大変 ありがとう ござい ます。 ありがとうございました、って言い方おかしいですか

「本当にありがとうございました」の使い方と例文・敬語の種類

大変 ありがとう ござい ます

お世話になりました 例• 昨日は、お世話さまでした。 昨日は貴重なお時間をいただき、本当にありがとうございました。 昨日はお忙しい中、お時間を割いていただきありがとうございました。 昨晩はご多忙中のところ、貴重なお時間をいただきまして、誠にありがとうございました。 昨日はお忙しい中、私どものためにお時間をさいて頂き、ありがとうございました。 昨日は遠いところ、ご足労いただきましてありがとうございました。 昨日は大変貴重な機会をいただき、ありがとうございました。 昨日は素晴らしい場を設けてくださり、ありがとうございます。 昨日は、貴重なご助言をいただきまして、ありがとうございました。 娘がお世話になりました。 大変ありがとうございました• 昨日は、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。 ありがとうございました。 おもてなしのお礼 飲食や接待などで取引先や上司にご馳走になった時のお礼の言い方。 昨晩は、おもてなしをいただきまして、ありがとうございました。 お代までお支払いただきまして誠に恐縮です。 昨日はごちそうになりまして、ありがとうございました。 御社の皆様と有意義な時間が過ごせたこと、本当に嬉しく思います。 昨晩は、心のこもったおもてなしをいただきまして、誠にありがとうございました。 色々なお話しをさせていただき、楽しく有意義な時間を過ごすことができました。 昨晩はお誘いいただいた上に、ごちそうになり、ありがとうございました。 美味しい食事とともに貴重なお話を聞かせていただき、たいへん有意義な一夜でした。 昨晩はごちそうになり、ありがとうございました。 昨晩は散財(さんざい)をおかけしました。 とても有意義なお話を聞かせていただきました。 昨日は会食にお招きいただき、ありがとうございました。 昨日はお忙しいなか、会食にお誘いくださり、ありがとうございました。 昨日はお招きいただき、ありがとうございました。 おかげで楽しく素敵な時間を過ごせました。 昨日は美味しい食事をご馳走していただき、本当にありがとうございます。 またお供させてください。 昨晩は食事会にお招きいただき誠にありがとうございました。 昨日は、ごちそうになり、ありがとうございました。 昨夜は、とても楽しませていただきました。 ごちそうになりました。 昨夜は散財(さんざい)をおかけしました。 昨夜はご一緒させていただき、ありがとうございました。 おもてなしの感想 おもてなしのお礼とともに、有意義な時間を過ごせた喜びを相手に伝えましょう。 普段お聞きすることのないようなお話を伺うことができ、大変勉強になりました。 普段は、お聞きすることのないお話も伺うことができ、とても勉強になりました。 仕事やプライベートの相談にも乗っていただき、本当にありがとうございました。 楽しい話題ばかりで、つい飲み過ぎてしまいました。 様々なお話をお聞かせ頂き、貴重なお時間を過ごせて、大変勉強になりました。 来店、来訪、参加のお礼 お客様にこちらまで来ていただいたことへのお礼の一言。 昨日はご多忙中のところ、打ち合わせのために弊社へお越しくださり、ありがとうございました。 昨日はお忙しい中、弊社(当店)を訪問してくださり、ありがとうございます。 昨日も当店にご来店頂き誠にありがとうございました。 初の開催で慣れない部分もありましたが、ご参加くださいまして感謝しております。 協力・対応へのお礼 上司・先輩・同僚・先生・お客様などにお世話になった時のお礼の言葉。 お心遣いに心から感謝いたします。 ありがとうございました。 昨日は適切なご対応をしていただき、感謝しております。 御社スタッフの昨日の敏速な対応に、大変感謝しております。 このたびは弊社のイベントにご協力いただき、心より感謝申し上げます。 開催のお礼 誕生会、送別会、お祝い会、忘年会などでお世話になった人や幹事へのお礼。 昨日は誕生会を開いてくださり、ありがとうございました。 昨日は忘年会を開いてくださり、誠にありがとうございました。 結婚式の二次会の幹事を務めて頂き、ありがとうございました。 昨日はとても楽しい時間をありがとうございました。 昨日は盛大な送別会を開いていただき、本当にありがとうございました。 贈り物のお礼 プレゼントを受け取った時のお礼と感想。 とても気に入りました。 昨日はお心のこもったプレゼントを頂きましてありがとうございます。 助言・指導のお礼 例• 昨日はいろいろと仕事の相談にも乗っていただき、本当にありがとうございました• 昨日は普段お聞きすることのないようなお話も伺うことができ、大変勉強になりました。 昨日は心のこもったアドバイスをくださり、本当にありがとうございました。 昨日は長時間にわたる面談をしていただき、ありがとうございました。 ご多忙の中、ご指導いただき、本当にありがとうございました。 昨晩はお忙しい中、無理なご相談にお付き合いいただき、誠にありがとうございました。 昨日は激励のお言葉をいただき、ありがとうございました。 ありがたいお言葉、肝に命じておきます。

