前田 利家。 チョイ気まずい?前田利家の賤ヶ岳合戦!柴田勝家や豊臣秀吉との関係は?

前田利家という男の生涯~性格や死因などについて~|歴史イズム

前田 利家

加賀百万石の祖、前田利家。 武勇優れた武将で、信長にも頼りにされ、 晩年は、天下人豊臣秀吉の右腕として最も頼りにされた大名ですが、 彼の出世の秘密は、妻である「まつ」に有ると言われています。 勿論、前田利家の能力の高さは当然の事ですが、 妻のまつは大河ドラマでも知られるように優れた良妻だったようです。 今日は、そんな前田利家の妻、「まつ」と、 臣にして友という特殊な関係にあった豊臣秀吉、 そして、最後のライバル徳川家康との関係についてです。 前田利家の妻まつ まつが利家と結婚したのは、前田利家22歳、まつ12歳の時です。 今の時代では考えられませんが当時は、普通の事でした。 まつは小さい頃に親を亡くし、前田家に引き取られてきましたが、 二人は、従妹同士でした。 なので、最初の頃は「兄様」と呼んでいたそうです。 まつはその後、9男9女を産みますが、 その中には秀吉の養女や側室に成ったものもいたそうです。 「ですから、金銭を惜しまず家臣を雇えと言うておりました。 この金銀を引き連れて槍をつかせばよろしい」 前田利家は、浪人した際、お金に大変苦労したためケチでした。 その為、兵士に十分な給金を与えておらず、兵の士気が下がっていたのです。 まつは利家に、大切なものはお金では無く、 命を懸けて忠義を尽くしてくれる「家臣」であることを お手討ち覚悟で伝えたと言われています。 その後、利家は家臣を大事に扱い給金も十分に与えたそうです。 この時嫡男、前田利長は家康との徹底抗戦を考えますが、 母、まつは利家亡き後の政権トップは誰なのかを冷静に考えています。 つまり、嫡男、利長が家康と対抗したところで勝ち目は無く、 前田家は滅ぼされることを、知っていたのでしょう。 血気に流行る、利長をたしなめ自ら徳川の人質と成る道を選びました。 まつは、夫である利家なら家康に十分、対抗できると思っていても、 利家亡き後、家康に対抗できる武将など、 皆無であることを十分に、知っていたのだと思います。 結局、自らが徳川の人質と成る事で、 加賀百万石、いや関ヶ原の後加増されたので、 加賀百二十万五石は、明治の代まで続きました。 まつの時代を読む目には本当に驚かされます。 また、まつは、改易された利政の身の上を案じたり、 利政の子供を取り立てるように、三代藩主、前田利常に依頼したりと、 女性らしい優しさを持っていたおうです。 最後に、前田利家の臨終の時のまつとの会話です。 まつが、紙帷子を差し出し 「お前さまは、たくさんの殺生をしました。 後生が恐いので、これを着てお逝きなさいませ」というと、 「ひとかどの理由のない殺生はした覚えがない。 閻魔大王がどうこう言ったら、先に立った者たちを率いて、牛頭馬頭を従え一戦為すのみ」 と答えたそうです。 前田利家。 さすが、武勇で名を残した武将だと思います。 秀吉は、そんな利家を大事な友として尊敬していたそうです。 秀吉がおねと結婚した後でも、利家夫妻と家族同様の親交が有り、 この時代には珍しいほどの「絆」で結ばれていたようです。 実は、 こんなエピソードが有ります。 利家は、織田信長のお気に入りの茶坊主を、 堪忍袋の緒が切れ、主君、織田信長の目の前で切り殺し、 信長に織田家追放の命を受けます。 それまで、その武勇から信長の側近として周りからちやほやされていた利家でしたが、 この一軒後、 皆、利家に関わろうとするものはいませんでした。 そんな時、親身に支えたのがのちの天下人、豊臣秀吉だったのです。 その後、利家は信長から許され織田家の一員と成りますが、 この時、親身に成り支えてくれた秀吉にとても感謝したそうです。 それが後の、賤ヶ岳の合戦での戦線離脱と言う形で、 秀吉への恩を貫くことと成ったのだと思います。 豊臣秀吉の晩年は、弟秀長に先立たれ頼れる人は、 盟友、前田利家しかいなかったと思います。 秀吉は、徳川家康を警戒しており、 対抗できる武将は前田利家しかいないと思っていたのは、 紛れもない事実でしょうし、徳川家康にとっても、 「前田利家」の存在は、目の上のたんこぶ以外の何物でも無かったのでしょう。 前田利家と徳川家康 太閤秀吉の亡き後、 豊臣政権は、内大臣徳川家康と大納言前田利家が、大きな発言力を持つように成りました。 豊臣秀吉は生前、五大老、五奉行制度を設け、 嫡男、豊臣秀頼の補佐をするよう言い渡し、この世を去りました。 しかし、実験を握るのは内大臣徳川家康と大納言前田利家でした。 家康は、秀吉亡き後遺言を破り大名と婚姻関係を勝手に結び、 勢力拡大を図ります。 これに異を唱え、弾圧したのが大納言、前田利家でした。 両者は大阪と伏見とに分かれにらみ合いを続けましたが、 利家は、秀頼の守り役で大阪城の事実上主、 家康は、官位や領土は利家よりも上ですが、 人望のある利家には逆らえず、 謝罪し、向島に撤去します。 家康はさすがは後の天下人、バカでは有りません。 家康は低調に利家に謝罪し、非を認めたそうです。 もし、家康が戦を起こせば、 たとえ利家が病気がちだったとはいえ、勝ち目は無かったと思います。 理由は、大くのブログで書かれているので割引ますが、 後の、関ヶ原とは大きく違った事でしょう。 前田利家は、武闘派のドン的な存在で且つ文治派からも尊敬されていたわけですから、 家康が、いかに戦上手でも、 利家には、勝てなかったと思います。 それは、家康自身が十分、解っていたことなのだと思います。

