平成 で いう と 今 何 年。 「令和元年度」と「平成31年度」期間はいつからいつまで?どちらが正しい?

「今年は平成何年?」がすぐわかる方法

平成 で いう と 今 何 年

(第125代天皇) — 紀元前14000年頃 前14000年頃 — 前10世紀 前4世紀 — 後3世紀中頃 3世紀中頃 — 7世紀頃 0592年 — 0710年 0710年 — 0794年 0794年 — 1185年 10世紀初頭 — 12世紀後期 1167年 — 1185年 1185年 — 1333年 1333年 — 1336年 1336年 — 1573年 1336年 — 1392年 1467年(1493年)— 1590年 1573年 — 1603年 1603年 — 1868年 1639年 — 1854年 1853年 — 1868年 1868年 — 1912年 1912年 — 1926年 1926年 — 1989年 1945年 — 1952年 1989年 — 2019年 2019年 — 昭和天皇の・葬場殿の儀(1989年〈平成元年〉2月24日) (64年)、のに伴い明仁が第125代天皇にした。 このを受け、同日、(昭和54年)に施行された に基づきのが出され、その翌日を「平成元年」とすることにより改元がなされた。 日本史上初めて、 及びに基づいてされたである。 なお、崩御を前提とした手続きは事前に行えないため、改元の際は崩御当日に正式な手続きに入り、翌日に改元が行われた。 崩御当日に電話で正式な嘱託を行った後の「元号に関する有識者会議」は約20分間意見交換しただけで、重々しい雰囲気の中で慌ただしく新元号は決められたという。 ただし水面下で準備は進められており、昭和天皇が吐血し容体が悪化した(昭和63年)9月に、元号は最終候補の3案に絞り込まれていた。 内閣内政審議室は、昭和天皇崩御の日(1月7日)の早朝、10ほどの候補から最終的に「 平成 ( へいせい )」「 修文 ( しゅうぶん )」「 正化 ( せいか )」の三案に絞り、()の了承を得た。 その日の午後、「元号に関する懇談会」(以下の8人の有識者で構成)と正副(・)及び正副(・)に「平成」「修文」「正化」3つの候補を示し、意見を求めた。 この時、当時の内閣内政審議室長であったが、とっさに、明治以降の元号の頭文字を順に並べ、「(明治)・(大正)・(昭和)の後はが据わりが良いでしょう」と言った。 「元号に関する懇談会」に出席した有識者 氏名 肩書(当時) 広域への影響力 所属 第4代(1973年 - 1979年)代表取締役社長 第14代(1988年 - 1989年)NHK(日本放送協会)会長 名誉会員 第14代(1985年 - 1991年)会長 代表取締役社長 第7代(1984年 - 1990年)会長 代表取締役社長 者、 名誉教授 会長 第12代(1982年 - 1990年)総長 (1975年 - 1988年) 理事長 第13代(1985年 - 1989年)会長 第23代(1985年 - 1989年)総長 その後に開かれた全閣僚会議でも「平成」で意見が一致し 、同日14時10分から開かれた臨時において新元号を正式に「平成」と決定した。 14時36分、が記者会見で発表した。 只今終了致しました閣議で元号を改める政令が決定され、第1回臨時閣議後に申しました通り、本日中に公布される予定であります。 新しい元号は、『 平成 ( へいせい )』であります。 — 内閣官房長官 小渕恵三 と述べたあと、のした新元号「平成」を墨書した台紙を示す姿は、新時代の象徴とされた(も参照)。 なお、新元号の発表の際に、口頭での説明は難しいので、視覚に訴えるように「書」として発表したのは、のアイディアである。 ウィキソースに の原文があります。 同日、「 」はの 允裁 ( いんさい ) を受けた後、号外によってされ、翌1月8日からされた。 また、「」(昭和64年内閣第6号)が告示され、新元号の読み方が「へいせい」であることが明示された。 から、大正からへの改元の際と異なり 、平成改元の際に翌日から施行された背景として、当時は文書事務の煩雑化・を初めとするに伴うの変更を行うためと報道された。 「平成」提案に関する事項 [ ] 最終候補の3案の一つであった「平成」を提案したのは、東洋史学者の(名誉教授)である。 内閣内政審議室長(当時)として新元号選定に関わった によると、元号の最終候補3案は極秘裏に委嘱していた山本、、の3氏の提案によるものだという(目加田が「修文」を宇野が「正化」を提案したことを後に認めている)。 『』での(作家)の取材に対して、的場は「元号は縁起物であり改元前に物故した者の提案は直ちに廃案になる」と述べ、それ以前に物故した、、らの提案はすべて廃案になったとしている。 的場内閣内政審議室長は代わりの学者を秘密裏に探すため職員と2人だけで選定に入ったが、既に天皇の容態悪化を受けてマスコミの報道が過熱しており、学者の自宅前には多数の記者が張り込むなどしていたため、本人が参加するに紛れ込んでコンタクトを取ったという。 によると「平成」の元号は改元時の竹下登首相ら首脳が決定前から執心していたという。 また竹下内閣当時の(政務担当)であったは『(竹下)総理のところに上がってきた案は「平成」と「」の二つであり、総理と小渕(官房長官)さんと僕(小沢)の3人で「平成」を選んだ』ことを証言している。 竹下首相が総理を降りた後、(平成2年)1月に行った講演の際には非公式ながら「平成」は者・の案であったと述べたとされる。 しかし、安岡も昭和天皇の崩御前に物故しているため安岡の発案ということは有り得ない。 的場は「実際、『平成』の考案者は安岡正篤氏という誤った説も広まっていたので、歴史の真実を歪めないためにも、新元号選定の経緯を明かすようになりました」と述べている。 典拠 [ ] 新元号の発表時に小渕内閣官房長官が述べた「平成」の典拠はで、以下の通りである。 新元号を発表する(1989年〈昭和64年〉1月7日) 小渕内閣官房長官(当時、後に首相)が、でので使用した台紙に『 平成』と文字をしたのは、(当時。 後は)人事課辞令専門職のである。 記者発表の20分ほど前、「平成」と鉛筆で書かれた紙片を渡され新元号名を知る。 その後、河東自らが用意した4枚のにそれぞれに平成と書き、4枚目を額に入れ、とで梱包したものが小渕内閣官房長官の元へと運ばれた。 河東本人談として、初めて平成と知った時、「画数の少ない字は形が取りにくく、書きにくい」と思ったそうである。 また、4枚目を選んだのは上手い下手に関係なく、初めから4枚目を提出するつもりだったとも語っている。 新元号を墨書する場所は、予め同官房内政審議室の会議室と決められていた。 入室した際の同室では数人が別の作業を行っていたので、頼んで作業机の片隅を空けてもらい、「平成」を書き上げた。 作業机は比較的高く、椅子はパイプ椅子で、周囲もやや喧騒であったため、非常に書きにくかったそうである。 小渕内閣官房長官の秘書官だった石附弘も「大正」からの改元時の「昭和」の発表時には、ラジオでは漢字の雰囲気を伝えられず、「」の誤報もあり、大衆の期待感が高まらなかったことを受け、テレビのにより「新時代への期待感や雰囲気」を醸成できると考えており、テレビ会見を重視していた。 揮毫した河東も「確たる未来と新時代への力強さを見せるため」あえて文字のかすれを抑えるなど、映像が流れた際の見栄えを考慮していたという。 文字だけではなく、披露する際の動作も事前に考えており、印象を残すため半紙を顔の横に掲げることにした。 また、当初は半紙をアクリル板に貼り付ける予定だったが、直前にマスコミに相談したところ、が反射して見えないとの指摘を受け、「半紙プラス白木の枠組み、アクリル板なし」の構成となった。 河東は(平成17年)に職務(20万枚以上に及ぶ官記・位記・辞令および表彰状等の作成)の功績を認められ、第18回「総裁賞」個人部門を受賞した。 発表後のは、平成改元時の竹下首相と小渕内閣官房長官に贈呈されたが、当時はが制定される前で、奉書紙の取り扱いについても取り決めが無かったため、一時は行方不明となっていた。 その後、竹下登の孫である歌手・タレントの が「(母方の実家の竹下家に)『平成』の奉書紙がある」として、竹下の私邸に飾られていた奉書紙をの番組で披露 したことで行方が判明し、が竹下家と連絡を取って「平成」の奉書紙をに借り受け、翌に正式に寄贈されることとなった。 これを受けての奉書紙は、発表当初から公文書として扱うことが決定した。 国立公文書館では「平成(元号)の書」としてスキャン画像が公開されているが、原本は閲覧できない。 なお国立公文書館のショップではスキャン画像を元にしたクリアファイルが販売されている。 元号発表以前から存在した「平成」 [ ] 「平成」発表後、それにちなんで命名された団体名やなどは多い(後述の「平成を冠するもの」参照)。 「平成」の選定過程で、政府は団体・企業や個人の名前に使われていないかを調査したが、による事物検索が現代のように普及していない時代であったこともあり、事前調査にも限界が生じて元号と同じ表記となる人名や地名の把握は不完全であった。 そのため、人名では「たいら しげる」という読みの男性や、地名では「へなり」と読む(現・)のなどが、元号の発表以前から存在した「平成」として確認されている。 元号の選定に携わった的場は中華料理店のまで調べていたが小字までは手が回らず、これらの偶然の一致について「仰天した」と回想している。 このほか、埋蔵文化センターが開催する「おもろいもん出ましたんやわ展」の(平成27年)開催分で、の朝見遺跡から出土した「平成」と書かれた中期の墨書土器が公開された。 の氾濫を鎮めるための祭事に使われたと推定している。 令和への改元 [ ] 経緯 [ ] 「」も参照 (平成28年)に第125代天皇明仁が「」(国民に向けたビデオメッセージ)を表明し、これ以降、に関する議論が活発化した。 (平成29年)、「(天皇退位特例法)」の法案が、(首相)によりの常会(通常国会)に提出され、との両院で原案の通りに可決されてに法律となり、同月に公布された。 同法第二条は「天皇は、この法律の施行の日限り、退位し、皇嗣が、直ちに即位する。 」と定め、施行期日は附則第一条で、公布の日から起算して3年を超えない範囲内において政令で定める日とされた。 同年に開催されたと同月の閣議を経て、(平成31年)をもって天皇明仁が退位することが正式に決定された。 さらに、同法の施行期日を「平成31年4月30日」とする政令が公布され 、同法の規定によって天皇明仁が同日に退位し、明仁の第一皇子・が翌に即位するという日程が決まった。 この皇位の継承を受けて、元号法(昭和54年法律第43号、本則第2項:元号は、があった場合に限り改める。 )の規定に基づき、5月1日に元号が改められる見込みとなった。 一方で、新元号の発表は改元1か月前のになることが決まった。 2019年(平成31年)4月1日、元号法に基づき政府は平成に代わる新しいを「 」(読み方:「れいわ」)と発表した。 「昭和」から「平成」への改元時を踏襲して、最初の発表は午前11時41分から内閣官房長官により行われ、その後に正午より安倍晋三首相による談話が発表された。 同日、(本則第1項:元号は、で定める。 )に基づき、(平成三十一年政令第百四十三号)が退位される天皇明仁によって公布され、同日付の『官報』に掲載された。 「令和」の読み方である「れいわ」は同日の内閣告示で示された。 「」が定められた以降を経て(昭和54年)に施行された「」の下で初めての事であり、皇室史上においても、後期にあたる(旧暦:14年)のからへの譲位以来実に202年ぶりの先帝のに伴うと改元が行われた。 2019年(平成31年)4月30日、天皇退位特例法に基づく第125代天皇明仁の退位の儀式であるが行われた。 そして、翌5月1日午前0時、第125代天皇明仁は退位され上皇となるに伴い皇太子徳仁親王が第126代天皇に即位し 、30年余り続いた平成時代は終わりを迎え、元号を改める政令が施行されて、令和に改元された。 平成の期間は計11,070日(30年と113日)となり、 これは日本の元号では(62年と14日)、(43年と281日)、(33年と313日)に次いで4番目の長さである(5番目はの23年と251日) [ ]。 時代の流れ [ ] 時代概説 [ ] バブル経済期からアメリカ同時多発テロ発生前(主に世紀末の時期) [ ] (平成元年)から(平成13年)まで。 1989年(平成元年)に、が約2200億円で買収したの 日本国内では、不動産や証券への投機熱でが起き、を受けてが始まった。 昭和から平成にされた(平成元年)にはした。 では次々とが起こって政権が次々と倒され、ではが起きた。 で米ソ首脳が終結を宣言して、後に44年間も続いた冷戦は終結した。 (平成2年)にはが勃発し、を批判された日本は初のを行うこととなった。 翌年の(平成3年)には冷戦の盟主国の一角であったが崩壊して、日本ではが崩壊した。 の勃発・・によりとが世界を席巻した。 の時代が到来した。 また、経済成長期にと企業が築いた・・の主流社会()が崩壊して、内需縮小とが始まる。 日本の社会はと呼ばれた不況の時代が続き、団塊ジュニア世代の学生はに見舞われた。 日本の政治は政界再編による新党の結成が活発化してとなり、が崩壊して冷戦時代に敵対した既成政党のとがを樹立した。 (平成7年)は「戦後50周年」の節目として首相によるがあり、にはが発生、にはによるが発生して1999年へのやなどの不安が叫ばれるようになり、戦後体制の崩壊と勢力の台頭が加速し、を後ろ盾とするとのが始まった。 アメリカ同時多発テロから世界金融危機前 [ ] (平成13年)から(平成19年)まで。 最上段:旅客機の衝突で炎上するワールドトレードセンター 2段目左:ペンタゴンに突入した痕跡 2段目右:2機目の旅客機が激突し爆発炎上するワールドトレードセンター 3段目左:崩壊後のワールドトレードセンターと生存者の救出活動を行う消防士 3段目右:ユナイテッド航空93便の残骸 最下段:ペンタゴンに突入する瞬間を捉えた映像の となった(平成13年)にがを起こして、とが吹き荒れた時代となった。 アメリカ一極体制の下に(・・)への強硬外交を推進し、やなど対テロ戦争を主導した。 資源価格の高騰により、などの資源国や Brazil ・ Russia ・ India ・ China ・ South Africa の諸国が台頭した。 日本では、がを行い、と称して政治や経済のを一層強めた。 輸出産業の好転によって一時的に経済状況が好転し、を迎え、戦後最長の好況期を迎えた。 や外需関連業種を除いて回復の実感はないともされ、「実感なき」と言われた。 