ペット フード ストッカー。 キャットフードを適切に保管しよう!おすすめの保存容器7選

キャットフードを適切に保管しよう!おすすめの保存容器7選

ペット フード ストッカー

タップできる目次• キャットフード保存容器とは? 猫が食べるキャットフード(ドライフード)を保存する容器のことです。 「フードストッカー」とも呼ばれます。 ペットフード専用の容器もありますが、キャニスター(食材保存容器)で代用することも可能です。 キャットフード保存容器の必要性 まず、キャットフード保存容器は 必須という訳ではありません。 実際に我が家では猫を飼い始めてから3年間、保存容器を使っていませんでした。 それでもキャットフードの劣化を感じたことはなかったですし、猫たちの食いつきが悪いと思ったこともありません。 その理由ですが、• 400gごとに小分けされているキャットフードを与えていた• 3匹の猫に与えるので3日もすれば一袋を使いきれていた こういった感じで、酸化する間も無く食べきっていたからなんですね。 同じような状況の方でしたら、わざわざ専用の容器を用意するまでもないと思います。 ただし、1. 5kgくらいで小分けされていない餌を1匹の猫に与えている場合などは、 開封して1ヶ月くらいは袋保存になっていると思います。 ジッパーがついているとしても、どうしても空気が入って少しずつ酸化してしまいますので、そういった状況でしたら保存容器を検討してみてはいかがでしょうか? 餌が酸化すると食いつきが悪くなりますし、猫の健康にも悪影響が及んでしまう恐れがあるためです。 ペットフード専用容器の特徴• 容量が大きいものが多い• 袋のまま保存できて入れ替える手間が少ない• 軽量カップやスコップがセットになっているものが多い• フタに乾燥剤をセットできるものがある• 透明なものは中身の残量がわかりやすい フタの部分はパッキンやバックルなどで密閉され、キャットフードの匂いを軽減して酸化を防ぎます。 しっかりフタがしまるので猫ちゃんがイタズラして開いてしまうこともほぼありません。 軽量カップ付きのものを選べば、1度に与える量がしっかり把握できて、愛猫の健康維持やダイエットにも役立ちます。 このように、ペットフード専用容器は、酸化を防ぎながら毎日の給餌を楽にするための工夫がされているものが多いです。 食材保存容器• デザイン性がいい• 真空機能がついているものがある• 透明なものは中身の残量がわかりやすい• キャットフード以外にも使い道がある パッキンやバックルなどで密閉できるものから、空気を抜いて真空できるものなど、さまざまな種類があります。 材質やサイズもさまざまで、使い方に合わせて選ぶことができるので選択肢は広がりますね。 デザインも豊富でお部屋のインテリアに合わせて選ぶことができるのも利点。 密閉性だけでなくデザイン性も重視するなら食材保存容器がおすすめです。 キャットフード保存容器の選び方 たくさんあるキャットフード保存容器。 値段もさまざまで、どんなキャットフード保存容器を買えばいいか迷ってしまいますよね。 ここからはキャットフード保存容器の選び方について詳しく解説していきます。 密閉できるものを選ぶ 美味しいキャットフードを猫ちゃんに与えるには、 キャットフードの酸化を防ぐことが大切です。 大容量!• ネジ込み式のフタでしっかり密閉!• 出入り口が大きい!• 軽量カップ付き! 多頭飼いの方やブリーダーさんにおすすめなのがドライフードストッカー スタッカブル。 ドライフードが約18㎏も入る大型タイプです。 直径27cmの大きな出入り口は、キャットフードの補充もしやすく、取り出しも簡単。 フタはネジ込み式なので密閉性が高く、乾燥剤を入れれば湿気を防ぐこともできます。 計量カップもついていて、猫ちゃんの健康管理もしっかりできます。