次の

前田利家【詳細版】槍の又左と武勇を称された戦国大名

前田 利家

「槍の又左」 の異名を持つ前田利家 1538年(天文6年)、は尾張の豪族である前田家の4男として生まれました。 14歳になると、尾張を治めたの嫡男であるに仕えるようになります。 前田利家の初陣となったのは、織田一族の内紛である「萱津の戦い」(かやづのたたかい)です。 初陣ながらも敵将を討ち取る活躍をしたことにより、織田信長から「肝に毛が生えているかと思うほどの豪胆さ」と、賞賛されました。 その後もを振るって武功を積み上げると、「槍の又左」(やりのまたざ/当時は又左衛門という名前であったため)という異名で呼ばれるようになったのです。 1558年(払治4年)、まだ20歳で血気盛んな前田利家ですが、身を固めることになりました。 相手は幼いときから前田家で一緒に育った、まつという女性です。 まつは子を11人も産み、生涯、夫を支え続けました。 なお、ふたりの結婚式の仲人を務めたのは(当時の名前は木下藤吉郎)です。 前田利家と豊臣秀吉は、織田家の家臣として働くなかで親交を深めており、親友とも言える関係でした。 結婚をして幸せな日々を送る前田利家でしたが、大失態をおかしてしまいます。 それは、織田信長の腹違いの弟である「拾阿弥」(じゅうあみ)を斬ってしまったことでした。 拾阿弥が前田利家の大事にしていた髪結い道具を盗んだとはいえ、主君の身内を斬ってしまうのは当然ながら御法度です。 激怒した織田信長は前田利家に切腹を言いつけたのですが、織田家の重臣「」が助命嘆願をしてくれました。 それによって前田利家は切腹こそ免れたものの、織田家から追放されてしまったのです。 自らの失態によって浪人になってしまった前田利家は、なんとか汚名返上しようと信じられない行動に出ます。 1560年(永禄3年)、織田信長と駿河・遠江の大名「今川義元」が対峙した「」(おけはざまのたたかい)で、前田利家の戦う姿がありました。 戦に個人的に参加し、武功を挙げることにより、織田信長に許してもらおうと考えたのです。 並の武将ならひとりで参戦して活躍するのは難しいでしょうが、そこは「槍の又左」と呼ばれるほどの武人である前田利家です。 桶狭間の戦いでも、また、織田信長と美濃の大名である「斎藤龍興」(さいとうたつおき)の争った「森部の戦い」(もりべのたたかい)でも、見事に武功を挙げてみせました。 こうした努力が実り、織田信長から織田家に戻ることが許されます。 そして1569年(永禄12年)、前田利家は織田信長から「前田家を継ぐように」との命を受けて、4男でありながら前田家当主となりました。 1581年(天正9年)、前田利家は北陸での戦で活躍すると、織田信長から能登を賜り、大名へと出世を果たします。 その翌年の1582年(天正10年)、戦国の世を揺るがす大事件が勃発しました。 京のにて、織田信長が家臣である明智光秀に、謀反を起こされて自害したのです。 豊臣秀吉が明智光秀を討ち取ったことにより、この争乱は収まったのですが、織田信長の後継者を決める「清洲会議」(きよすかいぎ)の場で、新たな争乱のきっかけが生まれます。 後継者をめぐって豊臣秀吉と柴田勝家が対立。 そして、ふたりの対立は「」(しずがたけのたたかい)へと発展したのです。 開戦前、前田利家は豊臣秀吉と柴田勝家のどちらに加勢するべきか迷いました。 豊臣秀吉は、若い頃から苦楽をともにした親友です。 とはいえ、織田信長の怒りを買ったときに、助命嘆願をしてくれた柴田勝家にも恩義を感じています。 「豊臣秀吉殿か、それとも柴田勝家殿か・・・。 