一方、中国のにより、日本の最大貿易相手国がアメリカから中国に変わった。 1990年代には、や性解放など性に関する事象も欧米化が進んだ。 以降、の急速な普及もあり、・などを除く多くのが、元号よりもを主に使用することが多くなった。 民間でも神社や相撲といった伝統などを重んじる業界を除き、平時は西暦を使用するように変化した。 世界金融危機から東日本大震災後の復興期(主に平成20年代) [ ] (平成19年)から(平成31年)まで。 アメリカのを引き金にの再来と呼ばれるが勃発した。 世界では、・・などが起きた。 世界中で急激な信用収縮が発生し、の大量引受でアメリカの財政を買い支え 、にアメリカ・ロシア・日本などの指導者を集めて世界に影響力を誇示した中国が大規模な景気刺激策を断行して世界の(GDP)を牽引し 、日本のGDPを超えた。 中国とロシアはなどで影響力が低下したアメリカと度々対峙するようになってとも評された。 (平成23年)初頭にはではによる反政府デモが起こり、やで長期政権が崩壊し、は状態となり、その隣国でイラク戦争後に混乱が続いていたイラクを跨いでテロ組織のがの建設を掲げて世界各国に宣戦布告した。 日本では平成20年代からに入り、が再来してなど非正規雇用者のが相次いだ。 の新卒者が就職する時代となり、企業で平成生まれの若者が昭和戦後世代の大学生と仕事能力で比較された。 が問題となり、自公政権での的な経済政策への批判もあり、政界では、(平成20年)頃から日本のが成立した(日本においては〈平成21年〉から)。 この間、鳩山、菅、野田内閣とは短期間で目まぐるしく交代し、が発生した。 この地震に起因するおよびが発生し、沿岸自治体でによる居住地や職場の喪失、によりのの一部から被災地域の多くの人が移住を余儀なくされ、また、地震と原発事故に伴い全国各地の原子力発電所が停止して電力不足が懸念され、からが余儀なくされた。 さらにロシアとの、中国・とのやとのなどのや運動が激化し、 戦後最大の国難と称された。 (平成24年)12月に政権交代が起き、再び自公政権が誕生した。 はを掲げ、政策の一環としてデフレ脱却のための、による減災・防災の推進、対策としての減税、、全国民に12桁の番号を割り振るマイナンバー()制度の導入、女性の雇用促進、改革の推進、の受け入れ拡大、への交渉参加などの政策が推進された。 政治史 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2011年10月) 内閣 [ ] 参照 政党 [ ] 末期(平成元年から〜平成5年まで)の時期に結成された新党• ・・のの連合の会(と改称した)・・・・ 55年体制が崩壊した後のの中盤から1990年代の後期(平成6年から〜平成11年まで)の時期に結成された新党• ・・・・公明新党・公明・・グループ青雲・民主の風・民主新党クラブ・・・・・・・・・・・・・・・黎明クラブ・・・・・・ (平成12年から〜平成21年まで)の時期に結成された新党• ・・・・・(初代新党大地)・・・・・ (平成22年〜平成31年)の時期に結成された新党• ・・・・・・・・・・・・・・(2代目新党大地)・・・・・・・・・・・ 2代目日本維新の会 ・・・・・・ 平成政党史(平成期の新党の特徴) [ ] 平成期に昭和戦後期の労組系政党のと(55年体制下の既成政党)と都市型革新市民政党のが1990年代に解党して、昭和戦後期の労働者政党が消滅した。 一方で、新党が相次いで結成された(新進党・民主党・民進党などのの一つから、一時的に結成されたまで)などの国政政党や新しいややの結成があった。 また平成20年代から(平成31年)になる時期のに昭和期の制度の時代から同一政党として存在する国政政党は組織力と支持基盤がある自由民主党・公明党・日本共産党のみとなった。 新しい政党も短命になった例が多く、政党間の合併や政党の分裂が相次いだ。 55年体制期 [ ] 自由民主党の敗北と日本社会党の躍進 [ ]• (平成元年)に、7月ので自民党は過半数割れの大敗をした。 社会党が一人勝ちをしては与野党が逆転した。 以下の点が自民党の敗因として挙げられる。 による成立による導入でを公約に掲げる日本社会党が消費税の是非を争点としたこと。 による自民党金権汚職事件に対して国民世論が反発したこと。 からの圧力でやのの輸入自由化がされたことによって、農民層が自民党を離れをした農民の反乱現象があったこと。 首相の女性スキャンダルによって女性有権者の反発があったこと。 委員長の女性政策によってが起き女性議員が倍増した。 以後平成期は国会でも地方議会でも女性議員が増加している。 社会党は(平成2年)のでも勝利したが、自民党も安定多数で勝利したことで政権獲得に失敗する。 小沢一郎と政治改革 [ ] 平成を通して日本政治のキーパーソンであり続けた小沢一郎 幹事長の下自民党政権が(とを中心とする竹下派)の支配で政界が安定する。 自民党の最大派閥であった竹下派は、(平成4年)に経世会の会長のがで逮捕されたことをきっかけに小渕派と小沢一郎を中心とするに分裂した。 小沢は衆議院議員選挙制度の小選挙区への変更をする利点として以下の点を、自身の著書で政治改革論議として強調をした。 自由民主党候補の同士討ちやサービス合戦廃止をすることで派閥を解消する。 による政権交代可能な選挙制度にする。 金が掛からない選挙にする。 型選挙から政策重視の選挙に変更する。 人物重視の候補者本位から政党本位にして政権選択選挙を目指すことと、党首の人気が重視されることと、政党のマニフェストが重視される選挙制度を提起する。 本気で政権を獲得する気がない万年野党であった日本社会党が小選挙区で勝利しにくくなることで左翼勢力を壊滅させて、政党間の離合集散による合併を推進して、新たに政権を獲得する強い力がある野党を結成する。 新党ブーム [ ] 首相が出演した番組の「総理が語る」の発言がきっかけとなったに賛成してに追い込んだ小沢一郎は自民党を離党してを旗揚げした。 また別の政治改革グループの「」がを旗揚げした。 (平成5年)ので・・が躍進して新党ブームが起きた。 連立政権の時代 [ ] (平成5年)に(・・・・・・・)の7党1会派が連立したが成立した。 非自民連立政権の成立により、自民党は一時野党に転落しては崩壊するも、(平成6年)には自民党は社会党との村山連立政権で早くも政権に復帰して、その後は公明党との連立で政権を維持した。 政権与党 [ ] 政権与党は、以下の変遷である。 による単独政権• (・・・・・・・)• 村山内閣時代の自由民主党・日本社会党・新党さきがけによる• 橋本内閣時代の自由民主党・の閣内から第41回衆議院議員総選挙後はとなった日本社会党から党名変更した・さきがけに改称したによる自社さ連立政権• 自由民主党単独政権• 自由民主党・による自自連立政権• 自由民主党・自由党・による自自公連立政権• 自由民主党・公明党・による自公保連立政権• 自由民主党・公明党・による自公保連立政権• 自由民主党・公明党による政権• ・・による• 民主党・国民新党による• 自由民主党・公明党による自公連立政権と移り変わり、自民党の単独政権から連立政権の時代となった。 政治体制 [ ]• 日本社会党がやの堅持をするなど基本政策を転換して、左翼支持層を失い、代わりにが票を吸収するようになり一時勢力を伸ばした。 社会民主党とさきがけが結集した鳩山由紀夫と菅直人による(ゆ党)民主党の結成と新進党の解体の時期である。 新進党と民主党の結成 [ ] 結党で、55年体制時代に野党第1党で、これまで第2党であった日本社会党は第3党となった。 時代で最後のになる(1995年〔平成7年〕)で敗北した。 その後、前委員長や新派閥「デモクラッツ」のなどによって第3極を目指す日本社会党・新党さきがけ連合の新党結成の動きがあり、執行部は新党結成とイメージチェンジのためにに党名変更した。 しかし、・勢力に属しないを目指すが結成されて、さらに発展したとしてを理念とする・によってが結党された。 日本社会党は民主党入党組と社会民主党残留組に分裂した。 その後の(1996年〔平成8年〕)で敗北したことで、旧社会党の議席数は議席数を後退させた。 (平成6年)6月に、自由民主党・日本社会党・新党さきがけによる村山富市内閣が発足したことで下野した非自民・非共産勢力が、1人しか候補者が樹立できない小選挙区制度となった第41回衆議院議員総選挙で勝利するために新・新党を結成することとなり新生党・公明党の一部(公明党が解散して地方組織の公明と公明新党に分党して国会議員による公明新党のみが新進党に合流)・民社党・日本新党・自由改革連合(高志会・改革の会・新党みらい・柿沢自由党が合併した政党)が合併して、巨大新党で日本社会党に代わる第2政党である野党の新進党が結成されて、自由民主党対新進党のが成立した。 日本社会党とさきがけ勢力が結集した第三極()と呼ばれた民主党成立後にが小沢自由党・新党友愛・新党平和・国民の声・黎明クラブ・改革クラブに分割されて解体する。 (平成10年)からは自民党とによるが成立した。 自由民主党と民主党による2大政党制の時代 [ ] (平成17年)はのによる選挙で大勝して絶対多数の議席を獲得したが、後継のは(平成19年)ので民主党に大敗して、は与野党逆転をしての構図が生じていた。 (平成21年)には、で民主党が大勝して自由民主党が野党に転落して、のが誕生してが起きた。 (平成22年)から、社民党が連立離脱し、が誕生した。 (平成24年)1月、が推進する増税・参加・建設再開・容認などの政策に対し、民主党が主張したマニフェスト(政権公約)に違反するものとして反発した議員が民主党を離党して、とを結成した。 3月には国民新党代表が民国連立政権からの離脱を主張して、政権残留派と無所属となった離脱派に国民新党が分裂した。 7月には、民主党のを中心とするの議員の中から、消費税増税法案の衆議院での採決において反対投票を行った衆議院議員の一部と同調した参議院議員が離党を表明。 衆議院と参議院に新会派「国民の生活が第一・無所属の歩」(後の「国民の生活が第一」)と新党のをそれぞれ結成した。 で消費税増税法案(消費税関連法案)が3党合意(民主党・自由民主党・公明党)与野党の多数で可決された。 第1極の与党(民主党・国民新党)と第2極の野党(自由民主党・公明党・社会民主党・日本共産党)以外の第3極による構想が浮上した。 国民新党を離党した参議院議員と民主党から3人の女性参議院議員が離党して新会派の「」を結成したことで、民主党・は自由民主党・たちあがれ日本・と並ぶの第2会派に近い少数会派となった。 平成24年度の時点ではと中政党とが複数あり、がとであり、 が(自民党)・・・(共産党)・・(社民党)・・・・・・ ・であり、(平成24年)のの解散時点で史上最多の15個の政党が乱立した。 第46回衆議院議員総選挙での自由民主党・公明党が勝利して政権を奪還し、は復活した。 与党勢力(主に自民党)が強く、複数の野党勢力が弱い一強多弱状態の政界構図が誕生して 、(平成25年)のからが解禁された。 (平成28年)7月のから野党4党が選挙協力をして民進党候補などを1人区で日本共産党が支援するが実施された。 政治思想・法制度改革 [ ]• 平成期は様々な政治改革や法制度改革が行われた。 改革として以下の改革がされた。 の導入• の度が改定されての導入と、(平成28年)からのとをに、とをにするそれぞれ合区してを創設することを実施。 として以下の改革がされた。 の改正• 制度の創設• の制定と導入• 地方自治制度改革として以下の改革がされた。 の制定• として以下の改革が実施された。 の実施• 改革の実施• 改革として以下の改革がされた。 制度の導入• の設置• の導入• の改正• 対策としてによるの制定や、(平成4年)施行のが制定されて、(平成27年)にから分離したとの暴力団同士のが激化する。 対策として(平成11年)施行のが制定された。 として携帯電話を使用しながらの運転規制やの着用義務の強化やの着用の義務が強化された。 高齢ドライバーの急増で事故防止のために、もみじマーク・シルバーマーク・高齢者マーク・枯れ葉マークので呼ばれていたの創設ややの取り締まり強化を目的とする「」の制定が行われた。 など国家の情報管理が行われて、正反対の考え方としてから「」の制定がされて、の思想から「」が制定された。 18歳以上のを認めたの改正を是非を問うが制定された。 (平成27年)にが改正されて年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げられた。 (年齢)と(年齢)を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げることが検討された。 日本国内やを中心とする日本国外での問題ややからの日本国内の企業やに対する攻撃が問題となった。 が重視されてに違反するが問題となった。 (平成12年)にが成立して、(平成16年)にが成立して、(平成20年)からにおけるが導入された。 が存在し、近代的な思想から諸国でが廃止されている現状から、で死刑執行の署名をしない政治家がいるなどがへの厳罰化との議論で注目された。 のやによる捜査(取り調べの)やの保護や差別を訴える民主党によるが構想された。 を巡ってが行われて、民主党などがを推進している。 (平成9年)に、が廃止されて、が成立する。 (平成20年)にをと認可する国会決議が衆参両院で全会一致で可決される。 企業改革として(平成9年)にが改正されてが解禁された。 (平成17年)に 新が成立した。 (平成19年)に 新会社法の一部として制度が施行された。 公社の民営化を推進して(平成15年)にが廃止されてが成立した。 (平成17年)にが解散して分割民営化がされた。 建物の構造を変える都市改革として(平成10年)にが改正された。 雇用改革として(平成11年)にが改正されて、が自由化された。 (平成16年)に労働者派遣法が改正された(製造業への派遣を解禁する)。 の大幅改正がされて、(平成8年)にがとなり、(平成19年)に先帝にあたるの誕生日でもあるの「」が「」となる。 (平成28年)からが「」としてになる法律が施行される。 ・・を合わせた3連休にして、国民に余暇を過ごしてもらう目的で・・・を月曜日に移動してとする「」が導入された。 (平成22年)にによって「日本各地を分割して地域毎に休日を分散する祝日法改正案」が検討された。 平成期になりブームで若年男性のが低下傾向にあり、などのやが執行された。 平成20年代(2008~2017年)になって、によるの急増から、がの観点から自転車のマナー違反の検挙をするなどの自転車運転の取締を強化する。 