ザノン フィクション 大阪。 アメトーーク!で「ザ・ノンフィクション大好き芸人」放送へ

アメトーーク!で「ザ・ノンフィクション大好き芸人」放送へ

ザノン フィクション 大阪

貯金はゼロ、家賃2万8千円のアパートに住み、ガスは止められ、スーパーで割引になったとんかつ弁当と一緒にカップヌードルを食べる暮らし。 ワハハ本舗に所属し「ガッポリ建設」というコンビを組んでいる。 主宰の喰始 たべ・はじめ からは「クズ芸人」と呼ばれている。 芸人として何一つ努力もせず、毎日パチスロばかり。 「仕事」と称して出かけるのは、昨今世間で話題になった芸人による「ギャラ飲み」…たとえクズ芸人と呼ばれようが、小堀にとっては「お笑い芸人」でありつづけることが大切なのだ。 小堀の所属するワハハ本舗では、仕事のない芸人を救済するために3カ月に一度、お笑いライブが開かれている。 みんなの前で芸を披露し、主宰の喰にアイディアをもらいながら、本番に向けて芸を練り上げていく。 小堀も参加するが、やる気は全くない。 喰のダメ出しには、いつも言い訳ばかり。 日曜の昼から見るには重々しすぎる、家族と見るには気まずいということもあり、それでも毎回気になってしまうのでいつも一人で後からじっくり見ています。 私は昔から、芸人さんを心から尊敬していてあんなに素晴らしい職業はないと思っていたので今回のテーマにはとても興味が湧きました。 現在テレビで活躍している芸人さんは、ほんの一握りでピンキリの世界だとは分かってはいましたが、やはりこういう現実もあるんだよなと思いました。 努力をして報われる人もいれば、いくら努力をしても報われない人もいるのが辛い現実であらすじを読んだだけでも苦しい気持ちになりました。 一応「クズ芸人」と呼ばれてはいますが、それでも売れないお笑い芸人を30年も続けてきたのはよほどお笑いに対する情熱があったんだなと思います。 しかし事務所を52歳でクビになったということで、小堀さんにも色々な問題を抱えているのも事実なのかなと思います。 今から放送が待ち遠しいです。 ザ・ノンフィクションを見ている時よく「結末はどうなるんだろう」と思ってしまいますが、タイトルの通りノンフィクションですので結末などなく、その日の番組が終わってもその人の人生は続いていくのだと思うとまたなんとも言えぬ気持ちになります。 それと同時に、他人にも色々な人生があるのだと当たり前のことに気づかせてくれるので、自分も頑張ろうと思えます。 家賃である28000円も払えず、ガスなども止められてしまい、芸人のはずなのに、ギャラ飲みやパチンコで食い凌ぐそのひぐらしをしているなんて、生きてる心地がしないんじゃないかなと感じました。 部屋の中も荒れているし、とても52歳のおじさんの暮らしには見えなくてびっくりです。 そんな厳しい暮らしをしている中、ついに所属事務所までクビになってしまって、これからどうやって生きていくつもりなのかなと思いました。 52歳なら再就職先だってそう簡単に見つからないだろうし、もう破滅しか残ってないんじゃないかなと感じました。 今までずっと、お笑い芸人でありたいと思いながらも、その努力をすることをしてこなかったというのが大きな原因なんだろうなと思いました。 ついに人生の岐路に立たされた今、もう一度人生をやり直そうと奮起できるかどうかが鍵を握るんだろうなと楽しみにしています。 空前のお笑いブームである現在、お笑い芸人を目指す若者がたくさんいますよね。 そして、次々に若手のお笑い芸人がブレイクしています。 しかし、今回番組で取り上げる小堀さんは、芸歴30年のベテランで、既に52才を迎えています。 有名な「ワハハ本舗」に所属して、「ガッポリ建設」というコンビを組んでいるそうですが、残念ながら、私は存じ上げません。 小堀さんのように、長い下積み生活を続けて頑張っている芸人さんって、おそらくたくさんいらっしゃるのだと思います。 夢を追い、日々努力する彼らの姿を応援したくなりますが、小堀さんはちょっと違うようです。 芸人としては何一つ努力せず、毎日、パチスロばかりしているようです。 仕事と称して出掛けるのは、昨今、世間で話題となった「ギャラ飲み」だそうです。 所属先の主宰の方からは、「グズ芸人」と呼ばれる始末です。 お笑いライブの練習に参加しても、やる気が全く見られないようで、長年、見逃してきた事務所からとうとうクビになってしまったのです。 この先、小堀さんはどうなってしまうのでしょうか。 小堀さんの奮起を期待しています。 まとめ 毎回、見ているこちらもえぐられるような気持ちになる「ザ・ノンフィクション」ですが、今回もタイトルだけでかなり強烈なものがあります。 「52歳でクビになりました。 苦労人を応援する目線で追いかけることや努力する人の姿を追うことの多い同番組においてこれほど底辺まで叩きのめすような切り出し方も珍しいと思います。 しかも登場する芸人が「ガッポリ建設」という度々テレビでも見かけたことのあるグループなだけに驚きました。 分かりやすい見た目のガテン系なお笑いでテレビでは幾度かネタを見たこともありました。 しかし、その実態は「いつもジャイアンツの防止をかぶる52歳」「芸人としての努力は一切しない」「ダメ出しに言い訳ばかり」という描写からも分かるようにまるで芸人を絵にかいたようなどうしようもなさに満ちていたようです。 私が注目したい点は本人が一体何を思って毎日を過ごしているのか、です。 30年続けたお笑い。 それからもいよいよ見離され、50歳を過ぎて進む第2の人生とは?もはや希望の光も感じることのできない辛辣すぎるリアルに同世代の視聴者は何を感じるのかも気になるところです。 また、ナレーションが吉岡里帆さんというあまりにも似つかわしくない人選がその強烈さに拍車をかけているような気がしてなりません。

