にのあいブログ。 嵐 人気ブログランキング

「にのあい」のYahoo!検索(リアルタイム)

にのあいブログ

こんばんは。 流行りのに乗ってプレゼンしてみようか迷った末、にしました。 Aです。 今日はにのあいについて語ります。 私はファン歴めちゃくちゃ浅いので多分長年にのあいを見てきた方に比べ、視野も狭ければ感想も拙いかと思います。 見るに耐えねえ、と思いましたらどうぞブラウザバックで。 因みに私は普段にのあいを語ろうとするとえ、むり;;;;としか言えなくなるタイプのやつです。 お察し下さい。 それではいこう! 〜Aが思うにのあい素敵ポイント〜 まず、箇条書きでにのあいの素敵なところを書き連ねていきます。 ・が事務所に入った順では先輩 ・しかし年齢はが上 ・から「家どこ?」と聞いた ・とのキャラクターはお互いで形成しあったもの ・ことある事にの名前を出す ・最近もよくの名前出すよね ・ジャニーさんから「相葉」と呼ばれる ・先輩方から「ニノ」と呼ばれる ・二人の素敵なジュニア時代 数え切れないレベルで萌えエピソードあります ・伝説のブギダン ・にご飯誘って貰えなかっただけで地縛霊になると公言した ・公開プロポーズ ・21年の付き合い 書き出したら止まらなくなりました。 一旦止めましょう。 まず年齢です。 彼等はちょうど誕生日が半年差です。 が6月に誕生日を迎え、が12月に誕生日を迎えるまでは彼等は同い年なのです。 ここ既に素敵ポイントです。 次に、よりは後輩。 ここです。 非常に大切です。 事務所に入所したばかり、人見知りの相葉少年は戸惑っとでしょう。 そこにが話しかけた。 なおが話しかける前に潤くんが話しかけています 確か車の中でがに「家どこ?」と聞いた、という話です。 確証はないです。 雑誌の撮影かなんかだったのかなあ。 忘れてしまった。 とにかく!は後輩なんです!そこを踏まえて、今のにのあいを見ると素晴らしいものが見えると思います。 ・とのキャラクターはお互いで形成しあったもの これは私の推測です。 あくまで考察です。 そこを踏まえて閲覧していただけたらと思います。 ジュニア時代、二人のキャラクターは今とはかなり違うものでした。 は不思議系で現在のようにハキハキ司会を務めるタイプのようには見えませんでした。 も同様、むしろ以上の不思議系で天然ちゃん。 その割には兄貴らしさが強いですが、やはり口調も大分ふわふわとしていました。 そんな二人が対局のキャラクターを作っていくのです。 いや、作るというよりはなっていった、の方が正しいですね。 二人とも今も昔も変わってはいないですから。 がツッコミ、がボケ。 このキャラクターは今も引き継がれています。 最近ではがツッコミをやるようにもなりましたが、その際はこう発言していました。 これまた大分言葉が違うと思いますが、「ツッコミ出来るようになったんだな」と。 どこか寂しさを感じさせるような発言でした。 二人にとってこのキャラクター性を確立したのはとても大きかったと思います。 しかし、その点についてはまた個々のファンの方が詳しく書いて下さるでしょう。 私はここで言いたい。 お互いの人格を形成し合うシンメってもう最強じゃない?と。 出来ればを見て欲しい。 今とはまた違うにのあいを見ることが出来ます。 最近になり、のデレ度は加速しています。 相葉誕生祭には誰よりも早く名乗り出る彼です。 因みに次点でです。 この人は強いです。 特に公開プロポーズ。 『お前を信じてお前と歩んでいきたい』とかどんだけだよ。 ただのプロポーズだよ。 にのあい氷河期を乗り越えた末の二人は強い。 あぁぁぁぁ…まとまらなくなってきたのでそろそろお開きに。 まだまだ話したいことはあります、生姜焼き問題とか配線問題とか。 とにかく、私が伝えたかったのは「との関係性は一言には纏められない、しかしとても絆で結ばれている」ということです。 にだけお前、という。 の隣人、。 うん、。 ここまで閲覧ありがとうございました。 そして!すみません、また私です。 10月18日発売の嵐NEWアルバムの通常版ににのあいユニットソングが入ります!UBです。 タイトルだけなのにどんな妄想しても楽しいですね。 まだ予約されてないにのあい様は是非是非、お買い求めください。 今度こそ、ありがとうございました。

次の

二宮和也専門ブログ「にのあい」って?

にのあいブログ

今年もこの時期がやってきた、そう、歌うならくーりすますがことしーもやーってくるーとでもいいましょうか。 2013年に関してはもう、一年中愛に溢れていて嫉妬してしまうくらい…まあ嫉妬してもなにも意味はないし勝てるわけもないんだけど。 今年、「あいばさん」という言葉をあの方の口から何回発せられたか。 ラジオを聞いていれば、口を開けば「あいばさん」レギュラー番組では何かあるたび「あいつが」「あの人は」もうひどいものです。 そしていつだったかの「この人バッシュだからテンション上がってんすよ」某番組にて。 どれだけあいばさんのことを見ているか。 これに関してはA「今日バッシュだからね!」にたいして??になる会場メンバー。 すかさず「この人バッシュだからテンション上がってんすよ」何でわかんの。 でもこのときさ、あいばさんが発言したとき、しょーちゃんがトップの方見てるんだよね「この子なにゆってんの?あなたわかる?」とでもいうような目で。 「無類のバッシュ好きなんすよ」とかかっわいい意味のわからない発言する彼も彼だけど「この人バッシュだからテンション上がってんすよ」ってさらっと言っちゃうトップもさすがですよね。 さすが15年もいっしょにいたら…とか言っちゃうような人ですよね。 あーにのあいの関係性ってこれなのかな~って思うよね、すごく深い。 トップはトップ過ぎるから周りからヤバイヤバイコワイコワイとか言われちゃうけどさ 認められてるからこそ やっぱ今までの関係があったからこそ、お互いがお互いをわかっているというか…なんかグッとくるかんけいなんだよね。 だから好きなのもある。 他のコンビにはない魅力というか絶対ない信頼感安心感みたいなのを二人が持ってるんだろうね、だからこそヤイノヤイノ言われちゃう 笑 まあ確かにトップは怖いけどね。 ちょっと、「この人バッシュだからテンション上がってんすよ」が頭から離れなくてついついかいてしもうたけど、とりあえず今はこれで。 にのあいよ、にのあいであれ。

次の

【嵐】仲良し「にのあいコンビ」の幼馴染な関係がわかるエピソード集!【二宮&相葉】

にのあいブログ

わたしもWSをいくつか録画して確認しました。 そのWSでMVの紹介はもちろんですが、大野くんが描いたジャケットの絵を紹介してくれた番組がありました!!! 全てを見たわけではないので、これが全てではないですが Oha! 4 スッキリ 大野くんがジャケットの絵を描いた、と紹介してくれていました。 スッキリに関しては、天の声やまちゃんが大野くんの才能をベタ褒めしていました。 ご紹介、ありがとうございました! 肝心のMVは風景がどんどんあたり変わっていく映像がとても綺麗でした。 「カイト」にとてもあっていると思います。 2002年5月22日、アルバム「EXPLORING OF THE SPACE」内の「ROLLIE」をシングルカットしてリリース。 同時にメジャーデビューとなった。 間もなくギターのMASSYが脱退し、その後サポートギターだったTAKE-Cが加入し、現在に至る。 インディーズ時代の175Rとは繋がりが深く、2002年7月24日にスプリット・シングル「STAND BY YOU!! 」にて共作を実現。 ツアーも行なった。

次の