坐骨 神経痛 ストレッチ 簡単。 3分!簡単に坐骨神経痛を改善するお尻ストレッチ

坐骨神経痛による足の痺れを治すには?自宅で簡単ストレッチ治療法

坐骨 神経痛 ストレッチ 簡単

文/川口陽海 病院では医師から、『腰痛を治すには運動しましょう!ストレッチが良いですよ』などのアドバイスをされることがあります。 しかし、どんな運動やストレッチが良いのか具体的な指導がなく、わからなくて困った経験はありませんか? また、WEBで検索するとたくさんの記事や動画などが出てきて、どれが自分に合うものか、やってよいのかどうかわからず、さらに混乱してしまいます。 下手にやってかえって悪化してしまうのも怖いし、はじめるのに躊躇してしまうかもしれません。 そのお気持ちは良くわかります。 ひと口に腰痛・坐骨神経痛と言っても、人によって症状は千差万別ですから、どのようなストレッチが適しているのかは文字通り一人ひとり違うのです。 筆者のでは、一人ひとりの症状にあったストレッチやエクササイズを指導していますが、どのようなストレッチが適しているか、次のような基準で判断しています。 1.痛みが出る部位 2.痛みの出る動き、痛みがやわらぐ動き 3.ストレッチをしている時や、した後の感覚 この3つです。 このうち 1.痛みが出る部位 と 3.ストレッチをしている時、した後の感覚は、腰痛の方自身でも判断ができると思いますので、今回はその方法をお伝えしたいと思います。 なぜストレッチで腰痛・坐骨神経痛が改善するのか? そもそも、なぜストレッチで腰痛や坐骨神経痛が改善するのでしょうか? 腰痛や坐骨神経痛の原因には様々なものがあります。 例えば、病院では椎間板ヘルニアや腰椎分離すべり症など、背骨の異常や神経の圧迫が原因とされることがあります。 しかしそれ以上に多いのが、実は筋肉が原因の腰痛です。 過労や長時間同じ姿勢で座りっぱなし、または立ちっぱなし、睡眠不足、運動不足、ストレスなどがあると、筋肉がこり固まって血行不良をおこし、痛みをおこします。 これが腰や骨盤の周囲、脚などの筋肉におこると、腰痛や坐骨神経痛となるのです。 例えば、脊柱起立筋という背骨を支える筋肉がこり固まってしまうと、下の画像の赤いエリアのように、腰や殿部(お尻)に痛みをおこすことがあります。 本連載ではおなじみですが、このような筋肉由来の痛み症状を『筋筋膜性疼痛症候群(きんきんまくせいとうつうしょうこうぐん)』といいます。 ストレッチでこり固まった筋肉を伸ばし、ゆるめると、この『トリガーポイント』がゆるみ、血行が回復します。 そのために痛みが改善するのです。 『』について詳しくは、以下のページをご覧下さい。 ストレッチをしている時、した後の感覚 ストレッチをしている時、また、した後の感覚により、そのストレッチが適しているかある程度判断することができます。 このような感覚が生じる場合は、ストレッチをおこなわないでください。 ストレッチをする際の注意 ストレッチを安全に効果的におこなうためには、いくつか注意するべきことがあります。 ストレッチをする場所 ・安定した平らな場所を選び、リラックスした服装・姿勢でおこなってください。 ・布団やベッドの上では危ない場合があります。 無理に行なわない ・ストレッチは自分の身体の硬さにあわせておこなってください。 ・これからご紹介する画像などと同じようにできなくても構いません。 ・無理に行なうとかえって痛みが悪化してしまう場合があります。 以上の注意事項を良く理解しておこなってください。 それでは具体的なストレッチをご紹介していきます。 腰部の痛みを改善するストレッチ 腰部(ベルトラインの上)に痛みがある場合、原因になる筋肉とそのストレッチ方法には、次のようなものがあります。 【脊柱起立筋とそのストレッチ】 このような腰部の痛みを改善するストレッチは、以下のようにおこないます。 イスなどに腰かけ、脚をやや開きます。 膝の間に頭を入れるようにして、上半身を前に倒していきます。 