次の

ザ・ノンフィクション関西の放送時間はいつ?放送地域や再放送は?

ザノン フィクション 大阪

ザ・ノンフィクション 2019年6月16日(日)放送分 「シンデレラになりたくて…2019 ~前編~」 語り:中村繁之 今回で4回目となる 「整形シンデレラオーディション」は、 湘南美容クリニックが主催する、 美容整形で生まれ変わった女性のNO. 1を決めるイベントです。 オーディションを通過できれば、整形手術の費用が全額無料に。 ファイナリストに選ばれると、来場者3万人を超えるイベント 「ガールズアワード」でランウェイを歩くことができます。 さらにグランプリに輝くと、賞金300万円が贈られます。 今回の主人公は、 この整形シンデレラオーディションを最後のチャンスとして参加した2人の女性。 1人目は大阪会場のオーディションに参加した、 尾上七海(おのうえ ななみ)さん、20歳。 七海さんは現在、大阪で地下アイドルとして活動しています。 「メルヘンヌ」というアイドルグループに所属。 七海さんの悩みは、まぶたが重い目と顔の輪郭。 バサバサのつけまつ毛を付け、二重にするのりを使い、 毎回、2~3時間ほどメイクに時間をかけてからステージに上がります。 整形シンデレラオーディションの面接審査を通過した20人が、 3泊4日の合宿審査へとやって来ました。 ここで、本当に手術が必要なのかどうか審査されます。 七海さんには、これまで周囲にひた隠しにしてきた過去がありました。 実は、小学生の頃に急逝リンパ性白血病というガンになったという過去が…。 (現在は定期健診も受けなくて良いほどに回復しているそうです) オーディション仲間に打ち明けます。 共通のコンプレックスを持つ仲間だからこそ、話しておきたかったそうです。 そして審査結果発表を迎え、七海さんも合格することができました。 合宿審査の合格者は10人。 七海さんの美容整形が動き出します。 2018年9月、秋葉原にある湘南美容クリニックへ。 担当医師(名倉俊輔院長)とカウンセリングを行います。 輪郭のわずかな左右差が嫌で、骨を削る手術をしたいという七海さん。 細かい部分にこだわりすぎてしまうと、整形依存へと繋がる可能性があります。 七海さんの母親も、「もう少し考えてほしい」と話します。 そして話し合いの結果、七海さんの手術箇所は目・鼻・歯に決定。 輪郭については経過を見て決めていくことになりました。 手術期間中は、アイドル活動をお休み。 2か月間ステージから離れることになった七海さんは、 グループの仲間に「頑張ってきます!」と笑顔で挨拶しました。 11月、七海さんの美容整形が始まりました。 まず湘南歯科クリニック 心斎橋院で歯の施術を行います。 抗がん剤で黄色くなってしまった歯と、 小さくて隙間の空いた歯が悩みだった七海さん。 現在の歯を削り土台にし、上から新しい歯を装着。 歯茎を切開して糸で縫っていく処置も行われました。 歯は綺麗に整い、色も白くなりました。 2週間後、再び秋葉原のクリニックへやって来た七海さん。 顔の整形手術を開始。 目は二重に。 