アメノウズメ ノミコト。 天鈿女命(アマノウズメノミコト)とは

天鈿女命(アマノウズメノミコト)とは

アメノウズメ ノミコト

アメノウズメノミコト 天鈿女命 |踊りで世界を救った神様 アメノウズメノミコト 天鈿女命 という神様は日本神話の中でもかなり目立つ神様です。 何と言っても、乳房や女性の大事な部分をさらけ出して踊り、世界を救った神様ですから。 しかも、その後も天孫降臨の時にも胸をさらけ出して、壁を乗り越えるという。。 今回はそんな面白いアメノウズメノミコト 天鈿女命 という神様について解説をします。 あめのうずめのみことの別名・読み方 あめのうずめのみことは、漢字で表記すると• 天鈿女命• 天宇受売命• 天宇受賣 このように書きます。 また、あめのうずめのみことと同じ神様を意味する名前 同一とされる神様も含む で、• 宮比神 ミヤビノカミ• 猿女君 サルメキミ• 大宮売神 オオミヤノメノカミ• 大宮能売命 オオミヤノメノカミ このような名前もあります。 アメノウズメノミコト 天鈿女命 のご利益・御神徳• 技芸上達• 夫婦和合• 縁結び アメノウズメノミコト 天鈿女命 の御神徳• 芸能の神• 芸術の神• 舞楽の神• 俳優 わざおぎ の神• 鎮魂の神 アメノウズメノミコト 天鈿女命 の祀られる神社 アメノウズメノミコト 天鈿女命 と言えば、芸能の神様として有名であることから、芸能人の人がこぞって参拝している神社が多くあります。 稲荷社の多くで、ウカノミタマの配神として祀られるため、稲荷社も有名ですが、他の神社でアメノウズメノミコト 天鈿女命 を祀るところをご紹介します。 芸能神社 京都府 日本を代表する人気芸能人がわざわざお参りにやってくるという車折神社の境内社の「芸能神社」はアメノウズメノミコト 天鈿女命 を主祭神とする神社です。 芸能・芸術においてのご利益・御神徳が深いということから、超一流と言われる名俳優から、今を時めくアーティストや女優もやってくると言います。 本当にご利益がすごいという様々な取材もあるので、芸能・芸術関係の道を目指す方、精進されている方は一度お参りをしてみてもよいかもしれません。 芸能神社へのアクセス等の情報はこちらのをご確認ください。 佐瑠女神社 三重県 アメノウズメノミコト 天鈿女命 は国津神のと結婚をし、のちに猿女君 猨女君 という称号を授かります。 佐瑠女神社は猿田彦神社の中の境内社でアメノウズメノミコト 天鈿女命 を祀る神社です。 このほかにも、アメノウズメノミコト 天鈿女命 を祀る神社は日本中にあります。 アメノウズメノミコト 天鈿女命 を主祭神として祀る数少ない東京の神社です。 東京都港区• 長野県• 宮城県• 長野県戸隠神社の境内社• 滋賀県• 長崎県• 荒立神社 宮崎県 ちなみに、ご祭神ではありませんが、アメノウズメノミコト 天鈿女命 の神話での活躍を描いた天鈿女命功績図という絵は東京都の寄木神社にあります。 アメノウズメノミコト 天鈿女命 の日本神話の物語 アメノウズメノミコト 天鈿女命 が日本神話でどのように描かれるかを解説します。 アメノウズメノミコト 天鈿女命 の神話の物語は原文通りだとかなり刺激的なので、オブラートに包んだ表現が多いですが、ここでは原文そのままの表現に近い文章で解説しますので、ご了承ください。 天の岩戸の場面でストリップのような踊りをして世界を救う アメノウズメノミコト 天鈿女命 がまず活躍する場面は、が弟神の横暴に責任を感じて、天の岩戸の中に引きこもってしまい、世界が暗闇に包まれ、怨霊が沸き立ち始めるようになった時です。 アマテラスオオミカミをどう天の岩戸から引き出そうかと、神々が天の安河の河原に集まって話し合います。 この時に、という知恵の神様が妙案を思いつきます。 その妙案とは、様々な神様が役割分担をしてアマテラスオオミカミが天の岩戸を自分から開くようにするというものです。 詳しい方法について知りたい方はこちらで詳しく解説しています。 参考: この作戦では、八百万の神々が盛り上がって太陽の神が来ていると勘違いをさせるために、アメノウズメノミコト 天鈿女命 が、 天香山の日蔭鬘という植物を襷にかけ、天の真拆の葛という植物を髪飾りにして、天香山の笹野葉を手に持って、 天の石屋戸の前に桶を伏せて踏み鳴らし、神がかりという神が憑依した状態で乳房を掻き出して、裳の紐を女性器 ほと まで垂らして踊り狂いました。 すると、高天原全体に響くほど、八百万の神々が大爆笑をした すると、光のない世界 アマテラスオオミカミが隠れた世界 で何が起きたのだろうと、アマテラスオオミカミは不思議に思い聞いてみます。 すると、アメノウズメノミコト 天鈿女命 が、「あなたよりも貴い神様が現れたのです」 と伝えます。 アマテラスオオミカミは自分よりも貴い神様とはどのような神様なのかと思い天の岩戸から少し顔を出します。 