この時に、背中は大きく丸めず、股関節から体を倒すようにしてください。 図では手のひらを床につけていますが、そこまでできなくても可能なところまで前に屈めてみましょう。 そのまま力を抜いて深呼吸しながら、30秒~1分ほどストレッチします。 そしてゆっくりと上半身をおこして戻ります。 これを2~3回繰り返します。 この動作をすることに怖さがある場合は、少しずつゆっくりやってみてください。 【腸腰筋】 このような腰部の痛みを改善するストレッチは、以下のようにおこないます。 軽く足を開いて立ち、骨盤に手を当て、骨盤を前に押し出すようにしながら身体を軽く反らし、ゆっくり戻します。 この時に、腰だけを反らさずに、脚から身体全体を反らすような意識でおこないます。 はじめは小さく反らすだけで良いので、楽~に軽く何度か繰り返してみましょう。 やっているうちに段々大きく反らせるようになるかもしれませんが、無理せず気持ちよい程度におこなってください。 この動作をすることに怖さがある場合は、少しずつゆっくりやってみてください。 殿部の痛みを改善するストレッチ 殿部(ベルトラインの下)に痛みがある場合、原因になる筋肉とそのストレッチ方法には、次のようなものがあります。 【腰方形筋】 このような部位の痛みを改善するストレッチは、以下のようにおこないます。 仰向けから片膝を胸に引き寄せ、その膝を反対に倒して腰をひねるようにストレッチします。 適度に腰からお尻の筋肉が伸びたところで止め、そのまま力を抜いて深呼吸しながら、30秒~1分ほどストレッチします。 そしてゆっくりと脚を戻して仰向けに戻ります。 次に反対側も同じようにおこなってみましょう。 これを2~3回繰り返します。 この動作をすることに怖さがある場合は、少しずつゆっくりやってみてください。 【中殿筋】 【大殿筋】 このような殿部の痛みを改善するストレッチは、以下のようにおこないます。 足の裏がしっかりつく高さのイスに、やや浅めに腰かけます。 片方の足首を、反対の膝に乗せます。 そのまま上半身を股関節から前に倒します。 背中や腰は丸め過ぎず、胸を脚に近づけるようにしていきます。 適度にお尻の筋肉が伸びたところで止め、楽に深呼吸しながら力を抜き、30秒~1分ほど伸ばします。 終わったら上半身をゆっくり戻し、反対の足も同じようにおこないます。 これを片側2~3回ずつおこなってみましょう。 脚(ももの裏側)の痛みを改善するストレッチ 脚(ももの裏側)に痛みがある場合、原因になる筋肉とそのストレッチ方法には、次のようなものがあります。 【ハムストリング】 このストレッチでは、バスタオルなどを使用します。 仰向けになり、バスタオルを片脚のつま先あたりにかけます。 そこからバスタオルを引っ張るようにして脚を上に伸ばしていきます。 適度に腿裏からアキレス腱が伸びたところで止め、楽に深呼吸しながら力を抜き、30秒~1分ほど伸ばします。 終わったら脚をゆっくり戻し、反対の足も同じようにおこないます。 これを片側2~3回ずつおこなってみましょう。 また、膝の裏を両手で持つ方法や、座ってタオルで伸ばす方法などもありますので、次の画像を参考におこなってみましょう。 また腰の痛みをやわらげるストレッチについては、本連載で以前詳しく記事にしております。 よろしければそちらもぜひご覧いただき、参考になさってください。 その他以下の記事で様々な腰痛改善エクササイズをご紹介しております。 ぜひお読みください。 文・指導/川口陽海 厚生労働大臣認定鍼灸師。 腰痛トレーニング研究所代表。 治療家として20年以上活動、のべ1万人以上を治療。 自身が椎間板へルニアと診断され18年以上腰痛坐骨神経痛に苦しんだが、様々な治療、トレーニング、心理療法などを研究し、独自の治療メソッドを確立し完治する。 現在新宿区四谷にて腰痛・坐骨神経痛を専門に治療にあたっている。 【腰痛トレーニング研究所/さくら治療院】 東京都新宿区四谷2-14-9森田屋ビル301 TEL:03-6457-8616.

