仏壇 マンション。 お仏壇やお位牌・各種仏具のネット通販専門店|ひだまり仏壇

仏壇・仏具の専門店 メモリアル仏壇

仏壇 マンション

マンションに置くことができる仏壇を豊富に揃えています。 小さなスペースにも飾ることができるミニ仏壇。 いつでも故人の存在を感じることができ、心穏やかに過ごせます。 住環境の変化、マンション暮らしが多くなってきた近年人気のミニ仏壇です。 ライフスタイルに合った仏壇で新しい祈りのかたち 手元供養におすすめのミニ仏壇ならマンションにもぴったり。 コンパクトなサイズ感でリビングはもちろん、寝室などちょっとしたスペースにもディスプレイ可能です。 カラーリングやデザインもバリエーション豊富で、インテリアになじむ落ち着いたテイストも魅力。 生活スタイルに合わせて仏具を組み合わせることができ、自分らしさを生かしながら大切な故人へ祈りを捧げることができます。 マンションに置く仏壇で気を付けたいポイント マンションの限られたスペースに仏壇を置く場合、どこに置いたらよいか迷いがち。 小さくてデザイン性に優れた仏壇なら、生活スタイルは変えずに祈りの空間を演出できます。 ただし木製の仏壇は曲がりやすく湿気に弱いため、直射日光が当たらず風通しのよい場所がベスト。 直射日光の当たらない、安定した場所に安置してください。 登録された配送先情報やクレジットカード情報を利用してお買い物できます。 ご購入商品のお支払い情報を番号で管理します。 入金システムに反映されるまで多少お時間がかかりますので、ご入金頂きました当日の発送に間に合わない場合は、翌営業日の発送となります。 請求書は、商品とは別に郵送されますので、発行から14日以内にお支払いをお願いします。 ご利用限度額は累計残高で税込55,000円迄です。 ご利用者が未成年の場合、法定代理人の利用同意を得てご利用ください。