この時、八咫鏡を天の岩戸の前にフトダマという神様が持って待機をしていて、アマテラスオオミカミは鏡に映る自分の姿を、他の太陽神だと勘違いします。 その太陽神をよく見ようと思い天の岩戸から少し出ようとしたところで、アメノタヂカラオに引っ張り出されてしまいます。 すぐに天の岩戸には縄を張り戻れなくしました。 この縄は今の注連縄の起源だとされます。 こうして、世界には光が舞い戻り、平和になりましたという話です。 この時のアメノウズメノミコト 天鈿女命 や神々が集まって大騒ぎした姿は、今のお祭りや、御神楽という神社の神楽 神楽殿 で行われる神事の起源ともされます。 天孫降臨の時にまたも服を脱いで活躍 アメノウズメノミコト 天鈿女命 は天の岩戸の活躍の後、から国譲りで、が統治をすることになる葦原中津国 今の日本 に降り立つ場面・天孫降臨でも活躍を見せます。 高天原 たかまがはら から葦原中津国に向かう道中に、上は高天原、下は葦原中津国までを光りで照らす神様がいました。 ですから、あそこにいる神様に『吾らが天孫であるニニギノミコトが天降りをする道に、誰がいるのか』と聞いてきてください」 アメノウズメノミコト 天鈿女命 はこの命を受け、 乳房を出し、上着の紐をヘソまで下げて笑いながら声をかけに行きます。 そして、この見た目が異様な神は自身が猿田彦大神であり、ニニギノミコトの道案内をしようと思い待っていたのだと言いました。 こうして、不審な神ではないとわかり、猿田彦の先導で一行は無事宮崎県の高千穂に降り立ちます。 猿田彦とアメノウズメノミコト 天鈿女命 が結婚 しかし、日本書紀ではアメノウズメノミコト 天鈿女命 は高千穂に降り立ちません。 猿田彦と共に、伊勢の五十鈴の川上について行き、結婚をしたのでした。 宮崎県の荒立神社はアメノウズメノミコト 天鈿女命 と猿田彦が結婚した場所と言う説話が残されています。 こうして、猿女君 猨女君 という名前を称します。 猿田彦という神様についてはこちらで解説しています。 アメノウズメノミコト 天鈿女命 がなまこの口を裂く 猿田彦と一緒になったアメノウズメノミコト 天鈿女命 ですが、葦原中津国には皇孫 スメミマ のニニギノミコトのお付きで来たことを忘れていません。 すると、ほとんどの魚が「仕えます」と答える中、ナマコ 海鼠 は答えませんでした。 するとアメノウズメノミコト 天鈿女命 は「この口が答えぬ口か」と言いナマコの口を小刀で切り裂いてしまいます。 そのため、ナマコの口は今でも裂けています。 という話が残っていますが、ナマコは口は避けているようには見えませんので、オオサンショウウオのことではないかという説もあります。 アメノウズメノミコト 天鈿女命 にまつわるお話 アメノウズメノミコト 天鈿女命 はとても面白い物語の多い神様でした。 そんなアメノウズメノミコト 天鈿女命 にまつわる様々なお話も少々触れます。 アメノウズメノミコト 天鈿女命 は猿女君の祖先 アメノウズメノミコト 天鈿女命 が猿田彦と結婚をして、猿女君という名をニニギノミコトからもらいます。 こうして猿女という、宮中の大嘗祭や鎮魂祭で神楽の舞などをする女官を輩出する一族が生まれます。 実は、アメノウズメノミコト 天鈿女命 を含む、天孫降臨に随伴した神様は大和朝廷の重要な役職を担う氏族の祖神とされる神様がいます。 五伴緒 イツトモノオ と呼ばれる、5柱でも有名なアメノコヤネは中臣氏、フトダマは忌部氏という、中央政府の重要な役職を代々担う血族の祖であるとされています。 アメノウズメノミコト 天鈿女命 は巫女だった? 神話の中の神様は、実際に朝廷の中にいた個人・もしくは複数の人間を神様として描いているとされています。 アメノウズメノミコト 天鈿女命 はその線で言うと、神様を降臨させる力を持つ巫女という立場の人間だったと考えられています。 アメノウズメノミコト 天鈿女命 はおたふく・おかめという説 おたふく お多福 やおかめという、日本の能と言った舞踊で使われる女性のお面の顔はアメノウズメノミコト 天鈿女命 が起源であるとされています。 ちなみに、正直ちょっと怖い顔をしているおたふく・おかめですが、滑稽なお面とされていて、アメノウズメノミコト 天鈿女命 の説話からも、おもしろい女性を意味しています。 おたふく・おかめは醜女を表現するお面、つまりブサイクの顔を表現しているのですが、アメノウズメノミコト 天鈿女命 はブサイクだったのでしょうか。 ちなみに、アメノウズメノミコト 天鈿女命 は長野の鈿女神社では「おかめ様」として祀られています。 他にも、アメノウズメノミコト 天鈿女命 はの一柱として数えられていたこともあり、色んな方面から信仰を集めていたようです。 七福神についてはこちらで詳しく解説しています。

