東海 汽船 運行 情報。 東海汽船 (9173) : 株価チャート [Tokai Kisen Co.,]

東海汽船 (9173) : 株価/予想・目標株価 [Tokai Kisen Co.,]

東海 汽船 運行 情報

ぜひ、この機会に椿満開の伊豆大島へ足をお運びください。 なお、『館山市民号』はどなた様もご利用いただけます。 【予約・問い合わせ先】 東海汽船(株)お客様センター 03-5472-9999 受付 9:30~20:00(無休) 館山発のきっぷ・大島日帰りツアーについては、市内の代理店でも取扱いしております。 会社名 電話番号 コスモ観光(株) 0470-23-7353 (株)ジェットストリームトラベル 0470-22-5930 ナギレン観光 0470-22-5796 日東交通(株)館山営業所 0470-29-7782 房日観光 0470-25-5505 このページについてのお問い合わせ 経済観光部観光みなと課みなと係 住所:〒294-0036 千葉県館山市館山1564-1 渚の駅たてやま内 電話:0470-28-5180 ファックス:0470-24-2404 E-mail: このページについてご意見をお聞かせください このページは見つけやすかったですか?• 見つけやすかった• どちらとも言えない• 見つけにくかった このページの内容はわかりやすかったですか?• わかりやすかった• どちらとも言えない• わかりにくかった このページの内容は参考になりましたか?• 参考になった• どちらとも言えない• 参考にならなかった.

次の

本日の運航状況|伊豆諸島へ行く船旅・ツアー|東海汽船

東海 汽船 運行 情報

南寄りの風が次第に強くなり雨で午後は強く降る時間帯がある。 飛行機は欠航の可能性がある。 1日は低気圧が日本海沿いを進む。 南西の風が強く雨が降りやすい。 ジェット船と飛行機は欠航の可能性がある。 2日は低気圧が北日本を進む。 南西の風がやや強い。 3日は南岸沿いに梅雨前線が停滞する。 風は弱いが雨降りやすい。 飛行機は欠航の可能性がある。 4日は前線上を低気圧が進む。 南西の風がやや強く雨が降る。 飛行機は欠航の可能性がある。 5日も梅雨前線が停滞するが八丈島付近まで南下する。 北東の風がやや強い。 6日以降太平洋高気圧が次第に勢力を強める。 南西の風がやや強い。 GSM:気象庁のGSM(Global Spectral Model)• NOAA:アメリカ海洋大気庁のGFS Global Forecast System• ECMWF:ヨーロッパ中期予報センター• 更新は、通常、前日の16時ごろ行うようにしています。• 大型船の就航予想は 前夜東京発の復路の大島発東京行き の予想を表示しています。• 大型船の朝の入港は岡田港が原則です。• 大型船の就航日は東海汽船の時刻表で確認してください。 就航予想の記号・用語については。 図は、大島-東京を中心としたGPV(格子点情報)です。 気象庁の数値予報でMSM メソスケールモデル)と呼ばれる予報値を視覚化しています。 5㎞ごとの格子点について、39時間後までの予報が表示されています。 GPVにはこの他に264時間後まで予想するGSM(グローバルスペクトラルモデル)などがあります。 右上の をクリックして時間を変更することができます。 のホームページ "GPV気象予報" から入手しました。 更に詳しい情報は上記ホームページで見ることが出来ます。 を作成しました。 気圧・風速、 雨量・雲量、 沿岸波浪、 気温・湿度のMSM39時間予報です。 欠航及び出帆(到着)港の判断基準は概ね以下のとおりです。 元町、北の山の観測値はこれより若干小さくなるのが普通です)• 出帆(到着)港 、 大島で• 降水が予想される時・・・・岡田港• 穏やかな時・・・・・・・・元町港• 大型船の欠航 台風または非常に強い低気圧の接近 就航予想の「解説」は予想の根拠などを示したもので天気予報ではありません。 また、大型船は曜日によって就航しない日があります。 実際の就航については東海汽船の時刻表で確認してください。 予想は、、、、などのデータをもとに、風向・風速・波高・視程などを考慮して行っています。 ただし、船・飛行機の就航・欠航は、気象と海の状況だけで決まるものでもないようです。 当サイトは、、の海運・航空各社とは無関係です。 ご意見、ご感想はなどはからお願いします。 リンクはご自由にどうぞ。 当ホームページの内容を引用する場合は出所を明示してください。

次の

本日の運航状況|伊豆諸島へ行く船旅・ツアー|東海汽船

東海 汽船 運行 情報

東京地方、伊豆諸島では、強風や高波、竜巻などの激しい突風、急な強い雨、落雷、濃霧による視程障害に注意してください。 朝鮮半島付近にある低気圧からのびる温暖前線が、西日本を通り伊豆諸島付近へのびています。 東京地方は、曇りで雨の降っている所があります。 30日は、低気圧が日本海へ進み、前線が東日本を北上するでしょう。 このため、曇りで昼過ぎから雨となり、夕方から雷を伴う所がある見込みです。 伊豆諸島では、夕方から夜のはじめ頃は雷を伴い激しく降る所があるでしょう。 7月1日は、前線が南下し、夜にかけて東日本を通過するでしょう。 このため、雨で昼前から曇りとなり、明け方から昼前は雷を伴って激しく降る所がある見込みです。 伊豆諸島では、朝から昼過ぎは雷を伴い激しく降る所があるでしょう。 【関東甲信地方】 関東甲信地方は、曇りや雨となっています。 30日は、低気圧が日本海へ進み、前線が東日本を北上するでしょう。 このため、雨や曇りで、雷を伴って激しく降る所がある見込みです。 7月1日は、前線が南下し、夜にかけて東日本を通過するでしょう。 このため、雨や曇りで、雷を伴って激しく降る所がある見込みです。 関東地方と伊豆諸島の海上では、30日は、波が高いでしょう。 7月1日は、しける見込みです。 また、所々で霧が発生しています。 船舶は高波や視程障害に注意してください。

次の