アマゾン プライム 家族 共有。 Amazonプライムを家族で共有!家族会員の登録方法

Amazonプライムビデオを家族で共有するとき、問題点6つと対処法

アマゾン プライム 家族 共有

家族会員の招待メールはAmazonプライム会員情報のスマホサイトでは送れません。 PCサイト表示に設定するか、PCから送るしかありません。 Amazonプライムビデオは家族共有でも利用できる? Amazonプライムビデオは家族会員では利用できませんが、プライム会員に登録したアカウントを家族共有で利用すればできます。 お客様は、同じ Amazonアカウントを使用して一度に3本までのビデオを同時にストリーミング再生することができます。 お客様は、同じビデオを一度に2を超える端末でストリーミング再生することはできません。 より引用 使用規則によると同じAmazonアカウントを使用して、 最大3台のデバイスから同時視聴できます。 夫・妻・子供の最大3人までがそれぞれ好きな作品を見ても問題ないので、Amazonプライムビデオは家族共有でも十分利用できるでしょう! ただし、 同じ作品は2台以上のデバイスで同時視聴はできないので、その点は注意してください。 同時視聴について詳しく知りたい方は「」の記事を参考にしてください。 Amazonプライムビデオの視聴履歴やウォッチリストがバレる Amazonプライムビデオは家族共有でも利用できますが、 アカウント(プロフィール)を分けることはできません。 動画配信サービスによってはアカウントを家族1人ひとり作れるので、視聴履歴、お気に入り、あなたのオススメを分けることができます。 しかし、Amazonプライムビデオは 視聴履歴、ウォッチリスト、あなたのオススメがすべて一緒なので、家族共有だと使いづらいです。 それに他の人に視聴履歴やウォッチリストがバレることになるので、知られたくない方は削除する必要があります。 Amazonプライムビデオの視聴履歴はわかりづらいところにあるので、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。 Amazonプライムビデオを家族で安心・安全に利用するための設定方法.

次の

アマゾンプライムビデオは複数の台数で楽しめる!同時視聴の制限や共有の仕方!

