サーチナ ファイナンス。 騰訊控股、00700

騰訊控股、00700

サーチナ ファイナンス

日経平均は続落。 299. 52円安の22234. 80円(出来高概算6億6369万株)で前場の取引を終えている。 前日24日の米国株式相場は反落。 ダウ平均は710. 16ドル安の25445. 94ドル、ナスダックは222. 20ポイント安の9909. 17ポイントで取引を終了した。 ウイルス感染者数が連日急増していることや米国が欧州連合(EU)と英国からの輸入品に対し新関税を検討していることが嫌気されたほか、国際通貨基金(IMF)が景気後退が深刻化する可能性を警告したこともあり、大きく下落して寄り付いた。 その後、ニューヨークなど北東部3州への訪問者隔離要請や、アップルが7店舗を再び休業することを発表すると下げ幅を一段と拡大した。 米国株安を受けた東京株式市場は売りが先行した。 東京でも昨日、55人の新型コロナウイルス感染が確認され、職場クラスターが発生したと伝えられたこともあり、警戒感が強くなり、リスクオフムードが広がった。 寄り後は、為替が朝方に一時1ドル=107円10銭台と昨日の円の高値から70-80銭ほど円安・ドル高に振れていたことが株価の下支え要因となり、日経平均はやや下げ渋る場面もあったが、ダウ平均先物が下げ足を速めたことも重しとなり、前場中頃から下げ幅を広げた。 個別では、ヤマダ電機の三嶋恒夫社長が代表権のある会長に就任する人事を発表した大塚家具が大幅高。 映像事業の譲渡を発表したオリンパス、弁護士ドットコムと業務提携すると発表したカナミックN、未開示だった21年3月期営業利益は前年同期比7. 0%増予想と発表した富士通ゼネラル、20年5月期の業績見込みを上方修正した小津産業などが高く、押印プロセスをオンラインで完結するプラットフォームの提供を開始すると発表したさくらインターネットも堅調。 一方、21年3月期の営業利益予想2. 0%減予想の国際計測器、21年3月期連結営業利益が前期比23. 1%減予想と発表した新田ゼラチン、今後の重点施策には不透明感残るとの見方などからH.I.S.などが安くなった。 セクターでは、精密機器のみ上昇、不動産業、海運業、空運業、非鉄金属、鉄鋼などが下落率上位だった。 東証1部の値上がり銘柄は全体の20%、対して値下がり銘柄は77%となっている。 前場の東京株式市場の下げは、昨日の米国株安によるリスクオフムードの広がりが主な要因だ。 新型コロナウイルス感染再拡大が現実のものとなりつつあり、市場は不安になっている。 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大は第1波で一度経験している。 大規模な経済活動の縮小を行わずに感染再拡大を抑え込むことも可能といえる。 それでも、株式市場が新型コロナに対する警戒感を完全に払しょくすることはできない。 警戒感の払しょくには、ワクチンや治療薬の開発が不可欠だ。 これにはまだまだ時間がかかろう。 それまでは新規感染者の増減などに一喜一憂しつつ相場形成していくことになる。 昨日の米国市場は「一憂」したが、一方で「一喜」となる日もあるだろう。 株式市場も「ウィズコロナ」だ。 では、新型コロナを警戒しつつ、当面拠り所とすべきは何か。 6月の米国市場を振り返ると、ダウ平均の上げ幅が最も大きかったのは6月5日の829ドル高。 この日は、5月の雇用統計が発表され、予想以上の雇用回復を受け、大幅高となった。 6月のダウ平均上昇幅第2位は6月3日の527ドル高。 米国の5月ADP雇用統計やISM非製造業指数が予想を上回ったことを好感した。 第3位は6月16日の526ドル高。 5月の小売売上高が過去最大の伸びとなり、株価を押し上げた。 経済統計の市場への影響力は大きい。 今晩、米国で新規失業保険申請件数と5月の耐久財受注額、明日26日には5月の米個人所得・個人消費支出が発表される。 さらに、来週は日本の5月の失業率や鉱工業生産など重要統計の発表が目白押しとなる。 今日までの6月相場に倣うならば、いずれかの統計発表が株価を押し上げる可能性は小さくないかもしれない。 「ウィズコロナ」の株式市場でも経済統計への目配りは欠かせない。 さて、後場の株式市場は、底堅い動きになるとみる。 4月以降の日経平均は25日移動平均線が下値支持線となっている。 本日も一時は25日線を割り込む場面が見られたが、押し目買いも入り、前引けに間際にかけては同移動平均線が位置する水準を回復してきている。 また、前場のTOPIXが1. 19%下落していることから、日銀によるETF買いの思惑も働きやすい。 そのため、この先も下値では押し目買いが入る形で底堅く推移しそうだ。 《AK》 (マーケット概況).