次の

アメノウズメノミコト(天鈿女命)|踊りで世界を救う神話・神社を解説

アメノウズメ ノミコト

概要 [ ] 『』では 天宇受賣命、『』では 天鈿女命と表記する(「命(みこと)」は敬称、以下同様)。 神名の「ウズメ」の解釈には諸説あり、「強女(オズメ)」の意とする『』説、『日本書紀』の表記通り「髪飾りをした女(鈿はの意)」とする説などがある。 「」の伝説などに登場するのであり、最古のと言える。 神話での記述 [ ] 『日本書紀』一書では、の前、スサノオがに昇ってくるのをアメノウズメが見つけ、日神(アマテラス)に報告した。 岩戸隠れでがに隠れて世界が暗闇になったとき、神々は大いに困り、天の安河の川原に集まって会議をした。 の発案により、岩戸の前で様々な儀式を行った。 『古事記』では次のように記述されている。 「槽伏(うけふ)せて踏み轟こし、神懸かりして胸乳かきいで裳緒(もひも)を陰(ほと=女陰)に押し垂れき。 」 つまり、 アメノウズメがうつぶせにした槽(うけ 特殊な桶)の上に乗り、背をそり胸乳をあらわにし、裳の紐を女陰まで押したれて、低く腰を落して足を踏みとどろかし(『日本書紀』では千草を巻いた、『古事記』では笹葉を振り)、力強くエロティックな動作で踊って、八百万の神々を大笑いさせた。 その「笑ひえらぐ」様を不審に思い、戸を少し開けた天照大神に「あなたより尊い神が生まれた」とウズメは言って、に引き出して貰って、再び世界に光が戻った。 『日本書紀』も似た記述であるが、胸乳の記述は無く、女陰については「火処(ほところ)焼き」と記され、神々の反応は記されていない。 の際、(ににぎ)が天降ろうとすると、からまでを照らす神がいた。 アメノウズメは天照大御神とに、「手弱女だが顔を合わせても気後れしない(面勝つ)からあなたが問いなさい」と言われた。 この時のアメノウズメは『日本書紀』では次のように記述されている。 「その胸乳をあらわにかきいでて、裳帯(もひも)を臍(ほそ=ヘソ)の下におしたれて、あざわらひて向きて立つ。 」 つまり、乳房をあらわにし、裳の紐を臍の下まで押したれて、あざわらいながら向かって言ったとある。 その後、名を問い質すと、その神はのと名乗り、道案内をするために迎えに来たと言った。 アメノウズメは(あめのこやね)、(ふとだま)、(たまのおや)、(いしこりどめ)と共に五伴緒の一柱としてニニギに随伴して天降りした。 アメノウズメは猿田毘古神の名を明かしたことからその名を負って仕えることになり、の祖神となった。 一説には猿田毘古神の妻となったとされる。 アメノウズメは猿田毘古神を送って(または)に帰った後、大小の魚を集めて天孫(邇邇芸命)に仕えるかどうか尋ねた。 みな「仕える」と答えた中でだけが何も答えなかったので、アメノウズメはその口を小刀で裂いてしまった。 それでナマコの口は裂けている。 アメノウズメの功績により、代々の天皇は志摩国から新鮮な海産物が献上される時は、猿女君に与える。 解説 [ ] の『字訓』によれば、「神と笑ひゑらぐ」巫女の神格化である。 「神々を和ませ 神の手較ぶ(真似する)」神事の零落したものが、現在の芸能であり、によれば、滑稽な技芸である(さるがく やの祖)は、猿女のヲコのわざと一脈通じるという(上世日本の文学 天鈿女命)。 