自公連立の保守政権によって以下の政策を推進する改革が断行された。 の推進• の整備• の成立• 行使の容認• (平成4年)のを最初とする• 小泉内閣時代に成立したによる• の法制化• の改正• を中心とする改正の検討()• の平和利用目的を条件とする緩和• の改正で安全保障目的の活用を許可する項目の追加• の導入• の制定• (日本版)の創設• の整備(の限定的な行使容認を含む関連法の成立)• 改正によるの実施• の要件に「テロ等準備罪」を制定する。 の制定による労働法の改正• の改正による外国人労働者の受け入れ拡大• の改正による水道事業の管理・運営等の民営化• への「」の傾向が強いとされた政策への抵抗感が弱まり、など革新勢力は弱小していった。 は政党としては例外的に後もの中でも国政で勢力を維持し、には日本社会党が与党として基本政策を転換したことを批判する支持層からの革新票を吸収して躍進した。 しかし、(平成12年)以降は野党票が民主党に流れるようになり、小選挙区制度が機能して自由民主党VS民主党による平成日本の政治におけるが進行した。 日本共産党は比例区を中心に得票を減少して長期低落傾向に陥っている。 (平成13年)以降の政権()および政権では、の廃止との議論が開始された。 相次ぐ、選挙結果を無視する国会議員独自の政界再編と政治家のスキャンダルもあり国民の 政治不信を呼んだ。 そのため、特定の支持政党を持たないが既存政党への支持者を大きく上回っている。 (平成15年)から法改正されてが開始されて、(平成15年)のからが改正されて、民主党が先駆けて選挙を行った。 (平成21年)のでは自民党に対する逆風から民主党へ無党派の浮動票が流れて、民主党は安定過半数の300議席を持つ第1党となった。 自由民主党は110議席代となり初めて衆議院の第1党から転落した。 からの組織票があるを除く中小政党は後退傾向となり、2大政党化が進行した。 特定の支持政党を有さない無党派層が政権を左右する風潮が以降顕著になり、やの()やによるが盛んになり、与野党攻防の劇場化現象や政治家の発言のワンフレーズ化と言われる風潮が生まれた。 (平成21年)に誕生した民主党政権で最初のは、日米同盟を主軸とした外交政策は維持するものの、「対等な日米関係」を重視する外交への転換を標榜したが、をめぐる鳩山由紀夫首相の見解が一貫せず、新しい外交政策の軸足が定まらず混乱、に党代表兼首相が移って、では従前の外交路線に回帰した。 また新自由主義政策からの転換も図られ、脱官僚や政治主導が再び叫ばれたが、民主党政権はや菅内閣では閣内の見解の不一致をたびたび露呈し、鳩山由紀夫首相や菅直人首相の発言も二転三転する有り様で、官僚に対し改革の主導権を握ることができなかった。 民主党は政権公約のでやを掲げ、鳩山内閣や菅内閣で実施することを試みたが失敗して、(平成23年)にに政権が託されが発足するまでにからの政策転換を余儀なくされた。 (平成22年)頃から、地方から政治を変えていこうとする流れが起きており、やなどの地方政党が徐々に勢力を強めている。 やを廃止してを導入する議論が提案された。 (平成24年)頃には、第46回衆議院議員総選挙の候補者育成のための政治スクールとして、大阪維新の会が開設した。 大村秀章愛知県知事が開設した。 減税日本の河村たかし名古屋市長個人のが開設された。 税制改革 [ ]• (平成24年)からやなどのへのを強化する地球温暖化対策税(や)が導入された。 政治家 [ ] 国会議員 [ ] のにが設置されて、が成立した。 (平成12年)のにより、官邸主導が強まった。 2001年(平成13年)から2006年(平成18年)にかけての小泉政権下ではの年金問題が表面化して、官僚による無駄使いや批判がされ脱官僚の声が強まり、政権主導の改革を推進した。 (平成12年)ので最後の明治生まれのとが議員引退して明治生まれが全て引退して、(平成21年)ので、が落選して大正生まれ()の議員がいなくなり全議員が昭和生まれとなった。 は竹下派七奉行や四天王と呼ばれた政治家が活躍した。 20世紀の間は大正生まれから、生まれ・昭和10年代生まれの政治家に世代交代をする移行期であり、大正生まれ(・・・・・など)から昭和一桁生まれ(・・など)・昭和10年代生まれ(・・・・など)までの政治家がの政界を主導したが、 や を中心にに入るとこれらの政治家の多くが死去したり引退した。 ではでの争いが弱体化したがの座を巡って、と呼ばれた政治家が活躍して、・・(・・)・・(・・・)などと呼ばれた政治家が注目された。 になると、昭和10年代生まれ(・・・・・など)・昭和20年代生まれ(・・・など)が主導権握り、になると、昭和30年代生まれ(・など)の政治家が主導権を握り始めた。 与野党で戦後生まれの党首が誕生して、国会議員は期の(昭和20年)以前に誕生した戦前生まれ・戦中生まれの政治家より、団塊の世代などの後に誕生した戦後生まれの政治家の方が多数となった。 新党ブームがあったには、生まれ(・)が、小泉チルドレン・小沢ガールズなどが注目されるようになった2000年代には、生まれ(・世代)が国会議員となった。 には生まれが国会議員となった。 までは、高学歴・実業家・世襲議員などのエリート階層や労組出身の国会議員が一般的であったが、に入り、を経験した世代が台頭するにつれ、(元)から転身した・など一般的な若者のと共通点のある政治家も登場した。 平成初のとなった(平成元年)のでが吹き日本社会党を中心に女性候補が大量当選して以来、(平成21年)のの結果では女性議員が54人となり割合が11. に選挙制度が変わりとの二大政党は、やなどのサラリーマン化した議員を輩出して、時代のような型政治家や出身者は激減した。 首長 [ ] 地方では、2000年(平成12年)にが大阪府知事となり、日本初の女性知事が誕生した。 大臣・中央省庁 [ ] (平成8年)に制度が導入された。 (平成11年)にが成立した。 (平成13年)ににおける制度およびが廃止されて、とが新たに設置された。 ・・・・・・・・・・・など制度が創設された。 ・・・・・・・・・・・など制度が創設された。 によってが創設された。 の教訓やへの対応からが設置された。 対策の必要から原発担当大臣が設置されて、原子力安全庁()の設置計画が閣議決定された。 (平成23年)にが成立して、(平成24年)2月にが施行されて、が設置された。 同時に内閣の定員である担当大臣枠を1人増加させる法案が可決された。 急速に進んだとしてとが創設された。 を管轄する・を管轄する・沖縄振興と北方対策を管轄するが創設された。 を管轄するが設置された。 のトップであるが創設された。 (平成27年)に、東京オリンピック対策とスポーツ振興のためが、調達のためがそれぞれ設置された。 一時的に・・・食品安全担当大臣・・個人情報保護担当大臣・産業再生機構担当大臣・食育担当大臣・・再チャレンジ担当大臣・イノベーション担当大臣・・などが設置された。 政権に入ってからは・・・・・・福島原発事故再生総括担当大臣が設置された。 第2次安倍内閣で担当大臣・教育再生担当大臣・、でや担当大臣を設置、で一億総活躍担当大臣を設置、第3次安倍第2次改造内閣で働き方改革担当大臣を設置。 でが女性初のとなり、でが女性初の、でが女性初の、でが女性初の、で、とが、それぞれ女性初の、となった。 女性大臣はの男性のみ女性無しから、、第2次安倍改造内閣女性大臣5人を最多に女性が平均1人から2人の割合で入閣するのが当たり前となった。 (平成5年)に日本社会党出身のが女性初の(第68代)となり、(平成16年)に自由民主党出身のが女性初の(第26代)となる。 政権ではが設置されて、によるが実施された。 (平成23年)のでは政策仕分けが実施される。 2010年(平成22年)にをトップとするののが廃止されて日本年金機構となる。 の徴収・課税をすると、となどの運営業務をするを統合して、新たに歳入庁を設置する構想も浮上した。 (平成18年)に内閣官房内に「電子政府推進管理室 GPMO 」を設置した。 さらに(平成24年)には政府情報化統括責任者(政府)を設置して、各省庁の情報システム刷新に関する指揮やマイナンバー制度(「」参照)に伴うシステム調達の監査、各省庁の調整を担当することが決まった。 地方自治体 [ ]• 地方では、ユニークな「」が登場して、再建や対策などに辣腕を振るうようになった。 (平成11年)から〜(平成18年)頃に、の政策でによるが行われては大幅に削減されて多くのが消滅した。 が再び加速して地方経済の衰退が顕著になった。 これに伴いに転落した自治体やに至った地域が現れ問題になっている。 (平成元年度)にはによるが実施された。 (平成20年度)以降には制度が導入された。 の改正で制度が緩和されて以下の地方自治制度が整備される。 制度 平成の間に10都市から20都市に倍増した。 制度 (平成8年)新設。 制度 (平成12年)新設。 (平成27年)に廃止され、制度としては中核市に統合。 の議論が盛んになった。 のが提唱するやが立案された。 とを統合するが立案された。 の実現を理念とするとを統合するやが立案された。 とを統合するが立案された。 が立案された。 皇族の一部を京都に迎えるが立案された。 地域政党 [ ]• 新しい地域政党として結成されたのは以下である。 (大阪府知事が設立)• (愛知県知事が設立)• (愛知県知事が設立)• (が設立)• (議会議員が設立)• (長が設立)• (長が設立)• (長が設立)• (議会議員が代表を務める)• (石川勝前議会議員が設立)• (議会議員らが設立)• (議会議員らが設立)• (議会議員らが設立)• (議会議員が設立)など次々とが設立された。 経済史 [ ] 「」および「」も参照 バブル崩壊と平成不況 [ ]• (平成元年)にが最高値をつけた後、による金融引き締めへの転換と、金融に対するによる政府の地価上昇に対する抑制政策によってが崩壊した。 この頃からののが存在を主張したジュグラー波と呼ばれる企業の設備投資に起因する景気循環に当たる景気後退期の((平成3年)〜(平成14年)の期間内のと経済停滞)が始まった。 さらにの経済学者のが唱えたクズネッツ波と呼ばれる建設需要と人口の変化に起因する 約20年の周期のの後退期に当たる((平成3年)から〜(平成24年)の期間内ののストップ)が始まり、平成初期は日米間のからがあり、アメリカ合衆国からやなどの対日圧力があった。 その後の、(平成7年)から(平成8年)の期間内にいったんは経済成長率が回復した。 企業の設備投資は抑制されて、雇用不安の高まりで個人消費は低迷した。 バブルの崩壊で巨額のを生み出した。 の経営破綻によるでが発生して、コール市場への資金供給は縮小した。 その後、企業や経済のシステムは、アメリカを背景に根こそぎアメリカ型に変わり、のアメリカを襲った整理解雇が、 や という雇用者による労働者の解雇を正当化した名前が普及して、以降の日本でも増加した。 企業は投機の含み損によりを抱え、の問題が発生した。 などを抱える、金融機関や銀行はに走り、(住専国会)で対策が審議されて、対策としての実施や金融機能早期健全化法・が(金融国会)で制定されたことによって破綻した銀行が(一時国有化)となった。 新卒者はに、中高年は整理解雇ブームに襲われた。 企業の倒産として(平成12年)にグループがの適用を申請して、(平成22年)にはがの適用を申請するなどの・・企業間の再編・海外の企業によるが相次ぎ、(平成9年)に・が廃業した。 翌年の(平成10年)にはが破綻して経済的理由からの自殺が激増した。 加えて、この頃から金融機関の含み損が再び表面化して、多額の不良債権を抱えた企業の経営破綻が相次いだ。 この反省から(平成10年)に発足したでは積極財政・景気対策路線が採られて、(平成11年)には、の導入とという名称の商品券が配られた。 やによるによって財政赤字が増大したが、経済は本格的な回復路線に乗ることはなかった。 小泉構造改革と景気回復 [ ] (平成13年)に首相に就任したによって「」が推進された。 小泉内閣は民間人による制度の導入、整腸剤やビタミン剤の薬局以外の販売の認可、 株式会社の1円からの設立可能などの規制緩和を実施した。 また『官から民へ』をスローガンにして、・・の民営化を実施した。 はなどの公共サービスの民営化・電気産業・通信産業・運輸業などの参入規制改革を政策目標としていた。 民間金融機関に係る行政は、伝統的に(現在の)が担ってきたが、民間金融機関等の検査・監督を分離して(平成13年)にの外局として発足したによってが実施されて、銀行の不良債権処理が進んで金融機関は健全化した。 は政策から政策に転換して、は三大に統合された。 が進行した経済対策からを受賞したのが提唱したの導入が検討された。 長く緩やかな景気回復((平成14年)2月から(平成20年)2月まで)が続いたが、この景気拡大は専ら外需主導であり、公共投資の縮小および企業の人件費抑制に伴う労働分配率低下により、内需と個人消費は冷え切ったままであった。 新興国の経済発展に伴い、産業を含む製造業の復権が起こった。 一方で、新しい産業としてはによってが発達して、によってが成長して、高齢者の死亡者数の増加で(葬儀ビジネス)が成長して、の増大で業が成長した。 後半に入ると、と呼ばれる富裕層が話題を振り撒いた。 富裕層増加の一方での増大(15歳 - 19歳は約7割が非正規雇用)や、フルタイムで働いても貧困から脱却できないの存在が表面化して、日本共産党の支持層に多いのの読者が急増して、「」の到来が叫ばれるようになった。 (平成21年)の日本政府の発表では、(平成18年)の時点では15. (平成20年)に入ると、景気は再び後退し始め、資源価格上昇の中で景気後退が続くの進行が憂慮された。 経済構造の変化と日本社会の変化 [ ] にによるが消滅するがあり、となどが毎年下落し続けた。 (平成17年)以降は一部優良な土地の地価が上昇するようになった。 平成20年代になり、価格の高騰による運輸業の経営への圧迫やの問題が提起された。 (平成20年)にの外局として、を盛んにして観光地に外国人観光客を多数呼び込み、観光()立国を目指すためにが発足した。 関係では、の・・・・・競馬のが導入された。 金融関係ではが実施され、・・が普及した。 関係で顔面広告や絶対領域広告など人間広告が普及した。 やに張り付ける広告のが普及するなどが成長した。 平成20年代にのブログでのが問題となる。 小売業では、などのの隆盛が終息を迎え、・・・などの商品の値下げ競争が注目された。 こうした価格競争に取り残されたなどのが縮小した。 