幾 久しく お 受け いたし ます。 幾原邦彦

結納の挨拶・口上のいろいろ

幾 久しく お 受け いたし ます

「人生は苦なり」と釈迦が道破されたのは、2600年前のインドだけのことではない。 いつの時代、どこの国でも、三世十方を貫く実相である。 釈迦は人間の苦しみを、「生老病死」の四苦にまとめられている。 生きるということは、愛する人と引き離され、大切な物を失い、楽しい時間が去っていく。 人生は悲しい別れに満ちている。 反対に、災害や事故、老いや病気など、嫌なものには遭わなければならない。 そして最後には、「死」という最大の苦しみがやってくる。 釈迦の説かれるとおり、生きること自体が苦しみであり、「人生は楽しい」と無邪気に言えるのは、しばらくの間であろう。 だが我々は決して、苦しむために生まれてきたのではない。 生きているのでもない。 生まれ難い人間界に生を受けたのは、幾億兆年の迷いから救われるためである。 政治も経済も、科学も医学も、倫理・道徳、法律、文学、人間の営みは全て、生きるためにある。 これらは「どう生きる」の苦しみを解決し、少しでも長く快適に生きようとするものである。 例えば医学は、一分一秒でも命を延ばそうとする。 だがその医学も、臓器移植までしてなぜ生きるかは、答えられない。 政治も経済も皆、生きる「手段」であり、人生の目的を解答できるものは一つもない。 だから世の中どれだけ便利になっても、肝心の生きる意味が分からず、人類は苦海に沈んでいるのである。 しかし、生活苦や病気で死んでしまっては、人生の目的を知ることも、果たすこともできない。 幾億兆年の間、求めてきた弥陀の救いに値うまで、何としても生き抜かなければならないのだ。 医学で延ばした命で、出世の本懐(人生の目的)を果たしてこそ、延命が真に意味のあるものになる。 尊厳無二の目的を果たすためにこそ、科学も医学も進歩させなければならないのである。 その最も大事な「なぜ生きる」の答えを親鸞聖人は、「弥陀弘誓の船のみぞ 乗せて必ず渡しける」と喝破されている(弥陀の弘誓とは、阿弥陀仏の弘い誓いのこと。 それが船に例えられている)。 弥陀の本願の船に乗せていただき、必ず浄土へ渡れる身になることこそ、万人共通唯一の目的だという宣言である。 「なぜ生きる」を知らずに生死の苦海で苦しむすべての人が、真に救われる道を明らかにされた方が親鸞聖人であり、世界の光と仰がれる所以(ゆえん)なのである。