次の

ネオジャパンは上値試す、21年1月期は上振れの可能性

サーチナ ファイナンス

株式会社HAKKI AFRICA(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:小林嶺司、以下「HAKKI AFRICA」)は6月10日に行われたピッチイベント・Monthly Pitchに登壇しました。 Monthly Pitchとは? 株式会社サイバーエージェント・キャピタルが開催する創業期の起業家向けのピッチイベント。 毎月第2水曜日に開催され、VC・投資家が多数出席し、資金調達を期待できるのはもちろん、事業についてのフィードバックを得ることができます。 現在は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、選考・ピッチ・フィードバックなど全てのプロセスをオンラインで行っています。 弊社の事業について HAKKI AFRICAは、ケニア・ナイロビで小規模事業者向けマイクロファイナンス事業を行っています。 銀行口座やクレジットカードの保有率が低い貧困層の小規模事業者は、信用情報が存在せず、大手銀行や投資家から融資を受けることが非常に難しい状況にあります。 そのような事業者に対して、少額から融資を行い、融資受けて返済することを繰り返すことで、新たに信用スコアを創出するのが、弊社のマイクロファイナンス事業です。 [画像1: ] また、弊社がターゲットとする層には、スマートフォンを持っていない事業者も多いため、融資の申し込みから返済までをインターネットに接続していない格安フィーチャーフォンで完了できるシステムを構築しました。 さらに、融資の受け取り・返済はすべてモバイルマネーで行うため、遠隔でスムーズな融資が可能です。 このようにTechを積極的に活用することで融資にかかるコストを抑え、地域最安の金利での融資を実現しました。 さらに、今後数年以内にアフリカの数か国に事業展開を予定しており、その際には、これまで積み上げた信用スコアが国を超えても自身の信用証明となることを目指しています。 貧しい環境に生まれても、誠実に努力すれば誰もが平等にチャンスを掴める社会をマイクロファイナンス事業を通して実現することが、弊社が掲げるビジョンです。 HAKKI AFRICA 登壇者 株式会社HAKKI AFRICA 代表取締役・共同創業者 小林嶺司(写真左) [画像2: ] シリアルアントレプレナー。 2017年にコミュニティ事業を業界大手へイグジットし、翌年単身アフリカへ。 入念な市場調査を経て、Techと金融が有効な社会課題解決手段だと確信。 小規模事業者向けマイクロファイナンスを起業。 参加企業・投資家からのフィードバック 登壇後、今回のMonthly Pitchに参加した企業・投資家の皆さまから、好意的なフィードバックをいただきました。 HAKKI AFRICAの事業に対し「投資を検討したい」とお声かけくださった企業もあり、今後協議を進めていくことになります。 以下、いただいたフィードバックを、社名等を伏せてご紹介します。 「社会的にも非常に意義のあるサービスで素晴らしい。 応援します」 「チームもプロダクトも面白い、ぜひ詳しくお話しできれば」 「対応デバイスが違うと機会も大きく異なる。 infoseek. infoseek.

