移ります。 ここで宛先を検索してください。 検索ボックスの下には、デフォルトで現在のフォロワーが表示されるので、その一覧から選択してもOKです。 今回はお互いにフォローし合っているtestさんに送信することにします。 「テストですよー」というテキストを送ってみます。 送信後の画面です。 受信したtestさん側はどうなるかというと… testさん側では、ホーム画面の右上に「1」という通知が出ています。 ここをタップすると、先ほどの「テストですよー」というメッセージを読むことができるのですが、もし仮にtestさんが今メッセージを送ってくれた人をフォローしていなかった場合は、どうなるのでしょうか。 メッセージを受信したタイミングで、testさんのインスタグラムにはこのような通知が表示されます。 この通知をタップするか、testさんが自分のダイレクトメッセージの画面を開くと… このように、 リクエストが届いているメッセージの一覧画面に移ります。 ここで1番下の「すべて承認しない」をタップするとすべてのメッセージの受信が拒否されますし、「テストですよー」の送信者をタップすると、個別に承認するか拒否するかを選択できます。 ここで「許可する」をタップすると、 フォロワーでなくてもダイレクトメッセージを送り合えるようになります。 ちなみにtestさんが許可してメッセージを読んでくれると、メッセージを送った人の画面では 既読マークがつきます。 過去にダイレクトメッセージでやりとりしたことのある人ともう一度やりとりしたい時は履歴は残っていますので、ホーム画面の右上の紙飛行機マークをタップして過去の過去のチャット履歴から再びダイレクトメッセージでやりとりできます。 相手のプロフィール画面から送ることもできる ダイレクトメッセージは、 送りたい相手のプロフィール画面から送ることもできます。 testさんのプロフィール画面を表示して、右上の「…」をタップしましょう。 表示されたメニューから、1番下の「メッセージを送信」を選びます。 これで相手とのダイレクトメッセージ画面に直接移動することができます。 気を付けたいポイントは? 基本の使い方が分かったところで、ここからはダイレクトメッセージを利用するときに気を付けたいポイントをご紹介します。 「既読」はバレる! 先ほどもお話したように、インスタグラムのダイレクトメッセージには 既読マークがつきます。 LINEで話題になった、読んでいるのに何も返信しない「既読無視」が、ダイレクトメッセージでも発生してしまうということですね。 相手との関係をギクシャクさせないためにも、ダイレクトメッセージは読んだら なるべく早めに返信しましょう。 間違えたらDMを削除できる 違う相手に送ってしまったり、違う画像を貼り付けてしまったりなど、「今のナシ!」と叫びたいことってありますよね。 ダイレクトメッセージでは、 送信したテキストや画像の取り消しができるので、既読がつく前に取り消しできれば、本当になかったことにできるんです。 やり方は簡単!取り消したいメッセージを長押しして、出てきた「送信を取り消し」をタップします。 確認のダイアログボックスが表示されるので、 「送信を取り消し」を選択します。 これで取り消し完了です! 間違ったときだけでなく、「ちょっと言いすぎちゃったかな」というときや、考えが変わったときにも便利なこの取り消し。 ただ、相手がすでに読んでしまったタイミングで取り消しても、「取り消すくらいなら送らないでよ」と逆に怒りを買ってしまう可能性があるので、要注意です! DM(ダイレクトメッセージ)の通知設定 インスタグラムのダイレクトメッセージの通知は自分で設定からオンにしたりオフにしたりすることができます。 今からその設定方法について説明していきます。 まずは自分のプロフィール画面に行きます。 右上の方に歯車のマークがあるのでそこをタップしてください。 少し下の方にスワイプすると設定カテゴリーが出てくるので、その中の 「プッシュ通知の設定」をタップします。 少し下の方にスワイプすると「Instagram Direct」と「Instagram Direct」があり、その中に 「オフ」と「全員」があるので「オフ」に設定すると通知がオフになり「全員」に設定するとすべてのユーザーからの通知を受け取ることができます。 以上でインスタグラムにおけるダイレクトメッセージの通知の設定は終了です。 その他ダイレクトメッセージの機能 その他インスタグラムの機能を使う時に ダイレクトメッセージが関わってくる機能をご紹介いたします。 まず1つがストーリーでコメントを送ると ダイレクトメッセージに反映されてしまうことです。 ストーリーを見てコメントを送るとコメントを受け取った人はダイレクトメッセージにその内容が反映されます。 2つ目がストーリーにユーザー名を載せると ダイレクトメッセージに反映されてしまうことです。 ストーリーでユーザー名を載せると相手のダイレクトメッセージに「ストーリーズであなたについて書きました」と反映されてしまいます。 しっかりとこのことも覚えておきましょう! ダイレクトメッセージは個人的なやり取りに便利! 1対1のやり取りはもちろん、仲間内だけでわいわいお喋りしたいときにも、ダイレクトメッセージはとっても便利。 ちょっと前までは写真共有SNSらしく、画像とセットでないとテキストを送れなかったのですが、今は画像や動画なしでもテキストだけで送信することができます(2017年2月15日現在)。 また、相手が一度閲覧すると消える写真やいいね(ハート)を送ることもできます。 友達の投稿にコメントするとき、入力ボックスの左端にある紙飛行機のアイコンをタップすると、投稿に対して プライベートなコメントをすることもできます。 既読がつくことなど気を付けたいポイントはありますが、それさえ押さえておけば色々なシーンで活用できるのではないでしょうか。 今回ご紹介した使い方を参考に、ぜひみなさんも利用してみてくださいね。

次の

インスタのメッセージの送り方を徹底解説!簡単にできる交流術!

