爆砕 書き込み。 爆サイの書き込みを削除依頼する方法は? 注意点や削除理由の書き方を解説!

爆サイで誹謗中傷・風評被害を受けたときの削除依頼方法と消す方法

爆砕 書き込み

爆サイドットコム(bakusai. com)とは 爆サイは、巨大匿名掲示板の一つ 爆サイドットコム(URL:bakusai. com)とは、ネットに存在するいくつかの巨大匿名掲示板の一つです。 「地域に特化した日本最大級のローカルコミュニティサイト」と銘打っていることからもわかるように、北海道から沖縄まで、地域別に掲示板が設けられています。 北海道版・東北版・関東版・甲信越版・北陸版・東海版・関西版・山陽版・山陰版・四国版・九州版・沖縄版・海外版のローカルコミュニティを持っています。 2020年現在では月間9億PVを誇り、5ちゃんねるに次ぐ勢いで利用されています。 なお、下記のように検索の際に打ち間違えたり、変換を失敗するケースがあるようです。 漢字を間違えるケース・・・暴サイ・爆発サイト• カタカナを漢字に変換するケース・・・爆砕ドットコム・爆砕. com• カタカナやひらがなに誤変換するケース・・バクサイト・ばくさいと・ばくさいcom 爆サイで個人名、個人情報を書き込まれた 個人名を記載され、住所、電話番号、学校名、個人情報を書きこまれるといったネット誹謗中傷、風評被害が報告されています。 その結果、ホステス・キャバクラで働く水商売の女性が、ある日突然下記のような被害に遭うことが多いという傾向が見て取れます。 実名・住所・個人情報の晒し• 勝手にプレイベートな写真を公開• 誹謗中傷・名誉毀損・侮辱する書き込み• プライバシー侵害 また、源氏名や伏字での悪口や誹謗中傷書き込みが多いのも爆サイドットコムの特徴の一つです。 ホストやホステス等の水商売をしていると、源氏名で誹謗中傷被害にあう可能性が高いと言われています。 そこで今回は、水商売… 爆サイは地域ごとのスレッドであることから、たとえ実名・本名の晒し書き込みがなくても、個人特定をしやすく、悪い口コミもその地域で広がりやすいので、早急に対処する必要があります。 爆サイの名誉毀損・プライバシー侵害の具体的な投稿事例は下記の通りです。 風俗で働いていたことが家族や恋人に知られる・身バレする• ストーカー被害に遭う• ヤリマン、ヤク中といった悪口やセクハラでうつ病・精神的に参る• 職場での人間関係が悪くなる• 指名してくれる客が減る 爆サイの運営会社は「Aegate(エーゲート)」 爆サイは「爆サイ. com係」が管理する電子掲示板ですが、以前は 運営会社、創設者、管理人・運営者の氏名、連絡先、住所等はインターネットに後悔されていませんでした。 通常の掲示板の場合、フッター部に「運営会社」などのページを設けて、情報を明示しているケースが多いのですが、爆サイ. comの場合そういった記載が見当たりません。 ただ、2020年2月20日に女優・高岡早紀さんの兄高岡賢太郎容疑者が法人税法違反容疑で逮捕されたことを受け、高岡容疑者が代表の インターネット広告業「Aegate(エーゲート)」の社名と、同社が爆サイの運営会社であることが併せて公表されました。 なお、爆サイの話題とは別ですが、代表の逮捕情報が流れる4ヶ月前の2019年10月、Aegate(エーゲート)の公式サイトが閲覧不能になり、ネット上では「夜逃げしたのではないか?」と噂にはなっていました。 参考:産経新聞「「」 爆サイの投稿削除依頼の基礎知識 爆サイの誹謗中傷・名誉毀損の投稿の削除方法は以下のような流れとなります。 削除依頼フォームでは以下の項目を埋める必要があります。 レス番号を、しっかり指定する必要があります。 掲示板タイトル(自動入力)• スレッドNo. (自動入力)• スレッドタイトル(自動入力)• レス番号• 通報区分(個人情報の記載を選択)• 名前(任意)• メールアドレス( 爆サイから削除依頼の認証)• 削除依頼理由 上記のリスト上の「 削除依頼理由」については、爆サイの「利用規約 第3条 禁止事項」を確認し、該当する番号も添えて書くと効果的です。 たとえば、爆サイでは、「他人の名誉、社会的信用、プライバシー、肖像権、パブリシティ権、著作権その他の知的財産権、その他の権利を侵害する行為」を禁止しています。 また、記載したメールアドレス宛に、 爆サイ運営から削除依頼の認証メールが届くので忘れなようチェックしましょう。 参照:爆サイ. 複数の投稿を削除したい場合は、ひとつずつ削除依頼を送る必要があります。 また、 72時間以内に同内容の削除依頼を何回も送信したり、威圧的(民事訴訟するぞ、損害賠償請求するぞなど)な内容を記載すると禁止リストに登録され、削除依頼ができなくなってしまいますのでご注意ください。 スレッド毎の削除対策は可能? なお、爆サイの削除申請ページの下部には、下記の文章が記載されています。 「スレッド毎の削除依頼」の場合は以下の項目を削除依頼理由に記載してください。 [1]. スレッドタイトル、スレッド本文の中であなたの権利が侵害されている箇所• [2]. 上記[1]の項目に於いて記載頂いた箇所で侵害されているあなたの権利および発生している実害の記載 できる限り法的観点で、また定量的な尺度から記載ください• [3]. その他、参考となる情報 つまり、スレッド自体が、名誉毀損・誹謗中傷の晒し目的の場合は、スレッド全体の削除申請することが許されています。 ただし、スレッド全体を削除することになる場合は、「 審査が厳格になる傾向」があるので、対策が必要です。 難しい場合は、「爆サイの民事訴訟に強い弁護士事務所」など法律の専門家に相談して訴える方が無難でしょう。 自分の名前でネット検索したら、自分が名誉毀損されていたという経験をした人も多いと思います。 そこで今回は、ネット名誉毀… 注意点3.削除の代行業者に依頼しない 「爆サイの書き込み削除業者」は数多く存在します。 しかし「本人になりすまして」削除申請を出すケースが多いです。 削除依頼は「本人」か「弁護士」のみが代行を許され、それ以外の業者が行うと 「非弁行為」といって弁護士法72条の違法行為となります。 業者による代行申請が判明した場合、爆サイ側は削除に応じず、事態をかえって悪化させる恐れがあるため、このような業者は使わないようにしましょう。 注意点4.削除の前に利用規約をしっかり読む 様々な注意事項が爆サイの利用規約に書いてあります。 第3条【禁止事項】のルールに違反する行為が認められた場合は、削除してもらいやすくなります。 削除依頼を出すときには、 利用規約を一読してから申請するようにしましょう。 悪口を誰が書いたか調べたい!• 書き込み内容が許せない!慰謝料とってやる! 爆サイなどの匿名掲示板で、誹謗中傷被害に遭うと心や生活が一変してしまいます。 書き込みの削除だけでは、到底許せないケースもあります。 その場合、投稿者が誰であるのか特定し民事訴訟で訴える必要があります。 基本的に以下の手順を辿ります。 うまく行けば、 大体2~3週間くらいで、犯人の「IPアドレス」「タイムスタンプ」といった情報が開示されます。 その後、プロバイダに対して「発信者情報消去禁止の仮処分」と「発信者情報開示請求訴訟」を起こす必要があります。 訴訟で請求が認められれば、 プロバイダに対して発信者情報開示命令が出されます。 その後、 投稿者に対して名誉毀損にもとづく慰謝料請求手続きなどをすすめることが可能になります。 