などの低価格で大量販売をするチェーンと、(平成12年)にが廃止されたことで大規模店舗の建設と出店が自由化されてイオンを代表とする郊外型スーパーが成長した。 の造語である大型店やなどが郊外に進出することで、地域の個性が失われてしまう現象の と 下流社会と呼ばれる所得が低い貧困層の上に、向上意欲も低い社会階層が誕生した。 (平成26年)にはと呼ばれる若者が注目された。 地方都市郊外にはが林立し、個人商店で構成されるを持つ、地方都市の中心市街地を荒廃させた(問題)。 地方ではが始まる中、鉄道やが相次いで廃止され、自家用車を自ら運転できない高齢者のや交通難民が社会問題となった。 一方、公共交通機関の発達した都市部の若者は生活必需品ではない自動車に興味を示さなくなり、をするようになった。 地方で大きな雇用を生み出していたは大幅なの削減で建設会社が減少して 、一部はや産業に転じる動きもみられた。 はのために生産縮小と海外への工場移転が続いた。 平成初期から2010年代までに進行した男性向きの・などの仕事が減少して、女性向きの福祉・サービス業・事務職などの仕事が増えた結果、労働力の中心だった男性の価値が相対的に低下するが話題になる。 1990年代後半よりが様々な業種で用いられるようになり、特に日本国内ではEdy(現・)、で採用されたによる非接触型ICカード方式の電子マネーが急速に普及し、流通系・交通系の各社が様々な電子マネーを提供するようになった。 これらの電子マネーの普及により、(平成23年)には硬貨が1枚も製造されなかった。 のに代わって、が普及する。 (平成18年)にを規制するのが施行される。 (平成23年)にとの契約台数がのの1億2805万人を超える国民の保有数が1億9805万台となり、人口比で契約数が101. 通常の携帯電話以外に通信機器専用のをもつ人や会社などの仕事用の携帯電話とプライベートの携帯電話で使い分ける「2台持ち」の人が増加したことも要因と分析されている。 に小泉改革による航空業界のを機に、、北海道国際航空(現・)などの新規航空会社の参入が相次いだ。 また、2010年代に入ると、サービスを簡素化することで低運賃を実現する LCC が増加し、国際線・国内線共に日本市場への参入が増加した。 (平成24年)頃からの不足からの価格が高騰した。 が青年期だったまでの生産年齢人口が増加する人口ボーナスによる高度経済成長から団塊の世代が60歳以上の高齢者となったには老人が急増して若者などの勤労者が減少する人口オーナスによるデフレ経済に移行した。 高齢者を狙うやが社会問題となる。 期にはの間でが流行り、小泉時代にはに住む富裕層()が注目を集めたが、その一方で2000年代以降には一般的な(・)・・などではなくで共同生活をする若者(男女)も急増した。 平成期になり鉄道の高速化に伴い、やを廃止するが増加した。 に系(・・・)から日本へのが急増した。 のOmiaiやPairsのリリースと共に、マッチングアプリを介して全く繋がりの無い他人と出会う方法も大きな広がりを見せ、人々のコミュニケーションは急速に多様化した。 (平成27年)頃からドローン()が普及し始めた。 世界同時不況 [ ] 2000年代は輸出産業である製造業が好調だったが、人手不足は(平成16年)にが改正されたことでにも派遣が認められてを含むを中心に不安定雇用労働者などで賄われた。 そのため、海外市場の減速が製造業を直撃したこととにより、(平成20年)秋頃から、派遣労働者の解雇や雇い止めをする「」が増加した。 が創設されるなどの貧困対策が取られたが、(平成21年)3月までに19万人が失職した。 職を失った派遣社員が大量に寮を追い出され、と化した。 アメリカのを引き金とする2008年(平成20年)末からのは、「100年に1度の不況」「第二次」などと呼ばれており、製造業以外の業種にも深刻な打撃を与えている。 (平成21年)にの緊急経済対策としての給付や・・制度・ふるさと雇用事業などの対策が採られたが本格的な回復路線に乗ることはなかった。 国際化と日本の企業問題 [ ]• (平成元年)にが改正され、などの日系の南米人が急増する。 後、働き口を失った南米人の多くは日本を去り、問題が深刻化した。 在日外国人の中では、が特に増加しており、長年在日外国人の最多数派だったを上回った。 国内市場が縮小していることから企業のグローバル化が推進され、、など社内の公用語を日本語から英語にする企業や、など半分以上を外国人採用枠とする大企業が現れた。 このため新卒者はに加え外国人留学生との競争に晒されることになり、深刻なに襲われている。 昭和時代の戦後期からの日本独特のによる昇進からに変更する企業が増加した。 企業内のがある会社を指す『』と言う言葉が誕生した。 健康問題として上司から部下への問題、女性社員へのセクハラ問題、社員のの増加など健康面や人間関係を要因とする退職の急増が問題となる。 またが急増して不況により、アジア諸国に職を求めて流出する人々も相次いだ。 平成20年代にはやで表面化した感情が高いの問題やが高騰したなどの問題があるからチャイナ・プラス・ワンの経営手法として、人口が多くてで経済発展をしている 3ヵ国と呼ばれる以下の国に進出する企業が増加した。 V()• I()• P()• さらに(平成24年)頃からが進行して、 CLMBと呼ばれるなどの企業が優遇されて人件費が安い以下の4ヵ国に進出する企業が増加した。 C()• L()• M()• B()• (平成22年)にはがあり、にが抜かれて、に次ぐ世界第2位のから世界第3位に転落した。 医薬品を製造する製薬会社で2010年代になり大型医薬品の特許が一斉に切れて、製薬会社の収益に損害を与えるが起きた。 (平成24年)に、が違反でを規制する方針を決定した。 にのなどを抜いて自動車生産台数世界一の企業にがなった。 (平成21年)〜(平成22年)に、によって問題が発生した。 やによる日本国内の土地買占めがなどの面で問題となる。 具体的に資本によるの土地買占めや中国資本によるの買占めなどがある。 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)後 [ ] (平成23年)には、と東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が起こり、さらにそれによってが起きた。 この影響により、株価が急落したり、製造ができなくなったり、作物の風評被害が起きたりと障害が起きている。 (平成23年)夏には、が発動される。 はの退陣と引き換えにのを成立させて・・・などのの活用を推進した。 金融広報中央委員会が(平成24年)に発表した(平成23年)の家計の金融行動に関する世論調査の結果では、一家の人数が2人以上の世帯で「貯蓄がない」と答えた世帯の割合が28. (平成24年)頃には、韓国企業のに価格や品質や人材力で敗北するようになり、にのにやにを建設するなど世界のと呼ばれたで好調だった・・など大手電機メーカーの売り上げが不振でとなり人員削減などの大規模なを実施した。 の鉄道復旧が進まず BRT がで導入された。 東日本大震災の影響で災害対策が注目されて、として保存が長く持つ がヒット商品となった。 アベノミクス(第2次安倍内閣) [ ] (平成24年)にが成立した。 アベノミクスはによるの増大と上昇などによって、を刺激し、社会全体に恩恵がもたらされるトリクルダウン効果を狙う政策であった。 で社会基盤が重大な損害を受けたことからを策定し、・のために、期に建設された道路の補修や改修などを推進する政策が実施されるようになった。 が復活してとが設置された。 (平成25年)に、からの観光客に対してビザを免除し、(平成26年)にはからの観光客のうち入りを所持する人についてもビザを免除するなど、客の誘致も積極的に推進され、(平成25年)は1036万人と初の訪日外国人旅行者数の1000万人超えを達成、(平成26年)は1341万人を記録し、前年の過去最高記録を更新した。 また、2014年(平成26年)の訪日旅行客が使った金額も過去最高となる2兆305億円を記録した。 映像・音楽などの日本のコンテンツを世界に伝え普及させたり、ファッションやアニメなどのコンテンツの海外市場の開拓のため、大型の商業施設の開発やなどを支援する「(クールジャパン機構)」を、(平成25年)に官民あわせて375億円の資金を集めて設立した ほか、でも海外展開を行う中小企業向けに従来優遇金利よりも低金利の融資制度を検討する など、日本の対外イメージ向上および、それによる関連コンテンツの輸出増加や観光客を誘致する政策を推進し、2013年(平成25年)の日本の放送コンテンツ海外輸出額は約138億円となり、2010年(平成22年)の約62億5000万円から倍増した。 の一環として(平成26年)に安倍内閣は、高度人材と認定されたがを取得するために必要な在留期間を3年に短縮、親や家事使用人の帯同も認められるようにする改正案を閣議決定した。 2010年代に猫ブームが起きて、犬の飼育数が減少する一方で猫の飼育数が増加して、(平成27年)頃にが流行語となった。 民主党政権時代の1ドル80円台の円高で平均株価が1万円以下だった経済状況から、1ドル120円台の円安で1万8000円台まで一時的には株価が回復したが、中国経済の成長の鈍化や世界的な原油価格の下落が起きて、(平成28年)にはを実施した。 平成末期の平成30年頃からの若者による悪ふざけのネット上への投稿行為があり、が問題になる。 国際経済問題 [ ] 平成期は人件費の抑制と円高の進行で製造業の海外移転が相次ぎ、が進んだ。 期のあたりは、貿易摩擦を解消するために海外へ移転する製造業が増加した。 バブル崩壊後の中頃になると、が生じ、海外へ移転する製造業が増加した。 に入ると、人件費削減のため、や開発途上国(など)へ製造工場を移転することが多くなった。 に入ると、再び円高が生じ、海外への移転が増加した。 (平成23年)にがあり内の工業団地に多数の工場を進出させていた日系企業が被災してなどの工場が操業停止となる。 に入り日本の国内で発生した内政問題やとの間で、日本がの輸入禁止措置や検査強化をしたことに対する日米外交問題や国際問題としてが発生した。 東日本大震災や急激なの進行でやなどの輸出が不振となり、福島第一原子力発電所事故の影響で日本国内のが相次いで点検や安全性の確保のために発電を停止して、所での発電の増加で海外からの燃料の輸入額が大きく増加したのが原因で(平成23年)の日本の貿易収支は赤字に転じて、(昭和55年)の第2次以降では、31年ぶりになる国へ転落した。 とはの交渉をする議論を開始した。 株式市場 [ ]• とが統合してとなり、(平成25年)ににを変更する。 (平成26年度)に(愛称NISA)が導入される。 円高 [ ] ドル-円相場 平成初期の円は、1ドル120円から160円であったが、1990年代中頃から円高が進行して、1ドル100円を突破した。 その後、円高は治まり、1ドルが100円を突破することは少なくなったが、(平成20年)以降、急激に円高が進行して、1ドル100円を突破、(平成23年)頃からは、1ドル80円を超える状態が続き、一時1ドル75円台となり、円高記録を更新した。 (平成25年)〜2015年(平成27年)頃までのアベノミクスの時期は円安政策で1ドル120円台まで円安が進んだ。 ユーロ-円相場 (平成12年)頃は190円から110円であったが、その後円安になり中頃には1ユーロ160円台になった。 (平成20年)に急速な円高が生じて、1ユーロ130円前後になり、その後、などでさらに円高となり、1ユーロ110円台となった。 人民元-円相場 平成初期は、1元30円程度であったが、前半にかけて急速に円高が進行して、1元10円前後となった。 その後、は、固定相場制や通貨バスケット制によって相場は安定して、1元14円あたりを前後している。 実効為替レート「(平成17年)を100円とした時 数値が高いほど円高」 (平成2年)頃は、90円台であったが、その後円高が進行して、(平成5年)頃から130円を超えるようになった。 (平成7年)には一時150円を超えたが、その後となり、100円台にまで下がった。 (平成12年)前後から120円台へ円高となったものの、その後は円安となり、80円台にまで下がった。 (平成20年)には急激な円高となり、100円前後まで上がった。 その後はアベノミクスよる政策があり1ドル100円前後の相場で安定している。 教育史 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2011年10月) 教育制度改革 [ ]• 昭和末期から平成初期に偏差値重視の教育制度の改革が進められ、の提言で文部科学省はを導入し、その考えが基となる学習指導要領が(平成元年)に改訂、(平成4年度)から施行された。 その後、の提言での育成という目的が導入され、その目標に基づく学習指導要領が(平成10年)に改訂、(平成14年度)から正式に施行された。 この指導要領によってを設置、授業時間数の削減、教育内容の減少となった。 しかし、の順位が落ちたことから、学力低下を引き起こしていると批判を受け、の育成という目標は堅持しつつも、授業時間の増加、教育内容の増加が盛り込まれた学習指導要領が(平成20年)に改訂、(平成23年度)以降から正式に施行された。 文部科学省が教育改革として、新設された高校として、中高連携教育や特色ある学校を認可するなどの教育改革を実施して、以下の学校が創設された。 総合制高校の新設。 高校の新設。 国際高校の新設。 でをするタイプの高校の新設。 併設型中等教育学校タイプの高校の新設。 連携型中等一貫校タイプのの新設。 の新設。 生きる力を重視している文部科学省は以上の新しい高等学校を設置した。 生活力の育成や学校独自の教育を推進するために、文部科学省が設置した新設教科として、以下がある。 中学高校課程のの新設。 小学校低学年のの新設。 小中高教育でのの創設。 の創設。 以下の新しい教科を新設した。 国際化や男女平等を推進する教育改革として、文部科学省は以下の教科を必修教科として必修化した。 小学校での外国語活動としてをとして必修化した。 高校でのを必修教科として必修化した。 を目指す政策として中学・高校でのの男子必修化が行われた。 も男女が混ざったものに変わった。 アメリカの自由教育思想や大正時代の自由教育の思想の影響で職業体験の重視や天才的な頭脳を持つ高校生の大学進学を早期にするための教育の規制緩和として、以下の活動と制度を導入した。 社会奉仕体験活動の導入。 大学のの導入。 の導入。 