次の

「誠にありがとうございます」は正しい敬語?お礼の敬語表現と例文集

大変 ありがとう ござい ます

「お心遣いありがとうございます」の意味と使い方 「お心遣い」の読み方は「おこころづかい」 「お心遣い」の読み方は、 「おこころづかい」です。 「お心遣い」の意味は「人のためを思っていろいろと気を使うこと」 「お心遣い」の意味は ・人のためを思っていろいろ気をつかうこと ・祝儀、心付け になります。 「お心遣い」は、「相手のことを思いやり、相手の立場になって考えた言葉や行為」のことを表しています。 「お心遣いありがとうございます」は相手の思いやりに対するお礼・感謝に使う 「お心遣いありがとうございます」は相手から思いやった行動をしてもらったときに、感謝を伝える言葉として使います。 そのため相手から何もしてもらっていないときに使うと不自然になります。 「お心遣いありがとうございます」がビジネスに不向きな2つの理由 「お心遣い」は意味的に"真心"や"おもてなし"を指す 「お心遣い」は意味的に「真心」や「おもてなし」「気持ちのこもった行為」を指します。 ビジネスにおいては、真心というよりも利害関係を意識して行動取るのが普通ですので、「相手の真心に対して感謝する」ということはあまりないでしょう。 「気遣い」や「配慮」の方が使われることが多くなります。 よって、ビジネスシーンで「お心遣いありがとうございます」の使用頻度はあまり高くないでしょう。 「お心遣い」は和語 訓読み なので、口語や手紙、挨拶文に適している また、「お心遣い」は和語です。 和語は柔らかい響きがあり、口語や手紙などで使うのに適しています。 また、ビジネス文章に訓読みの言葉はふさわしくないとされています。 そのため音読みの「ご配慮」などを使いましょう。 「ご配慮ありがとうございます」については後述しています。 「お気遣いありがとうございます」との違い 「お気遣い」の意味は「気を使うこと」「心配や気がかり」 「お気遣い」の読み方は、 「おきづかい」です。 まず「気遣い」の意味は、 ・あれこれと気をつかうこと ・好ましくないことが起こるのではないかという心配・気がかり になります。 それに尊敬を表す接頭語「お」をつけて「お気遣い」となるため、目上の相手に使います。 「お気遣い」を使う場面は ・相手が自分に対して気を使ってくれたことに、感謝を伝えたいとき ・自分が相手に対して気を使う必要はない、という思いを伝えたいとき の2つがああります。 「お気遣いありがとうございます」は1つ目の感謝を伝えたいときに使います。 気遣う必要がない、といった場合は「お気遣いはなさらないでください」などと使います。 「お心遣いありがとうございます」の類語・言い換え 「ご配慮ありがとうございます」が定番 「ご配慮」は 「相手が自分に配慮をしてくれたこと」の敬語表現であり、それに対して感謝をする時に使います。 そのため、目上の相手が自分に対して心遣いをしてくれた時に使う言葉となっています。 例文 ・ご配慮いただき誠にありがとうございます。 ・この度は私の体調をご配慮くださり、誠にありがとうございました。 ・日頃より格別のご配慮を賜りまして、誠にありがとうございます。 ・御社におかれては寛大なるご配慮を賜り厚く御礼申し上げます。 「ご配慮ありがとうございます」は 「相手が自分に配慮をしてくれたこと」に対する感謝を表した言葉です。 敬語表現のため、目上の相手が自分に対して心遣いをしてくれた時に使う言葉となっています。 「配慮」は「はいりょ」と読み、「他人に対して心をくばること、よく考えて行う心遣い」という意味です。 「配意」は「はいい」と読み、「心を配ること、心配、配慮」といった意味があります。 「ご配慮ありがとうございます」などと同じように使うことができますが、あまり一般的ではなく少し堅い言葉となります。 そのため敬意をしっかり払うべき相手や、普段関わりの少ない相手に対して使うと良いでしょう。 