サイトでは投稿が匿名で行われるので、すぐに相手に損害賠償請求や刑事告訴することはできません。 爆サイからIPが開示された後、 1か月半以内に弁護士依頼して、速やかに対応していくほうが犯人を特定できる可能性が高いです。 ただ、ログの保存期間が経過しても、IPアドレスを特定できることもあるので、詳しくは爆サイの民事訴訟に強い弁護士事務所に相談するのが良いでしょう。 警察に相談したい場合は、下記のものを用意して、各都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口に通報するのが良いでしょう。 画面をプリントアウトした画像など誹謗中傷が現実に起きていることを証明するための証拠• 名誉毀損罪(もしくは侮辱罪)にあたることを記した被害届・告訴状 ただ、警察に訴えても動く基準が曖昧であったり、またたとえ逮捕者を探す流れで犯人を特定できたとしても、書き込みの削除まではしてくれません。 インターネットを利用していると、いわれのない誹謗中傷を受けることがあります。 東名事故「容疑者の父」とデマ拡散容疑 福岡県警が捜索• 参考URL: 爆サイの書き込みで警察が動いた事例として、最も有名なのが「東名あおり運転事故」のデマ情報の書き込みについてです。 ただしこの事例は、あおり運転が社会問題している状況も有り、警察が捜査に動いたと考えれます。 キャバクラ嬢・風俗嬢に対する軽い嫌がらせ程度では、警察は動かない可能性も高いため、ネットの誹謗中傷については、自分で削除依頼するか、されない場合は弁護士に頼み、民事で訴える必要があります。 爆サイ削除依頼の弁護士費用と請求できる慰謝料金額 以上のように、悪口の書き込みを削除したり、犯人を特定して責任追及するには様々な手続きが必要になります。 これらの手続きを素人が行うことは困難です。 弁護士であれば任意交渉などで迅速に処理してくれる可能性もあるので、まずはご相談してみることをお勧めします。 名誉毀損書き込みの慰謝料相場 爆サイで名誉毀損の悪口を書き込まれた場合に、訴えて「 相手に請求できる慰謝料相場」は下記のとおりです。 被害者が一般人の場合の名誉毀損にもとづく慰謝料の金額の相場は、 10万円~50万円程度• 事業の信用が失墜したケースなどの場合、 50万円~100万円程度• ヌード写真が公開されたなどの特殊事情があれば 数百万円 ただ自分ひとりで請求を行うのは難しいため、「ネット誹謗中傷に強い弁護士」に依頼して慰謝料を獲得する必要があります。 爆サイ削除の弁護士費用 削除の弁護士費用ですが、「仮処分」が必要になるかどうかで費用が異なります。 任意交渉の削除の場合には、 着手金約5万円が相場です。 但し、誹謗中傷コメントが数百件に上る場合、コメント数によって弁護士費用がかわるケースがあるので、弁護士事務所に問い合わせる必要があります。 また、任意交渉で削除できない場合、裁判所への訴訟や仮処分が必要になった場合には、着手金が 10万円~20万円程度かかり、なおかつ成功報酬金が別途かかることがあります。 犯人特定・開示請求の弁護士費用 発信者情報開示請求の手続きには、 30万円~40万円程度が必要になると考えましょう。 弁護士を利用した時の特定費用については下記ページで、例をあげてご紹介していますので興味がある方はご覧ください。 インターネットで誹謗中傷を受けて、ネット問題を弁護士に依頼した場合の弁護士費用はどのくらいかかるのでしょうか。 今回は… まとめ 爆サイでは規約違反の書き込みに比較的柔軟に対応してくれるので、悪口コメントの削除請求だけなら被害者が自分で手続きすることもできますが、犯人特定をするためには弁護士に依頼して訴訟などをする必要があります。 また、警察に通報しても動かなかったり、サイトが任意の削除に応じてくれない場合などにも弁護士の力を借りなければなりません。 費用対効果について心配な場合には、まずは訴える前に弁護士に相談に行って、具体的なアドバイス受けると良いでしょう。 爆サイでの誹謗中傷被害に遭った場合には、上手に対処して被害が広がらないようにしましょう。 誹謗中傷に強い弁護士が無料相談いたします ネット誹謗中傷で悩まれている方は、今すぐ弁護士にご相談ください。 書き込みの削除、犯人の特定が可能性があります。 匿名掲示板に個人情報、名誉毀損の書き込みされた• SNS/ブログなどで誹謗中傷をされている• 会社(法人)/お店の悪い評判が書かれ風評被害を受けている• 書き込み犯人を特定したい• 名誉毀損の慰謝料請求、損害賠償請求をお任せしたい ネット誹謗中傷に強い弁護士に無料相談することで、解決できる可能性があります。 弁護士に任せて頂ければ、被害者の方は平安な生活を取り戻すことができます。 1つでも当てはまる方は1人で悩まず、今すぐ弁護士に相談しましょう。

次の

ネットで誹謗中傷されたときの対策方法

爆砕 書き込み

余り加害者側の応援はしたくないのがホンネですが、質問者さんが腹を括れば、余りビビるほどのことではないのかな?と言うところです。 まず名誉毀損は、民事と刑事で不法行為(刑事は犯罪行為)です。 従い質問者さんが開示に同意しない場合、質問者さんを刑事告訴する可能性があるのではないか?と考えます。 無論、開示に同意しても、刑事告訴される可能性はありますが。 まあ、刑事手続き中に示談交渉(民事の和解)しても構いませんけど、民事のみで示談交渉し、示談の中で「刑事手続きは行わない」と言う一文を織り込ませる方が、大事にはならず、また質問者さんは、警察,検察の取調べなどを受けずに済み、かなり手間も省けます。 一方では、たとえ刑事事件化されたとしても、ぶちゃけ大した罪には問われません。 書き込みの内容や、情報を流布した範囲などにもよりますが、初犯であれば、容疑を認め反省の意を示せば、恐らく略式裁判の罰金刑です。 厳密には前科者ですが、罰金刑の場合、社会生活に悪影響はほとんど及ぼしません。 言い換えますと、最終的に被害者側は「刑事告訴する!」と言うのが脅し文句で、それを盾に、高額な示談金(慰謝料)を獲得する作戦ではないか?と思われます。 しかし実は、上述の通り、それほど恐怖に感じる必要もない事件で、むしろ質問者さんが有罪(罰金刑)覚悟で、腹を据えたら、相手は切り札を失います。 強気に慰謝料交渉が出来ると言うほどではないですが、もし足元をみて数百万円などを請求されたら、安易に応じる必要もないでしょう。 後は、民事でどの程度の慰謝料が認められる被害か?ですが。 刑事から民事の一連の流れで、相手の弁護士費用は、慰謝料の額にもよりますが、30~100万円と言うところで、早く解決すればするほど、弁護士費用は安いです。 仮に判決が「慰謝料50万円支払え」と言う程度ですと、弁護士費用などを考えれば、裁判するかどうか、頭を悩めることになります。 まあ、相手も弁護士に依頼し、弁護士も応じているところから考えれば、ソコソコ悪質な書き込みで、余り安い慰謝料になる期待も少ないとは思いますが、刑事の罪を償っていれば、数百万円なんてことにもならないと思います。 従い、たとえば被害者側の慰謝料請求に対し、早々に「50万円なら払います。 それ以上要求されるなら、仕方がないので、裁判でも何でもなさってください」と意思表示すれば、被害者側も50万円に応じ、刑事手続き中に、早期決着するかも知れません。 書き込み内容とかにもよるけど、私なら、70~80万円とか、まあ100万円以内なら、早期の示談に応じるかな? ちなみに慰謝料支払いは、分割交渉も可能です。 