インスタ メッセージ リクエストとは

スパム的なものを含めて、インスタグラムで知らない人からDMの「メッセージリクエスト」が届いた経験はありませんか? フォローしていない人から届くDM(ダイレクトメッセージ)は、メッセージリクエストという形でそのDMを「承認」するか、「削除」するか、またはDMを送った相手を「ブロック」するか選べます。 ただ、この3つの操作に加えて、ブロックの中には「無視する」「アカウントをブロック」「報告する」とさらに3つの選択肢があり、どれを選ぶべきなのか判断に困る人も多いはず。 そこで本記事では、インスタでDMのメッセージリクエストが届いた場合に取りうる選択肢をすべて試し、それぞれの影響や効果を検証してみました。 実際にDMのメッセージリクエストが届いた時の参考にしてみてください。 appllio. ただ、注意したいのがフィード上での新着の通知は一切ないこと。 そのため、こまめにDMをチェックしていない限り、メッセージリクエストが届いてもかなり気づきにくい仕様になっています。 メッセージリクエストを確認するには、インスタのホーム画面右上の紙飛行機マークをタップします。 メッセージリクエストの一覧から確認するものをタップして開くと、内容を確認できます。 ここでメッセージを開いても、相手の画面に既読はつかないので安心してください。 届いたメッセージリクエストに対する操作と効果 メッセージリクエストが届くと、DMの受信を「承認」するか、届いたDM自体を「削除」するか、またはDMを送った相手を「ブロック」するか選択できます。 それぞれの選択がどのような効果を生むのか、また相手にはどのような影響があるのかを検証してみました。 「承認」するとどうなる? メッセージリクエストの画面で[承認]ボタンをタップすると、すぐに通常のDM画面に切り替わり、返信ができるようになります。 また同時に、承認したメッセージがリクエストの一覧から消えます。 承認後はリクエスト一覧に戻せないので、慎重におこないましょう。 もし誤って承認してしまった場合には、後述する方法でDMの受信を拒否できます。 メッセージリクエストを承認された側の画面 メッセージリクエストを送った側への影響としては、承認されると送ったDMに既読がつくほか、相手がオンライン中かどうかも分かるようになります。 リクエストが承認された旨を知らせる通知などは届きません。 ただ、「承認」といってもあくまでDMの受信のみを承認したのであって、フォロー・フォロワー関係になったわけではありません。 「削除」するとどうなる? メッセージリクエストの画面で[削除]をタップすると、受信したメッセージリクエストが即座に消えます。 知らない人からの不快なメッセージやスパムだったときには、一見解決したように見えますが、削除の効果はそのメッセージリクエストを消しただけにとどまります。 つまり削除したところで、相手が再びDMを送ってくれば引き続きメッセージリクエストに届いてしまうというわけです。 もしリクエストすら受け取りたくないのであれば、後述のを選ぶといいでしょう。 メッセージリクエストを削除された側の画面 メッセージを送った側には永遠に既読が付くことはなく、相手がオンライン中かどうかも表示されません。 また、削除した事実は通知などで知らされません。 「ブロック」「無視」「報告」するとどうなる? メッセージリクエストの画面で[ブロック]をタップすると、さらに「無視する」「アカウントをブロック」「報告する」という3つのメニューが表示されます。 似たような選択肢が並び、どれを選ぶか分かりづらいので、以下でそれぞれがどのような効果を生むのかを紹介します。 なお、以下の「無視する」「アカウントをブロック」「報告する」どれを選択しても、相手に通知などで伝わることはありませんので安心してください。 「無視する」選択した場合 メッセージリクエストの対処法としていちばん使い勝手がいいのは、[無視する]です。 [無視する]をタップすると、メッセージリクエストが削除され、 それ以降は同じ相手からのメッセージリクエストを受信しないようになります。 後述する「アカウントをブロック」とほぼ同じ効果ですが、プロフィールを訪問すれば、DMと関係ない通常の投稿などは確認できます。 つまり、DM機能においてだけ、相手をブロックしている状態だと考えればいいでしょう。 appllio. com 「報告する」選択した場合 あまりにも不快なメッセージやスパムが送られてきたときは、[報告する]を選択して運営に通報するのもひとつの手です。 [報告する]をタップすると、さらに[スパムである][不適切である]の2通りの選択ができるので、内容に応じてどちらかを選択してください。 左:スパム報告をした場合 右:「不適切である」を報告をした場合 スパムであるを選択するとすぐに報告が完了し、「ご報告ありがとうございました」という画面に切り替わります。 報告完了と同時に、相手のアカウントがブロックされます。 不適切であると報告する場合、その理由を2つから選んでください。 選んだ理由によって報告フォーム措置が異なります。 appllio. com 無視やブロックした後にメッセージを確認する方法 前述の方法で相手のリクエストメッセージを無視、もしくはブロックしたとしても、二度と元に戻せないわけではありません。 こちらから相手のプロフィールの[メッセージ]を訪問すれば、[無視する]や[アカウントをブロックする]に設定した以降に、相手から送信されたすべてのメッセージを確認できます。 ここで再び[承認]をタップすると、過去に送られたものを含め相手のメッセージを受信するようになります。 リクエストの承認後にメッセージを拒否する方法 メッセージリクエストを承認したはよいものの、あとからやっぱりメッセージを拒否したくなったらどうすればよいのでしょうか。 このケースでは、一度リクエストを承認した相手を元に戻すことはできません。 しかし相手をブロックしてしまえば、メッセージの受信自体を拒否できます。 メッセージ画面の[i]マークをタップすると、詳細画面に移ります。 相手をブロックするには、赤字の[ブロック]をタップしてください。 確認画面が表示されるので、注意事項を読み問題なければ[ブロック]をタップします。 ブロック状態だと相手からのメッセージをすべて拒否できる効果に加え、相手の投稿やストーリーが非表示になるなどの影響があります。

次の