次の

自宅で坐骨神経痛を改善するための5つの簡単ストレッチ

坐骨 神経痛 ストレッチ 簡単

あなたは、もしかして、病院で【坐骨神経痛】と診断されて、このサイトを開いたのではないでしょうか? ぼくのサイトには毎日『座ると痛くて困っています』というお悩みの症状のご相談をたくさんいただいております。 この記事では、ある方の「坐骨神経痛がストレッチで治ったよ。 」というお声をもとに、4コママンガで、体験談をご紹介します。 記事の後半では、その方が実践していただいた坐骨神経痛を治せたストレッチもご紹介します。 坐骨神経痛体操体験談 あなたは、こんな症状でおなやみでありませんか? ・椅子にすわると座骨があたって痛い ・あおむけで寝ると床にあたって痛い ・太ももの裏側が、痺れて痛い お医者さんで、こんな事言われませんでしたか? そして、病院にいったが、お医者さんに 「年をとると、出て来る症状で、治らないので、痛み止めを飲んでください」 「だましだまし、つきあっていくしかないね」 などと、言われて、がっかりした。 あるいは、もう、「もう、私の症状は治らないのか?」と絶望したりしていませんか? 坐骨神経痛の症状とは? あなたも、もしかして、病院で【坐骨神経痛】と診断されて、座ると痛いという症状にお悩みですか?具体的に言うと、 これらは、一般的に坐骨神経痛という症状になりますね。 しかし、心配いりません この記事を、よく読むことで、坐骨神経痛を治す方法を、あなたは知るからです。 この記事では、そんな足のしびれを解消する体操をご紹介します。 是非行ってみてください。 あなたが、今、ご覧になっている、サイトが、この坐骨神経痛の治し方まとめの記事です。 自己紹介 こんにちは、記事を読んで頂く前に、まず、この記事を書いている、私のかんたんな自己紹介をしたいと思います。 藤田摩利男ともうします。 さいたま市見沼区に住んでいます。 患者さんご自身で、坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなどを治す体操を研究しています。 というわけで、体操を研究していて、体操研究歴は10年目です。 その体操をインターネットを通して、普及させる活動をしており、24回も雑誌に掲載していただきました。 後述しますが、わたしのメルマガの読者さんから、坐骨神経痛がなった報告が毎日3通以上届いております。 ぜひ、あなたも坐骨神経痛が治る体操をお楽しみください。 坐骨神経痛の足のしびれの原因は? 坐骨神経痛やヘルニアからくる足のしびれで悩んでいる方は多いんじゃないかと思います。 さて、しびれの原因って何だと思いますか? 結論から言いますと、坐骨神経痛のしびれの原因は、 1:お尻の硬さ 2:股関節の硬さ 3:重心のバランスの問題 です。 そして、あなたは、今日まで、その事をしらなかったから、治らなかったのです。 一生懸命、マッサージや、鍼などで、治療しても、一時的にしかよくならないのは、この3つの原因にアプローチしていなかったからですね。 そして、いくら治療を受けても、なおりづらくなっていたのは、体の重心が狂ってしまうからです。 その3つの原因である。 お尻と股関節をゆるめて、重心を正す事によって、坐骨神経痛の症状が一気によくなります。 坐骨神経痛の治し方 以下で、このマンガの登場人物の女性が実践した、実際の体操をご紹介します。 さて、それでは実際にゆるめてみましょうー^^。 【やり方】 1:腰をまっすぐに伸ばて椅子にすわります。 2:かかとを持ち上げて、つま先だちになります。 3:外側に足を開くようにします。 4:顔と上半身は足と反対の方へ向き、体全体が開くようにします。 もの足りない感じがありましたら、3回ほど繰り返してみてください。 