情報開示の同意に関しては、私なら当面は様子見で「無視」しますが・・。 (理由は長くなるので、割愛。 ) いずれにせよ、質問者さんも、弁護士相談することを強くオススメします。 もし私が同意する場合としない場合どのような 状況になるのでしょうか教えて下さい。 同意しなくても、結局開示される場合が 多いです。 開示されれば、相手側から慰謝料などの 損害賠償を請求してくると思われます。 払わなければ、提訴される可能性があります。 又、人によっては警察沙汰にする場合もあります。 名誉毀損ぐらいでは、普通は警察は動きません が、相手を特定して弁護士を通せば、警察は 動きます。 請求に応じれば、今度は損害賠償の金額の 問題で、弁護士などと交渉することになります。 相手は警察沙汰にする、ということを武器にして くると思われます。 相場ですが、十数万から数十万ぐらいです。 希にですが数百万になる場合もあります。 同意してもしなくても、特に不利益になることはありません。 どの道開示されるのですし。 これはプロバイダ側で、自主的に解決を促すために、本人に通知されるシステム上の形式的手続きなだけです。 あなた自身が、名誉棄損していないと思えば通知して、自分で弁護すべきでしょう。 しなけれヴぁ、刑事事件に発展して損害賠償請求されるだけです。 したらしたで示談金を請求されます。 示談金相場なら10万円~50万円。 民事裁判に移行して50万円~100万円。 刑事裁判に告訴されれば 最低でも100万円。 その倍額を弁護士に食材寄付で掛かります。 結局300万円前後掛かります。 最悪は、弁済したのに、罰金になる場合もあり得ます。 侵害も一般個人なら上記の金額ですが、芸能人や政治家の場合は1000万円以上になるケースもあり得ます。 Q 数ヶ月前、2ちゃんねるのとあるネット配信者(15歳くらいの女性)のウォッチスレッドに書き込まれた内容が気に入らなかったのか、その配信者が弁護士を雇い2ちゃんねるに対しIP開示請求を行いました。 (回線の契約者は親である私ですが書き込んだのは私ではありません。 書き込みの内容は常識的に考えればあまりよろしくない内容なのですが、個人を特定できる状態で名指しで誹謗中傷しているわけでは無いですし、書き込んだのが私ではないのに私に対して民事訴訟を起こされたらと思うと精神的に参ってしまいます。 個人を名指ししての書き込みではなくこういった中傷的な書き込みであっても民事訴訟を起こされる可能性はあるのでしょうか? 弁護士を雇って民事訴訟をしようとさせてるのは保護者か第3者の入れ知恵かはわかりませんが、2ちゃんねるの書き込みに対して数十万も着手金を払ってここまでしてくる人間ならば訴訟してくる可能性はありますよね? 相手に私の個人情報は渡っているので書き込み本人では無い私が訴えられることになるのでしょうか? ・回線契約者である私が書き込みをしていないのに訴えられるかどうか? ・個人を名指し、特定してない状態でのああいった内容書き込みでは名誉毀損は成立するのか? ・もし私宛に裁判所から訴状が届いた場合どのような対応をとればよいか? この3点だけでも教えていただければ幸いです。 数ヶ月前、2ちゃんねるのとあるネット配信者(15歳くらいの女性)のウォッチスレッドに書き込まれた内容が気に入らなかったのか、その配信者が弁護士を雇い2ちゃんねるに対しIP開示請求を行いました。 (回線の契約者は親である私ですが書き込んだのは私ではありません。 A ベストアンサー >・回線契約者である私が書き込みをしていないのに訴えられるかどうか? 名義確認で、相談者さんが名義人である以上は訴訟となれば相談者さん相手となります。 >・個人を名指し、特定してない状態でのああいった内容書き込みでは名誉毀損は成立するのか? 名誉棄損には該当しませんが、その相手のハンドルネーム等が個人情報と同じくらいに有名である場合以外は成立しません。 >・もし私宛に裁判所から訴状が届いた場合どのような対応をとればよいか? 絶対に無視はしないでください。 相談者さんも、弁護士を選任して利用しているのが誰なのかをきちんと釈明することしかありません。 私の個人的な意見ですが、裁判所もこの場合名誉棄損の条件が揃っていませんから、棄却する可能性が高いと思います。 また、弁護士も条件が揃っていませんから訴訟へは踏み切ることは通常はありません。 Q 知り合いから相談を受けまして、色々と調べたのですが、未熟者故参考になるようなサイトを見つけられませんでしたので、相談にのって下さいませ。 私の知り合い(以下Y)が、行きつけの飲み屋さんで、従業員の女の子(以下H嬢)に冷たくされた事に腹を立て、事もあろうに携帯のBBSにH嬢になりすまし、携帯のアドレス等の情報とともに卑猥な誘いを意味する内容の書き込みをしてしまいました。 そのBBSは、3日ほどでログが流れて閲覧不能になってしまい、その後何事もなく過ごしていたのですが、2週間程経過した時(3日ほど前)に、いきなりH嬢の兄と名乗る男が、1人の女性をつれて職場にやってきて、誹謗中傷の書き込み内容の印刷物をちらつかせ、「お前が書き込んだ事は調べがついている」と言い、Yは思わず謝罪してしまった事から、書き込みを認めたという事になり、慰謝料として300~500万円払えと言ってきたそうです。 この金額は相手が明示した訳ではなく、「お前の誠意を見せろ!300万でも500万でも持ってこい」と言う感じの恫喝だったそうです。 Yは自分のやった事に対して、非常に反省をし責任を感じて、職場に辞職願いを提出し(受理はされていませんが)最近買った車やAV機器等を処分してお金を作るつもりなのですが、どう頑張っても100万がせいぜいなんだそうです。 そこで、慰謝料の減額交渉をしてもらいたくて弁護士に相談したところ ・慰謝料の相場は300万円だから、相手の言い分は正しい。 ・警察沙汰になる前に、さっさと払ってしまった方が良い。 ・話し合いの中に入るつもりはない。 と、あっさり言われてしまったそうです。 現在、相手から支払いを迫られ、来週頭にも、また職場に行くと「職場に」電話があったそうで、当人はかなり焦っております。 どうか良きアドバイスをお願い致します。 私の知り合い(以下Y)が、行きつけの飲み屋さんで、従業員の女の子(以下H嬢)に冷たくされた事に腹を立て、事もあろうに携帯のBBSにH嬢になりすまし、携帯のアドレス等の情報とともに卑猥な誘いを意味する内容の書き込みをしてしまいました。 そのBBSは、3日ほどでログが流れて閲覧不能になってしまい、その後何事もなく過ごしていたのですが、2週間... A ベストアンサー ちょっと待って下さい。 名誉毀損の民事訴訟はかなりありますが、ネット上での投稿でも、100万 から150万ぐらいが相場でしょう。 相手が有名人などとかで、特別な内容 とかならともかく。 元々、損害賠償の取れる額が少ない上に訴訟をやったって 名誉が回復する訳でもないので、割が合わないので、一般の人達は 名誉毀損の訴訟をそれ程起こしません。 また、質問の内容から言って、質問者の方が罠に嵌められてる感じにしか 思えません。 お金の請求の仕方にしても、脅しにしかみえません。 他の弁護士さんにも相談に乗って貰った方がいいです。 相談に乗った弁護士さんは、相手が普通じゃないから、示談交渉とか を引きうけたくないということなのではないですか? Q 侮辱罪や名誉棄損罪の告訴に必要な物として何がありますか? 具体的に言うと傷害罪の二次被害です。 