」迷った末に前田利家は柴田軍に加わったのですが、戦の最中、豊臣軍と戦うことができずに撤退しました。 この前田利家の撤退が柴田勝家にとって大きな誤算となり、賤ヶ岳の戦いは豊臣秀吉に軍配が上がります。 その後、豊臣秀吉に加勢することを決めた前田利家は、柴田勝家が籠城する「北ノ庄城」(きたのしょうじょう)を攻める際、獅子奮迅の働きをして城を落とすのに大きく貢献。 戦後、褒美として加賀の領地を賜ると、それからは豊臣秀吉の家臣として忠義を尽くしました。 1585年(天正13年)、越前の大名「丹羽長秀」(にわながひで)が没すると、越前も前田利家が治めることになります。 こうして能登、加賀、越前の3国を手中にした前田利家は、北陸の大領主となったのです。 1590年(天正18年)、豊臣秀吉が関東の大名であると戦った「小田原攻め」(おだわらぜめ)で、前田利家は豊臣軍の総指揮官を任されました。 豊臣軍が勝利すると、ついに全国の統一が果たされ、天下人・豊臣秀吉が誕生します。 天下人となったあとも明(現在の中国)の支配に乗り出して、野望を追い求めた豊臣秀吉ですが、1598年(慶長3年)に没しました。 そして、その翌年の1599年(慶長4)に前田利家も友のあとを追うかのように旅立ちます。 享年61歳。 おそらく、まつがその最期を看取ったことでしょう。 江戸時代になると、前田家の治める能登、加賀、越前はとなり、その広大な領土から「加賀百万石」と呼ばれるようになりました。 江戸時代に大いに繁栄した加賀藩ですが、その礎を築いたのは前田利家に他なりません。 まつに嫌味を言われるほどの倹約家だった前田利家 倹約家だった前田利家 前田利家には、戦場で勇ましく槍を振るった武人としての姿からは想像できない一面がありました。 当時、伝来したばかりのそろばんをはじいて、お金の計算をするほどの倹約家だったのです。 前田利家が倹約家になるきっかけは、若き日の苦労にあったとされています。 まだ20代の前田利家は、織田信長の腹違いの弟を斬ったことにより、織田家を追放されて浪人となる憂き目に合いました。 このときに貧しい生活を経験し、お金の大切さに気付いたわけです。 倹約家だった前田利家と、その妻であるまつが面白いやりとりをしたという逸話があります。 あるとき、前田利家は例のごとくそろばんをはじきながら、なにやら困っていました。 戦に備えて兵を集めていたのに、節約のために給金を低くしたので兵が集まらなかったのです。 これを見ていたまつは「お金に槍を待たせて、戦に連れて行ってはいかがですか」と、嫌味を言ったとされています。 この逸話から、前田利家の度を超えた倹約家ぶりが分かるでしょう。 しかし、前田利家は親しい人のために使うお金は惜しみませんでした。 例えば、親交のある大名が困窮し、家臣を養うことができなくなってしまったときは、迷うことなくお金を貸したのです。 お金と同じくらいに、人情も大切にした前田利家。 このように優れた人物だったからこそ、国を3つ(能登、加賀、越前)も統治できたのでしょう。 前田利家に関連する城 七尾城跡 能登の山中に築かれた山城で、その名称の由来は、7つの尾根に跨っていることにあります。 1430年(永亭2年)頃、能登の領主である畠山家が築きました。 築城当初は小規模な砦でしたが、拡張が繰り返されて規模が大きくなっていきます。 1581年(天正9年)、前田利家は七尾城を居城にしました。 その翌年の1582年(天正10年)「」が起きると、その戦乱に乗じて他国の大名が前田利家の治める能登を攻めようとする動きを見せます。 