次の

ネオジャパンは上値試す、21年1月期は上振れの可能性

サーチナ ファイナンス

日経平均は続落。 299. 52円安の22234. 80円(出来高概算6億6369万株)で前場の取引を終えている。 前日24日の米国株式相場は反落。 ダウ平均は710. 16ドル安の25445. 94ドル、ナスダックは222. 20ポイント安の9909. 17ポイントで取引を終了した。 ウイルス感染者数が連日急増していることや米国が欧州連合(EU)と英国からの輸入品に対し新関税を検討していることが嫌気されたほか、国際通貨基金(IMF)が景気後退が深刻化する可能性を警告したこともあり、大きく下落して寄り付いた。 その後、ニューヨークなど北東部3州への訪問者隔離要請や、アップルが7店舗を再び休業することを発表すると下げ幅を一段と拡大した。 米国株安を受けた東京株式市場は売りが先行した。 東京でも昨日、55人の新型コロナウイルス感染が確認され、職場クラスターが発生したと伝えられたこともあり、警戒感が強くなり、リスクオフムードが広がった。 寄り後は、為替が朝方に一時1ドル=107円10銭台と昨日の円の高値から70-80銭ほど円安・ドル高に振れていたことが株価の下支え要因となり、日経平均はやや下げ渋る場面もあったが、ダウ平均先物が下げ足を速めたことも重しとなり、前場中頃から下げ幅を広げた。 個別では、ヤマダ電機の三嶋恒夫社長が代表権のある会長に就任する人事を発表した大塚家具が大幅高。 映像事業の譲渡を発表したオリンパス、弁護士ドットコムと業務提携すると発表したカナミックN、未開示だった21年3月期営業利益は前年同期比7. 0%増予想と発表した富士通ゼネラル、20年5月期の業績見込みを上方修正した小津産業などが高く、押印プロセスをオンラインで完結するプラットフォームの提供を開始すると発表したさくらインターネットも堅調。 一方、21年3月期の営業利益予想2. 0%減予想の国際計測器、21年3月期連結営業利益が前期比23. 1%減予想と発表した新田ゼラチン、今後の重点施策には不透明感残るとの見方などからH.I.S.などが安くなった。 セクターでは、精密機器のみ上昇、不動産業、海運業、空運業、非鉄金属、鉄鋼などが下落率上位だった。 東証1部の値上がり銘柄は全体の20%、対して値下がり銘柄は77%となっている。 前場の東京株式市場の下げは、昨日の米国株安によるリスクオフムードの広がりが主な要因だ。 新型コロナウイルス感染再拡大が現実のものとなりつつあり、市場は不安になっている。 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大は第1波で一度経験している。 大規模な経済活動の縮小を行わずに感染再拡大を抑え込むことも可能といえる。 それでも、株式市場が新型コロナに対する警戒感を完全に払しょくすることはできない。 警戒感の払しょくには、ワクチンや治療薬の開発が不可欠だ。 これにはまだまだ時間がかかろう。 それまでは新規感染者の増減などに一喜一憂しつつ相場形成していくことになる。 昨日の米国市場は「一憂」したが、一方で「一喜」となる日もあるだろう。 株式市場も「ウィズコロナ」だ。 では、新型コロナを警戒しつつ、当面拠り所とすべきは何か。 6月の米国市場を振り返ると、ダウ平均の上げ幅が最も大きかったのは6月5日の829ドル高。 この日は、5月の雇用統計が発表され、予想以上の雇用回復を受け、大幅高となった。 6月のダウ平均上昇幅第2位は6月3日の527ドル高。 米国の5月ADP雇用統計やISM非製造業指数が予想を上回ったことを好感した。 第3位は6月16日の526ドル高。 5月の小売売上高が過去最大の伸びとなり、株価を押し上げた。 経済統計の市場への影響力は大きい。 今晩、米国で新規失業保険申請件数と5月の耐久財受注額、明日26日には5月の米個人所得・個人消費支出が発表される。 さらに、来週は日本の5月の失業率や鉱工業生産など重要統計の発表が目白押しとなる。 今日までの6月相場に倣うならば、いずれかの統計発表が株価を押し上げる可能性は小さくないかもしれない。 「ウィズコロナ」の株式市場でも経済統計への目配りは欠かせない。 さて、後場の株式市場は、底堅い動きになるとみる。 4月以降の日経平均は25日移動平均線が下値支持線となっている。 本日も一時は25日線を割り込む場面が見られたが、押し目買いも入り、前引けに間際にかけては同移動平均線が位置する水準を回復してきている。 また、前場のTOPIXが1. 19%下落していることから、日銀によるETF買いの思惑も働きやすい。 そのため、この先も下値では押し目買いが入る形で底堅く推移しそうだ。 《AK》 (マーケット概況).

次の