民主党政権下の教育制度改革の計画として、優秀な高校生を早期に大学進学をさせて専門分野を専攻できるようにすることで、国際社会で活躍できる人材の育成を狙うは(平成24年)に、高等学校を2年間で卒業して大学に入学できる制度を創設する方針を決定して、主導でが取り組んでいた。 学力問題 [ ] 1990年代からが懸念され、(平成11年)には「分数ができない大学生」が出版された。 さらに(平成15年)の PISA や TIMSS 、(平成18年)のPISAでは学力低下が顕著となった。 その後、(平成15年)には教育内容の上限規定が撤廃された。 (平成19年)には全員参加方式のテストが復活して、さらに脱ゆとりへと路線が変更され、(平成20年)には指導要領が改正、移行措置として一部が(平成21年)から実施、小学校では全面的に(平成23年度)から実施されることとなった。 2007年(平成19年)のTIMSSでは、学力低下が止まり、2009年(平成21年)のPISAでは、学力が回復した。 (平成25年)の OECD の国際成人力の調査でが第1位になる。 学校制度改革 [ ] (平成15年)にが制定されて、がとなった。 教員の相次ぐ性犯罪や、偏った思想に基づいた教育や言動などが問題となり、教員の資質向上のための教育改革として実施された制度がの創設であり、それと検討されたのはである。 これに伴って日本の教育問題として、親の学歴・収入・家柄・職業などのと都道府県別や市町村別のを背景とした能力格差の拡大が表面化している。 この原因は公教育機能が低下しているためと言われ、公教育への不信感が増大している。 それを補うため、東京都を中心にの導入や公立学校以外のやへ進学希望者が増加している。 私立学校と教育を重視する地域などの一部学校や、の方針で教育予算が増加されて低学年で実施されたのが、やを目的に「35人学級」や「30人学級」で、きめ細かい指導を導入するがされた。 平成期にが全廃されてなどのの規制を撤廃してを認可したりのみからを認可しての自由化をするなどが改正される学校が増加した。 とが期間に一体化して連携教育を行う「」が広がったことから、でが提言した構想で、小中連携教育を推進するために6歳〜15歳までの9年間の小中一貫の「(仮称)」の新設が議論された。 高校ので「」を必修化するが検討された。 教育行政と新設教科 [ ] 2001年(平成13年)のによりを改組して、を吸収合併して廃止する形式で文部省と科学技術庁が統合されて、が設置される。 (平成15年度)からが新設されて、高等学校のとなる。 (平成23年度)から小学校で、外国語活動の時間が設けられて、(平成24年度)から中等教育で、安全性の問題が議論されている科(科・科・科)の3種目と指導方法の向上が必要である科(創作ダンス・・現代的なリズムのダンス)が導入されて、3 種目から選択して必修化されるようになった。 (平成24年度)から、の建設を可能とするため木造校舎の焼失実験が実施されて、(昭和47年)に終了した教育が約30年ぶりに中学校ので復活した。 成績評価 [ ] (平成12年)から小学校と中学校のの課程でからによるとが重視をされるようになった。 重視されるようになった絶対評価にはの他にがあり、到達度評価の一つであるによる教育評価と成績評価が導入された ランドセル [ ] やなど小学生のが21世紀になり多種多彩になる。 修身教育の見直しと道徳教育重視 [ ] の教育復活や教育重視を唱えるとの育成を目指す議員の意向でが(平成12年)4月に、全国の小学校・中学校に道徳の副教材のを無料配布した。 民主党政権の事業仕分けによって教材作成の補助が廃止された。 により4月(平成30年度)に小学校で道徳を正式科目として、(平成31年)4月に中学校で「特別の教科 道徳」と教科へ格上げし完全実施した。 私立中学受験 [ ] (平成19年)にやではの進行やの影響でのとなるを敬遠するようになった。 高学歴・高収入の中流家庭では子供の受験競争に熱心な家庭が増加して、の受験者数はピークとなりバブルが起きたが、翌年には私立中学受験バブルは崩壊した。 (平成20年)の以降の景気低迷、公立学校におけるへの転換、さらには、東日本大震災などの影響で私立中学受験者数の減少は続いており、受験者数の減少に歯止めがかかっていない。 大学受験 [ ] (平成2年)にに代わりが導入された。 が大学生であった昭和末期はなどが強い・・などのが人気であったが、以降はによる貧困家庭の急増の影響などの学費の問題で地元の(いわゆる)志向となる。 受験生の志願者数が多い世代が大学生であった平成初期は、18歳人口の多さで、3流大学でも高倍率であり大学入試は難関であった。 2000年代以降には、18歳人口の減少によるの進行と学歴インフレの進行で3流私立大学の定員割れが急増した。 はとの志願者数がトップであったが、2000年代に日本大学の志願者が減少して(平成20年)まで早稲田大学が1人勝ちの志願者がトップであった。 (平成21年)以降は早稲田大学の志願者がトップであったが、早稲田大学ブランドの魅力が変わり志願者が減少して、代わってが志願者トップとなる。 (平成26年度)にの志願者数が初めて日本一となる。 教育と社会問題 [ ] 問題やの試みが行われた。 学校を卒業しても社会に参加しない、に陥る者が多く現れ、メディアで盛んに報道され、問題視されるようになった。 これは、学校と実社会の間にギャップがあるという日本独特の問題が潜んでいるとされる。 余りに学校社会に慣れた子供は、卒業しても社会に適応することが困難になると言われる。 現在の引きこもりは生まれの人々が最も多く(後の世代では引きこもりは減少傾向)、引きこもりの長期化・高齢化が深刻になっている。 また、ニートだと定義されていない35歳以上のも問題になっている。 後半からパソコンや携帯電話が、からはが学生の間でも普及し出した。 (平成14年)には、小学1年生で5. また、2000年代後半になると10代のパソコン離れが起き、携帯の使用率が上がっている。 これらの世代はパソコン、携帯電話などを使ってネットによる情報発信能力を身に付けたにもかかわらず、やマナー教育が追いつかなかったため、が社会問題になった。 前半生まれは「」「コギャル世代」「酒鬼薔薇世代」とも呼ばれ、さらには、、、などの犯罪や、や、新成人のが問題となった。 その一方で、それらの問題が若者に対するステレオタイプだとしてという概念も生まれた。 の影響で子供の PTSD が増加したり、の・・の子供の転校が急増する。 の進展でを迎えて、21世紀にはとなりブランド大学以外の地方大学やは定員割れで経営危機に立たされている。 私立大学・私立短大の中には、統廃合によって学生募集を停止してになる学校が増加した。 親の収入と学歴の高低が子供の学歴の高低に直結する「格差の遺伝」とも言われる現象が広く知られるようになった。 一方で、逆に高い学歴を持ちながら生活に苦しむと呼ばれる層も氷河期世代から発生している。 女子の高学歴化や進学率の増加、厳しい経済状況を背景にした難関志向もあり、難関大学の難易度は、依然高い水準にある。 進学率が増加する一方で、の名前を書くだけで受かる入試、、など学力にとらわれない入試も増加している。 いじめ問題とマスコミ報道 [ ]• 第1期のいじめ問題とブームとして、(昭和61年)の(昭和46年生まれの)があった。 平均兄弟数が2人までした影響でが上手でない世代が中学生だった昭和40年代からいじめ自殺の事例はあった。 これまでまったくの一般人の自殺であることと、心理的影響でいじめ自殺が増加することから、昭和50年代までだったいじめや自殺問題をなどの戦中生まれのマスコミがあまりにもこの中学生に対するいじめが酷かったことを理由にタブーを破り最初のいじめ自殺報道がされた。 第2期のいじめ問題といじめ自殺ブーム(平成で最初)として、(平成6年)前後の時期に(昭和55年生まれのの学年で世代)を中心とするいじめ自殺報道があった。 第3期のいじめ問題といじめ自殺ブームとして、(平成18年)前後の時期に(平成4年生まれの)を中心とするによる自殺が繰り返し報じられた。 第4期のいじめ問題といじめ自殺ブームとして、(平成24年)にも(平成9年生まれのゆとり世代)があった。 マスコミの報道によっていじめ問題が注目されて、この時期の統計ではいじめ自殺やいじめが増加している。 この時期など数年に1回の割合でいじめ自殺や殺人がマスコミによって報道されており、以下のいじめについての教育問題があった。 政治家の発言。 文部科学省の対応。 親の対応。 加害者のいじめ行為。 へのや中傷の書き込み。 学校の対応。 被害者が受けた被害と情報。 が主張するマスコミの WHO が定めたのルールに違反する自殺報道によって自分も自殺して同情されたい注目されたいと思うが起きる心理的な影響。 の対応。 の被害への対応といじめ問題への介入。 教育の必要性。 被害者と加害者の実名などのの問題。 マスコミによる過剰な報道の是非。 マスコミによるいじめ報道やいじめ自殺報道の影響でいじめ問題が注目されて、いじめの存在やいじめ自殺の存在が議論されていじめが社会問題となる。 大津市いじめ自殺問題の対応策として、(平成25年)にが成立する。 同年、の体罰事件や日本女子でのなど死()が問題となる。 教育思想 [ ] 平成期のは大きく区分して2種類ある。 教育思想として以下の2種類の教育思想が対立して激しい論争となる。 昭和時代の戦後期に主流だった教育思想のの教育理論を支持するの・・教育を第一としてを肯定する思想。 アメリカや大正時代に盛んだった作文や職業体験などの経験主義で個性を伸ばすの教育理論がある。 この自由主義的な教育思想を支持する文部省官僚のが公立学校でのの排除を主導した。 平成期に改革されたはのアメリカのやのを模範とするものであった。 ゆとり教育思想が平成期の新しい教育思想となった。 のによるの発表やのやのが設置された。 ・・の改正が実施されるなど『 教育改革3法案』が成立した。 によるやの改正などのを謳った教育が主張された。 (平成13年)に、が既存の社会科の教科書をのであると称して、それら左翼的自虐史観の教科書に反対する保守勢力が・教科書を執筆したが、・・などの勢力の反対でが妨害されるが再び起きた。 その後、・なども模索された。 社会と大学教育 [ ] 大企業では企業の社長数1位が、の出身者から出身者の三田閥となり、政界でも平成での出身大学別総理大臣で一番多いのは、6人を輩出したであるなど、東京大学のは早稲田大学・慶應義塾大学の躍進で政界・財界のトップではなくなり、平成期に学歴的地位が低下した。 夜間との高校、大学、で社会人と高齢者を対象に社会になり、や知識社会の到来で子どもと青年期以外の全ての世代が教育対象になる。 大学での女子学生へのの問題やが問題となる。 貧困層の増加で大学進学が容易でない家庭やの返済がされない問題が発生した。 になり東京大学などで日本の大学で主流である従来の4月入学を全廃して、海外で主流である秋入学への全面移行をする教育改革が進んでいる。 国際的な大学間の競争に対応して、学生の海外留学を促すことが理由である。 大学生活の期間になどの社会奉仕やの導入を推進することも検討されている。 平成期になり日本政府の留学生受け入れ増加計画でなどからのが急増する。 その反面、日本からの海外留学生数は世代が大学生でまだの残滓があったがピークだった。 にが大学生となり、彼らの親世代である・の所得減少もあってアメリカの大学や欧米諸国を中心に海外にする日本の若者が減少した。 (平成24年)には世界の大学が採用する共通の大学入学資格取得に必要な教育課程の資格の国内認定校の拡大のために200高校に留学支援課程を設置する計画を立案した。 の議論や一部の学力が高い大学で講義の英語化が実施された。 平成期は、大学とが急上昇した。 大学進学率が(平成元年)の24. 進学者は、約40万人から約60万人にまで増加した。 女子を中心とした進学者が4年制大学にシフトして短大進学率は(平成6年)の13. それに伴い、教育改革として学部を置くことなく大学院を置く大学(いわゆる)の数も増加した。 (平成24年)の野田内閣時代の大学改革では予算や設備、人員を各学部ごとに集中させて教育の質を高め、優秀な人材を育成する狙いから、一つのの下で複数の大学の学部を集約して、具体例として大学Aはと、大学Bはと、大学Cはに特化することなどを想定するは、を超えての学部の再編を進める方針があった。 新しい大学教育制度として、一つの国立大学法人が複数の国立大を運営できるようにして、各大学にある類似する教育内容の学部を再編する計画であった。 (平成27年)の第二次安倍内閣では、理系重視と左翼学者を育成しているとされる国立大学の文系学部の廃止・縮小・改組の議論があった。 2015年(平成27年)に(略称SEALDs(シールズ))という学生運動の組織が結成された。 (期)に誕生したからさらに大衆化が進行して、平成時代()になってコンビニ大学と呼ばれて化した地方大学や私立大学が問題となっていたため、(平成24年)に、によってによる大学認可問題が起きた。 平成期になり大学のの新設ラッシュが発生して、平成初期からまで看護学科の増設が続いている。 教育方法 [ ]• の民間出身の校長となったの教育方法として「よのなか科」「四季制」「夜スペ」が実践された。 のが注目されるようになりブームが起きた。 によって・教育論が唱えられて研究が行われた。 のなどの知識活動と教育方法学の実践がされた。 などのやや各種がブームとなった。 として「インド式計算」方法によるブームが起きた。 がブームとなり、や速聴などの能力トレーニングが盛んになり脳を活性化するビジネスが誕生するなど、脳を鍛えることを目的とする知識活動が実践された。 新しいタイプの学部・学校と通信教育の充実 [ ]• 漫画の人気が上昇して、(平成18年)にではが設立された。 などが廃止される一方で、に()などのやが設置される。 (平成元年)にが設置される。 の総長によってに授業が新設された。 によってにおいて「株式会社立大学」の設置が認められて、の子会社が運営する株式会社(学校設置会社)が設置するが新設された。 エリート育成するための学校を作る動きが盛り上がり、・などのの有力企業が中心となってのが設立された。 世相 [ ] (平成元年)に開始されたの、(平成2年)に開始されたの、(平成7年)にのが開始された。 学術研究史 [ ]• 世界的に環境技術()の開発に重点が置かれ、日本の企業や研究機関、日本人研究者の貢献は大きい。 、、(など)、技術など。 日本が研究開発をリードしている分野の一つに、がある。 1991年(平成3年)、のによるの発見後、に関する知見の蓄積は飛躍的に進んだ。 