鼻は耳から取り出した軟骨で高さを出し、プロテーゼでラインを整えます。 手術の間、七海さんの母親はとても複雑な思いでした。 整形手術で娘の顔が変わってしまうので、 手術前日は携帯で写真を撮っておいたそうです。 娘は病気で色々と我慢してきた分、整形手術は止められないと話すお母さん。 「本当は手術してほしくない…。 」 けれど、七海さんには隠し続けてきました。 無事、七海さんの手術は終了。 ビフォーアフター画像がこちらです。 そして今回の主人公2人目は、 埼玉県に暮らす加藤叶華(かとう きょうか)さん、20歳。 叶華さんの悩みは、不揃いな歯並び。 この歯並びを見られたくないと、学校でもマスクを着けて過ごし、 アルバイト先も、「マスクを着けていられる職種」ということで 歯科助手を選んだそうです。 コンプレックスの口元のせいで、外出も少なくなりました。 バイト先と自宅を行き来する毎日。 歯並びを良くするための矯正も考えました。 しかし「心配かけたくない…」と 母親にコンプレックスを隠し続けてきました。 今回の整形シンデレラオーディションに全てかけようと参加した叶華さん。 手術が受けられると決まったので母親に報告し、 今回初めて自分の思いを吐き出しました。 そんな叶華さんの美容整形も始まります。 湘南美容クリニック 上野院で、まぶたを二重にする手術。 (歯だけではないのね…) (普通に笑えているように見えるし、素敵な笑顔ですよ?整形しなくても良い気がするけど…) 湘南歯科クリニック 新宿院では歯並びを治します。 現在の歯を削り、土台にします。 重なって生えている歯を抜き、新しい歯を装着しました。 さらに叶華さんは鼻の手術も。 (え!?鼻までやるの…!?) 肋骨の骨を取り出し、鼻へ挿入。 鼻の高さとラインを整えます。 叶華さんのビフォーアフター画像がこちら。 一方、地下アイドルの七海さんは2回目の手術。 骨を削らずに、輪郭を整える手術を行います。 太ももから脂肪を吸引し、遠心分離機にかけ使える部分をおでこへ注入。 さらに口の中を切開し、頬の脂肪を切除します。 (聞いてるだけでも怖い…) (この画像怖すぎませんか…) 手術から2か月後、七海さんの元を訪ねると大きな変化が。 メイクの時間は30分ほどになったと嬉しそうに話す七海さん。 七海さんの母親は、 「家の手伝いもよくするようになったし、明るくなった」と話していました。 (メイクに時間かけすぎて家のことができないってどんだけ…) 2か月ぶりに地下アイドルの活動も再開し、 選抜メンバーの投票ランキングで圏外から2位へと急上昇しました。 そして叶華さんも術後の腫れが引き、ウォーキングの練習に励んでいました。 手術後は口元を隠さずに笑えるようになったそうで、 母親と嬉しそうに話す叶華さんの姿がありました。 整形手術を行い、新たな人生をスタートさせた整形シンデレラたち。 この後、グランプリを獲得するための過酷なサバイバルレースが始まります。 monchhichilovely.

次の

ザ・ノンフィクション関西の放送時間はいつ?放送地域や再放送は?