精神的苦痛の裏付けを取った医師の診断書は必要でしょうか? 証拠としては、ボイスレコーダーに相手方の声が録音してあります。 相手方のうち一人の一回分だけ録音してあります。 相手方は4人います。 二次被害では、「パニック障害」を発症しました。 毎日、大変苦しいです。 以上のような事を毎日、起きてから寝つくまで考えてしまっています。 厳重な処罰を求めたいのですが、よい方法はないのでしょうか? A ベストアンサー ・名誉毀損罪について。 名誉毀損罪は、公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した場合に成立します。 「公然」とは、多数または不特定のものが認識し得る状態を言います。 つまり「相手が貴方に言っただけ」では「公然」にはなりませんので、名誉毀損罪は成立しません。 「事実を摘示」とは、例えば「Q&Aサイトに書き込む」「ネットの掲示板に書き込む」「街宣車で喧伝する」などの行為の事です。 「本人に対して、面と向かって言った」は含まれません。 なので「名誉毀損罪が成立するとしたら、ここに投稿を行う事により、公然と事実を摘示し、自分で自分の名誉を毀損した、質問者さん自身」です。 で、この場合、被害者と加害者が同一人物ですから、犯罪は成立しません。 自殺により自分で自分を殺した場合、殺人罪が成立しないのと同じです。 ・侮辱罪について 侮辱罪は、事実を摘示しないで、公然と人を侮辱することによって成立します。 「公然」とは、多数または不特定のものが認識し得る状態を言います。 つまり「相手が貴方に言っただけ」では「公然」にはなりませんので、侮辱罪は成立しません。 なお、侮辱罪の場合「言われた時に、第三者が同じ場所に居て、発言を聞いていた」と言う場合には「公然」となりますので「他に、誰か居たかどうか」が重要です。 また、名誉毀損と侮辱の違いは「事実を摘示しているか、事実を摘示していないか」の違い、というのが通説です。 侮辱罪の場合は、事実を摘示している必要は無いので「本人に対して、面と向かって言った」のが「公然」であれば成立します。 そういう訳で、名誉毀損罪は成立しないので、名誉毀損罪での告訴は不可能。 その場に無関係な第三者が居たなら侮辱罪は成立しますが、侮辱罪で告訴しても第三者の証言が得られないと思われるので立件は難しいです。 (たぶん、その場に居たのは「貴方と、相手方の4人」ですよね?で「相手方の4人」のうち「その場で聞いていた発言者以外の3人」は、個々の侮辱行為を「公然」とする為の「第三者」になる訳ですが、お互いがお互いを庇い合い、絶対に証言しないでしょう。 なので「貴方でも、相手方の4人でもない、6人目の人物」が「その場」に居る必要があり、その6人目の証言者の証言が必要になります) 有望なのは「精神的な苦痛を負ったとして傷害罪での告訴」です。 「精神的な苦痛を受けた」と明記された診断書と、精神的な苦痛を負った理由となる行為の客観的な証拠(言われた事を日記に書いておいたとか、言われた事を録音してあるとか)があれば、かなり有望です。 少なくとも、警察に被害届けを出した上で告訴すれば、立件まではされるでしょう。 なお、録音の無い他の3名は、たぶん「証拠不充分で不起訴」になるでしょう。 >厳重な処罰を求めたいのですが、よい方法はないのでしょうか? う~ん、傷害罪で立件され、運良く有罪が確定しても、内容が内容ですから、厳重な処罰は無理でしょう。 たぶん、不起訴処分か執行猶予か。 もし、刑事での処罰が軽過ぎて不服と言うなら「精神的な苦痛を受け、損害を受けた。 ・名誉毀損罪について。 名誉毀損罪は、公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した場合に成立します。 「公然」とは、多数または不特定のものが認識し得る状態を言います。 つまり「相手が貴方に言っただけ」では「公然」にはなりませんので、名誉毀損罪は成立しません。 「事実を摘示」とは、例えば「Q&Aサイトに書き込む」「ネットの掲示板に書き込む」「街宣車で喧伝する」などの行為の事です。 「本人に対して、面と向かって言った」は含まれません。 今回「公然と事実を摘示」したのは、この... Q 訴えられる可能性はありますか? 2ちゃんの某スレッドによく書き込みをしています。 そのスレッドは住人が気に入らないと思ったサイトのアドレスを晒し、住人全員で そのサイトの管理人を叩くスレッドです。 例えば、管理人のブログを時には何年分も遡ってコピペして掲示板で晒し、内容を 貶したり、管理人の作品を「よくこんなくだらないもの作るよね」「こんなもの作る ような人間、死ねばいいのに」といったような感じです。 私もそんな感じで暇があると書き込んでいたんですが、この間、友達に書き込んでる ところを見つかってしまいました。 友達は「見ず知らずの他人をよくここまで叩けるね」と呆れ、「いい加減にしないと いくら匿名の掲示板でも場合によっては訴えられるよ」と言いました。 なんでも、もし叩かれてる管理人が掲示板を見て、ショックを受け、病院にかかった りしたら、傷害罪?とか暴行罪が成立するかもっていうんです。 そうしたらいくら 2ちゃんでも書き込んだ人間のIPとかを提供するんじゃないかって。 でも、確かに私は色々悪口を書き込みましたけど、別に本気でその管理人を叩こうと 思ってたわけじゃないです。 だって人の悪口を言うのって盛り上がるし、絶対にバレ ないんだから安心して楽しめるじゃないですか。 主婦のオバサンたちだってよく悪口 で盛り上がってるでしょ?あれがネットの掲示板になっただけです。 私じゃなくても 誰だってやってることですよね。 実際に叩かれてる管理人に掲示板のURLを教えて、管理人が動揺したりサイトを 閉鎖したりするところを楽しんでる住人もいますけど、私はそういうことはしない です。 ただ悪口を言ってるだけです。 それでも訴えられてしまう可能性はあるんでしょうか? そんなことになったら、親にもバレるでしょうし、無茶苦茶怒られた上にネット禁止 を喰らうかもしれません。 そうなったら、逆に私が精神的苦痛を感じたってことで 訴えてきた管理人を訴え返せるんじゃないかなと思うんですが、どうでしょう。 不安でしようがないんです。 優しい方、回答お願いします。 訴えられる可能性はありますか? 2ちゃんの某スレッドによく書き込みをしています。 そのスレッドは住人が気に入らないと思ったサイトのアドレスを晒し、住人全員で そのサイトの管理人を叩くスレッドです。 例えば、管理人のブログを時には何年分も遡ってコピペして掲示板で晒し、内容を 貶したり、管理人の作品を「よくこんなくだらないもの作るよね」「こんなもの作る ような人間、死ねばいいのに」といったような感じです。 私もそんな感じで暇があると書き込んでいたんですが、この間、友達に書き込んでる... そうなったら、逆に私が精神的苦痛を感じたってことで訴えてきた管理人を訴え返せるんじゃないかなと思うんですが、どうでしょう。 まず、こういった主張が認められるなら、人を殺しておいて逮捕されて懲役を喰らった犯人が刑務所に入れられて苦痛を感じたって訴えることができるでしょう。 こういうのを『自業自得』とか『盗人猛々しい』と言います。 こんな主張は認められません。 主婦のオバサンたちだってよく悪口で盛り上がってるでしょ?あれがネットの掲示板になっただけです。 私じゃなくても誰だってやってることですよね。 