日本が世界的にリードしているもう一つの分野に、の研究がある。 だけでなく、や医療用ロボットなどへの応用も進展。 将来的な広範な応用を目指しての研究が進められている。 特に(平成18年)、のらのグループによる(iPS細胞)の発見は大きな反響を呼んだ。 一方、(平成26年)頃にがの研究を進めて STAP細胞と命名したが、不正疑惑が出て論文の撤回となった。 (平成12年)、考古学研究家のによるが発覚。 考古学の・・・層位研究の信用性が揺らぐ。 (平成2年)にが()でを受賞。 物理学• (平成14年)にが、の特に宇宙の検出に対するパイオニア的貢献でを受賞した。 (平成20年)に・が、との起源の発見によるへの貢献でノーベル物理学賞を受賞する。 2008年(平成20年)にが、素粒子物理学におけるの発見でノーベル物理学賞を受賞する。 (平成26年)に・・が、高輝度で省電力の白色光源を可能にしたの発明でノーベル物理学賞を受賞する。 (平成27年)にが、のニュートリノが質量を持つことを示すニュートリノ振動を発見したことでノーベル物理学賞を受賞する。 (平成12年)にが、の発見と発展でを受賞する。 (平成13年)に が、によるの研究でノーベル化学賞を受賞する。 (平成14年)にが、の同定および構造解析のための手法の開発でノーベル化学賞を受賞する。 (平成20年)にが、 GFP の発見と生命科学への貢献でノーベル化学賞を受賞する。 (平成22年)に・が、の開発でノーベル化学賞を受賞する。 生物学・生理学・医学• (平成4年)に(を提唱)が、日本人で唯一のを受賞。 (平成24年)にが、成熟した細胞に対してにより多能性(分化万能性)を持たせられることを発見したことでを受賞する。 (平成27年)にが、線虫の寄生によって引き起こされる感染症に対する新たな治療法を発見してノーベル生理学・医学賞を受賞する。 (平成28年)にが、の仕組みの解明でノーベル生理学・医学賞を受賞する。 (平成30年)にがの発見とがん治療への応用が評価されノーベル生理学・医学賞を受賞する。 分野ではなど複数の日本のスーパーコンピュータが、計算性能を競う「」のランキングで1位を獲得した。 PISAショック [ ] (平成12年)以後に、 PISA が行われ、これはPISAショックと呼ばれた。 世界史 [ ] 「」も参照 昭和天皇の崩御の年である(平成元年)にが起こり、同年12月に米ソによるがありが終結した。 (平成3年)には、領土を構成していた共和国の全てが独立し、崩壊・消滅した。 こうして、それまでやに抑圧されて来た国々では、民族・宗教紛争が勃発した。 ソ連の崩壊・消滅後は、アメリカが唯一のとなって絶対的な力を揮うアメリカとなり、旧東側諸国が西側経済に統合され、特に(平成3年)から(平成12年)までの間、世界は「」「」と呼ばれるに巻き込まれた。 一方で、 EU 、中国、、などがアメリカ一極体制を牽制する動きを見せている。 この動きは、(平成13年)の以後に顕著となった。 国連創設60周年に当たる(平成17年)にはの削除との入りを目指し、(日本、、、)を結成したが、中国、韓国、さらにはアメリカなどの反対にあって挫折した。 (平成23年)にはによってやでが起き、周辺国で民主化のデモが起きた。 国際関係史 [ ] アメリカとの関係 [ ] 日本は冷戦時代と同じく日米関係を外交の基軸としてやに協力した。 冷戦後、政治・経済・社会のシステムが根こそぎアメリカ型に変わった。 詳細は「」を参照 が(平成7年)に発生してが起き、(平成21年)には民主党政権のはっきりしない外交政策と安全保障政策によってに移す案が問題化して、(平成24年)にはの配備が問題となっている。 アジアとの関係 [ ] 海外では諸国、中国・・タイ・などに急速なが見られ、それに伴って日本との経済関係も、これまで以上に緊密になった。 中国との関係 [ ] とを開催して、「」を進めてきた中国は急速に経済的存在感を強め、は「」と呼ばれるように緊密化した(日本の最大の貿易相手国は中国である)。 それとともに、、などの領土を巡るなどで日本との摩擦が表面化している。 また、中国はで国際社会から制裁を受けた(平成元年)以降、年々軍備増強を強力に推し進めており、日本にとって脅威になっていると言われている()。 (平成23年)以降、など日本内でをする中国籍のが急増した。 韓国との関係 [ ] では民主化が進み、(平成5年)には政権以来32年間続いていたは消滅して大統領による文民政権に移行した。 しかし、「歴史を正す 역사 바로 세우기 」、つまり「反日スタンス」を外交問題・内政問題に利用するスタンスは軍部政権時代と変わらず、金泳三大統領はやの取り壊しやの実効支配など歴史問題で中国と連携して強硬な反日キャンペーンを行った。 続いて(平成10年)に発足した政権は日本文化の受容や日本との関係改善に取り組み、平成14年のの日韓共催、マスコミが主導したブームにより文化面では友好ムードが高まった。 しかし、政治面ではの領有権問題の表面化や、首相の参拝により、日韓関係は冷えた。 (平成15年)からの時代には、近隣諸国に対し強硬な外交姿勢を示すことが多くなり、日本だけでなく中国・アメリカとの摩擦も高まった。 (平成20年)に政権が発足した。 李明博大統領は出身の 月山明博というがあったで当初はのと見られていたが、(平成24年)に韓国の歴代大統領として初めての竹島訪問によるの激化やがありが悪化した。 (平成17年)に日本のでが可決されて毎年がとなった。 中国との関係を最重要視するが韓国大統領に就任するとなどを中心にを繰り広げて日韓関係は悪化したが、(平成27年)12月にを締結させ、慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されたことを日韓政府が宣言を行った。 (平成29年)に日本の天皇が初めてを参拝した。 朝鮮民主主義人民共和国との関係 [ ] (北朝鮮)との間で、が深刻化している。 日本政府も拉致問題を解決するためにを可能とする法整備を進め、ミサイル発射訓練を機に制裁を発令した。 東南アジア諸国との関係 [ ] この他の東南アジア諸国でも自国の経済発展やの人口増加、中国の経済発展に伴って、日本を先頭とした雁行型経済に代表されてきた伝統的な対日依存を見直し、新たな経済大国として浮上した中国や、EUなど他地域との関係を強化することで、経済の多極化を図る動きがある。 なお、東南アジアにおいては ASEAN が結成され、東南アジア諸国は共同体形成を模索している。 アジア全体との関係 [ ] 、および構想が浮上している。 これはEUのアジア版であり、ASEANや日中韓などの各国が共同して立ち上げた大戦略だが、ASEANや日中韓といった地域には人種、宗教、言語、文化、経済力といった地域統合を促す要素に共通性が希薄で、また共同体の主導権を巡って日中が激しく争う向きがあるものの、アジア諸国が日中の二者択一を望んでいないといった理由などで、構想自体が空中瓦解するだろうという見方も少なくない。 文化史 [ ] 全盛期 - 崩壊期 (〈平成元年〉 - 〈平成6年〉頃) この時期の文化は、からの継続という色が濃い。 の間では、水着や真っ赤なにソバージュやトサカヘアー、にという押しの強いファッションが流行した。 食の本格志向が強まり、やエスニック料理が定着し 、消費の多様化と志向の高消費文化を築いた。 『』『』などの最盛期であり、当時の人気俳優を起用したドラマは軒並み高視聴率を叩き出した。 音楽業界では・の最盛期。 バブル景気時代の風俗の代名詞として知られる「」が営業していた時期は 、バブル崩壊期に当たる(平成3年)から(平成6年)であり、当時すでに時代の最先端から半歩遅れていたであった。 一方、はテレビにおける歌番組の衰退などもあって「冬の時代」と呼ばれる低迷期であった。 の到来も叫ばれ、やが最も普及したのもこの頃である。 平成不況期 (〈平成7年〉 - 〈平成12年〉頃) 後の不況の長期化により「右肩上がりの時代」は完全に終わり、時代が到来し日本の風俗は大きな転機を迎えた。 ファッションの多様化が起こり、後半から前半生まれ(世代)の青少年の間で・系・・などのファッションが流行した。 バブル景気時代の流行から一転して細眉が流行し、が定着した。 中高生がファッションの中心として認知され 、が風俗として注目された。 コミュニケーション手段としてはを含む、が爆発的に普及した。 の発売を機に、安価になったが多くの家庭に浸透していった。 (平成6年)末には『』が653万部の歴代最高部数を達成し、(平成7年)頃にはの売り上げがピークに達した。 音楽業界では系()・ ・の最盛期で 、(平成10年)頃にはセールスがピークとなった。 (平成11年)、がアルバムの『First Love』を発売して日本で860万枚以上、日本国外を含めると990万枚以上を出荷し日本のアルバム歴代チャート1位に輝いた。 「」期 (〈平成13年〉頃 - 〈平成19年〉頃) 外需主導により実感のない「」が続いていた時期。 この時期も、大半の被雇用者のは下落傾向にあり、「」が流行語となった。 パソコンや携帯電話は、に入るとほとんどの国民に普及しの利用が一般化した。 ・・など、個人が発信者となるネットサービスが新たな媒体として普及していった。 いわゆる「」により福祉や公共事業の抑制、市町村合併などの緊縮的政策が実施され、大都市圏以外の地方の経済の疲弊が進んだ。 行政による福祉サービスの縮小に伴い、やが、低所得者向けビジネスとしての機能を果たすようになった。 雑誌や漫画を始めとする出版物の発行部数が減少()したが、発行点数はむしろ増加している。 が爆発的な売上げを記録し、音楽のインターネット配信がそれまでのパッケージ媒体 CD を置き換えていった。 一部ではも囁かれ始め、メディア業界の不振が目立つようになった。 映画では、テレビ局制作作品を初めとしたがを上回る興行成績を上げるようになり、の復活が注目を集めた。 生まれの青年層では、や文化の浸透が進み、やに代表される、「」をめぐる社会現象が盛んに取り上げられた。 やなどの中高年層では、〜のを懐古する風潮も広がった。 ファッションでは、主導で官公庁を中心にが広まり、指向の広まりから民間企業でもしだいに定着した。 若者のファッションは著しく多様化し、世代全体に広がるようなファッションの流行はもはや見られなくなった。 期 (2008年〈平成20年〉頃 - 〈平成22年〉頃) アメリカのに始まる恐慌が世界を覆い()、少子高齢化や貧困層の増大が進む日本の風俗にも深い影を落とした。 製造業が軒並み経営悪化し、撤退・廃業・海外移転が相次いだ。 基幹産業たる製造業を失った地方経済の疲弊は著しく、地方商店街は軒並みと化した。 に頼らない地域振興を狙った事業が模索されるようになり、やが取り上げられ、人気を集めるようになった。 インターネット配信や、ネット通販などによる、従来の様々な媒体やサービスの置き換えが進んだ。 や、などの新しいが急激に成長し、文化・政治・社会の各方面に大きな影響を及ぼした。 ・の相次ぐ増税とこれに伴う節約志向に加えて、世界的な健康指向の定着により、たばこ離れや離れと言われる現象が日本でも顕著になった。 また、特に20歳代前後の若年層では外食費の減少も著しく、外食を控えて家で料理をしたり調理食品()を食べるようになっている様子がうかがえる。 の休廃刊が相次ぎ、不振に陥った新聞・広告業界では、従業員に希望退職を募る出版社や新聞社が続出した。 音楽では嗜好の個別化がさらに進み、の影響力は低下した。 新曲売上の落ち込みに伴いは、をはじめとする一部グループや等に偏る傾向となり、過去のような流行歌が生み出されにくい環境になっている。 しかし、一方で携帯電話を対象にした各種サービスの成長は著しく、携帯電話からのインターネット利用がパソコンを上回った。 以降 (2011年〈平成23年〉- 〈平成31年〉) からの回復期にあたる。 日本政府も2010年代中盤より「」を掲げた。 に伴いテレビ離れは若者から中高年にも及び、印刷媒体の出荷量は急激に落ちこみレジャー産業やメディア産業の縮小が著しい。 を初めとしたの普及も進み、書籍や雑誌のネット配信も本格化し始めた。 ネット文化では、若年層を中心に「」などが広く普及し、コミュニケーションの形態を大きく変えた。 アジア圏を中心とする海外からの日本への観光客は年々増えており、日本政府も観光業を支援している。 外国人観光客が日本国内に落とすマネーの重要度が増したが、外国人観光客は為替レートや国際情勢の影響を大きく受け増減することから、日本人観光客のテコ入れが課題になっている。 国内消費は、この時期に行われた消費税増税の影響などで低迷を続けている。 ただし、2013年(平成25年)頃には類や高級や、その他にも高額な贅沢品の売れ行きがかなり良くなったというマスメディアの報道が多くなされ、これがいわゆる「」効果であるともされた。 公共交通機関が発達している大都市部では、自家用車を保有しない「」が顕著となっている。 一方で、によりバスや鉄道が衰退して自家用車に依存せざるをえない地方部ではその重い負担が社会問題となり、自家用車を保有できないにとっては様々な場面で不便を強いられている。 また、高齢者によるが社会問題化するなど大きな課題となっている。 宗教史・社会思想史 [ ] 【参考文献】 『平成宗教20年史』(出版社:幻冬舎新書、出版年度:〈平成20年〉、著者:)• (平成6年)及び(平成7年)にによるとして・が発生した。 (平成5年)の・と(平成11年)の以降のではを支持母体とするが連立政権に参加した。 オウム真理教によってカルト宗教政党のが(平成元年)に結成された。 団体がを持ち、(平成21年)にはによってが結成された。 公明党の支持母体の員の票が自由民主党候補の小選挙区制度による援護射撃の支援をして重要な支持層となった。 やが唱えた後のによって、が植民地統治や投資によってのにが貢献した近代化論が誕生した。 が執筆したがブームとなる。 が執筆した『』の影響を受けた若者が急増した。 平成20年代になって(在特会)など、「」と言われるが、を主催して、公然とを行うようになった。 それに呼応して側もやといった集団が登場し、右翼に対する中傷や暴力行為を行うようになった。 ではとを肯定する・思想が支持を集める。 一方、貧困層の急増により反新自由主義・・・などの運動も活発になっている。 (戦前の期)にによってであったがとなり、(昭和63年)の秋からの自粛騒動の間に、から平成にされた。 によってが平成と発表された(昭和64年)から1日の猶予期間を設けて(平成元年)になった(平成)には、昭和天皇に対するとして、この時代まで生き残っていた元たちや関係者の自殺がみられた。 