次の

マンション用の小さな仏壇に通販で買い替えた時の選び方とおすすめ購入先

仏壇 マンション

現在の仏壇事情はそういった様々な場合に合わせた商品がたくさんあります。 たとえば、現代仏壇や家具調仏壇といったおしゃれな仏壇や、大小様々なサイズも取り揃えられています。 ですから仏壇選びには困りません。 むしろ候補が複数あって選択に困るかもしれないほどです。 また仏壇というと、広い仏間の一角にドーンと構えている印象がありますね。 ですが、最近のマンションの空間利用は狭くても本当に機能的にできていますから、 マンションのリフォームも様々なパターンが組めて、仏壇の安置方法の提案までなされています。 また、上記のような現代志向の仏壇を利用すれば、リフォームほど費用はかかりません。 そいったことも含め、マンションでの仏壇の安置に心配することはなさそうですよ。 おしゃれな仏壇といっても、仏壇専門店によるきちんとしたマナーに沿った商品ですし、配置などの提案もマナーに沿った内容ですから心配は要りません。 仏壇の選び方 仏壇の選び方でも、マンションだと悩みますね。 すでにお住まいになっている場合、困るのは配置場所だと思います。 そういう場合は、仏壇が小型のものが購入の決め手になります。 最近の仏壇には大きさが色々あります。 小型なものだと、高さが30cm~60cm程度。 巾が30cm~60cm程度のものまで揃っています。 また、中古マンションを購入予定で、インテリアがいじれない場合でも小型の仏壇ならば配置できますね。 最近の仏壇にはサイズだけでなく、インテリアに合わせたなおしゃれなデザインも豊富に揃っていますから、家具の一部として配置できます。 これから新築マンションを購入する場合は、建築前であれば内装をリクエストできる場合が多いはずです。 中古でもリフォームしてからお住まいになる場合もそう。 仏壇の選び方でも、モデルルームや内覧会で、どこに仏壇を配置するかをその段階から考えておくといいですね。 予算の関係もありますが、すでにお住まいの場合、上記の様な仏壇を購入するか、リフォームという手ももちろんあります。 マンションを専門に扱うリフォーム会社であれば、 小規模のちょっとしたリフォームも可能ですし、はめ込むだけのほぼ完成された商品もあります。 仏壇の配置専門のリフォームも提案されています。 また、そういったパンフレットだけでも仏壇選びや配置の参考になりますから、ご覧になってください。 形より気持ち!狭いアパートでも場所を取らない仏壇を探す 大事なのは気持ち 仏壇の要・不要については、人によって意見が分かれるところ。 「絶対必要!」という人もいれば「いらなのでは」と感じている人もいるでしょう。 しかし、究極的には、必要不可欠なものではないと言っても過言ではありません。 大事なのは、故人をしのぶ気持ちです。 どんなに豪華な仏壇を置いていたとしても、故人に対する気持ちが全くなく単なる義務感だけで買ったのであれば意味はありません。 それよりは、仏壇はなくとも遺影に向かって毎日手を合わせることのほうがずっと価値があるのでは? 値段もピンキリで、高いものだと数百万円もしますが、もし購入するとしても自分の身の丈に合った仏壇で十分気持ちは伝わります。 月並みですが、大事なのは「形」ではなく「心」なのですから。 具体的な掃除方法は? 「大掃除って言われてもよくわかんないから、とりあえずホコリを払って水拭きしておくか~」という気軽なノリではいけません! かえって仏壇を傷めてしまうことにもなり兼ねませんのでご注意を。 傷や皮脂汚れの付着を避けるためにも、大掃除の際には必ず白手袋を装着しましょう。 順番としては、まずは扉の中の仏具を全て取り出します。 普通の床掃除だって、掃除機をかける前に床の物を片付けますよね。 そして、毛バタキを使って念入りにホコリを払って。 細かい装飾がついている部分は難しいかもしれませんが、念入りに行いましょう。 次は、水しぼりした柔らかい布を使ってこびりついた汚れをOFFします。 その際、 すぐに乾拭きをすること! 仏壇の素材は木なので、水気に弱いのです。 カビてボロボロになっちゃった(泣)なんてことを防ぐためにも、水には注意しましょう。 金箔や金粉の部分については、さきほどの毛バタキでホコリを払うにとどめてください。 非常に繊細な造りになっているので、布拭きで簡単に剥がれ落ちてしまうことがあります。 一番購入に向いているのは入居時 私は仏壇、仏具の販売経験がありますので色々なご家庭のお仏壇事情に関わりました。 まず、仏壇を買おうと思う切っ掛けですが、家族にまだ誰も亡くなられた方が居なかったのが 急に入院されて、どうも経過が良くない。 そんな時に下見に来られる方がいらっしゃいました。 ご自分がつらい時に、家族の死後を考えるお姿は辛そうでした。 ゆっくり検討できるのはやはり分譲マンションに入居されるその時です。 家具を揃えるそのついでにご購入されておくのがお勧めです。 ちょくちょく家具の配置換えをしそうだな、との思いがありましたら小さ目のお仏壇をお勧めします。 箪笥の上に置けるような大きさのものが近年は実際に良く見られています。 イメージとしては、電子レンジの大きさくらいのものもあるんです。 購入、検討に向かない日 仏壇を購入すると新仏(そのお家で初めて亡くなられた方を指して言います)が出てしまう、と昔は言われていたようで、それを気にされるご年配の親戚から苦言を呈されるかも知れませんが、それは流石に根拠は無いですのでご安心を。 購入、ご検討に際して日取りを気にされる方もおられます。 赤口や友引、仏滅と言った言葉がカレンダーに並んでいるあれのことです。 仏滅だからお仏壇を買うのは避けよう、と実際に言われたこともありましたが、 この日取りは仏教とは関係ありません。 端的に言ってしまうと昔の、平安貴族が外出の際も方向を気にしていた時代の暦占いの名残です。 ですがお仏壇は一度買うとずっとお手入れするので、仏滅の響きが気になって仕方ないなら他の日に購入、お納めの日は決めても良いでしょう。

次の

仏壇の上・・・天井に「天」って書くってほんとうですか?