単に悪口を言っただけだと思われているようですが、公然と悪口を言うのも『侮辱罪』という罪になります。 刑法231条、罰は拘留または科料ですから認められると立派な前科者です。 主婦のオバサンたちが悪口で盛り上がるのと掲示板に書き込むのとでは伝わる人数の点で決定的に異なります。 また、掲示板に書き込むことは証拠を残しているといった点でも異なります。 ただし、訴えられない可能性の高い範囲はありますよ。 HNに対してのみ悪口を言っている場合。 これを有罪とした例はありませんし、訴えたところで警察なり、検察で却下されるでしょう。 それも程度問題です。 他にも、その人のサイトから個人を特定できる情報をまとめてみたところ脅迫状や抗議電話が殺到したり、その人のサイトを炎上させちゃえって煽れば威力業務妨害罪で訴えられます。 この場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金です。 そうなったら、逆に私が精神的苦痛を感じたってことで訴えてきた管理人を訴え返せるんじゃないかなと思うんですが、どうでしょう。 まず、こういった主張が認められるなら、人を殺しておいて逮捕されて懲役を喰らった犯人が刑務所に入れられて苦痛を感じたって訴えることができるでしょう。 こういうのを『自業自得』とか『盗人猛々しい』と言います。 こんな主張は認められません。 「告発」するのは第三者。 名誉毀損罪は、親告罪であるので、告発は出来ず、告訴される必要がある) ちなみに、これは実際にあった事件で、いまだにたまに テレビ朝日の特集番組等で報道されていますが、 2002年にある人が死亡した事件につき、 警察の発表(?)によれば、自殺であるとされていて、 その後本格的な捜査はされていないようなのですが、、 民事訴訟(死亡した人が保険に加入していたが、 自殺だと保険金が下りないために、遺族が保険会社を相手取って、 これは殺人事件であって、保険金の支払いを請求したもの) では、これは殺人事件であり保険金を支払え、とした判決が下されました 民事訴訟で「殺人事件」と認定されているにもかかわらず、 警察が動かないのは問題である、この国の制度はおかしい、 とテレビ朝日の番組では主張されています (ちなみに、私は法律を学ぶ学生なのですが、 民事で殺人事件と認定されたからといって、 警察が動かなければならない理由が、肌感覚として理解できません。。。 法律を学べば学ぶほど、市民感覚が失われていく、 という言葉を聞いたことがありますが。。。 Q 職場や家族には内密で、夜のアルバイトをしています。 某掲示板のバイト先のスレッドに、源氏名と本名が投稿されました。 そのスレッドでは元々、源氏名での誹謗中傷的な内容が投稿されていたのですが、 本名を書き込まれたことによって、私個人が特定されるようになってしまいました。 本名を投稿した人が誹謗中傷もしていたのかは、レスが違うのでわかりません。 このような場合でも、本名を投稿した人を特定することは可能ですか? 一度目は削除依頼を出し、削除してもらいましたが 削除された後も投稿されてしまいます。 このような場合、法的に追求することはできるのでしょうか? 今のところ二次被害的なものはありませんが、怖くて仕方ありません。 誹謗中傷の投稿の確認が取れなくても、弁護士や警察は取り扱ってくれるのでしょうか? 質問内容がわかりにくくて、すみません。 どうぞお力をお貸しください。 Q 先ごろ、知り合いに精神的苦痛を受け、「2ちゃんねる」にその人のHPのアドレスとと中傷を書いてしまいました。 その人は書かれた事に気づきました。 IPなどは2ちゃんの管理人しかわからないそうですが、もし書かれ主が警察、裁判所などを利用してきた場合は身元もわかり制裁が加えられるのでしょうか? 他の書き込みとかみてると、大概、酷い事をかいててて、「私も(むかついたし)書いても・・・」と、まがさして書いてしまいました。 だいたい2ちゃんなどで中傷を書いてる人は、「どこまでのライン」が訴えられないとかわかって書いているのでしょうか? あと、おそらく書かれ主は、私が書いたと大体の見当は付いてるようです。 精神的にその書き込み以前から追い詰められてて 体調も悪いです。 Q こんばんは。 自分のしでかしたことに嫌になります。 相談にのってください。 長いですが宜しくお願い致します。 去年ぐらいにネットを通じてある人を好きになりました。 遠距離でメールのみの関係で親しくなり、写メのやりとり等して付き合い始めました。 でも、一年ぐらい経つかどうかぐらいに、いきなり音信不通になって、漸く聞けた言葉は「別れよう。 好きな人がいる」と…。 相手が物凄く体が弱い為、物凄く心配して夜も寝付けれなくて仕事も手につかなかったのに…この結末でした。 私は頭で理解できず、子どもっぽく腹をたててサブアド習得し、数日間メボムをしてしまいました。 馬鹿らしい行動です。 ひょんなことから相手は私だのことに気づき、そこから気持ち悪いとか死ねだとかそんな言葉がきました。 その時はまあ仕方ないかと思い、引っ込みました。 何週間後にフェイスブック通じて謝りました。 その後は無視されています。 次、数ヶ月後ふとしたことで相手を思い出しました。 苛立ちました。 馬鹿げたことにフェイスブックを通して腹立つ、消えろ等暴言を言い合って終わりました。 スカッとしたと同時に私の人間性?も消えていく感じでした。 でも、忘れようとして頑張りましたがやはり無理でした。 夢にまで出てきてどうにもならなく、もう名前見るのも嫌で、でもやはり気になってフェイスブックを見てしまいました。 そこに書いてあったのは交際中の文字。 何にも考えられなくなって、夢中で相手に暴言の嵐。 この前に比べて暴言の度合いがキツく、送ってしまいました。 でき婚しろ、毎日エッチしてるなんて猿、フリーター等。 そして返ってきた言葉は私の本名とネット警察とフェイスブックに通報しましたという言葉でした。 そこで私ははっと頭が冷め、すぐに謝りました。 私は犯罪者になってしまいました。 いつか、警察は私のことを逮捕とか事情聴取とかにくるんでしょうか?…親にも友達にも顔向けできません。 働いてる時、今警察がきてるのではないかとか頭が過り、心配で堪りません。 反省はしています。 警察はこういうことで動きますか?教えて下さい。 こんばんは。 自分のしでかしたことに嫌になります。 相談にのってください。 長いですが宜しくお願い致します。 去年ぐらいにネットを通じてある人を好きになりました。 遠距離でメールのみの関係で親しくなり、写メのやりとり等して付き合い始めました。 でも、一年ぐらい経つかどうかぐらいに、いきなり音信不通になって、漸く聞けた言葉は「別れよう。 好きな人がいる」と…。 相手が物凄く体が弱い為、物凄く心配して夜も寝付けれなくて仕事も手につかなかったのに…この結末でした。 私は頭で理解できず、子ど... A ベストアンサー 相手は匿名で貴方も匿名でしょうか? 一版的には、匿名の相手に脅迫的なメールを送っても、脅迫罪や侮辱罪、名誉毀損罪は成立しないと思います。 相手の氏名や住所などが分かっていて、特定された実在する人にこのようなことをすると犯罪は成立します。 フェイスブックはあくまでゲームの中の世界、フェイスブックの規定に違反すれば、あなたの会員資格が削除される程度だと思います。 もうひとつ、警察は犯罪行為に触れる行為をしても、それが検挙と繋がるとは限りません。 妥当性の問題、つまり、検挙する必要性があるかも判断します。 