アマゾン プライム 家族 共有

プライムビデオを同時視聴できる台数の制限は?対応している端末について知りたい! プライムビデオは複数の端末で共有できますが、同時視聴に関してはルールが設けられています。 同時視聴のルールは、• 同じアカウントからの同時視聴は最大3台まで• 同じ作品の同時視聴は2台まで となっています。 それ以上で視聴しようとしても、エラーが出ることが確認されています。 4台目以降も同時視聴したい! 3台目以降は、基本的に同時視聴できませんが、 オフラインモードを活用することによって、同時視聴ができるようになります。 オフラインモードとは、作品をダウンロードして視聴することのできる機能で、事前に作品をダウンロードしておくことで、同時視聴台数をオーバーしていても見ることができます。 子供にプライムビデオを見せる場合などには、オフラインモードを活用すると良いかもしれません オフラインモードの使い方 プライムビデオのアプリで利用できるオフラインモードには、視聴期限というものが設けられており、• ダウンロードした日から30日以内に再生• オフラインモードで再生した時から48時間以内 となっています。 要するに、 ダウンロードした日から再生せずに30日経過すると、再ダウンロードが必要になり、再生した時から48時間経過した場合、インターネットへの再接続が必要となるのです。 さらに、 同時にダウンロードできる作品は15〜25本であると使用規則に表記されています。 15〜25本というのは、 地域によって違いがあるようなので一概には言えませんが、15本でも十分な数ではないでしょうか。 ダウンロードは、作品ページのダウンロードというアイコンから可能で、ドラマのように話数がある場合は、1話ずつでも1クールずつでも選択してダウンロードが可能です。 再生する時は、アプリ画面の下にあるダウンロードというアイコンから視聴しましょう。 他端末とプライムビデオを共有する方法が知りたい!設定方法について解説! プライムビデオを複数端末で共有する方法は、非常にシンプルで 共有したい端末からプライム会員に登録しているアカウントへログインするだけで大丈夫です。 もし、使用したい端末をプライム会員になっていないアカウントで使用している場合は、一度ログアウトすることでアカウントの切り替えも可能です。 プライムビデオには端末を登録する機能がありますが、こちらもログインするだけで自動的に端末登録が行われるようになっています。 もし機種変などにより、登録している端末を削除したい場合は、アカウントと設定のページから削除しましょう。 履歴も共有される プライムビデオを共有している端末同士では、視聴履歴や検索履歴も共有されてしまいます。 見られたくない方もいると思うので、それぞれの削除の方法も紹介しておきますね。 まず、視聴履歴の消し方ですが、こちらはPCサイトから削除できます。 マイストアの 「おすすめ商品を正確にする」から 商品情報の変更へ進み、視聴済みビデオから削除しましょう。 また、スマホやタブレットアプリに表示される「次に見る」は、 消したい作品を長押しして、リストから削除を選ぶと削除ができます。 この際の注意点ですが、アプリから次に見る作品を削除しても、視聴履歴からは削除されません。 次に 検索履歴の削除方法を紹介します。 アイフォンやアイパッドから削除する場合は、 アプリの右上にある検索アイコンに入り、表示されている検索履歴から、消したいものを左にスワイプして削除を押せば完了です。 アンドロイドやタブレットから削除する場合は、 アプリの左上にあるメニューアイコンから設定に入り、ビデオの検索履歴を消去するを選ぶと完了です。 視聴履歴は、PCサイトからしか削除できないため、少しめんどくさい印象もありますが、検索履歴は簡単に削除できますね! もし履歴を家族に見られたくない場合は、ぜひ参考にしてください。 家族会員に登録したらメリットがたくさん!デメリットについても知っておこう! プライムビデオとは別のサービスになりますが、プライム会員には家族会員というものがあります。 家族会員は、プライム会員の方と同居の家族を2人まで登録でき、プライム会員の家族も一緒にAmazonで買い物をする際に特典を受けることができるのです。 その特典の種類はこちらです。 お急ぎ便・お届日時の指定が無料 お急ぎ便やお届日時指定は、利用する方も多いのではないでしょうか?こういった手数料を払わなくて良くなります。 特別取扱商品の手数料が無料 大きい商品や重い商品などの配送が大変なものには、特別取扱商品手数料がかかりますが、こちらも家族会員になれば無料で届けてもらうことができます。 プライム会員限定の先行タイムセールに参加可能 一般会員より30分早くタイムセールが始まるので、人気商品でも手に入れられる確率がグッと上がります。 Amazonパントリー・Amazonフレッシュを利用できる Amazonパントリーという、こまかな色用品や日用品を手数料290円払うことで、ひとつにまとめて配送してくれるサービスや、Amazonフレッシュというネットスーパーのようなサービスも利用できるようになります。 最近ではネットでの買い物需要も増えており、登録しておくだけでこれだけのサービスが受けられるのであれば、ぜひ登録しておきたいですね! まとめ プライムビデオは、• 同時に3つの端末で視聴できる• 同じ作品の視聴は2つの端末まで• オフラインモードでさらに同時視聴可能• 視聴・検索履歴も共有されてしまう ということが分かりました。 履歴が共有されるのは嫌な方もいるとは思いますが、削除することも可能なので、 1人分の会費で家族全員利用できるのは魅力的ですね。 プライムビデオ以外にも、家族会員に登録すればAmazonでの買い物でも特典を受けられるため、特にネットショッピングの利用が普段から多い家庭にはおすすめです。

次の

Amazonプライムの家族会員なら8つの特典を無料で使える裏ワザ

アマゾン プライム 家族 共有

Amazonプライム家族会員でできること Amazonプライム家族会員は、同居の家族を2人まで登録することができます。 Amazonプライム家族会員でできることがこちらです。 お急ぎ便が無料• お届け日時指定便が無料• 特別取扱商品の取扱手数料が無料• プライム会員限定先行タイムセール• Amazonパントリー• Amazonフレッシュ(プライム会員ご本人がAmazonフレッシュに登録することで自動的に利用できるようになります) 残念ながらプライムビデオやプライムフォト、Amazon Musicといったサービスが利用できませんが、お急ぎ便や日時指定便などの買い物関係で便利になります。 家族で1つのアカウントを使いまわすという方法もありかもしれませんが、財布が別々だったり、購入履歴を見られたくないなど、アカウントを分けておきたい理由ってあると思うんですよね。 Amazonのアカウントは別々でもAmazonプライムのおいしいところは活用できるのが家族会員の良いところです。 ちなみに、僕ら夫婦は財布が完全に別なのでAmazonアカウントは別々でして、まさに家族会員のうまみを生かせる環境にあります。 Amazonプライム家族会員の登録方法 Amazonプライム家族会員の登録方法について解説します。 まずは下記のリンクをクリックして「Amazonプライム会員情報の管理」のページへアクセスしてください。

次の