次の

オンライン診療の問題点

幾 久しく お 受け いたし ます

この育成論では攻撃に振り切っていますが、特殊に努力値を割く選択肢もあります。 「きあいのタスキ」も耐久に不安のあるドラパルトと相性の良い道具です。 単体性能の上昇が見込みめるのはもちろん、相手の積みエースに対するストッパーとしても機能します。 特性「クリアボディ」は、技による能力ダウンを受けないので、汎用性が高く扱いやすいです。 相手の身代わりや、「ひかりのかべ」「リフレクター」などを対策したい場合は、「すりぬけ」で育成しましょう。 ダイマックスの技で防御が上がる点も魅力。 使いにくい「ゴーストダイブ」との選択技。 特殊に振るのであれば使いやすい「シャドーボール」を優先したい。 「だいもんじ」との選択技。 命中安定だが火力が物足りず、仮想敵の確定数が変ってしまうデメリットがある。 特殊寄りにするなら選択肢に。 特攻2段階ダウンのデメリットがあるため、相手の起点にならないように注意。 攻撃と素早さを上げることで、相手の受け先に大きく負担をかけられる。 採用する場合は、性格を「いじっぱり」または「ようき」にして、物理アタッカーとして育成しましょう。 相手の「おにび」「でんじは」などの補助技を回避しつつ、攻撃を身代わりに受けさせることが可能。 「おにび」で物理アタッカーの攻撃を弱めることで、ドラパルトの身代わりを場に残しやすくします。 その隙に「たたりめ」で相手を倒し、次の敵にも身代わりを残しながら、「おにび」で再び攻撃を下げていく動きが強力です。 HPは「たべのこし」の回復効率の良い調整にし、防御に努力値を降って物理攻撃を受けやすくしています。 素早さは、最速ゲンガーまでのポケモンより先に動けるようにしており、残りを特攻に振っています。 きあいのタスキやがんじょうの効果を失わさせやすいのも利点。 ドラパルトはゴーストタイプのため、持続ダメージを与える効果になる。 ダメージソースとしては非常に優秀。 ドラパルトの役割と立ち回り 型が読まれにくいアタッカー 「ドラパルト」は物理と特殊をどちらも使えるアタッカーですので、非常に型を読まれにくいポケモンです。 覚える技も豊富で考慮しないといけない技が多いため、全ポケモンの中でもトップクラスのアタッカーと言えます。 先発で出してとんぼがえり 「ドラパルト」はSが142と非常に高く、相手の交代先を伺いながら自軍のポケモンと交代できる「とんぼがえり」を覚えます。 そのため、ドラパルトは偵察要因として先発で選出しやすいポケモンです。 高い素早さを活かしたサポート要員 ドラパルトは「でんじは」や「おにび」、「ひかりのかべ」等の補助技も覚えるため、サポート要員としても優秀です。 Sが高いため、サポート要員の天敵である「ちょうはつ」で止まりにくい点も評価できます。 ドラパルトと相性の良いポケモン タイプ相性でドラパルトへの攻撃を受けられるポケモン タイプ相性のよいポケモンを、ドラパルトの弱点を狙ってくる攻撃に対して、受け出ししましょう。 ドラパルトは素早さが高く、先制で「とんぼがえり」を利用した、対面操作が可能です。 攻撃の受け先を変更して、有利な対面を作って戦いましょう。 また、「こだわりスカーフ」型の「サザンドラ」など、 最速のドラパルトに先制を取ってくるポケモンもいるので、注意しましょう。 ポケモン 説明 ・ドラゴン技でドラパルトの弱点をついてくる敵に対して有利 ・特殊耐久が高く、ゴーストタイプの攻撃を無効にできる ・技範囲が広く、フェアリーや氷タイプに弱点をつける ・フェアリーや氷タイプに強く、物理型のポケモンに対しては、「おにび」で攻撃を下げられる ・「トリック」で道具を押し付けることで、受けポケモンなどの機能停止を狙える ・平均以上の耐久を持ち、弱点が少ないので、相手の攻撃を受けやすい ・相手の攻撃を受けた後に、「ボルトチェンジ」で対面操作できる ・物理耐久が高い受けポケモン ・「ちょうはつ」によって、相手の補助技による展開を防げる ・物理と特殊どちらにも受けの強いポケモン ・「ねがいごと」によってドラパルトのHP回復を図れる ・ただしフェアリータイプには弱いため注意 ・受け性能はそれほど高くないが、「ミミッキュ」や「ニンフィア」などの、フェアリータイプに強い ・受けの強いポケモンに対して、「つのドリル」による強引な突破もできる ・ ただしフェアリータイプの炎技に注意 ドラパルトの対策 フェアリータイプで受ける 「ドラパルト」は多くのドラゴンタイプと同じく、フェアリータイプに対して弱いです。 その中でもゴースト技を半減以下で受けられるポケモンは安定してドラパルトの受けが安定します。 そのため、この2つの技をタイプ一致で打てるポケモンはドラパルト対策として有効です。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。 関連記事 新ポケモンの育成論一覧• 最新情報 情報まとめ• ポケモン情報• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の