ことは男女間の恋愛問題、別れるときには揉めたり、怒ったり、相手を侮辱したりすることが多く、今回も相手方はあなたに「死ね」等の暴言を吐いているのでお互い様、程度の差こそあれ同罪だということです。 警察が男女間の揉め事に本気で乗り出すことは、「殺してやる。 」等、実際に付きまとう等、生命・財産に危害を加える恐れがある場合で、男女間の暴言程度ではまれのように思います。 メボムは、相手のメールボックスに大量のメールを送りつけたのだと思いますが、不正アクセス禁止法には、たぶん該当せず、威力業務妨害罪になると思いますが、相手方は業務をおこなっているのではないので、これにも該当しないと思います。 警察は主に、サイバー攻撃など、不特定多数の相手方に大きな被害をもたらす行為に検挙の重点を置いていると思います。 ただし、これは素人の予想ですので、あくまで参考にしてください。 大切なのは、これ以上に相手方にかかわらないことであろうと思います。 警察が捜査に、職場に来ることはほとんどないでしょう。 本人の名誉が傷つくから避けるはずです。 もし万が一、警察に出頭を命じられたら素直に出頭して、ありのままを話し、反省の意を示せばいいと思います。 あなたが常習犯でない限り、指導・注意で終わるか、検挙されても逮捕はまずありえず、不送致、不起訴で終わってしまうでしょうし、他の人に知られることもないでしょう。 あまり、神経質にならず、今までの行為を反省し、今後絶対にしないことが大切です。 相手は匿名で貴方も匿名でしょうか? 一版的には、匿名の相手に脅迫的なメールを送っても、脅迫罪や侮辱罪、名誉毀損罪は成立しないと思います。 相手の氏名や住所などが分かっていて、特定された実在する人にこのようなことをすると犯罪は成立します。 フェイスブックはあくまでゲームの中の世界、フェイスブックの規定に違反すれば、あなたの会員資格が削除される程度だと思います。 もうひとつ、警察は犯罪行為に触れる行為をしても、それが検挙と繋がるとは限りません。 妥当性の問題、つまり、検挙する必要性... Q 2ちゃんねるに先月倒産した会社についてスレッドがあり、その会社の実情や暴露を書き込みしたところ、同スレッドに同社の元経営者らしき人物から「民事で訴えてやる!」との書き込みがありました。 私も少々、図にのって悪乗りしたのは重々承知で、これが「名誉毀損」に該当することも理解しております。 余談ですが、同社は地元でも有名なブラック企業で求人表の虚偽記載、社内盗聴、過剰なノルマによる9割近い退職率がネット上ですでに取り立たされていた状態でした。 ちなみに、名誉毀損の定義として 1 誹謗・中傷の書き込みがあるか。 2 書き込みを受けた人が、社会的信用を失い損害を受けたか。 3 書き込みを受けた事で、被害や損害の関連性が証明できるか。 4 書き込みを受けた時、反論できない環境であったか。 とありますが、私が書き込みしたのは倒産後なので 2 3 4 には該当しま せんし、本人が同スレッドに書き込みをおこなっていたわけですから 4 も論外です。 まあ、法というのは、裁判官の観念、概念に大きく左右される抽象的なものなので私ごとき素人で解釈できるものではありませんが。 そこで、質問ですがa 弁護士をたてず自分で答弁書を作り裁判に臨むことは可能でしょうか?b)その際の注意点を教えて下さいc)賠償命令がでても、現在長期疾患と離婚が重なり預貯金など強制執行で取られるものがありませんが、その後も免責で済むのでしょうか?d)刑事事件として訴訟、立件される可能性はあるのでしょうか?e 裁判の期間はどの程度をみておけばよいのでしょうか?以上、ご教授、よろしくお願いいたします。 2ちゃんねるに先月倒産した会社についてスレッドがあり、その会社の実情や暴露を書き込みしたところ、同スレッドに同社の元経営者らしき人物から「民事で訴えてやる!」との書き込みがありました。 私も少々、図にのって悪乗りしたのは重々承知で、これが「名誉毀損」に該当することも理解しております。 余談ですが、同社は地元でも有名なブラック企業で求人表の虚偽... A ベストアンサー まずはご質問の回答から a 弁護士をたてず自分で答弁書を作り裁判に臨むことは可能でしょうか? 2つの回答があります。 それは制度上可能なのかという事と、実際に可能なのかということです。 日本は弁護士を入れない本人訴訟が原則ですから、あくまで制度上は弁護士を入れない裁判は可能です。 しかし、実際はどうでしょうか? マラソンを考えてください。 大きな市民マラソンなどの場合、有名なランナーが招待選手として走りますが、そんな鍛え上げられたランナーに勝負して勝てますか? 勝負するのは自由ですが、勝つ事などありえません。 裁判も同じです。 制度上は弁護士を入れないで裁判が出来ますが、合格率2%という難関の司法試験を突破してきた弁護士と、「私ごとき素人で解釈できるものではありません」と自らいっている人がさしで勝負して勝てると思いますか? 勝てるものすら勝てなくなります。 b)その際の注意点を教えて下さい 弁護士とさしで勝負できるくらいの法律と判例を勉強してください。 c)賠償命令がでても、現在長期疾患と離婚が重なり預貯金など強制執行で取られるものがありませんが、その後も免責で済むのでしょうか? 賠償に免責というのはありません。 あなたがもう植物状態でベットから出れないほどの状態なら現実的に取れないという事はあるでしょうが、働けば毎月の給料のうち25%までは差し押さえできますし、親族の遺産も差し押さえできます。 保険金も差し押さえできます。 d)刑事事件として訴訟、立件される可能性はあるのでしょうか? 十分にあるでしょうね。 当然有罪になれば前科者です。 e 裁判の期間はどの程度をみておけばよいのでしょうか?以上、ご教授、よろしくお願いいたします。 ケースバイケースです。 最低でも半年、長いと一審で2年くらいかかったりします。 その後控訴も出来ますから、3~5年くらいかかる事もあるかもしれませんね。 なぜ理解できないのでしょう? 明確な名誉毀損ではないですか? 整理と言う事はきちんと逃げずに法的にケリをつけたという責任ある対応です。 それに対して「夜逃げした」ではあたかも、何の責任も負わずに放置したか社会的評価低下を生じさせていますので名誉毀損となるでしょう。 仮に、会社に不正があったとしても、地元の中で客観的評価に基づき有名なブラック企業である事を立証できなければ名誉毀損ですね。 ネットはウソも自由に書けるところです。 証拠になりません。 仮にあなたが言っている事が事実であっても、それが真実であると立証する義務はあなたにあります。 たとえ事実であっても、真実性の立証がなければ名誉毀損が成立します。 ましてあなたは公益目的でやったといっているのではなく、名誉毀損である事を認識してさらにやり過ぎたとまで言っているわけですから、明確な故意性があります。 100万円くらい払って終わりにするのが無難でしょう。 まずはご質問の回答から a 弁護士をたてず自分で答弁書を作り裁判に臨むことは可能でしょうか? 2つの回答があります。 それは制度上可能なのかという事と、実際に可能なのかということです。 日本は弁護士を入れない本人訴訟が原則ですから、あくまで制度上は弁護士を入れない裁判は可能です。 しかし、実際はどうでしょうか? マラソンを考えてください。 大きな市民マラソンなどの場合、有名なランナーが招待選手として走りますが、そんな鍛え上げられたランナーに勝負して勝てますか? 勝負するの...

