モンスター インク 730。 【ツムツム】モンスターズインクのツムでツムを730個消す方法とおすすめツム【ビンゴ25枚目/No.8】|ゲームエイト

『モンスターズ・インク』シリーズはこの順番で見よう:全4作品の時系列とあらすじ大解説【スピンオフ一覧】

モンスター インク 730

『モンスターズ・インク』シリーズ 『モンスターズ・インク』は、2001年に公開されたディズニー・ピクサー製作の長編フルCGアニメーション映画です。 ピクサーの長編アニメーション作品としては第4作目。 日本での公開は、2002年3月です。 舞台はモンスターの世界、人間の子どもを怖がらせる大企業であるモンスターズ株式会社(モンスターズ・インク)。 毛むくじゃらの青いモンスターサリーと、緑色の一つ目モンスターマイク・ワゾウスキは、モンスターズ・インク社の名コンビ。 サリーはモンスターズ・インクの業務内容である、「人間の子供の部屋へ通じるドアから子供部屋に忍び込み、怖がる子供たちの悲鳴をエネルギーに変換してモンスターの世界へ供給する」ことに長けたナンバー・ワンの怖がらせ屋です。 ある日、人間の女の子「ブー」がドアの向こうからモンスターの世界へ入りこんでしまい、町は大混乱。 サリーとマイクはブーを元の人間の世界に返そうとします。 ひょんなことからモンスターの世界へ入り込んでしまった女の子で、怖がらせ屋である「」や「マイク」を逆に怖がらせてしまう自由奔放な子。 まだ言葉を上手く話せないくらい幼く、「サリー」のことを「Kitty(にゃんにゃん)」と呼んで懐いてしまいます。 多くの子どもたちを泣かせてきたサリーに、初対面のときも恐れない好奇心旺盛な面もあります。 目を離すとすぐにいなくなってしまい、サリーの手をわずらわせました。 しかし、彼との間には確実な絆が生まれており、サリーがピンチに陥ったときは敵に掴み掛かるといった勇敢さを持つ少女です。 モンスターズ・インクのブー:本名 ディズニーランドにやってきたブー ブーは、まだ上手くことばを発することのできない女の子です。 限られたボキャブラリーから、マイクとサリーは彼女のことを「ブー」と呼ぶようになります。 では、彼女の本名は何でしょうか? 残念ながら、劇中でブーの本名が明かされることはありませんでした。 しかし、映画の中でブーが描いた絵の中に「Mary」というサインが書かれているシーンがあります。 ブーのモデルとなった女の子名は、メアリー・ギブス。 ここから、ブーの本名は「メアリー・ギブス」とされています。 ちなみに、英語版のブーの声を担当したのはモデルとなったメアリー・ギブス本人。 当時、なんと2歳半でした。 さすがに録音ブースに立たせてセリフを読ませることはできないため、彼女が遊んでいるときの音声を録音して使用していたそうです。 モンスターズ・インクのブー:役割 無邪気で愛らしいブー ブーの魅力は、なんといってもその愛らしさ。 少女らしい無邪気さはときにモンスターたちを振り回すことになりますが、そこが『モンスターズ・インク』の魅力になっています。 ブーは他の同世代の子どもに比べて、無邪気で好奇心旺盛なのが見て取れます。 その無邪気さは、毛むくじゃらの大きな怪物であるサリーを「子ネコ」と言うほど。 普通の子どもであれば、親のいない知らないモンスターばかりの世界に怖がるものですが、かなり明るい子どもであることがわかります。 常に笑顔でおもしろそうなものを追いかけるブーの姿は愛らしく、ほほえましいもの。 そんな彼女に、初めはブーを怖がっていたサリーも徐々に心を開いていくようになります。 モンスターと人間の子どもという凸凹コンビがこの映画の最大の魅力と言えるでしょう。 モンスターズ・インクのブー:知られざる前設定 構想段階のブーとは? 『モンスターズ・インク』の構想段階では、ブーは現在の設定とはまるで異なるものでした。 ある時点でブーは、なんとモンスターとともにチームを組む、怖がらせ屋のエキスパートになる予定でした。 