次の

愛犬家おすすめ!ドッグフード保存容器おすすめ12選

ペット フード ストッカー

ドッグフードを長持ちさせるには真空ストッカーがいいって本当? ドッグフードを長持ちさせるコツは 「湿気」と「酸化」を防ぐ! に尽きますね。 ドッグフードは 容量が多い程お買い得 なので、出来れば少しでもお得に買って ストックしておきたいものです。 そうなると 「湿気」と 「酸化」を防ぎ 新鮮さを保てる保存容器が必須となります。 両方をしっかり防ぐという意味では 真空 フードストッカーでの保存が最も理想的 と言えるでしょう。 ドッグフードを長持ちさせたい!保存のコツはある? そこで ドッグフードを長持ちさせる 保存のコツについて確認しましょう。 【開封時】 開封して空気に触れるとすぐに酸化 が進みます、 1ヶ月以内に食べきれる サイズが理想的です。 でも お得なサイズで食べきれない時 は袋ごと 密封保存が出来るストッカーや 真空容器などに小分けしておきます。 【開封時】 開封後は その日の内に食べきるのが 基本ですが、特に 夏場は必ず冷蔵庫 で保存します。 食べきれない時は 小分け出来る密封 容器などに入れて保存しますが、 犬用 とわかるように区別しておきましょう。 特に夏場の保存は注意が必要です。 高温多湿は カビや虫の予防対策も 必須となります。 そんな 夏の酸化・カビ・虫を予防する 秘策については以下の記事を参考に して下さいね。 真空ストッカーのおすすめ ドッグフードの真空ストッカーは 価格も高くなるので 長く使えて 容量の大きい物がお得で便利です。 rakuten. rakuten. 計量カップ付 ドッグフード約1~1. 2kg入ります。 amazon. rakuten. 8kgのドックフードが入ります。 Sponsored Links 大型(10kg以上)ストッカーのおすすめ 多頭飼いや大型犬など大容量フード を保存したい方の大型ストッカー。 rakuten. 幅が広く入れやすく、しっかり密封出来ます。 除湿剤がセット出来るカバー付。 rakuten. スプーンが収納できるのも便利。 amazon. ドライフード10kgまるごと入ります。 すくいやすい カップ付き。 amazon. Sponsored Links 遮光性のあるストッカーのおすすめ フードは熱や光に弱く 日光が当たる 場所だと痛みも激しいので、遮光性の あるタイプを選びたいですね。 amazon. 気密性が高く、 酸化や虫を防ぎます。 rakuten. 色々なドッグフードストッカーを紹介して きましたが、 基本は湿気と酸化に強い事 価格以上の良い品が見つかるといいですね! まとめ いかかでしたか? ドッグフードは 格安なのでまとめ買い する方も多いと思います。 容量も大きいサイズの方が断然お得だけど 1ヶ月では食べきれないので断念してるわ って方もいるのではないでしょうか。 常に新鮮さを保てる真空ストッカーで 容量多めに保存出来るのなら、今より 節約になるかもしれません。 これから 湿気や虫が心配な季節です。 賢く選んで愛犬の 「美味しい顔」を いつも満喫出来るといいですね! あわせて読みたい 人間と同じようにわんちゃんにも アトピーや皮膚トラブルはつきものです。 そんな愛犬の• かゆみ• 乾燥、湿疹• 肌荒れ などで悩みを抱えている飼い主さんに おすすめなのが わんちゃん用化粧水の 「AVANCE(アヴァンス)」です。 AVANCE(アヴァンス)なら、• 「発毛促進」技術を採用• 目や口に入っても安全• 皮膚トラブル• 爪や肉球のトラブル など排泄後の肛門周囲ケア等にも 幅広く応えてくれます。 世界が認めた発毛促進技術と温泉から発見した 特許成分「RG92」を配合しており 特別な保湿力があります。 化学薬品を一切使用していないので 安心して利用できます。

次の

ドッグフードの収納・保存方法のコツとおすすめ容器8選

ペット フード ストッカー

これが一番空気に触れず、酸化を防ぐことができます。 しかしやはり小分けにするのは手間なので、そこは飼い主さんの考え次第といったところでしょう。 冷凍庫への保存はNGかも 小分けにしたキャットフードを、冷凍庫に保存する方もいますが、これには賛否両論があります。 確かに酸化を防ぐことはできますが、解凍に注意しなければなりません。 余計に劣化をする危険性があるからです。 キャットフードは温度の変化に弱いとされています。 また解凍時に結露が溶けることで、腐敗の原因になりかねません。 これをキャットフード入れに使っちゃいましょう! そのままの使用では、今までご紹介してきたような方法よりも、酸化を止める効果は見込めないでしょう。 より効果を高めるために、自動給餌器の中に乾燥剤を貼り付けたり、クリップで挟んだ乾燥剤を中に吊り下げたりする方法があります。 こちらの動画(ティーバッグ方式で自動給餌器にシリカゲル(乾燥剤)を設置します!猫の餌を湿気や酸化から防ぐ方法!)で詳しく紹介されています。 でも取り上げていますので、よかったら参考にして見てください。 保存容器までこだわってこそ、猫の健康を守れる! 恐ろしいキャットフードの劣化を防ぐためには、保存までこだわることが大切です。 人間のご飯だって、1ヶ月も外に放置していたら美味しくないのは当たり前ですよね。 しっかり管理して、美味しくて安全なキャットフードをキープしましょう!.

次の