次の

電子掲示板

爆砕 書き込み

「爆サイ」は、日本では2ちゃんねるに次いで大きな総合ネット掲示板です。 ただし2ちゃんねるとは異なり、地域ごとに掲示板が分類されている地域密着型掲示板であるという点で大きな違いがあります。 爆サイはその地域密着という特性ゆえに、個人や団体が容易に特定できてしまう誹謗中傷が蔓延している負の側面も持っています。 爆サイに個人情報などをさらされてしまった場合、すぐにでも削除したいですよね? しかし、その手順がわからなければ削除をすることができません。 今回は 爆サイの書き込みを削除するために知っておくべきポイントと削除手順を解説いたします。 さらに 投稿者の特定方法もあわせて紹介します。 「爆サイに個人情報が漏れた!どうしよう!」とお困りの方は是非目を通してください。 【爆サイ対策】削除のためのポイント1:爆サイの構造を理解する 冒頭でもふれた通り、爆サイは地域密着型掲示板です。 匿名掲示板の代名詞のように使用される2ちゃんねるの影で、実はそれ以上の誹謗中傷が横行しているとも言われています。 「地域に特化した日本最大級のローカルコミュニティサイト!」を謳い文句にしているだけあり、身近な人が見れば誰のことかわかるような投稿であふれかえっています。 イニシャルなどではっきりとは書かれていないことが多いようですが、同一の人物への攻撃と思われるスレッドが連続して立つことも日常茶飯事です。 また、 爆サイの総投稿数は2億件を突破していることもあり、すべてをチェックするのは事実上困難とも言われています。 爆サイは13の地域に分かれている 爆サイは北海道版、東北版、関東版、甲信越版、東海版、北陸版、関西版、山陽版、山陰版、四国版、九州版、沖縄版、海外版で構成されています。 さらに、各地方版の中にニュース、子育て、スポーツ、教育、政治、株式・FX、求人など仕事や生活に役立つ様々な掲示板が設置されています。 特に人気があるのが、市単位、区単位で開設されている雑談掲示板です。 爆サイでは、身の回りの困り事相談などを気軽に投稿することができます。 役立つ生活情報をゲットできる便利さがある一方で、風俗情報掲示板、出会い系掲示板といったディープな側面もあり、必ずしも健全とは言えないのも事実なのです。 爆サイの雑談掲示板は誹謗中傷被害の宝庫 爆サイで人気のある区や市単位で区切られた雑談掲示板は、地域に住む人にとって有益な情報もあれば特定の個人名の誹謗中傷スレが立ったりと、ダークな面も多いのが現状です。 特にナイトワークに携わる女性は、風俗店のHPなどに載せられた顔写真などから、本名や出身の学校名、住所などの個人情報が特定され掲示板に晒される被害に遭いやすい傾向にあります。 個人を特定された結果、つきまといや犯罪などに巻き込まれたりネット上の誹謗中傷から心身に異常をきたすケースもあるため、このような場合では一刻も早く爆サイ上の書き込みの削除対策をすることが求められます。 爆サイの削除対象にあてはまるかをチェック 爆サイの書き込みを削除するためには、該当する書き込みが爆サイの規約違反にあたるのかをきちんと熟知しておく必要があります。 爆サイ規約では、第3条の「禁止事項」で以下の行為を禁止しています。 ・他人の名誉、社会的信用、プライバシー、肖像権、パブリシティ権、著作権その他の知的財産権、その他の権利を侵害する行為 法令で定めたもの及び判例上認められたもの全てを含む ・本名、住所、メールアドレス、電話番号の記載 一般に公開されている情報・公人に関してはこの限りではありません ・犯罪予告、自殺への誘引その他他人を威迫・脅迫する旨が看取される内容を含むもの 引用: 公式サイトなどで一般的に公開されていない本名や住所、メールアドレス、電話番号については掲載するだけで規約違反とみなされるため、無条件で削除依頼を申請することが可能です。 また、個人や企業に対する脅迫などの犯罪予告も誹謗中傷とみなされ削除対象となるため、申請しても大丈夫でしょう。 爆サイに誹謗中傷が書かれているか素早く調べる方法 前述したように、爆サイには膨大な数の投稿があり、その全てに目を通して自身や会社の誹謗中傷を見つけるのは至難の業です。 しかしながら、実は、簡単に誹謗中傷投稿を全てチェックできる方法があります。 その方法とはサイトドメインと検索ワードを利用した方法です。 まず、Google検索入力画面に爆サイのサイトドメインである 「site:bakusai. com」を入力してみましょう。 続いて検索ワードを意味する 「intitle」と入力後、 誹謗中傷をチェックしたい個人名や会社名、商品名、サービス名などを入力してみてください。 そうすると、たった今入力したことに該当する投稿が検索結果画面に表示されます。 たったこれだけで誹謗中傷投稿を全てチェックすることができます。 簡単ですね。 【爆サイ対策】削除のためのポイント2:削除依頼フォームから依頼する 爆サイでは各スレッドおよびコメントが表示される 画面の最下部に削除依頼フォームを設けています。 書き込みの削除依頼はすべてそこから行うことが可能です。 基本的には問題のあるコメントごとの対応になるので、必ずコメント番号を間違えないように記入しましょう。 削除したいコメント番号が複数あっても同時に送付することはできません。 不適切な書き込みが多い場合には、面倒ですがひとつずつ申請するようにしましょう。 また、爆サイの書き込み削除依頼は必ず削除理由を記載する必要があります。 削除は理由などを利用規約に照らしあわせ、削除人の判断の下に実行されます。 たとえば、個人名や電話番号や住所を書き込むことは爆サイの利用規約違反に相当するため、直ちに削除されます。 一方で、会社の電話番号などすでにある程度公開されている情報については削除できないこともあります。 利用規約違反では「どれだけ公のものか」というのが一つの争点になります。 個人であれ法人であれ、公にしたくないと考えているものをオープンにする権利は、いかに「表現の自由」を大事にしている爆サイでも許されることではないのです。 しかし、正当と思われる理由を添付したにもかかわらず、なかなか削除されないこともあります。 なぜ、このようなことが起きてしまうのでしょうか。 【爆サイ対策】削除のためのポイント3:短時間に何度も削除依頼しない 爆サイの「よくある質問」には「管理人による安直かつ過剰な削除は、表現の自由を侵害する可能性や、違法性・有害情報の判断に於いても、裁判所の司法権を侵すことも懸念される為、慎重に行っております」との文言があります。 つまり、 削除依頼を提出してもすぐに処理されるということはなく、慎重に判断されるということになります。 個人情報がさらされている場合などは、一刻も早く削除して欲しいものです。 しかし、 爆サイでは72時間以内に同じ内容の削除依頼があった場合は威圧的削除依頼と見なされます。 業務妨害を行うユーザーに登録し、一切の依頼に応じてもらえなくなることもあるので注意してください。 