豚 バラ ブロック 料理。 豚バラブロックの油の部分

豚ブロック肉のレシピ一覧|おいしいレシピ

豚 バラ ブロック 料理

こんにちは~筋肉料理人です! 今日はビールのつまみによし、ごはんのおかずによしの「豚バラ肉」を自宅でおいしく焼く方法を紹介させていただきます。 豚バラ肉は、串焼き屋さんのように炭火で遠火の強火、で焼くのが最高においしい! のですが、 家のフライパンやオーブントースターを使っても、十分においしく焼き上がります。 下ごしらえと焼き方、ポイントはたったの2つです。 筋肉料理人の「豚バラ肉の酒塩焼き」 【材料】2~3人分• 豚バラ肉ブロック 400g• 日本酒 大さじ4• 付け合せのキャベツ、レモン 適宜• ぽん酢しょう油、酢 お好みで 作り方 1. 豚バラ肉は1㎝位の厚みに切ります。 切ったらまな板に広げ、塩、黒こしょうを裏表両面にふります。 これをポリ袋に入れます。 日本酒とおろしにんにくを混ぜ、1の豚バラ肉にかけます。 ポリ袋の口をとじ、 30分くらい室温に置いてなじませます。 日本酒に漬け込むのは肉を柔らかく焼き上げるため。 豚バラ肉は脂が多いので、脂をしっかり落とすと赤身の部分が固くなってしまいます。 日本酒に漬け込むことで固くなるのを防ぎます。 2の豚バラ肉を焼いていきます。 (フライパンを使う場合、オーブントースターを使う場合、と順にご紹介します) 【フライパンで焼く場合】 フッ素樹脂加工のフライパンに水気を切った豚バラ肉を入れて並べ、 弱火で 片面10分位ずつ、時間をかけて焼きます。 弱火でじっくり焼くことで余分な脂をだします。 大量の脂が出ますが、焼いている間はそのままにしておき、焼き上る直前にキッチンペーパーで吸い取ってください。 もしくは脂だけボウルに入れて固めれば、ラードとして炒め物に使えます。 【オーブントースターで焼く場合】 オーブントースターのトレイにアルミホイルを大きめに切ってかぶせ、4辺を立てて壁のようにします。 この上に金属の網(100円ショップの水切りが使いやすいです)をのせ、サラダ油(分量外)を薄く塗って豚バラ肉をのせます。 じっくり焼くことで余分な脂をだします。 (写真は焼き終えたところ。 脂がすごいです)脂がこぼれると火が出る可能性があリますので、焼いている間はオーブントースターの前から離れないでください。 焼きあがったら角切りにしたキャベツとレモンと一緒に盛り付けてできあがり。 キャベツには、ぽん酢しょう油2に対して酢1を混ぜ合わせたタレをかけていただきます。 かむほどに口の中にうま味が広がる! 「豚バラ肉の酒塩焼き」の完成です! 適度に油を落として焼いた豚バラ肉は、 ほのかなにんにくと黒こしょうの香りで、かむほどに口の中にうま味が広がります。 最初は塩味が足りないなと感じますが、うま味とともに塩気が出てきておいしいです。 適度に脂を落としているので、冷めても脂がカチカチにならずおいしく食べられました。 付け合わせのキャベツはぽん酢しょう油と酢のタレをかけ、豚バラ肉を食べた後に食べると、さっぱりした食感が口直しになっておすすめです!.