年齢は少し上で、幼稚園児という設定だったようです。 9歳年上のイタズラっ子の兄に日常的に驚かされていたため、人を驚かせるスキルを身に付けたという設定でした。 サリーやマイクと共に子どもたちを驚かせるブーの姿も見てみたかったですね。 さらに、制作初期段階のとき、ブーは少女ではなく8歳の少年になる可能性がありました。 その場合の名前は、ブーではなくレイモンド。 全く異なる『モンスターズ・インク』になりそうですね。 モンスターズ・インクのブー:部屋にはディズニーキャラクターがたくさん ピクサー映画では、過去の映画で登場したキャラクターや、未来に登場するキャラクターが隠れキャラクターとして登場することがよくあります。 『モンスターズ・インク』でも、たくさんのピクサーのキャラクターが隠れているので探してみてください。 最も顕著なのは、ブーの寝室。 ピクサーのショートフィルムに登場するボールや、「Pixer」のロゴに登場するライト・ルクソーJrがブーの家に置かれているシーンがあります。 さらに、ブーはおもちゃとして『』のジェシーや、『』のニモ型のおもちゃを持っていることが描かれるシーンもあります。 逆に、ブーが『』に登場しているとファンの間では噂になっているんです。 そのシーンは、ウッディたちおもちゃが保育園にやってきたばかりのシーン。 保育園のチョウチョ組にいた少女が、ブーに似ていると話題になりました。 その少女はブーより少し成長した姿で、ロングヘアにカチューシャを付けています。 サリーと同じような青い色の猫のぬいぐるみで遊んでいるその少女は、猫に「Kitty」と名付け、ブーという言葉を発しているそうです。 大勢の子どもたちの中で混ざって遊んでいるため、音声は鮮明ではありません。 「面影といい、お気に入りのおもちゃといい、これはブーではないか?」そう思ってしまうファンの気持ちは分からなくもないですね。 しかし、『トイ・ストーリー3』の監督リー・アンクリッチは、この少女がブーと同一人物であることを公式に否定しています。 他人のそら似だったようです。 モンスターズ・インクのブー:『モンスターズ・ユニバーシティ』にも登場 ご機嫌なマイクとサリー ブーは、『モンスターズ・インク』の続編として公開された『』にも登場します。 『モンスターズ・ユニバーシティ』は、モンスターたちの暮らしをさらに詳しく描いた作品です。 もともとは『モンスターズ・インク』の続編ではなく、ブーやサリー、マイクたちの10年後の設定で製作される予定だったそうです。 明かされたプロットは、マイクとサリーがブーの誕生日を祝うために人間世界へと向かうというもの。 しかし、ブーの家族はすでに引っ越しており、ブーがいるはずの部屋には老婆が1人。 サリーとマイクはブーを探すため、人間会の冒険へと出かけます。 ところが、ブーはモンスターなど信じない子に成長していました。 おもしろい仮説で作品同士を繋ぐファンが大勢います。 中には、『メリダとおそろしの森』に出てくる森の魔女がブーだと推測するファンも。 モンスターたちに再び会いたいと願うブーは、モンスターズ・インクとブーの家を繋いだドアからタイムトラベルの方法を開発。 鬼火がサリーと会える方法だと信じ、ブーは千年前のスコットランドへ。 『メリダとおそろしの森』で魔女の部屋にサリーの木彫りの絵があったり、ドアが閉まる度に魔女が消えたり。 『モンスターズ・インク』との共通点があるところからも、このような推測がなされました。 モンスターズ・インクのブー:ディズニーランドのアトラクション ディズニーランドならブーに会える! ブーを含め、サリーやマイクなどの『モンスターズ・インクのキャラクター』に会いたいなら、ディズニーランドへ行きましょう。 フラッシュライトで暗闇を照らして、モンスターたちを見つけるかくれんぼゲームを体験します。 また、そんなブーの好奇心旺盛さに少し振り回されるサリーの姿もほほえましいもの。