平成31年から令和元年の改元前後には左翼による天皇制反対行為のテロがあり、昭和の戦後期世代でになっても、の新しい時代の価値観でない昭和戦後期の思想を持つ左翼も存在する。 の著書として出版された『私の戦争犯罪』の内容で、をしたとする吉田証言があった。 平成初期にそれを発端とする問題がによって問題化される。 (平成4年)にが日韓首脳会談で8回も謝罪をして、に「真相究明」を約束する。 平成期は宗教の時代と呼ばれてこれらのが、自分探しの若者たちを信者にして、一時的に台頭した。 しかしが起こした事件が次々と明るみに出たこともあり、(平成8年)以降は新新宗教は退潮傾向である。 は インタートリップによる路線を開始した。 統一教会()による日本の芸能人も参加した教祖が結婚相手を決めるが注目されてが問題化する。 (平成24年)に教祖のが死去した。 以下が平成期に台頭した新新宗教である。 大日本帝国時代のの意味などを知っている()教育を受けた明治生まれや大正生まれ(大正世代)の大部分が死去したから、・・に特別な親しみを持っている昭和戦中生まれ世代・戦後生まれ世代を中心に論やの創設を唱えるものが現れ、男系天皇がや伝統の観点で議論となる。 明治生まれと大正生まれ()に多かった主義者などの伝統的保守層が高齢化による死亡で減少する。 戦後左翼となった明治生まれと大正生まれの員や員に加えて、((昭和元年生まれ)〜(昭和9年生まれ))世代から〜昭和10年代の戦中に生まれたと戦後生まれのの左翼は多くはで死亡したり思想がして、とを肯定するが都市部の中高年層に広がる。 天皇に興味がない皇室無関心層・政治無関心層・が増加して、マスコミや国民の間で皇室の芸能人化が進む。 コンピューターの発達などによって、使用者が減少して使用者が増加する。 (昭和30年)あたりから生涯に子供の産む数が平均で2人となり、子供が女子のみの家庭が急増した。 その結果、墓や家の断絶が急増する。 やとして、に対する麻生太郎の総理にしてはいけないとする部落差別発言や、でやとなったの(の・ので親族が関係者であること)や出身であることを否定する(・・)による報道などのがあった。 「」への社会通念が揺らいだ。 世代の若者が安定した職に就けないことや、親から自立できないことが社会問題となった。 ののを批判した「悪魔の詩」を翻訳したが過激なに殺害されるが起きる。 死者のは、個人の家やである寺や自治会から、葬儀業者による葬儀が主流となる。 葬儀の多様化の流れが進み、散骨などの自然葬が認められて、平成10年代以降は簡素な神式の葬儀が増加する。 平成20年代には高齢層の間でや葬儀などのがブームとなる。 が(平成3年)にを破門する。 がとなる。 以下の非科学現象ブームがあった。 ブーム• の個人の人生についての予言ブーム• ブーム• のブーム• ブーム• (昭和48年)にが執筆したを発端とする(平成11年)7の月に恐怖の大王が降ってきてが蘇りが幸福の内に支配するだろうののののや• 平成24年にのの終了を意味するが唱えられた。 平成31年から令和元年になる2019年頃にのの予言で聖徳太子の来世で仏教思想の悪人のが襲来する情報がなどネット上で広まった。 (平成6年)にが結成されて、創価学会を批判する団体が誕生して、が一旦解党してに合流をする。 平成初期にによって、にが建設された。 オウム真理教の幹部で「大臣」と称されたががあり、が警察に逮捕され、判決を受ける。 その他複数のオウム真理教事件の裁判でオウムの幹部が死刑などの重い判決を受ける。 (平成7年)にフランスがカルト対策の引き金となる議会報告書「フランスにおけるセクト」を提出。 日蓮正宗・創価学会を初めとしたフランスに拠点を置く宗教団体が全てセクト対象となった。 ()では、平成期にが2度代わり3代のローマ教皇が在位して、が2度開催される。 が(平成17年)に死去した。 後継を選出するコンクラーヴェが開催されて高齢のラッツィンガー枢機卿がとしてローマ教皇となり、などの発信を試みて((平成17年)-(平成25年))まで在位したが、高齢を理由に引退した。 (平成25年)に初の()所属で()出身のベルゴリオ枢機卿がとしてローマ教皇となった。 は、がの請求を棄却する決定を下した。 オウム真理教は「」に名称を変更した。 (平成19年)に旧オウム真理教はアレフとが独立して新しく設立した宗教団体のに分裂した。 の不法な資金集め事件があり、のが逮捕された。 (平成9年)に酒鬼薔薇聖斗を名乗る少年によりが起きて、少年犯罪や成人後もを犯した彼らの世代(昭和57年度生まれの酒鬼薔薇世代)の観・観・・人生観が注目される。 (平成12年)前後には、という言葉が流行し始めた。 さらに、その頃17歳前後(〔昭和57年〕生まれを中心に〔昭和60年〕生まれ)までの世代が凶悪犯罪を起こしたことから「」と称された。 (平成13年)、の調査委員会によって、創価学会がカルト宗教の指定を受ける。 首相によるがあった。 テロ事件があり、対の構図でによる対テロ戦争が始まった。 (平成23年)には、による民主化ドミノが起きて、国際テロ組織の最高指導者であるの死があった。 日本ののの参拝問題()が・・など日本のによって問題化される。 謎の集団のが注目される。 になり男女思想(カテゴライズ)としてという概念が誕生した。 が盛んになり、(平成16年)には、BPO()が「血液型によって人間の性格が規定されるという見方を助長することのないよう要望する」との声明を発表。 主にネット上で世代区分論が盛んになり、、、、、などの世代が認知されるようになった。 その他にも、スポーツで有名な選手の世代や優秀な選手が集まる世代に対しても、、、、などと世代で呼ばれるようになった。 のが洗脳被害に遭うなど、占いがビジネスとなり占い師による洗脳などのややによる霊感商法が問題となる。 平成20年代に神社仏閣の収集がブームとなる。 社会問題 [ ] 高齢化の進行と生活保護問題・年金問題 [ ]• 消費税が導入された理念から(高齢者保健福祉推進十ヵ年計画)が策定されて、を成立させて制度を創設させるなど高齢者や障害者などを対象とするサービスを拡充した。 少子高齢化によって問題が生じて、年金問題が(平成16年)の以降に議論され、年金は削減され、(昭和16年度)生まれ以降は受給年齢が先延ばしされた。 女性では戦後生まれの(昭和21年度生まれ)以降が先延ばしの対象となる。 (平成24年)に、の違反事件が発覚する。 とのの条文であるの精神で制度があるが、による貧困層の増加や不況による失業者の増加ややなどのが社会問題となった。 2000年代、(貧乏ばあさん)が世代の女性から急増した。 の分割問題でが急増する。 のが(平成24年)の時点で300万人を超えた。 が急増して、(平成14年)時点の認知症の高齢者149万人から10年間で倍増した。 65歳以上の1割が認知症患者となった。 (平成24年)9月のに関連するの推計でが高齢化した影響で65歳以上が初めて3000万人を突破して3074万人になり、日本の総人口の24. 平成の少子化問題 [ ] 「」も参照• 1989年(平成元年)にが1. 57人となり、(昭和41年)のの1. 58人をも下回ったため「1. 57ショック」として社会的関心を集めた。 平成期になり、出生率低下が続き(平成4年)度の国民生活白書で少子化という言葉が使用されてが国民に知られるようになった。 (平成7年)に生産年齢人口(15歳 - 64歳)が最高値(8717万人)となり、(平成8年)から生産年齢人口が減少過程に入った。 (平成9年)には少子社会となった。 (平成15年)には年間出生数が112万人まで減少した。 (平成17年)の出生数は106万2530人であり、合計特殊出生率は1. 26人と過去最低となり総人口の減少が始まった。 その後は合計特殊出生率が上昇して、(平成29年)に合計特殊出生率は1. 43人となった。 しかし出生数の回復はならず、2017年(平成29年)の時点で子供3人以上の家庭が多くて合計特殊出生率が2人近くいるを除く46都道府県で少子化が進み出生数は94万人と2年連続で100万人を割った。 働く女性ののの問題や、があったようにやが制定されてが問題となる。 医療問題・福祉問題 [ ]• 平成生まれの子供たちの間で・・などので急性反応ので死亡する例があるなどを持つ子供 が急増しての対策の必要がある安全性の問題が誕生した。 (平成17年)に WTO のに加盟して、平成期には若年層を中心に男性のと全体の喫煙率が低下したが、若い女性を中心に女性の喫煙率が上昇して、の喫煙やが問題となる。 世界一だったの(日本人女性や男性、の男性の平均寿命)が、になって1位から転落し若干悪化するなどの変化があった(自殺の急増や食生活の変化などが要因と考えられる)。 の子どもへのの問題が起きる。 のでがかどうか診断するがあり、ややの是非が議論となる。 以降に、の流行が問題となる。 制度に代わり、やなどがない弱者の財産を管理する制度が、(平成12年)に導入される。 (平成9年)に臓器移植法案()が成立してについての議論が起きる。 (平成22年)7月17日に15歳未満からの臓器提供を可能にした改正臓器移植法が施行された。 やの是非も問題となる。 (平成17年)にが成立して、が遵守されていないの問題とが課題となった。 (平成23年)にが成立して、(平成24年)に施行された。 や非配偶者間人工授精 のやドナーなどの是非が議論となった。 日本人労働者の不足からEPA()を締結した・・などの女性の受け入れが推進されたが、を目指す試験の能力が障害となって、不合格問題と帰国問題が起きる。 では(平成16年)にが成立してが認知されるようになった。 精神分裂病が偏見をなくすために(平成14年)8月に、の決議によりに病名が変更された。 の問題では、若者を中心とするや、男性が主体となっているが社会問題となる。 などのやの是非が問題となる。 などの呼びかけによってやが成立する。 1990年代、で感染するのが日本に上陸してエイズ患者が増加して、によるが発生した。 と呼ばれる HCV に汚染されたを原因とするやC型肝炎ウイルスにする問題があり、さらに患者が感染した前述の薬害エイズ事件も発生してが起きた。 妊娠中にすると危険なやが問題となる。 の夫婦が急増して不妊治療費の公的助成が推進されて、患者の治療が(平成24年)から公的保険の適用となる。 やが認知されて検診が進められたが、での女性患者へのや女性患者の裸をする男性医師が問題となる。 に感染するや人に感染するが問題となる。 (平成14年)に、皇族のが激しい運動中に心室細動を原因とするで薨去した影響から(平成16年)に一般人による除細動のための AED の使用が認められ広く普及した。 などの予防接種による問題として、ワクチンのの義務化やとの導入やの問題が発生した。 (平成15年)にの SARS が世界的に流行する。 の流行問題として、平成21年にとがあり、やが発生する危険性が問題となった。 (平成24年)にを中心にになるが流行する。 過酷な労働時間から不足の問題と勤務医よりが報酬と労働時間が優遇されている格差の問題が発生した。 都市のより地方の医療機関の方が医師数が少ないの問題と産婦人科医とが減少する問題が発生をした。 内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に・・のうち2つ以上を合併した状態を指すという概念が広まり医師によるが行われるようになった(メタボ問題)。 ヘルシーメニューのが注目された。 医療費無料化がで老人医療費無料化から子どもの医療費無料化にシフトした。 生活保護者の急増や、者の不正受給が問題となった。 などでの手術でのが問題となる。 の数が急増して、歯医者のが過剰となり、歯医者の年収が大幅に低下した。 は不人気となり、歯医者の価値が低下した。 が4年制から6年制となった。 (平成8年)にが157番ので特にのO157がとなり、その後はによる事件が医療問題となった。 の出動などで発生するが問題となる。 緊急事態や重度患者以外の軽症患者や無関係の通報でを出動させる迷惑行為である通報や、(平成3年)にが制定されて、救急車内のが制度化された。 やなどの老人が急増して問題となり、高齢化対策が必要となった。 (平成14年)に医療改革で の本人のの3割負担が導入された。 (平成21年)にが施行されてが解決した。 (平成23年)に、でなどを食べた客の「」による事件が発生して、はの飲食店での客への提供を全面禁止にする方針を決定した。 医不足や医や医が不足する問題が起きた。 女性のが注目された。 平成20年代に違反ではないや(危険ドラッグ)による事件や事故や健康への影響が問題となる。 国家が認定したのトクホ(特定保健用食品)や、それを信じるが話題となる。 医師のが実践して唱えた若返りになる食生活として1日夕食1食による粗食とによる健康方法がブームとなる。 (平成24年)に印刷会社の元従業員などがを相次いで発症していることが問題となり、が原因の化学物質の調査に乗り出す。 (平成24年)にを受けなかった30代男性を中心に配偶者のに感染するとの発育や健康が危険となるが流行する。 平成20年代から、(費)抑制のためによって(ジェネリック薬品)の普及が進められるようになった。 平成20年代にSFTSウイルス()で日本でも死者が出た。 環境問題 [ ] 主な出来事• (平成5年)にが制定される。 専門のと自然環境対策専門のを統合して総合的なに対応するために制定された。 (平成6年)に裁判の判決があり、大部分の加害企業への損害賠償を認めたが、国・道路公団の責任については敗訴する。 (平成9年)にが制定される。 また、同年12月 に でが開催されてが採択される。 (平成10年)にが制定される。 (平成12年)にが制定される。 (平成13年)ので環境庁が改組されてが設置される。 (平成14年)にが制定される。 (平成14年)にが制定される。 (平成15年)に最後の日本産のの「」が死亡して、生存しているのは中国産のトキの子孫のみとなり日本でもでが行われている。 (平成20年)にが成立する。 (平成23年)に、が第35回()で世界遺産リストに登録された。 (平成25年)に、昭和期にのが発生したの都市名水俣を名称としたがで採択された国際条約で締結されることとなった。 社会問題化した環境関連の事柄• にによるが問題となる。 にによるが国際問題となる。 など石綿作業者を中心に吸引によるが注目された。 に(平成23年)に発生したの影響で、問題となりがとられて、・・で処理できない東日本大震災で発生した瓦礫の広域処理問題が浮上した他、や避難住民の帰還問題が起きる。 