例文 ・ご配意をいただき、誠にありがとうございます。 ・御社におかれては寛大なるご配慮を賜り厚く御礼申し上げます。 「ご配意ありがとうございます」だと少し堅い語に 「ご高配」は 「相手の配慮」に対して敬意を払った言葉になります。 「ご高配」は主にビジネス文書やメール、手紙などの挨拶文として用いることが多くあります。 特に取引先や顧客などに対して用いられています。 「ご高配賜りありがとうございます」「ご高配に心より感謝申し上げます」などといった形でもよく使われます。 例文 ・平素は格別のご高配をいただき、誠にありがとうございます。 ・ここに謹んでご報告申し上げますとともに、これまでの皆さまのご支援ご高配に心より感謝申し上げます。 ・拝啓 時下益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます。 日頃より当社の事業に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 「ご高配ありがとうございます」だとより丁寧なニュアンスに 「ご厚情ありがとうございます」はかしこまった挨拶文でも使われる 「ご厚情」は 「厚いなさけ」「心からの不快思いやり」の敬語表現となります。 「ご厚情を賜り」「ご厚情の賜物」など、かしこまった挨拶文でもよく用いられている表現です。 ビジネスシーンにおける歓送迎会、送別会、納会、宴会など行事や年賀状、暑中お見舞い状などの挨拶以外にも、結婚式や就任セレモニー、祝賀会、葬儀など式典で使うこともあります。 例文 ・昨年中は並々ならぬご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。 ・今回のプロジェクトが成功したのは、皆様のご厚情の賜物でございます。 ・この度は、退職に際してお心のこもったご祝詞を頂戴し、誠にありがとうございます。 在職中は、一方ならぬご厚情をいただき、感謝申し上げます。 ・皆様のご厚情にお礼を申し上げたく、ささやかではありますが下記の通り宴会を催したく存じます。 「ありがとうございます」の代わりに「痛み入ります」を使うのもOK 「痛み入る」は「いたみいる」と読み、 相手の親切や好意に恐縮し、感謝することという意味があります。 「痛み入ります」は、他人からの好意や親切に感謝しつつも、自分には(その親切が)もったいないと思い、胸が痛くなるほど申し訳なくなるということを表しています。 しかし「痛み入ります」は目上の相手に対しての敬語として使われる言葉で、「謝罪」の気持ちではなくあくまでも「感謝」の気持ちを表します。 例文 ・ご面倒をおかけすることになり、痛み入る思いです。 ・小暮様のお心遣い、誠に痛み入ります。 ・この度の急な申し出を引き受けていただき、ありがとうございます。 皆様のお気遣い痛み入ります。 「お心遣いありがとうございます」への返事・返信 「どういたしまして」は不自然 「心遣い」は相手に対して思いやりの行動です。 それに対して感謝を述べられたときは「どういたしまして」ではなく、ここでも謙遜していることを表現しましょう。 「とんでもないことでございます」「滅相もないことでございます」が定番 「とんでもない」を丁寧にした言葉が「とんでもないことでございます」、「滅相もない」を丁寧にした言葉が「滅相もないことです」です。 「とんでもない」も「滅相もない」も「そんなことはない」といった意味になります。 相手から褒められたりした時や感謝された時に、謙遜や遠慮の意味も含めて「褒められるほどではありません」「感謝されるほどではありません」といった意味合いで使います。 ただ否定の意味合いがある言葉ですので、「感謝したのに否定されてしまった」と思われてしまうことがあるため注意しましょう。 「您」は「あなた」の丁寧な言い方です。 「的」は日本語の「の」にあたります。 」 「お気遣いありがとうございます」の韓国語は「신경써주셔서 감사합니다. 」です。