次の

とにかく「デカい肉」を買え! 元肉屋が教える「肉のハナマサ」徹底攻略法

豚 バラ ブロック 料理

こんにちは~筋肉料理人です! 今日はビールのつまみによし、ごはんのおかずによしの「豚バラ肉」を自宅でおいしく焼く方法を紹介させていただきます。 豚バラ肉は、串焼き屋さんのように炭火で遠火の強火、で焼くのが最高においしい! のですが、 家のフライパンやオーブントースターを使っても、十分においしく焼き上がります。 下ごしらえと焼き方、ポイントはたったの2つです。 筋肉料理人の「豚バラ肉の酒塩焼き」 【材料】2~3人分• 豚バラ肉ブロック 400g• 日本酒 大さじ4• 付け合せのキャベツ、レモン 適宜• ぽん酢しょう油、酢 お好みで 作り方 1. 豚バラ肉は1㎝位の厚みに切ります。 切ったらまな板に広げ、塩、黒こしょうを裏表両面にふります。 これをポリ袋に入れます。 日本酒とおろしにんにくを混ぜ、1の豚バラ肉にかけます。 ポリ袋の口をとじ、 30分くらい室温に置いてなじませます。 日本酒に漬け込むのは肉を柔らかく焼き上げるため。 豚バラ肉は脂が多いので、脂をしっかり落とすと赤身の部分が固くなってしまいます。 日本酒に漬け込むことで固くなるのを防ぎます。 2の豚バラ肉を焼いていきます。 (フライパンを使う場合、オーブントースターを使う場合、と順にご紹介します) 【フライパンで焼く場合】 フッ素樹脂加工のフライパンに水気を切った豚バラ肉を入れて並べ、 弱火で 片面10分位ずつ、時間をかけて焼きます。 弱火でじっくり焼くことで余分な脂をだします。 大量の脂が出ますが、焼いている間はそのままにしておき、焼き上る直前にキッチンペーパーで吸い取ってください。 もしくは脂だけボウルに入れて固めれば、ラードとして炒め物に使えます。 【オーブントースターで焼く場合】 オーブントースターのトレイにアルミホイルを大きめに切ってかぶせ、4辺を立てて壁のようにします。 この上に金属の網(100円ショップの水切りが使いやすいです)をのせ、サラダ油(分量外)を薄く塗って豚バラ肉をのせます。 じっくり焼くことで余分な脂をだします。 (写真は焼き終えたところ。 脂がすごいです)脂がこぼれると火が出る可能性があリますので、焼いている間はオーブントースターの前から離れないでください。 焼きあがったら角切りにしたキャベツとレモンと一緒に盛り付けてできあがり。 キャベツには、ぽん酢しょう油2に対して酢1を混ぜ合わせたタレをかけていただきます。 かむほどに口の中にうま味が広がる! 「豚バラ肉の酒塩焼き」の完成です! 適度に油を落として焼いた豚バラ肉は、 ほのかなにんにくと黒こしょうの香りで、かむほどに口の中にうま味が広がります。 最初は塩味が足りないなと感じますが、うま味とともに塩気が出てきておいしいです。 適度に脂を落としているので、冷めても脂がカチカチにならずおいしく食べられました。 付け合わせのキャベツはぽん酢しょう油と酢のタレをかけ、豚バラ肉を食べた後に食べると、さっぱりした食感が口直しになっておすすめです!.