でが深刻化し、特に2010年代に入ってから様々な問題が露呈している。 日本では平成期になりのやのなどの大気汚染による被害が沈静化した。 しかし中華人民共和国の首都であるなどでが発生して、自動車のや工場から排出される汚染物質によってが深刻化した。 その結果、PM2. 5()がにも飛来した。 や中国由来のの問題、の砂漠化でに含まれる汚染物質の日本列島への飛来が増大するなどが、日本を含む・の周辺各国の環境にも影響を及ぼしている。 (平成29年)に日本のでで死亡する可能性がある殺人アリのが発見された。 その他• やを作成して、のの保護を行う必要があるがある。 による日本の捕鯨活動に対する抗議などで日本が欧米から非難されていた。 国際社会に捕鯨の伝統文化の歴史が日本にある事や鯨の保護などへの理解を求めていたが平成末期から令和初期のにから日本が脱退して商業捕鯨を再開した。 2000年代半ば以降、が中心となって環境対策などを目的とした衣服の軽装化の COOL BIZ を推進した。 2000年代後半以降、・などのエコ商品がヒットする。 を初めとする環境問題に対する懐疑論(主に、、など専門外の学者によるもの)がマスメディアで取り上げられ、環境保護への積極的な取り組みを主張する専門家との激しい論争が行われる。 女性史 [ ] 平成以前の女性史 [ ]• 明治生まれ・大正生まれ()の女性は時代のの下、団塊の世代が誕生した第一次まで多産であり、平均子供数は4人 - 6人の多産であった。 戦後になって多産多死から少産少死になるが起きて、過剰となったを抑制するためにが成立してがされたことと、(高校全入化)・(大学の大衆化)などののが上昇する化(が成立したこと)によって子供にかけるやなどに支払うが増大したことを背景にして、新人類世代が誕生した昭和30年代には平均子供数が2人になり、平凡なライフスタイルとして一般的に男性がに、一般的な女性がになる社会が成立した。 その後、(昭和47年)に勤労婦人福祉法が成立した。 同法が発展的に改正されて、(昭和61年)にが成立した。 女性と結婚と子どもの問題 [ ]• 女性の社会進出と非婚化、若年男性の経済的貧困化が進んだことが理由で、出生率は1. 5人以下の過去最低を更新し続けた。 世代以降は、志向が強まりだすが、不景気の中で専業主婦になることは非常に難しく、男性も専業主婦の妻を抱えることは歓迎せず、なりたくてもなれないという現実に直面している。 2006年(平成18年)以降出生率は増加に転じたが、若年の女性の人口が減っているために出生数は減少した。 が設置される。 厚生労働省の2011年(平成23年)の人口動態統計(概数)の発表では、第1子出産時の母親の平均年齢は30. 1歳と、初めて初産年齢が30歳を超えた。 (平成12年)には(ミレニアム婚)が増加し、同年生まれのを指す(など)と翌(平成13年)生まれの赤ちゃんを指す(など)が注目を集めたことから、との境界であるこの2年間に小規模な結婚ブームとが起きた。 の国際結婚の統計では、日本人男性と中国人女性の国際結婚(婚姻数は約7000件〜約13000件)と、日本人男性と韓国人女性の国際結婚(婚姻数は約5000件〜約8000件)と、日本人男性と女性の国際結婚(婚姻数は約7000件〜約13000件)など主にアジア人女性と日本人男性とのが急増して、(平成18年)にはピークに達する。 同年誕生した日本の(約110万人)の内、片親が外国国籍の子供である(ハーフの日本人)は約3. ただし、2007年(平成19年)以降は国際結婚は減少に転じている。 欧米を中心とする外国人男性と日本人女性とのの破綻(国際離婚)が急増し、子の日本への連れ去りが国際問題化。 子供のを定義するの加盟が諸国から要求されるようになった。 を中心とする系のによってが改正されて、国際結婚で誕生した子供は父親がで母親がのみ日本国籍とする男系による選択から外国人男性と日本人女性の間に誕生したの日本人となる子供も日本国籍にすることを可能にしたための問題が誕生した。 平成30年代から振り込め詐欺が凶悪化した高齢女性を狙ったアポ電や国際が問題化する。 (平成19年)に元代表代行が「愛知や東京は生産性は高いが、子どもを産む生産性が低い」、同年に元が「女性は子供を産む機械」と、女性を出産マシーンに例える発言があった。 (平成18年)にのが「こうのとりのゆりかご」と呼ばれるを設置して賛否をめぐる議論となった。 自民党が政権の時に政策として、に関するが施行された。 民主党が政権の時に政策としての構想が具体化されて実施へと移る動きが出てくる。 (平成22年度)にが施行され、からへと変更された。

次の

「今平成何年?」と聞かれて即答できる?

平成 で いう と 今 何 年

平成は何年まで?西暦なら何年から何年までになる? ではまず、平成は何年までかや西暦では何年から何年までが平成という時代かを、おさらいしておきましょう。 平成は31年4月30日まで! まず、平成は何年までにするかという事は、天皇陛下が皇太子に位を譲る、 譲位 じょうい の意向を受けて時期が議論されました。 その結果、最終的に日程が 平成31年4月30日に決定し、 平成は31年までという事になりました。 因みに、平成を何年までにするかを機論した際、 切りの良い平成30年12月31日までを平成とする案も、有力候補としてあったのだそうです。 その場合、2019年1月1日に新天皇が即位し、平成は30年までになる予定でしたが、諸々の事情により、4月30日の案が採用され、平成は31年までになった訳ですね。 平成は西暦でいうと1989年から2019年まで! さて、そんなわけで平成という時代は、天皇陛下の譲位により31年までになる訳ですが、 西暦でいうと何年から何年までが平成かも併せてご紹介しておきましょう。 まず、昭和天皇の崩御により、 平成は1989年1月7日にスタートました。 そして、平成31年は西暦では2019年なので、 平成という時代は1989年から2019年までということになりますね。 バブルが弾け、経済の不透明感が漂った平成は、阪神大震災や東日本大震災をはじめ、多くの災害に見舞われた時代でもありました。 一方、スマホやネットにIT技術が飛躍的に発達したおかげで、 日常生活が劇的に便利になった事も平成という時代の特筆すべきポイントですね。 スポンサードリンク 平成以前の近年の元号は何年まであった? ということで、 平成は何年までかの答えは31年までですが、平成以前の近代の元号はそれぞれ何年まであり、どんな時代だったのでしょうか。 昭和は何年まででどんな時代だったか 先ず、平成の前の元号の 昭和は何年までだったかですが、なんと 64年まであり、歴史上、最も長い元号なんです。 尚、昭和は西暦では、1926年12月25日に始まり、1989年1月7日までということになります。 昭和といえば、初期の軍国主義、太平洋戦争から昭和20年の終戦を経て、戦後の復興、高度経済成長からバブル景気へと向かった時代でもあります。 1989年1月7日に天皇崩御に伴い、平成になるまでの62年と14日間という長期間続いた昭和は、 実に波乱万丈な歴史がありました。 大正は何年まででどんな時代だったか 昭和の一つ前の元号の 大正は何年までだったかというと、昭和よりかなり短く 15年まででした。 西暦でいうと1912年7月30日から1926年12月25日までが大正時代で、期間的には短いものの、様々な大事件があった激動の時代でもあります。 大正時代は大正デモクラシーといわれるように、現代へとつながる 民主主義の基盤が形成されました。 また、大正時代は 女性の社会進出が飛躍的に進んだ時代でもあり、洋服を颯爽と着こなす女性たちはモガ モダンガール と呼ばれたのだそうです。 一方、大正時代には、日本は直接参戦しなかったものの、第一次世界大戦が勃発した他、米騒動、関東大震災などの劇的な出来事があった時代でもあります。 明治は何年まででどんな時代だったか 日本が近代国家としての第一歩をスタートさせた明治時代が何年まであったかですが、 明治は45年まであった時代です。 明治時代は、西暦1868年1月25日から1912年7月30日まで約44年と6カ月余りの期間続いた時代で、明治天皇の即位により始まりました。 江戸時代の終焉始まった明治時代は、江戸が東京と改名されて天皇中心の国家体制が築かれ、長い鎖国の後、鹿鳴館に代表される 日本の西洋化が始まった時代でもありました。 また、明治時代には、新政府が進めた版籍奉還、廃藩置県などの改革により、 劇的に社会構造が変化するとともに、軍国化も急速に進みました。 1894年の日清戦争、1902年の日露戦争という外国との戦争も経験し、 近代日本は、様々な問題を抱えつつも、列強国の仲間入りを果たすことになった訳ですね。 スポンサードリンク 平成が何年までかが決まった経緯は? さて、平成と平成以前の各元号が何年までかはここまで説明したとおりですが、平成が終わり新しい元号に改まるに至る経緯もご紹介しておきましょう。 天皇の生前退位により元号が改まることに! 平成が31年4月30日で終わることになったのは、前述のとおり 天皇の生前退位に伴うものです。 現代の日本の法律では、 一世一元制というシステムが採用されていて、平成、昭和などの元号は 「皇位の継承があった場合に限り改める」と定められています。 つまり、 新しい天皇が即位すると元号も新しくなるというわけですね。 尚、平成は天皇が生前に退位して皇太子に位を譲ることで改元となりましたが、 明治、大正、昭和に関しては天皇の崩御に伴い皇位が継承されました。 因みに、生前退位は、平成以前では江戸時代後期の1817年、光格天皇が行われたのが最後で、今回、 約200年ぶりの出来事なのだそうですよ。 日程の決定は他の行事との兼ね合いの影響! さて、平成が何年までかを決定する際、退位と即位のタイミングで考慮されたのが他の行事との兼ね合いです。 先に触れた通り、当初、平成を何年までにするかについては、 平成30年12月31日に天皇退位、翌1月1日に新天皇即位が有力だったんです。 もしこの案が採用されていた場合、平成は30年までになる予定でした。 ですが、年末年始は皇室の行事が続くため、宮内庁が不適当として、 翌年の3月31日退位、4月1日即位が代替案として出されました。 ですがその後、3月に予算審議案、4月に統一地方選挙があることから、二転三転した結果、最終的に他の行事のない 2019年4月30日退位、5月1日即位に落ち着いたという経緯があります。 スポンサードリンク 平成が何年までかの決定に関連した休日とは? ところで、平成が終わることで、直接、私たちの生活に関連してくるのは、やはり天皇誕生日や即位関連の祝日ですよね。 ということで、平成が何年までかの決定に関連した2019年の祝日事情もご紹介しておきましょう。 2019年の天皇誕生日は国民の祝日ではない! 平成を何年までにするかについては、最終的に2019年4月30日に決定しましたが、 一年の途中で元号が変わり、新しい天皇が即位ことから天皇誕生日の扱いが気になるところですよね。 ところで、2019年5月1日即位の新天皇徳仁親王の誕生日は2月23日ですが、2019年は、まだ即位していないタイミングのため 祝日にはなりません。 また、平成の天皇誕生日であった12月23日も、 2019年はすでに退位以降の日程になるため、祝日にはならないとのことなんです。 ということで、2020年以降は2月23日が新しく天皇誕生日になるものの、 2019年は天皇誕生日が祝日にはならない年ということになりますね。 因みに、旧天皇誕生日は、 昭和天皇の誕生日の4月29日が昭和の日、明治天皇の誕生日の11月3日が文化の日としてそれぞれ祝日になっています。 ということで、平成の天皇誕生日の12月23日は祝日ではありませんが、世論や経済効果などの諸事情を鑑みつつ、祝日になる可能性もあるようですね。 2019年のGWは新天皇の即位で10連休に! ということで、天皇誕生日がなく、通常の国民の祝日が1日少なくなる2019年ですが、新天皇の即位の礼がある5月1日が祝日。 そして、現行の法律では 祝日に挟まれた平日は国民の休日にするという決まりがあるため、2019年のGWのカレンダーにこれを当てはめた場合、以下のようになります。

次の

平成

平成 で いう と 今 何 年

先日、書類に元号を記入する機会があったのですが、「あっ、 今年平成何年?」という恥のゾーンに陥 おちい ってしまいました。 調べるより聞く方が早いので「 今年平成何年?」と聞くと意外や意外!「あれ、何年?」という答えや「平成23年」(自信たっぷりに)など、わからない人がちらほらおりました。 むぅ、これはいかんと思い今回の記事に至る訳であります。 photo credit: via スポンサーリンク まず、平成何年か言えないとどう困る? photo credit: via 恥をかきます。 …いえ、それはわかってます。 営業や接客業などではお客様の目の前で書類作成をすることもあります。 その時に今が平成何年かわからなければ相手はどう思うでしょう。 「この営業マン大丈夫かな?」と不安になってしまいます。 ちょっとしたミスでも重なれば契約キャンセルという、これまでの努力が水の泡になりかねません。 また、調べようとネットで検索するのも十分にありですが、やっぱり人前であれば、調べずにすぐに「平成〇〇年」と書けたほうがスマートです。 なぜ平成何年かわからない人が急増しているのか? なにせ、平成表記が少ない!スマホやPCでも西暦表記が非常に多いのですが、平成という漢字2文字を見る機会が極端に少ないのです。 そりぁ日本人だから自国の元号がいま何年かは把握しておきたいところですが、実生活からとても離れていたんですね。 まさに「平成」さんが遠い遠い存在になっていたのです。 すぐに平成何年かわかる方法 ここではとてもシンプルな方法をご紹介します。 西暦に12を足すこと。 はい、シンプルです。 「平成25年」となります。 詳しい原理についてはさんで紹介してあります。 ですのでミロクでは割愛させていただきます。 はい、正直逃げました 笑 ただ、今回のポイントはいたってシンプルにでございますが 西暦に12を足せばいいんだな ってところです。 スポンサーリンク まとめ 「今年は平成何年」問題を取り上げさせて頂きました。 え、12という数字を覚えておくにはって?そうですね、教えてください 謝 では今回のおさらいです。 わからないと恥ずかしいこともある• お客さんの前だと信用の問題もある• 実生活で「平成」という2文字が遠のいている• 西暦に12を足せばいいんだな.

次の