ムンク。 【生と死を見つめた画家】エドヴァルド・ムンクの生涯を詳しく解説します!

「生命のフリーズ」? ムンク代表作「叫び」も含む独創的なシリーズ|西洋画|趣味時間

ムンク ムンク

🤝 ムンクの母国語であるノルウェー語では"skrik"は"scream"と翻訳されるが、英語では"skrik"は"shriek"と翻訳される。 ムンクにとって姉は、きょうだいの中でも特別で、亡き母に代わって愛情を注いでくれる存在であったため衝撃は大きかった。 スイングするベース音と同時に、私のスイッチもオンになる。

1

ムンクの不安:絵の鑑賞と解説

ムンク ムンク

👇 1920年頃からはアトリエでの人体習作に比重を置き始めたほか、風景画『星月夜』(1923年-24年)も制作している。

14

エドヴァルド・ムンク

ムンク ムンク

☮ ムンクの代表作である「叫び」は、人間の不安が極限に達した一瞬を描いた作品である。 先に姉のハンネ・ソフィーエが生まれ、その次にエドヴァルト・ムンクが生を受けています。

2

なぜムンクは「叫び」を描いたのか?

ムンク ムンク

💓 「愛の芽生え」のセクションには『接吻』『マドンナ』など、「愛の開花と移ろい」には『吸血鬼』『生命の踊り』など、「生の不安」には『不安』『叫び』など、「死」には『病室での死』『新陳代謝(メタボリズム)』などの作品が展示された。 なにをするのも億劫。

13

有名なムンクの『叫び』、実は叫んでいなかった

ムンク ムンク

✌ ムンクは3回目の奨学金を期待したが、病気で創作活動を十分行えていないムンクが奨学金を受給することを批判する論説が新聞に載った。

《接吻》エドヴァルド・ムンク|MUSEY[ミュージー]

ムンク ムンク

✔ ムンクは「私は生まれた時にすでに死を経験していた。 1902年の展では、その一部が「現代人の精神生活から」のタイトルで大ホールの壁にぐるりと並んだのが見られた。 8か月の入院中、 ()(現)の館長であり旧友でもあるや、がムンクを見舞って彼を精神的に支えた。

7