また、削除人といえども相手は人間であるということも忘れてはいけません。 同様に削除人に対して威圧的な言葉を使用するのも営業妨害と見なされ、ブラックリストに入れられてしまう可能性があります。 なかなか削除されずにイライラすることがあっても、グッとこらえてできるだけ丁寧なやりとりを心がけましょう。 【爆サイ対策】削除のためのポイント4:削除依頼は専用フォーマットで! 爆サイのサイトにはメールアドレスも記載されているので、そこに削除依頼のメールを出してしまう人もいます。 「爆サイに連絡がとれればいいのではないか」 「メールの方が早そう」 などと考える人もいるかもしれません、それでは受理してもらえません。 爆サイではメールでの削除依頼は一切受理していませんし、「なかなか返事がない」と、何度も同じメールを出すことによってブラックリスト化してしまうこともあるので要注意です。 書き込み削除依頼には必ず専用フォーマットを利用するようにしましょう。 【爆サイ対策】削除のためのポイント5:利用規約を熟知する 爆サイでは、依頼主がどんなに正当な理由と思っていても、削除人に却下されてしまうことは多々あります。 削除人も主観で判断しているわけではなく、あくまでも利用規約に準拠しています。 利用規約を熟読して削除人が理解しやすい削除理由を構築するように心がけましょう。 利用規約は難しいことではありませんし、きちんと理解していることでさまざまなメリットがあります。 たとえば、一つの依頼依頼では一つのコメントしか削除できないというのは大原則です。 同じ理由で複数の投稿を削除して欲しい時にも、必ず別々に削除フォームで申請するようにしましょう。 また、削除を希望するスレッドやレスの番号を間違えていると当然ながら削除されません。 スレッド番号はスレッドの一番上にあるNO. の横の数字、レス番号はレスの の横の数字になります。 それぞれ、NO. や を省略して数字だけを記入するという点もくれぐれも注意してください。 さらに、爆サイの利用規約は他の匿名掲示板と比較していも類似しているポイントが多々あります。 いわば、平均的な利用規約といっても差し支えないでしょう。 このような時代にあっては、いつ誰がネット上で誹謗中傷されたり風評被害を受けたりするかわかりません。 いざという時に備えて削除依頼の方法とルールを勉強しておくという意味でも、爆サイの利用規約について熟知しておくことを強くおすすめします。 爆サイの書き込み削除依頼する際の注意点 爆サイで削除依頼をする際は、以下に注意して行いましょう。 削除依頼はまとめてしないこと 削除してもらいたい投稿が複数ある場合でも、申請は1度ずつ行わなければいけません。 また、1度削除依頼をしたら、72時間(3日間)は様子を見るようにしてください。 連続して削除依頼をしてしまうと、営業妨害とみなされて削除してもらえない可能性があります。 複数ある場合は、1度目の削除依頼に反応があった後に、2度目の申請を出すようにしましょう。 威圧的な態度で削除依頼を行わないこと 「すぐに消せ!」など、利用規約に反するような物言いで削除依頼をしないように注意してください。 威圧的な削除依頼も「営業妨害」とみなされて、爆サイ側にブラックリスト化されてしまい、一切の対処をしてもらえない可能性があるためです。 削除依頼が受理された場合、削除が行われる目安は72時間(3日間)です。 しかし、2週間ほどかかる場合もあるため、焦る気持ちをグッと抑えて気長に待ちましょう。 爆サイの投稿者を特定するには(IPアドレス特定) 爆サイの投稿者(書き込み者)特定するには投稿者のIPアドレスなどの情報を調べなくてはいけません。 もし投稿をした犯人を特定して訴えたい、再発防止のために話し合いたい、慰謝料を請求したいなどの考えがあるのであれば、必ず必要な情報となります。 しかし現実として爆サイ側が投稿者を公開することは100%ありません。 IPアドレスなど投稿者の情報を開示請求したい場合は法的な手続きが必要です。 そのため、ITやインターネットに精通した弁護士に依頼をして開示請求を行うことになります。 爆サイの書き込みを削除するにはプロに任せることをおすすめします 流れとしては弁護士に相談後、爆サイ側に投稿者の情報を開示する手続きを行い、プロバイダ情報を開示してもらいます。 その後にプロバイダ側に手続きをする流れとなります。 必ずご理解いただきたいことは、個人で削除依頼すると「感情的」になってしまう方が非常に多く、削除するための流れを無視してしまったり、管理人への八つ当たりをしてしまうケースが多く失敗してしまうことが多々あるように思えます。 正直にお伝えすると、一度掲示板などに書き込まれた内容や書き込んでしまった内容についてはプロに任せないと、さらなる炎上や効果のないことを行うことになるでしょう。 風評被害対策ラボは御見積り無料です。 まずは現状をご相談いただいた上で、一番の解決策をご提案致しますのでお気軽にご連絡ください。 お問合せからでもを受け付けております。 削除依頼など【爆サイ対策】まとめ 地域の生活に密着したレア情報を入手することができる爆サイは、非常に便利な反面、地方の密接な人間関係のイザコザもそのまま反映されやすい掲示板といっても過言ではありません。 地方ならではの濃密な人と人とのつながりがネットに反映された場合の怖さを垣間見ることができるメディアであるともいえそうです。 禁止事項に抵触するのかどうか微妙なものの、晒されている方としては不愉快な投稿も多々あります。 最終的には削除人の判断に委ねられているので、すべては話の持って行きようという側面もあります。 とくに注意しなければいけないのは、最初にメールで依頼してしまったなど初期対応を間違えてしまった場合です。 通常ならばすんなり削除となった案件でも、思わずこじれてしまうケースもあります。 もし、個人の削除依頼では通らなかった案件でも、専門家に依頼したところたちどころに解決したという例もあります。 風評被害対策ラボでは爆サイの書き込みでお困りの方のご相談を常に受け付けております。 投稿の削除や対策についてのご相談はからお気軽にご連絡ください。 人気の高い記事• 29,115ビュー posted on 12月 13, 2016• 16,949ビュー posted on 10月 11, 2017• 14,020ビュー posted on 9月 18, 2016• 10,039ビュー posted on 12月 9, 2016• 6,968ビュー posted on 12月 12, 2016• 5,411ビュー posted on 1月 30, 2017• 4,956ビュー posted on 2月 5, 2017• 3,278ビュー posted on 8月 14, 2016• 3,267ビュー posted on 9月 7, 2016• 2,966ビュー posted on 5月 8, 2017.

次の