そこで、前田利家は城周辺の村から材料や人手を集めて、七尾城の守りを固めるべく改修工事に着手。 敵の侵入を防ぐ石垣が築かれました。 現在でも、その石垣は残っており、戦国時代の建築技術を調べるための貴重な資料となっています。 なお、七尾城は日本5大山城のひとつに選ばれるほどの名城です。 小丸山城(こまるやまじょう):石川県七尾市 金沢城 加賀百万石の象徴として知られる城ですが、もともとは寺院でした。 1470年(文明2年)~1580年(天正8年)頃まで加賀を支配していた一揆衆は、この寺院を軍事拠点として利用していたのです。 しかし、寺院は織田家によって攻め落とされたのちに、に改築されています。 その後1583年(天正11年)、前田利家がこの城を居城としました。 城造りの名人である武将「高山右近」(たかやまうこん)や嫡男である「前田利長」(まえだとしなが)に、城の改修を命じています。 改修によって壮大な石垣と櫓が完成し、威厳を備えるようになりましたが、江戸時代と明治時代に起きた火事により、ほとんどの施設が焼失してしまいました。 現在もいくつかの石垣や櫓、門は残っており、往時の雰囲気を漂わせています。 なお、金沢城の隣にある「」は、加賀藩の歴代藩主が長い年月をかけて造った庭園です。 刀剣ワールドでは、刀剣にまつわる各種コンテンツを公開しております! 博物館や神社、日本のお城など日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関連する施設の情報をお届けします。 日本刀をテーマにした簡単操作で楽しく遊べるゲームが盛りだくさん。 アプリゲームはすべて無料です。 歴史を動かした有名な戦国武将や戦い(合戦)をご紹介!• 戦国の世を生き抜いた戦国武将の合戦戦略について解説します。 武将・歴史人のエピソードや、関連のある日本刀(刀剣)をご紹介!• 戦国武将の中でも「戦国三英傑」と呼ばれる織田信長、豊臣秀吉、徳川家康についてご紹介します。 日本刀が大活躍した時代にあった主な合戦をご紹介します。 全国各地の古戦場を地域ごとにご紹介致します。 刀剣ワールドで紹介している人気の戦国武将をイラストと合わせて、ランキング形式でご覧頂けます。 歴史上の人物と日本刀にまつわるエピソードをまとめました。 お役立ちコンテンツ 日本のお城(城郭)に関する様々なお役立ちコンテンツをご紹介します。 日本の城を訪れた皆さんの声を元に刀剣ワールド 城が選ぶ行って良かった日本の城をランキング形式でご紹介!皆さんからの口コミ情報も掲載中です!• 城郭カメラマン・岡泰行氏によって撮影された魅力あるお城の写真をご覧頂けます。 日本の城、城郭、城跡を日本地図から検索できます。 基本情報や口コミ、写真、動画が満載で知りたい情報が見つかります!• 全国のランキングはもちろん、都道府県や市区町村ごとのランキングをご紹介!• 日本全国にある多くの城と、城に縁のある武将をご紹介!• 歴史と城を旅する気分で列島縦断クイズに挑戦! 特集コンテンツ 日本のお城(城郭)に関する様々なお役立ちコンテンツをご紹介します。 古くから政治や文化の要として栄えた大阪にある「大阪城天守閣」「大阪歴史博物館」「石切劔箭神社」をご紹介します。 徳川家康生誕の地「岡崎城」や岡崎公園内にある家康ゆかりのスポットをご紹介。 春と言えばお花見!桜の名所、大阪城で春と歴史を堪能しよう!• 「白鷺城」の愛称で親しまれる姫路城を検太郎が訪ねます!• 春夏秋冬、それぞれの季節を感じるおでかけスポットをご紹介!• 歌舞伎パンダ「検太郎」がイチオシ施設の見どころをご紹介!•