仏壇 マンション

省スペースな仏壇の種類 マンションなどにオススメな仏壇のサイズ マンションでの仏壇の置き場所は? マンションの場合、戸建てと違い、仏間などなく、部屋数や広さも限られていることと思います。 限られた部屋の中から、仏壇を安置する場所を決める際には、以下の点を確認しながら選ぶと良いでしょう。 ・風通しが良く、直射日光が当たらない場所 (例)リビング、和室 仏壇は繊細なものになりますので、湿気が多かったり、直射日光が当たったりすることで カビが生えたり、変色したり、場合によっては壊れてしまいますので、注意が必要です。 ・人が集まり、手を合わせやすい場所 (例)リビング、和室 仏壇に手を合わせるのは、1日2回なので、1年間で約730回となります。 これだけの回数手を合わせるため、少しでも手を合わせやすい場所を選びましょう。 ・正座をした際、ご本尊が自分の目線より上になる場所 自分の目線より下に安置した場合、仏様を見下すことになるため、失礼な行為となりますので、 注意が必要です。 不安な場合は、事前に安置を予定している場所に正座をして確かめることをお勧めします。 ・神棚と向かい合わせにならない場所 神棚と向かい合わせにした場合、片方を拝んでいる間、もう片方にお尻を向けてしまうことになり、 とても失礼な行為となりますので、気をつけましょう。 マンションへ仏壇を移動するなら マンションへ仏壇を移動する場合、移動前と移動後に行う儀式がありますので、以下をご参照ください。 これは、仏壇の安置場所を移動する場合には、必ず必要となりますので、事前に執り行ってくださる お坊様もしくは業者に予約を入れておきましょう。 また、マンションへの移動を機に、新しい仏壇を購入するために、古い仏壇の処分が必要な場合は、 お寺のお坊さま、仏具店もしくは廃棄専門の業者に予約をしておくことをお勧めします。 一般的に、新旧の仏壇を同時に安置することはありませんので、注意が必要です。 (移動前に執り行う儀式) ・閉眼供養:仏壇に宿っている魂を抜く儀式となり、「魂抜き」とも呼ばれます (移動後に執り行う儀式) ・開眼供養:新しい仏壇に魂を入れる儀式となり、「魂入れ」とも呼ばれます 仏壇を置く場所が無い方にお勧めの「自宅供養」 家族葬など、規模の小さい葬儀の普及とともに、少しずつ認知されてきている、故人を供養する方法の一つで、 「手元供養」とも呼ばれています。 一般的に故人の遺骨はお墓もしくは納骨堂に納めますが、自宅供養の場合は、遺骨もしくは 遺灰を骨壷に入れて自宅に安置したり、ペンダントなど身につけるものの中に納めたりします。 そのため、仏壇を安置する場所が無い方やお墓や納骨堂が遠方にあり自宅供養を希望されている方、 もしくはお墓や納骨堂の購入を控えたい方などにお勧めしたい供養の方法となります。 自宅供養や供養の方法について分からない方にとっては、不安が多いかと思いますが、こちらで、 自宅供養の方法やメリット・デメリットについて詳しく説明していきますので、ぜひ、お役立てください。 自宅供養の方法 まずは、自宅供養の方法についてご紹介します。 自宅供養の方法は大きく分けて「全骨供養」と「分骨供養」2種類あります。 全骨供養は、火葬後収骨した遺骨全てを骨壷に入れて、自宅に安置して供養する方法となります。 対して、分骨供養は、遺骨の一部を骨壷や置物、ペンダントや指輪の中に収骨したり、遺骨そのものを ブレスレットやペンダントに加工したりして供養する方法となります。 全骨供養と分骨供養とで、 どちらの方法の方が供養として良いということはありませんので、ご自身の好みや生活スタイルに合う方を選ぶと良いでしょう。 ちなみに、地域によっては遺骨全てを回収する風習がありませんので、全骨供養と言っても意味合いが 変わってくる場合があります。 大きく分けて、西寄りの地域は遺骨の一部のみを収骨しますが、 関東圏始め東寄りの地域は全ての遺骨を収骨します。 もし、西寄りの地域で火葬をされる場合で、全ての遺骨を収めたい場合は、 事前に葬儀会社や火葬場に相談されることをお勧めします。 自宅供養で仏壇を設置しない場合はどうしたら良いの? 自宅供養で仏壇を設置しない場合は、「飾り棚」と呼ばれる手元供養のものを置くための棚を使うことをお勧めします。 