はい、それではyoutube動画を見ながら実際にやってみましょう。 何回かやってみたら、反対側の足も同様にためしてください。 なかなか取りずらい坐骨神経痛などのしびれをやわらげてくれます。 坐骨神経痛が治る期間は? 坐骨神経痛が治る期間はどれくらいだと思いますか? 僕の体操をやって頂いてる方の治る期間は、おおむね1ヶ月半です。 坐骨神経痛の治し方のストレッチの感想 先日も、『体操で良くなってきました。 朝から今まで痺れがありません。 』という声をいただきました。 とても嬉しいですね~。 以下では、坐骨神経痛が良くなったよ!という皆さんの声をご紹介したいと思います。 今は動き回るのが楽で、日中仕事もはかどります。 まだまだ慎重に、無理せず、毎日の生活を送らなくてはいけないと思いますが、痛みが戻って来ないよう、毎日体操を続けていきたいです。 今日は朝から今まで足の痺れがありません。 体操のおかげです。 ありがとうございます。 私の体を鏡を見たところ骨盤と肩とも、左が下がってるような気がします。 子供にも確認したんですが、同じように言ってました。 痺れがあるのは左側の足がです。 やはり体が歪んでいるようです。 7日間メルマガを、やっていただいたんですねー。 『朝からシビレがなくなっている』という事で嬉しいですねー。 それではこの記事では、こちらの方のおっしゃる、体の歪みの症状をもっと良くするアドバイスも下に動画で掲載します。 簡単ですので試してくださいね。 坐骨神経痛にお悩みの方からの質問 僕のメルマガでは、毎日、10通位ご質問いただいておりまして、他にもこんなご質問をよくいただきます。 左側の股関節の動きが非常に悪くて悩んでいます。 テニスボールとかで、グリグリする方法が、比較的ポピュラーかもしれませんが、道具をなにも使わずにやる方法があります。 ご相談いただいたポイントを踏まえて、下の7分のビデオをつくりました。 坐骨神経痛をなおすには、臀筋と股関節をほぐせば、かならずなおります。 この2点がわかっているから、だからこそ、これほどまでに、雑誌に掲載されたり、お客様の声が毎日届いたりするんですね!。 この体操を実践していただいた方から、こんな嬉しいメールいただきました。 試していただいたのは、この記事の体操です。 今は、接骨院に通って、マッサージしてもらっていますが、臀筋って自分でほぐせるのでしょうか?可能であるならば、臀筋のほぐし方を教えてください。 坐骨神経痛などに効果的な体操をやってもらった人から 「どこに行っても良くならなかったけど。 この体操をしたら良くなったんです。 」って、感想のコメント言ってもらえた、お尻と股関節をゆるめる体操をご紹介します。 今日は、足のしびれに困っていた方からの、嬉しいご報告を紹介します。 静岡県の女性の方からです。 首まくらは使っていても痛くはないです。 気になる時は外して寝てますけど。 ここ最近は調子がいいっぽくて、痛み止めの薬はあまり飲んでないです。 ですから、サクサクっとは、解決しないんですよね。 それは、普通の腰痛や肩こりでも、同じ理屈です。 ただ、治っていく過程で、痛くなったり、軽くなったりするんです。 アップダウンがあるという事ですね。 調子が上がったり下がったりしても、あきらめないで、続けていけばかならず良くなりますから。 応援してますよ~。 巷にあふれる、『肝心の所が書いてない、来院しなくては実感できないWEB』と違います。 ここまでの、情報量の多さ、密度、質、取り組みやすさで公開しているのは、藤田のブログだけですね。 FBのいいねも400人を超えました。 ありがとうございます。 最近の投稿• 最近のコメント• に fujita より• に 石川悦子 より• に fujita より• に 田中 義幸 より メタ情報•