次の

昨日のお礼の言葉 |#話術.com

大変 ありがとう ござい ます

「いつもありがとうございます。 」の敬語表現をご紹介する前に、そもそも敬語とはどうゆうものなのか説明させていただきます。 敬語とは相手を敬う時に使う言葉遣いです。 敬語を種類に分けると主に三つに分類することができます。 その三つは「丁寧語」「尊敬語」「謙譲語」となります。 丁寧語は立場に関わることなく使用する身近に使われている敬語です。 尊敬語は相手の言葉や動作を高め敬意を表すときに使用する敬語です。 そして最後に謙譲語ですが、自分の動作を一歩引いて、相手に対し尊敬の気持ちを示すときに使用する敬語となってきます。 まずは敬語とはどのようなものなのかきちんと知ることで「いつも、ありがとうございます。 」の敬語表現を自然と身につけることができてきます。 「いつもありがとうございます」敬語での使い方 仕事を円滑にするために、言葉使いはとても重要になってきます。 先ほど説明したように敬語とは、目上の人や相手を敬うときに使う大切な気持ちの表現方法です。 「いつもありがとうございます」も、敬語の一つの表現の仕方で正しい使い方です。 「ありがとう」を主体として伝えたい言葉使いなので、装飾語などもつけることでより一層相手の方へ気持ちを伝えることができます。 「いつもありがとうございます」の敬語の種類にはどんなものがあるの? 「いつもありがとうございます。 」の敬語の種類は他に、「誠に まことに ありがとうございます。 」があります。 お付き合いの時間が長くなるほど「ありがとう」を伝えるときには敬語の使い方というより、その時に合った装飾語や言葉の言い回しを配慮することが必要になってきます。 「ありがとう」を伝える他の言い回しの一つとして「感謝」という言葉を使うこともいいでしょう。 「いつもありがとうございます」の使い方 「いつもありがとうございます。 」の言葉の使い方は、普段お世話になっている方々へ多く使用する場面が増えます。 初めて一緒にお仕事する方への「今回は誠にありがとうございました。 」から「いつも」へと、言葉が変わることは長くお付き合いする方々に向けられた言葉です。 顔を合わせ、きちんとお礼を伝えることができる時と、通信機器を介した時の言葉の使い方には注意が必要となります。 「誠にありがとうございます」の使い方 互いに忙しく顔を合わせて仕事ができない時、電話のタイミングなどが合わないと、いう場合メールはとても便利です。 その便利で手軽な機能のメールでの感謝の伝え方もまた疎かにしてはいけません。 メールで「いつもありがとうございます」の使い方は、文面の最初ではなく、最後の締めとして使用しましょう。 最初と最後の文面は印象に残りやすく最後の締めは大事です。 仕事の要件を伝えることも重要ですが、そのことばかりに気を取られお礼を忘れてしまうと結果的に感謝をしていても伝わらず、仕事に悪影響を及ぼす場合もあります。 目の前に相手がいないときこそ言葉使いや敬語の使い方には気をつけましょう。 「いつもありがとうございます」の使い方|メール編注意点 メールでお礼を伝える場合に厳格なルールはありませんが、注意事項として長文メールは送らないようにしましょう。 あまり長すぎる文章であると、感謝の心も伝わりにくくなってしまいます。 送信前に読み返し、文に誤りがないか確認することも忘れないようにしましょう。 また、深夜や早朝はできるだけ避けるようにしましょう。 メールは手軽でお互い時間が合わないときなどとても便利なツールです。 その便利なツールでも気遣いを忘れないことで「いつもありがとうございます。 」の気持ちも伝わりやすいです。 「いつもありがとうございます」の使い方|電話対応編 ビジネスでの感謝を伝えるべきシーンはマナーとして心得ておきたいものです。 お礼の伝え方として「いつもありがとうございます。 」と言葉と同時にきちんとしたおじぎもできるようにしておきましょう。 」や「いつもご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 」「普段からお世話になっており、大変ありがとうございます。 」などスマートに言えると好印象を持ってもらうことができ、相手の方へも喜んでもらえます。 「いつもありがとうございます」の使い方|上司編 毎日顔を合わせる上司への感謝の伝え方はとても大切です。 使うシーンも多いことでしょう。 口頭で伝えることが多くありますが、時にメールも必要です。 あまりかしこまった文面にしてしまうと、胡散臭い印象を与えてしまうことになりかねないので注意しましょう。 