南極点が撮影できない謎・・・に秘められたフラットアース説の答え

幾 久しく お 受け いたし ます

近ごろはフラットアース(平面地球)理論が幅を効かせてるらしいです。 しかし証拠も少ないし、よくわかんなくて結論を出してません。 まぁ別に、丸かろうが平らだろうが、世界がCGの中だろうが、何でも良いんですけどね・・・。 フラットアース派の意見をまとめると 常にフラットアースを支持する人には、幾つかの主張があるとか。 それを適当にまとめると、 (1)航空機で撮影すると地球が平面に見える (2)古代の神話に地球が平面だったと伝える物が多い (3)や権力はフラットアースの真実を隠して地球を丸いと印象づけてる (4)フラットアースにはバリヤの屋根がある (5)太陽と月はフラットアースのすぐ真上を円周運動してる (6)どっかの偉い人が地球はフラットだと言ってるから (7)国連など国際機関のマークがフラットアースを示すから 他にもあるけど、だいたいこんな感じらしいです。 まぁ確かに北欧のみたいな的な神話を見ると、どうも世界は平板で巨樹や巨大な動物が支えてるみたいな話があって興味ぶかいです。 フラットアースの疑問点 しかしフラットアースが今ひとつピンと来ない自分には、幾つか疑問が出てきてしまいます。 疑問点 (1)航空機や気球よりさらに離れた位置で、地球が1枚の写真に収まる写真じゃないとフラットな証明が難しくないか (2)地球が球体と伝える神話や古代の賢人の意見はどうして無視できるのか (3)などが撮影した地球の球形の写真は捏造と言い切れるのか (4)映像の中からフラットに見える一コマだけを取り上げるのはズルい(球体に見える一コマも存在するからだ) フラット説のかたは、上空に気球やドローンを打ち上げた映像を元に、フラットに見える一コマだけを切り取って、ほらフラットだろう!なんて言う人もいるのだが、それはずるい。 以下の気球の映像を見ると、地球はたしかにフラットに見える瞬間もある。 けれども、下にカーブを描いて球体に見える瞬間も存在するではないですか。 これは搭載したカメラのレンズの効果なので、フラットかどうかを証明する参考程度にしかならないと思われました。 それにしても南極はずるいし変 それにしても、けっきょく南極はずるいと言わざるをえません。 どうしてかと言うと、南極上空は航空機の飛行が禁止されてたり、氷点下の氷の世界のため、上陸についても許可制で観光客は極めて限定的だったりするからです。 それで、南極は良くわからないのがずるい。 南極のグーグルの航空写真を見てると、やっぱり変だという感じしか受けないんですよね。 何が変かといえば、で表すと、あまりに不釣り合いにが巨大なものになっていること。 地球儀ではオーストラリアよりちょっと大きいくらいなが、では、世界の陸地を合わせたより巨大になってる。 ズルいほど面積が拡大されてしまってるではないですか。 これはの特徴で、赤道直下ほど面積や地形が正しく、南北の極地に近づくほど面積が拡大され地形もデタラメなものに拡大されていくという。 ただ世界の諸国を平面で表すには都合がよいし、国家を立派に見せる効果があるから使われてる地図です。 だからのほうが、面積的には正しい・・・と世間では言われます。 南極点が撮影できないのはなんで? ふと、グーグルアースで南極点を見てみたくなりました。 そしたら思いもよらぬことに、、、南極点が、存在しなかった。 まずグーグルの左のちっちゃい地図メニューで、地球というところをクリック。 あとはひたすら、南極点にズームするだけです。 すると・・・・・・ 南極点には、直径14kmの巨大な だけがいるのだった。 南極点は、無い。 白い部分は写真が撮影されてないところ。 つまりグーグルアースでは、南極点は映らないということでした、知らなかった。 南極点のまわりを見ると、アナログの地球儀の構造のように、八方から写真を張り合わせたような構造になってると分かります。 そのはじっこの先端部分の画像が、どうも足りてないようでした。 そもそも南極の上空に飛行機を飛ばせばこんな面倒な地図の作り方はしなくて良いんですよね。 それなのに、グーグルアースでは未だに八方から写真を張り合わせて南極の航空写真を作ってるわけなのです。 奇妙じゃないですかこれ。 地球をあえて球形に見せるために、折りたたんでにしてるのだとか。 わかりやすく言うと、 傘を広げて、傘の外側 縁 の部分を全部まとめて、下にもっていってまとめたのが。 いわば南極とは「傘の縁大陸」とでもいうか。 描いてみました。 みたいなこと。 いや、しかしなんでこんな面倒なことをしなきゃいけないの?っていう。 こんなフラットアースなんて作れとしたら。 人類なんか蟻程度にしか思ってない、相当なレベルの知的生命体だと思われるのですが。 しかしこう考えると、思うところはありますね。 では南極がずるいと思うほどデカ過ぎるのも、グーグルアースの球体では南極点が存在し無いのも・・・・本来の巨大な「傘の縁大陸」であることを示唆してるのかと・・・。 そうするとフラットアース説のほうに、ふらっと傾くんですけどね・・・。 とにかく、技術的に飛躍しているはずの2020年になっても南極点が撮影されて無いのをみると、フラットアース説というのも、あっても良いかと思いました。 じゃ南極点到達の冒険家の立場が。。 あるいは逆に現実的に球体説的な発想でもいいです。 1947年にカ軍が南極探検(ハイジャンプ計画)を実行した話が気になったりします。 その計画では、リチャード・バード少尉が飛行機で南極点に到達したら、何故か地底世界に入ってしまった、というふうな「おとぎ話」的な話も存在しました。 あの南極点の未撮影なエリアは、地底に達する穴でもあいてるのかと。 いうふうな想像も湧いたりします。 あれ、話が現実的じゃなくなってる。 まぁ俺はべつに。 球体でも平面でも、どっちでもいいんですけどね。 kl117cr233.

次の