次の

「豚バラ肉」を焼くときにやってほしい2つのこと【筋肉料理人】

豚 バラ ブロック 料理

Q 我が家では、テキカツ用豚肉を塩コショウで焼いて食べるのが好きなのですが、食べ盛りの息子と主人(笑)がいるので、テキカツ用豚肉を一回に9~10枚焼きます。 すると、全部焼き終わった時にはフライパンにお茶碗いっぱいくらいのラード(っていうのかな?お肉から溶けてでてきた油がたまっています。 ) そのまま捨てるのは、環境にも悪そうだし、なんだかすごくもったいない気もして、いつも容器にとりおき冷蔵したり冷凍したりしています。 野菜いための時にでも使おうと思っていますが、一度にそんなにたくさん使わないし、そんなのばかりたまってしまいます。 このラード(?)をうまく再利用する簡単なレシピがあれば教えてください。 Q 最近、自炊に目覚め、豚肉使って生姜焼きなど頻繁に作るようになった 40代独身男です。 一般的に、豚肉の脂肪は 『ビタミンB1が含まれていて良質のたんぱく質なので疲労回復や風邪の時の体力回復にも役に立つ食材である』ことは承知しております。 が、イメージ的に、その『あぶら』が、そのままお腹につきそうで、 体にいいから摂取した方がいいのか、 摂取した余分が、脂肪として体についちゃうのか 悩むところです。 ーーーー運動らしい運動はやってません。 また、角煮みたいな油ギッシュなものは 大嫌いでたべません。 カツ丼などのロースのあぶら部分も嫌いで 食べません。 ーーーー そういう前提条件として、 体にいいという以前に、 摂取しない方が 太らなくていいような気もしますが どうなんでしょうか? エキスパートの方 アドバイス御願いします。 運動しなさい、というような アドバイスじゃなくて、 あくまでも、 日常生活で、 通勤、そこそこ歩く(脂肪燃焼系の歩きではない)、 たまにはコンピューターの前に ずっと座ってる、みたいな生活を 変えない、大食漢ではない 男としては小食なほう、 という条件での、脂肪についての 質問です。 よろしく御願いします。 補足 167cm、体重65kg、腹回りは85cmくらいです。 最近、自炊に目覚め、豚肉使って生姜焼きなど頻繁に作るようになった 40代独身男です。 一般的に、豚肉の脂肪は 『ビタミンB1が含まれていて良質のたんぱく質なので疲労回復や風邪の時の体力回復にも役に立つ食材である』ことは承知しております。 が、イメージ的に、その『あぶら』が、そのままお腹につきそうで、 体にいいから摂取した方がいいのか、 摂取した余分が、脂肪として体についちゃうのか 悩むところです。 ーーーー運動らしい運動はやってません。 また、角煮みたいな油ギッシュなもの... A ベストアンサー BMIは23程度なのに、腹回りは85cmですか~。 悩みどころですね(苦笑) 本当ならもう少し運動量を増やすのが早道のような気もしますが、今回は敢えて食餌療法に限って説明しますね。 質問者さんもご存知のことと思いますが、人間の体につく脂肪というのは、特に脂肪を多く摂取したからつくというものではなく、摂取した総カロリーのうち、消費されずに余った分が脂肪として蓄積されるものです。 つまり、「何を食べたとしても、消費量よりたくさん食べたら太る」ということです。 そういう意味では、肉の赤身の部分を食べようと、脂身の部分を食べようと、消費カロリーに見合った分量であれば同じことです。 ただし、同じ1gでも炭水化物やたんぱく質なら4kcalなのに対し、脂肪は9kcalに相当します。 ですから同じ見た目、重さの食品なら、脂肪を食べるよりはたんぱく質を食べたほうがダイエット的には有利、ということになります。 豚肉は質問者さんのおっしゃるとおり、栄養的に優れた食品ですので、ダイエット中はむしろ積極的に摂取して欲しいくらいです。 たとえば、衣を着けて脂で揚げるとんかつよりは、しょうが焼きなどフライパンで焼くとか、さらに食べるときは脂身部分をはずすとか、いっそしゃぶしゃぶにして余分な脂はおとすとか。 脂身のおいしさを楽しみたいときは、肉の量自体を減らし気味にして、一緒に野菜を食べて満足感を出す方法もいいですよ。 野菜炒めに豚肉を使い、キムチやカレー粉で風味付けするとか。 にんじんやアスパラガスなどの野菜を薄切りの豚肉で巻いて、炭火焼やフライパンで焼いて食べるとか、たくさんのキャベツやもやしなどの野菜と一緒に鍋物やセイロ蒸しにして、ポン酢などであっさり食べるなどの方法なら、暑い夏でも食欲をそそります。 このように調理法や食べ方を工夫して余分な脂減らすことで、カロリーを落とすことができます。 脂を減らすことにあまり神経質になる必要はありません。 体に必要な各種栄養素には脂溶性のものも多いし、体の調子を整える各種ホルモンの原料は脂質なので、ある程度の脂肪はむしろ摂取しなくてはなりません。 たまに極端な油抜きダイエットがありますが、疲労や視力低下、疲労の増強などがおこりやすく、健康的なダイエット方法とはいえません。 詳しくは食品成分表や、厚生労働省HPなどで何をどれだけ食べたらいいか確認してもらえばわかりやすいと思います。 mhlw. mhlw. html BMIは23程度なのに、腹回りは85cmですか~。 悩みどころですね(苦笑) 本当ならもう少し運動量を増やすのが早道のような気もしますが、今回は敢えて食餌療法に限って説明しますね。 質問者さんもご存知のことと思いますが、人間の体につく脂肪というのは、特に脂肪を多く摂取したからつくというものではなく、摂取した総カロリーのうち、消費されずに余った分が脂肪として蓄積されるものです。 つまり、「何を食べたとしても、消費量よりたくさん食べたら太る」ということです。 そういう意味では、肉の赤... A ベストアンサー フライパンで焼いたカリっとしたお肉と、煮こんだ柔らかいお肉のどっちが好きか、好みの問題だと思います。 私は柔らか~いお肉が好きなので、茹でて脂を抜いています。 作り方 ・豚バラ肉は塊のまま鍋に入れ、玉ねぎ・人参・セロリ等の香味野菜と白ワイン、水を入れて火にかける。 (脂を落としたい時は水から茹でた方がいいです。 ) ・沸騰したら弱火にして三時間位じっくり茹でます。 更にしっかり脂を取りたい時は、茹でた後冷蔵庫で冷やせば脂が全部白く固まるのできれいに取れます。 ・下茹でしたお肉と野菜を一口大に切り、更にジャガイモやキノコ等のお好みの野菜を加えて、茹で汁を加えてカレーを作れば旨味も逃げずに美味しいカレーが作れます。

次の