『巫女考』で、芝居の狂人が持つ竹の枝を「ウズメの持つ」笹葉が落ちたものとするの説を享けた折口信夫は、 を「神である」物忌みを表す標とし、「マナを招く」採り物とは別であるとした。 が、笑いと狂気という、「人間の原始的情念」の一環が噴出したものとしてあげた(『狂笑の論理』)、天の岩戸の前における「巧みに俳優をなす」彼女の行為は、神への祭礼、特に古代のシャーマン()が行ったとされる神託の祭事にその原形を見ることができる。 いわばアメノウズメの逸話は古代の巫女たちが神と共に「笑ひゑらぐ」姿を今に伝えるものである。 折口信夫の『上世日本の文学』によれば、カミアソビは「たまふり」の儀礼であり、岩戸で行なったウズメの所作は「(外来魂)を集め、神に附ける」古代の行為である。 なお、折口は『上世日本の文学』で、死者の魂を呼ぶ儀礼が遊びであるため、「岩屋戸の神楽は、天照大神が亡くなったため興った」という説は再考すべきだと言っているが、少なくとも『』には、宮廷で行われた古代のにおいて、巫女たちが「槽ふし」激しい踊りを大王家の祖神へ奉納する儀礼に猿女も参加したことが記されている。 信仰 [ ] 椿大神社別宮の椿岸神社(鈿女本宮) 猿女君・稗田氏の祖とされ、稗田氏の氏神であるでは、芸能の始祖神、福の神、おたふく、、等と称すると伝わる。 千代神社()、()、()、()などで祀られている。 鈿女神社は地元で「おかめ様」として崇められており、最寄駅のはの駅として開業した際「おかめ前駅」と呼ばれていた。 国営化に当たって改称。 天孫降臨の地、高千穂より天の岩戸が飛来したと伝えられる長野県の戸隠神社には天の岩戸開神話に功績のあった神々(天手力雄命・天八意思兼命)が祀られており、そのうちの一社、火之御子社には天鈿女命が祀られている。 また、岩戸開神話に基づいた神楽が古来より受け継がれている。 西臼杵郡のには、アメノウズメがサルタヒコと結婚した場、荒立宮の後と伝わるがある。 アメノウズメを祭神とする神社 [ ]• (宮城県名取市)• 御園神社(東京都大田区西蒲田)• 太田神社 - (東京都文京区春日)の境内社。 (長野県北安曇郡松川村大仙寺)• 火之御子社 - (長野県長野市)の境内社。 小古曽神社(三重県四日市市小古曽町)• 椿岸神社(三重県四日市市智積町)• 椿岸神社 - 椿大神社(三重県鈴鹿市)の境内社(別宮)。 芸道の祖神、鎮魂の神、夫婦円満の神、縁結びの神として祀られている。 敷地内に「扇塚」があり、芸道を志す参拝客が扇を収め、芸道の上達を祈る。 また、手塚治虫のマンガ『火の鳥 黎明編』に天鈿女命と夫である猿田彦大神が登場することから、手塚プロダクションのイラストによるご朱印帳が販売されている。 ピンクには天鈿女命が、黒には夫である猿田彦大神が描かれている。 長峯神社(三重県伊勢市古市町) - 通称「おすめ(於須女=アメノウズメの別名とされる)さん」• 佐瑠女神社 - (三重県伊勢市宇治浦田)の境内社。 千代神社(滋賀県彦根市)• 増御子神社 - (奈良県天理市新泉町星山)の境内社。 (奈良県大和郡山市稗田町)• 芸能神社 - (京都市右京区嵯峨)の境内社。 (宮崎県西臼杵郡高千穂町)• 宮比神社 - 、等の境内社。 そのほか伊勢神宮内宮等、各地神社に「宮比神」として祀られる。 椋神社(下吉田)秩父吉田の龍勢祭などで有名です。 脚注 [ ].