次の

モンスター : 作品情報

モンスター インク 730

『モンスターズ・インク』(2001)に登場する雪男「イエティ」は、追放されたヒマラヤの雪山に住む大柄な体格と全身に覆われた白い毛が特徴のモンスター。 その大きさは身長240㎝のサリーよりを上回り、3m越えはほぼ間違いないです。 「恐怖の雪男」という異名も。 また、過去には会社の郵便職員として働いていた経歴の持ち主でもあります。 モチーフは、言わずもがなUMA(未確認生物)です。 なんでもシェルパ族の言葉で岩を意味する「Yah(イェー)」と動物を意味する「The(ティー)」がイエティの語源だそうです。 ただ、その見た目に反して、イエティはとっても愉快でとっても親切なやつです。 初登場のシーンでは、「ようこそ!ヒマラヤへ!」と満面の笑みでマイクとサリーに話しかけ、そのまま自分の住まいの洞穴まで向かい入れています。 さらに洞穴では、レモン味のアイス「スノーアイス」をマイクとサリーにもてなすほどの親切さを見せてくれます。 また、サリーが1人で村に行くときにも、その身を案じる発言も。 本人も「恐怖の雪男」をいう異名をよく思っておらず、「愉快な雪男」もしくは「可愛い雪男」といってくれと発言しています。 このように、非常に親切なイエティですが、それゆえになぜ雪山に追放されたか気になるところです。 雪山に追放された理由は何?手がかりは続編 『モンスターズ・インク』の世界では、モンスターがある重大な失態を犯したら人間界に「追放」されてしまうことがある種の決まりとなっています。 作中では、マイクが「ネッシー、ビックフット、恐怖の雪男に共通するものは何か、追放だよ!」とイエティの他にも過去に追放されたモンスターがいたことを示唆しています。 ちなみにイエティとビックフットは、おそらく追放後?に面識があるようで、ビックフットはうるしの王冠をつくってかぶれてしまったことを語っています。 さて、ここでなぜイエティが雪山に追放されたのか?という大きな疑問が残ります。 イエティの性格は愉快かつ親切。 とても追放されるような風には見えません。 作中でもそれに関しては結局語られず仕舞…。 ですが、『モンスターズ・インク』の続編『モンスターズ・ユニバーシティ』にて、イエティが追放されたと思われる重大な手がかりのシーンがあることが発覚! その手がかりとなるシーンというは、作中のほぼ最後。 ここでマイクとサリーは、会社「モンスターズ・インク」の「郵便係」として働いています。 このとき、マイクとサリーの上司として登場したのがイエティです。 さらにイエティはここで「手紙を勝手に開けるなー、罰として追放処分になっちゃうぞー。 」と、追放になってしまう行動についても言及しています。 イエティは郵便職員、加えて追放なる発言、察するにイエティは手紙を勝手に開けてしまったために追放されたと考えられます。 ただ筆者が思うに、普通の手紙を1枚開けただけで追放はあまりに重すぎるように感じます。 もしかしたら、イエティは、何か重大な手紙を開けてしまったか、日ごろからいくつもの手紙を勝手に開けていたのかもしれません。 イエティの性格を考えると、たぶん仕事は真面目にこなしているので、おそらく前者の理由かなとは思います。 声優は歴代全てのピクサーに登場 イエティの声優は、日本語吹き替えは「立木文彦」、原語は「ジョン・ラッツェンバーガー」です。 お二人とも業界では名の知れた声優で、『モンスターズ・インク』以外にも数多くの作品に出演しています。 特にジョンに至っては、ピクサー歴代全ての作品に出演を果たしていることで有名です。 (2018年現)『モンスターズ・インク』の監督ピート・ドクター曰く「守り神」だそう。 また英語版『千と千尋の神隠し』では青蛙の声優でもあります。 立木さんは、声優の他にテレビのナレーターを務めており、最近だとバラエティー番組「世界の果てまでイってQ!」のナレーションが真っ先にあがります。 2人とも声優界のレジェンド!今後の活躍にも注目! まとめ イエティは登場シーンがわずかながらも、非常にインパクトがあり、存在感があります。 筆者もモンスターズ・インクでも1. 2を争うほど好きなキャラクターです。 小話として、UMAのイエティは、「ズーティ」、「ミィティ」、「イエティ」の3種がいて、みな家族みたいです。 イエティにも家族がいるのかも!?.