次の

前田利家【詳細版】槍の又左と武勇を称された戦国大名

前田 利家

前田家の家督を利久から利家へ譲るように と命じたのです。 利久は病弱の為に「武者道少御無沙汰」と信長から言われます。 これは利久が武家としての役目を果たせないと信長から判断されたのです。 利家が代わって前田家の主となる事に、利久の妻や家臣が抵抗。 この時に起きた前田家内の不和が、慶次や利家に不満や怒りを抱かせたのかもしれません。 慶次は養父・利久と共に利久が城代であった荒子城から出て行きました。 放浪する慶次と出世する利家 荒子城を出た慶次は利家が主となった前田家を離れて、 京で暮していたと言われています。 慶次は京で公家や文人から、和漢古今の書や連歌・茶道を習い教養を身に着けます。 慶次は京で文武両道の才能を磨いていました。 「かぶき者」として破天荒な性格だと思われる慶次ですが、しっかりした教養を身につけ「源氏物語」を人に聞かせる講釈ができるほどでした。 一方で利家は織田家家臣として戦で功績を上げて行きます。 北陸の一向一揆や上杉謙信との戦いに参加した功績から、天正9年(1581年)に能登一国を信長から与えられます。 織田家の家臣として利家は出世をしていました。 そんな利家の前に慶次と利久が現れます。 京で文武を学ぶ日々とはいえ生活が安定しない放浪の身でした。 複雑な思いはありましたが慶次と利久は加賀の利家を頼り、天正11年(1583年)から前田家に仕える家臣となります。 時代は信長が本能寺に倒れて、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)が天下取りに動いている頃です。 利久の死 利久は能登七尾に領地を与えられます。 慶次は佐々成政や神保家との戦で活躍し、戦国武将としての勇名はここから広まります。 一度は出て行った前田家で慶次も利久も懸命に働きました。 しかし天正15年(1587年)8月に利久が亡くなり、慶次は利久の領地を、慶次の嫡男である正虎に継がせます。 新たな世代に、変わりつつある前田家の置かれた状況も変わっていました。 豊臣秀吉が天下を取り、前田家は豊臣家に従うようになっていました。 天正18年(1590年)、豊臣家による関東北条家を攻める小田原征伐に前田家は出陣します。 慶次は義理の叔父である利家に従い、家臣の勤めを果たしていました。 慶次再度の出奔 小田原攻めの翌年、 天正19年(1591年)に慶次は 前田家を再度出奔します。 この時の慶次は50代とも言われる年齢だったとも言われています。 この時に慶次が利家を騙して水風呂に入れるイタズラをしてから、 利家が持っていた名馬「松風」を奪い前田家から出て行ったと言う伝説もあります。 出奔した慶次を息子の正虎が説得しますが、慶次は前田家へ二度と戻りませんでした。 慶次は 上杉景勝の家臣になり、残りの生涯を上杉の領地である米沢で過ごします。 きょうのまとめ 前田利家と前田慶次の関係について見てきましが、いかがでしたでしょうか。 簡単にまとめます。 二度目の出奔も、前田家には利長など利家の息子が居て跡継ぎの心配は無く、 利久の死で慶次が前田家に居続ける理由が無かったからだと思われます。 利家と慶次の仲を分けたのは、養子という「慶次の立場」だったのではないでしょうか。 前田利家の年表を含む【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ。 関連記事 >>>> その他の人物はこちら 安土桃山時代に活躍した歴史上の人物 関連記事 >>>> 時代別 歴史上の人物 関連記事 >>>>.

次の