次の

天宇受売命(あめのうずめのみこと) : 皇統と鵺の影人検索キーワードダイジェスト集

アメノウズメ ノミコト

キャラ 理由 ビリビリ 主に1、4、6文字目要員のアタッカー。 「ち・ょ」の2文字が使えるので、幅広い盤面に対応できる。 「よ」には変換できないので注意。 ビリビリ 主に1、4、6文字目要員のアタッカー。 ビリビリガード持ちなので被ダメージを気にせず立ち回れる。 すごわざの追加効果で敵を被ダメージ増加状態にすることが可能。 所持している人にはおすすめ。 ビリビリ 主に1、4、6文字目要員のアタッカー。 ビリビリガード持ちなので被ダメージを気にせず立ち回れる。 ビリビリ ビリビリガード持ちの繋ぎ文字要員。 ギミック適性なしの高火力アタッカー。 5文字が作りやすいクエストかつ、敵が1体なので火力が出しやすい。 主に1、3、6文字目要員。 ギミック適性なしの高火力アタッカー。 5文字以上のすごわざ条件も満たしやすく、敵を被ダメージ増加状態にすることが可能。 主に1、3、6文字目要員。 ギミック適性なしの、1、3、6文字目要員のアタッカー。 適正キャラが少ない人向け。 ギミック適性なしの、1、3、6文字目要員のアタッカー。 すごわざ条件は語頭指定。 適正キャラが少ない人向け。 ギミック適性なしの、1、3、6文字目要員のアタッカー。 すごわざ条件が語頭指定でやや発動しづらいが、HP50%以下のとき回復できる。 ギミック適性なしの1、4、6文字目要員。 他の「ゆ」でも代用可能。 ギミック適性なしの1、4、6文字目要員。 他の「よ」でも代用可能。 ギミック適性なしの、高火力アタッカー。 主に1、6文字目要員。 すごわざ条件は語頭指定。 ギミック適性なしのアタッカー。 主に2、7文字目要員。 ギミック適性なしのヒーラー。 ビリビリガード持ちの適正キャラが少ない人向け。 小文字との繋がりがいい。 ギミック適性なしのヒーラー。 ビリビリガード持ちの適正キャラが少ない人向け。 小文字との繋がりがいい。 クエストの基本情報 ドロップするキャラ 仁王断ち・エリ業ノミ エリ業ノミ降臨の攻略情報 レア度 星5 スタミナ 50 属性 木 弱点 5もじ〜 コトダマンの関連リンク コトダマンのおすすめ記事 キャラ一覧.

次の