次の

モンスター : 作品情報

モンスター インク 730

モンスター・シティ最大の会社、その名は《モンスターズ株式会社》。 この会社の仕事は、モンスター・シティのエネルギー源である子供たちの悲鳴を集めること。 そして、モンスターズ社のエリート中のエリートで全社員の憧れの的となっているのが、悲鳴獲得ポイントNO. 1の怖がらせ屋、サリーことジェームズ・P. サリバンだ。 仕事上のパートナーで大親友のマイク・ワゾウスキとのコンビは完璧。 一目見ただけでビビってしまう恐ろしいルックスと、日々の厳しい訓練の成果である脅かしテクニックで、次々とエネルギー・ボンベを子供の悲鳴で満タンにしていく。 だが、実はモンスターの方こそ、子供たちを心底怖がっていた。 彼らは人間の子供は有・・・ 作品紹介 モンスター・シティ最大の会社、その名は《モンスターズ株式会社》。 この会社の仕事は、モンスター・シティのエネルギー源である子供たちの悲鳴を集めること。 そして、モンスターズ社のエリート中のエリートで全社員の憧れの的となっているのが、悲鳴獲得ポイントNO. 1の怖がらせ屋、サリーことジェームズ・P. サリバンだ。 仕事上のパートナーで大親友のマイク・ワゾウスキとのコンビは完璧。 一目見ただけでビビってしまう恐ろしいルックスと、日々の厳しい訓練の成果である脅かしテクニックで、次々とエネルギー・ボンベを子供の悲鳴で満タンにしていく。 だが、実はモンスターの方こそ、子供たちを心底怖がっていた。 彼らは人間の子供は有毒だと信じており、例え靴下一枚であってもモンスター・シティに持ち込むことは禁止されているくらいなのだ。 そしてモンスター・シティの歴史を揺るがす大事件は、ある日突然に起こった。 仕事を終えたサリーが残務整理をしていると、そこには小さな人間の女の子が立っていたのである!会社に知られれば自分たちも隔離されてしまうため、サリーとマイクは厳しい追跡を逃れてこっそりと少女を人間界に戻そうとするが…。 キャスト/スタッフ キャスト• 監督:ピート・ドクター• 共同監督:リー・アンクリッチ、デヴィッド・シルバーマン• 製作:ダーラ・アンダーソン• 製作総指揮:ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン• 原案:ピート・ドクター、ジル・カルトン、ジェフ・ピジョン、ラルフ・エッグルストン• 脚本:アンドリュー・スタントン、ダニエル・ガーソン• 音楽:ランディ・ニューマン• テクニカル監修:トーマス・ポーター• アート・ディレクター:ティア・クラッター、ドミニク・ルイス• 英語(7. 1ch/ドルビーTrueHD ロスレス ) 2. 英語(2. 0ch/ドルビーデジタル) 3. 日本語(7. 1ch/ドルビーデジタルプラス) 4. 日本語(6. 日本語字幕 2. 英語字幕 3. 英語(5. 1ch/ドルビーデジタル) 2. 英語(6. 1chマトリックス/DTSデジタル・サラウンドES) 3. 日本語(5. 日本語字幕 2. 英語字幕 3.

次の