ザノン フィクション 大阪

貯金はゼロ、家賃2万8千円のアパートに住み、ガスは止められ、スーパーで割引になったとんかつ弁当と一緒にカップヌードルを食べる暮らし。 ワハハ本舗に所属し「ガッポリ建設」というコンビを組んでいる。 主宰の喰始 たべ・はじめ からは「クズ芸人」と呼ばれている。 芸人として何一つ努力もせず、毎日パチスロばかり。 「仕事」と称して出かけるのは、昨今世間で話題になった芸人による「ギャラ飲み」…たとえクズ芸人と呼ばれようが、小堀にとっては「お笑い芸人」でありつづけることが大切なのだ。 小堀の所属するワハハ本舗では、仕事のない芸人を救済するために3カ月に一度、お笑いライブが開かれている。 みんなの前で芸を披露し、主宰の喰にアイディアをもらいながら、本番に向けて芸を練り上げていく。 小堀も参加するが、やる気は全くない。 喰のダメ出しには、いつも言い訳ばかり。 日曜の昼から見るには重々しすぎる、家族と見るには気まずいということもあり、それでも毎回気になってしまうのでいつも一人で後からじっくり見ています。 私は昔から、芸人さんを心から尊敬していてあんなに素晴らしい職業はないと思っていたので今回のテーマにはとても興味が湧きました。 現在テレビで活躍している芸人さんは、ほんの一握りでピンキリの世界だとは分かってはいましたが、やはりこういう現実もあるんだよなと思いました。 努力をして報われる人もいれば、いくら努力をしても報われない人もいるのが辛い現実であらすじを読んだだけでも苦しい気持ちになりました。 一応「クズ芸人」と呼ばれてはいますが、それでも売れないお笑い芸人を30年も続けてきたのはよほどお笑いに対する情熱があったんだなと思います。 しかし事務所を52歳でクビになったということで、小堀さんにも色々な問題を抱えているのも事実なのかなと思います。 今から放送が待ち遠しいです。 ザ・ノンフィクションを見ている時よく「結末はどうなるんだろう」と思ってしまいますが、タイトルの通りノンフィクションですので結末などなく、その日の番組が終わってもその人の人生は続いていくのだと思うとまたなんとも言えぬ気持ちになります。 それと同時に、他人にも色々な人生があるのだと当たり前のことに気づかせてくれるので、自分も頑張ろうと思えます。 家賃である28000円も払えず、ガスなども止められてしまい、芸人のはずなのに、ギャラ飲みやパチンコで食い凌ぐそのひぐらしをしているなんて、生きてる心地がしないんじゃないかなと感じました。 部屋の中も荒れているし、とても52歳のおじさんの暮らしには見えなくてびっくりです。 そんな厳しい暮らしをしている中、ついに所属事務所までクビになってしまって、これからどうやって生きていくつもりなのかなと思いました。 52歳なら再就職先だってそう簡単に見つからないだろうし、もう破滅しか残ってないんじゃないかなと感じました。 今までずっと、お笑い芸人でありたいと思いながらも、その努力をすることをしてこなかったというのが大きな原因なんだろうなと思いました。 ついに人生の岐路に立たされた今、もう一度人生をやり直そうと奮起できるかどうかが鍵を握るんだろうなと楽しみにしています。 空前のお笑いブームである現在、お笑い芸人を目指す若者がたくさんいますよね。 そして、次々に若手のお笑い芸人がブレイクしています。 しかし、今回番組で取り上げる小堀さんは、芸歴30年のベテランで、既に52才を迎えています。 有名な「ワハハ本舗」に所属して、「ガッポリ建設」というコンビを組んでいるそうですが、残念ながら、私は存じ上げません。 小堀さんのように、長い下積み生活を続けて頑張っている芸人さんって、おそらくたくさんいらっしゃるのだと思います。 夢を追い、日々努力する彼らの姿を応援したくなりますが、小堀さんはちょっと違うようです。 芸人としては何一つ努力せず、毎日、パチスロばかりしているようです。 仕事と称して出掛けるのは、昨今、世間で話題となった「ギャラ飲み」だそうです。 所属先の主宰の方からは、「グズ芸人」と呼ばれる始末です。 お笑いライブの練習に参加しても、やる気が全く見られないようで、長年、見逃してきた事務所からとうとうクビになってしまったのです。 この先、小堀さんはどうなってしまうのでしょうか。 小堀さんの奮起を期待しています。 まとめ 毎回、見ているこちらもえぐられるような気持ちになる「ザ・ノンフィクション」ですが、今回もタイトルだけでかなり強烈なものがあります。 「52歳でクビになりました。 苦労人を応援する目線で追いかけることや努力する人の姿を追うことの多い同番組においてこれほど底辺まで叩きのめすような切り出し方も珍しいと思います。 しかも登場する芸人が「ガッポリ建設」という度々テレビでも見かけたことのあるグループなだけに驚きました。 分かりやすい見た目のガテン系なお笑いでテレビでは幾度かネタを見たこともありました。 しかし、その実態は「いつもジャイアンツの防止をかぶる52歳」「芸人としての努力は一切しない」「ダメ出しに言い訳ばかり」という描写からも分かるようにまるで芸人を絵にかいたようなどうしようもなさに満ちていたようです。 私が注目したい点は本人が一体何を思って毎日を過ごしているのか、です。 30年続けたお笑い。 それからもいよいよ見離され、50歳を過ぎて進む第2の人生とは?もはや希望の光も感じることのできない辛辣すぎるリアルに同世代の視聴者は何を感じるのかも気になるところです。 また、ナレーションが吉岡里帆さんというあまりにも似つかわしくない人選がその強烈さに拍車をかけているような気がしてなりません。

次の