身近な上司へこそ「いつもありがとうございます。 」は、忘れてはいけない気持ちであり、言葉です。 謙譲語を使い自分の気持ちを丁寧語を加え表現すると伝わりやすいです。 「いつもありがとうございます」の使い方|上司へのメール編 顔を合わせて仕事をする上司への「いつもありがとうございます。 」の、メールでの使い方ですが、上記で説明したとおり、あまりかしこまりすぎない文面にしましょう。 自分から送ったメールに対して返信がきた場合「ご返信ありがとうございます」を付け普段お世話になっている感謝の気持ちの「いつもありがとうございます。 」を付け加えるようにしましょう。 上司からメールが送信されてきた場合、仕事に関するメールであるときこそ早めに対応できるように心がけてください。 また、早朝や深夜に受信したメールの場合その時間に送ってくれたことについてもお礼を送れるようにしておきましょう。 小さな気づきと心使いができるようにアンテナを張って感謝を伝えるタイミングを逃さないようにしておきましょう。 「いつもありがとうございます」の使い方|接客編 顔を合わせたときのビジネスマナーは緊張しがちです。 「いつもありがとうございます。 」と言いたいのに、「ありがとうございます。 」ではなく「すみません。 」が癖がついてしまっている人も多く在ります。 すみませんではなく、ありがとうございますが自然と言えるように心がけておきましょう。 そして使い方と同時におじぎの仕方にも気をつけるようにしましょう。 言葉の後に敬礼をするとより心がこもって感じます。 「いつもありがとうございます」の使い方|おじぎ編 おじぎが自然とできる人は好印象を得ることができ、そして信用される人にもなれます。 敬語と同じようにおじぎは、日本人の美しい習慣です。 感謝の気持ちを伝えるときに、きちんとおじぎができると、いつもありがとうございますという言葉も行動が伴って見え、きちんと伝えることができます。 接客の際「いつもありがとうございます。 」と言葉の後におじぎができるようにしましょう。 言葉と同時におじぎをしてしまうと、急ぎ足に見え心を込めたせっかくの言葉が台無しになってしまいます。 「いつもありがとうございます」の使い方|おじぎの作法編 ビジネスシーンで使うおじぎの種類は主に三種類あります。 「会釈」「敬礼」「最敬礼」の三つです。 「いつもありがとうございます」の言葉の後に三つのおじぎを、相手方との関係性やその時々のシーンに合わせ使いこなせるようになるようにしておきましょう。 「会釈」は軽いおじぎです。 人とすれ違うときにする機会の多いおじぎの種類になります。 挨拶と同時にすることが多いでしょう。 軽いおじぎではありますが、敬意を込めできるようにしておきましょう。 「敬礼」は一般的なおじぎです。 お客様を見送るときは敬礼をするようにしましょう。 体の前に両手を重ね「いつもありがとうございます」と言葉を伝えたあとに頭を下げます。 「最敬礼」はもっとも丁寧なおじぎです。 「いつもありがとうございます」をより伝えたいときやお客様を出迎えるときに最敬礼で伝えるようにしましょう。 「いつもありがとうございます」の敬語例文 敬語で「いつもありがとうございます。 」の例文をいくつか紹介していきます。 ありがとうございます。 」と間接的な言葉を間に挟む使い方も丁寧で好印象です。 上記を参考に「日ごろから、お心使いをいつも頂き、ありがとうございます。 いつも本当にありがとうございます。 」など気持ちを込めた敬語を使うこともまた感謝の心が伝わりやすいです。 メールの場合「いつもありがとうございます。 」を件名に入れることもいいでしょう。 何を一番伝えたいのか題名にすることで気持ちが伝わります。 「いつもありがとうございます」の別の敬語表現例 「いつもありがとうございます。 」普段何気なく使っている言葉ではありますが、時にかしこまりつつ、大切にしていきたい大事な日本語です。 挨拶と同じで社会人として、感謝の言葉をきちんと伝えることができる人は印象もよく、人として高い評価を得ることができます。 人を敬う気持ちを持つことは相手のために、そして自分にとっても大切な事です。 ビジネス現場では年代や業種、立場などさまざまな人々と関係を築いていかなくてはなりません。 きちんとその時やその人との関係性にあった感謝の言葉を伝えるように心がけていきましょう。 そうすることで、お仕事もうまく運ぶことができます。 「いつもありがとうございます」を大切に使うようにしましょう。

次の