次の

坐骨神経痛を治す筋トレとストレッチ法 寝ながらやストレッチポールを使った方法

坐骨 神経痛 ストレッチ 簡単

多くの場合腰痛から発症することがあり、始めのうちは腰痛かな?と思うことがありますが、そのまま進行すると お尻や裏もも、足先にまで痛みやしびれが出現することがあります。 場合によっては麻痺症状が発生し歩けなくなったり、立ち上がるときにも痛みを感じてしまうことがあります。 原因、症状 坐骨神経痛が発症する原因は様々あり腰部の脊柱管狭窄症などが有名です。 しかし現実問題坐骨神経の上には梨状筋という筋肉が存在しています。 この梨状筋が硬くなり坐骨神経を圧迫することで痛みが生じることが多いのです。 坐骨神経はこのように腰から足先までつながっている太い神経ですね。 痛みが足全体に出現する理由がわかるかと思います。 神経圧迫による痛みは麻痺症状を引き起こすことがあるのでここは覚えておきましょう。 そして坐骨神経と梨状筋の関係です。 画像をみるとわかるように骨盤から横に赤く飛び出ているのが梨状筋という筋肉ですね。 そしてその下を走るのが坐骨神経です。 梨状筋が硬くなることで坐骨神経を圧迫し痛みに繋がるということですね。 坐骨神経と関連する梨状筋とは? 梨状筋の解剖 梨状筋はお尻の筋肉として意味付けされている筋肉です。 大きな大殿筋や中臀筋がお尻の筋肉として存在しますがその中に含まれているのが梨状筋ですね。 梨状筋は大殿筋の下に隠れている深層筋肉なので普段から聞きなれない筋肉です。 深層筋であるがため坐骨神経との距離が近く、ちょうど真下に走っているということですね。 梨状筋が硬くなる原因 梨状筋が硬くなる原因として多いのは 運動不足や長時間の座りっぱなしです。 常に座っていることで梨状筋が圧迫されて硬くなります。 高齢者の方の中には座りっぱなしの方が多く見受けられます。 適度に運動をしたりストレッチをしていれば問題はありませんがここも難しいところではありますよね。 毎日定期的なストレッチをしていれば筋肉は自然と柔らかくなりますので少しずつ実感してみてくださいね。 梨状筋が硬くなると発症する症状 梨状筋が硬くなると坐骨神経痛のほかに、腰痛が発症します。 そしてお尻の痛みがでてきます。 これは梨状筋症候群と呼ばれるもので、お尻の痛み+座っている際に更にお尻が痛くなる症状です。 ここまで痛くなると座ってもいられなくなり、寝ていることしかできません。 改善策は梨状筋の緊張、硬さをほどいてあげることです。 坐骨神経痛に効くストレッチ 坐骨神経痛に効くストレッチの紹介をしていきます。 ポイントとなるのは梨状筋や足の裏側にある筋肉です。 坐骨神経が通っている部分の筋肉を緩めることができれば痛みの緩和、解消に繋がります! では早速みていきましょう。 こちらのほうが難易度は低いのでもし動画のストレッチがやりにくい方はこちらのストレッチを実践してみてもいいでしょう。 同じ筋肉をターゲットとしても伸ばし方を変えると刺激が変わるので様々な角度からストレッチをしてあげるとより効果的でしょう。 1 片足を曲げます。 高齢者の方で椅子に座ったままのほうが楽な方もいらっしゃると思うのでご紹介します。 1 椅子に腰かけます 2 片足をもう片足の膝の上にかけます 3 そして上半身を前に倒していきます 4 倒せるところまでいったらキープ20秒 5 反対も同様に行います。 梨状筋ほぐし 最後にテニスボールを使った梨状筋ほぐしもを紹介します。 テニスボールは様々な場面で重宝される優れものですが、梨状筋にも使えます。 これはストレッチをする前にやることでより効果がでます。 テニスボールで柔らかくほぐれた筋肉をストレッチで引っ張ることでより柔軟性が高まるということですね。 やり方は画像を参照ください。 コロコロと20秒ほど梨状筋に押し当てます。 大注目!坐骨神経痛を自宅で治す福辻式腰痛改善ストレッチ ここまでストレッチの効果ややり方を紹介してきましたが、今大注目を集める腰痛改善ストレッチがあります。 本当に人気なので詳細をここで紹介させて頂きますね。 1日5分でできる このプログラムは1日5分でできる内容となっているため疲れない、継続できるといったメリットがあります。 自宅で改善するプログラムとなっているために 費用の面でも財布に優しいですよね。 続けても良くならない整骨院や整形外科、根本的な改善にならない薬の生活はもうやめませんか? 根本から筋肉に刺激を与えることで腰痛に悩まされないカラダになるのです。 様々な腰痛に対応 椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、 すべり症、分離症、側湾症など筋肉に関係する腰痛全てに適応するプログラムとなっています。 治療歴30年以上、診てきた人は5万人以上と、驚愕の経験を持つ福辻先生という、腰痛のスペシャリストが開発したプログラムです。 高額治療をやめて快適な生活を 実際に整体や整骨院、病院に支払う費用として、 最低10万円はかかります。 重度の腰痛の方は100万以上かかることがあるのです。 これでは生活にも支障をきたしかねません。 DVDなら 14800円で効果が出るのでどちらがいいかは言わなくても…ですよね。 DVDをみながら合わせて行う 福辻式腰痛改善プログラムはDVDをみながら行うため、自宅で簡単に取り組むことができます。 動きのポイントや、気を付けるべきことが細かく説明されているのでどなたでも正しい動き、正しい方法で行えます。 実はここが一番のポイントであると言えます。 私がストレッチのやり方をここで紹介しても、見よう見まねではなかなか正しく行うことができないですし、私もそれ以上のことができずにはがゆい気持ちです。 しかしこのDVDが誕生してからは多くのお客様から感謝の声を頂いております。 私が作ったのではないですが、実際に内容を確かめても素晴らしい内容ですし、これなら広められると確信を持てました。 腰痛に対するメカニズムから実践まで約400分 このDVDのすごいところは何と言っても福辻先生が4段階構成で400分に集約しているところです。 これ一つだけで、 あなただけではなく、家族、友人で腰痛に苦しめられている人全員を救うことができます。 一家に一つあると家族全員が救われます。 購入者の多くは高齢の両親を持つ娘、息子世代です。 高齢者の方も自ら購入するケースも多々あります。 プレゼントとしても喜ばれるでしょう。 是非将来を快適に過ごすために、健康への投資として購入してみてはいかがでしょうか。 ちょっと気になるけど、実際の声や体験談を聞きたい人はこちらの記事にもまとめているので是非参考にしてみてくださいね。 色々なバリエーションがありますが自分に合った方法でまずはトライしてみてくださいね。 最後に紹介したDVDを購入するかしないかは皆さん次第ですが、確実に腰が良くなり痛みが引きますから私は買い!だと思いますし、早く痛みから解放されます。 もし購入されなくても、まずは痛みがあっても少しずつセルフストレッチをやることをおすすめします。 痛みが引くのを待っていては余計に筋肉が硬くなる一方なのです。 正しくやればよくなるもの。 皆さんのこれからの健康ライフを祈っています!.

次の