サイズとして、1m以内の物が主流となっていますので、狭い場所にも設置しやすくなっています。 自宅供養のメリット・デメリット 自宅供養が拡がりつつありますが、やはりメリットとデメリットがあります。 自宅供養を希望される場合は、メリットとデメリットを比較して決めることをお勧めします。 (メリット) ・出費が少なくてすみます 墓や納骨堂を準備する場合、一般的に数十万円〜数百万円に管理費が発生しますが、 自宅供養の場合は墓や納骨堂にかかる費用が発生しない分、安くてすみます ・故人に側にいて欲しいという願いが叶います 大切な方の死は受け入れ難く、いつまでも側にいて欲しいと思うものです。 自宅供養の場合、遺骨が側にあることで、故人が側にいてくれると思え、支えにすることができます ・子供への負担が減ります 少子化が続いて、兄弟がいない子供も増えてきている中、 子供にお墓や納骨堂を守っていくという負担をかけずに済みます (デメリット) ・自分が死んだ後の問題 自分が生きている間は供養をすることができますが、自分が亡くなった後は、 残された家族は自宅供養を続けるか、改めて墓や納骨堂を購入することになってしまいます。 ・自宅供養の受け入れ 周りの人が全て、自宅供養を受け入れているわけではありません。 四十九日を過ぎて納骨をしていないと、故人が成仏できないという、昔からの言い伝えもあり、 特にお年を召された方々には受け入れてもらうことが難しいと考えましょう。 ・遺骨の紛失 自宅で供養をしていて、水害や地震などの天災が原因で、遺骨がなくなってしまう場合があります。 特に全骨供養の場合、天災の発生により、故人の遺骨を全て無くしてしまうことになります。 自宅供養を行う場合の注意点 自宅供養を行う場合、いくつか注意することがあります。 これは、ご自身だけの問題ではありませんので、 必ず確認することをお勧めします。 ・身内の方々の賛同を得てから行いましょう まだ一般的でない供養の方法となりますので、人によっては快く思えないことがあります。 ご自身以外の方の気持ちを差し置いて勝手に決めてしまった場合、いさかいが生じたり、わだかまりや しこりを残したりすることになってしまいます。 必ず事前に相談をし、決めておきましょう。 ・お寺に事前に連絡しましょう 決まったお寺がある場合は、お坊さまは納骨されるものとして準備を進められることがありますので、 事前に自宅供養であることをお知らせしておきましょう ・カビが生えないように気をつけましょう 骨壷に入れた遺骨は、高温多湿の環境に置いた場合、カビが生えてしまうことがあります。 防止策としては、骨壷を入れてあった桐箱に入れたまま安置することをお勧めします。 また、高温多湿を避けるために、安置している部屋はエアコンなどで、最適な環境づくりをしましょう。 ・葬儀会社に事前に伝えておきましょう 葬儀をお願いした葬儀会社に事前に伝えておくことをお勧めします。 事前に伝えておくことで、自宅供養に関しての助言等もらえることが多いためです。 まとめ マンションを中心に狭い場所での仏壇の設置や自宅供養について説明してきましたがいかがでしたか。 身内の死はまだ先だと思っている方も多いと思いますが、死は突然やってくることもあります。 ご自身で決められていることや希望がある場合、早めに調べて、身内で相談しておくことで、 ご自身にとっても、故人にとっても、気持ちの良い供養の形になることでしょう。 商品のお届けについて 振込確認日より10日前後で発送いたします。 (位牌の場合は、位牌原稿とお支払いの確認が取れてから10日前後で発送いたします。 ) お振込のタイミングによっては、取扱い在庫がなくなる場合があります。 送料について すべての商品を、 送料無料で全国にお届けいたします。 お支払いについて お支払い方法はクレジットカード、または銀行振込からご選択いただけます。 期日内にお振込みの確認ができなかった場合はキャンセルいたします。 返品交換・キャンセルについて ご注文後のキャンセルは承っておりません。 予めご了承ください。 お仏壇の返品に関してはをご覧ください。 ご返品、交換を承ります。

次の